« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

佐紀ちゃんかわいすぎる・・・

清水佐紀ちゃんのパシイベから帰ってきました。今回も例によって予測不能な展開でした。昨日書いたような形式にまとめるとこんな感じです。

4/30(木)  清水佐紀
 入場曲:我ら!Berryz仮面
 企画1:清水佐紀検定
 演奏曲:記憶の迷路/High-King
 企画2:アンケートへの回答
 演奏曲:秘密のウ・タ・ヒ・メ/Berryz工房

桃子ちゃんの企画と他のメンバーの企画の中間って感じの内容でした。そして今回は以下のお土産付きでした。

2009043001

僕は6問正解でした。(まだまだ未熟者ですね。)僕は清水佐紀ちゃんにはカッコいいイメージ(ダンスが超上手いので)を持ってたのですが、今日初めて至近距離で見た佐紀ちゃんは超かわいかったです。今日は短いながらも至福の時を過ごすことができました。それにしても、あまりにもかわいかったので、いまだにドキドキしています。イベントの詳細については、記憶の新しいうちにレポートしようと思います。

2009年4月29日 (水)

明日は清水佐紀ちゃん

明日は「FC限定 Berryz工房メンバーソロイベント」の最終日で清水佐紀ちゃんのイベントがパシフィックへブンで開催され、僕はその2公演目に当選しています。なので、明日は定時に速攻で会社を脱出して、家に帰って着替えて会場に向かう予定です。パシイベの今までのメンバーの内容は以下のようになってました。

4/15(水)  夏焼雅
 入場曲:Berryz工房行進曲
 企画1:雅の部屋(討論会)
  ①夏焼雅の髪の毛は長い方がよかったか、
   短い方がよかったか
  ②こんなイベント見てみたい
  ③Berryz工房のメドレーを作るとしたら
  ④雅より他に好きなメンバーがいるか
  ⑤討論したいこと(①~⑤は2回目)
 企画2:アンケート「ここを直して夏焼雅」
 演奏曲:消失点/Buono!(観客と合唱)

4/16(木)  熊井友理奈
 入場曲:BERRY FIELDS
 企画1:理想の熊井友理奈をさがせ!
     ~オフィシャルプロフィールを作ろう
 企画2:アンケート「教えて!熊井友理奈」
     ~日ごろの疑問を解決するコーナー
 演奏曲:安心感/Berryz工房(観客と合唱)

4/22(水)  徳永千奈美
 入場曲:ハピネス
 企画1:MC千奈美への道
 企画2:アンケート「シチュエーションと決めゼリフを言う演技」
 企画3:趣味を見つけようのコーナー
 演奏曲:CLAP!/Berryz工房(観客と合唱)

4/24(金)  菅谷梨沙子
 入場曲:ピリリと行こう!
 企画1:話させて話させて
 企画2:アンケート「答えてりーちゃん」
 演奏曲:夏 Remember you /Berryz工房観客と合唱)

4/27(月)  須藤茉麻
 入場曲:ジンギスカン
 企画1:アンケート1「必殺技を考えよう」
 企画2:アンケート2「質問コーナー」 
 演奏曲:胸さわぎスカーレット/Berryz工房(ギター弾き語り)
 
4/28(火)  嗣永桃子
 入場曲:恋はひっぱりだこ
 企画1:アンケート(自由形式)回答
 企画2:ピチピチミニライブ
     1.桜チラリ
     2.晴れ雨のち好き
     3.ベリービューティー
     4.17才
     5.ロッタラロッタラ
 企画3:観客と集合撮影撮影(3枚?)

と、いうことで各メンバー見事に違う企画をやっているので、清水佐紀ちゃんのイベントがどんな企画になるのか、全く読めないです。なので、今日は「ベリつう」「ベリキュー」「よろセン」などを見て聴いて、なるべくどんな企画になってもついていけるように予習して過ごしています。これまでの企画を見ていると、ギター好きな僕にとっては茉麻ちゃんのギター弾き語りがすごく嬉しいです。ぜひ茉麻ちゃんにはギター継続してもらって、コンサートで披露して欲しいです。それから嗣永桃子ちゃんの企画が他のメンバーと全く異なるのが興味深いです。嗣永桃子ちゃんだけ、もうやりたい放題やってるって感じです。

予想は不可能なのですが、願望としてはぜひ清水佐紀ちゃんにはピアノの弾き語りをやって欲しいです。昨年High-Kingとして「今夜もうさちゃんピース」に出演したときに今までやった習い事で、ピアノが一番役に立って、楽譜も読めるって言ってたし、長野のバスツアーでやった企画「マジピアノ」では「告白の噴水広場」のメロディを弾いてたし、パシフィックへブンではアップライトピアノが常備しているみたいだから、ぜひ弾いてくれると嬉しいのですが・・・

2009042903

昭和の日

今日が「昭和の日」ということをつい先日手帳を見て知りました。2007年から「昭和の日」になってたんですね。僕は2007年2008年は死ぬほど忙しかったから、祝日が何の日か考える余裕すらなかったです。また、先週はモーニング娘。のコンサートと撮影会で生じた足の筋肉痛がなかなか取れず、困ってたので週の真ん中に祝日があって助かりました。最近はもう脳の状態はかなりよくなっているので、そろそろ体力の回復に励まねばと思っています。

で、今日は℃-uteの中野サンプラザ公演がありました。せっかく家から歩いて行ける距離での公演なので、ちょっと散歩がてらに会場の様子見に行ってきました。昼公演開演後のグッズ売り場と会場周辺の様子はこんな感じでした。

2009042901

2009042902

℃-uteの中野サンプラザ公演は5月5日、6日も行われます。その日は真野ちゃんとハロプロエッグの握手会が公演中も行われる予定です。そのときの会場周辺の様子がどう変わるかちょっと興味あります。℃-uteの公演もそのときに見てみようかなとちょっと思っています。また、今日は以前紹介した中野ブロードウェイ3階にあるアイドルグッズショップ「TRIO」にも行ってきました。ここは最近ハロプロアイドルのコーナーが縮小してAKB48のコーナーに変わってしまっていたのですが、今日はハロプロアイドルのコーナーが以前のところに復活していました。多分ゴールデンウィーク中はこのままなのかなと思います。この店の商品の値段はわりと良心的かなと思いますので、中野サンプラザの公演に行かれる方はぜひ覗いてみるとよいと思います。

2009年4月28日 (火)

モーニング娘。あれこれ

今日NHK総合の番組「歌謡チャリティコンサート」にモーニング娘。が出演しました。オーケストラの演奏で「LOVEマシーン」を歌ってましたが、サンプリング音源なしで、生声だけで勝負したのは彼女たちにいい経験になったんじゃないかなと思いました。せっかくのオーケストラ演奏だったら、「雨の降らない星では愛せないだろう?」の方がハマると思うので、機会があればぜひやってほしいです。Buono!のニューシングルのダサいサンプリングのドラム&キーボード(主にオーケストラヒット)のサウンドに失望したばかりだったので、やっぱり生演奏はいいなあと改めて思ってしまいたした。

また、「モーニング娘。コンサートツアー2009春~プラチナ 9 DISCO~ 」で亀井絵里ちゃん(以下亀ちゃん)がソロで歌っている「片思いの終わりに」でやっている、指で何か文字を書いている仕草の振り付けについて、昨日のラジオ番組「FIVE STARS」で何を書いているのか教えてくれました。(番組で質問のメッセージが殺到したようで、亀ちゃんは「超いい質問です」と喜んで答えてくれました)ここでは、Maybeの「be」を指で書いて「フッ」と息を吹きかけて空に飛ばしているとのことです。一緒にラジオ番組やってる新垣里沙ちゃんによると、亀ちゃんはこの部分の振り付けを何度も繰り返して練習してたとのことです。「片思いの終わりに」がヤバいくらいに可愛くなっているのはそうした練習の賜物でもあるんですね。またこの曲の亀ちゃんをみるのが、さらに楽しみになりました。

MY BOY購入

Buono!の7thシングル「MY BOY」が発売されたので、購入しました。結局イベント参加のためにムキになって多数購入するのはやめて、DVD付きと通常盤の2枚を買ってイベント抽選に申し込むことにしました。当たればラッキーくらいの気持ちで気楽に応募します。で、肝心の「MY BOY」のフルバージョンを真面目にしっかり聴きましたが・・・、曲自体は疾走感があって、ノリがよくギターのアレンジもいい感じなんだけど、キーボードとドラムのサウンドがダサすぎて、がっかりしています。「恋愛ライダー」と同じ人がアレンジ担当しているのに、この違いはやっぱり作曲者のつんくさんがゴリ推ししたとしか思えないのですが、どうでしょうか?Buono!の曲は「れでぃぱんさー」や「マイラブ」などのカップリング曲も含めてアレンジのセンスがいいなあと感じていただけに、失望感は大きいです。でも、ライブで生ドラム演奏用にリアレンジされれば、カッコイイ曲に大化けするかもとも思いました。なので、ライブ演奏に期待することにします。

MY BOYMY BOY

2009年4月27日 (月)

伊藤えみDVD発売記念イベント

2009042701

小倉遙ちゃんをホメまくった後になって書きづらいですが、4月25日には秋葉原のソフマップで行われた伊藤えみさんのDVD-BOX「BALANCE GAME 」の発売記念イベントに行ってきました。

このBOXセットの内容は2005年11月19日に発売された「UNBALANCE」と2008年1月24日に発売された「UNBALANCE2」に未公開映像のDVDを加えた3枚組で、過去の2作品を持っていない僕にはお得なセットでした。それでいて、1枚購入のみでも2ショットチェキが貰えたので、とてもオイシイイベントでした。イベントの内容はトークショー、水着撮影、ジャンケン大会、2ショット撮影&握手会の順番で進行しました。トークショーではDVD未公開映像の見所について主に話してました。「UNBALANCE」撮影時のインタビューで、カクテルを飲みながら恋愛について話している場面があり、質問の内容がきわどいことから事務所NGでカットされたシーンが復活したとのことで、当時はうまく答えられなかったのが、今だったらきわどい質問をうまくかわせたのにと話していました。
撮影は白地に南の島っぽい模様の水着で、今回は3人1組で1分間行われました。なので、前回の6人で1分のときよりは多く写真が撮れました。握手の時は「初めて2ショット撮れて嬉しかったです」ということと「明日の撮影会(実は26日は伊藤えみさんのアップヒル撮影会も行われたのでした・・・)には行けないのですが、また機会があれば撮影会に行きたいです。」と、話すとえみさんは「じゃあ、6月のイベントで待ってます」と答えてくれました。こんな感じで充分会話が成り立つ握手会は嬉しかったです。やっぱり撮影会付きのDVD発売イベントはいいなあと改めて思いました。

BALANCE GAME 伊藤えみ [DVD]

Fresh!撮影会4月 その2

昨日の小倉遙ちゃん撮影会の記事の続きです。午前中はスタッフさんのサポートが充分受けられなかったものの、午後はスタッフさんが2名になって、小倉遙ちゃんの撮影会にもスタッフさんが常に付いてくれる状況になりました。そのため、照明機器の移動とか、自分の順番の撮影がやや長い人へ交代を促してくれたりをスタッフさんがやってくれたので、午前中よりも撮影に集中することができました。撮影人数は3部が7人で、4部は9人となり最後の4部は大盛況となりました。Fresh!撮影会で何度も見かける方は独特の撮影スタイルがあって、そんなカメラマンさんの撮影している様子を見るのも楽しかったです。僕は、とにかくハロプロアイドルの写真のように、かわいい写真を撮りたいと思って常に撮影しているのですが、他の人は真顔が好きだったり、セクシーな表情が好きだったりカメラマンさん毎に好みの写真が異なるのがよくわかりました。

撮影後はサイン会となり、僕は前回の3月に撮った写真にサインしてもらいました。サイン会終了後、遙ちゃんのブログによく訪れるファン約5名との雑談に約5分ほど遙ちゃんがつきあってくれて、ブログの内容についての質問等に答えてくれたりして、少しお話することができました。ちょっとした「ファンの集い」っぽい雰囲気になって楽しかったです。

やっぱり小倉遙ちゃんの笑顔は、撮影できるアイドルの中では最強にかわいいと、写真を撮っていてつくづく思いました。本当に何度撮影していても飽きないので、また近いうちに撮影会やってくれるといいなあと思っています。

2009年4月26日 (日)

Fresh!撮影会4月 その1

今日は小倉遙ちゃんのFresh!撮影会に行ってきました。先月は70分5部制だったのが今月は90分4部制になったので、1日通しで撮影しても、お財布にやや優しい撮影会となりました。昨日のモーニング娘。のコンサートで応援の動作を自重したのは、悪い席でヤル気をなくしたのが主な理由ではなく、今日の撮影会のために体力を温存したかったためでした。昨年の12月から小倉遙ちゃんの撮影会はZEROスタジオで行われていたのですが、今回は撮影スタジオがGROSSEスタジオに変わりました。正直ZEROスタジオのセットにちょっと飽きてきていたので、撮影スタジオが変わってよかったなあと思っていたところ、実際に行くと色々なことがありました。今回は4部通した人は僕以外にももう一人いました。各部毎に以前Fresh!撮影会で見かけた人が多数参加されて、色々お話ができて楽しかったです。

今回も、1部から4部までどんな感じだったか以下にまとめてみます。撮影場所の名称はGROSSEスタジオの図面写真ページに従って表記しています。

【第1部 前半】
場所 石造り風の壁&ソファー
衣装 黒字にカラフルな英字がデザインされたTシャツと黒の短パンにピンクのマフラーをつけたポップな衣装
【第1部 後半】
場所 バックペーパセット(青)
衣装 白地に黒の水玉模様の水着
   
【第2部 前半】
場所 段差スペースとダークな黒壁
衣装 チェック柄のスカートに黄色のシャツに白いベストを着た
   かわいい衣装
【第1部 後半】
場所 ベットスペース
衣装 白地にヤシの木柄のブラと黒字にピンクのパンツ
   を組み合わせたハワイっぽいイメージの水着

【第3部 前半】
場所 レンガ風の壁
衣装 白地にハンバーガの柄のTシャツと明るい色系柄のやや長めのスカート
【第3部 後半】
場所 バックペーパセット(白)
衣装 白地に表現が難しい柄の水着

