« 当然のごとく落選 | トップページ | 伊東遙さんDVD発売記念イベント »

2009年2月28日 (土)

朝日新聞 WOWOW

友人が教えてくれて、今日の朝日新聞に先日の「ジェフベック&エリッククラプトン」コンサートのレポートが掲載されているのを見ました。レポートを書いているのはギタリストの鮎川誠さん(たまに日テレ55のCMにも登場してますね)で、かなり大きな記事でした。記事によると競演の曲は、マディー・ウォーターズやカーティス・メイフィールド、スライ・ストーンの超有名曲のようで、僕はたしかに名前くらいは知っているものの、これらの人たち知識はほとんどないので、知っていたらもっと楽しめたんだろうなと思いました。鮎川さんは「クラプトンが引率の先生みたいで、ベックが子供みたいで可愛かった」って書いてあったけどたしかにそんな感じでした。だけど、クラプトンが63歳に対してベックは64歳で年上なんだよね。僕もベック先生みたいにいつまでも若々しく元気でありたいものです。

2009022801

ところで、エリッククラプトンのWOWOWでの放送が3月15日の18:00~20:00であることがわかりました。2時間枠なので、カットの少ない放送が期待できます。収録日の2月25日のセットリストは以下のとおりです。

1. Tell The Truth
2. Key To The Highway
3. Hoochie Coochie Man
4. I Shot The Sheriff
5. Isn't It A Pity
6. Why Does Love Got To Be So Sad
7. Driftin' (EC Solo Blues)
8. Travelin' Alone
9. That's Alright
10. Motherless Child
11. Running On Faith
12. Motherless Children
13. Little Queen of Spades
14. Everything's Gonna Be Alright
15. Wonderful Tonight
16. Layla
17. Cocaine
アンコール
18. Crossroads

僕にとっての注目は「Isn't It A Pity」です。この曲はジョージハリスンの曲で1991年の日本公演ではアンコール前の最後の曲としてこの曲が演奏され、この曲の最後のリフレインがもっと延々と続けばいいのにと、すごく幸せな気持ちになれた思い出深い曲です。クラプトンは最近この曲を演奏し始めて、今回の日本公演ではなぜか日替わりでセットリストから外れる日も多かったようです。なので、せっかくWOWOWの収録日に演奏されたこの曲は絶対カットしてほしくないんですが、どうなるでしょうか・・・

2009022802

« 当然のごとく落選 | トップページ | 伊東遙さんDVD発売記念イベント »

洋楽ロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534581/44204922

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞 WOWOW:

« 当然のごとく落選 | トップページ | 伊東遙さんDVD発売記念イベント »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

オススメ商品

twitter

無料ブログはココログ