2018年6月13日 (水)

楽しみな発表だと思います。 稲場愛香 Juice=Juice加入

【ハロ!ステ#274】稲場愛香今後の活動について、モー娘。20周年企画、モー娘。12期定点観測、ハロプロ研修生LIVE、新グループ加入メンバー発表、ランチ MC:尾形春水

稲場愛香ちゃんのJuice=Juice加入は、とっても歓迎すべきNewsだと思います。稲場愛香ちゃんで印象に残っているのは、生田衣梨奈バースデーイベントのゲストで出たときなのですが、その時の印象がとてもよかっただけに、 その後の休業がとっても残念だったのですが、こうして元気に戻ってきてくれて、さらに、最近僕もコンサートに行く機会が増えたJuice=Juiceに加入できて、本当に良かったなあと思っています。この勢いで、ぜひともJuice=Juiceは秋もホールコンサート・ツアーをやってくれて、年2回のホールコンサート・ツアーを状態化させてもらいたいものだと思います。

やっぱりアイドルのライブは1000人前後規模で座席ありのホールで見るのが一番よいと思います。まあ、僕もライブハウスは体力的にキツイというのもあるのですが、ホールで安心して見れるアイドルグループが増えてくれるといいなあと願っています。

2018年2月13日 (火)

つばきファクトリーにハマりつつあります

つばきファクトリー『春恋歌』

この曲、かなり気に入ってます。僕が正月のハロコンに入った公演が、たまたまこの曲の初披露の公演だったのですが、円になってクルクル回るかわいいダンスが印象的で、曲もよかったので、MVが公開されるのを心待ちにしていました。

つばきファクトリーはインパクトのある楽曲に恵まれているようで、デビュー曲の「初恋サンライズ」はハロプロのコンサートの前に流れるCMで、この曲になると、それまで普通に歓談していた人が、いきなり条件反射のように、何十人も一斉にジャンプするのが面白くて、会場に笑いが起こるのが、一時期定例になっていたり、2枚目の「就活センセーション」は振付に合わせて前方の観客がみんなしてお辞儀する動きが面白かったりして、面白がりながら見ていたのですが、だんだん僕自身もハマってきつつあると感じています。

ぜひともこの調子で、いい曲をたくさん出して、成長していってほしいなと思っています。

2017年12月31日 (日)

2017年が終わりますね

今年もあまりブログを更新しないまま、2017年も大晦日になってしまいました。

今年の大晦日もディスク・ユニオンのタイムセールに行ってきました。今年は吉祥寺店に行ったのですが、タイムセール時間には大行列が出来ていました。なんでも15%オフということなので、このセールは普段割引のない新品を買うのがお得なので、今回は、ビートルズのクリスマスレコードを買おうと思ったのですが、1万円を超える商品の割には、あまりにもチープな作りだと思って、買うのを躊躇してしまいました。さすがにクリスマスレコードのセットだけで1万円越えは厳しく、この商品はあまり売れず、この先もっと安く購入できそうな気がしてしまったのですが、どうでしょうか。

代わりに購入したのが、購入しようと思っていて忘れてた「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」の2枚組LP(ピクチャー盤じゃないやつ)とジョージのダークホースを買いました。あと、ピンクフロイドのアナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール・パート2のシングル盤のUKテストプレスがなぜか安かったので買ってみました。あと、ビリー・ジョエルの「ストレンジャー」のマスターサウンド盤(日本盤)があったので、検盤したのですが、残念なことに両面ともマトリクスがAL,BLで始まる普通のUS盤のものでしたので、当然ながら購入はしませんでした。果たして、ストレンジャーのマスターサウンド盤(日本盤)で両面とも真のハーフスピードマスターを使用した盤は存在するのか?まだまだ謎は解決しなさそうです。

今年もブログの更新があまりできなかったのですが、一時期ブログを毎日更新していたときには、ブログを書かないと気持ち落ち着かなくなるくらい、自分の中で習慣化していたのですが、ここ数年でこの習慣はすっかり抜けてしまいました。自分の中に、よい習慣を新たに定着させることは、実はかなり難しいということが最近わかってきて、そうしたよい習慣を身に着けるにはどうしたらよいかも、ちょっとわかったきたので、来年は自分の中によい習慣を定着させることをテーマにして、ブログの更新もその一環で取り組んでみようかと思っています。

今年も「よたよたブログ」にご訪問いただき、ありがとうございました。みなさんよいお年をお迎えください。

2017年11月 5日 (日)

ジョージハリスンのTV出演映像

George Harrison 'THE DICK CAVETT SHOW' (1971)

ジョンレノンが、無名の歌手のバック演奏でテレビ出演していた映像で驚いていたら、ジョージハリスンも似たようなことを同じ時期にやっていたんですね。ゲイリー・ライトのウィキペディアをみると、ゲイリー・ライトがジョージの「ALL THINGS MUST PASS」でピアノを弾いたことへのお礼としての、テレビ出演だったようですね。こうしたビートルズメンバーのちょっとしたテレビ出演って、まだまだ色々あるのかもしれないですね。

2017年10月27日 (金)

ロバート・プラントとコージー・パウエルの共演...

