2016年7月 3日 (日)

レコード100円市(2016/7)

2016070301

今月も、7月2日、3日開催のレコード100円市に行ってきました。今回は他の用事もあったこともあり、初日の18時ごろに行ってみました。この時間帯になると、写真のように、少しはレコードが探しやすい状況でしたが、もう、あまりめぼしいものは残っていないところなのですが、それでも、今回は購入枚数7枚と、少しは得るものがある感じでした。また、今回はかなり蒸し暑かったので、LPの段ボールをある程度みたところで、挫折して、シングル盤はチェックしませんでした。あと、なぜか松田聖子の同じアルバムがかなりの枚数入っている段ボールがあったのが、印象的でした。

以下に主なものを紹介します。

2016070302

先月、デビットリーロスのソロEPの日本版を紹介しましたが、今回はUSオリジナル盤を発見しました。やっぱり、ヴァンヘイレン関連のワーナー盤は日本盤よりUS盤の方が音がいいかなと今のところ思っています。


2016070303

フリードウッドマックの名盤「噂」のジャケットの状態は良くないものの、盤の状態はすごくよい、日本盤を発見したのですが、なんとこれは、日本独自カッティング盤でした。プレスマークを見ると「0-1」となっていたので、1980年1月には、すでに日本独自カッティング盤に原盤が切り替わっていたのかもしれないです。僕が前に100円市で買った、US原盤を使用した日本盤はプレスマークが「7-4」でしたので、これは1977年4月のものであり、リリース当初はUS原盤をしようしていて、ある時期に原盤を切り替えたのではないかと、推測されます。

実際聴いていますと、今回購入した盤も、ノイズのない綺麗な音質だったのですが、音の生生しさや、迫力はやはり、US原盤を使った盤の方が上なのではないかと、今のところ考えています。


2016070304

100円市では難なく見つけることができる、「We Are The World」のアルバムですが、ここに収録されているプリンスの曲が聴きたくて、今回買ってみました。

2016070305

これも、100円市ではよく見かける、ポールマッカートニー&ウイングスの「USAライブ(over The America)」の3枚組なのですが、いつも見かけるのは、日本盤で、今回、US盤を初めて発見しました。送り溝には、「Mesterd By Capitol」の刻印があって、USAでのライブだから、気合の入ったカッティングが行われているのではと、期待したのですが、今のところ、特に優れたところはないように感じています。

来月のレコード100円市は開催日が未定とのことでした。もしかしたら、やらないかもと店員さんは言っていましたが、確かにこの暑さでは、8月の開催は見送った方がよいのではないかと思いました。

  • レコード100円市(2016/6) 
  • レコード100円市(2016/5) 
  • レコード100円市(2016/4) 
  • レコード100円市(2016/3) 
  • レコード100円市(2016/2) 
  • レコード100円市(2016/1) 
  • レコード100円市(2015/12) 
  • レコード100円市(2015/11) 
  • レコード100円市(2015/9) 
  • レコード100円市(2015/7) 
  • レコード100円市(2015/6) 
  • レコード100円市(2015/5) 
  • レコード100円市(2015/4) 
  • レコード100円市(2015/3) 
  • レコード100円市(2015/2)
  • レコード100円市(2015/1)
  • レコード100円市(2014/12)
  • レコード100円市(2014/11)
  • レコード100円市(2014/10)
  • レコード100円市(2014/8)
  • レコード100円市(2014/7)
  • レコード100円市(2014/6)
  • レコード100円市(2014/5)
  • レコード100円市(2014/4)
  • レコード100円市(2014/3)
  • レコード100円市(2014/2)
  • レコード100円市(2014/1)
  • レコード100円市(2013/12)
  • レコード100円市(2013/11)
  • レコード100円市(2013/10)
  • レコード100円市(2013/8)
  • レコード100円市(2013/7)
  • レコード100円市(2013/6)
  • レコード100円市(2013/5)
  • レコード100円市(2013/4)
  • レコード100円市(2013/3)
  • レコード100円市(2013/2)
  • 2016年6月21日 (火)

    政府・官僚・学者・電力会社・マスコミが一体になって原発事故を隠蔽したのに・・・

    「炉心溶融使うな」は隠蔽 6月21日 14時14分

    久々に原発事故の記事を書きます。というのも、ここ数日の、炉心溶融を東京電力が隠蔽したというニュースに対して、特に、マスコミが、自身には全く責任がないというスタンスで報道していることに、ものすごい違和感というか、怒りを感じているからです。

    僕が、原発事故に対して、なんかおかしい、なんか変だと感じたのは、政府・官僚・学者・電力会社・マスコミが一体になって事故を小さく見せようとしていたことであり、実際に当時、福島第一原発が水素爆発したときに、テレビで学者が、「爆破弁の爆発により原子炉の圧力を下げることに成功したと思われます。と、とんでもないウソをついたり、読売新聞が「ホットスポットはネット上のデマ」ととんでもない記事を掲載したのに、残念ながら、これらのことは風化してしまい、すべては、東京電力が悪いということで、原子力村の人たちは決着させようとしているようです。

    原発事故直後は、今では極端すぎるほど反原発に偏っている「報道ステーション」も原発事故を小さく見せようとする報道を行っており、これらは、当時、東京電力が強力なスポンサーだから逆らえないと言われていたのですが、その後のマスコミの手のひら返しは空恐ろしい気がします。東京電力も当時の責任者はみんないなくなってしまい、そんな中で矢面に立っている広瀬社長は、もしかしたらすごく立派な人物かもしれないとも思ってしまいました。

