« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

小倉遥ちゃん Fresh!撮影会

昨日は真野ちゃんのCD発売記念イベントに行く前に、毎月恒例の小倉遥ちゃん撮影会に行ってきました。先月も真野ちゃんとAKB48が出演した名古屋のCBC夏まつりと日程がカブッてしまったため、撮影会は第1部しか参加できず、今月も真野ちゃんのイベントを見るために横浜へ向かうため、第1部~第3部までの参加となりました。今回も撮影スタジオは先月に引き続きFORCE STUDIOで行われました。

で、第1部開始時間の10分ほど前に到着したら、なんと小倉遥ちゃんがまだ到着していないということで、第1部の開始時間が1時間20分遅れの11時20分からになってしまい、1部と2部の時間は11時20分~13時40分まででに短縮となったものの、1部あたり7000円の参加費が5000円に割引され、各撮影の間の休憩時間も短縮され、参加者も6名程度だったので、かえってコストパフォーマンスの高い撮影会となりました。何回も撮影会参加していると、こんなアクシデントもあるよなあと思ったので、特に不満は感じませんでした。しかし、今回僕のメインカメラのEOS 40Dに間違ってタムロンのレンズ(AF18-270mm F/3.5-6.3)付けたまま、持ってきてしまう失敗をしてしまい、仕方ないので、サブのKiss X2に付けていた、EF50mm F1.8 ⅡをEOS 40Dに付けて、「今日は単焦点50mmレンズの撮影に慣れよう」と思ってこのレンズをメインに撮影してみました。撮影してみた感想は、上半身や顔のアップはすごくきれいに撮れていいなあと思ったものの、全身の写真をとるときや、こちらが、座った姿勢で写真とるときの構図を決めるのが難しいなあと思いました。特に小倉遥ちゃんは自分からどんどん動いてポージングしてくれるモデルさんなので、自分も動きながら撮っていくのは難しかったです。やはり状況に応じてズームレンズと短焦点レンズを使い分けるのがベストかなと思いました。また、単焦点レンズで自分が動きながら撮ってみて、ひじがすぐ開いてしまって、自分の撮影姿勢が悪いことを改めて感じました。ピンボケ写真撲滅に向けてまだまだ精進せねばと思いました。

前置きが長くなりましたが、以下に撮影会の写真を掲載します。VERTEXさんからはいつものように2~3枚程度で掲載許可をもらっているので、厳選の3枚を掲載します。

2009083101

どうしても牢屋にしか見えないこのスタジオの格子のコーナーで、今回も遥ちゃんに牢屋に閉じ込められたポーズをやってもらいました。今回は上記のようにかわいく助けを求める表情や、ふくれっ面したり、暴れたり、といろいろやってくれて楽しかったです。

2009083102

白いチャイナドレスでの撮影では、カンフー映画のように戦うポーズやってくれたりとか面白いポーズを遥ちゃんはやってくれたのですが、チャイナドレスを生かしたいい構図が思い浮かばなかったので、ソファーの背もたれから乗り出す感じで、写真撮ってみました。

2009083103

小倉遥ちゃんはさすがミスマリンちゃんに選ばれるだけあって、ポージングや表情作るのがとても上手です。なので、こちらから細かいポージングの指示だすよりも、自由に動いてもらった方がよっぽどいい写真が撮れたりします。今回、高井亜耶乃ちゃんでおなじみの定番ポーズをやってもらってそこから、自由に動いてもらったのですが、かわいいポーズから、セクシーな表情まで、動きながら様々なバリエーションの写真が撮れました。上記はその中の1枚なのですが、本当は上記のバリエーションで10枚くらい掲載したいほど、いい写真が撮れました。来月も9月27日にFresh!撮影会があり、23日にはなんと名古屋でも撮影会があるようです。来月もぜひ参加したいなあと思っています。また、小倉遥ちゃんは上記のようにとっても撮り応えあるモデルさんなので、小倉遥ちゃんの撮影会はおすすめです。

上記の写真は小倉遥ちゃんの所属事務所(VERTEX)に問い合わせた際の、「撮影会の写真掲載は数枚程度ならばOK」という許可をもとに掲載しています。写真、画像の肖像権は、モデル本人及び所属事務所にあります。

また、今回FORCE STUDIOでは「矢島潤奈 撮影会」と「浅倉結希 撮影会」が同時に行われていたのですが、どちらも興味深いモデルさんでした。矢島潤奈ちゃんは真野ちゃんと同じ年(誕生日も3日違い)のきゃぴきゃぴの女子高生モデルさんで、常連のファンの方で大盛況でした。小倉遥ちゃんを待っている間、撮影の様子を見ていたのですが、黒いミニスカートの衣装で、アイドルポーズも得意そうだったので、1順くらいちょっと写真撮ってみたいなあと思いました。そして、浅倉結希ちゃんの方は、なんと、第1部は参加者1名だけの個人撮影会状態になっていました。浅倉結希ちゃんは上記のリンクの宣伝写真はいまひとつぱっとしないようにみえますが、実物はすごく綺麗なモデルさんで、下記のFresh!ギャラリーの写真が実物に近いです。

・Fresh!ギャラリー 浅倉結希

こんなきれいなモデルさんに参加者1名とはちょっと驚きましたし、カメラマンさんがすごくうらやましかったです。で、面白かったのが、この状況をみて、矢島潤奈ちゃんを撮影にきたカメラマンさんの中の1名が、矢島潤奈ちゃんの撮影をキャンセルして、浅倉結希ちゃんの第2部の撮影に参加していたことでした。第2部終了時にこのカメラマンさんは矢島潤奈ちゃんに、裏切ったことをすごくすまなそうに侘びていたのですが、矢島潤奈ちゃんは元気よく「キャハハハ」と大笑いしてました。

Fresh!撮影会はものすごい数のモデルさんが登場していますが、中には宣伝写真よりも実物の方がはるかに綺麗ということがあるようなので、今後もフレッシャーズ撮影会とかの新人撮影会にマメに通った方がいいのかなとちょっと思いました。

2009年8月30日 (日)

「世界は サマー・パーティ」発売記念イベント

今日は朝投票に行った後、小倉遥ちゃんのFresh!撮影会に行って、そのあと、真野ちゃんの横浜BLITZで行われた「世界は サマー・パーティ」発売記念イベントの18時30分からの公演に行ってきました。

昨日のモーニング娘。CDイベントについて、「今回は販促イベントが多数行われたので、通常のCD発売記念イベントと同様の内容だと物足りないかも・・・」ということを書きましたが、実は真野ちゃんの場合はもっと状況は深刻で、過去2回のCD発売記念イベントは、毎回真野ちゃんがインストアイベントで行っている内容と大差ない(新曲が1曲いち早く披露されるぐらいしか、付加価値がなく、むしろ、通常のインストアイベントの方がCD買った枚数分だけ確実に握手ができるのでこっちの方がいいかも・・・という状況)ことから、今回の「世界は サマー・パーティ」はCD発売記念イベント応募券付きの限定盤CDがあまり売れなかったようで、CD発売記念イベントの回数自体、減ったにもかかわらず、限定盤CD1枚購入でも当選確率が高く、2枚購入でほぼ当選確実といった状況でした。

ということで、CD発売記念イベントをより充実させなければという気合が、昨日のモーニング娘。イベントと同様に感じられるイベントでした。主な内容は以下のとおりです。

1.歌:世界は サマー・パーティ(真野恵里菜+S/mileageでダンス)
2.オープニングMC
3.歌:ジャスミンティー(マノピアノで弾き語り)
4.輪投げしてのプレゼント大会
  輪投げ役:真野恵里菜
  当選品を説明時に持つ役:前田憂佳
  当選品①まのえりガイド(非売品・業界人向け資料?)3名
  当選品②CD3枚ポスター+「乙女の祈りポストカード(非売品)」
      サイン+日付+当選者氏名入り
  当選番号を書く役:福田花音、前田憂佳
  投げ輪拾い役:小川紗季、和田彩花
  当選番号 094 007 090 700   
5.歌:この胸のときめきを(マノピアノで弾き語り)
6.トーク:
7.歌:まつ毛の先に君がいる(真野恵里菜+S/mileageでダンス)
8.エンディングMC

9.握手会
  順番:真野恵里菜→小川紗季→前田憂佳→福田花音→和田彩花

ということで、今回は通常のいままでのCD発売記念イベントと比べると以下のような特筆すべき点がありました。

①特別な舞台演出
 今回は夏祭りということで、開演前のBGMにはお祭りっぽいBGMが流れ、ステージ上に提灯がぶら下げられ、オープンニングに花火の音が鳴り、真野ちゃんが浴衣で登場!握手会まですべて、浴衣姿で実施!
②プレゼントあり
 くじ引きではなく、輪投げでドキドキ間を煽る演出あり!
③新曲2曲披露
 特に「まつ毛の先に君がいる」はまだどのような形で発表されるか不明の完全未発表曲!9月のコンサートではこの曲でみんなと盛り上がりたいと、特別に披露された。

ということで、すごく気合が入っていたことがよくわかっていただけるのではないかと思います。で、今回は抽選を行うために座席番号は○列×席という表記でなく、3桁の数字で表記されてました。そして、今回の僕の座席は700番台ということで、2階席の後方から2列目という、自分の横浜BLITZのあまりの席運のなさに笑ってしまいました。そして、握手会は昨日とは違って、1階席の最前列から始まったので、握手の順番も最後の方でした。

しかし、輪投げは1から9までの数字が書かれた棒に真野ちゃんの投げた輪3回分の数字で、当選番号が決められるのですが、外すとゼロということで、棒に入れるのが難しかったようで、ゼロ番台が圧倒的優位であり、しかも当選確率が1/200近くということで、アイディアはよかったものの、ドキドキ感を煽るということではイマイチだったと思います。それでも、真野ちゃんは4回目の抽選で、2階席の人に当ててくれようとして、1投目に7を狙って、狙いどおりに7に入れてくれて盛り上げてくれました。

あと、進行でちょっと残念だったのは、輪投げ等のトークの長い部分で、司会者さんが観客を着席させてくれなかったことでした。1階は段差1段でほぼフラットなので、みんな棒立ちで輪投げの様子見てました。なので、背の低い人は見辛らかったのではないかと思います。2階席は段差があるため、多くの人が着席していました。僕も着席して、僕の前の席の人はなかなか着席しなかったものの、段差のおかげでちょっと位置をずらして、双眼鏡で覗くことによって、真野ちゃんの表情まで、座ってまったりと見ることができました。

残念なことだけでなく、仕切りの面で昨日のモーニング娘。のときよりよかった点もありました。昨日は僕は1階の左端の後方席にいたのですが、握手待っているときに、座席抽選で同伴者がバラけていたためか、左端の通路に沢山の観客が群がってだべっていたのですが、狭い場所に人が密集してしまい、はっきりいってウザかったです。しかし、今日は握手待っているときに、自席を離れている人に対して、係員が「ご自分の席に戻ってお待ちください」と促してくれたのでよかったです。

握手は、真野ちゃんに「イベントお疲れ様」(先週から今週にかけて、真野ちゃんは九州→八王子→北海道→横浜と全国を飛び回っていました。)と言おうと思ったものの、それでは面白くないなあとつい思ってしまい、「真野ちゃんは納豆が好きなの?」って聞いてしまいました。真野ちゃんは普通に「好きですよ」と答えたものの、すぐ先週のハロプロミーティングについての質問だと気づいてくれて「アハハ!」って元気よく笑ってくれました。本当は「なんでわざわざ嗣永桃子ちゃんの部屋まで行って、納豆食べたの?」って聞きたかったのですが、高速握手会ではそこまで聞く時間はないので残念です。でも、いつか聞いてみたいです。で、真野ちゃんとのやりとりに集中してしまったため、S/mileageとの握手は会釈で済ませてしまいました。そのため、あまり記憶に残っていません。

今回S/mileageの自己紹介は今までの「かにょんこと福田花音です。」ではなく、Berryz工房みたく、「中学3年生の福田花音です。(他の3人も同様)」に変わっていました。小川紗季ちゃんだけ中学1年生で、他の3人は(うすうす知っていたものの)、鈴木愛理ちゃんや菅谷梨沙子ちゃんと一緒で中学3年生なんですね。愛理ちゃん、梨沙子ちゃんの方がずっと貫禄があって、大人っぽく見えるので、芸能活動の経験差ってすごく大きいんだなって改めて思いました。

ということで、昨日のモーニング娘。、今日の真野ちゃんのCD発売記念イベントを見て、ハロプロミーティングで高橋愛ちゃんが言っていたように、少しずつ、よりよく前進していこうとしていることがわかってよかったなと思います。今日のイベントについての感想やこうした方がよりよいと思った点はなんらかの形で伝えたい(9月の真野ちゃんのコンサートのときにファンレターで書くのがいいかなと思っています)なと思っています。

【追記】まのぶろぐで、早速今日のイベントについて、真野ちゃんのコメントがS/mileageとの集合写真付きで掲載されています。やっぱり、こうやって、本人がブログやってくれてるといいですね。

・よこはまぶりっつ

2009年8月29日 (土)

「なんちゃって恋愛」発売記念イベント

今日は横浜BLITZで行われた、「モーニング娘。40thシングル「なんちゃって恋愛」発売記念イベント」の3回目(18時15分開演)の公演に行ってきました。今回はモーニング娘。の販促イベントが多数あったため、結局CDイベントに7枚分の応募(横浜3回目に5枚、2回目に2枚)をして、今週木曜日に3回目の公演のみ当選のメールが来ました。今回は握手は大宮での6期メンバー握手会で大満足したし、トークは先週のハロプロミーティングで大満足したので、いつものCDイベントのように歌2曲でトーク中心のイベントだったら物足りないなあと思っていたのですが、さすが、モーニング娘。今回はいつものCDイベントとは違った形式のイベントをやってくれました。ひとことで言うと「昨年春のシングル大全集ツアーの縮小版」といった感じで、以下のような構成でした。

1.歌:I WISH (10thシングル)
2.メンバーの挨拶、一言コメント付き
3.トーク:「I WISH」についてのエピソード
      進行役:新垣里沙
4.歌:Go Girl~恋のヴィクトリー(20thシングル)
5.トーク:「Go Girl」についてのエピソード
      進行役:亀井絵里
6.歌:Ambitious!野心的でいいじゃん(30thシングル)
7.トーク:「Ambitious!」についてのエピソード
      進行役:道重さゆみ
8.トーク:「なんちゃって恋愛」のダンスについての見所
      進行役:新垣里沙
9.歌:なんちゃって恋愛

10.握手会
   新垣里沙→久住小春→道重さゆみ→ジュンジュン→田中れいな
   →光井愛佳→高橋愛→リンリン→亀井絵里

シングル大全集ツアーではシングル曲にまつわるエピソードは各公演1曲づつだったので、今回は3曲分もエピソードが聞けたので、よかったです。また、曲も4曲やってくれたし、今年の春ツアーでは過去のシングル曲は少なめのセットリストだったので、そういった意味でもいい選曲だったんじゃないかと思います。また、歌が終わってトークになるときには、毎回、観客に着席してもらって行ってました。比較的フラットな客席の会場だけに、こうしたお客さんに見やすいような配慮も、よかったんじゃないかと思います。ただ、亀ちゃんが進行役のトークのときには、亀ちゃんが最初お客さんに着席してもらうのを忘れて、さゆみんのエピソードを聞きはじめてしまい、途中で気づいて、さゆみんにトーク中断してもらって、お客さんに着席してもらったので、さゆみんは「びっくりしたー。また、言っちゃいけないこと話しちゃったのかと思った」って言ってました。
今回の僕の席は1階のL列の左端の方でした。このあたりだと1階の後方ブロックになるので、握手会は2階席から始まって、次に1階前方ブロック、1階右後方ブロック、1階左後方ブロックの順番だったので最後の方でした。どうも僕は毎度横浜BLITZでは席運が悪いようです。
トークの内容については、今回3公演目ということもあってか、相当細かい内容が多かったため、説明が難しいので、いつものような詳細レポートは今日のところは断念します。(たとえば、「なんちゃって恋愛」のダンスについての見所について、小春ちゃんが、「芋掘り!」って言ってたけど、これだけではどこの部分かわからないですよね)ただ、「Ambitious!」の振り付けで親指、人差し指、中指の3本指を使ったポーズが多用されているのは振り付けの夏先生が30thシングルということで、こだわったものだったとか、興味深い話も多かったです。また、今日一番笑ったのは、亀ちゃんが「なんちゃって恋愛」のダンスの見所として、亀ちゃんとガキさんが場所入れ替わる部分の動きといって、腰をかがめてドリフのコントっぽい動作で実演したら、ガキさんが、速攻で「そんなんじゃないから!」と突っ込んだところでした。亀ちゃんのボケはあいかわらず面白いのですが、ガキさんのツッコミもナイスでした。
握手会は超高速ではなかったものの、亀ちゃん、さゆみんだけにガッつくのも気が引けたので、会釈程度でサクサク済ませてしまいました。握手は大宮での6期メンバー握手会で十分満足してたので、今日は亀ちゃんのニコニコ笑顔が見れただけで満足できました。

ところで、イベントでは特に告知はなかったものの、モーニング娘。のテレビ出演情報が入ってきたので、以下に記載します。

・日本テレビ「24時間テレビ」
※30日の朝8時50分頃と11時頃の出演予定とのこと。

・テレビ東京「モーニング娘。アメリカ初上陸ライブ」
 2009年9月5日(土) 昼12時58分~午後1時53分

特に「モーニング娘。アメリカ初上陸ライブ」(ドキュメンタリー形式の番組のようです)は必見だと思いますので、テレビ東京が見れる方は速攻で録画予約しましょう。

2009年8月28日 (金)

ちょっと振り返り・・・

「ハロプロミーティング」のレポート書き終えて、改めてやっぱり楽しいイベントだったなと思ったので、なぜ、終了直後はイマイチと思ったのか?ちょっと考え直してみたのですが、どうも「双眼鏡酔い」が原因だったんじゃないかという気がしてきました。で、ネットで双眼鏡のこと調べてみると、「視野の狭い双眼鏡を長い間覗き続けていると、呼吸や支える腕のブレなどで視界が微妙に揺れて船酔いに似たような症状になり、気持ちが悪くなることがあります。」という記載があり、また、僕は最近視力が落ちてきて左右の眼の視力が異なり、そういう場合は左右のレンズの視度調整をしっかりしないと、やっぱり疲れやすくなるようです。なので、今後も遠くの席からイベント見る機会は多いと思うので、再度双眼鏡調整してみて、ダメそうだったら、自分に合った双眼鏡を探してみようと思っています。

さて、今週、だいぶ前にファンクラブに注文した「Berryz工房のソロイベント(パシイベ)写真」がようやくファンクラブから送られてきました。また、先週にはBerryz工房がハロショ渋谷店、原宿店に来店したときの写真がハロショ(各店舗限定発売のようです)で発売されたので、これらの写真を使ってそのときのイベントについて振り返って見たいと思います。(写真は一応控えめサイズで掲載します。もし、ご覧になって気に入ったら、ぜひ買ってあげてください)

1.Berryz工房ソロイベント 夏焼雅

2009082804

・想定外に楽しかった!

・雅ちゃんパシイベ詳報

夏焼雅ちゃんが、パシフィックへブンで行われた今年のソロイベントのトップバッターで、僕にとって、ソロイベント初体験だったんですけど、すっかり台本トークと歌3曲と思っていたのが、いきなりファンとの討論会だったので、すごく驚きました。そうした驚いた様子や初めて至近距離で雅ちゃんを見たドキドキした感じが、当時のレポートにも現れていると思います。

2009082809_2

挙手制の討論コーナーをバシバシ仕切っていた雅ちゃんはすごくよかったと思います。最近、焦らされるゲームでダメなところ見せちゃってますけど、人には得意不得意があるということで、最近トークショーで定番になりつつある挙手制の質問コーナーがあっても雅ちゃんならかなり嗣永桃子ちゃんに迫るくらいの勢いで、仕切れるのではないかと思います。

2.Berryz工房ソロイベント 清水佐紀

2009082802 2009082803

・佐紀ちゃんかわいすぎる・・・

・清水佐紀ちゃんソロイベント・レポート

当時のレポート読み返すと、自分でも恥ずかしくなるくらい、「佐紀ちゃんがかわいかった」と書いていますが、上記の写真ような佐紀ちゃんをずっと2列目から見れたので、すごくドキドキしたのが、わかっていただけるのでは(写真が小さいから伝わらないかな?)と思います。

2009082801

佐紀ちゃんは、自分の欠点として「優柔不断なところ」といっていて、アンケートを読むときの様子から、質問とかされると、「えーと、んーと」と悩んで即断できないタイプに見えたので、逆に挙手制の質問コーナーの仕切りは苦手かもと思いました。そのかわり佐紀ちゃんはBerryz工房の中でダンスはダントツに上手なので、やっぱり人には得手不得手があるんだと思います。

3.渋谷店来店トークショーイベント

2009082808

・Berryz工房来店トークショーイベント

渋谷店限定で、来店時の写真として売られている写真には残念ながら、トークショーの様子を写した写真はありませんでしたが、このイベントのときに貼られた2人の似顔絵が2人はそうとう気に入った様子でした。このイベントのときに一番印象に残っているのが、2人がプッチミュージアムがら、旗振ってお見送りしてくれたところだったので、せめてこの旗振っている写真だけでも売ってくれればなあと思いました。(ファンクラブ会員限定ページではものすごく小さいサイズで写真が掲載されているんですけどね・・・)

4.原宿店来店トークショーイベント

2009082807

・Berryz工房来店トークショーイベント その2

原宿店限定で、来店時の写真として売られている写真にも残念ながら、トークショーの様子を写した写真はありませんでしたが、トークのネタになっていた写真はありました。

2009082805

これは「Five」の衣装で、トークでは昨年の衣装なのに今ではもう着れないかもと言っていた衣装です。

2009082806

これは渋谷店限定で嗣永桃子ちゃんが写っている写真のバックから無理やり切り出したものですが、トークの最初でいきなり千奈美ちゃんが「このキャプテン色っぽすぎる!」といった似顔絵がこれです。

しかし、この日もっとも印象深かったことは、1回目のイベントが全員立ち見で行われたため、後列の人が見えなくって、そのため、1回目に参加した紳士的なファンの人がスタッフさんに改善を進言したため、僕の参加した2回目のイベントは一部着席制となり、後列のファンへの配慮がされたことでした。このとき以降、トークショーイベントのスタッフさんはそれまで以上に、イベントに来るファンへの配慮というか気遣いがすごくよくなったような気がします。なので、これも何度も書いているのですが、ハロプロのスタッフさんは決して話のわからない人ではないので、意見があればどんどん言ってあげるべきだと思います。ネットにはハロプロスタッフあるいは事務所さんの悪口を書きなぐっている記事が多いので、こういうのを見るととても残念に思います。

こんな感じで、たまには過去のレポートも振り返ってみるのもいいかなと思っています。あとは、ダイエー今池店での熊井ちゃんと桃子ちゃんの写真とか、トークショーのあとに渋谷店のレジ打ちをした亀井絵里ちゃんの写真も早く見てみたいです。

2009年8月27日 (木)

Buono! & Berryz工房 新曲

今日はついに会社で新型インフルエンザ患者がでて、濃厚接触者にはマスクが配られるなどと、いよいよインフルエンザ感染が洒落にならない状況になってきました。今後の各種イベントがどうなるか心配です。早く終息してほしいものです。

1.Buono!新曲「Take It Easy」リリース

2009082701

ハロプロミーティングのレポートで紹介が遅れましたが、今回も発売前日の火曜日に、最近CDイベントの当選率の高いCD屋さんで、「Take It Easy」を買って来ました。前にも書いたとおり、「Take It Easy」はさわやかな曲で、いままでのBuono!でのつんく楽曲では一番いいかなと思ったのですが、やっぱりカップリング曲の「キライスキダイキライ」が超強力なハードロックナンバーなので、こっちばっかりヘビーローテーションで聴きまくってます。この曲聴くと、先日のRock'n Buono2!の大盛り上がりが思い出されて、テンション上がります。本当にBuono!のカップリング曲は良曲が多いです。

今回は、Berryz工房は舞台&コンサートの稽古で忙しく、℃-uteもコンサートツアーに突入したことから、CDイベントも1日(しかも平日)しかなく、最近のモーニング娘。や真野ちゃんのような大プロモーションはやらないと思うので、特に目立ったチャートアクションはないと思うのですが、こうして、短期間に定期的に新曲を届けてくれるのはファンとしてうれしいかぎりです。僕は、あまりチャートアクションとか気にしないものの、今回はBuono!と同日に「けいおん!」のメンバー3人(ドラムと、新入部員ギターと、キーボードの子。ギターとベースの子はすでに発売済み)のソロCDが同日発売されていて、CD屋に山積みされているのが気になりました。これが、けっこう売れているようです。前にも書きましたが、Buono!と同じようなコンセプトの楽曲なのに、現実の女の子のBuono!よりもアニメの女の子の方が売れているのはちょっと悔しいです。(まあ、僕は「けいおん!」も面白いから好きなのですが・・・)同じポニーキャニオンさんなんだから、「けいおん!」と「Buono!」を同日発売するなら、「キライスキダイキライ」の方をメインにして、Buono!の3人が楽器持ってるジャケットにした方が、「けいおん!」買いに来た人にも興味を持ってもらえて、Buono!の知名度UPにつながったんじゃないかなあと思いました。

さて、Rock'n Buono2ではあっさり「楽器あきらめ宣言」しちゃったBuono!ですが、ライブ翌日のブログで鈴木愛理ちゃんが、以下のようなことを書いてます。

私は
改めて思ったことがあります!!
それは
今日ライブで潤子さん見てて
めっちゃカッコイイなーって思って

私もあんなふうに
ギター弾けるようになりたい!!

