« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

今日も真野ちゃん

今日も会社を脱出して、お台場ヴィーナスフォート 教会広場で行われた、真野ちゃんの「「この胸のときめきを」発売記念 ミニコンサート&握手会」に行って来ました。発売日にこの会場でイベントやるのは「世界はサマーパーティ」イベントと同じなので、会場の雰囲気とか、進行の流れは前回のイベントと同様でした。

・前回のイベントのレポート記事

前回の記事を改めて読み返してみると、握手券は750枚くらいいったように書いてますが、今回は500~600枚程度でした。数はへっているものの、むしろ高校生とか若いライトファンは増えているように見えたので、売り上げ枚数が減ったのはループ握手の回数が減ったからのように思えました。前回ほど、しつこいくらいにループしている人はあまりいませんでした。イベントの終了時間も19時40分ころと、前回とほぼ同じでした。今回の進行は以下の通りです。

1.この胸のときめきを(ショート)
2.真野ちゃんの挨拶
3.S/mileage自己紹介&秋の味覚トーク
4.ハッピーバースデー・ママ
 S/mileage退場、アクシデントで真野ちゃんも退場
5.真野ちゃんソロMC(告知)
 S/mileage戻り
6.この胸のときめきを(フル)
  終わりの挨拶
7.握手会
 握手順
 福田花音→和田彩花→前田憂佳→小川紗季→真野恵里菜

「ハッピーバースデー・ママ」の途中で、ステージの下の部分がよくみえなかったので、よくわからなかったのですが、真野ちゃんが、何かを落としたか、踏んだかして、そのあと真野ちゃんは苦笑いしながら、ちょっとダンスがぎこちなくなってしまってました。そのあと、真野ちゃんが一時退場して、戻ってきたときには「アクシデントがありました」とだけ言って、何事もなかったかのように進行したので、大したアクシデントではなかったようです。

今日の「この胸のときめきを」は真野ちゃんはマノピアノ弾いて、S/mileageがバックダンサーで踊ってました。S/mileageのダンス付きのパターンはおそらく初披露だと思います。今日のS/mileageは4人ともポニーテールの髪型でした。で、今日は特にゆうかりん(前田憂佳)がいつも以上にかわいく見えたので、握手会ときに「ポニーテルすごく似合ってるね。とてもかわいいよ」と言ったら、ゆうかりんは僕の話したことちゃんと聞いてくれて、嬉しそうに「ありがとうございます!」って言ってくれました。こんな感じで今日の握手会はS/mileageにはちょと会話できるものの、最後の真野ちゃんのところはすぐ剥がされる、いつもの高速握手会でした。なので、最初のかにょん(福田花音)には「S/mileageの新曲も買うからね」と話したりして、真野ちゃんの握手の直前まで、さきちぃ(小川紗季)のこと見てたので、真野ちゃんにはS/mileage目当ての客と思われて会話なく流されそうになったのですが、剥がされる直前に「毎日真野ちゃんに会えてうれしいよ」と言ったら、真野ちゃんは「あーー」と言って昨日も握手しに来たことを思い出してくれたような顔して、手を振ってくれました。てな感じの握手会だったので、今日はループしても意味ないなと思ったので、握手会終了まで、ステージ前で握手の様子を見てました。今日は途中の休憩なしだったのですが、今回は握手会開始前に真野ちゃんの目の前に剥がし要員がスタンバッたときに、真野ちゃんは剥がし要員の横に身を乗り出し、方々に手を振ってくれてました。僕の方向に向けて、ちょっと遠くの人に向けて、めいいっぱい身を乗り出して、手を振ってくれている姿はまるで、僕に向けて手を振ってくれていると勘違いさせてくれるような感じでした。真野ちゃんはさすがです。

最後にトークの部分をちょっと拾ってみます。まずは、S/mileageの自己紹介から

・ついに身長が150cmを越えたかにょんこと福田花音です
・さっきさきちゃんがもってきてくれたキュウリを食べた中学3年和田彩花です
・4月から身長が1cmも伸びていない中学3年前田憂佳です
・さっきブドウをみんなでわけて食べた中学1年小川紗季です

あと、食べ物の話になったときに、真野ちゃんは名古屋のコンサートのときや「まのぶろぐ」にも書いた柿の話をしてました。

かき

名古屋のコンサートでは、真野家では上記の写真の4つに切った柿が食卓に出たときには、真野ちゃんのお兄さんが柿が苦手なので、最後の1個の真野ちゃんとお父さんでの争奪戦が始まると話していて、加藤紀子さんからも「真野ちゃんのお父さん大人気ない」とツッコまれていたのですが、名古屋のコンサートでは真野ちゃんの両親も見に来ていたそうで、終わってからお父さんに「余計なこと話すな」と怒られたんだそうです。それで、その後食卓に柿が出たときには、お父さんが柿を譲ってくれて、真野ちゃんは2個食べられたそうです。でも、お父さんが譲ってくれたとは、あえてブログには書かなかったそうです。

あと、告知は、CDと舞台についてだったんですが、CDは前回は「まのとらっく」作ってもらったけど、今回は駅や駅の改札に宣伝ポスターを大々的に貼っているそうです。真野ちゃんはまだ見てないそうですが、お客さんですでに見かけた人も結構いるようでした。僕も見かけたら写真撮ろうと思います。また、舞台は今日台本を渡されて、まだ見ていないもののイベント終わったらゆっくり読むとのことでした。

ということで、怒涛の真野ちゃんイベントラッシュは日曜まで続くのですが、たぶん僕の次の参戦は土曜日になりそうです。他会場で、曲の入れ替えはあるのか、ハロプロエッグ選抜は誰が出るのか、ラクーアのイベントは今日のミニコンサートよりも内容は大規模になるのか、興味はつきないです。

2009年9月29日 (火)

真野ちゃん新曲イベント開始!

平日のイベントには行けないかもと書いたものの、ちゃっかり真野ちゃんの「タワーレコード・新宿店」の握手会に参加しました。早速「まのぶろぐ」にも記事が載ってますが、ライブがない分、真野ちゃんもファンとの会話を楽しむように握手会してくれたので、とっても楽しいイベントになりました。

・あくしゅかい

あくしゅかい

今日は新宿タワーレコードに握手会開始直後の18時30分過ぎに到着しました。場所は10階の階段を上ったところからまっすぐ行ったところに机が置かれて握手のスペースが作られてました。今日はCD発売日前日なので、今日の売り上げがオリコン・デイリーチャートの順位に直結するから、売り切れることはないと思っていたのですが、想像どおり、列が途切れるまでCDは売られていました。CDは10階の他に7階でも握手券付きで販売されてました。で、握手の行列は階段に作られて、一番長いときにはタワーレコードの7階のところまで列が出来てました。タワーレコード新宿店の階段は熱が篭って暑かったのですが、店員さんがうちわを配ってくれたりと配慮してくれてました。