【第4部 前半】
場所 ダークな黒壁
衣装 茶色がベースで胸元とスカートの裾が白いワンピース
【第4部 後半】
場所 ベットスペース
衣装 白地に黄色い模様の水着

GROSSEスタジオはZEROスタジオと比べると小さなスタジオで、小倉遙ちゃん以外には、ながせみほさん、藤村えみりさんの2人で1組の撮影会が行われていました。で、午前中はこのふたつの撮影会をFresh!のスタッフさんひとりで仕切っていました。第1部の小倉遙ちゃん撮影会は7人の予定が2人連絡なしのキャンセルがあったようで、5人で行いました。Fresh!のスタッフさんはキャンセルで不機嫌だったせいか、第1部では小倉遙ちゃん撮影会にはあまり構ってくれませんでした。時間になると、順番札は渡されずに「じゃあ始めてください」と言ったきりもう一組の撮影会の方に行ってしまいました。なので、なんとなく自主的に順番を決めて撮影会を始めました。幸い自主的に1番目になってくれた方が色々ポージングや椅子、机等の小道具の使い方を考えてくれたので、僕は2番目になりその人の設定に合わせて照明機器を移動したりしてスタッフさんの代わりを率先してやってました。肝心の自分の撮影の方はGROSSEスタジオ自体がなんか明るさが足りないような気がして、ISO値をどうしようかとか、色々悩みながらカメラの設定を変えたりしつつ、スタッフさんの代わりもしていたので、なかなか調子がつかめなくって苦労しました。で、冗談っぽく遙ちゃんに「アシスタントさんがいないから、なんか調子が出ないよー」とボヤいたら遙ちゃんは笑ってくれました。2部になると参加者が7名になり、今度は番号札くれてスタッフさんも面倒みてくれるようになりました。しかし、GROSSEスタジオのホームページを見るとわかると思うのですが、段差スペースは朱色の壁がどぎつくて、ここでもカメラの設定に苦労させられました。そして、後半のベットでの水着での撮影では、あと残り数分のところで、囲み撮影になったのですが、終了時間になってもスタッフさんから終了の合図がなく、時間が過ぎても撮影が継続しました。遙ちゃんも「忘れられちゃってる感じですかねえ」とか言ってて・・・結局スタッフさんがもう一組の2ショット撮影を撮り終えるまで放置されていました。遙ちゃんもお腹空いて疲れてるのに申し訳ないなと思いつつも、時間超過にちょっとラッキーかなとも思ってシャッター切ってました。でも、そのかわり自分の2ショット撮影はスタッフさんにあまり注文つけずにサクッと終了させました。

と、こんな感じで色々ありましたが、今回も小倉遙ちゃんの笑顔は最高なので、楽しく撮影できました。午前の部の様子を書いているだけで、ずいぶん長くなったので、ここで一旦切ります。

2009年4月25日 (土)

観客が進化した!

ということで、今日はふたつのイベントに参加しましたが、取り急ぎ、モーニング娘。のコンサートの感想を書きます。

2009042501

大宮ソニックシティホールの2階席は列毎の段差が高いので、後方から5列目では相当高い位置でまるで団地の10階からステージを覗いているような感じでした。天空席とはよく言ったものです。今日はなるべく体力を使わないように、ちょっと体を動かす程度にしていたのですが、ずっと立ちっぱなしでいただけで、ふくらはぎが痛くなってしまいました。僕は病気になってからロクに運動していないのでそうとう体がなまっていると感じました。

で、今日は久住小春ちゃんが最後の挨拶で「観客が日々進化している」と言っていましたが、僕も初日に比べて観客がすごく進化していると感じました。小春ちゃんは「ぐるぐるジャンプの踊りで回転する速度が速くなっている」ことについて進化していると言っていたのですが、それだけではなく、随所で観客が一体化した応援が見られ、それがまるで最初から演出の一部であるかのように感じました。一部の観客による身勝手な奇声は迷惑ですが、観客が一体化しての応援は心地よいものがあります。観客が進化するコンサートツアーは初めて体験しました。さすがはモーニング娘。

以下、今回気づいたことを書いてみます。尚セットリストは初日と変更なしでした。

・「みかん」はメンバー紹介VTRのBGMに続いてイントロが始まるのですが、このBGMのディスコビートのリズムと「みかん」のイントロの最初がシンクロしていて凝っているなあと感じました。今回のオケはこんな感じで随所に面白いアレンジが加わっているのが特徴のようです。ただ、初日の松戸では珍しく「みかん」がフルコーラス演奏されたのですが、今回は2番から始まる変則的なショートバージョンとなっていました。時間的な制約から短縮されてしまったのでしょうか・・・

・「片思いの終わりに」では亀井絵里ちゃん(以下亀ちゃん)が終止ステージの一番前の部分で歌ってくれていました。亀ちゃんファンにとってはたまらない瞬間です。

・「私の魅力に 気付かない鈍感な人」は曲が速くなる部分で「おおー」という客の掛け声(浪漫とか女に幸あれでもあったけど)が揃っていて、いい感じになっていました。

・「It's You」は道重さゆみちゃん(以下さゆみん)の表情がよりセクシーに進化しているように見えました。しかし、バックダンサーの亀ちゃんと高橋愛ちゃん(以下愛ちゃん)はそれぞれ離れた位置でパフォーマンスしているので、3人のうち誰かに視線を集中せざるを得ない状況です。なので、さゆみんにとっては結構シビアです。せっかくさゆみん最大の見せ場なのだから、全観客の視線を自分に集中させるべく、より頑張ってほしいです。

・亀ちゃん、さゆみん、リンリンのMC「中国語講座」では、紹介した中国語の応用編としてコントをやるのですが、そのコントを始める際に「それでは実際に応用してみましょう。レディーアクション!」ということろで、「レディーアクション!」と観客も一緒になって叫んでました。これ楽しいので、次回は僕も一緒に叫びたいと思います。

・「香水」のサビでは観客との掛け合いみたいな感じで観客が歌ってました。これはこの曲の昔からのお約束なんでしょうか?なんかいい感じでした。次までには僕も歌えるようにしたいと思いました。

・「Take off is now!」は愛ちゃんの着替えが必要なせいか、イントロが長めのアレンジになっているのですが、イントロ中の観客の掛声が進化していました。

・「ラヴ&ピィ~ス! HEROがやって来たっ。」はさゆみん中心に見ていると面白いです。得意のうさちゃんピースのポーズから始まって、逃げ回る新垣里沙ちゃんを追いかけてお尻さわったり、スカートまくったり、愛ちゃんのおでこにチューしたり、やりたい放題で面白かったです。

・最後の亀ちゃんの挨拶はなんだか笑点の大喜利のメンバーの挨拶みたいになってました。この調子で最後までお笑いで突っ走って欲しいです。

と、いつもの調子で感想をダラダラと書いてみました。来週の中野サンプラザはちょっといい席だし、家から歩いていける距離だし、真野ちゃんも出るということで俄然楽しみが強まりました。

今日の参加イベント

昨日は1週間の勤務の疲れが出たのか、軽い頭痛がして早い時間に寝ちゃいました。今日は下記のイベントに参加予定です。

伊藤えみ『BALANCE GAME』DVD発売記念イベント
◆開催日:4月25日(土) 開場:13:45 開演:14:00
◆開催場所:ソフマップアミューズメント館8Fイベントスペース
◆集合場所:15分前にアミューズメント館1F店頭
◆内容:トーク&握手会
※握手会はお一人様1回限りとなります。
◆水着撮影タイム:
・フィルムカメラ:可
・デジタルカメラ:可
・ケータイカメラ:不可
※録画・録音は禁止いたします。
※一脚・三脚等の使用は禁止いたします。
◆参加特典:
・サイン入りDVDジャケット(ご購入枚数分)
・2ショットチェキ
◆2枚購入特典:
・2ショットチェキ2枚+サイン入り生写真3枚セット
(各会場別バージョン)
限定20名(アミューズメント館のみ対応致します)
※複数会場特典:
・キスマーク入りプレミアム生写真(私服の切れ端・サイン付)

モーニング娘。コンサートツアー2009 春
~ プラチナ 9 DISCO ~

4/25(土) 大宮ソニックシティ大ホール
開場:18:00 開演:19:00

伊藤えみちゃんの方は、僕は1枚だけ購入なのですが、今回は3枚組DVD-BOXで単価がちょっと高いことから、1枚購入でも特典が充実しています。撮影タイムは、何人単位での撮影かで写真が撮れる量が変わるので、なるべく少ない人数単位で写真が撮れればいいなあと思っています。

モーニング娘。の方はツアー初日以来の約1ヶ月ぶりの参戦なので、公演重ねてコンサートの内容がどう進化したか興味深いところであるものの、座席が2階の後ろから5列目ということで、あまり僕のテンションは上がっていません。むしろ来週の中野サンプラザの方がメンバーの表情が見れそうな席で、しかも真野ちゃんまで見れるということで、とても楽しみにしています。なので、今日は特にメンバーの応援Tシャツを着ずにライトなファンを装って冷静に楽しんでこようと思っています。ツアー初日の感想については「2009年3月22日 (日)」の記事に書いていますが、それよりも見所が増えているか・・・、特に亀井絵里ちゃんと道重さゆみちゃんの進化に期待しています。ニューシングルのセットインは来週以降かな?

2009年4月24日 (金)

小野恵令奈DVD

僕はAKB48には詳しくないものの、日テレで放送している「AKBINGO!」は面白いので毎週みています。毎週多数の女の子が出てくれば、その中でお気に入りができるわけで、僕の場合は小野恵令奈ちゃんが気に入っています。そんな小野恵令奈ちゃんのソロDVDが発売され、秋葉原でDVD発売イベントが行われるとのことなので、今日会社帰りに秋葉原行ってDVD買ってきました。

小野恵令奈 キラ☆キラ ONO ERENA TV [DVD]

イベントは6月20日(まだかなり先ですね・・・)に以下の2店舗で行われる予定です。

石丸電気 DVD発売記念イベント
日時 2009年06月20日(土)18:00~
場所 SOFT 2 8Fホール
内容 握手  、トーク
◆衣装:私服
撮影禁止
参加特典
サイン入りジャケット
◆2枚ご購入:本人のオフショットチェキ1枚 
◆3枚ご購入:サイン入り生写真 ※他イベント会場とは別絵柄

SofmapDVD発売記念イベント
◆開催日:6月20日(土) 開場:13:45 開演:14:00
◆開催場所:アミューズメント館8Fイベントスペース
◆内容:トーク&握手会
※握手会はお一人様1回限りとなります。
◆撮影会はございません:
※録画・録音は禁止いたします。
◆参加特典:
・サイン入りDVDジャケット(ご購入枚数分)
◆2枚購入特典:
・オフショットチェキ1枚(お一人様1枚限り)
◆3枚購入特典:
・サイン入り生写真※ソフマップ限定絵柄

イベントはソフマップが配布したイベント券の番号順に入場となり、石丸電気が当日の一時間前に抽選を行って、入場順を決める形式になっています。僕がソフマップに着いたころにはイベント券の番号が50以上になっていたので、石丸電気の方のイベントに参加することにして石丸電機でDVD買いました。(結構売れているようなので、今度の土日のうちにイベント券の配布は終了するかもしれません。気になっている方は早めの購入をお勧めします。)グラビアアイドルさんの同様のイベントだと写真撮影タイムがあったり、2枚以上購入すると2ショットチェキが貰えたりするのですが、今回は2枚以上購入特典はあまり迫力ないですね。また、握手会は高速とか低速のレベルじゃなくて、充分会話が成立できるのが通常のパターンなんですが、AKB48さんだとどうなるのか・・・興味深いところです。

また、小野恵令奈ちゃんの写真集も発売になり、こちらもイベントがあります。

小野恵令奈写真集 『キラ☆キラ』

AKB48 小野恵令奈 写真集「キラキラ」発売記念握手会
日時:2009/5/17(日) 16:00
場所:書泉ブックマート2階
整理券配布開始日:4/26(日) 10:00より配布
特典:
 1冊購入で生写真1枚
 2冊セット券購入でオフショットチェキ1枚と生写真2枚
 3冊セット券購入でオフショットチェキ1枚と限定DVD、生写真3枚
その他:
 写真集は事前サイン済み
 写真撮影は不可

こちらも興味あるのですが、Berryz工房の新宿厚生年金会館公演とカブってしまっているので、ちょっと残念です。でも、サイン入りで生写真つきとか気が利いていていいなと思います。Berryz工房は昼公演のみ参加なので、握手会がのんびり行われるようであれば間に合うかも・・・と、思ったりもしています。

どうでもいいことですが、DVDでしゃべっているのをきいていて思ったのですが、”オノエレナ”の発音は”マノエリナ”ととっても紛らわしいです。そのうち勘違いとか起こすかも、と思っちゃいました。

2009年4月23日 (木)

GWに真野ちゃん握手会イベント開催決定!

ゴールデンウィークに開催される以下のハロプロのコンサートに真野ちゃんがハロプロエッグを従えて、「はじめての経験」をオープニングアクトとして歌うことが発表されました。

5月2日(土)モーニング娘。/中野サンプラザ
5月4日(月)Berryz工房/大阪厚生年金会館
5月5日(火)℃-ute/中野サンプラザ
5月6日(水)℃-ute/中野サンプラザ

詳細は以下のリンクをご参照ください。

・真野恵里菜2ndシングル「はじめての経験」発売記念オープニングアクト出演&握手会開催のお知らせ

僕は5月2日のモーニング娘。の昼夜公演を見ることにしていたので、さらに真野ちゃんが2回も見れるなんて嬉しいです。で、握手会は1日3回予定されていて、そのうち2回はコンサート中の握手会開催となります。コンサート中の外野でも人が多く集まったりするのでしょうか?低速握手会なら喜んで何回か参加するのですが・・・また、「はじめての経験」は5月20日発売なので、シングル購入予約券を購入して握手会に参加するとのこと・・・けっこう強引なイベントの気がしないでもないですが、とにかく真野ちゃんに会える機会が増えたのは素直に喜びたいです。

2009年4月22日 (水)

カブった!

