2014年12月13日 (土)

凄かったビートルズセール

今日は、ディスクユニオン、新宿本館7F「中古ロックレコードフロア」で行われた、「プレミアム・ビートルズ廃盤アナログセール」に行ってきました。このセール、ほぼ毎月のように行われていて、僕も、けっこう行ってはいるものの、今回は、出品内容の物量が豊富だったことと、冬のボーナス時期だけあって、参加者の懐も暖かかったためか、ここしばらくで、もっとも熱気に溢れていた開催でした。

開店前には、すでに、20人以上の人が溢れて、開店すると、狭い店内は人でごった返してしまって、レコードを探していると、店の反対面に移動することすらままならないというものすごい、盛況ぶりでした。そして、セールに参加している人のほとんどが、数万円単位の貴重盤を次から次へとGETしていくので、まるでアベノミクスが成功して、日本の景気はすっかり回復したと錯覚してしまうほどでした。こういう状況にいると、自分も雰囲気に飲まれて、高額な貴重盤を買わなければならないような気になってしまいます。

まあ、それでも冷静さを取り戻し、今回の僕の購入は高額とは言えない、盤3枚で済ませることができました。本当は、僕がWINGSで一番好きなアルバム「Speed Of Sound」のUKテストプレスが出品されていたので、ちょっと無理してでも欲しいなあと思ったものの、販売価格が、7万円代だったので、あきらめました。

2014121201

今回のセールで、僕が一番狙っていたのは、ジョージハリスンの「クラウドナイン」のUSプロモ盤でしたが、注目度が低かったせいか、無事GETできました。値段は7600円代とちょっと高くて、これと同等品は、e-bayで4000円くらいで買えるものの、個人で輸入することを考えると、この値段でも妥協できるなと思い、そう思うと絶妙な値付けだなあと感心してしまいました。僕がこの盤に注目したのは、最近「クラウドナインで音質がいいのはUS盤のようだ」ということがわかったからでした。で、実際に買って聴いてみると、どうやら、通常のUS盤と同じラッカー盤のようで、音の傾向は通常のUS盤と一緒だったのですが、それでも、迫力のあるサウンドを楽しむことができました。

2014121202

「マッカートニー」は本当は、UKメタルマザーを使用したデンマーク盤を狙っていたものの、発見できず、そのかわり、UK盤のマト2Uで5000円代で売られているのを発見したのでGETしました。年期が入っているものの、コーティングされたジャケットの美しさはさすが、UK盤で、音質も、オリジナル盤らしい生々しい音を楽しむことができました。僕は、UK盤をやたらにありがたがる風潮を好ましく思っていないものの、ポール・マッカートニーについては、UKオリジナル盤が最強だと認めざるを得ないと思っています。

2014121203 2014121204

結局ビートルズ・セールの収穫は2枚だけだったものの、前日の「マイケルジャクソン・マドンナ・プリンスセール」で売れ残っていた、プリンスの「アメリカ」の12インチシングルを1100円代でGETすることができました。この12インチシングルは、片面が「アメリカ」1曲なのに、20分以上収録されているという、ぶっ飛んだ内容で、当時ラジオで聴いて、このレコードが欲しくなって、輸入盤屋をいくつか探したものの発見できなかった思い出があるので、いま、こうして安く購入できて、とても嬉しかったです。

あと、毎度、ディスクユニオンの廃盤セールに参加していて、決して割安ではない(むしろ普段より高額な値付に思える商品も多い)のに、高額のレコードが飛ぶように売れることが、いつも不思議に思っています。まあ、普段お目にかかる機会の少ないレコードが多数まとめて出品されることに意義があるということなのかもしれません。特に遠くから買いに来られる方は、少し割高でも、欲しいレコードをまとめて購入することで、トータルコストでは、割安になるのかもしれません。

ということで、これから、年末年始にかけて、ディスクユニオンでは、こうした貴重盤セールがまだまだ行われるようなのですが、それにしても、こうした1枚数万円のレコード盤がガンガン売れるセールと、1枚100円のレコードを争う「レコード100円市」とは隔世の感があり、日本でも格差社会がすっかり定着してしまたんだなあということを感じずにはいられません。そういった意味で、僕にとって、今日のビートルズセールはとても印象深い出来事でした。

2014年12月11日 (木)

ジョージ・ハリスンのハイレゾ発売!