って思いました(^^)
来年の夏には
Buono!3人で何か曲を
演奏してみたいですo(^-^)o
そしたら
ROCK度もあがりますよね★
がんばろっ!!

ということで、少なくとも愛理ちゃんは楽器あきらめていないようです。ぜひ頑張ってもらいたいものです。思えば鈴木愛理ちゃんはまだ中学3年生なんですよね。まだまだ先は長いです!5~10年後には超ビックな女性ボーカリストに成長する可能性が高いと思います。ハロプロさんはぜひ大事に愛理ちゃんを育てていってほしいものです。

2.Berryz工房 新曲「流星ボーイ」発表

流星ボーイ

8月25日に東京・恵比寿のザ・ガーデンホールで招待制の新作発表会“LEVEL5 VISION 2009”が開催され、その中で紹介されたDS用ソフト『イナズマイレブン2 脅威の侵略者 ファイア/ブリザード』のファイヤーのエンディングテーマがBerryz工房の「流星ボーイ」に決定したということで、この発表会にて、Berryz工房による「流星ボーイ」の初披露が行われたそうです。ゲームは10月1日発売で、アニメ「イナズマイレブン」でも9月30日のオンエアーから、「流星ボーイ」が使用されるそうです。

このときの模様のレポートが多数のサイトで紹介されていて、尋常でない量の写真が掲載されています。とりあえず、髪切った後の清水佐紀ちゃんの写真を探したものの、後方の両サイドに位置することが多い佐紀ちゃんが良く見える写真がなかなかみつからなかったのですが、それでも佐紀ちゃんのソロ写真があったので、直リンします。

清水佐紀

やや長めに切りそろえた髪型は、今の季節に合っていていい感じじゃないかと思うのですが、どうでしょうか?

とりあえず、Berryz工房の写真付きの記事へのリンクを列挙します。

・GameSpot Japan

・インサイド

・andriasang

・サンスポ

・GYAO

・日テレNEWS24

・GAME Watch

・TV LIFE

・電撃オンライン

・ファミ通.com

・ITmedia

・ナタリー

・BARKS

ということで、すごい量です。これだけ「イナズマイレブン」のアニメ&ゲームは注目されているということでしょうか?Berryz工房の知名度UPにつながるといいですね。

2009年8月26日 (水)

ハロプロミーティング その4

2009082502

ということで、「その4」にまで渡った「ハロプロミーティング」ですが、今回は「嗣永桃子・大ピンチの巻」を中心にお送りします。

8.表現力を試すコーナー

 進行役:嗣永桃子
 代表者:久住小春、リンリン、徳永千奈美、菅谷梨沙子、鈴木愛理、萩原舞

(嗣永)どうもー!、元気ー?嗣永桃子です。メンバーは見ての通りのこんな感じです。はい、みんなよろしくー。はい、ここからはですね。ももから、この6人にあるテーマを出します。・・・亀井さん何爆笑してるんですか?(亀ちゃん油断していて、リアクション得られず。亀ちゃん小声で「ごめんね」というも妙な空気に・・・、バックのメンバーから、「がんばれー」の声援が桃子ちゃんにあがる・・)はい!えーと、私空気白けさせるの得意なんです。とにかく、ここの6人にはあるテーマを出すので、そのテーマに沿ったものとか、例えば「ピクニック」ってお題だったら、愛理は山をいじるとか舞ちゃんは太陽をいじるとかテーマに沿って動いてみるのね。それでなるべく人とカブらないようにアイコンタクトとりながら、頑張ろうってコーナーね。これ。じゃあ、もうテーマ言っちゃうよ。まきまきですから。テーマはこちらです。

テーマは「東京タワー」といことで、小春ちゃんとリンリン、梨沙子ちゃんと舞ちゃんが2人でポーズを作って、千奈美ちゃんと、愛理ちゃんはひとりづつポーズして、特に愛理ちゃんはほっぺに指あててBuono!のポーズやってました。

(嗣永)「じゃあ、順番に聴いていきますね。(と小春ちゃんとリンリンから)ここは、もうみたとおりですね。」
(リン)「見たとおりですよ。(と2人で両手を菱側に合わせてタワーの形をつくる)」
(久住)「東京タワーしかないですよね。」(なんかしゃべることなくって困った雰囲気・・・)
(嗣永)「衣装は赤で合ってるしね。赤共同作業で、二人の友情を描いたと・・・」
(久住)「(そっけなく)別に・・・、うん」(場内大爆笑)
(嗣永)「ねえー、小春さん、ももに冷たくない」(といって、小春ちゃんの方に近づいていくと)
(久住)「そんなことないよー、やだよー」(といって、リンリンとポージングしたまま、横方向に逃げる)」
(嗣永)「ひどーい、(気をとりなおし、方向転換して、後ろの方に地味に移動している千奈美ちゃんをみつけ)ねえ、千奈美はそんなとこで何やってんの」
(徳永)「(いつものようにニコニコしながら)あのね、東京タワーの下にクレープ屋さんがあるの。その店員」
(嗣永)「あー、それクレープの生地のばしてるところ、そっか、おいしそうだね。じゃあ次」(と軽く流して大爆笑)
(嗣永)「じゃあ梨沙子は、あ、2人でやってるのはわかるけどなんか地味だね。」
(菅谷)「これはエレベータを表してるの(と両手で筒を作って上下に移動するポーズ)
(萩原)「で、これはボタン(とボタンを押してるポーズ)」
(ここで、2人で色々説明するもうまく説明できずグダグダになり)
(嗣永)「ここのエレベータをクローズアップしたところが、ボタンてことね。そっか、わかった。」
(で、愛理のところに向かう)
(嗣永)「(助けを求めてちょっと弱気な感じで)あいりー!どうしたのひとりで」
(鈴木)「あのー、東京タワーのところの下のワッフル屋さん。本当は、もものところに言って、みやを引っ張り出してこれ(たぶんBuono!のポーズ)やろうと思ったんだけど、やめちゃった。」
(嗣永)「何、何やろうとしてたの教えて」
(鈴木)「えー、終わってから話す。ほらー白けた空気になっちゃったよ」
(嗣永)「えー、愛理が白けるのいつものことだから大丈夫だよ。ももたち仲間じゃん」
(鈴木)「うん(というも、この先が続かず。桃子ちゃんと2人で(どうしよーと困る)」

で、結局何も出来ず桃子ちゃんは「私やっぱダメなのかなあ・・・」みたいなことをブツブツ言いながら、進行位置に戻って行きました。こんな感じで、嗣永桃子ちゃんは絶不調だったようです。愛理ちゃんのやりたかったことすばやく察知して、雅ちゃんを引っ張りだして、ボーノマンの歌とかやって欲しかったです。そして、不調だけでなく、次のお題では不運も桃子ちゃんに起こってしまいました。

(嗣永)「次のテーマは会場の方や後ろのメンバーにも教えませんので、なにを表現しているか当ててください。」

ということで、メンバーだけにお題を見せると、小春ちゃんと、リンリンはまたペアになって、リンリンが小さくくるまって、その前で小春ちゃんが正面向いて、立って犬のようなポーズをして、千奈美ちゃんと、舞ちゃんはなにやら連結しているようなポーズになって、愛理ちゃんは両手で筒を作ったようなポーズで何かを覗いて覗いてるような動き、梨沙子ちゃんはよくわからず・・・

(嗣永)「はい、ストップ!これ、なんだかわかりますか?みや、なんだかわかる」
(夏焼)「全然わかんない」
(嗣永)「(で、ジュンジュンが挙手して)え、ジュンジュンわかるの?」
(ジュン)「久住さんが、立ってのわんこで、リンリンが座ってのわんこ」

ここで、どうも田中れいなちゃんが、「わんこ」のわを別なものに聞き違えたようで、ひとりで大笑いしていると、それにきづいた6期メンバーも一緒になって大笑い。で、嗣永桃子ちゃんが、「どうかしたんですか?」と聴こうとするも、何でもないとマイクを拒否されて、仕方なく、ジュンジュンに続けて話を聴いていると。

(ジュン)「久住さんは、立ってのわんこちゃんで、リンリンは座ってのわんこちゃんで・・・、静かにしてください。真剣に答えてます私!」(で、場内大爆笑)
(嗣永)「そうだよね。ジュンジュンなんにも悪くないよね。」(そう、ここでは桃子ちゃんも全然悪くないのに、変な空気になってちょっとかわいそうでした)
(ジュン)「確かに。以上です。」
(嗣永)「もういい?じゃあ真野ちゃん」(真野ちゃんは全然答えわからないようなので、必死に桃子ちゃんを拒否するも、桃子ちゃんは真野ちゃんを捕まえて」
(嗣永)「そうだよね。真野ちゃんはさっきもものこと選んでくれなかったよね。真野ちゃんはさあ、もものホテルの部屋で納豆食べるくらいの仲なのにさあ」(場内大爆笑)
(真野)「だって、いいていったじゃないですか」
(嗣永)「でもさあ、人のホテルの部屋で納豆たべる人いる?普通。ねえ。」
(真野)「納豆は夜食べるといいって、聞いたんで・・・」
(嗣永)「(ちょっと、脱線しすぎと思ったか)あ、ごめん。で、なんだと思う?」
(真野)「2人は犬だと思うんですけど。萩原さんと徳永さんは汽車?」
(嗣永)「おー、惜しい。舞美ちゃんはリーダなんだからね。愛理や舞ちゃんのことわかってあげて」
(矢島)「わかってるよ。昔の遊び。小春とリンリンがホッピング。愛理が万華鏡覗いてる。で、汽車になって輪っかくぐって遊ぶ」

(嗣永)「はい、残念!(で、愛佳ちゃんが挙手して)わかったの?もうこれで当ててね」
(光井)「わかったよ。電車やろ。それで、犬、犬・・・ハチ公?」
(嗣永)「それでは、正解ドン!」(で、スクリーンに正解「渋谷ハチ公前」が映し出される)
(嗣永)「すごーい、皆さんわかりましたか?」
(久住)「リンリンにハチ公の台になってもらって、ハチ公のポーズしたの」
(リン)「(この格好)けっこうツライですよ」
(久住)「こっちもだよ。何分かけてんのよ!ずっとこの格好(犬のマネ)だよ。恥ずかしくない?」
(嗣永)「いや、いい犬だったよ。最高!で、千奈美と、舞ちゃんは?」
(徳永)「ハチ公前に緑の電車あるじゃん」(場内オー)
(嗣永)「へえー、あるんだ・・・すごいね。で、愛理は」
(鈴木)「やることがわかんなかったんで、外国人観光客」
(嗣永)「で、持ってるのは」
(鈴木)「望遠鏡」
(嗣永)「そっか、望遠鏡で町発見してたんだ。で、梨沙子は?」
(菅谷)「私もハチ公。もう一匹のハチ公。」
(嗣永)「そっか、梨沙子の渋谷はそういう渋谷だもんね。」(で、へんな間ができて)
(嗣永)「はい、えー、みんないい表現力だったね。・・・」(で、なんか気のきいたことを言おうとするもなにも出てこずにまた、周囲から「頑張れ」の声が上がり)
(嗣永)「以上、表現力チームのコーナーでした。」

ということで、不運もあったものの、大人数で桃子ちゃんも緊張してたのかもしれませんね。気のきいたこと言おうとして出てこず変な間を作ったのは、桃子ちゃんらしくなかったし、愛理ちゃんがBuono!やりたかったのを察知できなかったのはBuono!ファンとしてはすごく残念でした。でも嗣永プロのことだから、大阪では名誉挽回してすごい進行やってくれるかもしれないです。いや、そうあってほしいです。

9.エンディング
 
 進行役:新垣里沙

(新垣)「お届けしてきましたハロプロミーティングいかがでしたか?ここで、感想を聞いていきたいと思います。まずは真野ちゃん」
(真野)「はい、普段こうやって、先輩方と普段お話する機会ないんですけど、今日はいっぱい話せて楽しかったし、道重さんともっと仲良くなりたいなあって思いました。」
(道重)「私もー、かわいいもの同士・・・(でなぜか息が詰まった声になる)」
(新垣)「そういうこというから、詰まっちゃうんだよ。でもね、これを機会に仲良くしてあげてください。では、℃-uteから愛理ちゃん」
(鈴木)「えっとー、さっきの表現力やってみて、渋谷のハチ公前のこと知らなすぎると思ったので、こんど見に行きたいと思いました」
(新垣)「わかりました。それでは、Berryz工房から、茉麻ちゃん、どうでしたか?」
(須藤)「えっと、またウチの嗣永桃子が暴走してしまって・・・」(場内大爆笑)
(新垣)「うん、頑張ってましたね。桃子ちゃん」
(須藤)「でも、みんな面白いキャラなんで、これからもどんどん個性出していければいいなと思います」
(新垣)「そうですね。はい、じゃあ亀井絵里。どうですか」
(亀井)「はい、あのー、今ちょっと焦ってます。」
(新垣)「いいよ。今日の感想ね。」
(亀井)「あのー、真野ちゃんがー、あと道重さゆみもなんですけどー。私を空気と思いすぎだ!」
     (いきなりのこの亀ちゃんの物言い。僕は大爆笑しました。亀ちゃん最高に面白い!)
(新垣)「何よ。なんで?」
(亀井)「真野ちゃんに浮気しようとしてるじゃん。さゆが」
(新垣)「浮気?」
(道重)「そうだよ。これからのさゆえりは「まのえり」の方のえりだから」(場内大拍手)
(亀井)「それで、ちょっと焦ってたの」
(新垣)「それが今日の感想なの?大丈夫、ここ(6期メンバー)長いからさあ、アホアホコンビで頑張っていってよ。でもさあ、もうちょっとしっかりした感想言おうよ!」
(亀井)「大丈夫!最後はウチのリーダが締めるんで・・・」
(新垣)「出た!人まかせ。じゃあ悪いけども最後リーダー。よろしくお願いします。」
(高橋)「じゃあ、ちゃんとしゃべります」
(高橋)「春からスタートしました、この新生ハロープロジェクトですが、真野恵里菜、そしてBerryz工房、℃-ute、そしてモーニング娘。とファンクラブのみなさんと、力を合わせて、大きくじゃなくても、少しづつ一歩一歩内容の濃い、他にはないファンクラブにしていきたいと思っていますので、みなさんよろしくお願いします。」(場内大拍手)
(高橋)「ハロプロミーティング。これだけではありません。このあとタッチ会を行いますので、みなさん楽しみにしていてください。それでは、ラストはこの曲でお別れしたいと思いますハローのテーマ」

ということで、3人で1本のスタンドマイクを使う形で、全員で「ハローのテーマ」が歌われました。フォーメーションはメモってた途中で、変わってしまったので、忘れてしまいました。歌い終わったあと、全員手を振りながら一旦退場しました。

10.タッチ会

タッチ会はステージ上に机が並べられて、右から「その2」で書いた下からの順番(真野ちゃんから)で行われました。タッチ会は1階の前方ブロックから始まったので、ゆっくりタッチ会の様子見ていようと思ったら、2階席もすぐ呼び出されてしまい。1階ロビーで待機となり、1階前方ブロックの次の順番でタッチが行われました。なので、1階の後方席の方が長くタッチ会の様子が見られたと思います。また、タッチ会のときに座席指定番号や諸注意の書かれた葉書が回収されてしまいました。(欠席者にはペナルティがあるのか?ちょっと心配です)また、今回は初めての試みとあって、座席にアンケート用紙が置かれてました。後日郵送でも可とあったので、よく考えて建設的な意見をだそうと思っています。

ということで、かなり時間をかけて、詳細レポートを書きましたが、全体的にはいいイベントだったのが、伝わったかと思いますが、嗣永桃子ちゃんをはじめ、その他のメンバーも、普段の力をだせばもっと面白くなったんじゃないかと思ったので、見終わった直後はイマイチと感じてしまったと思います。なので、もし、今回の反省を踏まえて、大阪でのイベントで矯正してくるようだったらもっとすごいイベントになるかもしれません。(各ユニット忙しいから、反省会やってる時間はないかな?)今回のイベントは真野ちゃんの「乙女の祈り」か℃-uteの「Bye Bye Bye!」を買ったときについてくるシリアルナンバーで応募する形で抽選が行われ、1種類のCDで何枚申し込んでもどちらかの会場しか当たらないシステムになってました。僕は真野ちゃんのCDしか買わなかったので、八王子しか当選しませんでしたが、℃-uteも両方買って、大阪も当選している人も多いと思います。大阪は9月5日でちょっと間があるので、今回よりも内容が充実する可能性は高いと思うので、当選した方はぜひ当選放棄せずに足を運んでほしいなと思います。

あと、愛ちゃんが最後に言った「大きくじゃなくても、少しづつ一歩一歩内容の濃い、他にはないファンクラブにしていきたい」と言っていたことが印象に残りました。新体制のハロプロが若手になって、一般的には戦力ダウンに見えて、テレビ出演等も過去に比べると圧倒的に少なくなってしまったため、AKB48とかに流れてしまった人も多いようで、CDやDVDの売り上げを元に悪口いってる人も多いようですが、やっぱり今年は我慢して力を蓄えるようにしている年なんじゃないかなあと思いました。質問コーナー付きのトークショーとか、抽選でなく誰でも参加できる握手会やミニライブなど、地味ながら新しい試みもどんどんおこなっているので、建設的な意見であれば、どんどん取り入れてくれそうな期待もあるし、まだまだ若いメンバーも多いので焦る必要はぜんぜんないと思います。一歩一歩確実に成長していっている新生ハロープロジェクトを僕はこれからも応援していこうと思っています。

2009年8月25日 (火)

ハロプロミーティング その3

2009082501

今日も「ハロプロミーティング」レポートの続きをお送りします。

4.気力を試すコーナー

 進行役:梅田えりか
 代表者:亀井絵里、田中れいな、ジュンジュン、清水佐紀、夏焼雅、矢島舞美

(梅田)「はい、ではここからの進行は私梅田えりかが行います。そして、参加してくれるメンバーをざっくりと紹介します。こちらのメンバーでーす。はい、さてこれからどんなことをやるかというと、今からある課題曲をみなさんに歌ってもらいます。でも、ただ歌ってもらうだけじゃダメです。ワンランク上のアイドルはライブ中に襲ってくるどんなトラブルにも全く動じずに完璧なパフォーマンスできなければなりません。(といって、スタッフさんが、フリップとマジックペンを渡す)フリップはまだ見ないようにしてください。フリップには5つの計算式が書いてあります。歌の途中で「問題スタート」の声が聞こえたら、メンバーはいつもと変わらず歌いながら5つの計算式を解いて、なおかつその5つの答えの合計を曲が終わるまでに出してください。笑顔でステップを踏みながら、気力でこのコーナーを乗り越えるワンランク上のパフォーマンスをごらんください。

ということで、課題曲は「Go Girl ~恋のヴィクトリー~」と紹介したところで、佐紀ちゃんが・・・

(清水)「あのー、蚊に食われて、気になってしかたないんですけど」
(梅田)「痒いですか?3秒あげるんで、掻いちゃってください」

ということで、佐紀ちゃんが足首のすこし上のところを、3秒間掻いてました。ステージ上で足を掻くアイドルって初めてみました。佐紀ちゃんは短パンの下にレギンス着用で、足の露出は膝から下だけだったのですが、珍しいものみれてよかったなと思いました。

(梅田)「大丈夫ですか?では、曲スタートみなさん手拍子お願いします。」

と、曲が始まって、サビ⇒Aメロの半分を歌ったところから、「問題スタート」の声がかかり、スクリーンに問題が映し出されました。問題は「12-8とか、15+16、11+12-13など5問、メンバーの反応みるのを優先したため、全問メモれませんでした。で、清水佐紀ちゃんは普段から数学得意といっているだけあって、サクサク答え書き終えて、普通に続きを歌ってました。他のメンバーは最後まで、フリップと首っ引きで、問題の答えを書きながら歌ってました。なので、梅田えりかちゃんが「笑顔で、笑顔で、歌って!」と、煽ってました。後ろで座ってみているメンバーの仲では、光井愛佳ちゃんが、手に答え書きながらスクリーンみて、暗算している様子が印象的でした。で、ワンコーラス歌ったところで、終了。

(梅田)「はい、終了しました。では正解を見てみましょう。正解は54です。それでは、一人ずつ答えをみてみましょう(ここで、明らかに動揺しているメンバーが数名いて、観客大笑い)まずは、亀井さんから」
(亀井)「はい、54!」(場内すごく驚くと、ともに大拍手!)
(梅田)「あれ、田中さん。(答えをみせようとせず)どうしましたか?」
(田中)「(しぶしぶフリップを見せて)、64」
(梅田)「おしいですね。」
(亀井)「ね。バカでしょー!」(この勝ち誇った亀ちゃんに場内大爆笑)
(田中)「昼は絵里も間違えとったろ。バカにバカっていわれたくないもん」
で、ジュンジュンは52で不正解。次の佐紀ちゃんは54で正解。
(梅田)「簡単でしたか。」
(清水)「はい、痒くなかったんで、大丈夫でした」
(梅田)「はい、じゃあ次、みや」
    (答えが書けずに場内エーの嵐)
(夏焼)「一回目も言ったんですけど、合計まで時間が足りないんですよ。」
(梅田)「そうですか。残念でしたね。じゃ次、舞美」
(矢島)「ちょと、やばいです。44です。最後の11+12-13がなぜかゼロになりました。リズム取りながらだったので、難しかったですね」
(ジュン)「自信があったのにー!亀井さんのせいだよ!(なぜか八つ当たり)」
(亀井)「そうですか?絵里が全部いけないみたいです。なんでこんな空気になるんでしょうか?」
(田中)「なんだか絵里がスベッたみたいになっとうやん」
(梅田)「ではみなさん、どんどん気力を磨いていきましょう。ということで、ワンランク上の気力チームでした」

5.意見交換2
 
 進行役:新垣里沙
 代表者:高橋愛、清水佐紀、矢島舞美、真野恵里菜

(新垣)「はい、キャプテンは意外と自由ですね。」
(清水)「私ですか?」
(新垣)「蚊に刺されて掻いてたもんね」
(高橋)「けっこうはれてるわ」
(新垣)「ホントだ、そりゃ痒いわ」
(矢島)「私も刺されました」
(新垣)「みんな気をつけてくださいね。ということで、今、計算問題やりましたけど、雅ちゃんはどうしてもできないみたいだね。なんで、これに選ばれちゃったかだよね」
(夏焼)「ホントですよー。スタッフさんは私が計算苦っててこと知ってるしー。2個同時にできないってことも絶対知ってるんですよ。だから、出来る人の中に私を間違っていれちゃたんですよ。」
(新垣)「あー間違っちゃんだ。」
(高橋)「でも、モーニング娘。の中でも間違えてるのいたけどね」
(新垣)「まあ、亀みたいに奇跡もおきてたからね。でも、さっきスタンバイしてるときも雅ちゃん真剣に「新垣さん、ホントに私無理なんですよ」って本気で言ってので、本当に無理なんだなと思いました。でも、頑張ってましたよ」
(高橋)「そうですね」

ということで、ガキさんが雅ちゃんの後フォローしてくれてましたが、Buono!「My Boy」イベントのゲーム3連敗でもわかるように、雅ちゃんは焦らせるゲームが苦手なのはみんなよく知っているので、今回のお題に参加させたのはかわいそうだなと思いました。でもガキさんの後フォローはよかったと思います。