    今回の東京電力の事故検証の報道をみて、政府・官僚・学者・電力会社・マスコミが一体になって原発事故を隠蔽したことについての、公平で正しい検証が行われることは、今後も残念ながら望めないという、絶望的な気分になりました。せめて、当時を知る、我々が非力でも、こうしたマスコミの卑劣な姿勢に異議を唱えるべきだと、改めて思いました。

    ダッ!ダッ!脱・原発の歌/制服向上委員会【PV】

    国と大手マスコミ(読売新聞)による悪質な安全デマ

    「ダッ!ダッ!脱・原発の歌/制服向上委員会」(初披露時の映像)

    原子力村 - Wikipedia

    ※僕のブログでは、本来趣味の内容を取り上げることにしているのですが、福島第1原発事故についての政府やマスコミの対応があまりにひどいこと、また、自分があまりに原発の問題に無関心だったことを恥じているので、僕のブログでも、微力ながら、自分の知りえた情報を伝える記事をできるだけ書くようにすることにしました。原発関連の記事のみを見る場合は、右にある「カテゴリー」の「原発事故」をクリックすると、記事をまとめて見れるので便利だと思います

    2016年6月13日 (月)

    レコード100円市(2016/6)

    2016061301

    今月も、6月11日、12日開催のレコード100円市に行ってきました。今回も初日の開店前に並んで早い番号の整理券で入場したのですが、開店時から70人くらいの人が殺到する状況は変わらず、今回はもう夏本番のような暑さで、レコードを探すにはかなり厳しい状況でした。そのため、今回はあまり気合が入らず、開店後30分ちょっとで、あきらめてしまい結局今回はLP10枚購入といった低調な成果でした。以下に主なものを紹介します。

    2016061302

    ビートルズのハンブルグ時代のライブ盤がありました。

    2016061303

    ビートルズアンソロジーのVOL6のレーザーディスクを発見しました。VOL6だけ持っててもしょうがないかとも思いつつも100円なのでつい買ってしまいます。100円市で買ったレーザーディスクをいつか実家にあるレーザーディスクプレイヤーで見てみようと思っているものの、果たしてその時でもプレイヤー動くかどうか・・・

    2016061304

    KISSのレコードを今回初めて買ってみました。

    2016061305 2016061306

    マイケルシェンカーの上記2枚を、久々に見たような気がしたので、今回買ってみました。

    2016061307 2016061308

    デイヴ・リー・ロス、ジャーニーの上記の作品もよく見かける作品ながら、帯、シュリンクの状態がよかったので、今回買ってみました。

    来月のレコード100円市は開催日が未定とのことでした。相変わらず人多すぎでレコードがじっくり探せないのと、これから暑さが厳しいのと、僕のレコード探しへの情熱がイマイチなことから、しばらく100円市への参加を見送ろうかなと、少し思っています。

  • レコード100円市(2016/5) 
  • レコード100円市(2016/4) 
  • レコード100円市(2016/3) 
  • レコード100円市(2016/2) 
  • レコード100円市(2016/1) 
  • レコード100円市(2015/12) 
  • レコード100円市(2015/11) 
  • レコード100円市(2015/9) 
  • レコード100円市(2015/7) 
  • レコード100円市(2015/6) 
  • レコード100円市(2015/5) 
  • レコード100円市(2015/4) 
  • レコード100円市(2015/3) 
  • レコード100円市(2015/2)
  • レコード100円市(2015/1)
  • レコード100円市(2014/12)
  • レコード100円市(2014/11)
  • レコード100円市(2014/10)
  • レコード100円市(2014/8)
  • レコード100円市(2014/7)
  • レコード100円市(2014/6)
  • レコード100円市(2014/5)
  • レコード100円市(2014/4)
  • レコード100円市(2014/3)
  • レコード100円市(2014/2)
  • レコード100円市(2014/1)
  • レコード100円市(2013/12)
  • レコード100円市(2013/11)
  • レコード100円市(2013/10)
  • レコード100円市(2013/8)
  • レコード100円市(2013/7)
  • レコード100円市(2013/6)
  • レコード100円市(2013/5)
  • レコード100円市(2013/4)
  • レコード100円市(2013/3)
  • レコード100円市(2013/2)




















  • 2016年5月 8日 (日)

    レコード100円市(2016/5)

    01

    今月も、5月7日、8日開催のレコード100円市に行ってきました。今回は開店前に並んで早い番号の整理券で入場したのですが、開店時から70人くらいの人が殺到する状況は変わらず、今回はさらに、早い段階から机の下の段ボールを見る人が多く、いつも以上に身動きがとりづらく、その上、真夏のような暑さという、レコードを探すにはかなり厳しい状況でした。それでも、結局今回はLP10枚、シングル盤9枚と、そこそこの成果がありました。以下に主なものを紹介します。

    01

    ビートルズの旗帯盤が、ちょっと破れはあるものの、100円市で帯付の状態で出るのは珍しいと思いました。僕の子供のころは、この状態でレコード店に並んでることが、普通だったので、ものすごく懐かしさを感じてしまいます。

    01

    こちらは、帯の前面はなく、裏面のだけある状態でした。補充注文票の部分だけ残されているのが不思議でした。

    01

    ジョージのワーナーパイオニア時代の盤を初めて100円市で発見しました。この盤は、輸入原盤を使用しているので、とても音がいいです。しかしながら、この作品はレコード会社の圧力により、ジャケットの変更、4曲の差し替えがあったということから、ビートルズマニアからは、「当初の方がよかった」と言われていて、不当に低い評価を受けています。僕は、このジャケットも好きだし、差し変わった4曲の出来も好きなので、不当な評価を残念に思っています。

