« Fresh!撮影会 5月 | トップページ | Berryz工房来店トークショーイベント »

2009年6月 2日 (火)

Berryz工房ファンの集い2009 その3

今日はBerryz工房の最新シングルCDの発売前日で店頭に並ぶ日ということで、会社帰りに買ってきました。最近は大型チェーン店以外のCD屋さんが少なくなってきていますが、今回はゲンを担ぐために、イベント当選したBuono!、モーニング娘のシングルCDを買ったCD屋さんと同じ店で買って、同じように今日のうちにイベント申し込みを済ませようと思っています。今回の「青春バスガイド/ライバル」はBerryz工房のシングルCDの中で最も僕のお気に入りになったので、ぜひともCD発売記念イベントに当選したいものです。

それから明日は「熊井ちゃん、雅ちゃん」、明後日は「佐紀ちゃん、千奈美ちゃん」のトークイベントがあります。ここで、ぜひとも「Berryz工房ファンの集い2009」で感じてしまった疲労感、虚脱感のリベンジを果たしたいと思います。そのために、「Berryz工房ファンの集い2009」の、特にアフタートークショー(毎回内容が異なるハズなので・・・)のレポートを改めて、しっかり書いておこうと思いました。というのも、Berryz工房の「抱きしめて、抱きしめて」のイベントが不評で、落胆している人のネットでの記事では多くを語ってくれていないので、何が不評なのか僕にはよくわからず不思議でした。今回の「ファンの集い」も微妙に賛否分かれていたりするようなので、今回なんで僕が虚脱感を感じたかをしっかり記録しておこうと思ったからです。

なお、「ファンの集い1回目」に入った人のレポートをネットで検索していくつか拝見させていただいたのですが、2回目と微妙に曲順が違った?かもしれないです。ということは大阪は1週間開くので、ネットでネタバレするのは折込済みで新曲以外の曲を変えてくるかもしれないと思うのですがどうでしょうか?また、2回目の公演時間が短かったのは「黒ひげ危機一髪ゲーム」の時間の違いが大きかったようです。1回目はなかなか黒ひげが飛ばず盛り上がったらしいのですが、2回目は1順目で佐紀ちゃんが派手にくるくる回るダンスしてナイフ刺したらすぐ黒ひげが飛んでしまい、佐紀ちゃん本人はまさかここで飛ぶとは思ってなかったようでバツ悪そうにしてました。(それは、それでかわいい佐紀ちゃんが見れて面白かったです。)