まだちょっと先の話ですが、5月30日(土)は僕が参加したい以下の3つのイベントがカブってしまいました。

<Buono! 「MY BOY」リリースイベント日程>
★5月30日(土) 山野ホール(東京・代々木) 協力:山野学苑 
1回目[開場]13:30 [開演]14:00<女性限定>
2回目[開場]16:00 [開演]16:30
3回目[開場]18:30 [開演]19:00

MY BOYMY BOY

<真野恵里菜「はじめての経験」発売記念イベント>
5月30日(土) 横浜BLITZ 
詳細未定

秋葉原スターキャッツ撮影会
みづなれい(通常撮影会) Aパターン

A1部 10:40~12:10
2ショット&サイン会 + 撮影会 90分
A2部 12:30~13:30
撮影会のみ 60分
A3部 14:30~16:00
2ショット&サイン会 + 撮影会 90分
A4部 16:20~17:20
撮影会のみ 60分

Buono!はまだ1回もイベント当選したことないので、今度はちょっと気合いれて応募しようかなと思っていたし、真野ちゃんも新曲のカップリングはロック調の曲だと先日ラジオでしゃべっていたので、ぜひイベントで歌うの見てみたいです。また、みづなれいちゃんには先日の撮影会で撮った天然芝での写真を渡すいい機会だし、サインしている間にちょっとお話もできるので絶対参加したいところです。また、最後の部までいると、会場から去るときにれいちゃんが見送ってくれて、このときにも少し会話ができるので、出来れば最後の部まで参加したいものです。

まあ、Buono!も真野ちゃんもイベントに当選しなければ心配も何も始まらないのですが、真野ちゃんイベントが前回と同じ時間帯の3回公演だとすると、男性が余裕を持って両方のイベントに参加するとすると真野ちゃんの1回目とBuono!の3回目の組み合わせしかないです。他は、超ダッシュして湘南新宿ラインを使って移動すればギリギリ間に合うといった感じでしょうか?Buono!ファンと真野ちゃんファン両方のファンって結構多そうな気がするのですが、日程がカブって双方のCDの売り上げに影響しないのかなと余計な心配をしてしまいます。さらに余計な心配として、両方のイベントに参加不可能な時間帯の公演に同じ人が当選しないように抽選システムがなっているのか不安です。そうなると、どちらかのイベントに空席ができることになるので、落選した人にとっては悲しい状況になります。

どのイベントにどのパターンで申し込むか、来週のBuono!のCD発売日までじっくり悩みたいと思います。

2009年4月21日 (火)

ジェフベックのBlu-ray到着!

僕は最近体調がよい日が多かったので、今週から「抗うつ薬」の量が少し減りました。復活に向けて1ステップランクアップしたのですが、今日はなんだか夕方あたりに疲れがどっと出て、よたよた感UPして、勤務時間の最後の1時間や帰りの通勤電車での移動がちょっと辛かったです。今は家帰って落ち着いています。なので、今日は早く寝てたっぷり充電しようと思っています。

そんな中、かなり前にamazonに注文したジェフベックのBlu-rayディスクが今日到着しました。amazonから何度も調達に時間がかかっているとのお詫びメールが届いていたのですが、内容の大部分はNHKで放送されているので、僕としては全然急いでいなく、調達不能でキャンセル扱いになるのだけが心配だったので、無事に届いてよかったです。

Performing This Week: Live at Ronnie Scott's [Blu-ray] [Import]

このDVD版はNHKでは放送されなかった数曲(合計約100分)に加えインタビュー映像約37分が収録されていますが、Blu-ray版はさらにメインバンドの前に行われた Big Town Playboys とのロカビリー・セッション7曲が入っておりそれでいてハイビジョン映像で収録されていて、値段はなんと2,612円ということで、とてもお得感があります。ちなみに輸入DVD版はリージョンフリーで1,550円ということで、こちらもお安いです。国内版はDVDのみで定価4,935円です。メリット言えばインタビュー映像に日本語テロップがつくことぐらいなので、ちょっと価格差ありすぎな気もします。Blu-rayレコーダとかずいぶん普及してきたのだから映像ソフトももっと安くなって欲しいものです。一応DVD版のリンクも貼っておきます。

ライヴ・アット・ロニー・スコッツ・クラヴ [DVD]
Performing This Week: Live at Ronnie Scott's [DVD] [Import]

肝心の中身については、ジェフベック大先生のプレイがものすごいことをNHKで放送された後の記事で書きつくしてしまったので、特に付け加えることはないのですが、このブログは女性アイドルについて積極的に取り上げているので、ベーシストのタル・ウィルケンフェルド(以下タルちゃん)に触れないわけにはいかないと思うのでちょっと書いてみます。

タルちゃんは現在22歳(高橋愛ちゃんと同世代?)はオーストラリア出身で14歳の時にギターを始め、高校を中退しオーストラリアからロサンゼルスに移住し当初はギタリストとしてのトレーニングを受けていたが、17歳の時にベーシストに転向したとのこと。それで、2007年7月にはジェフ・ベックのバンドのレギュラー・ベーシストに抜擢され、今回発売されたBlu-rayでも共演し、2009年2月のジェフ・ベックのジャパンツアーにも同行し、素晴らしいテクニックに加え、そのキュートなルックスは評判になりました。

2009042101

ジェフベック大先生を始め、ドラム、キーボードの奏者も相当な凄腕のベテランミュージシャンなのに、そんなすごい人に囲まれて物怖じせず楽しそうにベースを弾いているタルちゃんはすごいです。また、ベテランのミュージシャンが楽しそうに演奏しているのもタルちゃんの存在が大きく貢献していると思います。やはり男は何歳になっても若くて可愛い女の子が好きなのは万国共通なのではと思ってしまいます。そんなタルちゃんのソロCDも発売されています。

トランスフォーメーション

で、タルちゃんを見てて思ったのですが、もう日本の女性アイドルは歌やダンスが上手いのは当たり前なので、もっと楽器が本格的に上手い女性アイドルが登場してきてもいいと思うんですよ。ルックスが超可愛くて、それでいて楽器演奏が超本格的に上手い女性ロックバンドが出てきたら、大ブレイクすると思うんですがどうでしょうか?

2009年4月20日 (月)

今度はさゆみん

毎月20日はカメラ雑誌が大量に発売される日です。最近毎月「フォトテクニック・デジタル」を買ってしまっているのですが、月刊誌にしてはちょっとお高いので、今月は買うまいと思っていたのですが、今月の表紙はモーニング娘。の「道重さゆみ」ちゃん(以下さゆみん)で・・・、この雑誌は最近僕の秘孔をピンポイントで突いてきます。表紙見ただけでレジへ持っていってしまいました。今月の別冊付録では、「ポートレート撮影で便利に使える照明機材」ということで、様々な機材が紹介されているのですが、単なる機材カタログに留まってしまっているような内容なのでイマイチでした。あまり個人で大掛かりな機材を購入する人は少ないだろうから、撮影会で一般的に使われている照明機材の効果的な使用法とかそういった記事の方がよかったと思うんですけどね。ただ、雑誌の本編はライティングについての記事が豊富だったので、読み応えがありました。特に昨日屋外撮影をやったばかりだったので、自分が撮った写真と見比べながら読んだりしました。昨日の屋外撮影ではみづなれいちゃん中心の写真だけでなく、芝生や木々の風景にれいちゃんをとけこませたようなアングルの写真をとったりして、それらが結構いい雰囲気で撮れていました。これからは、屋外撮影にハマるかもしれないです。

さゆみんの写真も普段ハロプロで売られている写真よりも一味違った写真満載でよかったです。また、カメラ雑誌なので、一枚毎に使用機材と設定値が掲載されているのがよいです。また、さゆみんのインタビュー記事も短いながらよい内容でした。このインタビューでさゆみんが「コンサートでさゆみのピンクのTシャツを着ている人が、さゆみでなく違う子を見ていると嫉妬します!」ということで、ステージの上からちゃんと見ているとのことです。ステージから客席をちゃんと見ていてくれるのはファンとして嬉しいですよね。また、ジュンジュンと同じ髪型していたので、さゆみんのお母さんがジュンジュンとさゆみんを見間違えた話もしていました。先日僕のブログでも亀井絵里ちゃんと新垣里沙ちゃんを見間違えてしまったことを書きましたが、やっぱりモーニング娘はメンバーが多いので遠い席だと見間違えやすいので、なんかわかりやすいようにしてもらいたいなと思いました。でも、9人で見間違えるくらいだと、AKB48を遠い席から見るとどうなるんだろう。また、さゆみんは「お姫様キャラ」をすっかり卒業して「腹黒キャラ」って自分から言ってるみたいですね。さゆみんも大人になったなあとしみじみ感じます。

フォトテクニックデジタル 2009年 05月号 [雑誌]
このペースだと、再来月くらいはBerryz工房か℃-uteのメンバーが表紙を飾るかもしれませんね、多少割高でも構わないからハロプロのアイドルが撮影会やってくれると嬉しいんだけどなあ・・・

2009年4月19日 (日)

シャングリラス撮影会

今日はみづなれいちゃんの「シャングリラス撮影会」に行ってきました。みづなれいちゃんはAVアイドルさんなんですが、撮影会で写真撮ってると王道アイドルに匹敵するくらいの可愛い表情してくれるので、何回か撮影会に通っています。今回は今年の1月以来久々に行われた撮影会でした。で、「シャングリラス撮影会」って今回初めて参加した撮影会なのですが、屋外でヌード撮影ができることが目玉の撮影会で、1993年から16年間も継続している撮影会なんだそうです。どんな撮影会場なんだろうと興味深々で出かけたのですが、場所は外房線の大網駅(先日の真野ちゃんイベントの成田といい、どうも最近は千葉県のディープなところに縁があるようです)が最寄駅でそこから車で送迎してくれるということだったので、集合時間に間に合うように駅に着いて車に乗り込みました。車に乗るとどんどん人里離れた風景となり、20分くらい乗ってると田んぼの間の砂利道に入っていき、田んぼのかなり奥まったところに撮影スタジオがありました。スタジオには天然芝の広い庭があり、垣根で覆われているので、ヌード撮影が可能となっていることがわかりました。なんだか秘密の撮影スタジオって感じの雰囲気で気に入りました。田んぼの真ん中なので、蛙や鳥の鳴き声が響く中での、のどかな撮影会となりました。

撮影会のスタイルは、特に各人の撮影場所や目線の順番を固定しない囲み撮影でした。Fresh撮影会でいうと、残り時間2~3分のときにやっている囲み撮影を延々とやっている感じでした。なので、れいちゃんが、端から端まで順番に目線を移してくれるのですが、撮影者がどんどん場所を移動するので、自分の目線の順番がちょっとわかりにくい感じでした。でも、参加者は良識的なオジサンばかりだったので、目線を奪い合うことなく、ゆずり合いながら穏やかに撮影会は進行していきました。参加者は10数名程度でしたが、れいちゃんの撮影会でいつも見かける人は少なく、「シャングリラス撮影会」の常連らしきオジサンが多かった気がします。

僕は野外撮影は初めてだったのですが、今日はよく晴れて、また季節的にもよかったので、グリーンの天然芝や、庭にある大きな木が綺麗で、綺麗な景色をバックに可愛いれいちゃんの写真が撮れて楽しかったです。下記のリンクに会場となった、White Village Studioの写真がありますので、見ていただければなんとなく雰囲気は伝わるかなと思います。

・White Village Studio

みづなれいちゃんの撮影会は「定例撮影会ーB」のパターンで行われ、僕は第二部(14:30~16:30)と、特部(16:45~17:45)に参加しました。第二部は前半が芝生で、私服姿から一枚づつ脱いでいって、最後ヌード撮影となり(一応念のため補足しておきますが、見えてはいけない部分は見えないようなポーズでの撮影となります)その後休憩、サイン会&2ショット撮影の後、後半は室内よりテラスでのれいちゃんを撮影。特部では前半が着衣で1stスタジオと2stスタジオの間の渡り廊下での撮影が中心で、後半は1stスタジオでソファーを使っての着衣からヌードの撮影となりました。ソファーでのポージングってことで、あまりバリエーションがないので、れいちゃんもポージングのネタがつきて「次どうしましょう?」って、なったので例によって僕のオリジナル技「ポージングネタ帳」を見せてポージングしてもらいました。ネタ帳は主催者のオジサンにもウケてました。なので、やっぱりネタ帳は効果ありと再認識したんですが、最近ハロプロ系のイベント参加が多かったのでネタ帳全然増えてなくって・・・、もっと充実させねばと思いました。

と、いうことで、初参加の「シャングリラス撮影会」でしたが、撮影場所の雰囲気は最高ながら、場所が都心から遠いのが難点なのと、いかにもオジサン的なアバウトな進行は好みが分かれるかもと思いました。ちょっとダラダラとした文章になりましたが、僕の記事が「シャングリラス撮影会」に参加しようか検討している人にちょっとでも参考になれば幸いです。

・シャングリラス撮影会

・みづなれいのオフィシャルブログ 【二度寝天国】

【追記】シャングリラス撮影会 4/19出演モデルみづなれいさんからのコメントがAmebaVisionに掲載されたので、リンクを貼っておきます。

シャングリラス撮影会 4/19出演モデルみづなれいさんからのコメント
シャングリラス撮影会 4/19出演モデルみづなれいさんからのコメント[アメーバビジョン]

2009年4月18日 (土)

Tシャツを一瞬でたたむ術

完全に自分の備忘録です。知ってる人なら何をいまさらな内容ですが、知らない人は知らないと思いますので、貼っておきます。youtubeって便利ですね。

真野ちゃん、チケット確保

FC先行予約で落選し、e+の先行予約で落選した「真野恵里菜 デビューコンサートプロローグ~乙女の祈り~」中野サンプラザ夜公演のチケットをチケットぴあの一般発売枠で確保しました。受付開始後2分で電話が繋がったのですが、発券されたチケットは2階11列ということで、座席表を見ると2階の後ろから2列目でした。まあ、最後の最後の一般発売枠なのでこんなもんかなって感じです。あとはFC先行予約で当選した昼公演の座席に期待したいのですが、こちらも2階席だとちょっと悲しいです。

2009年4月17日 (金)

全チケット到着

今週は特に体調悪くなることなく、快調に勤めを終えることができました。これも雅ちゃんにパワーを貰ったおかげなのかもしれません。

さて、今回僕がFC先行予約で当選した「モーニング娘。コンサートツアー2009 春 ~ プラチナ 9 DISCO ~」のチケットが今週すべて到着しました。最近の郵便局は再配達依頼を当日の19時までに電話すれば、当日の21時までに再配達してくれるので、すごく便利になったなあと感じています。で、僕の申し込み分の公演と座席は以下のような感じでした。

4/25(土) 大宮ソニックシティ 開演19:00
     2階のほぼ最後方中央 
5/2 (土) 中野サンプラザ 開演15:30
     1階の実質8列目のやや右側
5/2 (土) 中野サンプラザ 開演19:00
     1階の実質27列目の左側
5/3 (日) 中野サンプラザ 開演18:00
     1階の実質12列目のやや左側

中野サンプラザは0列と表現される移動席が場所によって1~4列あるので、ややこしいです。5月2日の昼公演と5月3日の夜公演はなんとかメンバーの表情がギリギリ見える席かなといった感じです。しかし、大宮は座席表を見ると本当に2階の最後方に近いところで、ちょっと悲しくなります。今回は、亀井絵里ちゃんが「片思いの終わりに」で客席を覗き込む仕草をする場面での正面となる、やや左側の席が欲しかったので、中野の昼公演の席が左側だったらよかったのになあと思うと残念です。モーニング娘。はメンバーが多いので、表情が見えない席だと髪型や衣装が似ているとメンバーを見間違ってしまうこともしばしばなので、出来れば肉眼でメンバーの表情が見れる席で見たいものです・・・

2009年4月16日 (木)

まだまだ続く最強のソロイベント!