アップル・イヤーズ 1968-75(DVD付)

ジョージ・ハリスンのアップルレコード時代の録音をすべて収録した「Apple Years」のハイレゾ配信がいつの間にか始まっていました。

ウォークマン用ソフトで直接ダウンロードできる、Moraでは、なんと全88曲7,200円で配信されています。

http://mora.jp/package/43000006/00602547144034/

ハイレゾ配信するなら、先に言ってよという気がするものの、この価格設定は良心的ではないかと思います。海外のサイトでは、もう少し高い価格で売られているようです。それに、ジョージの「電子音楽の世界」のハイレゾファイルなんて、こんな機会でもないと、絶対に買おうとは思わない内容なので、ビートルズ・ファンの方はこの機会に、ジョージのハイレゾファイルを聴いてみてはいかがでしょうか。

というわけで、僕も早速、Moraから、ダウンロード購入してみました。ダウンロードしてみると、なぜか曲の順番が発売順ではなく、「不思議の壁」→「電子音楽の世界」→「ダークホース」→「Extra Texture」→「All Things Must Pass」→「Living In The matereal World」の順番に収録されていました。音質は、以外に「不思議の壁」がよいんじゃないかと思います。その他の曲も、深くエコーがかかった曲よりは「Deep Blue」みたいにシンプルな録音の曲の方がハイレゾ効果はわかりやすいのかなと思いますが、正直、一聴して即座に新鮮な感動が味わえる感じではないものの、これから聞き込めばハイレゾの実感を味わえるかもとも思っているので、存分に楽しみたいと思います。

ジョン・レノンのハイレゾも始まっているし、ポール・マッカートニーのアーカイブシリーズでのハイレゾ配信も続いているし、ビートルズ関連のハイレゾが充実してきて嬉しいかぎりです。この勢いで、ぜひとも、ジョージの「ダークホース・イヤーズ」も早いうちにハイレゾ化して欲しいものです。

2014年12月10日 (水)

ローソンより低糖質 坦々麺登場

低糖質「ブランパン」でお馴染みのローソンより、ついに、低糖質の麺製品が登場しました。その、第1弾として「食物繊維入り麺使用 レンジ担々麺」が12月9日より発売になったので、早速買って食べてみました。

2014121001

こんな感じのパッケージで売られています。税込499円です。

2014121002

成分はこんな感じです。糖質24.7gはやや多いと思われるかもしれませんが、ラーメンが食べれてこの糖質量で済むのは画期的ではないかと思います。また、タンパク質、食物繊維も十分摂れます。

2014121003

500Wの電子レンジで5分温めるだけで、かんたんに食べれます。麺は、正直、滑らかさに欠け、通常の麺よりは味が落ちる気がしましたが、これだけ低糖質で、ラーメン感が味わえるのであれば、大満足です。スープも美味しかったです。

ローソンでは、このあと、1月13日よりタンメンを発売するそうです。最近は、糖質制限もかなり世の中に浸透してきた感じですが、こうして、低糖質な食べ物がどんどん増えることは喜ばしいことだと思います。

ローソン・ニュースリリース 糖質を抑えたレンジ麺シリーズ発売

 

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:玉塚元一、以下「ローソン」)は、糖質を抑えた麺を使用したレンジ麺シリーズとして、2014年12月9日(火)より「食物繊維入り麺使用 レンジ担々麺」(本体価格462円/税込価格499円)を、2015年1月13日(火)より「食物繊維入り麺使用 レンジタンメン」(本体価格461円/税込価格498円)を、全国のローソン店舗(10,891店:2014年10月末現在、「ローソンマート」「ローソンストア100」除く)で発売します。

tantanmen tanmen
「食物繊維入り麺使用 レンジ担々麺」 「食物繊維入り麺使用 レンジタンメン」

 

