« おじぎでシェイプアップ その1 | トップページ | おじぎで、シェイプアップ その2 »

2009年6月14日 (日)

イナズマイレブン イベント

今日は自粛しようと思ったものの、一体どのくらいの人が集まるんだろうという好奇心から現場に行ってみました。アニメ「イナズマイレブン」イベントは実質的にはBerryz工房とT-Pistonz+KMCのCD販売イベントでした。なので、とても楽しくて、行って大正解でした。そして、今回のイベントはあらゆるタイプのファンのニーズに応えることができて、また、広場なので、まだBerryz工房に関心のない人にもアピールできる、よく練られたイベントだなと思いました。CD購入者に抽選で当たるイベント(選民イベントと呼ばれていたりする)よりも、よく出来ているなと思ったので、ハロプロは今後このテのイベントでCD売り上げ拡大を狙ってくるかもしれません。実際に来週の土曜日(6月20日)には今回とまったく同等のイベントを幕張メッセで、行うとのことです。これで、「青春バスガイド/ライバル」の累計売り上げ枚数はBerryz工房のCDシングルで最高数になることは確実になったんじゃないかと思います。

どういうイベントだったのか、以下に簡単にレポートします。

1.CD購入

今日は現地に6時半頃到着しました。この時点で以下の写真のように長蛇の列が出来てました。

2009061404

今回は、徹夜組も100人以上いたらしいです。それでCD発売予定時刻の10時ちょっと前に販売が始まりました。販売は窓口2個で行っていて、やや進みが遅かったものの、それでも10時20分頃には購入することができました。僕は通常盤を1枚買ったのですが、CD購入時に以下の券を渡されました。

2009061401 2009061402

今回のステージ設営は以下のようになってました。

2009061403
ちょっとわかりにくいですが、ステージ前に数列椅子席が用意されていて、ここが子供連れ用のファミリーエリアになっていて、一般の優先エリアは柵の中でオールスタンディングになっていて、番号順に好きな場所を確保できるようになっていました。

2009061405

そして、上のスクリーン写真のように優先エリアに入場できるのは整理番号600番までだったのですが、「東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ」って、ステージはあまり大きくないものの、そのまわりの広場は巨大なスペースなんですね。これなら、数千人規模で人が押し寄せても全然大丈夫ですね。人が集まりすぎるんじゃないかといった心配は杞憂でした。優先エリアの写真からわかるように、優先エリアの後方では背の低い人はまったく見えない可能性があるので、早々と優先エリアの入場をあきらめ、2階通路の柵部分の場所を早々と確保する人も多かったみたいです。

2.入場から開演まで

で、CD買ってから一旦家に戻って小休止して再度12時30分に現場に戻ると、CD販売場所はステージ前の以下の部分に移動していました。

2009061406

この時点でも写真にあるように、机に置かれている分以外にダンボール4箱分たっぷり用意されていました。また、この時点では行列はそんなに長くなかったです。なので、握手ループをしたい人は無理して朝からならばなくてもサクサク沢山CDが買えるような準備が予めされているようでした。そして、僕が優先エリアに入場できたのは12時50分くらいだったのですが、前になるべく背の高い人がいない場所を選んで、下手(左側)サブセンターの5列目あたりを確保できました。5列目といってもオールスタンディングの5列目なのでかなり、近いです。しかし、このあと、この狭いスペースで1時間以上も待つのはちょっと辛かったです。朝からCD買うまでの3時間半は予め想定していたから退屈しないで済むような準備をしていたのであまり辛く感じなかったのですが、オールスタンディングの狭いスペースでは出来ることが限られるので、かなり退屈でした。なお、ファミリーエリアは開演直前まで優先権が余っているようでした。なので、年季の入ったファンは無理やり子供をつれてくるというのも手だったかもしれません。また、僕が入場した時点で、Berryz工房の通常盤CDは売り切れてました。また、握手券の番号は1400番台になっていたのが見えました。