    01

    マドンナのこのアルバムは、米国の”RLカッティング”の原盤が使用されているのですが、なぜか、ジャケットが切り取られ、前面のみが残された状態で出ていました。盤の方は問題なく、よいコンディションでした。

    0101

    ジョンレノンの出演した映画のレーザーディスクがあったので、つい買ってしまいました。実家に帰ればレーザーディスクプレーヤーがあるのですが、果たして今でも動くかどうか・・・

    01

    01

    クリームのアルバムを2枚発見しました。

    0101

    アルカトラスの見本盤を2枚発見しました。

    P1010391

    P1010392

    ジグソーのスカイハイは、映画の曲というよりも、プロレスラー、ミル・マスカラスの入場テーマソングとしてお馴染みなので、つい、シングルとアルバムを買ってしまいました。このジャケットで、ジグソーのメンバーの顔を初めてみました。


    P1010393P1010394

    ビートルズのシングルは、ジャケットは「へイジュード」ながら、盤は「ハローグットバイ」のものと、ジャケットなしの「愛こそはすべて」を発見しました。


    P1010396P1010399

    ポールマッカートニーのシングルも2枚発見しました。時間をかければ、ポールのシングルはかなり発見できるのかもしれないと思いました。

    P1010395

    メリーホプキンの「悲しき天使」は売れた曲だけあって、発見するのは、容易なのかもしれません。

    こんな感じで、今回もそこそこの収穫のあった100円市ですが、次回は、6月11日、12日開催とのことです。

  • レコード100円市(2016/4) 
  • レコード100円市(2016/3) 
  • レコード100円市(2016/2) 
  • レコード100円市(2016/1) 
  • レコード100円市(2015/12) 
  • レコード100円市(2015/11) 
  • レコード100円市(2015/9) 
  • レコード100円市(2015/7) 
  • レコード100円市(2015/6) 
  • レコード100円市(2015/5) 
  • レコード100円市(2015/4) 
  • レコード100円市(2015/3) 
  • レコード100円市(2015/2)
  • レコード100円市(2015/1)
  • レコード100円市(2014/12)
  • レコード100円市(2014/11)
  • レコード100円市(2014/10)
  • レコード100円市(2014/8)
  • レコード100円市(2014/7)
  • レコード100円市(2014/6)
  • レコード100円市(2014/5)
  • レコード100円市(2014/4)
  • レコード100円市(2014/3)
  • レコード100円市(2014/2)
  • レコード100円市(2014/1)
  • レコード100円市(2013/12)
  • レコード100円市(2013/11)
  • レコード100円市(2013/10)
  • レコード100円市(2013/8)
  • レコード100円市(2013/7)
  • レコード100円市(2013/6)
  • レコード100円市(2013/5)
  • レコード100円市(2013/4)
  • レコード100円市(2013/3)
  • レコード100円市(2013/2)
  • 2016年5月 6日 (金)

    イマジンの日本盤はかなりいいです

    ラムのPTS盤がかなりよかったので、同様のものがないか手持ちのレコードを確認したら、「イマジン」の4チャンネル盤がPTS盤だということがわかりました。僕は「イマジン」はUS盤、UK盤を持っていないので、100円レコード市で買った、日本盤の通常盤と、CDの2000年リミックス盤と2010年リマスター盤を使って聴き比べをしてみました。その結果、PTS盤ではない、日本盤の通常盤がかなり音がいいことがわかりました。さらに、4チャンネル盤は、通常盤での不満点を補完するような感じで、よい点があったので、僕としては、「イマジン」はこの2枚があれば、US盤、UK盤も要らないかなと思いました。

    最初にいつものごとく、レーベル面の写真と送り溝の情報を記載します。

    ・通常盤

    P1010370

    P1010372P1010373

    送り溝の情報は

    SIDE 1
    YEX865 2S2 7 JISマーク 1J [

    SIDE 2
    YEX865 1S 4 JISマーク

    となっていて”[”が謎ですが、"1J”から1971年10月にプレスされた盤のようです。jジャケットには、「東芝音楽工業株式会社 ¥2,000」とあるので、初期盤で間違いないと思います。盤質もすごくよくて、帯はないものの、こうしたリリース初期の盤が100円で買えるレコード100円市はやはり偉大です。

    ・4チャンネル盤

    P1010374


    P1010385P1010384

    送り溝の情報は

    SIDE 1
    QEX865 1S 7 JISマーク P 4-3W

    SIDE 2
    QEX866 1S 6 JISマーク P

    プレスマークより、1974年3月にプレスされた盤のようです。ジャケットには、「東芝EMI株式会社 ¥2,300」とありました。これは、100円市ではなく、普通に中古レコード店で購入しましたが、特にプレミア価格ではなく、普通の中古盤にありがちな価格で購入しました。

    この盤がPTS方式でカッティングされたことは、4チャンネル方式の説明を書いた紙に記載されていました。

    P1010375


    P1010378

    それで、4チャンネル盤と通常盤を聴き比べると、通常盤の方が低域がすごくしっかり出ていてなおかつ太い音がして、驚きました。このアルバムを音質を気にしながらじっくり聴いたのは、今回が初めてだったのですが、曲によって、音の傾向がかなり違うのが厄介だなと感じました。例えば、「 I Don't Want To Be A Soldier」が派手にエコーがかかったサウンドながら、「It's So Hard」は各楽器の音が生々しく聴けたりとか、かなり異なります。そんな中で、アナログ盤で聴く楽しみがわかりやすいのは、「Crippled Inside」、「It's So Hard」あたりかなと思いました。この2曲は、US盤やUK盤と比べてもかなりいい勝負になるのではないかと思います。