■「食物繊維入り麺使用 レンジ担々麺」
2014年12月9日(火)発売
本体価格462円/税込価格499円 糖質:24.7g カロリー:406kcal
花椒を使用したピリ辛のスープに、豚挽肉筍和え、ねぎラー油和え、もやし、小松菜をトッピングしました。1杯で1日に必要な食物繊維(※1)を摂取することが出来ます。

 

■「食物繊維入り麺使用 レンジタンメン」
2015年1月13日(火)発売
本体価格461円/税込価格498円 糖質:25g カロリー:331kcal(※2)
あっさりとした鶏ガラスープに、キャベツ、もやし、人参、ニラなどをトッピングしました。1杯で1日に必要な野菜(※3)の3分の1を摂取することが出来ます。

 

この度発売する商品は、麺に使用する小麦粉の一部を粉状の食物繊維に換えることで、糖質を抑えたレンジ麺です。
これからの季節、クリスマスや忘年会、お正月など、家族や友人と集まって豪華な食事をしたり、お酒を飲んだりする機会が多くなるため、普段の食事で体調管理をしたい方におすすめです。

ローソンは今後も、健康志向の商品を通じて、「マチの健康ステーション」の実現を目指してまいります。

 

※1「日本人の食事摂取基準(2015年版)」による。
※2  糖質、カロリーは概算値のため変更になる場合があります。
※3「健康日本21(第2次)」で、栄養・食生活の目標値平均350g(成人1人1日あたり)。

2014年12月 7日 (日)

ミックジャガーの輸入メタルマザー

20014120701

先日、近所の中古レコード屋が全品半額セールをやっていて、ミックジャガーの初ソロアルバムの「She's The BOSS」の帯付き・シュリンク付きで盤質も新品同様なものが600円だったので、買ってみたところ、これが、輸入メタルマザーを使用した盤でした。

2014120702

僕が買った盤には、当時のアンケートハガキまで入っていました。

2014120703

そして、帯の裏面には色々書いてあるのですが、

2014120704

盤が高品質であることがアピールされていました。

2014120705

そして、内袋には、曲ごとの参加メンバーや、制作スタッフが記載されているのですが、

2014120706

なんと、マスタリングは、「LED ZEPPELIN Ⅱ」の”RLカッティング”で有名なBob Ludwigです。これはもう、ものすごく、高音質が期待できる盤だと思います。

2014120707 2014120708

ということで、いつものように、ランオフ部分に刻印されている情報を記載します。

SIDE ONE
①AL-39940-INTL-11
②MASTERDISK
③1A5
④28AP-2996A1

SIDE TWO
①BL-39940-INT-TR-
②MASTERDISK
③28AP-2996B1
④1A9

※①のみ手書き

①②の情報がもともとのメタルマザーに刻まれていたものと思われます。Bob Ludwigがカッティングした盤は、通常”RL”と刻まれていて、実際、イエスの「90125」の日本盤には、RL刻印があったのですが、「She's The BOSS」にはそれがないです。なので、実際にBob Ludwigがカッティングしたのかどうか謎です。しかし、盤を聴いてみると、Side2がSide1と比べて、針を落とした瞬間から、明らかにわかるくらいに、ものすごい迫力のある音で鳴るので、少なくとも、Side2はBob Ludwigがカッティングしている可能性が高いと思います。

肝心の内容の方も、ミックジャガーと超豪華なゲストで作っているだけあって、とても聴き応えのある良盤だと思います。特に、ジェフベックがギターを弾きまくっている曲が多いので、僕のような、ジェフベックファンも満足できる作品です。他にも、「Hard Woman」のピートタウンジェントのアコスティックギターも、この盤だと生々しく迫力ある音で聴くことができます。