肝心の真野ちゃんとの握手なのですが、僕が

「限定盤CD9枚買ったけど、プレミアム・ライブ当たるかなあ?」と聞いたら、
「さあー、どうでしょうか(思わせぶりな笑顔)、でも、当たったらぜひ見に来てくださいね(。・∀・。)ノ」

といった感じで真野ちゃんの方から、どんどんしゃべってくれました。今日はちゃんと会話できる握手会だということがわかったので、今日は握手1回と思っていたところ、急遽もう1回握手することにして、ずっと気になっていた質問をしてみることにしました。で、2回目は

「ずっと、気になってたことがあるんだけど、真野ちゃんはなんで嗣永さんの部屋で納豆食べたの?」
「みんなでご飯食べようってことになったんです。それで嗣永さんの部屋で食べました(。・∀・。)ノ」

と、笑顔で簡潔に答えてくれました。嗣永桃子ちゃんがハロプロ・ミーティングで「他人のホテルの部屋で納豆食べる人いる?普通?」とトークのネタにされていたのは、極めて普通のシチュエーションでたまたまご飯のおかずに納豆があっただけだったことがわかりました。普通の出来事から笑えるネタを作る嗣永桃子ちゃんはさすがですね。

そして、今日は真野ちゃんの頭の回転の速さに感心しました。2回目の握手は、僕が質問を言い終わるか終わらないかのタイミングで、真野ちゃんが即座に簡潔に答えてくれました。今日は低速握手会でも剥がしがあったので、真野ちゃんが簡潔に答えてくれなければ、答えが聞けないで自分の順番が終わってしまうような状況でした。この質問はもうすでに誰かした質問なのかもしれないけど、それでも、様々なタイプのファンが入り混じった握手会で、迅速に対応できる真野ちゃんはすごいと思いました。

握手会は18時30分から、19時50分ころまで続きました。僕が10階で握手券を最初に買ったときは263番で2回目は281番でした。7階で配られた整理券は番号が500番近くまで行ったようなので、正確な売り上げ枚数は不明でしたが、沢山ループ握手してくれる人もかなりいました。

真野ちゃんのタワーレコードの握手会は今週の土曜日にもあります。今日は緊張で何も話せないお客さんにも、真野ちゃんの方から積極的に話しかけたりしていたので、次回もとても楽しい握手会になると思います。なので、真野ちゃんのタワーレコードの握手会はオススメです。

2009年9月28日 (月)

小倉遥ちゃんFresh!撮影会

いつものように、VERTEXさんから許可をいただいたので、昨日の「小倉遥ちゃんFresh!撮影会」の写真を掲載します。今回は数枚のみとか言われなかったのですが、いつものことなので、厳選した写真を掲載します。最近の前髪の短い小倉遥ちゃんの髪型は僕だけでなく、他の遥ちゃんファンにも評判いいみたいです。なので、今回は遥ちゃんのかわいい顔がよくわかるバストショット写真を中心に掲載します。

2009092801

2009092802

2009092803

毎度ながら、遥ちゃんは自分からどんどん動いてくれて、魅力的な表情を沢山してくれるので、撮っててとても楽しいです。それから、今日は第4部にもかかわらず、遥ちゃんが超元気だったので、カメラをシャッター速度優先モードにして、飛んでもらいました。

2009092804

遥ちゃんは最初正面向きで飛んでくれてたのですが、横向きで脚が元気に曲がっている写真が撮りたかったので、横向きに飛んでくれるようお願いしたら、すぐに理解してくれました。このへんの勘のよさもさすがだなあと思います。

今日は本家の小倉遥ちゃんの公式ブログでも、Forceスタジオでの写真を中心に様々なカメラマンさんの写真がてんこ盛りで掲載されていますので、こちらも必見です。

・貰った写真公開するぜ!

遥ちゃんのブログは文章も楽しいので超オススメです。

上記の写真は小倉遥ちゃんの所属事務所VERTEXさんの許可をもとに掲載しています。写真、画像の肖像権は、モデル本人及び所属事務所にあります。

2009年9月27日 (日)

今日はFresh!撮影三昧

今日は「小倉遥ちゃんFresh!撮影会」の第4部のみ予約してたのですが、昨日予定されていた高井亜耶乃ちゃん撮影会が諸事情により中止になったことから、時間的、金銭的にも若干余裕ができたので、Fresh!さんの以下の撮影会にも参加しました。

どちらの撮影会も、Fresh!さんによくある、新人モデルさんが多数出演して、最初の1時間のみ1,000円のリーズナブルな撮影会でした。最初の1時間が1,000円の撮影会が1日に2回もあるのは珍しいんじゃないかと思います。この形式の撮影会で、最初の1時間目に参加したのは今日が初めてでした。

1.Pure Teen Event

「Pure Teen Event」の方は、受付開始時間まで、カメラマンさんは外で待機する形になり、Event開始の5分前くらいには、規定人数に達したようで、入場を断ってました。僕は受付開始の10分くらい前に現地に到着したので、入場を断られることはありませんでした。そして、撮影開始前に全モデルさん集合して、挨拶したあと、最初に登場するモデルさんが、6箇所に分かれて撮影開始となりました。「Pure Teen Event」のモデルさんは、最初の挨拶によると、「POPTEEN撮影会」に登録しているモデルさんたちによる撮影会のようでした。小学生のモデルさんから、女子高生のモデルさんまでまるで、ハロプロエッグのような年齢構成の撮影会でした。で、僕は初期Berryz工房のメンバーの魅力に気づけなかったように、ローティーンの女の子を見る目がないので、ハイティーンのモデルさんの行列に並んで写真を撮ってました。

そして、今回はお気に入りになりそうなモデルさんを見つけることが出来ました。そのモデルさんは川崎裕菜ちゃんで、宣伝写真より全然かわいかったです。今回、イベントのスタッフさんに写真掲載の可否を確認したところ、「どんどん掲載してください」と許可をいただきましたので、川崎裕菜ちゃんの写真を掲載します。

2009092702

2009092701 

2009092703

2009092704

上記の写真は「Pure Teen Event」のスタッフさんの許可をもとに掲載しています。写真、画像の肖像権は、モデル本人及び所属事務所にあります。

川崎裕菜ちゃんは「きゃぴきゃぴアイドルポーズ」をやるキャラではないそうで、きゃぴきゃぴしたポーズは苦手なようでしたが、話してて、ノリはよさそうな子だったので、きゃぴきゃぴしたポーズ以外で、かわいさを引き出せるようなポージングを考えてぜひ、単独撮影会があれば参加したいなと思いました。「Pure Teen Event」は川崎裕菜ちゃん目当てで1時間撮影を延長しました。(今回のイベントは15分延長毎に1,000円加算されるシステムでした。)ただ、川崎裕菜ちゃんは最初に登場したのが、撮影開始後30分すぎで、2度目が1時間45分すぎだったので、あまり複数パターンの写真が撮れなかったのが残念でした。「小倉遥ちゃん撮影会」の時間が迫っていたので、延長は1時間で断念しましたが、それがなければ、もっと延長したかもしれません。

