« ハロプロミーティング その1 | トップページ | ハロプロミーティング その3 »

2009年8月24日 (月)

ハロプロミーティング その2

2009082401

それでは、記憶の新しいうちにハロプロ・ミーティングの詳細レポートをお送りします。せっかくなので、全メンバーの名前と生年月日を掲載します。レポート中では最近多用している、メンバーの顔文字を使うとワケわからなくなりそうなので、苗字(敬称略)で掲載します。

モーニング娘。
高橋愛(たかはし あい、1986年9月14日)
新垣里沙(にいがき りさ、1988年10月20日)
亀井絵里(かめい えり、1988年12月23日)
道重さゆみ(みちしげ さゆみ、1989年7月13日)
田中れいな(たなか れいな、1989年11月11日)
久住小春(くすみ こはる、1992年7月15日)
光井愛佳(みつい あいか、1993年1月12日)
ジュンジュン(ジュンジュン、1988年2月11日)
リンリン(リンリン、1991年3月11日)

Berryz工房
清水佐紀(しみず さき、1991年11月22日)
嗣永桃子(つぐなが ももこ、1992年3月6日)
徳永千奈美(とくなが ちなみ、1992年5月22日)
須藤茉麻(すどう まあさ、1992年7月3日)
夏焼雅(なつやき みやび、1992年8月25日)
熊井友理奈(くまい ゆりな、1993年8月3日)
菅谷梨沙子(すがや りさこ、1994年4月4日)

℃-ute
梅田えりか(うめだ えりか、1991年5月24日)
矢島舞美(やじま まいみ、1992年2月7日)
中島早貴(なかじま さき、1994年2月5日)※今回欠席
鈴木愛理 (すずき あいり、1994年4月12日
岡井千聖(おかい ちさと、1994年6月21日)
萩原舞 (はぎわら まい、1996年2月7日)

真野 恵里菜(まの えりな、1991年4月11日)

1.開演前

ステージは特に装飾はなく、バックにスクリーンがあって、上記写真のロゴが写されていました。スクリーンはコーナーの解説等に使われただけで、ステージ上のメンバーを映すことはなかったです。また、ステージには折りたたみ椅子が2列に並んでいて、2列目はひな壇の上に並んでいました。ひな壇は3個置かれていたので、各ユニット毎にすわるんだろうなあと容易に想像できました。開演前の観客はとても大人しく、2階席で「しみずさきさーん!」と連呼する人1名と、1階席後方で、なぜか息継ぎもせずに、身を削るような長い文章の連呼(内容は聞き取れず)をする人が1名いて、この人は叫び終わったあとになぜか、観客から拍手をもらってました。など、今回は観客はよくみなかったのですが、ずっと着席でイベントが行われたので、妙なもの振り回したり、奇声を発していた人は極めて少なかったと思います。場内アナウンスは普通の人でした。

2.開演

場内が暗転すると、知らないおじさんのMC(声のみの出演)で、
「さあみなさんお待たせしました。やります。振り替えてもやるんです。新ファンクラブ発足イベント。「ハローミーティング」!今日のステージに立つラインアップは、真野絵里菜!続いて、℃-ute!、Berryz工房!さあそしてラストはモーニング娘!、そしてオープニングトークの進行はドキドキ真野恵里菜!」
と紹介があり、全メンバーが登場して、いきなり真野ちゃんが進行役で、イベントが始まりました。