ということで、音質も内容も素晴らしいアルバムなのですが、ヤフオクでこのレコードの値段を見ていると、どうやら、全く注目されていない、世の中から完全に忘れ去られた状態のようです。なので、この、CBSソニー盤のミックジャガーの「She's The Boss」は今、ものすごく安く入手できるので、今のうちに、ローリング・ストーンズ・ファンと、ジェフ・ベック・ファンの人はこのアルバムを入手すべきだと思います。

【2014/12/13追記】その後、US盤を購入して、日本盤と音の傾向が変わらないことを確認しました。また、CBSソニーから発売された、ストーンズの「Dirty Work」は輸入メタルマザーは使用していない、日本独自カッティングであることが確認できました。

せっかくなので、僕が買った「She's The Boss」のUS盤のランオフの情報を記載します。

 

SIDE ONE
①AL-39940-INTL-17
②MASTERDISK
③0
④P”AP"

SIDE TWO
①BL-39940-1J
②MASTERDISK
③P(AP)
④0

といった感じで、US盤にしては、あまりゴチャゴチャ書かれていないようでした。Side1よりも、Side2の方が音がより立体的に感じる傾向も、日本盤と同じでした。ストーンズで他にRLカッティングの盤は「Tattoo You」のUS盤がありますが、こちらの方は、両面ともに、”RL”の刻印があることが確認できています。

2014年11月23日 (日)

「ハイタテキ」ダンスショットVerもよいです

私立恵比寿中学 『「ハイタテキ!」 DANCE ver.』

今日は、モーニング娘'14のTIKI BUNのシリアルイベントの2公演目に行ってきて、さゆみんとの最後の握手だったわけで、それなりに感慨深いものがあったわけですが、それでも、街中の有線放送で流れてきたエビ中のこの曲に、楽曲的には心奪われてしまったわけです。僕は、EDMとか正直よくわからないというか、むしろ苦手で、ちょっと困ったなあと思っています。

この曲のダンスショットverも曲の雰囲気がうまく表現できていて、とてもいいと思います。

2014年11月 9日 (日)

レコード100円市(2014/11)

Tusk

今月も11月8,9日に中野で行われたレコード100円市に行ってきました。今回も、早めに並んで早い番号の整理券をGETしたのですが、今回も開店時に60名くらいの人が集まる大盛況でした。が、今回は、特に変わった盤は見つからず、気がつけば購入枚数は18枚と、そこそこになったものの、ほとんどは、すでに購入した盤の、ジャケットやレコード盤がより綺麗な盤の購入であったり、新たに購入したものも、あえて写真付きで紹介したくなるようなものはなく、今回は僕にとってはもっとも収穫の少ない開催でした。

しかしながら、今回は70年代、80年代の邦楽やクラシックが充実していて、そのあたりを探している人にとっては、実りの多い開催だったかもしれないです。

今回は会場の写真も撮り忘れてしまって、盤の写真も手抜きでアマゾンのリンクを使用しているのですが、今回はフリードウッドマックの2枚組アルバム「TUSK」の日本盤を発見できました。そして、この盤も輸入メタルマザー使用の盤でした。フリードウッドマックは輸入メタルマザーを使用した盤が多くていいですね。

そんな感じで、今回は実りの少ない開催となってしまいましたが、次回は12月20,21日開催とのことです。次回は面白い盤を沢山見つけたいなと思っています。

  • レコード100円市(2014/10)
  • レコード100円市(2014/8)
  • レコード100円市(2014/7)
  • レコード100円市(2014/6)
  • レコード100円市(2014/5)
  • レコード100円市(2014/4)
  • レコード100円市(2014/3)
  • レコード100円市(2014/2)
  • レコード100円市(2014/1)
  • レコード100円市(2013/12)
  • レコード100円市(2013/11)
  • レコード100円市(2013/10)
  • レコード100円市(2013/8)
  • レコード100円市(2013/7)
  • レコード100円市(2013/6)
  • レコード100円市(2013/5)
  • レコード100円市(2013/4)
  • レコード100円市(2013/3)
  • レコード100円市(2013/2)
  • 2014年11月 6日 (木)

    ポール・マッカートニーの未発表音源 無料DL配信中!