    ただ、通常盤で、音がよくないと感じたのは、「Gimme Some Truth」、「How Do You Sleep?」でした。ただ、これは、2010年リマスターCDを聴いても、同様に感じたので、マスターに問題があったのではないかと思います。「Gimme Some Truth」は、おそらく迫力を出すためにわざと音をごちゃごちゃにして混沌とした感じにしているのかと思うのですが、音がこもった感じになって、ダビングを何度か繰り返したテープを聴いているような音質になってしまっています。ただ、これを改善しようとしたと思われる2000年リミックスCDを聴くと、確かにクリアーな音になっているものの、なんだか迫力不足に感じてしまいます。「How Do You Sleep?」は、歌い出しから、バスドラ、ベース、ハイハットの音のみ、音圧が高くそれ以外の音が引っ込んだ感じで迫力不足の音になっていて、エンディングのエレピのソロの部分になって音圧が上がるという不思議な感じになっています。2010年リマスターCDは歌声だけ、ちょっとだけ音圧が上がっている感じですが、全体的に迫力不足なのは、一緒だと思いました。2000年リミックスCDでは、やはりこの点を改善しようとしているみたいなのですが、エレピのバッキングのフレーズがなぜが目立ってしまって、こうなると曲の印象が大きく変わってしまうので、ちょっとリミックスしすぎと思ってしまいます。

    あと、通常盤では、演奏の音が迫力たっぷりに鳴るかわりに、ジョンのボーカルがちょっとだけ引っ込んだような印象を受けました。今回、じっくりこのアルバムを聴いてみて、ジョンの歌い方が弱すぎると感じました。よく言えば繊細なボーカルといえるのかもしれないですが、初期ビートルズで激しい歌い方をしていたジョンが好きな僕としては、このアルバムのジョンの歌声がなんでこんなに弱いのか、すごく疑問です。例えば、ラフな曲の「It's So Hard」では、ボーカルにへんなイコライジングをかけて、音もあまり伸ばさないので、これではバックの音に歌声が埋もれやすくなるのも仕方ないと感じます。

    僕は、「イマジン」はいい曲が多いアルバムだと思っていたものの、あまり深くのめり込まなかった理由が今回じっくり聴いてわかった気がします。このアルバムのジョンのボーカルは、僕はあまり好きではないです。

    で、ようやく4チャンネル盤についての話なのですが、4チャンネル盤は、通常盤ほど太い音は出ませんでした。でも、そのかわり、ジョンのボーカルが聴きやすいと感じました。また、4チャンネル盤は、通常盤と違うミックスがされています。わかりやすいところでは、「I Don't Want To Be A Soldier」のエンディングのSEの音が異なるところとか、「Jealous Guy」のサビの後半のストリングスの低音が強調されているとか、「How Do You Sleep?」がいきなり歌い出しのところから、始まるなのど違いがありました。それで、「How Do You Sleep?」は歌やギターのバッキングが音圧たっぷりで迫力のあるサウンドになっています。なので、「How Do You Sleep?」のベストは4チャンネル盤なのではないかと僕は思いました。「Gimme Some Truth」は残念ながら、通常盤と同様の、こもった音でした。

    ということで、4チャンネル盤では、若干ジョンのボーカルが聴きやすくなっていたりとか、通常盤では不満のある「How Do You Sleep?」の欠点が解消されているという点があるので、通常盤を補完する役目を担っていると感じたわけです。

    通常盤にはPTS方式であることが記載されていないので、通常盤の音が太い理由は別にあるのかもしれませんが、「ラム」にしろ「イマジン」にしろ、この時期だけこんなに音のいい日本盤が作られたのは興味深いことだと思います。他にも、「オールディズはAP盤になって音がよくなったとか」「原子心母はUK盤は音がこもっているが、日本盤は音がいい」といった未確認情報もあったりするので、この時期の東芝盤は、要注目なのかもしれません。

    2016年5月 4日 (水)

    「ラム」の国内PTS盤の独自性が素晴らしい!

    P1010334

    以前レコード100円市で、ポールマッカートニーの「ラム」の国内盤でPTSⅡ方式でカッティングされた盤を購入したことを記事にしましたが、その後、この盤をUK盤と聴き比べたり、様々なカートリッジで聴いてみた結果、「ラム」の国内PTSⅡ方式盤は決してUK盤の代替になるとか、UK盤を凌駕するものではないが、独自性がすごくあるので、「ラム」が好きな人であれば、バリエーションのひとつとして、とても楽しめる盤である、と感じたので記事にしたいと思います。

    上の写真は左がUK盤で、右が国内PTS方式盤です。僕はあまりジャケットの作りには興味がないのですが、UK盤はジャケットのコーティングが美しく、UK盤を好むマニアが多いのも納得できる作りです。以下にレーベル面と送り溝の情報を掲載します。