2.フレッシュ・ナイト

「フレッシュナイト」は開始が日曜日の19時からということと、告知されたのがかなり急だったためか、入場できない人が出るほどの大盛況にはなりませんでした。「フレッシュナイト」の方は残念ながら時間延長したくなるようなモデルさんはいなかったので、1時間で切り上げて帰宅しました。(僕の場合、ハロプロのアイドルに匹敵するようなルックスのモデルさんを求めているからそう思っただけで、モデルさんのルックスのレベルは決して低くはなかったです。)それにしても、1時間複数のモデルさんを1,000円で、しかも並び撮影が基本だから、自分の思ったとおりの写真が撮れるので、このFresh!さんの新人撮影システムは超魅力的なシステムだと思いました。また、参加しているカメラマンさんが、初めての撮影会で緊張しているモデルに対して、緊張を和らげつつポージングを指示する様子とか、自身で小型のレフ板を持って光の当て方にすごくこだわっているカメラマンさんとか、他のカメラマンさんの撮影風景を見るのもすごく勉強になると思いました。なので、デジカメ買って、女の子のポートレート撮影に興味を持った人は、とにかくFresh!さんの、最初の1時間1,000円の撮影会に参加してみるのがいいのではと思いました。超おすすめです。

3.小倉遥ちゃん撮影会

今回は久々の第4部参加で、久々に遥ちゃんにサインもらって、握手して、お話しました。参加者も超常連同士なので、撮影順番を待っている間に脇撮りすることも少なく、参加者同士で談笑しながら、なごやかなムードで撮影が進行しました。今回もVERTEXさんからの許可が取れ次第、写真掲載したいと思います。

2009年9月26日 (土)

Berryz工房チケット到着・・・

本日、10月11日より開始するBerryz工房の「Berryz工房コンサートツアー2009秋 ~目立ちたいっ!!~」の10月11日と、12日のチケットが到着しました。が、ファンクラブ先行予約席にも関わらず、到着した3公演ともに2階後方席ということで、落胆してしまいました。まあ、前回のツアーの東京厚生年金会館の3公演ともに超良席だったので、その反動が来たということと、あいかわらずBerryz工房の人気はすごいと解釈しようと思います。しかし、せめて1公演くらいはもう少し前で見たかったなあと思います。また、会場の「ハーモニーホール座間」は会場の構造は評判いいものの、僕の家からは遠く、最寄り駅も小田急線の急行が止まらない駅でかつ駅からかなり歩いて、場所もわかりずらいところなので、正直出かけるのが面倒だったりします。それから、今回はニューシングルはツアー中にリリースされるものの、特にニューアルバムを引っさげたツアーというわけではないので、どういうセットリストになるのか、今は期待と不安が入り混じった気持ちでいますが、結果的に「2階席でも見に行ってよかった」と思えるような楽しいコンサートになることを期待します。

日程 会場 開場 開演 チケット入手メモ
10月11日
(日)
ハーモニーホール座間 
大ホール
(神奈川)
14:00 15:00 落選
17:30 18:30 2階後方席
10月12日
(祝・月)
13:00 14:00 2階後方席
16:30 17:30 2階後方席
10月17日
(土)
Zepp Sendai
(宮城)
14:00 15:00  
17:30 18:30  
11月3日
(祝・火)
東京厚生年金会館
(東京)
14:00 15:00  
17:30 18:30  
11月7日
(土)
愛知県勤労会館
(愛知)
14:00 15:00  
17:30 18:30  
11月8日
(日)
大阪厚生年金会館
(大阪)
14:00 15:00  
17:30 18:30  
11月15日
(日)
渋谷C.C.Lemonホール
(東京)
14:00 15:00  
17:30 18:30  
11月28日
(土)
東京厚生年金会館
(東京)
14:00 15:00  
17:30 18:30  
11月29日
(日)
よこすか芸術劇場
(神奈川)
14:00 15:00  
17:30 18:30  
12月5日
(土)
静岡市民文化会館
 大ホール
(静岡)
14:00 15:00  
17:30 18:30  

Berryz工房

2009年9月25日 (金)

真野ちゃん、新曲イベント

今日は5連休のあとの金曜日ということで、職場も遅めの夏休みを取った人が多かったりして、まったりのんびりした雰囲気になっていました。この時期は半期末ということで、職場によってはかなり忙しいところもあるかと思いますが、僕の職場は去年の今頃は地獄のような忙しさで寝る間もないくらいの過重労働状態でした。僕の仕事はトラブルに遭遇することが多く、人に文句言われることも多い仕事なので、過重労働状態になると激しいストレス状態になり健康に激しくよくないことを身を持って体験したので、人間らしい生活ができる職場で働ける幸せを大事にしたいと思いました。

さて、いよいよ真野ちゃんの4thシングル「この胸のときめきを」の発売が来週に迫ったということで、昨日ハロプロ公式サイトに新曲発売イベントが発表になりました。今回も沢山行ってくれます。

この胸のときめきを

日程
会場
開演
出演者
9/29
(火)
18:30
真野恵里菜
9/30
(水)
18:30
真野恵里菜・S/mileage
10/1
(木)
18:30
真野恵里菜
ハロプロエッグ選抜
10/2
(金)
18:30
真野恵里菜
ハロプロエッグ選抜
10/3
(土)
11:00
真野恵里菜
ハロプロエッグ選抜
10/3
(土)
20:00
真野恵里菜
10/4
(日)
15:30
18:00
真野恵里菜・S/mileage

※出演者は予定です。

火曜日から日曜日まで毎日なので、首都圏に住んでる人は、その気になれば毎日真野ちゃんに会えますね。僕は今回は平日はあまりイベントに参加できそうにないのですが、その分土日のイベントも充実しているので、楽しみです。特に、今回初めてとなる「東京ドームシティ・ラクーア」で行われるイベントが楽しみです。ここでは、6月にベリーズ工房がイベントを行いましたが、詳細告知を見ると、そのときの形式とわりと似ている(今回はCD2枚買えば2公演分の優先エリアの入場券が貰えるのが違うようですが・・・)ので、僕のそのときの記事が参考になるのではと思います。

・イナズマイレブン イベント

この「東京ドームシティ・ラクーア」は1000人以上の人が集まっても余裕なくらいのイベントスペースなので、限定盤CDのシリアルナンバーでの抽選イベントは廃止して、誰でも見られる会場でイベントやるのは正解だと思います。ミニコンサート見るだけだったらタダなので、普段はハロプロ・アイドルのコンサートに行かないような学生の人とかも、沢山見に来てくれるといいなあと思います。ただ、真野ちゃんなので、雨具持参は必須ですね・・・

で、通常盤CDイベントがこれだけ充実していると、限定200名のプレミアムライブの抽選に当たるにはどれだけ限定盤CDを買えばよいか?全く読めなくて悩ましいです。ハロプロエッグ目当ての人とか、真野ちゃんと握手したい人は抽選で当たるかどうかわからない限定盤CDを沢山買うよりかは、確実に握手できる通常盤CDを沢山買う方を選ぶでしょうし、通常盤CDイベントをスルーして、限定盤CDイベントに賭ける人も少ないと思います。なので、限定盤CDイベントの確実当選を狙ってくるのは、限定盤CDイベントと通常盤CDイベント両方に潤沢にお金を使うファンなんだろうと思うのですが、そこまでするファンは何人くらいなのかが読めれば、当選ライン枚数が見えてくると思うのでしょうが、どうでしょうか?