    『Venus and Mars』と『Wings At The Speed Of Sound』のデラックス・エディション発売を記念して、ポール・マッカートニーの公式サイトで、デラックス・エディションには未収録の未発表音源が、無料DL配信されています。

    現在公開されているのは、「Letting Go (Extended Version)」と、「Love My Baby (from 'One Hand Clapping')」の2曲でがとりあえず、以下のリンクのページを開いて、

    http://www.paulmccartney.com/news-blogs/news/exclusive-letting-go-download

    「To download the track, simply click HERE!」の部分をクリックして、自分のメールアドレスを入力すると、上記2曲がダウンロードできるページにたどり着くことができます。「Letting Go (Extended Version)」は10月28日、「Love My Baby (from 'One Hand Clapping')」は11月4日に公開されたようなので、まだ追加があるかもしれないです。しばらくは、ポールの公式サイトは要チェックですね。

    配信ファイルはMP3形式ながらかなりよい音で配信されているようです。こうした無料配信はとても嬉しいですね。

    【11/6追記】さらに、Rock Show [New Version]が追加されました。やはり、当分目が離せないですね。

    2014年11月 4日 (火)

    いつのまにかパイオニアから新型レコードプレーヤーが発売されていた

    昨日、家電量販店のオーディオコーナーに言ったら、パイオニアの新型レコードプレーヤーが置いてあって、僕は、国内メーカーから新型のレコードプレーヤーが発売されたという情報を全く知らなかったので、驚いてしまいました。

    Pioneer PLX-1000 Official Introduction PART1

    アナログレコードを楽しもうとしたら、カートリッジ交換が容易にできるレコードプレーヤーが必須であって、今までは、そのようなレコードプレーヤーを10万円以下で購入しようとすると、よくわからない海外メーカーがDJ用に発売しているテクニクスのSL-1200のコピーモデルしかありませんでした。かといって、10万円以上の高級レコードプレーヤーも価格の割に魅力のあるモデルがなく、かといって、中古もモーターの劣化が気になるので、僕は、自分の欲しいレコードプレーヤーがないなあと思っていたのですが、価格、仕様ともに、パイオニアの新型レコードプレーヤーは、まさに、僕が欲しいと思っていたレコードプレーヤーでした。

    PLX-1000 仕様

    このプレーヤーは、DJ用ということで、一般のオーディオファンにはあまり紹介される機会がないようなのですが、でも、仕様や宣伝ページを見るとわかるように、今までのパイオニアのノウハウを詰め込んで、高音質にも気を配った製品であることがわかります。 と、いうか、10万円以下で、まともなレコードプレーヤーが欲しいと思う人にとっては、他に選択の余地がなく、これ一択、パイオニアのPLX-1000以外の選択はありえないのではないかと思います。

    そんなわけで、僕はすっかりこのレコードプレーヤーが欲しくなってしまいました。ワーナーパイオニアの輸入メタルマザー仕様の高音質レコードをパイオニアのレコードプレーヤで聴くのも、オツなもんじゃないかと思うのですが、どうでしょうか。

    2014年10月30日 (木)

    ザ・ビートルズ、アルバム他全16作品、紙ジャケット仕様SHM-CD化 とのことです

    ザ・ビートルズ、アルバム他全16作品、紙ジャケット仕様SHM-CD化

    ということで、タワーレコードからメールがきました。

     

    『プリーズ・プリーズ・ミー』
    ■イギリス・オリジナル・初回ステレオ盤、フリップ・バック・ジャケットを復刻

    『ウィズ・ザ・ビートルズ』
    ■イギリス・オリジナル・初回ステレオ盤、フリップ・バック・ジャケットを復刻

    『ハード・デイズ・ナイト』
    ■イギリス・オリジナル・初回ステレオ盤、フリップ・バック・ジャケットを復刻


    『ビートルズ・フォー・セール』
    ■イギリス・オリジナル・初回ステレオ盤、見開きジャケットを復刻(見開きジャケットの内側からレコードを入れるオリジナル仕様)