Robert Plant and Cozy Powell on Tiswas (1981) 

日本のテレビ番組に例えると、テレ東の「おはスタ」のような番組なのでしょうか。こうした子供向けテレビ番組で、コージパウエルとロバートプラントの共演が実現していたとは、驚きです。二人とも、パイをぶつけられていますが、とても楽しそうです。

Emerson, Lake and Powell - MuchMusic Interview, Toronto 09-04-86

1986年に突如結成されたEmerson, Lake and Powellが、結構好きということは、なんとなく記事にしていましたが、最近になって、Emerson, Lake and Powellに本格的にハマって、通勤途中によく聴いています。やっぱり、キーボード系の機材の進歩が全盛期を迎えた、キース・エマーソンのプレイと、ハードロック系のコージーパウエルのドラムプレイの親和性はとても高かったと、いまさらながら思います。この二人は、カーレース好きつながりらしいですね。

こうした二人のアルバムリリース時期の映像がYouTubeにアップされているのは、とてもありがたいです。アルバムがリリースされた1986年にタイムスリップした気分が味わえます。インタビュアーも、音楽的に突っ込んだ話をしていて、聴かれる二人も、ニューアルバムが良作であることを前提に過去作品との比較を聴かれているためか、とても上機嫌でインタビューに答えているのが、印象的です。それにしても、故人となってしまいましたが、この時代の二人はとても若々しいです。Emerson, Lake and Powellの来日公演が実現しなかったことが悔やまれます。

一枚限りで終わってしまったEmerson, Lake and Powellのアルバムはやっぱり名盤だと思います。

2017年9月 3日 (日)

ジョンレノンとデビッドピールの映像

Hippie From New York City (David Peel and The Lower East Side)

YouTubeに公開されたのは、2010年と少し前なものの、こうした映像があることを僕は全く知らなかったので、リンクを貼っておきます。

ここで歌っているデビッドピールはアップルレコード最難関のレア盤「ローマ法王とマリファナ」をリリースした人で、ここで歌っているのもそのアルバムからの曲なのですが、この映像を見るとジョンレノンがプロデューサーとしてこの作品に関わっていたことがよくわかります。機会があれば、「ローマ法王とマリファナ」のアルバム全体を聴いてみたいものです。

※映像はいつの間にか消されてしまったようです。

2017年6月17日 (土)

モーニング娘。'17 日本生命 セ・パ交流戦2017

最近YouTubeを見ていると、モーニング娘。'17 日本生命 セ・パ交流戦2017の5秒CMがよく流れますが、この各球団の応援映像は、短い映像ながら各メンバーの個性が活かされた楽しい映像になっています。

2017年5月31日 (水)

モー娘。’17牧野真莉愛 始球式

5月30日にモー娘。’17牧野真莉愛ちゃんが始球式を行った映像が、Youtubeに沢山上がっているので、ここでも貼っておきます。始球式というと、かなり前に真野ちゃんがやったのを観に行ったことを思い出します。

牧野真莉愛ちゃんは、上記の記者会見映像のように、ニコニコしながら嬉しそうにしゃべっているところが、一番かわいいと思います。癒されます。

2017年5月28日 (日)

サージェント・ペパーズ50周年記念盤の第一印象

昨日、予約していた、サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)を受け取って、早速聴いています。

物量が豊富なだけに、まだ全体の感想が固まっていないのですが、概ね大好評の2017ステレオリミックスは、僕としては、ちょっとやりすぎでは、と思うところもあり、自分なりの評価を固めるにはちょっと時間がかかりそうです。

ただ、今回収録された数多くの未発表テイクの音のよさには、素直に感動しています。特に「ストロベリーフィールズフォーエバー」の数々の未発表テイクは、1980年代後半くらいから、海賊盤で少しづつ聴けるようになってきたものの、そのころは、あまり音質には、こだわらずただ聴けただけで感動していたものですが、そうした音源がここまでいい音で聴けるとなると、ものすごく感慨深いものがあります。ここまで、網羅的に関連する未発表テイクをいい音で聴かせてくれるのであれば、全オリジナル・アルバムをこのフォーマットで発売してほしいと思いました。

そんな感じで、サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)で、しばらく、楽しめそうです。

«そして、Buono!は伝説になった

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

オススメ商品

twitter

無料ブログはココログ