(新垣)「ところで、話は突然変わって、新しいファンクラブになったということで、今までにないファンクラブイベントをするとしたら、どんなイベントをしてみたいですかね?」
(矢島)「あのー、バスツアーあるじゃないですか、それのバスガイドやってみたいです」
(新垣)「どこに行きたい?」
(矢島)「(笑顔で)京都に行きたいです」
(新垣)「いいね。その笑顔。本当に行きたいって感じでてるよ。他には」
(真野)「私は先輩方ともっとユニットを越えたイベントをいっぱいやってみたいです」
(新垣)「では、真野ちゃんが、ユニットを組んでファンクラブイベントやるとしたら、誰とやりたい?いいよ、いっぱいいるから、よーく考えてね。」

(えー、と真野ちゃんが悩んでいる間、嗣永桃子ちゃんが、なぜか「自分を選んでと」猛アピール)

(真野)「なんかあの、ピンク色の光線みたいのが飛んできてるんですけど・・・」
(新垣)「あまり、気にしなくて平気だからね」
(真野)「道重さん。」(といって、さゆみんの方に近づくとさゆみん大喜び)
(新垣)「そっか、さゆみんとイベントできる日がくるといいね。でも、毒吐くよ。さゆみんは、けっこうくるよ。」
(道重)「真野ちゃんもねー、実は隠してるけど、黒いんですよ」
(と、真野ちゃんを強引に黒くしよとするものの、ここはガキさんがバッサリ切って)
(新垣)「キャプテンはどうですか」
(清水)「そうですね。真野ちゃんの案を借りて、全ユニットのイベント初めてじゃないですか、なので劇とかコントとかやりたいです。」
(新垣)「なるほどね、でもこれだけメンバーいると結構仕切るの大変で、もういっかなとか実は思っちゃたりしてます。じゃあ愛ちゃんは」
(高橋)「ビンゴゲームとか。みなさんと一緒にやって、新垣さんが回して」
(新垣)「私が回すの?これまた、てんやわんやで大変だ」
(高橋)「回すのなんて決まりきってるからいいじゃん」
(清水)「それで商品を決めておいてお客さんにプレゼントとか」
(いいねー、楽しそうと、後方からも同意の声が)
(新垣)「他にモーニング娘。から何かある?」
(リン)「中国とかも回って、ファンクラブいべんととか」
(新垣)「大変じゃんか!もう、どこまで行けばいいのって感じで、今でも大変なのに・・・ねえ」(と観客を見ると、観客同意の拍手。今回の様子をみて、これだけのメンバー仕切るのが大変だということがよくわかりました)
(新垣)「じゃあ、℃-uteは?舞ちゃん」
(萩原)「運動会!」
(新垣)「久々に運動会!さゆみんとか運動得意じゃないからヤダって(さゆみん、両手で×マーク)却下って言ってるけど」
(岡井)「あのーももちゃんが、跳び箱めっちゃ上手なんですよ。だからもう一回みたいです。」
(嗣永桃子ちゃん、よろこんで、跳び箱飛んでるマネするも。)
(新垣)「見たいのー。私はあんまり見たくないなあ。Berryzは他に何かやりたいことある?おっ、熊井ちゃん」
(熊井)「いつもステージから登場してるじゃないですか。そうじゃなくって、2階席から出てくるとか、いろんなとこから登場するのをやってみたいです。」
(新垣)「なるほど、斬新な答が出てきました。ということで、今出てきた答の中から、桃子の跳び箱を除いて、なにかできればいいなと(場内大爆笑も一部桃子ファンからのエーもあったので)、わかりました。跳び箱も一応考慮に入れて、どっかでできればいいなあと思います。ここで、またさっきと同じ質問をモーニング娘。のリーダー高橋愛ちゃんにしたいと思います。私たちがこれから強化していかなけれなならないものはなんだとおもいますか?」
(高橋)「これからのアイドルは頭が切れて、発想力にセンスがないといけないと思うんですよ。なので、知力を磨いた方がいいと思います。」
(新垣)「なるほどね。発想力のセンスといえば、ハロプロのバラエティ班(そんなのあったのか?)代表の彼女で行きたいと思います。」

というとこで、さゆみんがメガネを書けて前に登場し、暗転して次のコーナーへ

6.知力のコーナー

 進行役:道重さゆみ
 代表者:新垣里沙、高橋愛、光井愛佳、須藤茉麻、熊井友里奈、岡井千聖、真野恵里菜

(道重)「これからのエンターティメント業界は、知的で斬新な発想力が求められてきます。そこで、私からここにいるメンバーに問題をだすので、センスある斬新な発想の答えをよろしくお願いします。それが、斬新なのか、残念なのか、私がジャッジしたいと思います。はい、ではみなさん心して頑張ってくださいね。ということで、最初の問題をお願いします。」

ということで、スクリーンに出されたお題は

「ハロプロエッグ、ハロプロキッズ。そしてこの秋ついに赤ちゃんばかりが集合したハロプロ予備軍が誕生しました。ずばりその名前は?」

ということで、

(熊井)「ハロプロバブーズ!」
(道重)「斬新!」
(高橋)「ハロプロ赤ちゃん!」
(道重)「残念!そのまんまじゃん」
(須藤)「ハロプロピチピチ」
(道重)「斬新!かわいい」
(岡井)「ハロプロベビー」
(道重)「残念!」
(新垣)「ハロプロバブー」
(道重)「残念!じゃあ最後真野ちゃん決めて」
(真野)「えー、ハロプロ・・・」
(道重)「残念!それでは、さゆみの模範解答を見てください」
(道重)「ハロプロ米粒!(が、場内エーで評判今ひとつ)みんな嫉妬心すごいね。エーって言いたがりなんだね。そんな年頃でしょ。それでは次の問題行きます。」

「℃-uteの萩原舞ちゃんが、あの有名なクイズ番組で1000万円を獲得しました。さて、そのときの最後の問題の答えはなんだったか教えてください?」

(新垣)「嗣永桃子」
(道重)「残念!(ガキさん不満そうにするも)、だってチョイスが残念でしょ!」(場内大拍手、桃子不満そうにアピールしてさらに大爆笑)
(岡井)「東京タワーがどこにあるか」
(道重)「それが答え?残念!わかりずらい」
(光井)「光井愛佳」
(道重)「残念!」
(高橋)「宇治金時」
(道重)「斬新!いいーじゃん、新しい。それでは模範解答いっちゃいます。保田圭!(これは場内納得の大拍手)このくらいのチョイスじゃないと。ここにいないのに斬新でしょ(と、このお題は全員納得で締めくくる)。それでは最後の問題に行きたいと思います。」

「私、道重さゆみはうさちゃんピースをついに封印しよかと考えています。うさちゃんピースに変わるものを考えてください。」

うさちゃんピース封印といったときに、観客エーというも
(新垣)「大丈夫、大丈夫、どうせ封印なんて考えてないんだから」
(道重)「うさちゃんピース! けっこう残念な空気になりますね。(さゆみん、冷静な自己分析)」
(新垣)「小悪魔チョップ」
(道重)「斬新!」
(新垣)「毒舌ピース」
(道重)「残念!」
(熊井)「ぴょんぴょんジャンプ!」
(道重)「残念!」
(光井)「おはようと、はらぐろを混ぜて、おはぐろん」
(道重)「斬新!でも歯が黒いみたいだね」
(真野ちゃん、やっと挙手すると)
(道重)「あ、真野ちゃん、かわいいね。どうぞ(というと、明らかなえこひいきに、メンバーあからさまに不満がって、観客大爆笑)だって、かわいいじゃん」
(真野)「うさちゃん、ビーム!」
(道重)「斬新!かわいい!」
(須藤)「自画自さゆみん!」
(道重)「斬新!いいと思いますよ。でも、MVPは真野ちゃんですね。では、わたしの模範解答行きます。「うさちゃんテュース(Vを横にしただけ・・・)」」
(新垣)「最悪だよ!それ、やんないで」
(道重)「ということで、盛り上がったところで・・・(微妙だとガキさんのツッコミが入り)、いっぱいいっぱいになったところで、すべての問題が終了したのですが、光井愛佳ちゃんどうでしたか」
(光井)「愛佳はあまり斬新な答えがでないので、キャラ変更して言おうとしたんですけど、言えなかったです。」
(道重)「残念!では真野ちゃんはどうでしたか?」
(真野)「私は道重さんにMVPって言われて嬉しかったです。」
(道重)「かわいーい!」
(岡井)「道重さん、声変わってますよ!」
(新垣)「ホントだよ。道重さーん!」
(道重)「真野ちゃんには、特別なさゆみを見せるんだ!(場内大爆笑)これからもハロープロジェクトを背負っていく私たちですから、これからも知的さ、そしてかわいさに磨きをかけていきましょうねー。以上でーす。ありがとうございました。」

7.意見交換3
 
 進行役:新垣里沙
 代表者:高橋愛、清水佐紀、矢島舞美、真野恵里菜

(新垣)「ということで、盛り上がってしまって、熱いんですけど、今のコーナーは頭の回転が結構重要になってきてるんですけど、頭の回転が速くないと、バラエティにはいけないと思うんですけど、愛ちゃん的にはバラエティに進んで行きたいって気持ちはあったりしますか?
(高橋)「あのー、私バカだから・・・」
(新垣)「いや、いや、いや、そんなことないと思うよ。みてごらん。ここにいる亀井さんを・・・自信もってよ。そんな亀井さんはバラエティはどうですか?」(ここで、亀ちゃん、愛ちゃんの妙なやりとりがあったのですが、妙すぎて説明できないので省略)
(新垣)「℃-uteのメンバーは?バラエティ行きたい人。」
(岡井)「バラエティ行きたいです。バラエティに行っても、歌も歌えるし面白いダンスもできるし・・・」
(新垣)「面白いダンス?何かちょっとやってみてよ」
といって、ダンスで盛り上げようとするも、急には思いつかず残念な空気に・・・
(新垣)「Berryzの中では誰かバラエティ行きますか?」
客席から「桃子」と声が上がるも
(清水)「みんな千奈美を見てるんですけど」
(新垣)「どう、徳ちゃん」
(徳永)「私いつかお笑い芸人やってみたいです。」
(新垣)「お笑い芸人やるとしたら誰とコンビ組みたい?」
(徳永)「私は亀井さんか岡井さんとコンビ組みたいです。」
(亀井)「私も今思ってたんだよ。」
(新垣)「ホントかなあ?それだと徳ちゃんがツッコミだよ。」
(徳永)「イヤです。」
ということで、みんなボケやりたいようで、収拾つかず。
(新垣)「それでは、最後にBerryz工房のキャプテン清水佐紀ちゃんに同じ質問をしたいと思います。ここにいるメンバーがこれから強化していかなけれなならないものはなんだとおもいますか?」
(清水)「はい、歌、ダンス、トークの共通点といえば、表現力だと思うんです。私たちがさらに上を目指すには表現力を強化していくべきだと思います。」
(新垣)「なるほど、それでは、最後のコーナーは誰に仕切ってもらいましょうか?」
(清水)「自ら、私にやらせてくれと、頼んできました。Berryz工房 嗣永桃子さんにお願いします。」
(新垣)「大丈夫なのー。ホントにやる?それじゃあ桃子ちゃん、よろしくお願いします。

ということで、やっと最後のコーナーの直前までたどりつきましたが、今日はここで力尽きました。こうして書いてみると、新鮮な組み合わせのトークが面白く、魅力的ではあるものの、なんだかグダグダ感もあるのが伝わっていただけるでしょうか?このグダグダ感が何なのか?自分でも読み返して、探ってみたいと思います。それにしても、こうやって思い返すとガキさんはこのイベントよく仕切ってるなあと改めて思いました。

明日は問題の嗣永桃子ちゃんのコーナーを中心にお送りします。

2009年8月24日 (月)

ハロプロミーティング その2

2009082401

それでは、記憶の新しいうちにハロプロ・ミーティングの詳細レポートをお送りします。せっかくなので、全メンバーの名前と生年月日を掲載します。レポート中では最近多用している、メンバーの顔文字を使うとワケわからなくなりそうなので、苗字(敬称略)で掲載します。

モーニング娘。
高橋愛(たかはし あい、1986年9月14日)
新垣里沙(にいがき りさ、1988年10月20日)
亀井絵里(かめい えり、1988年12月23日)
道重さゆみ(みちしげ さゆみ、1989年7月13日)
田中れいな(たなか れいな、1989年11月11日)
久住小春(くすみ こはる、1992年7月15日)
光井愛佳(みつい あいか、1993年1月12日)
ジュンジュン(ジュンジュン、1988年2月11日)
リンリン(リンリン、1991年3月11日)

Berryz工房
清水佐紀(しみず さき、1991年11月22日)
嗣永桃子(つぐなが ももこ、1992年3月6日)
徳永千奈美(とくなが ちなみ、1992年5月22日)
須藤茉麻(すどう まあさ、1992年7月3日)
夏焼雅(なつやき みやび、1992年8月25日)
熊井友理奈(くまい ゆりな、1993年8月3日)
菅谷梨沙子(すがや りさこ、1994年4月4日)

℃-ute
梅田えりか(うめだ えりか、1991年5月24日)
矢島舞美(やじま まいみ、1992年2月7日)
中島早貴(なかじま さき、1994年2月5日)※今回欠席
鈴木愛理 (すずき あいり、1994年4月12日
岡井千聖(おかい ちさと、1994年6月21日)
萩原舞 (はぎわら まい、1996年2月7日)

真野 恵里菜(まの えりな、1991年4月11日)

1.開演前

ステージは特に装飾はなく、バックにスクリーンがあって、上記写真のロゴが写されていました。スクリーンはコーナーの解説等に使われただけで、ステージ上のメンバーを映すことはなかったです。また、ステージには折りたたみ椅子が2列に並んでいて、2列目はひな壇の上に並んでいました。ひな壇は3個置かれていたので、各ユニット毎にすわるんだろうなあと容易に想像できました。開演前の観客はとても大人しく、2階席で「しみずさきさーん!」と連呼する人1名と、1階席後方で、なぜか息継ぎもせずに、身を削るような長い文章の連呼(内容は聞き取れず)をする人が1名いて、この人は叫び終わったあとになぜか、観客から拍手をもらってました。など、今回は観客はよくみなかったのですが、ずっと着席でイベントが行われたので、妙なもの振り回したり、奇声を発していた人は極めて少なかったと思います。場内アナウンスは普通の人でした。

2.開演

場内が暗転すると、知らないおじさんのMC(声のみの出演)で、
「さあみなさんお待たせしました。やります。振り替えてもやるんです。新ファンクラブ発足イベント。「ハローミーティング」!今日のステージに立つラインアップは、真野絵里菜!続いて、℃-ute!、Berryz工房!さあそしてラストはモーニング娘!、そしてオープニングトークの進行はドキドキ真野恵里菜!」
と紹介があり、全メンバーが登場して、いきなり真野ちゃんが進行役で、イベントが始まりました。

(真野)みなさーん、こんばんは。今日はようこそおいでくださいました。さて、オープニングトークの進行役ということで、私こういうイベントははじめてでドキドキしているんですけども、先輩たちに負けないようにいっぱい発言したいと思います。今日はよろしくお願いします。それでは、今日のイベントに対する意気込みを聴いていきたいんですけど、まずは、モーニング娘。の亀井絵里さん」
(亀井)「みなさーん、こんばんは。こういうイベントは本当に今日が初めてなので、すごく楽しみにしていたんですけど、ミーティングということで、いい意見を出し合って、すーばらしい、にーちよう日にしたいと思います。ビューティフル(といって、客席にマイクを向け、サンデーと言わせる)、ありがとうございます!」
(真野)「続いてBerryz工房の熊井友理奈さん。」
(熊井)「はい、今日は1回目もやったんですが、1回目のとき以上に楽しみたいと思います。みなさんよろしくお願いします。」
(真野)「最後に℃-uteの鈴木愛理さん」(僕の好きなメンバーばかり選ぶ真野ちゃんナイス!)
(鈴木)「今日はメンバー22人とみなさんで、楽しい時間が過ごせればいいなあと思います。よろしくおねがいします。」
(真野)「それでは、みなさんよろしくお願いします。」
(といって、BGMが流れてメンバー着席)
座席の並び順は

(後列)須藤・夏焼・徳永     LL・光井・久住・亀井・JJ  梅田・萩原・岡井
(前列)熊井・菅谷・嗣永・清水  新垣・田中・高橋・道     真野・鈴木・矢島

といった感じでした。で、ここから各コーナー毎に進行役と、代表者が前に出て立って、進行して、時々後ろに座っているメンバーが発言するスタイルでイベントは進行しました。メンバーの服装はグッズで売られてたポロシャツ(娘:レッド、ベリ:オレンジ、℃:ピンク、まの:イエロー)で、下は短パンだったりミニスカートだったり、Gパンだったりバラバラでした。(全員の衣装メモろうと思ったものの、22人もいるので諦めました)

3.意見交換
 
 進行役:新垣里沙
 代表者:高橋愛、清水佐紀、矢島舞美、真野恵里菜

(新垣)「それでは、各グループのリーダ、キャプテン、真野恵里菜ちゃんに集まってもらって、忌憚のない意見交換をしてもらうんですが、ケンカにはならないようにしたいと思うんですけど、もしケンカが始まったら、茉麻ちゃんが止めにきてくれれるので、大丈夫かなと思います。(場内大拍手)茉麻ちゃん、なんかあったらよろしくね!なので、全然大丈夫だから真野ちゃんもどんどん発言してね。また、後ろに座っている人もどんどん発言してくださいね。今日は22人もいるので、積極的にしゃべらないと、一日なにもしゃべらずに終わってしまうことも、ありえるので、どんどん前に出てきてくださいね。(何気にガキさん、後輩にプレッシャーかけるの上手!)」
(新垣)「そして最初にこれを聞いてみたいと思います。ファンクラブも新しくなりましたが、私たちも新たな一歩を踏み出したわけです。そこで、私たちはハロープロジェクトの最大のウリ、特徴はなんだと思いますか?」
(まず、真っ先に舞美ちゃんが挙手)
(矢島)「私たち22人もいるじゃないですか。なので、全員で、パワーを出し合って、そのパワーがひとつになったら、みなさんにおっきなパワーとなって伝わるんじゃないかと思います」
(新垣)「なるほどー、いいですね。じゃあ、真野ちゃんいこうか」
(真野)「ハイ、笑顔です。今思ったんですけど、このハロープロジェクトのマークも笑ってるじゃないですか。なので、笑顔がウリです。」
(新垣)「なるほどねー、はい、じゃあキャプテン」
(清水)「各グループ、真野ちゃんも含め、私たちって個性がそれぞれ違うじゃないですか。一緒だと面白くないんで、そういったとこもウリのひとつかなと思います」
(新垣)「おおー、個性を出していく!いいこといいますねえ。じゃあ最後リーダー、愛ちゃん」
(高橋)「ライバル!なんかみんな仲間ですけど、いい意味でライバルだから、ぶつかり合っている。お互い負けたくないって思えるのがいいかなと思います。」
(新垣)「さすが、そういう気持ちは大事ですよね。ちょっと、ちょっと、モーニング娘。の6期メンバー!ちゃんと話聴いてる?あんたちだって、けっこう上の方なんだから、ウリはなんだと思う」
(道重)「今ね。6期メンバー3人で、振られたらどうしようって話してたの。話すことないねって・・・」
(新垣)「だったら、ちゃんと聴いてようよ」
(道重)「なんか考えてた?(と亀ちゃんにマイク渡す)」
(亀井)「うっ!(と言って、れいなちゃんにマイク渡すと、観客エーと、言ったので、亀ちゃん嬉しそうに観客を煽って、再びマイク受け取ってなにか言おうとするも、マイクは戻ってこず・・・亀ちゃんは何いおうとしたんだろう?」
(新垣)「ハイ、じゃあBerryz工房はなにか意見ありますか。「ここウリにしていきたい」みたいな!(と桃子ちゃんが派手にアピールして)お、桃子きたね」
(嗣永)「やっぱり、佐紀ちゃんが言ってる個性だと思うんですけど、(熊井ちゃんの横に移動して)ももとくまいちょーは身長はこんなに違うのに座高はおんなじなところとか・・・(さすが、捨て身のギャグ大ウケ!)すーちゃん(須藤茉麻)の腕力とか、みやのツンデレもすごいし・・・」
(夏焼)「よく言われるんです。私、ツンデレって、でもー、そんなことないんですよ」
(嗣永)「おっ、出ました出ました」
(夏焼)「何が出たんだか、意味わかんないよね」
(嗣永)「といった感じで個性だと思います。」
(新垣)「なるほど、見るからに個性でてますけどね、Berryz工房は。じゃあ、℃-uteはどんなとこがウリだと思う?」
(岡井)「℃-uteは”潤い”を・・・・(場内オー)、℃-uteは平均年齢も一番下じゃないですか。なので、若さをウリにしていきたいなと思いました。(場内さらにオー)」
(新垣)「ちょっと、モーニング娘。も誰か何か言ってやって、(で、小春ちゃん挙手)お、小春行け!」
(久住)「やっぱり、モーニング娘。は一番年上なんで、セクシーさだと思います。」
(新垣)「おー、小春が言った・・・」(さらにジュンジュンが挙手)
(ジュン)「セクシーさも負けないし、見た目的には、みんなより若いと思います。」
(ここで、みんな一気にヒートアップ)
(新垣)「ちょっと、みんな私が指名してから発言して、はい梨沙子ちゃん」
(菅谷)「今、千聖が潤いって言ったんですけど、私たちも潤負けてましぇんよ(ちょっと噛む)」
(新垣)「いいねえー。それぞれのグループの個性が出て、ミーティング感出てきたね。ここで、ちょっと話題を変えて、℃-uteの矢島舞美ちゃん、私たちがこれから強化していかなけれなならないものはなんだとおもいますか?
(矢島)「ズバリ、気力だと思うんですけど、私たちは日本一のエンターティメント目指して、気力とか、強い精神力を鍛えていかなければならないと思います。」
(新垣)「そうだよね。それでは、今現在、私たちがどれだけ気力のあるパフォーマンスができているのか、実験してみましょうか」
(矢島)「ハイ、それでは、ここからは℃-uteの梅田えりかちゃんに進行をお願いしたいと思います。」

で、BGMが流れて次のコーナーとなりました。桃子ちゃんが、捨て身のギャグでウケとったり、岡井ちゃんが、対抗意識を煽って、話が盛り上がってきたので、もうちょっと討論聞いてみたかったなあと思いました。

そして、ここまで書いてちょっと疲れてきたので、続きは明日以降に書きます。

2009年8月23日 (日)

ハロプロミーティング その1

ということで、八王子市民会館の「ハロプロミーティング」の18時30分からの公演に行ってきました。もともと、真野ちゃんの「乙女の祈り」のCDを買って当選した、一応無料の販促イベントなので、あまり内容を期待しないで行ったのですが、始まってみれば、さすがに真野ちゃん、モーニング娘。Berryz工房、℃-ute(中島早貴ちゃんのみ欠席)のメンバーが勢ぞろいしたステージは豪華で、トークでも普段は見られない絡み(例えば、さゆみんが真野ちゃんをえこひいきして、亀ちゃんが嫉妬するなど・・・)が見れて、充実していたものの、終わってみればなんだかイマイチな印象が残りました。多分のこのメンバーで、この内容ならばもっと面白いことができたはずと思ってしまったので、イマイチと感じたんだと思います。と、書いてもこれを読んでるだけでは、何がどうイマイチだったのかよくわからないと思いますので、例によって、詳細なレポートを書いて検証してみようと思いますが、例によって今日はもうパワーが残ってないので、後日にします。以下は、これも例によって、雑感を書いて見ます。

・今日の座席は2階の2列目の右側でしたが、なぜか2階の1列目は封鎖されていて、見通しがよく、双眼鏡使えばメンバーの表情がよく見れました。

・本編のトークショーの後には、タッチ会と称して、全メンバーと右手でハイタッチすることが行われました。ステージ上に机が置かれ、真野ちゃん、℃-ute、Berryz工房、モーニング娘。の順番で次々にハイタッチしていくのですが、あまりに一瞬の出来事なので、声もかけれない状況でした。それでも、すべての席の人が全出演メンバーをま近で見ることができたので、会場のキャパを考慮すればいいサービスだったんじゃないかなと思います。それでも、矢島舞美ちゃんと梅田えりかちゃんが並んでいたから、「Bello!よかったよ!」と声かけたけど、一瞬だったから伝わらなかったと思います。また、強く印象に残ったのは嗣永桃子ちゃんで、こちらからは何も言えなかったのに、まるで僕のことを顔見知りかのような表情で力強くタッチしてくれて、「これは先日のRock'n Buono!の時に目が合ったことを覚えてくれていたに違いない」と勘違いさせてくれるのに十分なタッチでした。