今日は僕が落選した熊井友里奈ちゃんの「FC限定 Berryz工房メンバーソロイベント」が行われました。巷の情報によると、今日も観客とのトーク中心で最後に1曲「安心感」(「Berryz工房コンサートツアー2006春~にょきにょきチャンピオン!~」で熊井ちゃんがソロで歌ってた曲ですね。)観客とともに歌うパターンだったようです。歌うときにステージ降りて通路に来てくれるのも一緒だったようです。なので、今回は最後までこのパターンでいきそうですね。ただ、アンケートは毎回違うようです。入場して速攻で面白そうな答を考えるのはちょっと厳しいので、できればアンケートは事前、せめて整理券配布するときに渡してくれるとありがたいのですが・・・

熊井ちゃんのソロイベントはトークが盛り上がってちょっと時間押したらしいです。この調子で観客もどんどん元気になって発言が多くなってより楽しいイベントになっていきそうです。特に嗣永桃子ちゃんのファンは元気がいいイメージがあるので、なんかすごいイベントになりそうで興味があります。でも発言がスベって笑われる映像がDVD化されて永久保存される可能性もあるので、発言には注意が必要だなと思いました。また、メンバーが通路まで来てくれるということは、どの席にいたとしても合唱隊としてDVDに出演してしまう可能性があることは意識しなければなりませんね。

昨日の雅ちゃんのソロイベントはハロプロのファンクラブ会員限定ページで早くも写真つきで紹介されています。この調子で続々イベントの写真を掲載してくれると嬉しいです。

僕はあと4月30日の清水佐紀ちゃんのソロイベントに参加予定です。なので、なるべくどんな内容でも対応できるように、手持ちの「ベリキュー」「よろセン」「DVDマガジン」等の映像やその他資料をチェックして頭の中を佐紀ちゃんで一杯にしてイベントに臨もうと思っています。だけど、清水佐紀ちゃんは合唱曲として何を選ぶんでしょうね?全く読めないので、それもすごく楽しみです。

今回のイベントの形式はアイドルイベントの理想形に近いものだと思います。こんなに楽しくアイドルとファンが交流できるイベントならベリキューのメンバーだけでなく、ハロプロのメンバー全員がひとりづつ持ち回りで毎月やってくれればいいのになと思いました。

雅ちゃんパシイベ感想

ということで、できるだけ詳しくパシイベ(2009年4月15日に開催された夏焼雅ちゃんの「FC限定 Berryz工房メンバーソロイベント」)の内容を書きました。レポート書いて改めて思ったのですが、前回のDVDを見たかぎりでは台本と首っ引きになって進行するのが精一杯に見えたのに、今回は観客と完全にフリートークを繰り広げたのは僕にとってすごい衝撃的でした。また、観客にもっと心の準備があればもっとイベントが盛り上がったのでは、という気持ちになったのも伝わったでしょうか?そして、何より1曲だけ歌った曲が、僕の一番聴きたかった「消失点-Vanishing Point-」。この曲はまだBuono!のコンサートでもショートバージョンでしか披露していないのに、フルバージョンで雅ちゃんと一緒に歌えたなんて嬉しすぎます!!!

そして、握手会は強引な引き剥がしはなく、ちょっと話が長そうな人に係の人が軽く肩叩いて、終わらせるように促す程度だったのでよかったです。あと、僕が質問したかったのは「みやビーム」についてのことだったので、討論したいことのときに聴けばよかったかなとも思うものの、まあ、またの機会ということにします。また、これだけ大胆なイベント内容なので、本人も手ごたえが気になっているんじゃないかと思います。僕は今回の感想をファンレターに書こうと思っていますが、今回のソロイベントに参加された方は、コンサート会場のメッセージBOXに投函するとかして、感想を伝えると雅ちゃんも喜ぶんじゃないかと思うのですが、どうでしょうか?

雅ちゃんパシイベ詳報

2009年4月15日に開催された夏焼雅ちゃんの「FC限定 Berryz工房メンバーソロイベント・レポートの続きです。最初の挨拶の後は延々トークが続きました。最初は雅ちゃんが先日のハワイツアーの思い出を語りました。で、ここまでは一方的に雅ちゃんが語るトークだったのですが、この後が観客参加型のすごいイベントとなりました。

1.雅の部屋

このコーナーでは雅ちゃんと観客でテーマについて討論をしていくコーナで以下のような感じでした。

①夏焼雅の髪の毛は長い方がよかったか、短い方がよかったか
 最初はどっちか観客に挙手させ、その結果短い方がよかったが多かったのですが、なんとそのあと雅ちゃんが、挙手した人を指名してその理由を聴きます。「長い方が色々アレンジが出来ていい」とか「短い方が今の季節に合っている」との意見がありました。

②こんなイベント見てみたい
 これは挙手制でした。が、いきなりなので挙手する人少なかったです。
 出てきた意見は 
 ・カラオケ大会(いいですね。今この場でやりたいですねと雅ちゃんのコメント)
 ・ソロコンサート(なさそうーとの雅ちゃんのコメント)
 ・私服でファッションショー(若い女の子からの意見で雅ちゃんは「やりたーい!」とすごい乗り気でした。)
  
③Berryz工房のメドレーを作るとしたら
 これは、曲名挙げるだけなので沢山挙手がありました。
 「VERY BEAUTY」、「夏Remenber You」については「それ1回目でも出たんですよ」
 って、言ってました。他には「青春大通り」、「蝉」など

④雅より他に好きなメンバーがいるか
 この雅ちゃんの問いかけに誰も挙手せず(ホントか?)、この結果に雅ちゃん
 「よかった。私のイベントだからそーですよね。他のメンバーのTシャツ、特にピンクのモモの絵が描いてあるシャツ着てる人がいたらどうしようかと思てたんですよ。」と言って場内大爆笑になりました。

⑤討論したいこと
 いきなりだったので、誰も挙手しなかったので、雅ちゃんが最後列の人を指名しました。するとその人は「好きな野球選手について」と言ったので、「楽天」のひとことで終わっちゃいました。次は挙手があり 「今Berryz工房の曲で一番好きな曲についてで、で雅ちゃんは「抱きしめて、抱きしめて」と言って、この曲がコンサートの1曲目ですごく緊張するということ を話してくれました。
 最後にもう一人と言って雅ちゃんが指名した人は 
 「もし将来Berryz工房が解散するとしたら・・・」といいかけたところで、雅ちゃんが話しをさえぎって「だめです!なーに言ってるんですか、あり得ないです。じゃあ、次にいきましょう」と言って場内大爆笑)になりました。

2.アンケート「ここをなおして夏焼雅」

 今回のアンケートについては、雅ちゃんが、前からきいてみたかったということで、
 実施したとのこと(ということは、他のメンバーイベントでは他のお題になるのでしょうか?)
 アンケートBOXがそのまま運ばれてきて雅ちゃんが読み、その書いた人に雅ちゃんが
 さらに真意を聞くといった形式で行われました。
 読まれたのは
 ①つっこみが少し遅い
  ここはあまり盛り上がらなかったような・・・
 ②時々テキトーなところ
  「どんなところが」と雅ちゃんが聞くと書いた人は
  「ポケモーのアンケートで他のメンバーは沢山書いてるのに雅ちゃんは一言しか書いていない」と具体的に挙げて、雅ちゃんは納得させられてました。
 ③ギャグを言ったメンバーにたまに冷たい(理由:メンバーの目が切なく見える)
  雅ちゃんいわく、これは他のメンバーも同じじゃないでしょうかとのこと
 ④今回のツアーのHappyStandUP!で同じ方向ばかり撃っている
  これは女の子からの指摘で、雅ちゃんからの突っ込みにかなり具体例を挙げて説明してました。雅ちゃんいわく、「色んな方向にやってるはずなんだけどなあ。みやビーム撃ちまくりますね。」とのこと
 ⑤振り付けが公演毎に変わることがある
  これも雅ちゃんからの突っ込みにかなり具体例を挙げて説明してました。(正直ここまで話が濃くなると、ちょっとついていくのが大変でした。)雅ちゃんいわく「あんまり振りを変えようとはしてないつもりなんですけどね。テンション上がって変わることがあるのかもしれませんね。」とのこと
 ⑥ときおり見せるやる気のなさげところ 
  この意見出した人は「嗣永さんの言動に対して「まーたやってるよ」って態度をとる」ことといってましたが、「それは確かにありますよね、嗣永さん毎日あんな感じなんで・・・」とここは雅ちゃん同意で場内大爆笑。
 ⑦AWAYのときに気配をたまに消してる時がある
  雅ちゃん「緊張してるからでしょうかね」
 ⑧Berryz内の対決で負けてる
  雅ちゃん「Berryz内には強い人が多くてなかなか勝てないです。」
 ⑨もうちょっと漢字を読めるようになろう
  カンペが噛み噛みだったからの指摘に
  雅ちゃん「振り仮名振って欲しいですね。」
 ⑩馬鹿笑い
  雅ちゃん「「うふふ」とかの方かかわいいですかね。」
 ⑪落ち着きすぎでいるところ
  雅ちゃん「緊張してるからでしょうかね」
   
3.雅ちゃんと観客のコラボ
 最後にみんなで「消失点-Vanishing Point-」を歌いたいと思います。
 「もちろん、みなさんこの曲完璧に歌えますよね。(ちょっと反応薄い)あれ、まあ私もちょっと不安だったのでカンペ用意してきました。」といって、ホワイトボードに手書きの歌詞が書かれた紙が貼られました。で、1番は雅ちゃんが歌って、2番の前半を右半分、後半を左半分Cメロを雅ちゃんが歌って、サビを全員で歌って最後を雅ちゃんが歌うといった感じでしたが、観客が歌う部分になるとなんと雅ちゃんがステージ降りて通路のところまできて、観客と一緒に歌ってました。

歌い終わったところで、最後の挨拶となりました。「今までにない形でみなさんとイベントができてよかった」ということと「Berryz工房のメンバーで武道館コンサートをやりたいのでまだまだがんばっていきたいので応援してください」と話して握手会となり、イベント終了となりました。

2009年4月15日 (水)

想定外に楽しかった!

今日(2009年4月15日)、夏焼雅ちゃんの「FC限定 Berryz工房メンバーソロイベント」の19時45分からの回に参加してきました。幸い職場を定時きっかりに脱出できたので、一旦家に帰ってスーツからBuono!Tシャツに着替えても充分間に合いました。会場も事前に「都営大江戸線赤羽橋駅の中之橋口を出てすぐのところ」という情報を得ていたので、地下鉄の出口を出たらすぐわかりました。そして、整理番号券の受け取り方や入場の仕方も事前情報収集どおりでスムーズだったのですが、肝心のイベントの内容は・・・1回目、2回目のソロイベントの内容とは全く異なるものだったので、事前情報収集は全く役に立ちませんでした。今回はベリキューメンバーに「歌よりもトークでイベントを盛り上げよ」とのお題が出ているかのようなイベントで、よい意味で想定外の内容ですごく楽しかったです。ただし、イベントを盛り上げるためには観客もアドリブ能力というか面白いことを言えるかどうか試されるイベントとも言えるので、心の準備があった方がよいなと思います。今回のソロイベントに参加される方は他のメンバーのイベントがどんな内容だったか情報収集して心の準備をすることをオススメします。と、いうことで、記憶の新しいうちに雅ちゃんのソロイベントについてレポートします。

1.ホワイトボート

ホワイトボードに書かれた内容は以下のようなシンプルなものでした。

今日は来てくれて                  夏
ありがとうございます。               焼
今日はいままでにやった事がない事が     雅
おこるかもッー!!!               ソロイベント!!
しれない お楽しみに            たのしめいww

2.アンケート

アンケートの内容はこんな感じでした。ここですでに意表をつかれました。

・ペンネーム
・夏焼雅にここはなおして欲しいという所
・なおして欲しいという所に理由があれば
・夏焼雅のいいところは
・理由があれば

いきなり雅ちゃんになおして欲しい所と言われても、短時間では面白い内容は思いつかなかったです。今回は読まれなくてよかったと思っています。

で、「Berryz工房行進曲」にのって雅ちゃんが登場しました。雅ちゃんの服装は紫のツアーTシャツにジーンズ姿でした。そして最初の挨拶ではメンバーからのメールの話をしてて、直前に嗣永桃子ちゃんと徳永千奈美ちゃんからしか来なかったと話していて、特にキャプテンの清水佐紀ちゃんからは絶対来ると思っていたのに来なかったを相当残念がってました。