ところで、「まのぶろぐ」には先日のコンサートツアーを終えて、S/mileageと撮った集合写真が掲載されています。

いんとろだくしょん

コンサートツアーのステージでのS/mileageの並び順は大部分が上記写真のとおりでした。なので、写真いちばん左の小川紗季ちゃんが名古屋の夜公演では僕の目の前に沢山来てくれました。小川紗季ちゃん中心にみていると、今まで子供っぽく見えていた、福田花音ちゃんが、お姉さんっぽく見えるので不思議です。そして、上記の真野ちゃんの笑顔はファイナル公演後のタッチ会のときと同じで、緊張から開放されて、かつ達成感に満たされたような、すごくいい笑顔をしています。そんな真野ちゃんとまた来週会えると思うととても嬉しいです。

2009年9月24日 (木)

小倉遥ちゃん、松島瑠美ちゃん撮影会

昨日、Emotion撮影会で、小倉遥ちゃん、松島瑠美ちゃんを撮影した写真について、2人の所属事務所のVERTEXさんに確認して、「写真掲載は数枚ならOK」と許可をいただきましたので、数枚をいいように解釈しつつも、厳選した写真を掲載します。

1.小倉遥ちゃん

最初は小倉遥ちゃんの待望の初屋外写真です。

2009092401 

本当はもっと屋外写真を掲載したいところですが、スタジオでの衣装がとてもゴージャスで驚いたので、こちらを掲載します。

2009092402

2009092403

あまりにゴージャスなウェディングドレスなので、とてもびっくりしました。最後は水着写真です。

2009092404

上記は囲み撮影のときの写真ですが、遥ちゃんは松島瑠美ちゃんが首にかけていたレイ(ここのスタジオはなぜか小道具が豊富でした)をなぜか頭に被ってました。(でも、とても似合ってました。)そして、囲みで目線を移しながらの撮影だったのですが、僕の方に目線くれたときは、遥ちゃんの方から、上記写真のような面白い表情をしてくれました。これには思わず、「ナイス!」と叫んでしまいました。

2.松島瑠美ちゃん

2009092405

さすが、小倉遥ちゃんの後輩だけあって、ものすごくかわいいですね。

2009092406

松島瑠美ちゃんは、上記のような「きゃぴきゃぴアイドルポーズ」を次から次へと変化させながらシャッターを切るタイミングにあわせて、テンポよく決めてくれました。ちょうどハロプロ・アイドルの写真撮影メイキング映像のような感じで、ずっとこのテンポでアイドル風写真を撮りたいと思っていたので、とてもノリノリで撮影することができました。

次は屋外の部の後半で、カラフルな遊戯具のところで撮った写真です。

2009092407

この場所に移動してきたときに僕は「いかにもアイドル写真っぽいシチュエーションですね」と言ったら、Emotion撮影会のスタッフさんは「そうでしょ。BOMBのグラビアみたいでしょ」と得意げに話してくれました。この場所は木陰で、この日はくもりだったので、わずかに入り込む光をスタッフさんがレフ板に懸命に集めて、モデルさんの顔に光を当てて撮影していました。なので、レフ板のありがたみがすごくよくわかりました。また、このときは前回の高井亜耶乃ちゃん撮影会のときから導入したシグマの単焦点レンズを使用しました。

30mm F1.4 EX DC HSM (キヤノン AF)

上記写真はF値を2段絞って1.8で撮ったのですが、それでも見た目よりもずいぶん明るく撮れました。特に青い鉄パイプはあまり新しいようには見えなかったのに、写真になると磨きたてのようにつやつやに光っていて驚きました。まだまだ屋外のポートレート撮影は初心者なので、もっといろいろ撮ってみたいなあと思いました。

最後はスタジオでの水着写真です。

2009092408

ピンク色でかわいらしい模様の水着姿も素敵でした。また早く松島瑠美ちゃんの写真を撮りたくなりました。

なお、小倉遥ちゃんは9月27日にFresh!撮影会が行われます。今回は即日満員とはなっていないので、ねらい目かもしれません。僕は5連休でさすがにちょっとお金を使いすぎてしまったので、今日4部のみ申し込みをしました。

上記の写真は小倉遥ちゃん、松島瑠美ちゃん所属事務所VERTEXさんの許可をもとに掲載しています。写真、画像の肖像権は、モデル本人及び所属事務所にあります。

2009年9月23日 (水)

Emotion撮影会

今日は小倉遥ちゃん、松島瑠美ちゃんの名古屋でのEmotion撮影会の2部3部に参加しました。小倉遥ちゃんはもうFresh!撮影会で何度も撮影していますが、今回初めて屋外撮影できるのが、楽しみでした。松島瑠美ちゃんは実は8月1日の高井亜耶乃ちゃんのFresh!ナイト撮影会に参加しているときに、となりで撮影会しているのを見かけて、かわいいなあと思っていたので、今回、松島瑠美ちゃんを初めて撮影できるいい機会になりました。今回も楽しく撮影できました。松島瑠美ちゃんもVERTEXさん所属なので、近日中に写真掲載の可否を確認して、許可がとれたら写真掲載しようと思います。今回は現場レポートを記載します。

1.第2部 名城公園での撮影

2009091904

名城公園は上記の写真のように、名古屋城がちょっとだけ見えるロケーションの公園でした。ちなみにお城にズームすると、下のように金のシャチホコの写真が撮れました。そういえば、数年前名古屋でシャチホコ光臨イベントがあって、イメージキャラクターになぜか、辻ちゃん、加護ちゃんがなっていて、ハロープロジェクト・ショップが名古屋場に出展していたことを思い出しました。

2009091905_2 

撮影会は小倉遥ちゃん、松島瑠美ちゃん同時に行われ、間に休憩を挟んで、場所を3箇所移動して行われました。松島瑠美ちゃんはこちらから要望しなくても、シャッターを切る毎にテンポよくアイドルポーズを決めてくれて、それでなおかつかわいいので、撮っててとても楽しかったです。アイドルポーズはカメラマンさんの要望が多いので、自然に身についたとのことでした。小倉遥ちゃんも屋外でいろいろな表情やポーズをしてくれて楽しかったです。2部の屋外撮影は特に順番を決めない並び撮影で行われましたが、ひとりで粘る人はいなくって平和に進行していて、とても撮りやすかったです。