で、問題のアフタートークショーです。寸劇が終わって一旦メンバーがはけた後に椅子が並べられて、挨拶のあとメンバー全員が着席して、最初は茉麻ちゃんが「まずは今日の感想から聞いていきたいんだけど、みなさん改めてどうでしたか?」と言うと真っ先に佐紀ちゃんが「恥ずかしかったです!」と答えました。茉麻ちゃんが「何がですか?」と聴くと佐紀ちゃんは「ナイフ刺すとこ・・・」と言って他のメンバーも「あー早かったもんね、あれはもう一巡くらいしたかったよね」ということで、上記のように派手に踊ってナイフ刺しで飛ばしたのがよっぽど恥ずかしかったようです。で、茉麻ちゃんが「他の人はどうですか?」と聴くと今度は千奈美ちゃんが、「私は1回目の腕相撲もあっち向いてホイで負けて、2回目もあっち向いてホイで負けて、Berryz仮面のくせにツイてないんだなって思いました」というと、茉麻ちゃんが「じゃあ腕相撲ずっと続けてたら勝ったと思う?」と聴くと千奈美ちゃんは「たぶん勝ってたと思う」と言って、他のメンバーから「何分かかるんだよ」と突っ込みが入ったものの、茉麻ちゃんは「じゃあ、次回はぜひ腕相撲で勝ってください」と言って「じゃあ次は、今回のライブと芝居で一番大変だったところは?」と聴くと今度は熊井ちゃんが、「今回の芝居では笑い所が多いものの、自分が笑っちゃいけない場面も多くて笑いをこらえるのが大変だった」とのこと、でもこの感想って前回のファンの集いのDVDでも同じこと言ってなかったっけ?で、桃子ちゃんが「そうそう、みやなんか肩がプルプル震えちゃってて・・・」というと、雅ちゃんが「今はそうでもなかったでしょー」というと「今はね、でもはじめの方はすごくプルプル震えてすごかった」といって場内の笑いを誘ってました。そういえば、前日のBuono!のゲームコーナーでも、答えに詰まりそうになった雅ちゃんに「あー、みやの手が冷たくなってきた。みや緊張すると手がすごく冷たくなるんだよね」っていってたのを思い出しました。桃子ちゃんは雅ちゃんイジリで笑いをとるのがうまいなあと思いました。で、茉麻ちゃんが、「今回の芝居で特にダメダメちゃんだった人はいましたか?」と聴くと、また桃子ちゃんが「梨沙子が「ご都合主義」のセリフを「ごちゅごうちゅぎ」と言ってた」というと、梨沙子ちゃんは「ちがうの、滑舌が悪いだけなの」とすごく恥ずかしそうに否定しててかわいかったです。そのあと、茉麻ちゃんが「そして今回は芝居のオープニングにかなり凝った映像を作ったのですが、今回はその中のNGシーンをお見せします。はっきり言ってマアも誰のかわかんないので、みなさんスクリーンに注目してください。」と、いうことで、このNG映像は毎回違うんですよね?今回は千奈美ちゃんが、同じところで、セリフが言えずに笑ってしまう部分が2テイク写されました。するとすかさず千奈美ちゃんが、「違う2回目はキャプテンの方が先に笑ってた」と言って、佐紀ちゃんは同意(大人の対応)してました。また千奈美ちゃんは「あの日はスタッフさんが笑わせるんで大変だった」と言って、茉麻ちゃんが「徳永さんも17歳になったんだから、人のせいにせずに笑うのを我慢するようにしましょう。ということろで、次はキャプテンに進行をお願いします。」と、うまくコーナーを締めました。茉麻ちゃんの司会っぷりは堂々としてよかったです。

で、佐紀ちゃんが「はい、私たちBerryz工房はみなさんの暖かい応援のおかげで6周年目を迎えることができたんですが、ちょっとここでみんなに聞きたいのは「どういうときにBerryz工房はいいグループだなあ」と思いますか?」と聴くと、茉麻ちゃんが「みんなでいるときの空気が家族みたいで落ち着くので、いいグループだなあと思います。」と答え、佐紀ちゃんが「他のメンバーはどうですか?」と聴くと雅ちゃんが、「小さいころから、一緒にいるからケンカとかもするじゃなですか、友達とかだと遠慮しちゃうけど、遠慮なしに言い合えるのがいいです」ってことで、つまんないことでケンカするってことを僕は初めて聴いて新鮮でした。やっぱり先輩後輩のあるモーニング娘。と違って、歳が近いから遠慮なくケンカできるんだろうなあと思いました。で、佐紀ちゃんは「私としてはみんながよきライバルで、でも、いざ7人で一緒に行動するとすごく団結力があっていいグループなんだなあって思うんですよ。で、チームワークのよさを今回実験しようと思うんですよ。」って、佐紀ちゃんのセリフはこれはモロ台本くさいですね。「で、今回Berryz工房のチームワークのよさを知っていただくために、今回は嗣永桃子さんのイメージをカタカナ4文字で表現してみましょう」、ということで、全員一緒にせーので答えると、他のメンバーは「ブリッコ」「ブリブリ」で統一している中、桃子ちゃんだけ「カワイイ」という、だれでも読める展開でしたが面白かったです。で、梨沙子ちゃんが、「だからー、カワイイって言っちゃダメなんだよ」と言って佐紀ちゃんが「ほら、一番年下に言われているよ」と言ってさらに笑いを誘います。で、佐紀ちゃんが「今回は6人は一致したものの、嗣永さんのせいで一致できなかったのですが・・・」というと、茉麻ちゃんの「でもブリッコはももにしかできないから、あれはあれでいいと思うよ」と優しいフォローが入りました。すると桃子ちゃんが、「じゃあ、みや、ブリッコしてみて!」というと、観客から「みたーい!」と歓声があがりました。桃子ちゃんが「ちょっと、これはなかなか見れないですよ!」と観客を煽り、雅ちゃんがブリッコせざるを得ない空気を作ってしまいました。これはさすがと思いました。で、雅ちゃんは「じゃあももが見本見せてくれたらやる」と言ったら、茉麻ちゃんが「ももは自然体のままやってくれればいいんだよ」といって、桃子ちゃんが「そっか」と言って雅ちゃんの側に近づきました。そして「じゃあ、くまいちょーも入れよう」というとさらに観客大喜び。で、桃子ちゃんがブリッコポーズを決めると、2人は観念してせーのでブリッコポーズを決め、観客大拍手。ここが今回のトークショーの最大の盛り上がりとなりました。で、佐紀ちゃんが「じゃあ、場が盛り上がったところで、次はみんなで合わせましょう。太陽のイメージを言ってみましょうで」一斉にいったところ、「ジリジリ」「ギラギラ」「ポカポカ」と合わなかったもののみんなそれっぽいイメージを言う中、桃子ちゃんだけ「ニコニコ」っと言って観客からエーと言われて、佐紀ちゃんからも「あのー、やる気ありますか?」言われてしまい。桃子ちゃんは「私真剣だったんだよ」と真顔で言って千奈美ちゃんがフォローに入るも・・・・