と、ここまでは今までのソロイベントと同じ進行ですが、ここからが、全然違う内容となります。ちょっと長くなりそうなので、ここで一旦切ります。僕の席は5列目のやや右よりだったのですが、それでもトーク中の雅ちゃんと視線合いまくりで、雅ちゃんの話にいちいち頷いたり、笑ったりややオーバーリアクション気味に対応しました。すごくドキドキしたので、いまでもちょっとドキドキ感が続いています。

2009年4月14日 (火)

いよいよ明日

明日はいよいよ夏焼雅ちゃんのパシイベです。僕は夏焼雅ちゃんを本格的に応援し始めたのはBuono!の「恋愛ライダー」からなので、古い曲を歌っても対応できるようにするために、今日は「ベリコレ」以前の「Berryz工房コンサートツアー2007夏~ウェルカム!Berryz宮殿~」「Berryz工房コンサートツアー2006春~にょきにょきチャンピオン!~」を見まくっています。しかし、「恋愛ライダー」の雅ちゃんと比べると「ウェルカム!Berryz宮殿」の雅ちゃんはずいぶん子供っぽく見えます。「にょきにょきチャンピオン」までさかのぼるとメンバー全員がすごく子供っぽいのに、嗣永桃子ちゃんだけは今とあんまり容姿が変わらないのが面白いです。

パシイベで最前列に座るとDVDに写ってしまう可能性が高いのですが、今回の僕の入場整理番号は60番台なので、その心配はなさそうです。しかし、DVDに後頭部が出演してしまう可能性は高いので、一応今日合わせ鏡で後頭部チェックして問題ないことを確認してしまいました。最近の僕は体調が悪いのですが、頭皮および頭髪だけは絶好調のようです。あと、ソロイベントが前回・前々回と同様であれば、事前にアンケート用紙が椅子に置かれていて、質問コーナーでその内容が一部読まれるということなので、一応用紙に書く質問も考えてみました。僕は今回のツアーで話題の「○○○○○」について質問しようと思っています。でも、もしかしたら質問しなくても「○○○○○」についてはすでにソロイベントの内容に話題として組み込まれているのではと言う期待もあります。「○○○○○」が何かについては明日以降の参加レポートで書きます。また、握手会のときに何を言うかも、高速・低速の両パターン考えています。明日が本当に楽しみです。

Berryz工房コンサートツアー2007夏~ウェルカム!Berryz宮殿~ [DVD]
Berryz工房コンサートツアー2006春~にょきにょきチャンピオン!~ [DVD]

2009年4月13日 (月)

セカンドシングル「はじめての経験」

先日の「乙女の祈り」イベントで初披露されたセカンドシングル「はじめての経験」は5月20日にまたまた4種類の仕様で発売されます。

〈初回生産限定盤A〉DVD付
〈初回生産限定盤B〉フォトブック付
〈初回生産限定盤C〉イベント抽選シリアルナンバーカード封入
〈通常盤〉

今度はどのくらいの規模でイベント開催するのでしょうね。僕としては抽選ではないインストアイベントもひきつづきやってほしいのですが、どうでしょうかね。この曲のPVはDohhh  UP!のサイトですでに見ることが出来ます。「まのぶろぐ」のトップページにも貼られているので、容易に見ることができます。イベントで真野ちゃんが言ってた、亀と遊んでいるシーンからPVが始まります。今回はハロプロエッグをバックに従えたダンスシーンが目立っていますが、僕としてはこの曲のピアノの間奏にも注目したいです。単音でシンプルなメロディのため、片手だけで弾けるので、ギターは弾けてもピアノは弾けない僕でもちょっと頑張れば弾けるかもと思えるような間奏です。なので、シングルVとかイベントVで真野ちゃんのピアノ講座コーナーとかやってくれると面白いのになと思うのですがどうですかね。

2009年4月12日 (日)

次は夏焼雅ちゃんパシイベ

今日は体調がいまひとつだったので、家でおとなしく過ごしていました。どうも、気合入れた翌日は頭がクラクラして足元が軽くふらつく状態になることがまだ続いているようです。やっぱりまだまだ完全復活には時間がかかるなと実感しています。

さて、今度の水曜日(4月15日)は夏焼雅ちゃんの「FC限定 Berryz工房メンバーソロイベント(開場/開演:19:15/19:45)」(パシフィックへブンで行われるイベントなので通称パシイベ)に参加します。僕はパシイベには初参加となります。今僕は軽減勤務中なので、平日夜に都合をつけることが可能なのですが、通常だと僕の仕事では平日夜に確実に時間を空けるのは難しいので、もしかしたら今回の夏焼雅ちゃんと、4月30日の清水佐紀ちゃんのパシイベ参加が最初で最後の参加になるかもしれません。なので、思いっきり楽しんでこようと思っています。Berryz工房メンバーソロイベントは過去2回行われていてDVD化もされているのですが、かなり内容がカットされていて、イベントの大体の雰囲気はわかるものの、いざ自分が参加するとなるとわからないことだらけだったりします。しかし、インターネットでググると、過去の参加者の方の個人ブログでかなり詳しい情報を知ることができます。そもそも会場自体が小さくてわかりにくいみたいなので、そこから注意しなければならないようです。こうして様々な方が色々な情報を発信してくれていることは、本当にありがたいことだと思っています。僕もいつかは、他の人の役に立つ情報が発信できればいいなあと思っています。

過去2回のパシイベでは3曲歌われていて、夏焼雅ちゃんのセットリストは以下のようになっていました。

2008年6月
1.そうだ!We're ALIVE(モーニング娘。)
2.正夢(あぁ!)
3.ピリリと行こう!(Berryz工房)

2008年9月
1.恋の呪縛(Berryz工房)
2.気がつけばあなた(松浦亜弥)
3.夏 Remember you(Berryz工房)

果たして今回はどんな曲を歌ってくれるのでしょうか。とても楽しみです。で、僕は先日のBerryz工房の八王子公演の際に夏焼雅ちゃんのメッセージボックスにファンレターを投函したんですが、以下のようなリクエストを書きました。(ファンレターの最初と、最後に書いた激励の文章は割愛しています。)

さて、僕は今回初めてパシフィックヘブンでの雅ちゃんのソロイベントに当選しました。とても楽しみにしているのですが、この機会にひとつリクエストさせてください。「消失点-Vanishing Point-」をぜひ歌ってください。もしかしたらもう選曲終わってしまったかもしれませんが、ぜひ考慮していただけるとうれしいです。「消失点」はすごく切なく綺麗なメロディーが大好きで「あの時 僕に少しだけ勇気があれば 運命は変わっていたのかな」といった歌詞もすごく共感できて、すこし涙腺が緩んでしまうほど感動しています。ぜひ雅ちゃんには「消失点―Vanishing Point―」をこれからも永く歌い続けて欲しいなと思っています。

といった感じでリクエスト書いてみたんですが、「消失点」はまだBuono!のコンサートでもショートバージョンでしか披露されていない新しい曲なので、今回は温存されてしまい歌われない可能性が高いのかなあとも思っています。でも、「消失点」が歌われるとしたら客席から「おおーー!」というどよめきが起こるのは確実だと思うんですけどね。とにかく、僕としてはやれるだけのことはやったので(そもそもファンレターが雅ちゃんに届いていない可能性もありますが・・・)あとは当日どうなるか、楽しみにしたいと思っています。「消失点」が歌われなくても心に残るイベントになるだろうなと期待しています。

2009041201

2009年4月11日 (土)

真野ちゃん誕生日イベント

2009041101_2 2009041102_2   

横浜BLITZで行われた真野恵里菜『乙女の祈り』発売記念イベントに参加してきました。ちょっと無理してCD沢山買って3回とも参加したのですが、真野ちゃんの18歳の誕生日のイベントということで、とても感動的なイベントになりました。なので、参加出来てよかったなと思っています。早速デイリースポーツに速報記事が掲載されているので、この記事を利用しつつ記憶の新しいうちにレポートをまとめようと思います。

・真野恵里菜、ファンからの祝福に号泣

会場の横浜BLITZは初めて行った会場でしたが、座席は入場順にランダムな席番の座席指定券が渡されるため、完全に運でした。1回目は開場後に並んで、1階のI列の真ん中くらいの席で、2回目は行列ができた中間くらいに並んでみたら、2階のL列(Lってどんだけ後ろなんだろうと思ったら、ステージから左側の真横に1列だけある席でした。昔後楽園ホールでプロレス見たときのバルコニー席を思い出してしまいました)3回目は行列が出来た瞬間に並んで、8番目くらいに入場したら1階F列の真ん中からちょっと右側の席でした。結局3回目が真野ちゃんの表情が一番よく見えました。また、2回目は上から見下ろす形だったので、真野ちゃんがピアノ弾く手元とか、1階席の客席の様子がよく見えました。客席を見渡すと、各列に2、3席づつくらい空席があって、やっぱり℃-uteのツアー初日とカブったから当選しても回避した人が多かったかなと思いちょっと残念でした。

ちょっと前置きが長くなりましたが、以下イベントの内容について書きます。

オープニングは暗転して本格的なコンサートのようなSEが流れる中、真野ちゃんがピアノに座り、「乙女の祈り(ショートバージョン)」で始まりました。歌い終わった後、真野ちゃんがマイクを持って立って、観客に「みなさんのおかげでメジャーデビューすることができました。ありがとうございます。」と挨拶して、本日のスペシャルゲストとして事務所の先輩の加藤紀子さんを紹介しました。で、今回は加藤紀子さんが司会進行役を務めるということで、1回目では加藤紀子さんから、さらにスペシャルゲストとしてハロプロエッグの6人(和田彩花、前田憂佳、古峰桃香、関根梓、福田花音、小川紗季)が紹介されました。(1回目のみハロプロエッグはサプライズゲスト扱いでした。ハロプロエッグの生写真グッズも1回目の終演後より販売されました)で、加藤紀子さんが、「みなさん、今日はデビューのお祝い以外にもお祝いがあるってご存知ですよね。きょうはまのえりちゃんの・・・」と言って観客と一緒に「誕生日」と叫びました。で、そのあと、1回目ではピアノ型のケーキが登場して。真野ちゃんは「聴いてなかったですう」とびっくりしてました。そのあと観客と全員でハッピーバースデーを歌い真野ちゃん号泣となりました。(2回目は淡々とした感じでしたが、3回目は再び真野ちゃんうるっときてました。)

上は1回目のイベントでみんなで合唱して真野ちゃんが号泣したシーンです。

上が1回目のみ登場した特製ケーキです。

で、真野ちゃんより、5月20日に新曲「はじめての経験」が発売されると告知があり、「お忙しい中集まっていただいたみなさんに初披露します」といって、ハロプロエッグをバックダンサーに従えて、「はじめての経験」をピアノなしのダンスバージョンで歌ってくれました。これには観客大喜びで客席総立ちになり、いつものハロプロのコンサートのノリで盛り上がりました。

その後、ハロプロエッグが退場して、再びピアノがセッティングされるのですが、セッティング中に真野ちゃんが「はじめての経験」のPV撮影について語ってくれました。3回とも微妙に内容は異なるものの、スタッフが亀を動かそうとしても全然うごいてくれなかったのに、真野ちゃんが相手したらうまく動いてくれたので、嬉しかったというような話をしていました。トークの後は「乙女の祈り」のカップリング曲「水色想い」を歌ったのですが、2回目では2コーラス目の歌詞を忘れでしまうミスがありました。なので、3回目のイベントでこの曲を歌い出す前には真野ちゃんへの声援に混じって「真野ちゃん歌詞覚えててね」って声援も飛んで真野ちゃんちょっと苦笑いしてました。

この後は再び加藤紀子さんが登場して、2人のトークとなりました。真野ちゃんから先輩の加藤紀子さんへの質問と、加藤紀子さんからは「乙女の祈り」にちなんで真野ちゃんの小さな祈り、大きな祈りについての質問がありました。小さな祈りは1回目が、「1人でカラオケ屋に行きたい」、2回目が「てんとう虫と仲良くなりたい(さゆみんのダンゴ虫が友達だったって話を思い出しちゃいました)」、3回目が「お化け屋敷に入れるようになりたい」でした特に3回目の話では、真野ちゃんは小さいころお化け屋敷に行ってから暗いところが苦手になり、水族館も怖いと話していて「だって水槽が壊れて水が溢れてきたら怖いじゃないですか」といって場内大爆笑となりました。で、大きな祈りは3回とも「6月のデビューコンサートを大成功させたい」とと言って細かい内容は秘密なものの、一部内容を紹介してくれたんですが、その中で注目したいのが、「会場に来てくれた皆さんひとりひとりと会話できるといいなあと思っています」という発言でした。これは、真野ちゃん自身は低速の握手会をしたいとの意思表示ととれるのですが、なんとか実現して欲しいと思いました。

トークのあと、加藤紀子さんが退場して、真野ちゃんが再びピアノで「乙女の祈り(フルバージョン)」を歌ってイベント終了となるのですが、3回目では嬉しいハプニングが起こりました。ピアノをセッティングしている間はちょっとした声援タイムとなるのですが、2階席のファンの一群が「せーの」の掛け声で「メジャーデビューおめでとう!」と声をかけるとここで真野ちゃんが嬉しさのあまり号泣してしまいました。そこで、あちこちから「頑張れー」と声援が上がり(僕も頑張れと叫びました)、その後手拍子、恵里菜コールが発生して、真野ちゃんが再び観客にお礼を言って無事に歌い終わりました。

と、いった感じで3回目は2階席の観客のファインプレーで感動的にイベントを締めることができたのですが、握手会の順番を待っているときに2階席を見ると、2回目で前の方の席でジャンプしてた人とか、真野ちゃんのバースデーTシャツ着た女性ファンとか濃いファンの人たちが偶然2階席に集結したために成功したのかなと思いました。声援送るタイミングもバッチリでしたしさすがでした。握手待っている間に2階席の人たち同士が盛り上がっていて、濃いファン同士の新たな友情が生まれた瞬間だったのかなとも感じました。

握手会は例によってファンに評判の悪い高速握手会でした。一問一答はとても無理で、こちらから一方的に真野ちゃんに何か伝えるのが精一杯でした。僕は1回目は「ラジオのレギュラーおめでとう、メッセージ沢山かくからね」2回目は「3回目も頑張ってね」3回目は「最高の誕生日になったね。おめでとう」と伝えました。握手を離した後真野ちゃんの方から僕の方を見て手を振ってくれたので、話したことはとりあえず伝わったかなといった感じでした。6月のコンサートでは待ち時間がいくら長くなってもいいので、ぜひ低速握手会を実現して欲しいなと願いつつ真野ちゃんの誕生日イベントのレポートを終わりたいと思います。

【追記1】真野ちゃんのブログにも今回のイベントの記事が掲載されたので、リンクを貼っておきます。

・まのぶろぐの記事へのリンク

【追記2】サンスポのページにも今回のイベントの記事が掲載されたので、リンクを貼っておきます。以下の写真のような「はじめての経験」を披露したときの写真が数枚見れます。

・真野恵里菜「もうちょっと大人になりたい」

佐紀ちゃん、カッコイイ!