2.第3部 エモスタ名古屋での撮影

第3部は清須市西枇杷島町にある「エモスタ名古屋」のスタジオで撮影が行われました。ここでも小倉遥ちゃん、松島瑠美ちゃん同時に2箇所に分かれて撮影が行われました。前半が衣装で、後半は水着でした。で、松島瑠美ちゃんの撮影開始のときに、誰も前に出て行かなかったので、「じゃあ僕から」と思って、2部のように並び撮影のノリで撮影していたら、いつのまにか横にカメラマンさんが群がってきて囲み撮影になってしまいました。で、小倉遥ちゃんの方は並び撮影になっていて「???」と、ちょっと混乱してしまいました。さらに場所をチェンジすると、今度は小倉遥ちゃんの方が囲み撮影になっていました。撮影場所によって囲み、並びを分けているわけでもなさそうで、Emotion撮影会はすごくアバウトな仕切りの撮影会なんだなあと思いました。囲み撮影は目線を気にしなければ順番待ちをせずにモデルさんの写真を沢山撮れるメリットがあるのですが、僕は最近は自分なりに考えたポージングをモデルさんにしてもらいたかったり、他の人よりも「きゃぴきゃぴアイドルポーズ」を好む傾向があるので、囲み撮影はあまり好きではなくなってしまいました。なので、自然と並び撮影っぽい雰囲気になっているモデルさんの方に行って、撮影してました。

小倉遥ちゃんは、最近前髪を短くして、特に横向きになったときにすごくかわいいなあと思ったので、「短い前髪似合っててかわいいね」と言ったら、喜んでくれたものの、本人としては早く前髪伸ばしたいと思っているとのことでした。

松島瑠美ちゃんは前半は黒いセクシーな衣装で、撮影中にこちらから話しかけなくても瑠美ちゃんの方から(僕をアイドルポーズ好きのカメラマンと認識してくれたみたいで)、「セクシーな衣装はダメですか?」と声をかけてくれました。なので、とっても話やすくって、お話してても楽しいモデルさんだなあと思いました。なので、近いうちに松島瑠美ちゃん単独の撮影会に参加したいと思いました。お気に入りのモデルさんがまたひとり増えて、嬉しかったです。

第3部のあとにはサイン会が行われたのですが、3部のあとにサイン会があるとは知らず、シルバーウイークのUターンラッシュが起こっていることから、かなり早めの東京行きの新幹線の指定券を買っていたので、サイン会中に後ろ髪ひかれる思いで撮影会場をあとにしました。

ということで、Emotion撮影会はアバウトな仕切りが微妙な撮影会かなと思ったものの、いい写真も沢山撮れたので、名古屋滞在を一日伸ばした甲斐はありました。なお、帰りの東京行きの新幹線は数分に1本の間隔で、「ひかり」や「のぞみ」が走っている(高速鉄道のこの過密ダイヤが実現できるのは何気にすごいことだと思うのですが・・・)にも関わらず、指定席は満席で、自由席は車内販売のワゴンが通れない状況になるほど激込みでした。

真野ちゃんファーストコンサートツアー総括

今日は名古屋での小倉遥ちゃん撮影会に参加するため、まだ名古屋のホテルでのんびり、しています。のんびりついでに、真野ちゃんのファーストコンサートツアーについてもう少し書いてみたいと思います。

まず、昨晩の「まのぶろぐ」で早くも昨日の感想と、ちょっとわかりにくい写真ですがステージの画像も貼られています。やっぱりブログやってくれるのはいいですね。ハロプロメンバー全員真野ちゃんみたいにブログやればいいのにと思うのですが・・・

・なごや

ZEPP 名古屋公演

「まのぶろぐ」で面白かったのが、真野ちゃんが最後に、

皆さん!
今日はゆっくり休んでくださいね(。・∀・。)ノ

って、書いてあるところでした。これ、普通はファンからアイドルへ言うことばで、実は僕も真野ちゃんへのファンレターで同じこと書いたのですが、ツアー中に何度も見かけるファンの人がおおかったから、真野ちゃんも思わず書いたんでしょうね。

で、セットリストも名古屋のMCを踏まえて再掲します。

01.マノピアノ
MC
02.ジャスミンティー
03.ラララソソソ
MC 加藤紀子登場
04.世界は サマー・パーティ
朗読劇(真野恵里菜・加藤紀子)
05.ぁまのじゃく(S/mileage)
MC 真野恵里菜・加藤紀子・S/mileage)
  昼公演 携帯でよく使う絵文字について
  夜公演 思わずやってしまう癖について
06.水色想い
07.この胸のときめきを
MC (真野恵里菜・加藤紀子)
  真野ちゃんから大先輩への質問
  昼公演 最近感動したこと
  夜公演 率直にいって真野恵里菜をどう思うか
  (最初はすごくしっかりしていると持ち上げたあと、
   昼公演のタッチ会のときに真野ちゃんが加藤さんの挨拶を
   無視した(気づかなかった)ことを暴露)
08.ロックン・オムレツ
09.ハッピーバースデイ・ママ
10.はじめての経験
11.ラッキーオーラ

Encore
12.乙女の祈り
MC
13.まつげの先に君がいる

で、今回のツアーの総括はファイナルのときのアンコール時の真野ちゃんのMCに凝縮されていると思いましたので、DVDにならないと思うので、以下に再現してみます。

今日のファイナル!そしてファーストコンサートツアーみなさん、いかがでしたか?ありがとうございます。

メジャーデビューした今年の夏。キャンペーンで色々なところで歌わせていただきました。ライブスペース、デパートのイベントスペースなど本当にいろんな環境でライブをやったんですけれども、お年寄りからちいさな子供たちまで、沢山の人たちとの出会いがあったり、本当にどの会場でも暖かく応援していただいて、何かを感じとってもらいたいなと思って歌っている私の方が、逆にみなさんから暖かい感動を貰いました。ありがとうございます。
そのすべての出会いが、今このファーストコンサートツアー・ファイナルを迎える私の心のささえ、そして大きな勇気となっています。本当にありがとうございます。