・そんな嗣永桃子ちゃんが、司会をやったコーナーがグダグダになってしまっていて、意外でした。(桃子ちゃん、ちょっと凹んだんじゃないかと思うほどでした。)これは嗣永桃子ちゃんの仕切りの問題なのか、絡んだメンバーが悪いのかじっくり検証してみたいと思います。

・清水佐紀ちゃんが、ちょっとだけ髪切ったみたいでした。

・今回の公演はもともと5月に品川で行われる予定だったものが、延期され八王子に変更され、しかもAKB48の武道館コンサートとカブったので、当選放棄する人が多いのではと心配したのですが、客席はほとんど埋まっていたので、当選放棄した人は極少数のようでした。品川ではオールスタンディングの予定が、座席指定になったおかげでまったりとトークが見れたし、また、当初はBuono!のメンバー等欠席者が多い予定だったのが、今回は欠席者は1名だけと、結果的に充実してよかったです。

テレビ番組 などなど

今日は八王子市民会館で行われる「ハロプロミーティング」に行く予定です。このイベント、何をやるのか全く不明なのですが、せっかく当選したのでとにかく行って来てレポート書こうと思っています。

1.遠藤淳

ところで、金曜日に、事情があってわかりにくい告知をした番組はみなさんご覧になったでしょうか?この番組では、高井亜耶乃ちゃんが出演しました。

高井亜耶乃

ちょっと小さい写真ですが、一番右が高井亜耶乃ちゃんです。写真をクリックするとリンク先の番組ページへ飛べますが、『第2回手が届きそうなアイドルオーディション』ということで、亜耶乃ちゃんはちょっとドキっとするキャラで登場しましたが、高井亜耶乃ちゃんのブログにも「内容は真に受けないでね」とあるので、そうゆうことです。なので、キャラはともかく、地上波のハイビジョン映像で高井亜耶乃ちゃんが見れたのが素直にうれしいです。この企画では現在7名のアイドルユニット候補から、さらに携帯サイトの投票結果で5人に絞るということで、番組の携帯サイトで8月28日まで投票をやっています。携帯から「メニュー⇒TV⇒テレビ東京⇒遠藤淳」で簡単に投票ページにたどりつけるので、高井亜耶乃ちゃんを応援してくれる方、もしくはパケット定額料金の方はぜひ高井亜耶乃ちゃんに投票して欲しいなと思います。携帯サイトでは高井亜耶乃ちゃんの動画も見られます。なお、結果は9月11日の放送で発表されるようです。

2.すイエんサー

先週の木曜日NHKニュースみてたら、その後の番組でいきなりAKB48が出てきて、びっくりしました。これはNHK教育テレビで放送している「すイエんサー」という番組の「夏休みスペシャル」で、内容もNHKのスタッフさんは「AKBINGO」や「週刊AKB」を意識して、より面白い番組を作ろうとしているじゃないかと思うくらい、笑える楽しい内容でした。

AKB48

上記は番組ブログ(写真をクリックすると飛んでいけます)にある写真ですが、大のヘビ嫌いの前田敦子ちゃんが、ロケしているうちに、すっかりヘビに馴れちゃったそうです。ヘビ好きの僕としてはなんか嬉しいです。この番組はアンコール放送があるようですが、地域によって、違うようなので、上記の番組ブログでチェックしてみてください。

2009年8月22日 (土)

Rock'n Buono!2 ライブレポート

昨日のモッシュを受けた背中は幸いなことに、腰痛には至りませんでした。やっぱり背中は大事でゴルゴ13の「俺の背後に回るな」は的を得ているなあと改めて実感(?)しました。ということで、昨日のRock'n Buono!2の詳細レポートを書きます。

2009082201

2009082202

1.開演前

入場してステージを見ると、特にかわいい装飾はなく、中央にドラムセット、右にギターアンプ、左にベースアンプが置かれて、ちゃんと電源ONの状態になってました。そして、BGMは横浜銀蝿からLED ZEPPELIN等のロックナンバーがかかっていて、ハロプロの現場ではなくロックコンサートの雰囲気になってました。なので、開演前から僕はノリノリになってました。そして、定刻を少し過ぎたころに、場内アナウンスが流れると、観客はその声がすぐ嗣永桃子ちゃんだと気が付き、大歓声が起きました。桃子ちゃんは一般的な諸注意(モッシュ・ダイブは危険なので固くお断りしますと、言ってたんですけどね・・・)で、次に夏焼雅ちゃんが「本日はBuono!のイベントです。グッズ売り場ではBuono!メンバー以外の写真が売られていますが、出演はございません。過剰な期待は禁物です。予めご了承ください」とアナウンスして、確かに過剰な期待をしない方がライブは楽しめるんだよなあと思い、よい事前通知だと思いました。そして、鈴木愛理ちゃんが、「それでは、開演です。自分の場所に戻ってしばらくお待ちください。」と言い終わると、クイーンの「ウィ・ウィル・ロック・ユー」が流れて場内大合唱となり、会場のテンションが一気に高まりました。

2.オープニング

「ウィ・ウィル・ロック・ユー」が突然途切れると、今度はワーグナーの『ワルキューレの騎行』が流れて、メンバーが登場して、各楽器のポジションに着きました。『ワルキューレの騎行』といえば、映画ファンには「地獄の黙示録」でおなじみだし、プロレスファンには藤原喜明の入場テーマでおなじみであり、そして、そして、ロックファンにはマイケルシェンカーグループの名盤「武道館ライブ・飛翔伝説」のオープニングでおなじみであり、Buono!の3人がこのSEの後にマイケルシェンカーグループみたく音出しするもんだから、僕のテンションは一気にMAXに達しました。

飛翔伝説

そして、嗣永桃子ちゃんが、「Buono!新曲いくよー!」の掛け声とともに、ドラムでカウントをとって、鈴木愛理ちゃんが、単純なギターリフを弾き出したから、「おおー、遂に一曲弾けるようになったのか!」と思ったら、すぐ、弾いてないのに音が出ていることがわかり、MAXまで達したテンションが、いきなりズッコケされられてしまいました。まあ、Buono!らしいなとは思うんですが・・・

で、1曲目が終わると、一応各楽器で音だししながら自己紹介を行いました。(衣装は上記の写真の衣装でした。)で、嗣永桃子ちゃんが、「オープンニングは新曲Buono!のテーマをお送りしました。実は演奏できなくても、演奏するふりをする業界用語でいう”あて振り”で(普通は)パフォーマンスするんですけど、私たちは楽器はただ持つだけで、全く演奏しないという新しい形でお送りしました」で、雅ちゃんが「今回はブルーハーツさんのリンダリンダを練習していたんですけど、℃-uteのコンサートツアーが始まって愛理が練習に参加できなくなってしまったので、今回は演奏をあきらめました。」というと、愛理ちゃんが、「ちょっと待った。私クラスになると、練習しなくても弾けちゃうんだよ」といって、いきなりギター弾き語りでリンダリンダを歌い始めました。一応コード押さえているように見えたので、ちゃんと弾いているのかなと思ったら、桃子ちゃんが、愛理ちゃんの右手を引っ張って、弦を弾いていないのに、音が出ているのをバラしてしまいました。で、桃子ちゃんが「弾けてないじゃん」ってツッコむと「じゃあももドラムやってみて」といわれ、「いやー、まだ肩温まってないからさー」と言い訳をして、「じゃあ、みやは?」と愛理ちゃんがきくと、「今日、お母さんにダメって言われたから」といわれ、桃子ちゃんが、「はい、ということでやっぱり私たちは楽器は弾かずに衣装の一部として持つだけにしたいと思います」と、Buono!メンバーでの楽器演奏あきらめ宣言をついにしてしまいました。まあ、強力なバックバンドがいるからいいかなと思うものの、このあきらめ宣言はちょっと残念でした。

3.ソロコーナー

「Take It Easy」の初披露と「MY BOY」「ロッタラ ロッタラ」をやったあと、嗣永桃子ちゃんが、「Buono!ライブ初のソロコーナーに行きたいと思います。トップパッターは・・・」というと、雅ちゃんと愛理ちゃんが2人で挙手して、勝手にあぁの「夢と現実」を歌いはじめて、昼公演では嗣永桃子ちゃんにまったく知らせずドッキリだったらしく、夜公演では、嗣永桃子ちゃんも見よう見まねでダンスについて来て、歌詞わからないのに、曲にあわせて「ももはかわいい」と歌ったりして、ついてきたものの、途中でストップがかかり、2人に「もも練習したでしょう」とツッコまれてました。で、なんでこのドッキリを仕掛けたか愛理ちゃんが説明してくれたのですが、昨年のRock'n Buono!のMCで「ももがリーダーになったら2人においしいお味噌汁を作ってあげます」と言ったのに、リーダーになってから一度も味噌汁作ってくれなかったから罰としてやったとのことでした。桃子ちゃんは「2回目はもうやらないって言ったのに・・・」といって、2人を小指で指差しながら「覚えててよねー」と、仕返しをたくらんだ顔してました。で、ソロコーナーはすごくファンクラブイベントならではの意外な選曲だったので、ぜひ選曲理由をききたいなと思いました。嗣永桃子ちゃんソロの「ジリリキテル」はBerryz工房の時よりも太い声でかっこいい感じで歌ってて、ソロでも十分魅力的だなと思いました。また、矢島舞美ちゃんの十八番を歌った鈴木愛理ちゃんもすごく堂々と歌いこなしていて、ただ中盤のしゃがんでのセクシーなダンスは一生懸命背伸びをして、見ようとしたものの、全く見えませんでした。

4.VTR

ソロコーナーが終わるとメンバーが一旦退場してスクリーンが下りてきてDVD「Buono! Days2」の予告編が流れました。その間に、ドラムセットを左側に移動して、キーボードのセットを右側にセッティングしたりと、バンド演奏の準備が行われていました。
で、この「Buono! Days2」がすごく面白くって最高でした。かわいい3人組のBuono!に対して、突如モデル体系でかっこいい3人組のBello!が現れ、対決するストーリーなんですが、Bello!の3人がいちいちモデルポーズをキメながら「Cafe Buono!」を「Cafe Bello!」として歌うところが面白くって、何度も見て大笑いしてしまいました。なので、このDVDは後日通販も行われる予定なので、買い逃した方にもオススメです。でも、Bello!のようなユニットは先日のチャンプルユニットより、全然センスいいなあと思ったのですが、どうでしょうか?

2009082203

2009082204

5.生バンド演奏

バンドが「ゴール」を演奏する中、中央からひとりづつ黒い衣装にチェンジして登場。「ガチンコでいこう」は今回が初生演奏。ギターの潤子さんが、弾きまくってくれて曲を盛り上げてくれました。で、MCでは「Buono! Days2」の紹介で、愛理ちゃんが、「大きくて、黒い3人組が足が長くって・・・」と話すと桃子ちゃんが、「DVDでBello!の足のアップとかあったけど、Buono!で足のアップとか求められたことないよね」と言って、みんなの視線が桃子ちゃんの長くない足に集中して大爆笑。で、雅ちゃんから「黒い3人組が、Cafe Buono!を勝手にCafe Bello!に変えて歌ってるんです」と紹介して、桃子ちゃんが、「そう、ちょっと文句言いたくても上から見られると何にも言えないんだよね」って言ってたけど、名古屋のトークショーで熊井ちゃんと対決したときにもやっていた、熊井ちゃんが、桃子ちゃんを上から目線で見下ろすシーンがこのDVDでも見れて面白いです。で、Cafe Bello!を口で説明するのは難しいので、雅ちゃんがCafe Buono!バージョンで、愛理ちゃんがCafe Bello!バージョンの振り付けで同時に歌ってくれて、愛理ちゃんが歌い終わってもモデルポーズ決めたままで、「私はBello向きかもね」って言ってました。
このあとは、ノリノリのシングル曲&カップリング曲が6曲続いて、この怒涛の連続は見てる方の運動量も半端じゃなかったです。すごいハードでした。バンド演奏のアレンジは「ハイブリッドパンチ」のときと特に大きく変わってなくって、「Kiss Kiss Kiss」は間奏での「Kiss Me Baby」の合唱はあったものの、普通の長さで、「寝てればいい」の後のブレイクも目覚まし時計の音がなって目覚めるパターンだったんだけど、目覚まし時計の音に合わせて桃子ちゃんがからだを小刻みに横に揺らせて「目覚まし時計のものまね?」をかわいくやっている動作が印象的でした。また、マイラブで恒例の桃子ちゃんが雅ちゃんにチューしようとする部分では雅ちゃんが両手を頬にあてて、恥ずかしそうにするポーズやってました。「れでぃぱんさー」では曲に入る前にドラムがシャッフルビートを叩いて、メンバーが客を煽ってから、曲に入るパターンで、こういう細かいアレンジができるからやっぱり生バンド演奏はいいなあと思いました。そして最後は「ハイブリッドパンチ」では最終日公演でしか見れなかった、「じゃなきゃもったいない」で締めてくれました。

6.アンコール

アンコール時にはグッズTシャツをメンバーの色に買えたTシャツにグッズのタオルを首から下げて登場しました。そして、Buono!の2周年と雅ちゃんの誕生祝いで「ハッピーバースデー」を歌いましょうということで、1番をDear Buono!、2番をDear Miyabiでということで、バンド演奏付きの「ハッピーバースデー」を合唱しました。で、最初は普通のテンポで歌った後、再度、高速ロックバージョンで「ハッピーバースデー」を歌いました。こうしたことができるのもバンドならではですよね。で、3人から最後の挨拶のあと、桃子ちゃんから「みなさんに嬉しいお知らせがあります」ということで、12月にBuono!の初のツアー決定の告知がありました。この告知に合わせてバンドも音だしして喜んで盛り上げてたので、当然生バンド付きのツアーになると思われます。12月19,20日が東京厚生年金会館で、27日がZEPP大阪、28日がZEPP名古屋とのことでした。で、最後の曲は意外な選曲で、「MY BOY」のカップリング曲で「ワープ」。これが、バンド演奏ではすごく盛り上がり、「カモンベイビー」と歌うところで、コール&レスポンスがあり、この部分を「カモンベイビー」、「Dolce最高!」、「Buono!最高!」、「みんな最高!」で歌って盛り上がりました。メンバーはタオル振り回しながら、歌って最後の方では、客席にタオルを投げ(登場時に首に下げてたタオルではなく、直前にスタッフに渡されたタオルでした)てました。そして最後は「みんなで飛ぶよ!」の合図とともに全員ジャンプして完全燃焼し切って、ライブ終了となりました。

ということで、終わってみれば「ロックの神様」や「泣き虫少年」のような人気曲は演奏されず、期待されていた「Buono!2」からまだ演奏されていない曲は演奏されなかったのですが、これらは12月のツアーでの楽しみとしてとっておこうという気分になれたので、不満は感じませんでした。というか、これ以上やったら死ぬと思うくらい後半の盛り上がりはすざまじく、楽しかったです。で、後半のバンド演奏曲のセットリストを改めてみると、最近シングル曲が続いている「つんく楽曲」がなく、やっぱりつんくさんの曲はBuono!向きがないんじゃないかと改めて思いました。なので、やっぱりつんくさんはBuono!には関わらず、その分モーニング娘。やBerryz工房に集中していい曲を書いて欲しいなと思いました。それにしても、12月のBuono!の東名阪ツアーは本当に楽しみです。全公演見に行きたい気分になりました。

2009年8月21日 (金)

モッシュ初体験

ということで、Rock'n Buono!2の夜公演に行ってきました。内容的にはすごく楽しめて、ものすごく気持ちいい汗を大量にかいたライブでした。セットリストは以下の通りです。

Buono!のテーマ
リンダリンダ(ちょっとだけ) 
Take it easy!
MY BOY
ロッタラ ロッタラ
夢と現実(途中まで)
正夢(雅ソロ)
ジリリ キテル(桃子ソロ)
夏DOKIリップスティック(愛理ソロ)
VTR(DVD(Buono! Days2)の予告編)
---以降 バンド演奏 ----
ゴール
ガチンコでいこう!
Cafe Buono! & Cafe Bello!(演奏なしでちょっとだけ歌う)
ホントのじぶん
恋愛ライダー
Kiss!Kiss!Kiss!
マイラブ
れでぃぱんさぁ
じゃなきゃもったいないっ!
(アンコール)
Happy Birthday(to Buono! and Miyabi)
ワープ!

ファンクラブ限定ライブということで、特にバンド演奏になる前の部分はやりたい放題のスペシャルな内容となってました。昨年、自分がRock'n Buono!に落選して行けなかった際に、ファンの方が個人ブログで詳細レポートしてくれたのを拝見できたのがとても有難かったので、今回は例によって記憶が新しいうちになるべく詳細なレポートを書こうと思いますが、ちょっとパワーがかかるので、あとまわしにして、今回はライブ会場の雑感をちょっと書きます。

2009082101

上の写真はグッズ購入後に昼公演の入場の様子を撮ったものです。ZEPP TOKYOはりんかい線を使えばわりと短時間で行けるし、夜景等見所が多いお台場にあることからロケーション的には僕は悪くないと思っているのですが、ハコが2000人以上収容可能なわりには入り口付近が狭すぎますね。この点だけは、誰が見ても非常に悪い評価になるなと思います。

2009082102

ZEPP TOKYOは何回か行ったことがあるのですが、チケットにブロック指定のない、完全自由のオールスタンディングは初めての経験でした。僕の入場整理番号は1800番台でどれだけ後ろでみることになるんだろうと思って入場したのですが、会場に入ると、ある程度の幅で柵があって、でも柵は脇までないので、脇を通って前に行くのは容易で、柵をくぐるのも容易になっていました。会場の半分からやや後ろ部分にちょっとだけ段差があって、そこの柵で区切っている右側の部分は子供、女性優先エリアとなっていました。

で、僕が入場するころには前がびっしり詰まっていて入れない状態かなと思っていたら、半分くらいのところまでは柵単位の後ろの部分がスカスカで、簡単に前方に進むことができました。で、開演前に最前の柵の次の次の柵の前の方の部分までいくことが出来ました。で、暗転すると、前の柵の部分の人たちが前に圧縮して、柵の前にすごく隙間ができました。なので、柵に陣取ってる人は柵くぐって前に行けばいいのにと思ったものの、なぜか前に行かず、もったいないと思ったので、何とか隙間を見つけて柵をくぐって前のエリアに侵入することができました。

この時点で、最前から2番目のブロックまで行くことができたのですが、前方はすごいおしくらまんじゅう状態になり圧迫感があると聴いていたものの、隙間だらけで、あまり圧迫感もなく、「なんだ前方でも平和なもんだな」と思っていたら、「MY BOY」が始まったとたん、観客が急激に前の方に押し寄せ、この流れに任せて動いていったら、結局最前の次のブロックの柵の右サイドの部分を陣取ることが出来ました。ここまで前にくると、スタンディングの前から8列目くらいなので、メンバーの表情がじっくり見れました。最後の方に入場したのにこんなに前にこれるとは、すごくラッキーでした。

で、しばらく柵につかまりながら平和にノリノリで見ていたのですが、「ロッタラ、ロッタラ」が始まると、背中にすごい衝撃を受けて、何事かと思って振り返ったら、後方でモッシュが始まってました。数名のオジサンと女の子も加わって、すごく楽しそうな顔をして激しいぶつかり合いを楽しんでいました。(きっとフジロックとかで、慣れっこになっているんでしょうね)で、今回学習しました。後方でモッシュが始まったらとにかく背中を守ることが重要だと思いました。背中への衝撃を何発も食らうと確実に気分が悪くなります。また、当たり所が悪いと後までのこる腰痛を起こしかねません。そこで、僕はモッシュが始まったら、体を横向きにして、脇を締めて、肘をわき腹に付けてガードし、背中は隣の人にくっつく寸前まで近づいて、背中への攻撃を受けないようにしました。それでも、最初に受けた衝撃のダメージがちょっとあって、明日腰痛にならないか心配です。

といった感じで、後ろから圧縮されるよりも、うしろに隙間ができたときに、いつモッシュの攻撃を受けるか心配で、ちょっと怖かったです。でも、モッシュはその後数曲でしか起こりませんでした。

ということで、オールスタンディングで完全自由席のライブは気合次第で前方に行けるものの、圧縮やモッシュの激しいぶつかり合いから自分の身を守らなければならない、弱肉強食の世界だとわかりました。でも、指定席で前方席がオークションで高騰するよりも、リスクを背負う覚悟があれば気合で前方に行くことが出来るオールスタンディングのシステムの方が健全かもとちょっと思いました。しかし、毎回こんな感じだとすごく疲れちゃいますけどね。でも、楽しめたし、いい経験ができたと思いました。

今日はRock'n Buono!2

まずは重要周知事項です。関東地方限定ですが、今晩テレビ朝日の「タモリ倶楽部」を8分間見たあとに、テレビ東京をみると、いいものが見れそうです。必見です。

で、今日はお台場のZEPP TOKYOで「ファンクラブ限定スペシャルライブ Rock'nBuono2!」が行われます。僕は昨年は落選して見れなかったものの、今年は夜公演が当選したので、見に行く予定です。オールスタンディングでギンギンのハードロックのライブなので、体力を温存するために、昨日と今日を夏季休暇にしました。それで、昼間のうちにグッズを買って、お台場をちょっと散策しようかなと思って会場に13時ごろ行ったところ、すでに大行列が出来ていて、グッズを買うのに2時間近く行列に並んでしまって、体力を使ってしまいました。それで、今家に帰って休憩しています。

ところで、先日紹介した嗣永桃子ちゃんのぬり絵が完成しました。

ぬり絵

塗り絵のリンク先のブログにあるように、今回も生バンド演奏ということで、リハーサルからメンバーもテンション高まっているようなので、すごく楽しみです。

2009年8月20日 (木)

UESUTA撮影会 レオナちゃん

今日は夏期休暇を取得してのんびり過ごしました。モーニング娘。と真野恵里菜ちゃんは引き続き握手会を含むキャンペーンを展開中なのですが、東京でのモーニング娘。の握手会は今日も東京であったものの、僕の一推しの亀井絵里ちゃんの握手会は昨日で終わってしまったので、参加しませんでした。また、真野ちゃんは今日から3日間九州(長崎、熊本、福岡)でイベントをやってます。地方でまったりと真野ちゃんのイベントに参加するのも魅力的ではあるものの、この時期は飛行機代が高いので断念しました。(9月になると、特に羽田⇔福岡便はぐんと安くなるんですけどね)

ということで、だいぶ遅くなりましたが、UESUTA撮影会で高井亜耶乃ちゃんと共演したレオナちゃんの写真を掲載します。今回は1部から4部まで時系列に紹介します。

1.第1部

2009082001 2009082002

レオナちゃんの第一印象は大人っぽい綺麗なモデルさんだと感じました。

2.第2部

2009082003 2009082004

第2部の衣装は夏らしくさわやかな衣装でした、また、水着では大人っぽいセクシーな表情をしてくれました。

3.第3部

2009082005 2009082006

髪を結んで頭にリボンを付けた衣装になったら、ちょっときゃぴきゃぴした感じが出てきたので、アイドル的なきゃぴきゃぴポーズをお願いしたら、ノリノリでやってくれました。最後は調子に乗って、真野ちゃんの「世界はサマーパーティ」の決めポーズもやってもらいました。

2009082007 2009082008

2009082009

でも、やっぱり水着になると、セクシーで大人っぽい感じでした。上記の写真はセクシーで素敵な笑顔だなと撮ってて思いました。

4.第4部

第4部前半ではいきなり意表をつかれて、とても驚きました。

2009082010 2009082011

かわいいセーラ服のコスプレで、しかもノリノリできゃぴきゃぴしたポーズをやってくれました。ここで、ベットでどんな写真を撮るかちょっと悩みました。セーラ服でベットでいやらしくない写真をとるにはどうするか?ちょっと考えて、とりあえず、ベットに立ってきゃぴきゃぴ動いてもらおうと思ったのですが、いきなりレオナちゃんはベットジャンプを始めてくれました。ベットジャンプは僕の好きなポーズではあるものの、ベットジャンプを撮るにはシャッタースピードを上げて、露出を再調整しなければならないので、カメラの設定を変えて、次の順番がまわってきたときに、、改めてベットジャンプをやってもらいました。

2009082012 2009082013 2009082014 2009082015

2009082016 2009082017 2009082018 2009082019

上記のようにレオナちゃんはすごいノリノリで飛んでくれました。UESUTA撮影会のスタジオは天井が低いのでベットジャンプは出来ないものと思っていたのですが、こんなに楽しいベットジャンプの写真が撮れて嬉しかったです。