ハロプロ関連のコンサート会場では1500円以上買うとポスターが付いてくるCDショップが出店しているので、先週Berryz工房のコンサートに行った際にポスター目当てでいまさらながら、「抱きしめて、抱きしめて」のシングルVを買いました。

シングルV「抱きしめて 抱きしめて」 [DVD]

僕はこの曲のようなユーロビート調のディスコソングは苦手と以前書きましたが、映像つきだとけっこう楽しめました。特にこのDVDメイキング映像の中の18分17秒~18分35秒付近のわずか10秒ちょっと納められた清水佐紀ちゃんのソロダンス撮影映像に魅了されちゃってます。僕はダンスには詳しくないのでどう表現したらいいのかよくわからないのですが、明らかに他のメンバーよりダンスのキレがよく(他のメンバーも決して下手ではないのですが・・・)カッコイイんです。そんな激しいダンスを余裕の表情で踊っているのがまたカッコイイんです。

佐紀ちゃんのカッコイイダンスが堪能できる映像としては他に「Berryz工房&℃-ute 仲良しバトルコンサートツアー2008春~Berryz仮面 vs キューティーレンジャー」で矢島舞美ちゃんの歌う「夏DOKI リップスティック」のバックダンサーとして、中島早貴ちゃんと踊っているシーンが印象的です。ここではダンスのキレのよさのみならず、横になって片足上げるようなセクシーなダンスも披露しています。この曲の清水佐紀ちゃんのソロアングル映像があるんだったら激しく見たいです。

Berryz工房&℃-ute 仲良しバトルコンサートツアー2008春~Berryz仮面 vs キューティーレンジャー~with Berryz工房 Tracks [DVD]

今回のBerryz工房のコンサートを後方席と10列目からと両方見て、後方席の方がメンバーの表情がよくわからない分、佐紀ちゃんのダンスが際立って見えるのかなと思いました。5月の新宿厚生年金会館のチケットは3公演分当選しているのですが、そのうちのどれかは後方席になってしまう可能性が高い(全部が後方席だと悲しいのですが・・・)ので、後方席になった場合はなぜ佐紀ちゃんのダンスが際立って見えるのか、じっくり見てみようと思っています。

ところで、今日は真野ちゃんの「乙女の祈り」発売記念イベントがあります。℃-uteのコンサートツアー初日と重なっているので、集客がちょっと心配なのですが、真野ちゃんの誕生日なので、なんらかのサプライズはありそうです。で、今日はBerryz工房のコンサートがないので、Berryz工房のメンバーがお祝いにこないかなあとちょっと期待していたりします。

2009年4月10日 (金)

アイドルラジオ

先日ハロプロのテレビ番組がなくなって悲しいと書きましたが、ハロプロ関連ラジオ番組の方は新番組が多く充実しているようです。アイドルラジオと言えば、幼少の頃日曜日の朝にベストテン番組聴く流れでキャンディーズの番組を聴いていたことを思い出します。その頃は、吉田照美さんが文化放送の新人アナウンサーでキャンディーズにやたらイジメられていたことを覚えています。なので、今でもテレビで吉田照美さんをテレビで見ると「あっ、昔キャンディーズにイジメられてた人だ」と思っています。また、ちょっと昔はなぜか日曜日の夜にアイドルラジオ番組が集中していた時期がありました。南野陽子「ナンのこれしき」とか菊池桃子「あなたと星の上で」とかよく聴いてました。前置きが長くなりましたが、ハロプロ関連ラジオ番組をいくつか紹介します。まずはこの番組から

・道重さゆみの今夜もうさちゃんピース
 (CBCラジオ 毎週水曜日23:30~0:00)

1時間番組から30分番組に短縮してしまいましたが、前回の放送で127回目を迎えたハロプロ関連では長寿番組です。さゆみんは自然に話が面白いコなので、時々大笑いしながらラジオ聴いています。前回は時間短縮した1回目なので、いつも以上にしゃべりまくっていた印象がありました。さゆみんというと、自分のことをかわいいといってばっかりいて自分中心のキャラなのかなと思っていたのですが、ラジオ聴いていて印象がまったくかわりましたね。ファン想いのいいコだなと思うようになりました。また、テレビでは先輩の石川梨華ちゃんをナメきっていた印象があったのですが、実際はいつも怒られてビビッていたっていうのが意外でした。そうしたアイドルの素の部分がわかるのがアイドルラジオのよいところだと思います。この番組ではメッセージが読まれた人の中から2~3名にクリアファイルが当たります。メッセージの応募フォームもありますので、どんどんメッセージを出しましょう。

・FIVE STARS (新垣里沙,亀井絵里)
 (InterFM 毎週月曜日19:00~19:30)

半年前まで、FM FUJIで放送されていたGAKI・KAMEがInterFMで復活しました。FIVE STARSは水曜日に田中れいなちゃんも放送していて、こちらはわりとFM放送らしい落ち着いた番組なものの、GAKI・KAMEの2人は前の番組そのままの雰囲気で賑やかで楽しい番組になっています。新垣里沙ちゃんひとりだと真面目すぎてつまんなそうだし、亀井絵里ちゃんひとりだとテキトーになって超グダグダで収拾つかなくなりそうなので、このふたりのコンビは合っていると思います。InterFMでは応募フォームはなくメールでの受付となります。メールアドレスはfive-nk@interfm.jpなのでどんどんメール送りましょう。

・MANO-DELI
 (FM FUJI 毎週日曜日16:30~17:00)

そしてそして、真野ちゃんのラジオ番組も始まりました、こちらは真野ちゃんと音声を変えた男性(番組のペットDELLくんという設定らしいけど、そういえばDELLくんってどんな生き物なのか言っていなかったような・・・)の2人で進行する番組となっています。初めてのラジオ番組なので、ツッこんでくれる相手がいた方が面白くなりそうですね。第1回目の放送では自己紹介的な内容が中心でしたが、何気に真野ちゃんが「ソースをかけるものといえば?」の質問に「目玉焼き」と答えていたのが嬉しかったです。僕も「目玉焼き」といえばソース派なものの、他の家族みんな塩派でソース派は少数派と思っていたので、真野ちゃんがソース派なのは嬉しかったです。こちらも番組もメッセージの応募フォームもありますので、どんどんメッセージを出しましょう。でもこの番組の終わりの挨拶の後に真野ちゃんが「ちょっと緊張したけど、すごい楽しかった。メッセージいっぱいくるといいなあ(*^ー^*)」って呟いたのはすごく可愛かったです。ガンガンメッセージだそうと思いましたね。

・嗣永桃子のぷりぷりプリンセス
(文化放送 毎週火曜日 23:35頃~約15分間)

「嗣永桃子がお送りする正統派アイドル番組★他のアイドルにはできないぷりぷりなお姫様トークであなたを「クラッ☆ミ」とさせちゃいます♪」ということで、お姫さまアイドル全開の番組です。嗣永桃子ちゃんはお姫様キャラながら、すごくファンへの気配りもきくコなのでそんなところが垣間見えるような番組になればいいなと思っています。来週は柳原可奈子さんがゲストとのことですが、果たして桃子姫はゲストを立てたトークができるのか・・・かつて「道重さゆみの今夜もうさちゃんピース」にゲストで出たときはさゆみんを相当手こずらせたので、ちょっと心配だったりしますが、注目したいです。この番組は応募フォームはなくメールでの受付となります。メールアドレスはmomo@joqr.netなのでどんどんメール送りましょう。

・Berryz工房 べりつぅ!
 (mp3ファイルで毎週金曜日配信)

こちらは文化放送系のインターネットラジオで、清水佐紀ちゃん、徳永千奈美ちゃん、須藤茉麻ちゃんの3人で送る約15分間の番組です。mp3ファイルでの配信なので、自分のPCに簡単に保存することができます。番組はBerryz工房メンバーの近況をニュース形式で伝える「BerryzNewsヘッドライン」のコーナーと、オススメしたいことを伝える「レコメン」のコーナーと、リスナーからマニアックなクイズを募集する。「BerryzマニアQ」のコーナーで構成される予定ですが、リスナーからのメッセージ次第ではどんどん変化する可能性があるとのこと。そして、そして、メッセージが10回読まれると直筆の「べりつぅ!認定書」が貰えるとのことです。この番組も応募フォームはなくメールでの受付となります。メールアドレスはberi@joqr.netなのでどんどんメール送りましょう。

と、いうことでアイドルラジオはアイドルとファンとのよいコミュニケーションパスになりますので、僕もコンサートや番組の感想や要望など積極的にメッセージを送ろうと思っています。

2009年4月 9日 (木)

2009年9月9日発売決定!!

先日、ビートルズのCDはリマスターされていないので音が悪いと書きましたが、ついに、2009年9月9日にビートルズのオリジナルアルバムがリマスターされて発売されることになりました。これはビッグニュースです。下記のリンク先に今回のリマスター盤についての、かなり詳細な情報が掲載されています。

・ビートルズリマスター盤発売のプレスリリースページ

上記のページによると、4年の歳月をかけて丁寧にリマスター作業を行ったようなので、音質もかなり期待できそうです。また、全作品をまとめたBOXセットも嬉しいことに、ステレオ盤とモノラル盤の2種類発売されます。これは、先日紹介した「ビートルズ・レコーディングセッション」を読むとわかるのですが、ビートルズはデビューアルバム「Please Please Me」から、「The Beatles(通称ホワイトアルバム)」までは、ステレオ用とモノラル用の2種類のマスターテープが作られていました。そのため、当時のステレオ盤とモノラル盤に収められた原音の雰囲気を最新の技術で忠実に再現したものが出来上がったとのことです。

これは、ステレオ、モノラル両方のBOXセット即買い決定ですね。今からお金を貯めておかねば・・・

※下記のリンクはただジャケット写真を掲載したいために貼っています。下記のリンクから跳ぶアマゾンのページは現行盤です。(念のため)

Abbey Road
Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band
レット・イット・ビー

2009年4月 8日 (水)

イチロー選手の胃潰瘍に思うこと

イチロー選手が「胃の潰瘍(かいよう)性出血」で故障者リスト入りしたニュースは多くの人が驚いたのではないかと思います。「胃の潰瘍(かいよう)性出血」って、よく会社の中間管理職の人がかかる「ストレスで胃に穴が開いた」状態と一緒ですよね。なので、このニュースを聞いて僕が改めて、思ったのは「ストレスによる体調の異変は決して心の強弱ではなく誰でもなりうるものだ。」ということです。僕の場合は過重労働によるストレスが脳に来てしまったために、治療に相当な時間を要するようになってしまいました。イチロー選手の場合は早ければ15日に復帰できそうということなので、軽症で本当によかったなと思います。

ところで、先日モーニング娘。の山口県のコンサートで倒れて救急車で運ばれた人がでたとの話を書きましたが、僕の友人の山口県在住の特派員からの報告によると、地元では特にニュース、新聞ネタにはならなかったとのことなので、こちらも大事に至らなくて本当によかったと思っています。

I Me Mine

先日「ビートルズ・レコーディング・セッション」のような良書が絶版になっていることを知って驚いたので、まだ絶版になっていないビートルズ関連の良書を紹介します。

今回紹介するのは、「ジョージ・ハリスン自伝―I・ME・MINE 」です。この本の日本語版は2002年12月に発売されたのですが、本屋に売られているものはちょっと汚れていたりコンディションに難があったりしていたので、なかなか買うタイミングを逃していて、今回真野ちゃんの写真集をネット通販で買うときに一緒に注文して買いました。きれいなコンディションのものが送られてきたので、クリアファイルを改造したブックカバーを作って(カッターで丁度いいサイズに切って、さらにカッターで折り目をつけただけなのですが、それだけでもいい感じのブックカバーになります。)丁寧に読んでます。

実はこの本のオリジナルが発売されたのは1980年で、そのときは職人が手作りで革張りのブックカバーを作った超豪華仕様で限定2000部でジョージハリスンのサイン付きということでちょっとした話題となりました。その本の実物写真が出版元の博物館ページ?で見ることができます。当時の値段ははっきりとは覚えていませんが、たしか2~3万円くらいの値段で発売されていたかと思います。当時子供だった僕にはとても手の出せない代物でした。

・I Me Mineのオリジナル版写真のページ

この本は第1部にジョージの回顧文が記載されていますが、圧巻は第2部で、ジョージが作曲した曲について、作曲した順番に手書きの創作メモとその日本語訳、さらに各曲の歌詞も英語・日本語で掲載されています。作曲した順番なので、例えば今では「ノットギルティー」がビートルズ時代に作られたことは有名ですが、当時から1968年に作曲した曲として掲載されています。また、他人に提供した「サワーミルクシー」やテレビでしか演奏していない未レコード化の「パイレートソング」の創作メモまで書かれています。

この手書きの創作メモはジョンレノンのアドバイスで書き始めたと、たしかオリジナルが出版されたころのビートルズファンクラブの会報で読んだ記憶があります。当時は学校の友達のビートルズファンからファンクラブの会報借りてよく読んでいた記憶があります。(子供のころの僕はなぜか女性アイドルにはあまりの興味ないロック少年でした・・・)この本の内容の一部も確か会報にちょっと載っていて、いつかは全編読んでみたいなとずっと思っていました。