私は3月にメジャーデビューをして、6月にデビューコンサートを東京と大阪でやらせていただいて、それからまた3ヶ月後に今度は東京・大阪・名古屋でファーストコンサートツアーをやるよと聴いたときは、本当に・・・(ここで、ウルっときて、以降は目に涙を溜めて、時々鼻をすすりながら喋っていたものの、しっかりと聞き取れるように堂々と喋ってくれました)不安とかとまどいとかいっぱいあったんですけど、だけどその3ヶ月間の間にハロープロジェクトのコンサートだったり、夏の全国キャンペーンだったり、本当にいろんなところでみなさんと出会って、歌を歌わせていただいて、みなさんと握手会をしたり、このコンサートの目標がその3ヶ月間でどれだけ私が成長したかをみてもらいたいなあとずっとリハーサルのころから思っていて、デビューコンサートを終えて、自分のそのときの映像を何回かこう見てたんですけど、そのときに「もっとこここうすればよかったなあ」とか、「もっとちゃんとピアノを弾いてても、みなさんと目を合わせればよかったなあ」とかすごい反省点とかもあって、今回は本当に来てくれたみなさんひとりひとりと、ちゃんと目を合わせたいと思って、あの、結構、ピアノの練習をすごいやったんですよ。あの、幼稚園から、中学校まで10年間(ピアノ)やってたんですけど、弾き語りはまだ初めて1年だったし、やっぱりまだみなさんも私が弾き語りをしている姿にちょっと違和感があるかたもいると思うんですよ。(笑)なので、すこしでもちゃんとその弾き語りをみなさんにみとめてもらおうと思って、そしてコンサートなので元気な曲ではみなさんと盛り上がりたいし、いろんな自分をみんなにみてもらいたいなあと思ってずっとリハーサルをやってきて、実際にこうやってステージに立つと、なんか不安とかあったものが全部なくなるんですよ。それは本当にいつも暖かく応援してくれるみなさんのおかげです。本当にありがとうございます。(拍手・エリナ・コール))

デビューした年に2回もコンサートができて本当に私は幸せだなあとものすごく感じています。ほんとにほんとにみなさんありがとうございます。これからも私らしく私らしいコンサートができるように頑張りますので、こんな真野恵里菜ですが、みなさんこれからも応援よろしくお願いします。

このMCは各会場ほぼ同じで、夏のキャンペーンの話で、様々ひとに触れ合えた感動を思い出し、真野ちゃんが泣くのが定番化していたのですが、ファイナルでは上記の3番目のブロック(赤字の部分)のところが、他の回ではなかった部分でした。上記のように結局ファイナルでも泣いたのですが、すごくしっかり喋ってくれました。(6月のライブDVDのオーディオコメンタリーで「泣き虫なのは治そうとは思ってないんですよ」と、言っていたので、今後も真野ちゃんの涙はお約束になりそうですね)こうした、今回のコンサートにかける、意気込み、不安、感想を具体的に話してくれたことが聴けて、その意味でもファイナルの公演に参加して本当によかったなあと思いました。

最高のファイナル

20090922

真野ちゃんの初のコンサート・ツアー最終日は最高に楽しいコンサートとなりました。セットリストは朗読劇を含めて、東京厚生年金会館のときと同一でしたが、今日の真野ちゃんは予想どおり終始リラックスして、真野ちゃん自身もコンサートをすごく楽しんでいるように見えました。最後のタッチ会は最高の笑顔で真野ちゃんが見送ってくれました。最高の笑顔だったので、会話できなくても大満足でした。(昼公演のタッチ会は「最後は思いっきり楽しもうね」といったら、真野ちゃんが元気よく「ハイ!」と答えてくれました。)今日の会場のZEPP名古屋は公式の椅子使用時のキャパは1階549人2階192人となっていて、ZEPP東京とくらべるとこじんまりした会場でそれだけに後方席でも見やすい会場だと思いました。アイドルのコンサートではこのくらいのキャパがちょうどいいと思いました。ただ、今回は1階席は整理番号順に入場する自由席になっていました。たぶんチケットの売れ行きによって座席数を調整しようとして自由席にしたのだと思います。 昼はすこし余裕をもって座席が配置されていました。今日は1階席の後方と2階席に空席がありました。なので、東京厚生年金会館の2階後方席でみるのだったら、遠征してでも名古屋で見た方がいいのではと思いました。

僕は昼公演は整理番号が100番台だったのですが、センターにこだわったため、7列目のセンター席を選びました。7列目でもライブハウスなのですごく近く感じました。今日のハロプロエッグ選抜メンバーはS/mileageの4人でした。大阪でもS/mileageの4人だったようでした。(名古屋はちょっと東京に近いし、ファイナルだからエッグのメンバーが増えるんじゃないかとちょっと期待したのですが・・・)そのため、期待していたラッキーオーラのフォーメーションは手が4本少なかったのですが、それでも十分見ごたえがありました。そして、昼公演の「ロックン・オムレツ」で毎回メンバーが投げているカラーボールを今回GETすることができました。ダイレクトキャッチしようとすると、奪い合いになって多くの場合エラーしているので、こぼれ玉を拾うようにすれば、かなりの玉数投げていたので、ボールのGETは容易でした。写真のとおり、一個一個すべてに真野ちゃんのサインが書かれているので、いい記念になりました。「ロックン・オムレツ」では曲のエンディングで最後のボールを真野ちゃんが、肩がいいのを生かして後方席まで投げるのが見せ場になっているのですが、夜公演ではちょっと大きめの特別なボール(かなりカラフルな模様でした)を、低めの豪速球で後方席まで投げてました。

夜公演では最前列の端席か2列目のセンターが狙える番号だったのですが、左端の最前列にしました。左端にしたのは最初の3曲で使用するグランドピアノが斜めに配置されていて、左端だと真野ちゃんがピアノ弾いてる手元が見れて、右端だと、自然に真野ちゃんの目線がいくポジションになることから、楽器好きの僕としては、真野ちゃんがピアノ弾いている様子が見たかったので、左端にしました。また、左端だと、S/mileageの曲が終わった後のトークが自分の目の前で行われるといった利点もありました。この時は真野ちゃんや、S/mileageのメンバーが手を伸ばせば届くんじゃないかと(実際は届きませんが・・・)思うくらい近くに来てくれました。また、昼公演はセンターだったので、ほとんど真野ちゃんばかり見ていたのですが、夜公演は目の前に小川紗季ちゃんが来てくれることが多かったので、かなり小川紗季ちゃんを見ていました。特に「世界はサマーパーティ」の時には小川紗季ちゃんと目線合いまくりで、向かい合って一緒になってダンスして遊んでいるような気分が味わえました。僕の後ろの席の人たちも「さきちぃ可愛すぎるよ」と感動しまくってました。なので「さきちぃファン特等席でもありました。」また、何の曲だったか忘れてしまったのですが、小川紗季ちゃんがダンス中に足がもつれてコケそうになった場面もあったのですが、その姿もすごく可愛かったです。そんな感じで、あまりに可愛かったので、タッチ会のときに、小川紗季ちゃんには「お疲れさま!」と言ったあと、「すごくかわいかったよ」と言ってしまいました。なんだかだんだん、S/mileageにもハマりつつあるなあと感じています。ただ、S/mileageのソロコーナーは東京厚生年金会館では後方席を中心にものすごく盛り上がっていたのですが、名古屋の昼公演では、ヲイヲイ・コールすら少なくって異様に盛り上がっている感じはなかったです。(夜公演は濃いファンの方に囲まれる場所にいたので、冷静な判断はできず・・・)よく、真野ちゃんに意地悪な人は「真野ちゃんよりもハロプロ・エッグ」の方が人気があって、真野ちゃんはハロプロ・エッグに寄生している」なんて悪口を言いますが、たしかに首都圏ではハロプロエッグ・ファンの盛り上がりがすごいので、そういう面もあるのかなあと思っていたのですが、少なくとも名古屋ではそれはあてはまらず、真野ちゃんの方が圧倒的な人気でした。

