« Berryz工房ファンの集い2009 その3 | トップページ | 『青春バスガイド/ライバル』ラッピングバス映像 »

2009年6月 3日 (水)

Berryz工房来店トークショーイベント

今日、Berryz工房のハロプロオフィシャルショップ来店トークショーイベントの第1弾となる、渋谷店での「夏焼雅ちゃん、熊井友理奈ちゃん」イベントの2回目の回に参加してきました。

2009060301

イベントは事前にA4判サイズで2000円のメンバーソロ写真を予約すると、以下のようなイベント参加券が渡され、その抽選番号で当選した人が参加できる形式でした。

2009060302

抽選番号の下3桁は特定されてしまうので、隠しましたが、上から1桁目が発券した店舗(8は渋谷店のようです)を表し、2桁目がイベントの区分を表し、3桁目が1回目か2回目かの区分を表し、下3桁が発券番号のようでした。なので、ホームページに掲載されている当選番号を見れば、店舗毎の発券枚数がおよそ想像つくのかなと思います。

で、開場15分くらい前に、現地に着くと、店舗のシャッターは下りていて、参加者は地下1階から2階に下りるところで、待機させられていました。場所は渋谷109-2でおしゃれな店が多い場所なので、待機している客がたむろっている感じを出させないように、スタッフさんは細心の注意をはらって、待機客の整理していて、極力階段の隅に1列になるようにしていました。たしかに、この場所にアイドルオタクがたむろっているのは印象悪く感じました。それでも、お構いなしにたむろって大声でしゃべっている人も結構いて、一緒に並んでいてちょっと恥ずかしかったです。そして、すぐ整理番号順に整列が始まり、開場時刻の19時30分には10人単位での入場が始まりました。

会場は、渋谷店の横長のカウンターを前にして、床に緑のテープが張られていて、そこに自分の入場番号が書かれている位置に立つ形になっていました。僕は入場番号が20番台だったので、3列目のやや右よりの場所でした。カウンターがかなり横長だったので、先頭でも一番両脇の場所に位置された人はかなり見にくかったんじゃないかなと思います。また、立ってでの参加だったので、後方列で背の低い人はちょっと見にくかったんじゃないかなとも思います。それから、カウンター中央に、来店イベントを示す看板が小さく飾られているだけで、特に変わった装飾はなかったです。また、入場時に「青春バスガイド/ライバル」のCD持っている人には、抽選番号が書かれた紙が配られました。

開演時間の19時45分になると、店の若いスタッフさんにより諸注意の説明があり、その後、雅ちゃんと熊井ちゃんが、プッチミュージアムから、バスガイド姿で黄色の旗を持って登場し、カウンタ内で、雅ちゃんが左側で熊井ちゃんが右側に位置して、台座に乗ってイベントが開始しました。また、どーでもいい情報ですが、2人のマイクはREXER MA-30(4チャンネルミキサー+最大60Wアンプ+スピーカー、一体型のアンサンブルアンプ)に接続されてイベントが行われました。(たまたま僕の目の前にアンプ+スピーカーが置かれていたため、機種名を覚えてしまいました。)

そして、「みなさん、こんばんわー、今日初めてコーヒーゼリーを食べた夏焼雅でーす。」、「みなさん、こんばんわー、バスガイドの衣装似合ってますか?この衣装でメイク直しとかしていると、本当にOLさんになった気分なんですけど、熊井友理奈でーす。よろしくおねがいしまーす。」と挨拶がありました。雅ちゃんはコーヒーゼリーが苦くって一口でやめてしまったそうです。熊井ちゃんも食べれたけど、残したとのこと。で、今回は20枚目のシングル発売でBerryz工房祭りと題したさまざまイベントがあるということで、プッチミュージアムが現在Berryz工房で埋め尽くされていて、今までの様々な衣装や、「ライバル」のPVで使ったダンボールの楽器が飾られているとの説明がありました。そして、熊井ちゃんが、「みやは、今までのシングルの衣装で何が着たい?」と聞くと、「私は「ピリリといこう」と「ファイティングポーズはダデじゃない」が着たいです。でも、今の私たちが昔の衣装(サイズが合うように作り直して)着てPV取り直すのをやってみたくない?」と言って熊井ちゃんも「それいいねー」と同意して、観客も沸きました。それから熊井ちゃんは「私も「あなたなしでは生きてゆけない」の衣装着たいです。もちろん作り直して」と言って雅ちゃんも「あの衣装かっこいいよね」と言ってました。