(真野)みなさーん、こんばんは。今日はようこそおいでくださいました。さて、オープニングトークの進行役ということで、私こういうイベントははじめてでドキドキしているんですけども、先輩たちに負けないようにいっぱい発言したいと思います。今日はよろしくお願いします。それでは、今日のイベントに対する意気込みを聴いていきたいんですけど、まずは、モーニング娘。の亀井絵里さん」
(亀井)「みなさーん、こんばんは。こういうイベントは本当に今日が初めてなので、すごく楽しみにしていたんですけど、ミーティングということで、いい意見を出し合って、すーばらしい、にーちよう日にしたいと思います。ビューティフル(といって、客席にマイクを向け、サンデーと言わせる)、ありがとうございます!」
(真野)「続いてBerryz工房の熊井友理奈さん。」
(熊井)「はい、今日は1回目もやったんですが、1回目のとき以上に楽しみたいと思います。みなさんよろしくお願いします。」
(真野)「最後に℃-uteの鈴木愛理さん」(僕の好きなメンバーばかり選ぶ真野ちゃんナイス!)
(鈴木)「今日はメンバー22人とみなさんで、楽しい時間が過ごせればいいなあと思います。よろしくおねがいします。」
(真野)「それでは、みなさんよろしくお願いします。」
(といって、BGMが流れてメンバー着席)
座席の並び順は

(後列)須藤・夏焼・徳永     LL・光井・久住・亀井・JJ  梅田・萩原・岡井
(前列)熊井・菅谷・嗣永・清水  新垣・田中・高橋・道     真野・鈴木・矢島

といった感じでした。で、ここから各コーナー毎に進行役と、代表者が前に出て立って、進行して、時々後ろに座っているメンバーが発言するスタイルでイベントは進行しました。メンバーの服装はグッズで売られてたポロシャツ(娘:レッド、ベリ:オレンジ、℃:ピンク、まの:イエロー)で、下は短パンだったりミニスカートだったり、Gパンだったりバラバラでした。(全員の衣装メモろうと思ったものの、22人もいるので諦めました)