2009082020_2  2009082021

最後はダブルピースで締めてくれました。すごく楽しい撮影でした。

写真は高井亜耶乃ちゃんの時と同様にカメラがCanon EOS 40Dでレンズはシグマの18-50mm F2.8 EX DC MACROをメインに、Canon Kiss X2にCANON EF50mm F1.8IIをサブに使用しました。最後の2枚はCANON EF50mm F1.8II(単焦点レンズ)の写真です。

上記の写真はレオナちゃんの許可をもとに掲載しています。写真、画像の肖像権は、モデル本人及び所属事務所にあります。

2009年8月19日 (水)

UESUTA撮影会 高井亜耶乃ちゃん その2

それでは、昨日に引き続き、高井亜耶乃ちゃんの写真を掲載します。

1.正統派(?)ポートレート写真

2009081901

2009081902 2009081903 2009081904 2009081905

胸元を強調するポーズとか、脚長に見えるポーズとか、一般的なポートレート写真も撮ってみました。

2.振り向き写真

振り向きポーズは撮影会では必ず誰かかがリクエストする定番ポーズなのですが、高井亜耶乃ちゃんの場合は、かわいい小顔なので、振り向きポーズの時には顔を強調するようなポージングが必要だなあと思っていました。そこで、今回は必殺のアイドルポーズを振り向きポーズに合体させてみました。

2009081906 2009081907 2009081908 2009081909

これで、かわいい小顔が強調されていい感じかなあと思うのですが、手のポーズがもうひと工夫できそうだなあと思っています。振り向きの定番ポーズも作りたいです。

3.ネタ写真

アイドルポーズの写真が、高井亜耶乃ちゃんのブログの告知写真として、ハマっていたので、今回はいろいろネタポーズをやってもらいました。笑顔以外でかわいい高井亜耶乃ちゃんの表情を探ってみたいという意図もありました。

まずは、「しょんぼり顔&不思議そうな顔」から

2009081910 2009081911

次は怒った顔その1「オマエのせいだ→ウソだよーん」の巻

2009081912 2009081913 2009081914

怒った顔その2「投げるぞ !→ウソだよーん」の巻

2009081915_2 2009081916 2009081917

最後は「困った!ネタがない」の巻

2009081918 2009081919 2009081920 2009081921

4.その他、かわいい表情などなど

左下の写真はなんとなく、真野ちゃんのCDジャケット写真を思い出しました。この路線でもっとかわいい表情引き出せるかもと思いました。右下の表情も気に入っています。

2009081922 2009081923

最後に高井亜耶乃ちゃんがブログで強調していた、リボンの指輪とポニーテールがかわいく撮れた写真を掲載します。

2009081924 2009081925

ポニーテールは第4部の水着のときだけだったのですが、もっといろんな角度から撮ればよかったなと思いました。

写真はカメラがCanon EOS 40Dでレンズはシグマの18-50mm F2.8 EX DC MACROをメインに、今回はサブで使用しているCanon Kiss X2にCANON EF50mm F1.8II(値段が安いレンズのため、カメラ好きを単焦点レンズの世界におびき寄せる撒き餌レンズとも呼ばれている)の組み合わせも使ってみました。F値の明るいシグマの標準ズームレンズも気に入っているのですが、最近「ポートレートはやっぱり単焦点レンズがいいかなあと」ちょと思いはじめています。

ということで、高井亜耶乃ちゃんは撮るたびにどんどんかわいくなっていて、写真撮っててとっても楽しいモデルさんです。また、僕は「かわいさ」を追求していますが、高井亜耶乃ちゃんはまだまだ色々な魅力を持っているモデルさんだと思います。なので、自分なりの高井亜耶乃ちゃんの魅力を引き出せる楽しみもあるので、高井亜耶乃ちゃんの撮影会はオススメです。

上記の写真は高井亜耶乃ちゃんの許可をもとに掲載しています。写真、画像の肖像権は、モデル本人及び所属事務所にあります。

2009年8月18日 (火)

UESUTA撮影会 高井亜耶乃ちゃん その1

掲載写真を選ぶのに時間がかかってしまいましたが、2回に分けて高井亜耶乃ちゃんの写真を掲載したいと思います。

UESUTA撮影会のスタジオは前回と同様、スクリーンの背景(背景の色は1,2部と3,4部で交換されてました)のコーナーと、ベットとすだれのコーナーの2箇所で撮影が行われます。そして、第1部では高井亜耶乃ちゃん、レオナちゃんの順番で、スクリーンの背景で、衣装写真、ベットとすだれのコーナーで水着写真が90分ぶっ続けで行われました。2部はその逆のパターンで70分ほど撮影して、サイン会、3部は2ショット、3ショット撮影を間に挟んで、4部は2部同様にサイン会が行われました。衣装写真と水着写真の撮影場所は各部ごとに入れ替えていました。それで、第1部が一番写真が沢山撮れるものの、休憩なしの90分ぶっ続けは結構疲れました。撮影は並び撮影で、順番は参加者が自主的に決める感じで、今回は自分の順番の撮影を短時間で済ませてくれるカメラマンさんばかりだったので、サクサク撮影が進みました。また、撮影開始前に、スタッフさんが、撮影場所にグレーカード持って立ってくれるので、グレーカードによるホワイトバランス設定も容易にできる撮影会となっています。

前置きが長くなりましたが、今回はジャンル別形式で写真掲載します。また、全写真サムネイルで掲載しますので、写真をクリックするとちょっとだけ写真が大きくなります。

1.定番ポーズ・コレクション

まずは、怒涛の定番ポーズ8連発から行きます。水着撮影は「じゃあ、いつもの定番ポーズで」って僕が言うと、亜耶乃ちゃんは「あ、いきなりですか」って感じで答えてくれて、水着撮影が始まりました。

高井亜耶乃01 高井亜耶乃02 高井亜耶乃03 高井亜耶乃04

高井亜耶乃05 高井亜耶乃06 高井亜耶乃07 高井亜耶乃08

2.アイドルポーズ4連発

撮影するたびに高井亜耶乃ちゃんのアイドルポーズもどんどんかわいくなっています。

高井亜耶乃09 高井亜耶乃10 高井亜耶乃11 高井亜耶乃12

3.きゃぴきゃぴ・ポーズ集

アイドルポーズと何が違うんだと言われそうですが、きゃぴきゃぴ動いているようなかわいいポーズを色々やってもらいました。

高井亜耶乃13 高井亜耶乃14 高井亜耶乃15 高井亜耶乃16

4.脇撮り写真

最近はあまり他のカメラマンさんが撮影している時に脇から撮る事はあまりしなくなりました。しかし、そもそも「定番ポーズ」がフレッシャーズ撮影会のときの見知らぬカメラマンさんの撮影中の脇撮り写真がきっかけだったりするので、脇撮り写真から新しい写真のヒントがつかめるものがあるなあと思っています。そんな脇撮り写真を一部掲載してみます。

(1)無表情

高井亜耶乃17 高井亜耶乃18

僕は無表情の写真は撮ったことないのですが、こうして見ると高井亜耶乃ちゃんが、かわいい人形かロボットになったような印象を受けました。なので、無表情でもシチュエーションによってはすごくかわいい写真が撮れるかもと思いました。

(2)下向き目線

高井亜耶乃19

普通の笑顔とは違う、ちょっとかっこいいようなかわいさがあるなあと思いました。

(3)上目遣い

高井亜耶乃20

こちらは、逆にものすごく無邪気でかわいい感じがするなあと思いました。大宮のモーニング娘。6期メンバー握手会のときに、亀井絵里ちゃんにクラッときたのはこんな風に、下から上目遣いで無邪気に微笑んでくれたからなのかなあと思いました。

ということで、次回に続きます。

上記の写真は高井亜耶乃ちゃんの許可をもとに掲載しています。写真、画像の肖像権は、モデル本人及び所属事務所にあります。

2009年8月17日 (月)

Buono!新曲 亜耶乃ちゃん写真 などなど

今日、会社から帰ってきて昨日撮った写真を見ているのですが、写真をじっくり見ていると、そもそも量が多いので、どれがいいかいろいろ悩んでしまい、UPはもう少し先になりそうです。でも、とり急ぎ昨日の第1部の最初の方に撮った高井亜耶乃ちゃんの写真を1枚UPします。

2009081701

上記の写真は高井亜耶乃ちゃんの許可をもとに掲載しています。写真、画像の肖像権は、モデル本人及び所属事務所にあります。

上記の写真だけでも、ハロプロメンバーに入ってもおかしくないくらい、かわいいなあと思います。衣装もアイドルダンスユニットの衣装ぽくって、素敵です。高井亜耶乃ちゃんは、Fresh!撮影会のリクエスト撮影(個人撮影)ができるモデルさんのメンバーに入っていて、リクエスト撮影メンバーに加わった告知が出たときに、Fresh!さんに値段とか、具体的な段取りとか問い合わせをしたのですが、まだ申し込みはしていません。並び撮影と違って、自分のペースで納得いくまで撮影できるリクエスト撮影会は魅力的なシステムなのですが、せっかくの機会なので、自分の撮りたい写真のイメージとかをしっかり作ってから撮影したいなと思っているので、今、アイドルの様々な写真集とか見まくって自分の撮りたい写真を模索しているところです。ただ、こんなにかわいい高井亜耶乃ちゃんなので、リクエスト撮影メンバーに加わっている期間もそう長くないと思うので、そろそろ申し込もうと思っています。

ところで、話は変わって、8月29日に待望のBuono!の新曲「Take It Easy!」が発売ということで、いつものごとく、Dohhh UP!にPVがUPされています。(すこし前からUPされていたのですが、紹介するタイミングを逃してました)

今回で3回連続つんくさんの楽曲ということで、個人的にはイマイチな曲が続いていただけに、毎度の如くものすごく心配されられたのですが、今回もBuono!らしくない曲ではあるものの、夏の終わりに聴くにはぴったりのさわやかな曲なので、今回はすごく気に入りました。オールロケでロードムービー風のPVも可愛くって素敵です。

「ロッタラ ロッタラ」がレッドツェッペリンのパロディ風の曲だったから、「Take It Easy!」ってタイトルから初期イーグルス風の曲なのかな(って、タイトルからしてモロなんですが・・・)と思っていたら、アコギやバンジョーの音が効果的に使われているアレンジで思ったとおりのアレンジでした。そして、そして、カップリング曲の「キライスキダイキライ」は先週初めて、嗣永桃子ちゃんのラジオ番組で1分ちょっとだけ放送されたのですが、イントロがナックの「マイシャローナ」のギターリフみたいなギンギンのギターで始まる、久々のBuono!らしいハードロックが帰ってきました!なので、来週のリリースがものすごく楽しみです。

Buono!の公式ページではメンバーが交代でBlog書いているのですが、ここで嗣永桃子ちゃんが、書いたぬり絵があまりにかわいいので、直リンしてみました。

ぬり絵

嗣永桃子ちゃんは、絵うまいですね。こんなかわいい3人が生バンドをバックにギンギンのハードロックをかわいく歌うので、僕はハコ推しではBuono!が不動のNo1です。モーニング娘。と同様にBuono!もなりふり構わずのキャンペーンやってテレビとか出まくってほしいです。

2009年8月16日 (日)

UESUTA撮影会 などなど

昨日の大宮でのモーニング娘。6期メンバーの握手会に大満足したために、今日有明で行われたモーニング娘。握手会には行く気が全く起こりませんでした。そのため、今日はUESUTA撮影会(高井亜耶乃ちゃん、レオナちゃん)に行ってきました。UESUTA撮影会は元々午後の3,4部を予約してあったのですが、高井亜耶乃ちゃんの衣装全パターンを撮影したくなり、1部から通しで参加しました。

高井亜耶乃ちゃんとは、「定番ポーズ」とか「アイドルポーズ」でポージングの指示が通じるのですごく楽しかったです。例によって、高井亜耶乃ちゃんに写真掲載許可をいただきましたので、近日中に写真を掲載したいと思います。

共演のレオナちゃんは今回が初対面だったのですが、最初は綺麗系のモデルさんで、アイドルポーズとかやってもらえない感じのモデルさんかなあと思ったものの、撮影会が進むにつれて、どんどんハジけてきて、キャピキャピしたノリが出てきたので、思い切ってネタ帳に貼ってあった真野ちゃんの典型的アイドルポーズを見せてお願いしてみたら、「こんなのやったことないよお」と言われてしまったものの、面白がってアイドルポーズをやってくれました。そして、さらに最後の第4部ではなんとセーラー服のコスプレで登場してくれてたりして、思っていた以上に、とても楽しく撮影できました。レオナちゃんにも写真掲載の許可をいただきましたので、こちらも近日中に掲載します。

ところで、話は全く変わるのですが、昨日の大宮の握手会では普通の格好しているファンが多いと書きましたが、実は胸に大きく「オタ芸」とかかれているTシャツを着ている人を見かけて「なんだろ、これ?」と思って調べてみたら、こんなTシャツが売られているんですね。

★ヲタ芸SHOOTER Tシャツ

OTAKU NOT DEAD

OTAKU NOT DEAD

このデザイン見て笑えました。ちなみに背中に書かれている各ヲタ芸の意味も調べてみました。

ROMANCE
両手の人差し指で頭上を指す動作をするヲタ芸。通常8拍×2で行い、1回目は左左右右左右左左、2回目は右右左左右左右右と顔の横で人差し指を立て腕を引く。
PPPH
アイドルポップスに多いBメロの「タンタタン」のリズムに合わせクラップ(手拍子)をした後、奇声をあげながら右手を上に挙げて垂直飛びをする行為のこと。
KECHA
低い姿勢を取り腕を手前からステージ上のアイドルの方へ振り上げるオタ芸。愛情表現の一つとされている。
OSHI-JUMP
腕を高く挙げ、推しメンバーの方向を指差し、垂直跳びを繰り返しながら名前を叫ぶこと。

STARDUST
「サイリウムすっぽ抜けて落とす」事。
SINPER
双眼鏡でじっとステージを見ている人のこと。オタ芸師は、彼らを軽蔑してこう呼ぶ。
BACKSIDE
(なんとなくわかるものの意味不明)
WOLVERRINE
サイリウムを指の間に挟んで打つヲタ芸。

ヲタ芸は自分の席の近辺でやられると大変迷惑なのですが、遠くでヲタ芸打っている人見るぶんにはすごく大笑いできます。なので、バラエティ番組で「アイドルファン対抗ヲタ芸選手権」とかやったらすごく笑えそうだと思います。(もう、すでにやられてるのかな?)ただ、WOLVERRINEだけは、DVDなどで客席の映像が映ったときに、ものすごく不気味な物体に見えるので、絶滅してほしいなと思います。それにしても、このTシャツ着ている人は勇気あるなあと思いました。

などと、書いている僕も実は面白Tシャツ着るの好きで、今日はロックの名盤「クリムゾン・キングの宮殿」の有名なジャケットがプリントされたTシャツ(ちなみに、キング・クリムゾンのコンサート会場で売られていた公式のものです。)を着てたら、高井亜耶乃ちゃんが面白がってくれました。

クリムゾン・キングの宮殿
ちなみに、このCDは初めて聴くと本当にこのジャケットの絵のような顔になってしまうような、インパクトのある内容になっています。なので、刺激的な音楽を求めている人にはオススメです。
話がものすごく発散してしまったので、今日はこのへんで止めておきます。

2009年8月15日 (土)

最高の握手会!

僕はそもそもモーニング娘。については、「ハロモニ」に6期メンバーが登場したときに、みんなかわいくて面白いなあと思ったのが、本気で応援しようと思ったきっかけだったのですが、今日は6期メンバーの握手会が、抽選ではなく、誰でも参加できる(先着順ですが)形で行われた最高の日となりました。なので、とても感慨深く、また、内容も最高の握手会となったので、以下にレポートします。

200908010720090815082009081507_2

1.ラジオ生放送

今日はそもそも6期メンバーの3人がNACK5の番組(「モーニング娘。なんちゃってRADIO」(亀井絵里、道重さゆみ、田中れいな)12:55~13:55放送)に出演するということで告知されていました。なので、再度大宮に向かう途中でこの番組聴いていたのですが、この番組は6期メンバー3人だけ出演の特別番組で、なんと亀ちゃんが仕切って放送されていました。なので、いつもはレギュラー番組で進行をガキさんにまかせきりにして、ヘラヘラしている亀ちゃんが、メールのあて先のアドレスを読んだりして告知している様子がすごく新鮮で、内容も同期同士なので、遠慮のないトークだったのですごく面白かったです。ただ、この番組聴いてて、れいな姉さんはリンリンの言うようにちょっと怖いところあるなあと思ったので、握手会では機嫌を損ねないようにしなければ、とちょっと思ってしまいました。

この番組は大宮アルシェの5階にあるサテライトスタジオから放送されていたので、大宮についてから、5階にいけば、放送している様子がちょっとだけでも見えるかなと思って、行ってみたのですが、サテライトスタジオの周辺は一寸の隙間もなく白い布で覆われていて、事前に抽選で当選した人しか、完全に見れないようになっていました。すごく面白い番組だったのに、なぜか握手会で並んでいる人でラジオ聴いている人は多くないようでした。

2.握手会会場

今回は、メンバーが登場する前のステージの撮影も禁止となっていました。なので、握手会終了して撤収後のステージの写真を以下に載せます。

2009081505 

大宮を知っている人であれば、すぐわかると思うのですが、大宮駅を出てすぐの大宮アルシェ1階のソフマップのまん前の場所です。なので、一般の通行人も通りがかるすごく目立つ場所が会場となりました。しかし、それが、ものすごいいい結果を生むことになったのでした。以下は遠くからソフマップ入り口を映した写真なのですが、ステージ前に握手に並んでいる人、また、上から握手の様子を見ている人の様子がちょっとだけ、わかると思います。(人の顔がわからないようにわざと小さな写真にしています。)

2009081506_4

握手会時には上記の写真のステージに「なんちゃって恋愛」のポスターが貼られて、机が並ばれて行われました。

3.整列、入場

整列は整理券に書かれている時間通りに、番号順に整列して、少しずつステージ前に列を作っていく形で行われました。番号順の時間の区切り方も丁度よく、極めてスムーズに整列が行われました。で、一般人にモロに晒される場所だけあって、握手会参加者は極めて普通の格好の人がほとんどでした。ヲタTを着ている人ですら少ないくらいでした。一般人が引いてしまうような格好の人が皆無というわけにはいきませんでしたが、そうした人は極少数でした。で、開始時間になると、6期メンバーが普通にソフマップの左側の出入り口から登場しました。このときに、ハロプロ関連のどのイベントにも現れる某有名ヲタのXXXXさんが、挙動不振な感じで、ソフマップの一般客のフリをして、6期メンバーの横を通りかかったので、並んでいる人から「XXXX邪魔だ!」と怒号が起こりました。極めて普通にしているファンが多い中、これはちょっと残念でした。6期メンバーは「なんちゃって恋愛」のPVの途中に挿入されるソロシーンで着ている白い衣装で登場しました。並び順は

亀井絵里→道重さゆみ→田中れいな

の順番でした。

4.握手会の様子

ファンが一般人に晒されているということは、スタッフさんも一般人に晒されているわけで、いつものハロプロの会場でやっているような、強引な引き剥がしをしたら、一般人の印象が悪くなるから、剥がしはゆるくなるんじゃないかと、期待したのですが、期待どおり、剥がしのユルイ低速握手会でした。特に先頭近辺の人は会話を4往復も出来たと話していました。で、ループしに、僕の並んでいる近辺に並び直した人は「1回で全部話したいこと言っちゃったから、次どうしようか」と、悩んでいる人が多かったです。なので、2回目は握手せずにメンバーの前を数人で妙な踊りをしながら、通りすぎるといったウケ狙いの人たちもいて、面白かったです。それにしても、今回の亀ちゃんは終始ニコニコしていて、すべての握手会参加者との握手時に満面の笑みで参加者の目を見つめてじっくり話しを聞く体制をとって握手会に臨んでくれてました。こうした亀ちゃんに、クラッと来ない人はいないんじゃないかと思ったのですが、どうでしょうか?握手会は600人まで行ったくらいのところで一旦休憩が入って、1000人目が終わるまで70分くらいかかってました。

5.握手会で話せたこと

1回目では、亀ちゃんに、「トークショーの後にレジ打ちしたの?」って聴いたら、笑顔で、「やりましたよ」って答えてくれました。で、「その写真みたいなあ」と僕が言ったところで、さゆみんの位置に移動となり、さゆみんには「さゆみんもトークショーぜひやってください」と、言ったのですが、「はい、ありがとうございます」と返されてしまったので、イマイチ伝わらなかった感じでした。で、れいな姉さんには、「さっきのラジオ楽しかったです」と無難なことを言って、「ありがとうございます。」と言ってもらいました。

2回目では、亀ちゃんに、「亀ちゃんが大宮でやった「やっさい、もっさい」の踊りが面白かったので、ぜひまたやってください」って言ったら、満面の笑顔からさらに「キャハハ」と可愛い顔で笑ってくれました。さゆみんには「うさちゃんピースをやってください」ってお願いしたら、僕の目の前で、うさちゃんピースやってくれました。そして、れいな姉さんには、「やっぱり6期メンバーが一番好きです」って言ったら、「ありがとー」となぜか男前な声で返してくれました。

ということで、2回握手に参加したのですが、トークショーみた直後だったので、亀ちゃんには、s/milegeネタとかも話したかったし、そもそも「トークショー最高に面白かったので、またやってください」とか「デビュー時からずっと応援してたので、こうしてゆっくり握手できて嬉しいです。」とか言いたかったし、言うべきだったのですが、「ありがとうございます」以外の返答が聴きたかったので、つい違うことしゃべっちゃいました。それに、そもそも長年応援してきたアイドルさんとの握手なので、実際結構緊張しました。

6.退場

1000人の握手が終わると、まわりに残っていた人から拍手が起こり、メンバーも手を振って声援に応えつつ退場となりました。で、XXXXさんを中心にソフマップの左側の出入り口で待ち構えていた人が数名いたのですが、3人は左側の出入り口から退場しようとしたものの、スタッフさんの指示で、右側の出入り口から退場しました。うまくフェイントかけられて、スタッフさんの指示はナイスだったなと思いました。

ということで、今日は亀ちゃんの満面の笑みを見ながら握手を、しかもゆっくり出来て最高に感激しました。やっぱり、僕のハロプロの一推しは亀井絵里ちゃんで不動だと、改めて感じられた一日となりました。

    

握手券GET

今日は朝起きたら6時過ぎで、慌てて大宮に向かい、到着したら7時30分くらいでした。もうすでにかなり行列が出来ていたのですが、行列の最後尾にはスタッフさんが、わかりやすく配置してくれていて、行列に並んだらCD購入整理券をくれました。(朝からご苦労様です。)

2009081502

ちょっとみづらい写真ですが、289番目でした。これだと、集団で分散して並んで、ループするために横入りすることができないので、いいですね。横入りが多くて行列がなかなか進まないと、結構なストレスになるので、今後は毎回こんな感じで整理券配ってくれると嬉しいですね。行列は、大宮駅の周辺をまわる感じでできていたので、並んでいる人の顔を映さないように写真を撮るのが、難しかったので、おもいっきり小さな写真を掲載します。

2009081503 2009081504

左の写真の1階部分が先頭でした。で、CD販売開始時間の5分前の8時55分からCD販売が始まりました。売り場が2箇所のわりには仕切りがよかったためか販売はサクサク進み、僕も9時10分前にはCD購入できました。そして、購入したのほとんどが、2回目の行列に並んだので、僕もその流れに従って2回目の行列に並びました。そのときの整理番号は646番でした。で、2回目の購入も9時20分ごろにできて、9時30分の湘南新宿ラインに乗って一旦自宅に戻りました。

2009081501

CDは今回1000枚用意されていたようで、9時40分ころには完売したそうです。こんなにサクサクと1000枚裁けたのであれば、販売する方もすごく効率よかったんじゃないかなと思いました。

今日は分身の術で大宮では6期メンバーで、滋賀では高橋愛ちゃん、光井愛佳ちゃんが握手会を行うのですが、明日はなんと、東京で大規模な握手会が行われることが発表されました。

モーニング娘。40thシングル「なんちゃって恋愛」
発売記念握手会のお知らせ

40枚目シングルの発売を記念して、モーニング娘。が3人ずつ3チームに分かれ握手会を開催します!!
各回の参加メンバーは当日のお楽しみ!!
 