    P1010337  P1010338

    国内盤は

    SIDE
    YEX837 1S(P) 5 JISマーク 1F

    SIDE 2
    YEX838 1S2(P) 1 JISマーク

    となっていました。SIDE 1の1Fは1971年6月のプレスであることを表しているようです。(P)はPTS方式であることを表しているようです。

    P1010340 P1010341


    UK盤は

    SIDE 1
    マトリクス:YEX837-1
    マザー:1 4
    スタンパー:TH

    SIDE 2
    マトリクス:YEX838-1
    マザー:1 4
    スタンパー:GDD

    となっていました。

    国内盤レコードに封入されていた、PTS方式の説明文も再掲します。

    2014101209

    国内盤を最初聴いたときは、たしかにウクレレの音などが太くていい音と感じたものの、UK盤と聴き比べてしまうと、UK盤の方がきらびやかで横に広がる感じが明らかで、これは、CDやハイレゾ音源で聴きなれた「ラム」のイメージ通りなので、音の良さでは、やっぱりUK盤にかなわないと思っていました。でも、カートリッジを変えたりして、何度も国内盤を聴いてみて、特に、ウクレレなどの生楽器やポールのシングルトラックのボーカル部分の音の迫力が素晴らしく、これはこれでアリだなと思うようになりました。きらびやかな横の広がりはないものの、ボーカルや生楽器の音が、より狭い範囲で立体的に感じられ、例えるなら、ビートルズのUKモノ盤に感じられる立体感に近く、PTS盤はモノラルミックスでは、と、錯覚してしまうほどでした。

    なので、UK盤よりも密室的で、狭い場所で生々しい演奏をしているような雰囲気を楽しめるということで、すごく独自性があると思ったわけです。日本盤のカッティングって、高域が多く低域が不足したりとか、リズムの迫力があまりないとか、マイナスなイメージのものが多いで、こうした挑戦的な独自性の高い盤の存在は珍しいと思います。PTS方式の技術による偶然の結果なのでしょうか。

    そんな感じで、「ラム」のPTS方式盤は、素晴らしいと思ったのですが、そうなると、他に同様の盤はないのかと気になって、手持ちの盤を色々と見ていたところ、ジョンレノンの「イマジン」の4チャンネル盤もPTS方式のようです。聴いてみると、確かに、よいと思う部分もあったので、こちらも近々記事にしてみようと思っています。

    2016年4月24日 (日)

    レコード100円市(2016/4)

    2016042401

    今月も、4月23日、24日開催のレコード100円市に行ってみました。今回は別の予定があったため、開店前から並ぶことができず、会場に到着したのは、23日の開店後1時間30分すぎくらいの時間でした。さすがにこの時間になると、LPの段ボール箱にはめぼしいものが全くなく、今日は収穫ゼロかなと思ったところ、シングル盤でビートルズのソロ関係があったので、結局今回はLP1枚、シングル盤8枚と、遅い時間に行ったわりにはまずまずの結果でした。以下に主なものを紹介します。

    2016042402

    買ったLPは、ワーナーパイオニアの洋楽宣伝用で非売品のオムニバス盤でした。こうした盤は、曲をいっぱい入れるので音質的には期待できないのですが、ドナルド・フェイゲンとジョージハリスンの曲が同じ面に入っているのが面白いなと思って、つい買ってしまいました。

    2016042403

    ジョージハリスンのシングル盤を2枚発見しました。

    2016042404

    2016042405

    ポールマッカートニーも色々ありました。特に「アイルランドに平和を」は、ポールのシングル曲の中で、もっとも忘れ去られた曲という感じがします。僕もこの曲は、かなり久しぶりに聴いたような気がします。

    2016042406

    この時期の荻野目慶子ちゃんは、すごく可愛かったなあと思うと、ついシングル買ってしまいました。

    こんな感じで、今回は、たまたまシングル盤が充実していただけかもしれませんが、今回のように出遅れたときは、シングル盤中心に探してみるのもいいかなと思いました。

    次回は、5月7日、8日開催とのことです。

  • レコード100円市(2016/3) 
  • レコード100円市(2016/2) 
  • レコード100円市(2016/1) 
  • レコード100円市(2015/12) 
  • レコード100円市(2015/11) 
  • レコード100円市(2015/9) 
  • レコード100円市(2015/7) 
  • レコード100円市(2015/6) 
  • レコード100円市(2015/5) 
  • レコード100円市(2015/4) 
  • レコード100円市(2015/3) 
  • レコード100円市(2015/2)
  • レコード100円市(2015/1)
  • レコード100円市(2014/12)
  • レコード100円市(2014/11)
  • レコード100円市(2014/10)
  • レコード100円市(2014/8)
  • レコード100円市(2014/7)
  • レコード100円市(2014/6)
  • レコード100円市(2014/5)
  • レコード100円市(2014/4)
  • レコード100円市(2014/3)
  • レコード100円市(2014/2)
  • レコード100円市(2014/1)
  • レコード100円市(2013/12)
  • レコード100円市(2013/11)
  • レコード100円市(2013/10)
  • レコード100円市(2013/8)
  • レコード100円市(2013/7)
  • レコード100円市(2013/6)
  • レコード100円市(2013/5)
  • レコード100円市(2013/4)
  • レコード100円市(2013/3)
  • レコード100円市(2013/2)













  • 2016年4月17日 (日)

    他人事ではなく、日本全国で厳重警戒すべきです。

    熊本は、僕が昨年7月、今年1月に訪れた街で、八代にお気に入りのホテルが出来ただけに、今回の熊本大地震には、心を痛めています。お亡くなりになった方にお悔やみ申し上げます。また、被災された皆様にこれ以上の苦しみが起こらないよう、心からお祈りします。

    ただ、我々は、今一度、東日本大震災の教訓を思い出すべきだと思います。

    ・東日本大震災の2日前の3月9日にM7.2の地震が発生していたこと

    ・東日本大震災後の3月12日に新潟県中越で、3月15日に静岡で震度6強の地震が発生していたこと

    ・東日本大震災の1か月後に福島浜通りで震度6弱の地震が発生していたこと

    この経験を踏まえると、今回、唐突に熊本でM6.5の地震が発生したことから、数日の間はこれより大きな地震が発生することは十分考えられたわけで、正直、余震だけでなく、これより大きい地震が発生する可能性を示唆しなかったのは、気象庁の大きなミステイクだったと思います。ただ、気象庁もそれを悔やんでいるから、4月16日の地震を本震に訂正し、その後の地震活動も今までに経験のないものとして、厳重警戒を呼び掛けているんだと思います。