次に新曲の話となり、熊井ちゃんが「ここでみなさんに嬉しいお知らせがあります。新曲がオリコンデイリーチャートで2位になりました」と嬉しそうに紹介してました。「ウィークリーチャート初の1位目指してがんばります」と気合が入っていました。で、雅ちゃんが、「青春バスガイドはかっこよくて勢いのある曲で、振り付けもこぶしをガンガン振りかざす感じで・・・」と言うと、熊井ちゃんが「そう、壁があったらたたきたいって感じだよね」と言って観客の笑いを誘って、「熱い曲なので、みなさんもぜひ真似してくださいね」といってました。そして、「ライバルはかわいらいい曲で、乙女心がたくさん詰まっていて、振り付けもわかりやすくなっているので、真似してくださいね」って、熊井ちゃんが言ってました。そして、「青春バスガイド」のPVの話になり、大江アナが素敵でみんなで見とれてたとのことで、「ライバル」はセットが全部ダンボールで、絵本の中に自分たちが入ったようで面白かったとのこと。

そして、「青春バスガイド/ライバル」の宣伝バスの話になったのですが、このバスは6月14日まで走っていて、メンバーもちょくちょく乗っているとのこと、でもずっと乗っていると酔っちゃうとのことなので、常にメンバーが乗っているわけではないようです。でもバスから手を振っていると楽しいので酔っちゃてるのも忘れるとも話していました。バスが走っている場所は・・・勘で探してくださいとのことでした。

次に先週の「ファンの集い」の話になり、熊井ちゃんが、「このとき今回の新曲を初めて披露したのですが・・・」というとすかさず観客から「エーーー!」の声が上がりました。すると熊井ちゃんが「すみません、バスで頭ぶつけて、ちょっと言葉が抜けちゃいました。このとき初めてライバルの衣装で・・・」というと、観客も「おおー」と納得の声を出し、しばらく、ライバルの衣装はかわいいという話で盛り上がりました。

次に6月10日にアロハロ写真集&DVDが発売されるとの話になり、雅ちゃんは「言葉が通じないのにハワイのレジの人となかよくなれた」と話し、熊井ちゃんは「日本人にしては身長が高いので、現地の人に注目された」とのこと、で、スタッフさんからOKがでて、ハワイで撮影時の洋服にメンバーがラクガキしまくった話をしたのですが、それが飾られるのかはわからないとのことで、この洋服にラクガキしまくった話は、何に使われる話なのかちょっと謎でした。

次に今後の予定として、各種ラジオの公開生放送があることの告知(細かいので別途書きます。)があり、その後、2人のサイン入りポスター抽選会となりました。抽選方法は雅ちゃんと熊井ちゃんが順番に番号が書かれた紙を引いていく形で行われ、最初は10枚の予定だったので、「この盛り上がりが楽しい」とのことで、あと2枚追加となりました。僕は残念ながら当たりませんでした。その後、雅ちゃんと、熊井ちゃんが先頭になり、全員で記念写真を3枚撮り、イベント終了となり、雅ちゃんと、熊井ちゃんはプッチミュージアムへ消えていきました。

ここまでが、約30分弱で、トークは台本と首っぴきで、観客がチャチャ入れても対応できず一切スルーで、余裕のないかなり危なっかしいトークでしたが、ま近で見たバスガイド姿の雅ちゃんと熊井ちゃんはすごくかわいくて、ずっと見とれていました。なので、イベントの満足度はすごく高かったです。

そして、スタッフさんから案内があり、ポスター外れた人は先頭からひとりづつ退場していったのですが、このときに、ふたたびプッチミュージアムの入り口に雅ちゃんと熊井ちゃんが現れて、帰る客ひとりひとりに手を振ってくれました。僕のときにももちろん手を振ってくれましたが、時間にして1~2秒間の短い時間ながら、バスガイド姿の美しい雅ちゃん、熊井ちゃんの視線を独占することができたので、すごく嬉しかったです。

ということで、最後まで大満足のイベントだったのですが、明日は清水佐紀ちゃんと徳永千奈美ちゃんのイベントが原宿店であります。明日も入場番号が20番台の参加券が当選しているので、明日も同じようにかわいいバスガイド姿が見れるのかと思うととても楽しみです。

« Berryz工房ファンの集い2009 その3 | トップページ | 『青春バスガイド/ライバル』ラッピングバス映像 »

Berryz工房」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534581/45226113

この記事へのトラックバック一覧です: Berryz工房来店トークショーイベント:

« Berryz工房ファンの集い2009 その3 | トップページ | 『青春バスガイド/ライバル』ラッピングバス映像 »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

オススメ商品

twitter

無料ブログはココログ