・日時: 2009年8月16日(日)
1回目 13:00
2回目 15:30
3回目 18:00 
・場所: ディファ有明 

明日は別の用事があって行けないのですが、このなりふり構わずの販促キャンペーンはいいですね。明日もぜひ盛り上がってもらいたいものです。と、いうことで、これから再度握手会会場に向かいます。

2009年8月14日 (金)

モーニング娘。の逆襲始まる?

今日は会社の帰りにハロショ渋谷店に寄って、落選した、「ハロー!プロジェクトオフィシャルショップ渋谷店清水佐紀・徳永千奈美・夏焼雅来店トークショーイベン」の抽選参加写真を受け取って来ました。

200908140120090814022009081403

千奈美ちゃんが、「今日はかなり楽しかったです。」と書いてくれていても、イベントに参加できないと、切ない気持ちがつのるだけです。このときには、オープニングに司会者さんが怪談をやって、質問コーナーもあったという情報は伝わってくるものの、詳細は不明で残念です。やはり、この企画の写真買うからには必ず当選したい気持ちが強まりました。そんな罪作りな来店イベント企画が今日はダイエー甲子園店で真野ちゃんがやってました。真野ちゃんだとどんなイベントになったのか、興味は尽きないのですが、詳細は不明です。首都圏でも真野ちゃんのトークイベントやってほしいです。

で、ついでに『Berryz工房生写真「“Berryz工房『青春バスガイド/ライバル』発売記念イベント”ライブバージョンパート2』などなどの新作写真買ってきました。今度の集合写真は「ライバルならこのポーズでしょう」という写真だったので、満足できました。

2009081404   

ところで、今日はモーニング娘。が久々にミュージックステーションに登場して、OGまで加わって「恋愛レボリューション21」と「なんちゃって恋愛」を豪華に披露してくれました。やっぱりハイビジョン映像はいいですね。他の人のトークのときも亀ちゃんやさゆみんがはっきり映っていて楽しめました。そういえば、真野ちゃんがミュージックステーションに出たときは他の人のトークの時に明らかに緊張している真野ちゃんが映って、見てるこっちまでものすごく緊張したんですが、今日はすごくリラックスして見ることが出来ました。

で、そんなモーニング娘。がシングル売り上げ好調にもかかわらず全国各地に分散して握手会イベントを怒涛のごとく行います。連日ハロプロ公式ページで握手会イベントが続々追加していて、当初は地方で始めて集客状況を見ながら、大都市でイベントを行うのかなと思ったらなんと、明日大宮アルシェで、6期メンバー(亀井絵里、道重さゆみ、田中れいな)の握手会が開催されることが告知されました!Berryz工房の「ライバル/青春バスガイド」発売のときに、川崎で夏焼雅ちゃん、徳永千奈美ちゃんの握手会イベントを同様に前日発表で行ったときには、普段真野ちゃんのイベントで集まる人数の倍近い人が訪れ大行列ができました。なので、明日はどのくらいの人が集まるのか・・・すごく興味があります。それにBerryz工房がラクーアベイで千人規模のイベントやって、「ライバル/青春バスガイド」の売り上げを歴代シングル2番目に押し上げたように、モーニング娘。も大規模なイベントをやるのか?なりふり構わず売り上げUPを目指したイベントラッシュ見てみたいです。ぜひ頑張ってもらいたいです。

ということで、明日早起きできたら、大宮アルシェに行ってみようと思っています。なので、今日は早めに寝ます。

2009年8月13日 (木)

絵里リン トークイベント その2

今日は上野店で新垣里沙・久住小春トークショーがありました。こちらも方も自由人の小春ちゃんをガキさんがどう制御するか面白そうだったのですが、こちらは予算の都合上回避しました。それでは、昨日の「亀井絵里・リンリン トークイベント」の後半のレポートを記載します。

1.司会者からの質問

(司会者)それでは、これからはここでしか聴けないお話を伺おうということで、私から一問一答の形で質問をしていきたいと思います。
まず最初の質問です。最近一番楽しかったことはなんでしょうか?
川*^A^)<私は今日ここの写真見ててすごく楽しくて、みんなかわいくて、私はドーナツ持ってる写真があって、「あー、こんなときもあったんだなあ」と思ってたら、となりに亀井さんの「君もアキレス腱伸ばそう」の写真があって、チョーウケたんですよ。本当に面白い先輩です。最高です。
(司会者)一回目の話でも、色紙の話題がありましたよね?
ノノ*^ー^)<そうなんです。色紙で「わたしのいいところ」ってテーマがあって、そこに私は「なんでも面白い」って書いてあったんですけど、それに自分で爆笑したっていう残念なエピソードがありました。(場内大爆笑)
(司会者)それでは、逆に最近しょんぼりしてしまったことはありますか。
ノノ*^ー^)<あるんですよ。”ひつじゅひん”って言葉あるじゃないですか?私は20年間”ひつじょひん”だと思って生きてきたんですよ。これ、すごいしょんぼりでしょ?ほら、みんな「かわいそう」みたいな顔になっちゃった!(場内大爆笑)
(司会者)ほんとにしょんぼりですね。
ノノ*^ー^)<まわりがしょんぼりみたいな・・・
で、ずっと正しいと思ってたから最初教えられてもウソだあと思って、携帯で”ひつじょひん”て打ったら漢字がでないんですよ。だからすごいしょんぼりしました。

(司会者)でもよかったですね。一歩常識に近づいて(場内大拍手)
でも、ありますよねー。思っていたことが違っていたことって(司会者さん、ちょっと言い過ぎた反省からフォローするも・・・)
ノノ*^ー^)<よくあります。しょっちゅうです。
(司会者)今度また教えてください。リンリンさんは何かしょんぼりするようなことありましたか?
川*^A^)<私ついさっき、「なんちゃって」の使い方間違えました。あ、もう一個ありました。私一回目のとき大学芋食べたいって話をしたら、スタッフさんが買ってきてくれたんですよ。でもそのとき、私お腹いっぱいすぎて、食べれなかったんですよ。
(司会者)それはしょんぼりですね。
ノノ*^ー^)<そうなんですよ。しょんぼりしすぎて割り箸折ってたもんね。
(司会者)すごい表現ですね。
それでは次はもうみなさんご存知かもしれないのですが、お二人がハロープロジェクトに入ろうと思ったきっかけについて教えてください。

ノノ*^ー^)<ずっとSPEEDさんが好きで歌やダンスに憧れてて、習い事でもジャズダンスとかバレエとかピアノとかをやっていて、それで、自信のない自分を変えたいなと思って応募して、入りました。矢口さんが大好きでした。(”でした?”を観客にツッコまれて、亀ちゃんカウンタにうなだれ、場内大爆笑)
そのときの気持ちですよ。大好きでした。そして今も大好きです。ねーリンリン。
(司会者)みなさんすごい反応速度が速いですね。
ノノ*^ー^)<見習いたいです・・・
(司会者)リンリンちゃんはどうですか。
川*^A^)<私はつんくさんが「モーニング娘8期メンバーに入ります」と言って入りました。
ノノ*^ー^)<そうなんだよね。トントントンってきたんだよね。
川*^A^)<そうなんです。飛行機乗って、日本来て、ハロプロエッグに入って、踊ってて、ある日会社来たら、テレビのある部屋に呼ばれて、テレビつけたら、つんくさんが出てて「発表します」って言われました。
(司会者)じゃあ、もうびっくりって感じでしたね。
川*^A^)<もう超びっくりです。
ノノ*^ー^)<そうなんです。その日会社行ったらエッグのリンリンって子がGAMのサンクスって曲を一人で踊ってて、なんでこの子一人で踊ってるのかなと思ったら、モーニング娘加入の話を聴いてすごくびっくりしました。
(司会者)でもそれがあって今があるわけですからみなさんにはラッキーだったということですよね?
ノノ*^ー^)川*^A^)<イエイ(2人でハイタッチ)
(司会者)例えばこういうときに、「びっくリンリン、なんちゃって」って使うんですよ?(さすが司会のお姉さんはまだ「なんちゃって」の説明をあきらめてなかった)
川*^A^)<え、よくわからなかった
ノノ*^ー^)<すみませんね。せっかくフリをしていただいたのに、やっぱりあとで楽屋でやります。
(司会者)では最後の質問です。お二人の初めての印象ってどうでしたか?
ノノ*^ー^)<えっとね。そのとき(エッグの時)は世界一面白いと思ったんですよ。新年会で一緒だったんですけど、そのときのリンリンが日本語片言で、それをみんなでツッコんでて、すごく楽しかった。芸人さんみたいだった。
川*^A^)<あ、そうですか。
(司会者)リンリンちゃんはどうでしたか?
川*^A^)<まずはモーニング娘。の写真みたときですよ。「この人が一番優しそうって思いました。」(場内オー&拍手)
ノノ*^ー^)<ねえ、信じていいの?
川*^A^)<本当ですよ。みなさんもそう思いますよね。(亀ちゃんすごい照れまくる)
川*^A^)<そして、モーニング娘入ってから、タナカさんとかは、顔が距離感ありますよね。
ノノ*^ー^)<それって、怖いってこと。
川*^A^)<正直言って、怖いと思いました。目線とかピシ、ピシっとしているじゃないですか!(こういういちいちオーバーアクションするリンリンが超面白い!)
川*^A^)<だから、最初亀井さんに話しかけようと思いました。それで、3人で遊園地いったことあったじゃないですか。
ノノ*^ー^)<あったあった。
川*^A^)<そのとき、わかったことありました。この先輩ボケーっとしてる。(場内大爆笑&大拍手)
でも、大好きです。
ノノ*^ー^)<よかったあ
(司会者)ほんといいコンビですね。
ノノ*^ー^)<なんか今日はそんな感じですね。
ノノ*^ー^)川*^A^)<イエイ(2人でハイタッチ)

2.観客からの質問

(司会者)それでは、みなさんからの質問も受け付けたいと思います。
(質問1)「今日の高橋さん、新垣さん、道重さん、田中さんが出演した笑っていいともを、お二人は見てましたか?」
(2人ドキっとして答えを相談する)
ノノ*^ー^)<出ました。答えが
ノノ*^ー^)川*^A^)<寝てた
ノノ*^ー^)<いや、これには深いわけがあるんです。正直な話昨日はチョー夜が遅かったんですよ。
(質問2)「今日の衣装のポイントを教えてください」
ノノ*^ー^)<このカーディガンは道重さゆみの誕生日会のときにプレゼントとして買ったお揃いのカーディガンです。なので、今日は道重さゆみを背負ってます。
川*^A^)<わたしは、スカートがいい感じになっていて、一杯食べてお腹でても大丈夫なようになってます。
ノノ*^ー^)<そうだよね。ワンピースは楽よね。
(質問3)「最近やってしまった失敗ってありますか」
ノノ*^ー^)<あるんですよ。でも、リンリンも沢山あるでしょう?(と、先にリンリンに言わせているうちに考えようとすると、場内エー)
川*^A^)<ありますよ。「なんちゃって恋愛」に関することです。この曲でかかとが細くて高い靴履いてるんですけど、ハローのコンサートで最後に出るんですけど、袖で転んじゃって、でも暗かったから転んでいるのがわからないようにして、舞台に出ました。
ノノ*^ー^)<私は最近よく物を落とすんです。しかも何度もおんなじもの落とすんですよ。フタなんですけど、1回落としたら2度3度と落としてしまって、今日ついに5度目をやってしまって、すごくイライラしちゃって・・・もう、失敗だらけです。
(司会者)たぶん、お疲れなんですよ。
ノノ*^ー^)<そーなんですよ。ほんとに。
川*^A^)<え、昔からじゃないの?
(司会者)せっかくフォローしたのに・・・(司会のお姉さんしょげるも・・・)でも、今日のリンリンいいですね。

3.抽選会

今回も入場者に整理番号(一応CD買った人だけ抽選に参加できるというものの、全員抽選券持ってました)の入った箱から紙を引く形で抽選会がありました。今回は「なんちゃって恋愛」のポスターに2人のサインがかかれたものが10名に当たりました。当選確率1/7となるのですが、この形式のイベント参加5回目なので、そろそろ当たるかなと思ったものの、僕のとなりの番号は当たったものの、僕の番号は今回もハズレでした。

4.エンディング

(司会者)それでは、イベント時間も終わってしまいますが、今日はどうでしたか?
ノノ*^ー^)<あっという間ですね。
(司会者)でも、こうやってお客様とま近でお話する機会もあまりないと思うのですが・・・
ノノ*^ー^)<そうですね。しかもここハローショップじゃないですか。渋谷は遊ぶところいっぱいあるからよく遊びにくるんですけど。こういう渋谷の町でみなさんとお話できるのが、すごく新鮮な感じがして楽しかったです。
川*^A^)<今日はイベントじゃなくって、同窓会って感じがしました。話もちゃんと聞こえて、みなさんひとりひとりの顔もよく見えて今日はすごく楽しかったです。また、呼んでください。
(司会者)それでは最後にお二人から一言づついただきたいと思います。
ノノ*^ー^)<今日40枚目のニューシングルが発売されたんですが、さっそく買ってくださった方がいたり、まだの人もぜひ手にとっていただければいいなあと思います。(今日ここに来た人は抽選会参加のために全員CD買ってたんですが・・・、ここでは特にツッコミは、なし)今日のこの瞬間にみなさんといっぱい笑うことができて嬉しかったです。みなさんへの感謝の気持ちを忘れずに、これからも頑張って行きますので、応援よろしくお願いします。今日はどうもありがとうございました。
川*^A^)<今日は40枚目のニューシングル発売の日にみなさんとお会いできて嬉しかったです。これからもモーニング娘。をよろしくお願いします。
(司会者)せっかくの機会なので、みなさんからも声をかけていただきたいと思います。お二人はこれからも頑張っていかなければならないので、みなさんにせーので、「がんばってねー」と言っていただきたいと思いますのでよろしくお願いします。
ノノ*^ー^)<お願いしまーす!(すごくかわいく嘆願)

ということで、みんなで「がんばってねー」と言ったあと、亀ちゃんとリンリンは手を振りながら、プッチミュージアムの方に消えていきました。残念ながら、今回はミュージアムからのお見送りはありませんでした。で、最後に司会者さんから、

(司会者)ということで、みなさんいかがでしたしょうか?これで本日のイベントは終了となるのですが、最初にお願いしたように「出待ち」と「わかりやすい集会行為」は禁止とさせていただきますので、よろしくお願いします。本日はどうもありがとうございました。

ということで、30分ほどのイベントでしたが、すごく楽しくって、充実したイベントでした。司会のお姉さんのブログでも、このときのことを、記事にしています。

・大変に反省しております。(多分?)

それにしても、挙手制の質問があるのはいいですね。会話のできない高速握手会よりもよっぽど「ファンとアイドルが交流してる」って感じがしていいです。ただ、質問が3人までってちょっと短くて残念でした。今回は僕も聴きたいことがいっぱいあったので、頑張って挙手したのですが、当てられませんでした。当たったら「春ツアーで、さゆみんと3人でやったコントで一番お気に入りのネタは?」とか「一番自信があったあったのにウケなかったネタは?」とか、春ツアーの亀ちゃんの最後のMCのギャグについても同様のこと聴きたかったし、大宮で席が遠すぎてよくみえなかった「やっさい、もっさい」の踊りを再現して下さいとか、DVD収録のときにはなぜ最後のMCでギャグ言わなかったんですかとか、いろいろあるので、ぜひまた同様の企画をやってほしいなと思いました。

2009年8月12日 (水)

絵里リン トークイベント その1

今日は予定どおり、ハロショ渋谷店で行われた亀井絵里、リンリンのトークショーに行ってきました。

2009081201

今回の僕の入場番号は50番台でした。今回も店のカウンターで、台座に乗ってイベントが行われて、客席は前回同様床にテープが張られ、そこに番号が書いているのですが、今回は升目状にテープが張られ、グレードアップしてました。そして、最後列と両サイドのみが立ち見で、それ以外の人は着席でした。僕の場所はセンターど真ん中で、最後列の1列前だったので、後ろに迷惑かからないことから、正座に近い姿勢でなるべく座高を高くして見られたので、亀ちゃん、リンリンがすごくよく見えました。(ただ、終演後は足がしびれて、しばらく立てませんでしたが・・・)開演前の説明のときに「足を怪我したりしていて、着席ができない方は遠慮なく申し出てください」とか、配慮されてましたので、仕切りが悪い感じはなかったです。

今回は、ダイエー今池店のイベントで司会をやっていた方が司会をやっていました。この人の司会はやっぱり面白いので、イベントの盛り上げに一役買っていたと思います。しかし、何より、亀ちゃん、リンリンのトークが予想どおり面白かったのですごく楽しめたイベントになりました。今回はダイエー今池店のイベントほど長時間には及ばず、30分程度の内容でした。しかし、詳細レポートを書こうとすると、見所満載のイベントだったので、尋常じゃないくらい長くなってしまうので、今回も2回に分けてレポートをお送りします。また、比較&明日以降のイベントに行く人の参考になると思うので、過去のイベントレポートのリンクも張っておきます。

・Berryz工房来店トークショーイベント
(夏焼雅・熊井友理奈)

・Berryz工房来店トークショーイベント その2
(清水佐紀・徳永千奈美)

・くまいちょー&ももち トークイベント

・くまいちょー&ももち トークイベント その2

・くまいちょー&ももち トークイベント その3

1.オープニングトーク

今回は二人とも私服っぽい衣装で登場しました。亀ちゃんは白地に黒のハート柄模様のカーディガンに下は水色のワンピース+黒ベルト。リンリンは白いブラウスに真っ赤なスカートでした。

(司会者)まずみなさんにご挨拶からお願いします。
ノノ*^ー^)<はい、いまずっとリンリンと裏でしゃべったたんですけど、話がすごく楽しかったです。今、すごくワクワクしています。今日はよろしくお願いします。
川*^A^)<はい、さっきから後ろでずっと亀井さんと挨拶何言おうか考えてたんですけど、よいアイディアが浮ばなくって・・・みなさん、こんばんはリンリンです。よろしくお願いします。
(司会者)渋谷店のイベント2回目になるんですが、お二人で一緒のイベントって、今日が初めてなんですよね。どうですか?
川*^A^)<アアー
ノノ*^ー^)<「アアー」ってどういう意味よ?
川*^A^)<いいです。
ノノ*^ー^)<いい意味なのね。
川*^A^)<今「絵里リン・コンビ・パート2って感じでさっきのパート1も楽しかったので盛り上がっていきたいと思います。
(司会者)オフィシャルショップご来店ということでお店の中見られた印象はどうですか?
ノノ*^ー^)<写真とか色紙が一杯あってびっくりしたんですけど、すごいいろんな発見があってですね、展示しているポラに体育の先生の格好して「君もアキレス腱のばしますか」って書いてあって、なんでそんなこと書いたんだろうと思うとすごい面白かったんですよ。
(司会者)覚えてなんですか?
ノノ*^ー^)<はい、でもさっきマネージャーさんに聞いたら、PVの撮影の日で夜中になってテンションがおかしくなってたときに撮ったそうなので、そういうこともあり得るんじゃないかなという感じがしました。
(司会者)リンリンはオフィシャルショップの印象はどうですか?
川*^A^)<すごいと思いました。自分のパパとママがもちろんリンリンの写真を一杯もっているんですけど、
日本にもこんなにリンリンの写真を一杯持ってる店があるってすごく感動しました。(場内大爆笑)

(司会者)リンリン面白いですね。それで、お二人はある野望があるんですよね。
ノノ*^ー^)<そうです。私がレジ打ちをやってリンリンにお客さんやってもらうんです。
(司会者)これはですね、1回目のときに私から、「今日で地球が終わるとしたら何がしたいか?」と質問したんですね。そうしたら、絵里ちゃんが、「レジ打ちをしたい」って答えたんですよ。(場内大爆笑)
ノノ*^ー^)<いや、でもこの気持ちわかる人いると思うんですよ、
川*^A^)<いや、いないと思います。
  (約2名ほど同意するお客さんがいました)
(司会者)よかったですね。ということで、その写真はどうなるかわからないのですが、もしかしたらみなさん見れないかもしれませんが(場内エー!)
ノノ*^ー^)<(嬉しそうに)エーですよね。
(司会者)はい、あのー楽しんでください。すいませんざっくり切りました。
   (場内爆笑とともに、亀ちゃんが手でシャッターを下ろすようなポーズしてました。)

2.ハローのコンサートについて

(司会者)それでは、本題に入ります。新しいCDの話もしたんですが、その前に先週末に終わりましたハローのコンサートお疲れ様でした。(場内拍手)
(司会者)どうでしたか、終わってみて。
ノノ*^ー^)<あっという間に終わってしまったんですけど。今回は自分の出番以外に、他の人のパフォーマンスを舞台の袖で見る機会も多かったんですが、それをみて「これは、負けてられないなあ」という向上心が芽生えました。特にS/mileage(笑い、拍手)ヤバイ、かわいかった。
川*^A^)<ミニモニは?
ノノ*^ー^)<ミニモニはー(ちょっと間が空いて)次にかわいかった。
ノノ*^ー^)<S/mileage、ヤバイよ今、ねえ、みんな行かないでね。(と、なぜかお客さんに嘆願モードになる亀ちゃんが面白かったです。)

(司会者)なんでそんな崖っぷちのような表情するんですか?全然大丈夫ですよ。確かにS/mileage可愛かったですね。でも、今回の舞台は全部凝ってってかっこよかったですよね。
川*^A^)<すごい汗かきました。自分の体が焼肉になったみたいに燃えてるようでした。
(司会者)自家発電って感じだったんですね。リンリンさんは「じゃんけんぴょん」がかわいかったですね。
川*^A^)<覚えてくれましたか。ありがとうございます。
(司会者)亀井さんは何が楽しかったとかありましたか?
ノノ*^ー^)<2個あるんですけど、「なんちゃって恋愛」がすごく気合が入っていて、モーニング娘はサイドから登場するんですけど、登場する瞬間メンバー全員毛穴からオーラを放って出てくるんですけど、その瞬間がたまらなく最高だったのと、今回はタンポポ#っていう#なんですけど、井戸の井みたいな感じであれがとってもかわいくって、「なんちゃって恋愛」ではかっこいい亀井絵里で、タンポポ#ではかわいらしい女の子を表現できてよかったと思います。

3.ニューシングルについて

(司会者)そして、あそこにお店のように並んでいますが、(と、CDを大量に手持ちしているお客さんの方をみると、大量買いした人たちがアピールしはじめて、箱買いした人が注目されました。)
ノノ*^ー^)<みんな、やさしい、ありがとうございます。
川*^A^)<会社の上司の分も買ってあげたんですかね?(←なんで上司なのか?リンリンの発想って面白いですね)
(司会者)これは歌っててどうですか
ノノ*^ー^)<今回は仮歌をつんくさんが歌っているのを聴いたときから大好きで、何度もリピートして聞いてたんですけど、モーニング娘。の声になって、これが記念すべき40枚目のシングルとしてみなさんに届けられると思うとすごくドキドキして、そして今日を迎えられて本当に嬉しいです。(場内大拍手)
(司会者)記念すべき40枚目にモーニング娘。さんとしていらっしゃる気持はやっぱりいいですか
ノノ*^ー^)<すごくいいよね。
川*^A^)<いいですよ「超、超、超いい感じ」(場内大爆笑)
ノノ*^ー^)<なんですぐそういう方向に持ってくの、今すごくいい話してるのに(←亀ちゃんが、こういう発言をするのは意外でした、いつもはガキさんに言われまくってるんですが・・・)
川*^A^)<すみません
(司会者)私は面白かったので大丈夫ですよ。
リンリンさんは歌っててどうですね。
川*^A^)<毎回曲もらってて日本語がだんだん難しくなっていくんですけど、今回自分新しい単語覚えました「なんちゃって」いつか使いたいなあと思います。例えば亀井さんに何か言ってもらって、私が「なんちゃって」っていうみたいな
ノノ*^ー^)<それ、使い方違うよ。
川*^A^)<じゃあ、亀井さん正しい使い方教えてください。(この無茶振りに場内大拍手となるも・・・)
(司会者)でも、これ難しいですよね。なんか冗談とかいって、「なんちゃって」っていうみたいな・・(といって、司会者さんも助け船を出すも、リンリンにはしゃべった方が「なんちゃって」ということが理解できず、よけい混乱しちゃったようでした。なので、楽屋でゆっくり教えましょうということになりました。)
でも、確かに難しいですよね。「なんちゃって」って使う人も最近少ないですよね・・・(司会者さんの実もふたもない発言に場内大爆笑)
ノノ*^ー^)<でも、かっこいい曲になってるんですよ。
(司会者)そう考えるとつんくさんって天才ですよね。ということで、このCDどんどん売れていってほしいと思いますので、みなさんこれからも布教活動よろしくおねがいします。
ノノ*^ー^)川*^A^)<よろしくお願いします。

ということで、以降は次回に回します。

2009年8月11日 (火)

モーニング娘。新曲&トークショー当落発表

今日はモーニング娘。の新曲「なんちゃって恋愛」の発売前日ということで、会社帰りに、最近CDイベントの当選確率の高いCDショップで買ってきました。今回は40枚目のシングルということで、4仕様での発売だったので、4種類とも買ってみました。

なんちゃって恋愛

記念すべき40枚目のシングル発売。
初回生産限定盤A、B、通常盤:c/w「秋麗」
40thシングル記念盤:c/w「すべては愛の力」
〈初回生産限定盤A〉DVD付(Dance Shot Ver.)
〈初回生産限定盤B〉DVD付(Close-up Ver.BLACK)
〈40th記念盤〉初回プレス分:イベント抽選シリアルナンバーカード封入
初回生産限定盤A、B、通常盤(初回仕様)、40thシングル記念盤(初回仕様)ともにイベント抽選シリアルナンバーカード封入

ということで、カップリングに別の曲を入れる盤をリリースするなど、やりたい放題の仕様となっています。カップリング曲は「秋麗」の方がアダルトなソウルミュージックっぽい雰囲気もあり、けっこう気に入りました。「すべては愛の力」は対称的に若く元気な曲で、むしろベリキューやハロプロエッグが歌った方がしっくりくるんじゃないかなあと思いました。ソロパートも比較的若手メンバーのパートが多いようです。

で、今週はついにモーニング娘。のメンバーがハロショでイベントを行います。

開催日時
8/12(水)渋谷店…亀井絵里・リンリン
1回目17:45開場・18:00開演
2回目19:15開場・19:30開演

8/13(木)上野店特設会場…新垣里沙・久住小春
1回目 17:45開場・18:00開演
2回目 19:15開場・19:30開演

抽選方式は例によって、抽選に外れるととっても切ない気持ちになる2000円のA4写真1枚予約すると抽選券くれる形式なのですが、今回は

①告知から開催までが短い
②人気メンバーがうまく分散した
③公演回数が増えた
④大量買いする人の資金が尽きた?
⑤この企画に付き合う気力が失せた人が増えた?

