« くまいちょー&ももち トークイベント | トップページ | くまいちょー&ももち トークイベント その2 »

2009年7月22日 (水)

日食

このところ連日イベント三昧の日々を送ってますが、今日は宇宙規模のイベント皆既日食がありました。そもそも今週を夏休みにしたのは日食がみたかったのが理由で、日食撮影用にケンコーの大光量減少用フィルターND400(品薄になりオークションでプレミアがついたようです)とヨドバシカメラで激安で売られてた三脚を買うなど、気合が入っていたのですが、昨日家を出る時点ではとても三脚とカメラを持ち出す元気がなく、家でテレビの生中継をみることにしました。そもそも先週からの気象庁の週間天気予報では22日の晴れマークの地域が毎日変わって、どこへ出かけるのもギャンブル状態になっていたので、結果的に家にいて、正解だったかなとも思いました。

1.テレビ生中継

皆既日食の醍醐味としては、太陽のコロナやプロミネンスなどの美しい現象を見る楽しみと、昼間なのに急に周囲が暗くなる非日常的な瞬間を楽しむのと2種類あると思うのですが、僕はNHKとフジテレビの生中継を同時に録画してみていたのですが、フジテレビでは天候のあまりよくない場所からの中継だったので、前者の醍醐味がイマイチでNHKは日食が綺麗に見える人のいない硫黄島や船上からの中継が主体だったので後者の醍醐味がイマイチでした。なので、両方の番組をみることで今回のイベントに満足感が得られた感じでした。フジテレビは特に悪石島から中継してた地元のアナウンサーが、天候悪くてあきらめ気味なことからネガティブで自虐的な中継が面白くって笑えました。特に皆既日食の瞬間には雨がひどくなり、台風中継のように雨合羽着た画面に切り替わったときには、フジテレビのスタジオが大爆笑になったのですが、それでも皆既日食がはじまると、画面が真っ暗になり歓声があがり、悪石島にいったアナウンサーの苦労は報われた感じになりました。

2.東京(杉並区)の部分日食

皆既日食の終わるころには東京では部分日食が最大になる時間であったため、あたりは厚い雲に覆われていたものの、外に出て、空を眺めに行きました。すると、たまに太陽が顔を出して、さらに上空の薄い雲がフィルターとなり、肉眼で日食が見れたので、慌てて家からカメラを持ち出しました。しかし、カメラを持って上空みると、なかなか太陽が現れてくれず、やっと現れたころには以下のような感じになっていました。

2009072205

これだと、UFOの写真みたいなので、望遠を最大にして撮ったのが以下の写真です。

2009072206  

上記はカメラを上空に向けて手がブルブル震えながら写したのですが、さすがタムロンレンズの手ぶれ補正機能はすごいです。その後、かなり太陽が明るくなり、肉眼では食の状況がわからないくらいになったので、もう一度家に戻ってND400フィルターと三脚を持ち出して、撮影したのが以下の写真です。

2009072208   

その後以下の写真を最後に太陽は姿を消しました。

2009072209

ということで、東京でもっとも太陽が欠ける瞬間の写真は撮れなかったものの、時々姿を現す太陽を撮影するのもスリリングで面白かったです。また、せっかく買ったND400フィルターも出番があってよかったです。でも、雑誌の付録についていた日食メガネはまったく出番がありませんでした。

今回は日本で46年ぶりの皆既日食とはいうものの、日本の大都市が闇に包まれる皆既日食ではないので、ちょっとイマイチかなあと思ったのですが、26年後の2035年9月2日には関東地方で皆既日食が見れます。このときは、都市が闇に包まれる感動と、太陽の美しさの感動の両方が味わえる可能性が高いので、なんとか26年後まで生き延びたいなあという気持ちになりました。

« くまいちょー&ももち トークイベント | トップページ | くまいちょー&ももち トークイベント その2 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日食:

« くまいちょー&ももち トークイベント | トップページ | くまいちょー&ももち トークイベント その2 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

オススメ商品

無料ブログはココログ