ここで、ここまで双眼鏡でガン見していた僕のブレーカが一気に落ちてしまい、「太陽」のイメージなんてどうでもいいじゃんと思ってしまい、このお題に合わた連想ゲームが激しくつまらなく感じてしまいました。そう思うともう双眼鏡を見る元気も失せて、一気に当日までの疲労が押し寄せて気分が悪くなってきました。開演前の場内アナウンスで「気分が悪くなったお客様は遠慮なくスタッフに申し出てください」と言っていたのを思い出して、もし連想ゲームがまだ続くようだったら途中退場しようと本気で思ってしまいました。

しかし、佐紀ちゃんが「なんだか収拾つかなくなってきたので、梨沙子に次の企画へ行ってもらいたいと思います。」ということで、当選者の名前入りのサイン入りポスター引換券の抽選となりましたが、1000名以上いる中で、当選者7名ということなので、当たるはずないと思ったので、はっきり言って僕自身はまったく盛り上がれませんでした。この後、佐紀ちゃんより「劇団ゲキハロ」の公演が9月に行われることの告知があり、締めの挨拶が軽くありイベント終了となりました。で、メンバー全員が、上手、下手、中央に集まって観客に手を振ってくれました。(春ツアーでもこんな感じで手を振って欲しかったなあ・・・)、で不思議だったのが、観客がみんな着席して手を振っていたことでした。僕としてはすでにヘロヘロで立ち上がって声援する元気がなかったのでありがたかったのですが、元気ありすぎるくらいのまわりの観客がおとなしく着席していたのが不思議でした。

ということで、トークショーは全体的には悪くなかったものの、僕にとっては、「終わりよければすべてよし」の真逆な状態となり、最後思いっきり疲労感と、脱力感を感じたわけでした。しかし、こうやって、トークショーを振り返ってみると、キーマンは桃子ちゃんだったなあと改めて思います。桃子ちゃんがいなかったらメリハリのない、つまらないトークショーになっていたのではという気さえします。それでも、メンバーの表情がま近でみれれば、恥ずかしがったり、困った表情を見ているだけでも面白いと思うのですが、席が遠いとつらいと思います。しかし、来週の大阪までは間があるので、今回の反省を生かして、さらに盛り上がるトークショーになるんじゃないかとも思います。

ということで、明日はブリッコポーズやらされた「熊井ちゃんと雅ちゃん」のトークショーなのですが、2人ともソロイベントでは歌は1曲だけで、トークを堂々とやったので、期待していいと思っています。せっかくなので、遠くてよく見えなかった2人のブリッコポーズを明日も見せてくれると嬉しいのですが・・・

« Fresh!撮影会 5月 | トップページ | Berryz工房来店トークショーイベント »

Berryz工房」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Berryz工房ファンの集い2009 その3:

« Fresh!撮影会 5月 | トップページ | Berryz工房来店トークショーイベント »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ商品

無料ブログはココログ