    そして、厳重警戒すべきなのは、決して、熊本県、大分県の住民だけではないということを我々は肝に銘じておくべきだと思います。東日本大震災のときには、いきなり震度6強の地震が新潟県中越や静岡で発生したのには、僕はすごく驚きました。特に、静岡の地震については、忘れられてしまって、完全に風化してしまったような感じがありますが、地震活動が活発になったために、思わぬところで、地震が発生する可能性については、少なくとも大地震発生から1か月間くらいは、日本全国で考慮すべきだと思います。

    そして、僕が不気味に思っているのは、4月14日の熊本の地震の約30分前にあった、西荻窪の地下を震源とする、東京23区直下型地震です。このときは、地鳴りとともに、一瞬縦揺れがして、そのあと、普通はあるはずの、横揺れがまったくなくて、最初は地震でなく、僕のマンションの地下で何かが爆発したのでは、と思ってしまいました。

    厳重警戒はしすぎたとしても、結局何もなければ「何もなくてよかったね」となるだけなので、警戒しすぎることのデメリットは何もないと思います。日本全国、皆、向こう一か月は、避難行動のシミュレーションや、水、食料の備蓄などを強く意識すべきだと思います。また、今回得られた情報として、家を離れるときは、停電回復後に電気がショートして火災になることを防ぐために、必ずブレーカーを落としてから非難すること、というのは、重要な情報だと思います。僕も万一家を離れる際には、実践せねばと思います。

    辛い状況になってしまいましたが、もうこれ以上、震災の犠牲者を出さないために、皆で強力して注意喚起し合って、この辛い状況を乗り切りたいものです。

    みなさん、頑張りましょう!

    2016年3月28日 (月)

    レコード100円市(2016/3)

    2016032800

    今月も、3月26日、27日開催のレコード100円市に、26日の開店時に行ってみました。今回は早い時間から並んでいる人が多く、開店時には、いつものように、60名以上の人が集まり、今回も早めに並んで、かなり早い番号の整理券をGETできたものの、割とじっくりレコードを探せたのは、優先的に入場できた数分間のみで、あとは、場所を移動するのもままならないくらいの大混雑という毎度恒例の状況は、相変わらずでした。しかし、今回は、僕が開店直後に見た段ボールがことごとくハズレで、収穫が全くなく、開店前に結構並んだのが無意味になってしまう、厳しい状況でした。それでも、最終的には、シングル盤合わせて18枚とまずまずの収穫でしたので、主なものを以下に紹介します。

    開店後、あきらめずにレコードを探していると、机の下の段ボールから散乱しているレコード群がらキングクリムゾンの「暗黒の世界」US盤を発見して、それらの散乱しているレコードはほとんどプログレ系のレコードである状態のところを見つけました。机の下の段ボールのところは、乱暴にレコードを探している人によって、レコードが段ボールの外に散乱してしまっている状況がよくあって、大抵それらの散乱したレコードは、たいしたことないことがないことが多いのですが、今回は、プログレに興味のない人がレコードをぶちまけてしまったようでした。でも、おかげで僕にとっては、面白いレコード群を見つけることができました。「暗黒の世界」はウォーターダメージがひどく、僕は状態のまずまずよいUK盤をすでに持っていたので、今回は購入しませんでした。他にイエスも結構あったのですが、僕は以下の2枚のUS盤を購入しました。

    2016032801

    有名な「こわれものの」と「危機」で、どちらも汚れがひどかったものの、清掃して聴いてみるとノイズもあまりない、いい状態で聴くことができました。特に「こわれもの」はクリアでとてもよい音質で、この名盤が100円でこんなにいい音質で聴けるなら、この盤の高音質盤を追及する必要はないなと思ってしまいました。過去に「こわれもの」のUS盤を買って、その音質にがっかりしたことがあったのですが、それはレイトプレスを買ってしまったからなのかもしれません。ただ、「危機」の方は、「こわれもの」ほど、音の生生しさが感じられず、これなら、例えば「同士」はクラシック・イエスの日本盤の方が音がいいのではないかと感じてしまいました。

    送り溝のマトリクスは、「こわれもの」のA面はST-A-712361-Hで、B面はST-A-712362-Fでした。「危機」のA面はST-A-722619AAで、B面は,ST-A-722620BBEXでした。「危機」には、Atlantic StudiosでGeorge Piros氏がカッティングしたことを示す、AT/GP刻印もあったので、もしかしたら、僕の再生の仕方が悪いだけかもしれないです。アナログ盤の音質の判断は難しいです。

    2016032802

    2016032803

    ピーターガブリエル時代のジェネシスのレコードも沢山発見しました。「月影の騎士」と「幻惑のブロードウェイ」は日本盤で、他はUS盤でした。

    2016032804

    さらに、ピータガブリエルのソロのUS盤、ビルブラッフォードのバンド「ブラッフォード」の日本盤もあったので、購入しました。他にもキャメルとか、ELPとかもあって、かなりの量もプログレ系のレコードがまとまっていた段ボールだったようでした。

    2016032805

    トーキングヘッズのUS盤は、ベースがすごい迫力で、ボーカルも生々しくとてもいい音でした。でも確かにレコードはUS盤なのに、なぜか東芝EMIの解説書が入っていました。

    2016032806_2

    懐かしの風間三姉妹と浅香唯のシングル盤が、今聴いてもかなりロック色の濃いアレンジで、とてもいい曲だと思うのですが、この時代特有のエコーのかけ方が、あまり好きではないのが、ちょっと残念です。