あと、例によって、雑感を羅列します。

・昼公演で、1曲目の「マノピアノ」の2コーラス目のAメロのところで、真野ちゃんがピアノ間違えたように聴こえて、真野ちゃんも「あれ?」って感じの表情をして、可愛く笑ってごまかしているように見えました。なので、「間違えても笑ってごまかす余裕ができたんだ」と思ったのですが、夜公演も同じようなことしてました。なので、もしかしてワザと間違えたふりしていたのかなあとも思いました。もし、機会があれば本人に聞いてみたいなと思いました。

・2曲目のジャスミンティの間奏のところで、真野ちゃんは前半はピアノソロで、後半はコード弾きをしているのですが、東京厚生年金会館ではステージを写しているスクリーンに真野ちゃんがコード弾きしている様子が大写しにしているにもかかわらず、音は聞こえませんでした。しかし、今日は真野ちゃんの手の動きどおりの音がちゃんと聞こえました。(今日はステージを写すスクリーンはありませんでしたが、最前列ではっきりと確認しました)なので、東京厚生年金会館ではこの曲でもミキサー卓の人がピアノの音量のバランスをミスった可能性が高いと思いました。

・今日の真野ちゃんの「ラララソソソ」はミスはありませんでした。で、加藤紀子さんとのトークのときに最近感動したことの話になって、先週この曲で間違えて、泣いてしまったときにファンの人が「大丈夫だよ」と励ますように「エリナ・コール」をしてくれたことに感動したと真野ちゃんが話してました。なので、「ラララソソソ」は東京厚生年金会館の夜公演がDVD化されることもありうるなと思いました。そんなにひどいミスではなかったので、あのときの感動をDVD化してほしいと思いました。

・今回グッズは東京厚生年金会館で欲しいものを買い尽くして、名古屋では何も買わないつもりでいたのですが、「ライブ生写真」や「ステージ衣装の写真」など、欲しい商品が多数追加されていたので、今日もグッズ列に並びました。しかし、並んでいるとまたしても雨が降ってきて。「やっぱり真野ちゃんはすごい!」と思いました。MANO-DELLで言っていたように、雨具のグッズをぜひ売って欲しいなと思いました。

・夜公演の最後の方で、最前列とステージの柵の間にスタッフさんが入って、記録用のビデオ収録を行っていたのですが、この人が立って撮影していることに対して、真野ちゃんのマネージャーさん(マネティ)が「お客さんの邪魔だからしゃがむように」(耳打ちでの注意だったので、実際にはなんてしゃべったかまでは聞こえませんでしたが・・・)と注意していました。最前列の僕の近くの場所にいた人が、マネティのファンらしく、この光景を見られたことにすごく感激していました。

2009年9月22日 (火)

今日は名古屋

昨日も「劇団ゲキハロ第7回公演『サンク ユー ベリー ベリー』」をみてきたのですが、ストーリーをおおよそ把握していても、前日見たときにはよくわからなかった部分が理解できたりして、より深く舞台を楽しむことができました。また、2回目でもやっぱり感動しました。共演の舞台俳優さんを中心にアドリブが加わったりして、それによって観客の笑いや拍手の起こるポイントが変わったりして、お芝居もライブなんだなあということをとても実感できました。もう一回みてもよかったかなあという気分になりました。

さて、今日は真野ちゃんのコンサートツアーを見に名古屋に行きます。昨日は大阪でコンサートだったのですが、「まのぶろぐ」見ていて、真面目な真野ちゃんだけにまた自分にプレッシャーかけて緊張してないかなあと心配だったのですが、大阪は大盛況だったようです。今日は最終日ということで、真野ちゃん自身もリラックスして楽しめるようなパフォーマンスを期待しています。

真野恵里菜ライブ生写真6枚セットA 真野恵里菜ライブ生写真6枚セットB

2009年9月21日 (月)

高井亜耶乃ちゃん Fresh!撮影会

9月20日に行われた高井亜耶乃ちゃんのFresh!撮影会の2~4部に参加しました。今回、参加前に前回亜耶乃ちゃんを撮った写真と、自分がハロショやコンサート・グッズで買ったハロプロ・アイドルの写真と見比べてみて、「自分の写真はバストショットが極端に少ないなあ」と改めて感じてしまいました。まあ、ブログに掲載する解像度の写真であれば、バストショット画像はトリミングでいくらでも加工できるのですが、高井亜耶乃ちゃんのルックスはハロプロ・アイドルに負けてないと思って応援しているので、A4サイズあるいはそれ以上の写真用紙に印刷できるような高画質のバストショットをもっと撮りたいなと思いました。と、いうことで今回は「ハロショで売られていたら思わず買いたくなってしまう写真を撮ろう」と思って撮影会に臨みました。などと思っていたら、今回はヘアメイクさんがいたということで、亜耶乃ちゃんは各パート毎に髪型を変えてくれて、様々なバリエーションの写真を撮ることができました。ハロプロ・アイドルの写真はバストショットと全身ショットの2枚セットで売られていることが多いので、今回はそれに準じて紹介してみます。サムネイルで掲載しますので、写真をクリックすると少しだけ大きな画像になります。

1.第2部前半写真2枚セット

2009092101 2009092102

今回の高井亜耶乃ちゃんの髪型はストレートから始まりました。ストレート・ヘアーも素敵ですね。

2.第2部後半写真2枚セット

2009092103

2009092104

後半は少しウェーブをかけた髪形でした。

3.第3部前半写真2枚セット

2009092105 2009092106

このときの後ろに編み込みした髪形は、僕の好きなモーニング娘。の亀井絵里ちゃんがよくやる髪型なので、ちょっと亀ちゃんを意識して撮ってました。亜耶乃ちゃんもこの髪型似合ってますね。

4.第3部後半写真2枚セット

2009092107 2009092108

後ろに束ねたこの髪型はかわいいお花のアクセサリーがポイントですね。

5.第4部前半写真2枚セット

2009092109 2009092110

ポニーテールにちっちゃなリボンのアクセサリーがかわいい髪形でした。

6.第4部後半写真2枚セット

2009092111 2009092112

最後はお団子ヘアーでした。黒い水着だったこともあり、ちょっとワイルドなポーズをしてもらいました。

と、いうことで今回はハロプロ・アイドルの生写真セット風に紹介してみました。いつもの定番ポーズも当然の如く毎回水着のときにやってもらったのですが、毎度同じポーズの写真を載せてもなあ、と思ったので今回は掲載しませんでした。定番ポーズは亜耶乃ちゃんに「定番ポーズ」といってお願いすれば、伝わりますので、せひ撮影会に参加してご自身で写真撮ってみるのも楽しいと思います。高井亜耶乃ちゃんはアイドル・ユニット「The ハンドキャッチィーズ」の一員としての活動も本格始動するようなので、本当に亜耶乃ちゃんのアイドル生写真が発売される日が来るかもしれませんね。