3.意見交換
 
 進行役:新垣里沙
 代表者:高橋愛、清水佐紀、矢島舞美、真野恵里菜

(新垣)「それでは、各グループのリーダ、キャプテン、真野恵里菜ちゃんに集まってもらって、忌憚のない意見交換をしてもらうんですが、ケンカにはならないようにしたいと思うんですけど、もしケンカが始まったら、茉麻ちゃんが止めにきてくれれるので、大丈夫かなと思います。(場内大拍手)茉麻ちゃん、なんかあったらよろしくね!なので、全然大丈夫だから真野ちゃんもどんどん発言してね。また、後ろに座っている人もどんどん発言してくださいね。今日は22人もいるので、積極的にしゃべらないと、一日なにもしゃべらずに終わってしまうことも、ありえるので、どんどん前に出てきてくださいね。(何気にガキさん、後輩にプレッシャーかけるの上手!)」
(新垣)「そして最初にこれを聞いてみたいと思います。ファンクラブも新しくなりましたが、私たちも新たな一歩を踏み出したわけです。そこで、私たちはハロープロジェクトの最大のウリ、特徴はなんだと思いますか?」
(まず、真っ先に舞美ちゃんが挙手)
(矢島)「私たち22人もいるじゃないですか。なので、全員で、パワーを出し合って、そのパワーがひとつになったら、みなさんにおっきなパワーとなって伝わるんじゃないかと思います」
(新垣)「なるほどー、いいですね。じゃあ、真野ちゃんいこうか」
(真野)「ハイ、笑顔です。今思ったんですけど、このハロープロジェクトのマークも笑ってるじゃないですか。なので、笑顔がウリです。」
(新垣)「なるほどねー、はい、じゃあキャプテン」
(清水)「各グループ、真野ちゃんも含め、私たちって個性がそれぞれ違うじゃないですか。一緒だと面白くないんで、そういったとこもウリのひとつかなと思います」
(新垣)「おおー、個性を出していく!いいこといいますねえ。じゃあ最後リーダー、愛ちゃん」
(高橋)「ライバル!なんかみんな仲間ですけど、いい意味でライバルだから、ぶつかり合っている。お互い負けたくないって思えるのがいいかなと思います。」
(新垣)「さすが、そういう気持ちは大事ですよね。ちょっと、ちょっと、モーニング娘。の6期メンバー!ちゃんと話聴いてる?あんたちだって、けっこう上の方なんだから、ウリはなんだと思う」
(道重)「今ね。6期メンバー3人で、振られたらどうしようって話してたの。話すことないねって・・・」
(新垣)「だったら、ちゃんと聴いてようよ」
(道重)「なんか考えてた?(と亀ちゃんにマイク渡す)」
(亀井)「うっ!(と言って、れいなちゃんにマイク渡すと、観客エーと、言ったので、亀ちゃん嬉しそうに観客を煽って、再びマイク受け取ってなにか言おうとするも、マイクは戻ってこず・・・亀ちゃんは何いおうとしたんだろう?」
(新垣)「ハイ、じゃあBerryz工房はなにか意見ありますか。「ここウリにしていきたい」みたいな!(と桃子ちゃんが派手にアピールして)お、桃子きたね」
(嗣永)「やっぱり、佐紀ちゃんが言ってる個性だと思うんですけど、(熊井ちゃんの横に移動して)ももとくまいちょーは身長はこんなに違うのに座高はおんなじなところとか・・・(さすが、捨て身のギャグ大ウケ!)すーちゃん(須藤茉麻)の腕力とか、みやのツンデレもすごいし・・・」
(夏焼)「よく言われるんです。私、ツンデレって、でもー、そんなことないんですよ」
(嗣永)「おっ、出ました出ました」
(夏焼)「何が出たんだか、意味わかんないよね」
(嗣永)「といった感じで個性だと思います。」
(新垣)「なるほど、見るからに個性でてますけどね、Berryz工房は。じゃあ、℃-uteはどんなとこがウリだと思う?」
(岡井)「℃-uteは”潤い”を・・・・(場内オー)、℃-uteは平均年齢も一番下じゃないですか。なので、若さをウリにしていきたいなと思いました。(場内さらにオー)」
(新垣)「ちょっと、モーニング娘。も誰か何か言ってやって、(で、小春ちゃん挙手)お、小春行け!」
(久住)「やっぱり、モーニング娘。は一番年上なんで、セクシーさだと思います。」
(新垣)「おー、小春が言った・・・」(さらにジュンジュンが挙手)
(ジュン)「セクシーさも負けないし、見た目的には、みんなより若いと思います。」
(ここで、みんな一気にヒートアップ)
(新垣)「ちょっと、みんな私が指名してから発言して、はい梨沙子ちゃん」
(菅谷)「今、千聖が潤いって言ったんですけど、私たちも潤負けてましぇんよ(ちょっと噛む)」
(新垣)「いいねえー。それぞれのグループの個性が出て、ミーティング感出てきたね。ここで、ちょっと話題を変えて、℃-uteの矢島舞美ちゃん、私たちがこれから強化していかなけれなならないものはなんだとおもいますか?
(矢島)「ズバリ、気力だと思うんですけど、私たちは日本一のエンターティメント目指して、気力とか、強い精神力を鍛えていかなければならないと思います。」
(新垣)「そうだよね。それでは、今現在、私たちがどれだけ気力のあるパフォーマンスができているのか、実験してみましょうか」
(矢島)「ハイ、それでは、ここからは℃-uteの梅田えりかちゃんに進行をお願いしたいと思います。」

で、BGMが流れて次のコーナーとなりました。桃子ちゃんが、捨て身のギャグでウケとったり、岡井ちゃんが、対抗意識を煽って、話が盛り上がってきたので、もうちょっと討論聞いてみたかったなあと思いました。

そして、ここまで書いてちょっと疲れてきたので、続きは明日以降に書きます。

« ハロプロミーティング その1 | トップページ | ハロプロミーティング その3 »

Berryz工房」カテゴリの記事

Buono!」カテゴリの記事

℃-ute」カテゴリの記事

モーニング娘。」カテゴリの記事

真野恵里菜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534581/46019902

この記事へのトラックバック一覧です: ハロプロミーティング その2:

« ハロプロミーティング その1 | トップページ | ハロプロミーティング その3 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

オススメ商品

twitter

無料ブログはココログ