    『ヘルプ!』
    ■イギリス・オリジナル・初回ステレオ盤、フリップ・バック・ジャケットを復刻

    『ラバー・ソウル』
    ■イギリス・オリジナル・初回ステレオ盤、フリップ・バック・ジャケットを復刻

    『リボルバー』
    ■イギリス・オリジナル・初回ステレオ盤、フリップ・バック・ジャケットを復刻

    『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』
    ■イギリス・オリジナル・初回ステレオ盤、見開きジャケットを復刻
    ■インナースリーヴ、切り絵カード付

    『マジカル・ミステリー・ツアー』
    ■アメリカ・キャピトル・オリジナル・初回ステレオ盤を復刻
    ■カラー・ブックレット付
    ■フロントカヴァー、バックカヴァーは1960代のアメリカ・キャピトル盤、特有のモノ盤、ステレオ盤のトリミングの違いも復刻

    『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』
    ■イギリス・オリジナル・初回ステレオ盤、見開きジャケットを復刻!(レコードをジャケットの上部から取り出す、オリジナル仕様で復刻)
    ■オリジナル・ポスター付
    ■4人のポートレート入り

    『イエロー・サブマリン』
    ■イギリス・オリジナル・初回ステレオ盤、フリップ・バック・ジャケットを復刻

    『アビイ・ロード』
    ■イギリス・オリジナル・初回E式ジャケットを復刻

    『レット・イット・ビー』
    ■イギリス・オリジナル・初回E式ジャケットを復刻

    『パスト・マスターズ』
    ■イギリス・オリジナル・初回E式 見開きジャケットを復刻

    ということらしいのですが、僕は、音源マニアではあるものの、レコードまたはCDコレクターではないので、「初回E式ジャケット」とか、「フリップ・バック・ジャケット」とか言われても、何の話をしているのか、サッパリ分からなかったりします。でも、分からなくってよかったと、正直思っています。

    2014年10月29日 (水)

    LED ZEPPELIN Ⅳ 聖なる館 のハイレゾ配信開始!

    「LED ZEPPELIN Ⅳ」「聖なる館」のハイレゾファイルのダウンロードがMora(ウォークマン公式ミュージックストア)にて、早くも開始されています。

    mora LED ZEPPELIN ハイレゾダウンロードページ

    前回のⅠ~Ⅲのときは、CDの発売日から少し遅れての配信開始でしたが、今回はCD発売日の午前0時に開始と、素早い発売となりました。僕も午前0時すぎに早速ダウンロードしましたが、やはり、日本のサイトだと海外のサイトで買うより安心感があるし、ウォークマンの管理ソフトがあれば、そこからダウンロードできて、すぐハイレゾウォークマンに転送できるので、便利です。

    取り急ぎ、今、パソコンにつないだBOSEの小型スピーカーで「LED ZEPPELIN Ⅳ」を聴いていますが、音の分離がすごくわかりやすく、ジミーページが何回か重ねているギターのそれぞれの音色とか、今まで気にしていなかった細かい音がすごく聴こえてきて、ちょっと驚いています。中学生くらいのときから、もうかなり長いことLED ZEPPELINは聴いているのに、「自分は今まで「LED ZEPPELIN Ⅳ」の何を聴いていたんだろう」とすら思ってしまいました。

    今回のリマスターシリーズは、お金と家の広さに余裕がある人はスーパー・デラックス・エディションを買うのがベストかと思いますが、ハイレゾファイルだけというのも、お手軽にいい音で楽しめるので、よい選択肢ではないかと思います。

    Moraでは、このあとも、ウイングスの「ビーナス&マース」「スピードオブサウンド」のハイレゾファイルもCD発売日に配信を開始するようです。また、ジョンレノンのハイレゾファイルもいつの間にか配信開始になっていたりと、ハイレゾ配信もかなり充実してきたみたいです。

    «The Beatles Mono LP Boxの付録本からわかること その2

    2014年12月
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      

    twitter

    無料ブログはココログ