« ビートルズ・リマスター盤・発売間近 | トップページ | ハロプロ・ミーティングDVD »

2009年9月 5日 (土)

モーニング娘。特番 Buono!イベント などなど

落選してしまった昨日のBuono!「Take It Easy」CD発売記念イベントの情報をチェックしてみたのですが、想像どおりのすごく楽しめる内容だったようです。セットリストは以下の通りです。

Take it easy
みんなだいすき
ゲームコーナー
KISS!KISS!KISS!
(ゲームコーナーの敗者は客席にて応援)
泣き虫少年
ワープ

「MY BOY」イベントと比べると1曲少ないですが、それでもハロプロの他のユニットのイベントと比べて曲数は多いです。で、ゲームコーナーは「MY BOY」イベントで3連敗してしまった雅ちゃんが、雪辱を果たすべく、同じゲームで、雅ちゃんが有利なお題で、行われて1回目は桃子ちゃんが、負けて、2回目は雅ちゃんが負けてしまったそうです。2回目では、「Berryz工房のメンバーの誕生日」のお題が出て、全員正解して、お題を引いた雅ちゃんが、負けになったそうなのですが、愛理ちゃんがスラスラと回答して、「すごいね」って話になったら、愛理ちゃんが、「だってキッズからずっと一緒じゃないー」と言って、桃子ちゃんが、「何良いこと言っちゃってるの愛理」って言ったそうです。また、今回の罰ゲームは「KISS!KISS!KISS!」の時に客席でサイリウムを持って、ステージで歌っているメンバーを応援するということで、1回目の公演で負けた嗣永桃子ちゃんはサイリウム持ってぴょんぴょん飛び跳ね(推しジャン?)たり、愛理ちゃんに向けてひざまずいて両手を差し出す(ロミオ?)ヲタ芸をやって、愛理ちゃんが吹き出してしまって歌詞をちょっと飛ばしてしまったそうなのですが、こうやって書いているだけで、容易にその光景が想像できるので、やっぱり見たかったなあと改めて思います。こんな感じで、Buono!のイベントは僕が体験した他のハロプロユニットのCD発売記念イベント(僕は℃-uteのみまだ未体験なのですが・・・)より突出して内容が充実していると思うのですが、CD発売イベントの内容って誰が決めてるんでしょうかね?一応、上記の説明の補足として、前回の「MY BOY」CD発売イベントのリンクを貼っておきます。握手会は今回もステージで行われたそうです。同じ山野ホールで行われたイベントでもBerryz工房はロビーで握手会だったのですが、この差もどうしてできるのか?ステージで握手会行う方が待っている人も退屈しないで済むので、絶対いいと思うんですけどね。

・Buono! 「MY BOY」発売イベント

ところで、今日テレビ東京で放送された「モーニング娘。アメリカ初上陸ライブ」はみなさんご覧になられたでしょうか?DVD並の画質を地上派デジタルのフォーマットにアップコンバートした映像のようなので、あまり画質がよくなかったのが残念ですが、久々にテレビでモーニング娘。を堪能できてよかったです。ライブのみならず、LAでのQ&A会やサイン会の様子も放送されてましたが、すごく羨ましかったですね。Q&Aはトークショーイベントで最近実現しはじめていますが、サイン会も日本でもなんらかの形で実現して欲しいです。また、父親に抱きかかえられた幼女が「さゆみん!」って言ってたり、白人のおじさんが「うさちゃんピース」をやっているのには素直に感動しました。「うさちゃんピースを世界に広めたい」というさゆみんの野望は実現しつつあるようですね。

また、番組中にマーティ・フリードマン氏(元メガデスのギタリスト)のコメントが放送されて、アメリカでは大人になると、かわいいものが好きなのがみっともないとするような風習があるので、日本のアニメや女性アイドルなど、かわいいものを新鮮に感じてるんじゃないかという趣旨のことを言ってましたが、なかなか重要なポイントだなあと思いました。海外の文化で「かっこいい」とか「すごい」というものは多く入ってくるものの、「かわいい」というようなものはあまりないような気がします。ビートルズも出た当時は大人から騒音だと毛嫌いされたそうです(さすがにビートルズの現役時代は僕も知らないのですが・・・)が、日本の女性アイドルのような「かわいい」ものも、「大人だってかわいいものが好きでもいいじゃん」というように欧米でも新鮮に受け入れられてるのかもしれないなあと、ちょっと思いました。

それで、話はBuono!に戻るのですが、上記を踏まえて改めてBuono!のファーストアルバム「Cafe Buono!」を聴いたのですが、Buono!のやっている「かわいいロック」(けいおん!もそうですが・・・)は実はものすごく斬新なものなんじゃないかなあという気がしてきました。

Cafe Buono!(初回限定盤)(DVD付)
Cafe Buono!

1曲目の「Cafe Buono!」は真野ちゃんの「世界はサマーパーティ」みたいに、典型的なモータウン調の曲なんですが、出だしからいきなりラウドなドラムで始まり、ギンギンに歪ませたギターの激しいカッティングが入るといった、かなりハードで過激なアレンジであり、それでいて歌詞はかわいく、かわいいセリフが挿入されたりして、激しくてかわいいロックになっています。そして、「泣き虫少年」、「恋愛ライダー」、とノリノリの曲が続いて、このアルバムはハロプロファンの間では「捨て曲ナシの名盤」とかなり評判になりました。この、斬新な「かわいいロック」はハロプロファンのみならず、洋楽ロックを好んで聴いている人たちにもぜひ聴いて欲しいなと思います。アマゾンではDVD付きの初回限定盤はちょっとだけプレミアが付いていますね。ファンとしては数年後にパフュームみたいに大ブレイクしてもっとプレミアが付くと、ちょっと嬉しかったりするのですが・・・

« ビートルズ・リマスター盤・発売間近 | トップページ | ハロプロ・ミーティングDVD »

Buono!」カテゴリの記事

モーニング娘。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モーニング娘。特番 Buono!イベント などなど:

« ビートルズ・リマスター盤・発売間近 | トップページ | ハロプロ・ミーティングDVD »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

オススメ商品

無料ブログはココログ