3.開演

開演時間になるとまず、イナズマイレブンの円堂くん、豪炎寺くんの着ぐるみと司会のお姉さんが登場しました。が、すぐにT-Pistonzを紹介し、2曲歌いました。で、このときのBerryz工房のファンのみなさんの声援が、おなじみのうりゃオイの声援から始まって、Bメロの部分で「うおー!」といってジャンプしたりとか、サビでは合唱、頭上手拍子、推しジャンプ、フワフワの掛け声とオタ芸やりたい放題で、よく知らない曲でも無理やり盛り上がって楽しんでしまおうとするベリオタさんたちのポジティブな行動に感激しました!おかげで、大笑いして、T-Pistonzのステージを退屈することなく楽しめました。司会のお姉さんもこの盛り上がりにビックリしていました。T-Pistonzも「みなさんにパワーを貰いました」と大感激していました。で、トークの後ラッパーのKMCが加わって「マジで感謝!」を歌いました。この曲の前にこの曲のPVにBerryz工房が出演していることの説明があり、またこの曲の振り付けを一緒にやって欲しいとのことで、こぶしに小指立てて手を振って・・・と説明すると、ベリオタさんたちは「おおー桃子だ!」と盛り上がって喜んで一緒に振りをやってました。

その後、Berryz工房が青春バスガイドの青い衣装(サンダーバード風の衣装)で登場し、「ジンギスカン」「ライバル」を歌いました。ステージに近い場所だったので、メンバーの表情、動きがすごくよく見えました。東京厚生年金会館での感動を早くも蘇らせることができました。特にライバルは振りも覚えやすいので、一緒に踊って楽しむことができました。その後、司会のお姉さんと着ぐるみと一緒にメンバーはイナズマイレブンのどのキャラクターが好きかのトークになりました。トークの中で、7月8日オンエアの放送で清水佐紀ちゃんと、須藤茉麻ちゃんがイナズマイレブンに声優として登場するとの情報もありました。そして、最後に「青春バスガイド」を歌ってステージ終了となりましたが、前述のように、6月20日に幕張メッセで同様のイベントやりますとの告知がありました。

4.握手会

握手会はステージ上で行われ、ファミリエリア席から始まり、2人の着ぐるみ、T-Pistonz+KMC、Berryz工房の順番で行われました。この時点では引き剥がし要員は配置されていませんでしたが、子供たちは元々Berryz工房のお姉さんに興味はないのか握手はサクサク進行しました。その後、着ぐるみが退場して、毎度おなじみの引き剥がし要員が配置され、ファミリーエリア以外の握手が始まりました。握手の順番はT-Pistonz+KMC、菅谷梨沙子ちゃん、熊井友理里ちゃん、夏焼雅ちゃん、須藤茉麻ちゃん、徳永千奈美ちゃん、嗣永桃子ちゃん、清水佐紀ちゃんの順番でした。(単純に年齢順でしたね。)握手は順番を強制されることなく、自主的に握手の入り口に握手券持って進んでいく形でした。途中汗を拭いたり、給水のために握手が何度か中断しましたが、その間に元気なメンバーは客席に手を振ってくれてました。今日一番元気だったのは千奈美ちゃんで、ジャンプしながら手を振ったりして上機嫌でした。熊井ちゃんは汗をスタッフさんに拭いてもらう回数が多かったです。青春バスガイドの衣装は通気性が悪く暑いらしいので、大変だったのかもしれません。僕はわりと早めに握手を済ませたのですが、今回初めて握手した菅谷梨沙子ちゃんはなんだかボーっとしていてお疲れ気味でした。熊井ちゃんも今回待望の初握手だったのですが、やっぱりちょっとお疲れ気味に見えました。やっぱり1000人以上と握手するのは大変だろうなと思って、「韓国公演頑張ってね」といったありきたりの挨拶でサクサク握手を済ませたのですが、最後の清水佐紀ちゃんには、今回のステージで、またさらに髪が伸びてフワフワした髪型がよくって印象に残ったので、「その長い髪形似合ってるね。」と言うと佐紀ちゃんは、嬉しそうに「ありがとうございます。」と反応してくれました。先日のトークイベントで佐紀ちゃんはまだ髪切るかどうか悩み中だったと書きましたが、今日の髪型を見て僕は「佐紀ちゃんは髪を伸ばそう」派になりました。