    2016032807

    今回はビートルズ系は全然発見できませんでした。唯一買ったのは上記のウイングスのシングル盤でした。

    他にも、今回はシングル盤がずいぶん充実しているように思いましたが、なぜか、五木ひろしのシングル盤が尋常でないくらい、大量にあったのが、印象的でした。

    そんな感じで、今回は、収穫イマイチでしたが、次回は、4月23,24日に開催予定とのことです。

  • レコード100円市(2016/2) 
  • レコード100円市(2016/1) 
  • レコード100円市(2015/12) 
  • レコード100円市(2015/11) 
  • レコード100円市(2015/9) 
  • レコード100円市(2015/7) 
  • レコード100円市(2015/6) 
  • レコード100円市(2015/5) 
  • レコード100円市(2015/4) 
  • レコード100円市(2015/3) 
  • レコード100円市(2015/2)
  • レコード100円市(2015/1)
  • レコード100円市(2014/12)
  • レコード100円市(2014/11)
  • レコード100円市(2014/10)
  • レコード100円市(2014/8)
  • レコード100円市(2014/7)
  • レコード100円市(2014/6)
  • レコード100円市(2014/5)
  • レコード100円市(2014/4)
  • レコード100円市(2014/3)
  • レコード100円市(2014/2)
  • レコード100円市(2014/1)
  • レコード100円市(2013/12)
  • レコード100円市(2013/11)
  • レコード100円市(2013/10)
  • レコード100円市(2013/8)
  • レコード100円市(2013/7)
  • レコード100円市(2013/6)
  • レコード100円市(2013/5)
  • レコード100円市(2013/4)
  • レコード100円市(2013/3)
  • レコード100円市(2013/2)
  • 2016年3月17日 (木)

    ダブル・ファンタジーの日本盤は2種類の原盤が使用されていた

    P1010321

    ジョンレノンのダブル・ファンタジーの日本盤が輸入原盤(輸入メタルマザーと書きましたが、ラッカー盤かメタルマスターを輸入した可能性が高いことがわかりました。)を以前の記事で書きましたが、その後の調査で、2種類の原盤が使用されていることがわかりました。このことは、コアなビートルズマニアにとっては、常識だったのかもしれませんが、少なくとも日本語で、無料でインターネット上で読める記事の中では、初めて記載される情報だと思います。ということで、以前の記事以降にわかったことを以下にまとめようと思います。

    以前の記事では、レコード100円市で買った、追悼の文字が入った帯付で1980年12月にプレスされたレコードをもとに書きましたが、その後、より初期の帯付のものを数百円で購入し、ヤフオクで、帯付の見本盤が出品されたのを発見し、1万円越えを覚悟して入札に臨んだものの、幸運なことに、4千円ちょっとの額で落札でき、さらにディスクユニオンで帯なしの見本盤を千円台で購入し、さらに初期帯で最初期に近いプレスと思われる通常盤を数百円と、わりとリーズナブルな値段で色々購入することができました。せっかくなので、見本盤のレーベル写真を掲載します。

    P1010323P1010326

    見本盤と、非売品の文字がある以外は通常盤と同じようなレーベルでした。以下に、それぞれのレコードの送り溝の情報を掲載します。なお、前回の記事では、Side2の原盤の刻印に誤りがありましたので、赤字で訂正を入れています。間違った情報を掲載してしまい、申し訳ありませんでした。

    通常盤1(追悼帯)

    ①GHS-1-2001-JPN-SET-2
    ②0-Z
    ③2L-A-29
    ④3
    ⑤STERLING
    ⑥P-10948J1
    ⑦TO

    SIDE TWO
    ①GHS-2-2001-RE1-JPN-SET-1
    ②L-A-36
    ③3
    ④STERLING
    ⑤P-10948J2
    ⑥TO

    通常盤2(初期帯)

    SIDE ONE
    ①GHS-1-2001-JPN-SET-2
    ②0-Z
    ③2L-A-21
    ④3
    ⑤STERLING
    ⑥P-10948J1
    ⑦TO

    SIDE TWO
    ①GHS-2-2001-RE1-SET-2
    ②2L-A-13
    ③3
    ④STERLING
    ⑤P-10948J2
    ⑥TO

    見本盤(帯つき)

    SIDE ONE
    ①GHS-1-2001-JPN-SET-2
    ②0-Y
    ③2L-A-2
    ④3
    ⑤STERLING
    ⑥P-10948J1
    ⑦TO

    SIDE TWO
    ①GHS-2-2001-RE1-SET-2
    ②2L-A-4
    ③3
    ④STERLING
    ⑤P-10948J2
    ⑥TO

    見本盤(帯なし)

    SIDE ONE
    ①GHS-1-2001-JPN-SET-2
    ②0-Y
    ③2L-A-5
    ④3
    ⑤STERLING
    ⑥P-10948J1
    ⑦TO

    SIDE TWO
    ①GHS-2-2001-RE1-SET-2
    ②2L-A-4
    ③3
    ④STERLING
    ⑤P-10948J2
    ⑥TO

    通常盤3(初期帯)