と、④⑤は勝手な推測でしかありませんが、実際に整理番号が100番を越えたのはイベント開催店舗のみだったので、わりと当選しやすかったようです。で、僕は渋谷店の2回目の抽選券を2枚買って当選しました。ハロプロ一推しの亀井絵里ちゃんのトークショーが見れるなんて嬉しいです。相方のリンリンも「ワタシ、サムイギャグ、スキデス」って言ってるくらいだから、亀ちゃんとの相性もいいと思います。なので、明日無事にイベントに参加できたら、例によって詳細レポートを書いてみようと思っています。

2009年8月10日 (月)

チャンプル、今週の真野ちゃん などなど

今日のまのぶろぐに、真野ちゃんのチャンプルの最後の衣装が掲載されています。

・コンサート

真野ちゃんだけ赤系の衣装で、とてもわかりやすかったですが、大きなリボンは衣装さんに作ってもらったと書いてありますね。雅ちゃんのかわいいリボンもきっと同じ衣装さんが作ったんでしょうね。ということで、いくつかの話題について書いてみます。

1.チャンプルのトーク部分

いくつか拾ってみます。

8/8夜公演のベリーズ工房のトークにて、司会のまことさんが、熊井ちゃんに「チャンプルしたいことを教えてください」ときくと、「今日の髪型の編み込みの部分を茉麻ちゃんやってもらったんですけど、すっごく上手でこの腕前チャンプルしたいです。」というような話(熊井ちゃんも茉麻ちゃんの巻き髪やってあげたそうです)だったのですが、となりのまことさんが熊井ちゃんを見上げて「関係ないけど、また背伸びた?」ときいて、場内大爆笑となりました。それを受けて熊井ちゃんは川*^∇^)||<えー、気のせいですよー、と返してました。

8/8夜公演のモーニング娘のトークにて、今年中に起こしたい革命について、聴かれて亀井絵里ちゃんが、

ノノ;^ー^)<私が起こしたい革命はDA革命です。
(まこと)どういうことでしょうか?
ノノ;^ー^)<このコンサートでS/mileageがまことさんと、トークをしているじゃないですか。あのトークすごい面白いんですよ。いつも袖で聴いているんですけど、マジで面白くって・・・、特にDAWA!(和田彩花)、DAWAが面白くって、これは6期の中間管理職として負けてられらいなと思いました。なので、DA革命を起こしたいです。でも、まずはDAWAと仲良くなることからはじめたいと思います。

さすが、亀ちゃん!さりげなく、S/mileageのイメージアップに貢献して、優しいですね。そんな、S/mileageのトークコーナーはS/mileageの4人に3問質問する内容で、2問目までは普通の内容で、3問目でちょっとひねった質問を出すのですが、8/7夜公演では、

(まこと)子供に全然人気がないヒーローがいます。さて、人気がない理由は?
(小川紗季)子供が嫌いだから
(前田憂佳)弱いから
(福田花音)子供が分からない難しい言葉を使うから
(和田彩花)いつも衣装のズボンのチャックがあいている

といった、感じで和田彩花ちゃんがおいしいところ持っていっていました。DVD収録ではどんなネタだったのか楽しみです。

8/8夜公演の℃-uteのトークでは岡井千聖ちゃんが、髪伸ばすか切るか迷っていると言っていて、清水佐紀ちゃんみたいに、どっちがいいか意見をききたいのでお手紙くださいと言ってました。その次に中島早貴ちゃんが、汗をかかなくって困っている話をしていると、なぜか、画面にはニコニコ笑っている矢島舞美ちゃんが大写しになり、場内大爆笑になりました。(舞美ちゃんの汗っかきは超有名なんでしょうか?)それで、舞美ちゃんは「コーナー違うけどBerryz工房のコーナーみたくチャンプルするとしたら、なっきーとチャンプルしたいです。今日も2回目の公演が終わってお化粧直ししようと思って顔拭いたら、すでにファウンデーションが落ちきっちゃてたんですよ。」って、言ってました。

あと、最後に8/9昼公演の真野ちゃんのトークから、

(まこと)<真野ちゃんはこの夏に克服したことがあるそうですが?
(。・∀・。)<はい、私は前から虫が苦手で撮影の時に虫が来たりしたらウワッとなってたんですけど、夏のキャンペーンで野外で歌うことが多かったり撮影が野外であったりすることが多くて逃げられないじゃないですか、私は蚊に好かれやすいみたいで、野外で歌ってる時に手や足に蚊が止まっってくるんですよ。でも、逃げられないので、「もう、好きにして!」って感じで慣れてきました。

このときの、「もう、好きにして!」って言い方がよかったです。マネージャーさん、ぜひ真野ちゃんのステージ前には虫除けスプレーを塗り捲ってあげてください。

2.Rock'n Buono2チケット到着

8月21日が近づいてきたのでチケットが到着したのですが、なんと整理番号1800番台でした。会場のZEPP東京のキャパを見るとオールスタンディングの1階の収容人数は2,416人だそうなので、これでも最も最後の入場番号ではないようです。前にZEPP東京の後ろの方でライブ見たことがあるのですが、特に見にくかった印象はないので、Buono!のライブ会場に入れるだけでもいいかと思っています。でも、ZEPP東京の関連ページ探っていると、大抵のライブはブロック番号があって、整理番号があるものの、今回は整理番号しかないので、これはまったく仕切りのない状態ということになるのでしょうか?であれば、前の方はもみくちゃになって大変なことになりそうな気がします。特にBuono!のサウンドは生バンドのハードロックサウンドなので、我を忘れてすごいことになりそうです。なので、この日は荷物を持たずに(前は入場時に500円のドリンク代払うと、ネックストラップ付きのペットボトルを渡されたのですが、今回もそうだといいのですが・・・)もみくちゃになる雰囲気を楽しもうと思っています。ただ、誘導等とか、ペンライトを束ねたお化けとかは大変危険な凶器なので、十分気をつけようと思っています。流血の惨事だけは起こらないことを祈ってます。

3.今週の真野ちゃん

とりあえず、今のところ、下記のイベントが告知されています。

8/14(金)10:00~
ダイエー甲子園臨時店
真野恵里菜トークショー

8月14日(金)14:00~
大阪府守口市 イオン大日
ミニコンサート&握手会
 
8月15日(土)10:30~ 
岐阜県本巣市 モレラ岐阜
ミニコンサート&握手会

8月15日(土)18:30~ 
三重県桑名市 マイカル桑名
ミニコンサート&握手会

真野ちゃんのトークショーは、ぜひ東京でもやって欲しいです。また、今回は前作「はじめての経験」に比べて、事前のイベントが少なかった(前回が異常なほど多すぎたと思いますが・・・)ため、予想通り、前作よりもCD売り上げの初動枚数が減ってますが、こうやって、地道にいろんな地方を回って粘り強く頑張ってほしいなと思います。

2009年8月 9日 (日)

チャンプル最終日

チャンプル最終日の昼公演のみ行ってきました。それから、今日は真野ちゃん&S/mileageの握手会にも参加してきました。また、今回の席は昨日より11列下がって、1階の最後方から2列目の席でした。でも、それでも中央のミキサー&カメラのブロックの位置に近い位置だったのと、昨日は段差があるにもかかわらず前の席の人の頭に視界をさえぎられた(2m近い人だったのかなあ・・・)ものの、今回は視界良好だったので、昨日よりもかえって見やすかったです。また、今回もDVD収録日ということで多数のカメラが入っていて、僕の横の方には3脚にキャノンの一眼レフデジカメ+巨大望遠レンズを3台セッティングして、撮影しているカメラマンさんがいましたが、タダ働きでいいし、撮影データ欲しいとか言わないから、一台使わせて欲しいと思いました。

1.握手会

今日は11時より握手会参加券付きCD発売ということだったので、9時30分ころ、中野サンプラザに行ってみました。そうしたら、すでに長蛇の列になっていて、10時ごろにはさらにすごい人数になって、それまで座って待っていたのに、行列を詰める形で整列されてそれからしばらくは立って待っていたのですが、10時30分ころには、行列が定員数に達したと判断されたのか、前倒しでCD販売が始まりました。で、僕も10時50分頃にはCD買えたのですが、11時10分頃にはCDは完売したそうです。

で、昼公演終演後に中野サンプラザ脇の歩道に握手会参加列が作られたのですが、行列に並んでいたら、急に大粒の雨が降ってきました。で、また例によって参加者がボヤいていて、濡れて困ったものの面白かったです。真野ちゃんと矢島舞美ちゃんが一緒になると雨がひどくなるというのが大方の意見のようでした。でも、雨が洒落にならないくらいひどくなってきたので、主催者側が急遽機転を利かせてくれて、大部分の人が、関係者用出入り口から中野サンプラザのロビー内に入って行列できるように(階段使ったり、広い場所で4列にするなどなど・・・)誘導してくれました。で、握手会だったのですが、握手順はたしか、

福田花音→和田彩花→前田憂佳→小川紗季→真野恵里菜

の順番でした。握手会のときにゆうかりんが泣いていたという情報が流れていますが、僕が握手したときはまだ元気でした。(何があったのかちょっと心配です。)そして、今日は公演の合間ということで剥がしがキツい高速握手でしたし、そもそもDVD収録日の最終公演を控えた直前ということで、メンバーも緊張していたようで、反応はいつもより薄いような気がしました。それでも、和田彩花ちゃんには「MCウケてよかったね」というと、ちょっと嬉しそうな顔してくれました。ゆうかりんには「High-Kingもよかったよ」と言いました。で、真野ちゃんには「新曲そろそろラジオで流れるころだね(まのぶろぐでMANOーDELIで流すと予告があったので)」というと、元気よく「はい、ぜひ聴いてくださいね」と言ってくれました。超高速握手で、メンバーの服装の記憶も曖昧なくらい一瞬の出来事にもかかわらず、こちらの話をちゃんと聴いてくれて、個別の対応返してくれた真野ちゃんはやっぱりすごいなあと思いました。(僕も短時間で伝えたいことが伝えられるようになって、かなり握手会慣れしたなあと思ったのですが・・・、これ日常生活で何かに活かせないかなあ・・・)

今日はコンサート最終日ということもあって、握手会に参加しようと思ったのですが、思えば、市販されるDVD収録のメインとなる最終日夜公演の直前に握手会やるのは、メンバーにとってもキツいのかなあと改めて思いました。終演時間をS/mileageも参加できる時間に設定して、終演後に握手会をやった方がよかったんじゃないかなあと思いました。

2.セットリスト

昨日と今日で同一でした。ただ、今日は体調不良で萩原舞ちゃんが欠席しました。8月15日から早速℃-uteのツアーが始まるので、ちょっと心配です。

01.グルグルJUMP 全員
02.ピリリと行こう S/mileage以外全員
オープニングムービー
MC1 (まこと、稲葉貴子)
03.ぁまのじゃく S/mileage
04.おまかせ♪ガーディアン ガーディアンズ4
05.ミニモニ。ジャンケンぴょん! 新ミニモニ。
MC2 (真野恵里菜+リンリン、竹内朱莉、宮本佳林)
06.世界はサマー・パーティー 真野恵里菜・S/mileage
07.暑中お見舞い申し上げます ℃-ute
MC3 (梅田えりかによるハロプロ卒業発表)
08.青春バスガイド Berryz工房
MC4 (Berryz工房2名日替わりでチャンプルしたいことについて)
  8/7夜 熊井友理奈、須藤茉麻
  8/8昼 菅谷梨沙子、嗣永桃子
09.なんちゃって恋愛 モーニング娘。
10.しょうがない 夢追い人 モーニング娘
MC5 (アイスクリーム娘+韓国オーディション合格者紹介)
11.デビュー ~恋する角には福来る~ アイスクリー娘。にジュンジュン・リンリン(モーニング娘。)
12.夢と現実 あぁ! ※未発表曲
13.ピラッ!乙女の願い プッチモニV ※未発表曲
  (8/8は萩原舞病欠のため、真野恵里菜、中島早貴のみ)
MC6(まこと+S/mileage 全メンバーに質問3問)
14.部屋とYシャツと私 田中れいな
15.アンブレラ タンポポ# ※未発表曲
16.My Boy Buono!
17.JUMP 全員
MC7 (℃-ute3名日替わりで困っていることについて)
  8/7夜 岡井千聖、中島早貴、矢島舞美
  8/8昼 梅田えりか、鈴木愛理、中島早貴
18.秋桜 高橋愛
19.ONLY YOU 続美勇伝
20.行くZYX FLY HIGH! ZYX-α
21.ダイアモンド High-King
22.シンデレラ・コンプレックス High-King
MC8 (モーニング娘。で今年中に革命を起こしたいことについて)
  8/7夜 亀井絵里、光井愛佳、リンリン
  8/8昼 田中れいな、高橋愛、ジュンジュン
23.スッペシャル ジェネレ~ション Berryz工房
24.都会っ子純情 ℃-ute
MC9 (℃-uteによるファン煽り)
25.リゾナントブルー モーニング娘。
26.その場面でビビっちゃいけないじゃん! 全員
27.ここにいるぜぇ! 全員
MC10(メンバー紹介)
28.青空がいつまでも続くような未来であれ! 全員

3.感想・気づいたことなど

今回の目玉(?)だったチャンプルユニットは、僕にはちょっとイマイチでした。「プッチモニV」は真野ちゃんが元気よく踊っていて楽しそう(でも、最終日は2人だったから大変だったのかな?)でよかったなと思ったものの、それ以上の感想はなかったです。また、「タンポポ#」はタンポポらしいかわいい曲だなあと思ったものの、低音を利かせたヘビーなサウンドのアレンジは?と思いました。また、「あぁ!」はこのメンバーだと復活させた意義がよくわかんなかったです。これならBuono!をもう1曲やって欲しかったなあと思いました。「ZYX-α」はいかにも余りのメンバーでやりましたって感じで・・・

ハロプロファンはその場に居合わせた「ゆるきゃら」や「総理大臣」までも応援してしまう優しく懐の深い人たちだからといって、単なる思い付きのような企画やってちゃダメだと思うんですよね。ファン目線重視のアイドルが溢れかえっている時代なんだから、もっとファンのことを考えた企画をやって欲しいなと思いました。

High-Kingも初めて見たのですが、「ダイヤモンド」では、清水佐紀ちゃんだけ、元気に踊りまくっていて、「あれ、こんなにおとなしいユニットだっけ?」と思ったのですが、「シンデレラ・コンプレックス」では本領発揮で、全員が高度なダンスを披露してくれました。なので、「ダイヤモンド」は名曲でもHigh-Kingには選曲ミスだと思いました。というか、モーニング娘。の「Take Off is Now」は High-King向きだと思ってたし、ロックユニットのBuono!に対抗するハイレベルダンスユニットとして継続してくれればよかったのにと思ってました。なので、High-Kingは今回限りの復活ではもったいないなあと思いました。

「スッペシャルジェネレーション」は今回は嗣永桃子ちゃんの手が熊井ちゃんの手首の近くまで届いてました。このとき熊井ちゃんが、笑っているのを双眼鏡ではっきり確認できました。嗣永桃子ちゃんの方は反対方向を向いていたので、確認できませんでした。

「ここにいるぜぇ!」では今日もガキさんが亀ちゃんのスカートめくってましたが、今日はDVD収録のためか、控えめにやってました。

最後の衣装で頭に大きなリボンをつけるのは真野ちゃんも赤いリボンつけていたりと、多数のメンバーがしていたのですが、なぜか、夏焼雅ちゃんだけ、黄色に青い縁取りのあるリボンでこれがすごくかわいく見えました。

メンバー退場の際に、昨日も今日も最後にガキさんが残って、その数段後ろのひな段に清水佐紀ちゃんだけが残っていました。で、ガキさんがモーニング娘。のコンサートでやっているように客席に「楽しかった人!」って問いかけていたんですが、このときに清水佐紀ちゃんが何やってるか、今日は双眼鏡で確認したんですが、「はーい!」と元気よく挙手してました。この佐紀ちゃんの動作がすごくかわいかったです。

昨日も今日もトークはかなり面白かったです。特にS/mileageオチ役のおいしいところを、和田彩花ちゃんが持っていって、知名度・人気UPにすごく貢献したんじゃないかなあと思います。トークコーナーの具体的な内容も明日以降時間があれば拾って記事にしようかなと思っています。

2009年8月 8日 (土)

チャンプル観戦

ということで、ようやく「Hello! Project 2009 SUMMER 革命元年~Hello!チャンプル~」の公演を見ました。今回の席は実質23列目付近の真ん中らへんでした。中央に近いのでステージ全体は見やすかったのですが、ここまで離れると、メンバーの細かい表情は双眼鏡使わないと見えない距離でした。しかし、ハロプロの合同コンサートは初めて見たのですが、全出演者(モーニング娘。Berryz工房、℃-ute、真野恵里菜、ハロプロエッグ)が登場する場面は圧巻で超豪華な感じがしたものの、見たいメンバーがステージの様々な場所に分散して、しかもどんどん位置が入れ替わるので、どこ見ていいのかわからない状況で、戸惑ってしまいました。これだけのメンバーがいて推しメンがひとりだけだったら悩むことはないんでしょうけど、みんなどうしてるんだろうって思いました。

今回のコンサートは明日で全日程が終了するので、詳細は明日以降に書こうと思います。今日は例によって気づいたことを書きます。

・「スッペシャルジェネレーション」ではトークショーのとおり、嗣永桃子ちゃんの手が熊井友理奈ちゃんの肘までしか届いてなくって、笑えました。ただ、二人がどんな顔してこの部分のフリをやっているかよく見えなかったので、明日は双眼鏡でガン見しようと思っています。

・「プッチモニV」での真野ちゃんが、なんだかすごく楽しそうに見えました。

・最後の方の曲で、なぜかガキさんが亀ちゃんのスカートめくって遊んでました。

・最後の衣装で、頭に黄色いデカいリボンをつけた夏焼雅ちゃんが、すごくかわいくって印象に残りました。

また、今日の午後に中野サンプラザの近くの中野駅北口で、麻生太郎氏のミニ・トークライブが行われたので、ちょっと見てきました。麻生太郎氏は交通渋滞に巻き込まれたとのことで、開演予定時間の14時30分から45分くらい遅れて到着したのですが、約15分ほどのトークはさすが現職総理大臣だけあって、まったく飽きることなく、拍手だけでなく笑いもとっていて、うまいなあと思いました。トークライブの後には商店街視察と称して、歩きながらの握手会も行っていました。現職総理大臣のライブは初めて見たのですが、無料の握手会まで行うなんて、選挙だとすごいサービスするんですね。また、トークライブ中は多くのファンが国旗を振って応援していたのですが、最前列にはなぜか(というか案の定)嗣永桃子ちゃんのうちわを振って応援している人もいました。

ということで、今日の中野はハロプロメンバーのみならず、総理大臣までも登場する豪華な一日でした。

チャンプル・トーク

今日は「Hello! Project 2009 SUMMER 革命元年~Hello!チャンプル~」が1日3回公演ということで、真野ちゃんも5時起きで朝から頑張っているようです。昨日は真野ちゃんのみの握手会ということで、直前でも握手券付きCDが買えたのですが、今日はS/mileageと一緒に13時50分からの握手ということで、握手券付きCDは朝9時ごろに早々と完売したそうです。さすが、ファンも気合入っています。僕は今日は18時30分からの公演のみを見る予定なので、家でのんびりしています。

さて、今回のコンサートグッズとして売られているDVDマガジン「Hello! Projectメンバーにハロプロエッグ選抜7名を加えた、総勢30名が2人1組に分かれて“チャンプルトーク”に挑戦!!お題を各自1枚ずつカードを引いて決めるので、意味不明なお題に困惑するメンバートークは必見です!!」ということで、とても面白い内容になっています。一般的には若いハロプロエッグの子と組んだベリキューや娘。のメンバーが必死になって話を盛り上げようとするところが見所だと思うのですが、個人的には、僕のハロプロ一推しの亀井絵里ちゃんと、二推しの真野恵里菜ちゃんのトークが実現したことが嬉しくって、最大の見所でした。

2009080801

しかし、トークの内容は亀ちゃんのアホアホトークに真野ちゃんが必死に合わせているって感じで、トークだけ見てると推し順位変えようかなあと思うような内容でした。(;汗)ちょっと一部拾ってみるとこんな感じです。

ノノ;^ー^)<絵里ね、地球の地面を掘って、下まで貫通したときに足から出るのか、頭から出るのか気になってて・・・
(真野ちゃん、一瞬キョトンとするも・・・)
(。・∀・。)ノ<でも、地球って核があるじゃないですか?
ノノ;^ー^)<カク、何カクって?
(。・∀・。)ノ<地球の真ん中には核があるんですよ
ノノ;^ー^)<へえー、これ(核を知らないこと?)ってやっぱ恥ずかしいことだよね?
(。・∀・。)ノ<なんか、理科でやりました。もうそこには行けないみたいな・・・
ノノ;^ー^)<ふうーん・・・

こんな亀ちゃんに対して、大親友のさゆみんは8月5日の「今夜もうさちゃんピース」でこんなことを言ってました。

从*・ 。.・)<たぶん、亀井絵里は本当にアホだとは思うんですよ←オイオイ・・・
でもそのアホがいい方向に転がっているから、一緒にいてそのアホが心地いいし、絵里のアホは治って欲しくないなって思いますね。はい、永久不滅でよろしくお願いします。


と、フォローしているのかなんだかよくわからないことを言ってました。でも、今回のDVDマガジンではアホアホトーク炸裂のおかげで、亀ちゃんはおまけの特典映像の主役の座を勝ち取ってました。なので、もうトークはこの路線で突っ走っていって欲しいなと思います。(でも、亀ちゃんのダンスはすごくかっこいいんですよ・・・)

あとは、さゆみんとももちのトークも面白かったです。

2009080802

嗣永桃子ちゃんは、にこやかにトークしているものの、一番面白いトークをしてやろうというような気合が感じられて、軽い緊張感があってよかったです。また、ひとりでラジオ番組をやっている同士なので、この二人は気が合いそうだなあとも感じました。実際先日のトークショーでも、嗣永桃子ちゃんが、ステージの前に「道重さんとお話してた」って言ってたので、今後もいろいろ共演してくれると面白そうだなと思いました。

また、上記のDVDマガジンでは全メンバーのフォトセッション風景が数秒ずつ収録されていて、若いハロプロエッグの子も含めて、カメラマンがシャッターを切る毎にテンポよくアイドルポーズ決めている様子はさすがだなあと思いました。僕も、こんな感じでテンポよくアイドルポーズ決めてくれるモデルさんの写真撮りたいなあと思いました。