僕が握手終えた時点でCD販売場ではBerryz工房は完売したものの、T-Pistonz+KMCのCDはまだ若干CDが残っていた状態でした。なので、握手会中でも握手ループができる状態でした。しかし、15時40分ころにはCDはめでたく完売し、CD販売場付近にいたファンから拍手が起こりました。最終的な握手券番号は1800くらいまでいったようでした。そして、16時20分ころに握手会終了となり、メンバーは観客に手を振りながら退場していきました。

5.総括

ということで、今回のイベントは様々な利点があると思いました。

・頑張ればま近でBerryz工房のステージが見れる

徹夜は辛いけど早朝の3~5時間我慢して並べば3曲と短いながらも、ファンクラブに入って良席が当選しなくても、ヤフオクで高額のチケット買わなくても、CD1枚分の値段で、近い距離でBerryz工房のパフォーマンスをま近で見ることができます。これは、ライトなファンにはとってはたまらないメリットだと思います。また、これをきっかけにディープにはまっていくかもしれないので、事務所にとってもプロモーション効果は大きいと思います。

・とにかくCD沢山買えば握手が沢山できる

この握手大好きなタイプのファンは結構多いです。このタイプのファンからすれば、選民イベントに当選しなくても、お気に入りのメンバーと何回も握手できるのだから、CD複数枚買うのは全然苦にならないんだろうと思います。この人たちのおかげでCDが沢山売れるし、ライトなファンもCDを複数枚買わなくても後ろめたさを感じなくて済みます。それに、今日のようにCDを大量に用意して、あまり並ばなくてもCD買えるようにしてくれると、僕ももう一回握手してこようかなと心が揺らぎました。(迷っているうちに完売してしまいましたが・・・)ループ握手大好きな人ももっと増えるかもしれません。そうするとCDの売り上げはまた増大します。

・遠くから眺めるだけならばお金がかからない

ハロプロも地上波テレビにあまり出ないので、この手のイベントはちょっと興味がある程度の気を引く効果もあるんじゃないでしょうか。ためしにCD買って握手したら、その後はまるかもしれないし、効果はあるんじゃないかと思います。

ということで、今後ハロプロがどういうイベントを打ってくるのか目が離せなくなってきました。次は℃-uteの新曲あたりで何か仕掛けてくるかもしれないですし、真野ちゃんの新曲も来月はイベントラッシュになりそうですね。

都合1800回もの握手をさせるのは大変でかわいそうという意見もあるかもしれませんが、引き剥がし要員によって高速握手会になっているので、2時間弱で終了しています。そのため、メンバーの負担はあまり大きくないと思います。AKB48の小野恵令奈ちゃんは写真集発売時に低速握手会を3時間近くにわたって実施しています。なので、ここはぜひとも耐えて頑張ってほしいと思っています。

なお、冒頭に書いた次の機会は以下のステージと思われます。

・爆裂 イナズマイレブンステージ!

Berryz工房はこのステージこなしてから、成田に行って韓国に飛ぶのでしょうか?さすがにハードだなと思いますが、韓国に行けば千奈美ちゃんが言ってた「焼肉30人前」が待ってると思うので、ぜひとも頑張ってもらいたいです。

« おじぎでシェイプアップ その1 | トップページ | おじぎで、シェイプアップ その2 »

Berryz工房」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イナズマイレブン イベント:

« おじぎでシェイプアップ その1 | トップページ | おじぎで、シェイプアップ その2 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

オススメ商品

無料ブログはココログ