ということで、ジョージ自身の創作メモが掲載されているのは1979年のアルバム「慈愛の輝き」までですが、それでもジョージの作品の大部分が掲載されているわけで、写真も満載なのでジョージハリスンの本としては決定版といってよいと思います。ビートルズファンならば、ぜひ絶版になる前に入手すべき本だと思います。

ジョージ・ハリスン自伝―I・ME・MINE

2009年4月 7日 (火)

悲しいこと、うれしいことetc

テレビ東京で放送されていた「よろセン!」が終了してしまって、とても悲しんでします。テレビ東京系の「ハロモニ」、「ベリキュー」、「よろセン!」を見ることでハロプロメンバーに親しみを感じて応援するようになったので、ハロプロのメンバーをテレビで見れないととても寂しいです。AKB48やアイドリングはレギュラーのテレビ番組持ってるのに、ハロプロアイドルのレギュラー番組がないのはとても納得いかないです。

ただ、悲しいこともあれば嬉しいこともあり、最強のグラビアアイドル(と僕がおもっている)小倉遙ちゃんの出演するテレビ番組が始まりました。『おねだり!!マスカット』というテレビ東京で毎週月曜 26:00 - 26:30に放送する番組で、前からやっていた「お願いマスカット」と言う番組をパワーアップさせた番組のようです。この番組、出演者がすごくってびっくりしました。AVアイドルが蒼井そら.Rio,麻美ゆま,吉沢明歩,みひろ,小川あさ美,かすみりさ,佐山愛,西野翔,初音みのり,藤浦めぐ,恵けい,月見栞,美咲みゆ,桜木凛、グラビアアイドルが小倉遙ちゃんをはじめ、川村りか,安藤あいか,KONAN,戸田れい,山口愛実,小倉遥,永作あいり,桜井こずえ,ユリサ,川村えな と、ものすごい数の有名なメンバーが出演しています。これだけ有名どころが出演しているのに、いまどきハイビジョン収録ではないという不思議な番組ですが、とにかく、毎週テレビで小倉遙ちゃんが見れることが嬉しくてたまりません。ぜひ、少しでも多くカメラに写るように目立って頑張ってほしいです。

2009年4月 6日 (月)

新ユニット&Buono!新曲

今日、真野ちゃんの「乙女の祈り」限定盤CDを買うと応募できるイベント「ハロプロミーティング(5月23日大阪開催、5月24日東京開催)」の当選メールが来ました。限定盤CDを結局18枚かってそれを全部東京開催分に投入したので、当選しなきゃグレちゃいますよね。でも、このイベント一体どんな内容のイベントなのか、実はよくわかってないです。開催2週間前にハガキが送られてくるそうなので、それにより詳細がわかるかもしれません。

ところで、テレビ東京のアニメ「しゅごキャラ!!どき」のオープニング曲とエンディング曲が4月から変わって、オープニング曲(「『おまかせ♪ガーディアン』5月27日リリース予定)を新ユニット「ガーディアンズ4」が担当しています。

2009040601

メンバーは、中島早貴(℃‐ute),菅谷梨沙子(Berryz工房),光井愛佳(モーニング娘。),熊井友理奈(Berryz工房)となかなか強力なメンバーで、Buono!と同様にポニーキャニオンから楽曲はリリースされる予定ですでに専用サイトもオープンしています。

・ガーディアンズ4公式サイト

で、作曲者が「月島きらり」の曲作っている人なので、かわいいアニメソングなのかなと思ったものの、実際に聴いてみると確かにかわいい感じな曲なもののアレンジはロックっぽいテイストも感じられてちょっとかっこいいアレンジだなと思いました。どうゆうコンセプトのユニットなのか、まだ不明ですが、大好きな熊井友里奈ちゃんの参加しているユニットだし、ポニーキャニオンだからしっかりした楽曲作りをしてくれると思うので、注目したいと思います。

そして、エンディングがBuono!の新曲「MY BOY」でこれまたつんくさんの曲でまたもや大変心配させらたんですが、スピード感のあるハードロックでこれならライブでノれそうだなと一安心しています。ただ、キーボードのアレンジがダサく、特にオーケストラヒットを多用するなんて、今時つんく楽曲くらいでしがつかわないダサダサなサウンドです。しかし、楽曲をよく聴いてみると、ギター伴奏が中心でオーケストラヒットの音は必要最小限に抑えられているような気がします。どうもオーケストラヒットの音を入れたがるつんくさんにアレンジャーさんが抵抗して最小限に抑えたように思えるのですが、どうでしょうか・・・まだ、1分半程度のバージョンしか聴いてないところで、勝手なこと書いてますので、完全版はもっとかっこいいアレンジに仕上がっているかもしれません。それに期待したいです。

さらにBuono!の新曲のカップリング曲「ワープ!」がBS日テレの番組「ボウリング革命 P★LEAGUE」のエンディング曲で使われているそうです。初回放送が日曜日の17時30分からですが、再放送が今日の23時から放送されるので、今からスタンバッているところです。Buono!はいつもカップリング曲もいい曲なので、期待しています。

それから、昨日投函した嗣永桃子ちゃんへのファンレターには桃子ちゃんを激励して褒め称える文章とともに、以下のような内容を書いてみました。

また、2月のBuono!のコンサートも楽しかったので、ぜひ、またBuono!のコンサートもやってください。今度は桃子ちゃんのドラム演奏も聴きたいです。それから、Buono!は楽曲が素晴らしく、ejiさんを中心としたバックバンドもいいので、夏のロックフェステバルとかロックバンドが出演するお祭りに参加すれば、まだBuono!を知らないロックファンにもアピールできると思うのです。そうやって新たなファンを獲得すればBuono!単独での武道館公演も夢ではないと思います。ぜひ、Buono!のリーダとしてこうした活動をスタッフさんに進言してみてはいかがでしょうか?

僕は、Buono!はもっと人気出て欲しいと切に願っています。たとえ人気が出すぎて、コンサートのチケットが武道館の2階席しか取れない状態になっても、Buono!なら楽曲のよさおよび演奏の迫力があり充分楽しめるので全然OKです。

だって、「ロックの神様」を日本武道館で聴けたら滅茶苦茶感激すると思いませんか?

なので、新ユニット「ガーディアンズ4」もわかりやすいコンセプトで新規ファンの獲得に頑張って欲しいです。ハロプロも、せっかくルックスがよく実力もあるメンバーが揃っているんだから、大人のアイドルおたく(自分もそうですが・・・)に頼る商売じゃなくって、新規ファンの獲得に力をいれるべきです。そのためには、しばらく、℃‐ute,Berryz工房,モーニング娘。の活動を休止して、わかりやすいコンセプトのユニットの活動に力を入れるのもアリだと思うのですが・・・

【追記】「ワープ!」ちょっとだけですが、番組のエンディングで聴けました。Buono!らしい爽やかなロックでこっちの方が「MY BOY」よりいいかも・・・

2009年4月 5日 (日)

参戦レポート

2009040503

ということで、「Berryz工房コンサートツアー2009春 そのすべての愛に 八王子昼公演」に参戦してきました。当初の目的であった、夏焼雅ちゃん、清水佐紀ちゃん、嗣永桃子ちゃんへのファンレターも無事各自のメッセージボックスへ投函してきました。今回の席は10列目のやや左よりだったのですが、同じ列のちょっと中央寄りの席の人から「友人と連番にしたいので、席を替わって欲しい」と頼まれたので、僕としてはちょっとでも中央寄りの席の方が嬉しいので快くその申し出に応じました。僕としてはラッキーでした。八王子市民会館の客席は下の図のような構造になっています。

2009040505

1~9列目まではフラットになっていて、10列目から段差が付きます。また10列目の前には通路と仕切り板があり、座席と仕切り板までスペースがけっこう余裕がありました。また段差があることとステージの高さが充分あるため、1~9列目の人が激しくジャンプ(モーニング娘。の観客よりも若干平均年齢が低いので、ジャンプする人の跳躍力がすごかったです。)しても視界をさえぎられることなく快適にステージが見れました。もう、どんどん跳んじゃってくださいって感じでした。また、今回はメンバーの表情がよく見えて、改めてBerryz工房のメンバーは超美少女集団だなと感じました。みんなかわいいので、今回は清水佐紀ちゃんだけ特別目立つことはなかったですね。で、セットリストは前回と同じでしたが、今回もベリコレDVD-BOXの表の形式でまとめてみました。

2009040502_4

以下、雑感です。

HAPPY!Stand Upでは「Check it out Check it out yo Yeah!」の歌詞に合わせて指差しポーズをする振り付けがあるんだけど、今回はエネルギーパックみたいのを背負って、銃をもってのパフォーマンスとなり、メンバーが動き回ってあらゆる方向に向けて指差しするんだけど、僕はずっと、佐紀ちゃんの動く方向を追いかけて指差ししてて・・・、段差のある一番前で黄色の佐紀ちゃんTシャツを着ていたから気づいてくれるかなと思ったんだけど、全然僕の方向は指してくれなくって、と思ったら曲の最後で僕の真正面に立って僕の方向にやってくれました。あれは僕に向けてやってくれたと信じたいです。(同じラインの席の人はみんなそう思っただろうけど・・・)

・MCで佐紀ちゃんが桃子ちゃんのことを「嗣氏」って呼んだら桃子ちゃんが、「嗣氏じゃないももち、嗣氏はヤダ」と言ったところ、方々の観客が面白がって「嗣氏」って叫んで桃子ちゃんが不満そうな顔して面白かったです。僕も一緒になって「嗣氏」って叫んじゃって楽しかった・・・

・菅谷梨沙子ちゃんの曲の歌詞に合わせた顔芸が冴えるソロ曲「さぼり」では間奏のところで、梨沙子ちゃんが「ケン・ケン・パッ」の動作をやるんだけど、その動作にあわせて一部の観客が「ケン・ケン・パッ」って叫んだら梨沙子ちゃんがすごい嬉しそうな顔してたので、次回は僕も叫ぼうと思います。また、曲の後半でステージ上の段差を降りるときに梨沙子ちゃんがコケそうになってちょっと危なかったです。なので、最後は本人苦笑いで、顔芸がいまひとつになってしまいました。

・前に僕があまり好きじゃないと書いた「男の子」は曲がヘビメタだからすごい盛り上がるのかなと思ったところ、どうも客の反応がイマイチです。この曲のサビは典型的なヘビメタのリズムなので、僕はメタリカも見に行ったことのある元ロック少年なので、サビでは自然に拳振り上げリズムに合わせてヘッドバンギングしてしまうのですが、他の観客の様子を見ているとどうノッたらよいか「攻めあぐねている」印象を受けました。つんくさん、やっぱりBerryz工房のファンにはヘビメタ受けないみたいだよ。

・前回は天井が低くて出来なかった、「友情 純情 oh 青春」でのタオル投げが今回初めてうまく出来ました。とても気持ちよかったです。

「CLAP!」では今回も新宿厚生年金会館のときみたいにメンバーが両サイドの花道まで寄ってきて、歌ってました。たぶん今後も花道のある会場では恒例になると思います。ステージが見ずらい端席の人にとっては最高のプレゼントですよね。

・やっぱり最後を「そのすべての愛に」で締めるのはなんだか物足りないと今回も思いました。ここは嗣永桃子ちゃんに「このまま終わっちゃもったいない」とBuono!の時みたく言ってもらって、ノリのいい曲で締めて欲しいところですが、新曲がセットインしたらちょっと変わるかもしれないので、それに期待です。

といった感じで、全体的に前回よりも席も自分の体調もよかったのですごく楽しむことができました。次は5月ですが、また思いっきり楽しみたいと思います。最後に、ここ数日はいろんなブログで桜の写真が掲載されていたので、僕も途中で撮った桜の写真を掲載しておきます。今日は暖かくて絶好の花見日和でしたね。

2009040504

八王子

今日はBerryz工房を見に八王子市民会館へ行きます。夏焼雅ちゃんと清水佐紀ちゃんへの応援メッセージは既に書き終わりました。せっかくなので、嗣永桃子ちゃんにも「Buono!のリーダ頑張ってください」といった趣旨の応援メッセージを書きました。

僕にとって八王子市民会館はとても思い出深い会場です。僕が学生のころに初めて自力でチケット買って見に行ったコンサートが八王子市民会館での浜田省吾さんのコンサートでした。浜田省吾さんは八王子での思い出の話とか、思った以上に笑えるトークを沢山してくれて、また曲も沢山やって2時間以上にわたってたっぷり楽しめたことを覚えています。また、モーニング娘の昨年秋のコンサートツアーのチケットで初めて最前列(1列目は閉鎖されるので、実際は2列目の席)の席が送られてきたのも八王子市民会館でした。そのときは亀井絵里ちゃんと道重さゆみちゃんをしっかり見たいと思いつつも、僕の目の前には久住小春ちゃんと光井愛佳ちゃんがくることが多くて、せっかく目の前に来てくれてるのに亀井絵里ちゃんの方向みるのは失礼だよなと思いつつ、小春ちゃん、愛佳ちゃんにしっかり反応するようにしていたことを覚えています。最前列なのに贅沢すぎる悩みですね。

また、先日、今回のコンサートツアーの亀井絵里ちゃんの仕草に「ドキドキしすぎて死んじゃうかも」と書いたんだけど、昨日の山口でのモーニング娘。のコンサートで亀井絵里ちゃんの応援Tシャツ(オレンジ色)を着たファンがコンサート中に本当に倒れたそうです。僕も今は体調万全ではないので、給水用の水と汗拭きタオルはしっかり用意して、ヤバイと思ったら、動きを少し自重するなどして、決して倒れることないように注意したいと思います。

今日は先日の新宿厚生年金会館でのコンサートのとき買った清水佐紀ちゃんTシャツ着て応援する予定です。だけど、今回のTシャツのデザインは下のような乙女チックな似顔絵Tシャツで、さすがにコンサート会場以外で着るには勇気のいるデザインとなっています・・・

2009040501

2009年4月 4日 (土)

何もない1日

先週土日連続で撮影会にいって、ハジけまくった疲れから、今週は風邪気味の体調で仕事してました。今日は2週間に1度の通院に通った以外は何もしない1日を過ごしました。おかげで、だいぶ調子よくなってきました。やはり僕の今の体調では定期的に何もしない日を設定した方がよさそうだなと感じました。

ということで、DVD見たり音楽聴いたり本読んだりして過ごしたのですが、先日紹介したDVD「マノグアム」をオーディオコメンタリー付きで見ていたら真野ちゃんが、写真撮影にちょっと参考になりそうなことしゃべってました。17分40秒すぎくらいの場面でしゃべってたことなんだけど、要約すると、

写真を撮ってもらうときに気をつけていることは目線です。カメラのレンズの向こうに人がいることを想像して、その人に笑ったり、見つめたりとかしますね。「レンズの奥を見るといいよ」ってアドバイスをいただいたことがあるので、それに気をつけてます。

そう言われてみるとハロプロで売られている真野ちゃんの写真は、目線がしっかりしていて、また、いい感じの典型的なアイドルポーズが多いので、僕の製作中の「ポージング・ネタ帳」には真野ちゃんの写真を貼り付けたりしています。また、「レンズの奥を見るといいよ」ってアドバイスはいずれどこかで使えそうな気がしたりしています。

2009年4月 3日 (金)

伊藤えみさんWANGAN撮影会

今日は職場の打ち合わせに参加してちょっと居残ってしまったため、家に帰ったら日本ハム対楽天戦が5回表まで進んでしまっていました。岩隈投手は疲れが残っていたということで6回まで投げたところで交代してしまいましたが、それでも沢山のプロらしいファインプレーが見れて、テレビ観戦していて楽しかったです。

ということで、ちょっと遅くなりましたが、DVDイベントのトークで野球観戦の楽しさを思い出させてくれた伊藤えみさんの撮影会の写真を掲載します。WANGAN撮影会では本格的なストロボとカメラをシンクロさせて撮影しましたが、そのストロボの詳細はマル秘だとのことです。で、その威力は・・・

2009040301

と、こんな感じです。伊藤えみさんが綺麗なのは当たり前としても、本格的な写真って感じがしませんか?