    SIDE ONE
    ①GHS-1-2001-JPN-SET-1
    ②0-Y
    ③L-A-3
    ④3
    ⑤STERLING
    ⑥P-10948J1
    ⑦TO

    SIDE TWO
    ①GHS-2-2001-RE1-JPN-SET-1
    ②L-A-1
    ③3
    ④STERLING
    ⑤P-10948J2
    ⑥TO

    Side 1の①⑤、Side2の①④が元々原盤にあった刻印であり、これにより、STERLING社により、カッティングされた、SET-1、SET-2の2種類があることがわかります。そして、ワーナーパイオニア特有の刻印である、Side 1の③、Side2の②より、SET-1が”L”、SET-2が”2L”に対応していることがわかります。なので、やっぱりこのワーナーパイオニアの刻印は、”マスター/マザー/スタンパー”を表していると考えて間違いなさそうです。ちなみに、LED ZEPPELINのイン・スルー・ジ・アウト・ドアのときに”STROWBERRY刻印あり/なし”で見たときは、”あり”が”L”でなし”1”であり、先日の森高千里の場合は、”1”か”2”だったので、輸入原盤の場合のマスター表記はアルファベットを含んでいて、日本独自カッティングのマスター表記は数字になるという法則性がありそうです。

    Side 1の②は東芝プレスの場合のプレスマークで”0-Y”が1980年11月、”0-Z”が1980年12月を表しています。以前の記事のコメントでは、”3-X”の表記の情報をいただきましたが、これは、1983年10月のプレスで、Side1が”2L-B-11”ということから、マザーがBまで進んだ11番目のスタンパーでプレスされた盤であると思われます。

    Side 1の⑦、Side2の⑥の”TO”は東芝の工場でプレスされたことを表すようです。東芝はジョンレノンを所属アーティストから失ったものの、レコードのプレスは引き続き行っていたというのは、面白い事実だと思います。

    そんなわけで、送り溝の情報の意味もかなりわかってきたのですが、Side 1の④、Side2の③の”3”が何を表しているのかは、今のところまったくわかりません。

    今のところ最初期プレスと思われる盤は、通常盤3でSide2がスタンパー1のもののようなのですが、やっぱりダブル・ファンタジーも、最初期スタンパーは見本盤ではなく、通常盤に使用されたようです。見本盤よりも、絶対に納期が遅れてはならない重要な問屋とか量販店の分を優先してプレスしたんじゃないかとか想像してしまうのですが、こうしたことも、いずれ関係者がら真実が語られてほしいところです。

    SET-1,SET-2で音の違いがあるのか、スタンパーが若い方が音がいいのか、気になることでありますが、今のところ、違うような気がしないでもないが、明確に説明できるほどの違いはないと感じています。どちらにしても、かなりの高音質であることは、間違いないと思います。現地のエンジニアがリアルタイムにカッティングした2枚の原盤を潤沢に同時期に使用して、日本の高品質な盤にプレスしたわけなので、状況的にも音がいい制作がされた盤だという理屈の説明ができると思います。実際聴いてて、最初の鐘の音なんかすごくクリアーだし、低音もしっかり鳴っているし、スターティング・オーバーの出だしのジョンの歌声の生々しさは、かなりのものだし、クリーンアップ・タイムのイントロなんて、ものすごくゾクゾクします。

    ダブル・ファンタジーの日本盤は、なぜか中古盤市場で不人気で、そのおかげで、リーズナブルな価格で色々なことをわかることができたのですが、僕には、この不人気が不思議でなりません。半分の曲がオノヨーコだとしても、「スターティング・オーバー」「ウーマン」「ウォッチング・ザ・ホイールズ」といったジョンレノンのソロ曲の中でも上位にランクされるような名曲が収録されているし、音質的にも、少なくとも、ジョンレノンの日本盤の中ではもっともいい盤と言ってしまっていいと思います。そして、何より、僕のように1970年代後半にビートルズファンなった人間にとって、ジョンレノンの新作をリアルタイムで聴けた唯一のアルバムであるわけで、当時、ポールの逮捕で日本公演が中止になって、「マッカートニー2」がたいしたことない作品で落胆していた時に、ジョンレノンの復活はものすごく明るいニュースで、さらにラジオでジョンの新曲としていち早く流された「スターティング・オーバー」が物凄くいい曲だったので、物凄い高揚感を持ってこのアルバムを迎えたことは、一生忘れないと思います。(その後の落胆については、あえて触れない)

    なので、僕にとっては、ダブル・ファンタジーはゲフィン・レーベルしかあり得ないので、数が少ないからといって、単なるレイトプレスのキャピタルレーベルや、東芝EMIレーベルのダブル・ファンタジーに何で高額なプレミアが付くのか、全く理解できません。

    あと、僕はあまり帯には思い入れはなくて、帯なしのおかげで、極上盤質のレコードが安く買えればラッキーとさえ思っているのですが、ダブル・ファンタジーの帯にはちょっと思い入れがあって、


    P1010328

    ダブル・ファンタジー発売直後にレコード屋で帯の裏面見たら、ジョージの新作が絶賛発売中なんて書いてあるもんだから、レコード屋でジョージの新作を探してしまった思い出があります。この帯により、発売延期になったジョージの「想いは果てなく」は「神のらくがき」とか「世界を救え」とか、邦題まで準備できていて、発売直前まで行った状態であったことがわかります。帯にこうした貴重な情報まであるのに、やっぱり、なんで、中古市場でダブル・ファンタジーの日本盤が不人気なのか不思議です。日本のビートルズファンでアナログレコードファンであれば、絶対注目すべきレコードだと思います。

    ただ、やはり不人気なのはありがたく、ここまで来たらいつかは、両面”2L-A-1”のものと、”L-A-1”の盤をGETしたいなあと思っています。もしかしたら、ブックオフの100円コーナーとか、思わぬところで発見できるのではないかと期待しています。

    «森高千里のアナログシングル

    2016年7月
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31            

    オススメDVD

    twitter

    無料ブログはココログ