なお、DVDマガジンのメイキング写真として、2人1組の2ショット写真15枚組とソロの30枚組の生写真が、コンサート会場で売られています。特に2人1組の2ショット写真(8月7日より追加されたようです)は今回かぎりの貴重な組み合わせもあるかもしれないので、いい商品なんじゃないかなあと思いました。

2009年8月 7日 (金)

今日からチャンプル

今日から「Hello! Project 2009 SUMMER 革命元年 ~ Hello!チャンプル ~」の中野サンプラザ公演が始まりました。今日は開演18:30からの1回公演なので、チケットは買ってなかったのですが、今日は公演中でグッズ売り場が空いてる時に、欲しいグッズをすべて買ってしまおうと思って、会社から帰ってから中野サンプラザに行ってきました。(中野は僕の住んでいるところのとなりの駅なので、とても近いので便利です。)で、グッズを買った後に、真野ちゃんの握手券付きCD売り場が、公演中のグッズ売り場以上に閑散としていたので、せっかくなので、真野ちゃんと握手して帰ろうと思って、CDも買いました。今回の握手券には整理番号は振っていなかったので、どのくらい売れているのかは不明でした。しかし、20時過ぎたわりには握手券がずいぶんあるなあといった印象でした。(でも、握手会時にはけっこう長い列ができていたので、最終的にはかなりの人が握手会に参加したようでした。)

そのあと、握手会の時間まで近辺をふらついていると、「まのとらっく」を発見しました。

2009080701

夜はこんな感じで光るんですね。今週末は中野近辺を中心に走りそうなので、コンサートに来られる方は要チェックです。

で、コンサート終演前に握手会の列に並んだので、かなり早い順番で真野ちゃんと握手しました。真野ちゃんは今回のコンサート会場で売られているピンクのTシャツを着ていました。今回は真野ちゃんひとりとの握手なので、剥がしもユルく、あまりガッツく人もいなかったので、のんびりムードで、やや低速の握手会でした。僕は「さっき、初めて光るまのとらっく見たよ」って言ったら、真野ちゃんは「本当ですか!いいなあ」って言って手を振ってくれました。なので、真野ちゃんはまだ夜を走る「まのとらっく」見てないようでした。「いいなあ」ってリアクションがかわいかったのですが、今回はやや低速だっただけに、他の人も真野ちゃんの、独自のリアクションを楽しめた人が多かったようです。なので、いい握手会だったと思います。コンサートのステージ終えた後なのに、真野ちゃん、本当にお疲れ様でした。

今回は握手は中野サンプラザの会場内ロビー内で行われたので、握手後、会場内のCD,DVD売り場で、「世界はサマーパーティ」のシングルVと、先日のBerryz工房イベントで買えなかった「ライバル」のシングルVを買って、「世界はサマーパーティ」と「ライバル/青春バスガイド」のポスターをGETしました。なので、今日のうちに買いたいものはすべて買ってしまったので、明日、明後日はコンサートを見ることに集中しようと思っています。また、今回はアンオフィシャルの露店もすごい量の写真が売られていました。今回の「チャンプル」の写真のみならず、Buono!の「MY BOY」イベントのときとか、「Berryz工房ファンの集い」や、「ライバル/青春バスガイド」のイベントのときの写真とか、いろいろ見に行ったイベントのことが思い出されて、見ているだけで楽しかったです。(アンオフィシャルなので、基本は、見て楽しむだけにした方がよいかなと思いますが・・・)特に、Berryz工房ファンの集いで、ゲームに負けてうなだれている徳永千奈美ちゃんを清水佐紀ちゃんが、なぐさめている写真が面白かったので、みなさんぜひ露店で探してみてください。

ということで、実際にコンサートを見るのは明日からなのですが、グッズ販売とか、まのとらっくとか、露店とか、僕の近所にお祭りがやってきたような楽しい気分を味わうことができました。コンサートの方は、今回のチャンプル・ユニットには正直あまり興味がないのですが、先日の「熊井友理奈・嗣永桃子トークショー」でしゃべってたように、嗣永桃子ちゃんの「グルグルJUMP」がどんだけすごいのか?とか、「スッペシャルジェネレーション」で熊井ちゃんと桃子ちゃんの手があわないところとか、すごく興味深いので、明日は(席はあまりよくないので)双眼鏡でじっくり見てこようと思っています。

2009年8月 6日 (木)

ビータリカの新作登場!

だいぶ先のことと思っていたビートルズのリマスター盤発売がいよいよあと1ヶ月ちょっとに迫ってきました。今はどこで買おうか思案中なのですが、単純な価格比較+ポイントカードのポイントが多くつくところがいいとか考えてしまうと、どこで買うか悩ましいです。

などと、悩んでいるうちに、メタリカの物真似しながらビートルズの曲を演奏する不思議なバンド”ビータリカ”のセカンドアルバムの輸入盤が発売されました。

Masterful Mystery Tour

ジャケットとタイトル「Masterful Mystery Tour」から、メタリカの「メタル・マスター」と、ビートルズの「マジカル・ミステリー・ツアー」を合体させ、わかりやすくなってます。

メタル・マスター
マジカル・ミステリー・ツアー

メタリカの物真似していることから、基本的にはヘビメタなのですが、ビートルズの曲のアレンジが意外にかっこよく、それでいて、ジェームズ・ヘットフィールドをデフォルメした歌い方で歌うので大爆笑できます。今回は「Battery of Jaymz and Yoko 」というビートルズの「ジョンとヨーコのバラード」の替え歌から始まるのですが、軽快なこの曲が、おどろおどろしいギターから始まって、壮大なスラッシュメタルのギターリフが響き渡り、そのあとようやくオリジナルのメロディーにつながるといったアレンジで、オープニングから大爆笑させてもらいました。また、前作ではわりと控えめだったメタリカの曲とビートルズの曲の合体が今回はかなり大胆になってます。なので、今回はメタリカとビートルズ両方に詳しければ詳しいほどより楽しめる内容になってます。それにしても、「マジカル・ミステリー・ツアー」歌ってるのに、「マスター、マスター」って叫んだりしていて、ライブでやったら最高に盛り上がりそうで楽しいです。ぜひ、ビータリカのライブ見てみたいと思いました。新作の日本盤は「メタリカル・ミステリー・ツアー」のタイトルでなんとビートルズのリマスター盤と同日の9月9日発売の暴挙に出るそうです。ボーナストラック(詳細不明)が付くらしいのですが、そんなの待つよりも、早々と輸入盤をGETして大笑いするのが吉ではないかと思います。

なお、ビータリカのファースト・アルバムもとても楽しい内容になっています。

Sgt. Hetfield's Motorbreath Pub Band

こちらも、大笑いさせてくれるのですが、ビートルズの「For No One」の替え歌「Forhorsemen」が、とてもかっこいいアレンジなので気に入っています。この静かな曲がノリノリのハードロックナンバーに変身するなんて、僕には「目からウロコ」でした。なので、ビータリカはすべてのロックファンにオススメできる良質なお笑いバンドです。

ところで、先日紹介した「ザ・ビートルズ レコーディング・セッションズ完全版」は僕の想像どおり、廃刊になった「ザ・ビートルズ レコーディング・セッションズ」に加筆した本のようです。

ザ・ビートルズ レコーディング・セッションズ完全版

これを買えばもう脳内で「現在未発表のテイク→アンソロジーで発表されたテイク」の変換をしないで読むことができます。この本を読めば、「1960年代中盤までは音楽はモノラルで聴くのが基本で、ステレオ盤はマニア向けに作られていた。そのため、ステレオ盤とモノラル盤は別のマスターが作られた。そのことにより、ステレオ盤とモノラル盤で曲の長さが異なったり、ミックスの違いから聞こえる音が違ったり、なかにはマスターに採用されたテイクが違ったりなどの違いが生じた」ことが明快にわかると思います。なので、この本はビートルズのリマスター盤を楽しむための最高の副読本になると思います。

2009年8月 5日 (水)

真野ちゃん ライブDVD発売!

ハロプロの上半期の各コンサートツアーDVDが、怒涛の毎週リリース(売り上げは苦戦しているようなのですが・・・;汗)されてましたが、その締めくくりことして、真野ちゃんの「真野恵里菜デビューコンサート 『プロローグ~乙女の祈り~』」が発売になりました。

真野恵里菜デビューコンサート 『プロローグ~乙女の祈り~』

裏ジャケットも上品なつくりなので、ジャケットを両面掲載してみました。このコンサートは僕は昼は1階席の後ろの方で、夜は2階席の後ろから2列目の席ですごく遠くからみてたので、このDVDでは真野ちゃんがはっきりくっきり見えるので嬉しいです。このときのレポートも以下のリンク先の記事で書いています。

・真野ちゃん初コンサート 大盛況!

新曲イベントでは最近の曲しか聴けないのですが、このDVDでは「マノピアノ」とか「ラララソソソ」とか、「ジャスミンティー」以外の全部の持ち歌がまとめて聴けて楽しいです。また、後半戦のハロプロエッグと一緒に踊った「ラッキーオーラ」とか「ナキムシ・ヨワムシ」とかダンスがバッチリ決まってて見ごたえ十分です。また、セットチェンジ中に流れた「世界はサマーパーティ」のPVも完全収録されているので、お得です。また、さらにさらに、音声特典として、全編真野ちゃんのオーディオコメンタリーが付いてます。なので、他のユニットのコンサートDVDよりも収録時間は短いものの、内容はとても濃いDVDになっていると思います。それで、例によって、アマゾンでは26%オフの2,331円で買えるので、いつも以上に超オススメです。僕はあまりヒットチャートとか普段あまり気にしないのですが、このDVDは安くて内容充実しているので、すごく売れてくれるといいなあと思います。

2009年8月 4日 (火)

熊井友理奈ちゃん写真集 などなど

8月4日発売告知の写真に興味深いものが多かったので、今日も会社帰りにハロショ渋谷店に行ってきました。今回の写真で一番期待したのは「Berryz工房『青春バスガイド/ライバル』発売記念イベント」の写真でした。このイベントは内容もよかったし、このときの清水佐紀ちゃんの髪型もかわいかったので期待したのですが、集合写真はなかなかよかったものの、ライブ写真は横向きで、角度が悪かったり、画面が暗かったり(ライブの生写真は総じてそんな感じなんですが)で今ひとつでした。

2009080401

上記の写真はL版だと全然迫力ないのですが、写真画質なので、スキャナで取り込んでパソコンのモニターに拡大すると、すこしましな写真になります。(拡大しても、さすがに元ネタが小さすぎるので、メンバーの表情ははっきりしないのですが・・・)

2009080402

上記は集合写真バージョンで、縦、横2枚組みで上記の組み合わせ3種類販売されています。熊井ちゃん、佐紀ちゃん、雅ちゃん推しの僕としては、結局全部の組み合わせを買ってしまうことになります。

8月11日にはライブバージョン、集合バージョンともにパート2がでるようなので、次は(特にライブバージョンが)もっといい写真であることを期待したいです。なお、このときのイベントの様子は下記の記事にレポートを書いています。

・「青春バスガイド/ライバル」発売記念イベント その1

・「青春バスガイド/ライバル」発売記念イベント その2

とってもいいイベントだったので、写真見ながらイベントの様子を思い出すのもいいなあと思っています。

さて、ところで、遅まきながら、7月25日に発売された熊井友理奈ちゃんの2nd写真集「FLOWERAGE」を最近入手しました。

熊井友理奈写真集 FLOWERAGE

先日のダイエー今池店のイベントで、特に1回目にストレートヘアーで登場した熊井ちゃんを見たときは近寄り難いような美女のオーラが出ていて、すっかり大人の女性になった印象を受けたのですが、この写真集を見ると、子供っぽいカットも多くて、写真集の帯に書いてある通り、まだまだ発展途上の女の子なんだなあと改めて気づかせてくれます。それもそのはずで、熊井ちゃんは昨日8月3日に16歳になったばかりで、この写真集を撮影した時点ではまだ15歳なんですよね。(リンク先のアマゾンのレビュー見ると、レビューアーは15歳の女の子に何を求めてるんだろうと思うと笑ってしまいます・・・)

なので、熊井ちゃんがすっかり大人の女性になるころには、さらにどれだけ綺麗になるんだろうと思うと、すごく楽しみであるとともに、まだ高校生になったばかりなのだから、芸能活動のやりすぎで勉強をおろそかにしたり、肌を酷使しないで、のんびりペースで成長していって欲しいなと思いました。

そういう意味では今回の写真集発売イベントとかも特にないので、ハロプロとしても長い目で熊井ちゃんを育てて行こうとしているのかもしれないですね。(いや、ぜひそうあって欲しいです。本当に熊井ちゃんは将来大物になりそうな逸材だと思います。)

ということで、今回の写真集は少女と大人の女性の中間の貴重な時期の熊井ちゃんを記録した、いい写真集だなあと僕は思いました。

などと、書いていたらハロプロの公式ページに嗣永桃子ちゃんの写真集発売記念握手会イベントの告知が載ってました。嗣永桃子ちゃんはもう高校3年生だし、お客さんへの対応の上手さもハロプロトップクラスだし、楽しい握手会になりそうですね。

・嗣永桃子写真集『momochiiii』発売記念握手会 8月27日(木)開催!
 日時 8月27日(木)19:00~

2009年8月 3日 (月)

今週の真野ちゃん

昨日もFresh!ナイト撮影会に行って、柏木唯ちゃんの撮影会に参加してきました。柏木唯ちゃんはこのブログでも過去に紹介したように、Berryz工房の夏焼雅ちゃんにちょっと似た美人さんで、普通に立ったり、座ったりしているだけで、十分絵になるモデルさんでした。で、僕は例によって、キャピキャピのアイドルポーズをやってもらったのですが、ノリノリでアイドルポーズやってくれる小倉遥ちゃんや、高井亜耶乃ちゃんとは違って、柏木唯ちゃんはおしとやかな感じのモデルさんだったので、アイドルポーズもモデルさんの性格や場の空気を読んで、やってもらう機会を選ばなきゃだめかなあとちょっと反省しました。でも、仕上がった写真を見ると、さすが夏焼雅ちゃん似の美人さんだけあって、撮影しているときにはぎこちなく感じたアイドルポーズ(特に「世界はサマーパーティ」の決めポーズはバッチリ決まってました)もすごく様になって、撮れてました。まあ、僕ほどアイドルポーズにこだわる撮影者もいないと思うので、おしとやかなモデルさんでも、撮影会が進んで場が和んできて、ちょっとネタが尽きたころに洒落でアイドルポーズやってもらうのにはいいかなあと・・・でも、ほどほどにしておこうと思いました。

柏木唯ちゃんは、今回の撮影会を最後にVERTEXさんから所属事務所を移籍することが、撮影会後のブログに突然告知されてました。移籍先については記載はなく、芸名も変わるようです。撮影会のときに少しお話したときにはその話題は一切なかったので、ブログ見て驚きました。なので、肖像権とかよくわからないので、今回は写真掲載はなしとします。

さて、先週新曲「世界はサマーパーティ」をリリースした真野恵里菜ちゃんなんですが、先週のイベントで真野ちゃんは「8月はイベントでいろいろな場所に行きます」と言っていたのですが、さっそく今週からいろいろな場所でイベントを行うようです。

真野恵里菜「世界は サマー・パーティ」発売記念イベント開催

・日時: 2009年8月4日(火)14:00~ 
・場所: アリオ西新井(東京都足立区西新井)

・日時: 2009年8月5日(水)16:00~ 
・場所: ビナウォーク(神奈川県海老名市)

首都圏郊外で、平日午後ということで、夏休みの学生さんがいっぱい見に来てくれるといいなあと思います。また、いよいよ中野サンプラザでの公演を残すのみとなった、「Hello!Project 2009 SUMMER 革命元年 ~ Hello!チャンプル ~」コンサートですが、この会場でも真野ちゃんの握手会開催が発表されました。

真野恵里菜3rdシングル「世界は サマー・パーティ」発売記念握手会開催

握手会会場 中野サンプラザ ロビー
8月7日(金)握手会実施時間 20:50 真野恵里菜
8月8日(土)握手会実施時間 13:50 真野恵里菜 S/mileage
8月9日(日)握手会実施時間 16:20 真野恵里菜 S/mileage

僕は、8日と9日に1回づつコンサートを見る予定なので、コンサート終了後の握手会が金曜日のみなのは残念だなあと思うものの、真野ちゃんと会える機会が多いのは単純に嬉しいなと思います。ただ、1日複数回のコンサートこなして、握手会もやるのは大変だなあと思うので、無理しない程度に頑張って欲しいなと思います。

2009080301

2009年8月 2日 (日)

高井亜耶乃ちゃん Fresh!撮影会

8月1日に行われた、高井亜耶乃ちゃんのFresh!ナイト撮影会に行ってきました。高井亜耶乃ちゃん初の単独撮影会ながら、フレッシャーズ撮影会で大行列が出来ただけあって、今回の撮影会は告知発表してすぐに満員御礼(撮影者7名)になりました。今回は高井亜耶乃ちゃんから、許可をいただきましたので、写真満載で、撮影会レポートをお送りします。今回は一部サムネイルつかって、クリックするとちょっとだけ拡大する写真も含んでいます。撮影スタジオはいつものZERO STUDIOでした。

1.第1部前半

「段差付きのカーテンコーナー」での撮影でした。

Ayano_001

Ayano_002

2.第1部後半

ベットでの撮影でした。さっそくいつもの定番ポーズをやってもらいました。

Ayano_003

今回は久々に「ポージングネタ帳」を持参し、「力強くワイルドな女性に見えるポーズ&構図」をやってもらいました。

Ayano_004

これも最近定番になりつつある、ベットのコーナーでのベットジャンプですが、ZEROスタジオは高さは十分にあるものの、ベットが不安定で、高井亜耶乃ちゃんはちょっと飛びにくそうでしたが、それでも元気よくジャンプしてくれました。

Ayano_005 Ayano_006

Ayano_007 Ayano_008

3.第2部前半

窓と椅子のあるスペースでの撮影でした。

Ayano_009

頭上でパイナップル型に髪を結んでリボンつける髪形は真野恵里菜ちゃんがよくやる髪型なので、ここでは、他のパート以上にアイドルっぽい写真をいっぱい撮ってしまいました。

Ayano_010 Ayano_011_3

Ayano_012

ハロプロにありがちなアイドルポーズをはじめ、真野ちゃんの「世界はサマーパーティ」の決めポーズもやってもらっちゃいました。

Ayano_013

この写真はなんだか雑誌の表紙ぽくって気に入っています。台を透明なアクリル板にして、下からライトで照らすと雰囲気のあるいい写真になるんじゃないかなあと思うのでいつか、チャレンジしたいです。

4.第2部後半

隅のカラータイルのコーナーでした。毎度ながら定番ポーズと、あと、この場所の場合、壁に手をついてもらって、横から撮る写真は僕の定番としていつもFresh!撮影会でやっているポーズです。

Ayano_014 Ayano_015_2

ちょっとセクシーな写真にもチャレンジしてみました。

Ayano_016 Ayano_017

でもって、またアイドルポーズをやってもらいましたが、このころには、「ネタ帳」で見せたアイドルポーズを亜耶乃ちゃんはすっかり自分のものにして、いい感じになってました。

Ayano_018 Ayano_019

Ayano_020 Ayano_021

そして、最後は余り時間にやった囲み撮影からのショットなのですが、アイドルポーズの極めつけ「うさちゃんピース」をやってもらいました。なお、囲みのときに「うさちゃんピース」を最初に要望したのは別の人でした。さすが、さゆみん(道重さゆみ)の「うさちゃんピース」は確実に世間に広まっているようです。

Ayano_022

と、こんな感じで本当は撮影会レポートはいつもこんな感じで写真満載で書きたかったのですが、今回は高井亜耶乃ちゃんが許可してくれたおかげで、充実したレポートを書くことができました。高井亜耶乃ちゃんのような新人モデルさんの場合は、モデルさんと一緒に試行錯誤しながらいいポーズを作っていく楽しみがあり、今回は久々に「ポージングネタ帳」が活躍しました。次回は笑顔以外で亜耶乃ちゃんのかわいい表情を探ってみたいなあとか思ったりして、また亜耶乃ちゃんの写真とる楽しみが広がりました。本当に高井亜耶乃ちゃんは写真撮ってて楽しいモデルさんだなあと思いました。

写真は今回もカメラがCanon EOS 40Dでレンズはシグマの18-50mm F2.8 EX DC MACRO、モードは絞り優先モードで絞り2.8、ISO感度100を基本にして、撮りました。ベットジャンプの時には、シャッター速度優先モードにして、 シャッター速度を1/400にして、ISO感度を500にして撮影しました。ホワイトバランスはWBフィルターを使ってマニュアル設定で撮りました。

上記の写真は高井亜耶乃ちゃんの許可をもとに掲載しています。写真、画像の肖像権は、モデル本人及び所属事務所にあります。

2009年8月 1日 (土)

テレビ、ラジオあれこれ

今日は待望の高井亜耶乃ちゃんのFresh!撮影会に参加する予定なのですが、ナイト撮影会ということで夜からなので、昼間はのんびり家で過ごしています。今日はあまり暑くならないようなので、過ごしやすくよかったなと思っています。

と、いうことで、のんびり家でテレビ録画とか見ていたので、今週のテレビ・ラジオ関連の話題を拾ってみます。

1.音楽戦士

今回は真野ちゃんがこの番組のトークコーナー初出演ということで、期待したのですが、番組のなかで、「ファンとの交流会」をやってしまうとは・・・、しかも司会のキングコングさん、青木さやかさんまで巻き込んで、超豪華なファンの集いになってましたね。それに真野ちゃんの弾き語りで、バースデイソングを歌ってもらったり、手作りのドーナツもらったり羨ましすぎます。ここまでしてもらえるならば、テレビで晒されても納得できる内容ですね。ただ、ファンの登場の仕方がちょっとショボかったです。あんなに荷物抱えて登場しなくってもいいのにと思うのですが・・・、ただ、握手会でよく見かける常連さんはなぜかいなかったですね。

2009080103_4  2009080104

2009080105_2 2009080106

2009080102 2009080101

10分ほどのオンエアでしたが、ハイビジョン映像でファンとの交流会が楽しめて、Berryz工房のトークショーに落選してしまった悲しみを癒すことが出来ました。それにしても、握手会でも感じるのですが、真野ちゃんのファンへの対応の丁寧さはすばらしいので、AKB48の「会いにいけるアイドル」の上を行く、「ファンと交流できるアイドル」として真野ちゃんを売っていってもいいんじゃないかなあと思いました。

2.美女放談

2週連続でBerryz工房の須藤茉麻ちゃん、夏焼雅ちゃんが登場しました。最後に2人の夢を語ってましたが、雅ちゃんは「Berryz工房で武道館コンサートをやりたい」って今回も言ってました。これは4月のパシフィックヘブンでのソロイベントでも言っていたので、本当に念願なんだろうなあと思ったので、叶えさせてあげたいなあと思いました。でも、これは僕も毎度書いてますが、Buono!であれば生バンドサウンドの迫力でノリノリになって楽しめるので、武道館の2階最後方の席でも全然OKだと思っているのですが、Berryz工房の場合だと、武道館の2階最後方でも満足できるコンサートをどう作っていくか、工夫が必要だと思うのですが、どうでしょうか?特に最近は良席にこだわる人が増えているように思える(オークションで後方席の価格が大暴落しているとか、会場で席交渉する人が増えているなど)ので、なおさらそう感じてしまいました。

3.ベリつう

清水佐紀ちゃんが、熊井ちゃんの新しいあだ名を考えたと言ってました。熊井ちゃんがよく迷子になるので、「くまいご」とつけたそうなのですが、嗣永桃子ちゃんがひとりで熊井ちゃんを「くまいちょー」って言っているように、佐紀ちゃんもぜひ呼び続けてもらいたいなあと思いました。

4.週刊AKBにBuono!乱入!

7月からテレビ東京で始まった番組「週刊AKB」が面白いので、毎週録画してみているのですが、今回は番組途中のCMでBuono!出演のピザーラのCM(嗣永桃子バージョン)が流れました。番組および、AKB48のCMはハイビジョンではないのに、ピザーラのCMはハイビジョンで、これはかなり嬉しいです。今後もぜひ雅ちゃんバージョン、愛理ちゃんバージョンを放送して欲しいです。AKB48を見ていたら、Buono!まで見られるなんてナイスな番組です。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

オススメ商品

twitter

無料ブログはココログ