2009040302

上は第3部の前半の写真で、椅子に座っての撮影でした。

2009040303

振り返りの写真も素敵ですね。

下は第4部の後半の写真です。典型的なアイドルっぽいポーズをお願いした写真です。

2009040304

2009040305

撮影に使用したカメラはCanon EOS 40Dでレンズはシグマ18-50mm F2.8 EX DC MACROです。設定はマニュアルモードでシャッター速度が1/125、絞り数値が5.6、ISO感度が100、ホワイトバランスはホワイトバランスフィルターで写した写真でマニュアル設定しました。今回はファインモードのJPEGで撮りましたが、連写スピードを気にする必要がないので、今度WANGAN撮影会に行くときにはRAWでの撮影にチャレンジしてみようと思います。
今回はブログ用にサイズを小さくして解像度を落した写真を掲載していますが、それでも本格的なストロボ撮影の雰囲気と伊藤えみさんの美しさは十分伝わるんじゃないかなと思います。と、いった感じでとても楽しい撮影会でした。また、ぜひWANGAN撮影会に参加してみたいなと思いました。

※掲載画像の肖像権はモデルさん及び所属事務所にあります。

日本プロ野球開幕

おはようございます。今週もようやく金曜日となりました。今週は先週末ハジけすぎた疲れがでたのかずっと風邪気味で鼻水が出たりセキが止まらなかったり大変でしたが、今日は比較的体調よく無事に勤務を終えることができそうです。

で、今日から日本プロ野球が開幕します。WBCのおかげて久々に個人的にも盛り上がった気持ちで開幕戦を向かえられそうです。僕の注目は日本ハム対楽天(というかダルビッシュ対岩隈)なんですが、生中継するのはケーブルまたはスカパーのチャンネル「GAORA」だけみたいです。ハイビジョンで見れないのは残念なものの、久々にプロ野球の生中継を楽しもうと思っています。

2009年4月 2日 (木)

緊急参戦決定

昔のプロレスの宣伝のようなタイトルですが・・・4月5日の「Berryz工房09春ツアー~そのすべての愛に~」八王子市民会館昼公演のチケットをオークションで入手して参戦することにしました。参戦しようと思ったきっかけは、パシフィックヘブンでの「FC限定 Berryz工房メンバーソロイベント」で当選した夏焼雅ちゃんと、清水佐紀ちゃんに激励とリクエストを書いたファンレターを出そうと思ったものの、郵送だと本人に届くまで時間がかかりそうだし、そもそも本人に届くものなのか不安だったので、それならコンサート会場に設置してあるメンバー別のファンレター投函箱に入れる方が早いし確実と思いオークションの状況を見ると八王子公演は供給過剰で価格が大暴落している状況だったので、参戦することを決めました。で、最初は後方列の激安席でいいやと思っていたものの、多数の出品を見ているうちに欲が出て、結局10列目のやや中央寄りの席を8千円台の価格で落札しました。10列目であればステージ全体もメンバーの表情も見れるので、これでこの価格ならば僕としてはかなりのお得感があります。

それにしても、2階席や後方席は買い手がつかないほどの供給過剰な状況を見ていると、なぜ僕はファンクラブ先行予約では八王子も含めて首都圏公演のほとんどを落選したんだろうと不思議な気持ちになります。前回は新宿厚生年金会館の後方席で熱がこもり暑くってさらに花粉症でくしゃみを懸命にこらえながらの参戦だったので、今回はそのときよりも快適に楽しめそうです。

また、ファンレターで書こうと思っていることは、夏焼雅ちゃんには「ソロイベントで消失点を歌ってほしい」という趣旨の内容を書こうと思っています。実はもう選曲が決まっていて間に合わないかもしれないけど、もし同じように消失点を歌って欲しい人がいましたらぜひコンサート会場の雅ちゃんのレターボックスにリクエストの投函をお願いします。清水佐紀ちゃんには「MADAYADEとか最近の曲のソロパートで歌っているような、太くて迫力ある声で何か1曲歌ってほしい」という趣旨の内容を書こうと思っています。こちらは、僕が最近の佐紀ちゃんの太くて迫力ある歌い方が好きだという個人的な趣味なのであまり賛同は得られないかもとも思いますが、せっかくの機会なので要望を伝えたいと思っています。

2009040201_2 

The Beatlesの流出ネタ

ちょっと出遅れた感もありますが、The BeatlesのRevolution 1のtake20が今年の2月頃からインターネット上に流出しています。今ならググればすぐ音源ファイルが発見できます。僕も今日wavファイルをダウンロードして聞いたのですが、すごく驚いています。音もすごくいいです。

The Beatlesのすべてのレコーディングの記録を詳細に記載したマーク・ルーイソンによる名著『ビートルズ・レコーディング・セッション』によるとRevolution 1は1968年5月30日に約10分におよぶtake18でレコーディングが完了し、それに様々なSEを6月4日に追加したのが、take20とのこと。それにさらにブラスセクションとジョージハリスンのリードギターを6月10日にダビングし、後半部分をカットしたtake22が「The Beatles」に収録された正規テイクとのことです。

と、いうことで今回流出した音源では正規版でカットされた後半部分がふんだんに聞けるのがポイントとなります。ジョンレノンがひたすら「alright」と叫びまくり、この部分がRevolution9の原型となっているのがはっきりとわかります。また、前述の本に記載されているポールマッカートニーとジョージハリスンが「Mama、Dada、Mama、Dada」としつこく繰り返すSEもしっかり聞こえます。そして最後にはRevolution9でも登場するオノヨーコが「You bcome naked」としゃべっている部分も登場します。このところ出尽くした感のあるビートルズ音源ですが、久々に強力な新音源が登場しました。

ところで、ビートルズのオリジナルアルバムのCDは音が悪いことが定説となっています。CDが出た当初の技術で製作されたものから、一度もリマスタリング盤が発売されていないので、今のCDと比べるととてもしょぼい音になってしまうのです。もう何年もリマスタリングされた高音質盤が出るという話はあるものの、一体いつになったら発売されるんでしょうね。なので、一応Revolution1が収録されている「The Beatles」のアマゾンへのリンクを貼っておきますが、現行盤CDはオススメできません。なお、『ビートルズ・レコーディング・セッション』の方はビートルズファンならば必携の本なので、まだ読んだことのないビートルズファンの方は即購入をオススメします。と、思ったら絶版でプレミアがついてるようですね。一般の古本屋とか古い本が置いてある大型書店とかでぜひ探してみてください。

ビートルズレコーディングセッション
ザ・ビートルズ

2009年4月 1日 (水)

ベリコレ 娘。春コン ソロ度比較

先日紹介した「ベリコレ DVD-BOX」のパッケージではどの曲にどのメンバーが参加したかわかりやすい表が付いています。

2009033004

これを真似て、「モーニング娘。コンサートツアー2009 春 ~ プラチナ 9 DISCO ~」の表を作って見ました。

2009040101_2

と、いった感じで今回はソロの度合いがとても高いことがわかります。ちなみにベリコレでは、それぞれのメンバーのソロDVDの収録時間は

清水佐紀 87分
嗣永桃子 82分
徳永千奈美 76分
須藤茉麻 77分
夏焼雅 82分
熊井友理奈 81分
菅谷梨沙子 83分

となってました。もし、今回のモーニング娘。の春ツアーのソロDVDが出るとすると、かなり収録時間は短くなりそうですね。

ハロプロ2009冬ライブ

3月下旬はハロプロ関連のリリースラッシュで、「Hello!Project 2009 Winter ワンダフルハーツ公演~革命元年~」と「エルダークラブ公演~Thank you for your LOVE!~」の2公演を完全収録したDVDも3月25日に発売されました。2公演収められているので、両方見たい人にとっては、割安になるものの片方だけでよいと思う人には割高になります。僕は後者なのですが、そこはアマゾンさんが27%引きの4250円で売ってくれているので、本当は1枚だけでいいのにと思っている人にとっても納得の価格だと思います。(たまにはアマゾンをヨイショしておきます)

で、この商品だけでもボリュームたっぷりなのに、他にも真野ちゃんのDVDとかモーニング娘のCDとか大量リリースされているので、僕はまだ現行ハロプロメンバー中心の「ワンダフルハーツ公演」しかじっくり見れていなくて、モーニング娘OGが中心のエルダークラブ公演~Thank you for your LOVE!~」はまだあまり見れていません。ハロプロの夏と冬の公演って各グループが数曲しか歌わないダイジェスト版といったイメージがあって、見に行こうと思ったことはありませんでした。また、丁度「ワンダフルハーツ公演」の時期はまだ僕は休職中で、自分の体調を確かめるために極力毎日散歩していて、その散歩コースの途中に中野サンプラザがありました。で、ある日の散歩中にそれっぽい人の集団がぞろぞろ歩いている光景に出くわして、「そうだ、今日はワンダフルハーツ公演の日だったんだ」と気づいて、外にあるグッズ売り場で真野ちゃんとBerryz工房のうちわだけ買って帰ったことを思い出しました。

で、肝心のDVDの内容なんですが、今回は「ワンダフルハーツ公演」を見に行けばよかったなと思ったほど内容が充実してると思いました。個人的な見所のひとつは、前半の℃-ute、Berryz工房、モーニング娘。が2曲づつ歌うところで、それぞれ2曲目は他グループのメンバーが加わって歌うところなんだけど、℃-uteは矢島舞美ちゃん、鈴木愛理ちゃんの2トップが抜けて、田中れいなちゃんと光井愛佳ちゃんが加わって「めぐる恋の季節」を歌うんだけど、やっぱり2トップが抜けちゃうとなんだか物足りないなと思います。が、Berryz工房ではBuono!の嗣永桃子ちゃんと夏焼雅ちゃんが抜けて亀井絵里ちゃんと道重さゆみちゃんが加わって「恋の呪縛」を歌うんだけど、この組み合わせは個人的に気に入りました。Buono!の2人はBuono!に集中してもらって、このメンバーでユニット組んでくれればいいのにと思うんだけど、昔からのBerryz工房ファンは納得しないだろうなあ・・・

で、さらにモーニング娘では田中れいなちゃんと高橋愛ちゃんが抜けて菅谷梨沙子ちゃんと矢島舞美ちゃんが加わって「みかん」を歌うんだけど、このメンバーでモーニング娘。名乗っても違和感ないくらい2人とも堂々としてよかったです。特に、矢島舞美ちゃんはダンスも堂々としていて貫禄すら感じます。ということで公演のタイトルにある「革命元年」は意味深で、今のハロプロメンバーは実力が拮抗していて、今年は誰が一歩抜け出すかわからないことを意味しているのかなと思ってしまいました。今年中にグループの再編成もあるんじゃないかとちょっと思っていたりもします。

他にも見所として、真野ちゃんが弾き語りで歌う「ラララソソソ」、また他の曲で真野ちゃんのダンスが見れるのも今では貴重です。また、Buono!は「ロッタラロッタラ」1曲だけなもののフルコーラス歌っていて、以前のようにショートバージョンにして無理やり2曲やるよりは潔いと思います。さらにMCでは真野ちゃんと亀井絵里ちゃんと道重さゆみちゃんといった僕の好きな3人のコーナーがあるのが嬉しいかったりします。亀井絵里ちゃんは例によって寒いギャグで場を微妙な空気にしてしまうんでけど「ここに賭けてるんです」と言って、いくら寒いといわれても果敢にお笑いに挑戦する亀井絵里ちゃんが大好きです。

といった感じでとても見所の多いDVDなので買って損はないと思います。また、「Hello!Project Winter 2009 コンプリートLIVE写真集(エルダークラブ卒業スペシャル)」なんて本も出ているので、これを見ながらDVD見ると楽しさが倍増するのではと思います。って、今日は完全ハロプロ宣伝モードになってしまいましたね。ハロプロの公式サイトも今日リニューアルしたようですし、ぜひ頑張ってもらいたいものです。

Hello!Project 2009 Winter ワンダフルハーツ公演~革命元年~/エルダークラブ公演~Thank you for your LOVE!~ [DVD]
Hello!Project Winter 2009 コンプリートLIVE写真集「エルダークラブ卒業スペシャル」(B.L.T.特別編集) (TOKYO NEWS MOOK) (TOKYO NEWS MOOK)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

オススメ商品

twitter

無料ブログはココログ