なお、毎度「写真、画像の肖像権はモデル本人および所属事務所にあります」と記載しているのは、「当ブログの写真を怪しい露店で販売するなどのすべての2次利用は肖像権の侵害になりますので一切不可です」という意味ですので、念のため記載しておきます。

上記の写真は高井亜耶乃ちゃんの許可をもとに掲載しています。写真、画像の肖像権は、モデル本人及び所属事務所にあります。

2009年9月20日 (日)

観劇『サンク ユー ベリー ベリー』

今日は高井亜耶乃ちゃんのFresh!撮影会(こちらも楽しかったので、後日いつものような記事を掲載します)に参加したあと、Berryz工房の舞台「劇団ゲキハロ第7回公演『サンク ユー ベリー ベリー』」を見に行きました。Berryz工房は、今年の夏はハロショのトークショー・イベント以外にあまり目立った活動はせず、この舞台の稽古に集中してきただけあって、とっても素晴らしい内容の舞台でした。僕はあまり観劇に慣れてないので、最初はなかなか物語にのめり込めなかったのですが、僕にとって意外な人の演技によって、一気に物語に入り込むことができました。このへんを説明すると、お芝居のネタバレになってしまうので、詳しい内容は舞台が終わってから記事に掲載したいと思います。

僕は明日も『サンク ユー ベリー ベリー』を見に行く予定ですが、今後の公演の中で、当日券が販売される公演も多いようなので、まだ迷っている方は、ぜひ見に行かれた方がよいと思います。

・劇団ゲキハロ第7回公演『サンク ユー ベリー ベリー』当日券情報

あと、もうひとつ、今回の公演パンフレットはページ数は普段と同様ですが、内容はとても充実しているので、普段グッズをあまり買われない方にもおすすめの出来だと思いました。

公演パンフレット

久住小春ちゃん、モーニング娘。卒業

今日は高井亜耶乃ちゃんのFresh!撮影会に1部から4部まで参加するつもりだったのですが、Fresh!さんより1部が中止になったとの連絡があって、空き時間が出来てしまったので、記事を書いているところです。

さて、昨日より、「モーニング娘。コンサートツアー2009 秋~ナインスマイル~」が始まったのですが、このコンサート初回公演で、モーニング娘。から久住小春ちゃんが卒業することが発表されて、ハロプロの公式サイトにも以下の内容が発表されました。

・モーニング娘。「久住小春」に関する大事なお知らせ

いつもの如く、つんくさんの独断で決めたっぽい書きぶりですが、最近のハロプロは18歳の学生生活終了をめどに、以降の進路を決めているようなので、本人やご家族と十分に話し合った上での進路決定だと信じたいです。つんくさんの書きぶりはファンの批判を一手に引き受けるために書いているのでしょうかね?

ただ、これも毎度のことですが、コンサート会場でファンに向けて突然発表するのはどうなんでしょうか?僕は小春ちゃんの熱心なファンではないのですが、ファンからすると、突然こんな混乱する発表されると、ショックのあまり「スマイル」どころではなくなると思うのですが、どうでしょうか?そういえば、Buono!の「ハイブリッド・パンチ」公演初日で、愛理ちゃんが、「ここで、私たちからみなさんにお知らせがあります」と言ったときに、すごくドキっとしたことを思い出しました。発表内容は嗣永桃子ちゃんのBuono!正式リーダ就任のお知らせだったのですが、「まさか、Buono!終了とか、メンバーチェンジとかイヤなお知らせはやめてくれ!」というように思ったのは僕だけでなく、会場全体がそういう雰囲気だったように感じました。こうした久住小春ちゃんの卒業のような突然の発表は発信する側からすると、「いち早く重大発表が聞けてトクしたでしょう」と思っているのかもしれませんが、ファンの気持ちからすると、決して歓迎できるものではないと思うのは僕だけでしょうか?

こうした発表のひとつをとってもハロプロがファンの気持ちを軽視している、あるいは感覚が激しくズレていると感じてしまうのですが、どうでしょうか?なので、ここは、なんらかの形で、「ファンの気持ちを重視して欲しい」ということをハロープロジェクトに伝えてあげないと、今後もハロプロから離れていってしまうファンの人が増えてしまうんじゃないかと、僕は思いました。

2009年9月19日 (土)

超贅沢なビートルズ試聴会

2009091901

シルバーウィークの初日はオーディオ・ユニオン新宿店で開催された「ビートルズ・リマスター聴き比べ試聴会」に参加しました。ビートルズ・リマスター盤を9月9日の午前0時に購入した30名限定の試聴会ということで、お店のオーディオルームが特設会場となっていましたが、試聴会は当初予定時間の2時間を上回る2時間半に渡って行われ、内容もものすごい濃いものになりました。

1.機材

試聴会の最初に今日の機材の説明があったのですが、アビーロード・スタジオではB&W(英国のトップオーディオメーカ)社のスピーカー800Dが使用されているので、それにもっとも近いスピーカーの801Dを左右2本用意したとのことでした。

2009091902

価格.comで調べてみたら、このスピーカーだけで、100万円以上するようです。スピーカーの横に立ててある木は音の拡散を防ぐために置くもののようで、これだけで、20万円するそうです。そして、このスピーカーの能力を最大限に生かすシステムを日本の高級オーディオメーカのAccuphaseで組んだとのことで、Accuphaseの営業の方より機材の説明がありました。

2009091903

その説明によると、パワーアンプM-6000(1台90万円)を通常ならば、スピーカー1台に付き1台のところを2台用意(通常スピーカーケーブルは黒赤2本のケーブルを使用してますが、それの黒用、赤用にそれぞれパワーアンプを使用しているということで、超贅沢!)、レコードプレーヤー(これだけAccuphaseは作ってないため、海外製で、ターンテーブル(28万円)、アーム(17万円)、カートリッジ(6万円))フォノイコライザー(20万円)、プリアンプ(120万円)、CDプレーヤー+トランスポートコンバータ(180万円)、他にクリーン電源装置50万円ということで、合計1,000万円を軽く越えるシステムとなり、普通ならばここまでやらないものの、Accuphaseの営業の方もビートルズファンで自分もよい音を聴きたいために率先してものすごいセッティングを行ったとのことでした。なので、まるでタモリ倶楽部に自分が出演しているような気分になるような、超マニアックなオーディオ機材での試聴となりました。

2.Want List

試聴会には各席にAccuphaseのカタログと、司会の宮永正隆氏がディスクユニオンに送ったWant Listとその回答が書かれた紙が置かれていました。以下に置いたPDFファイルがそれです。

「WantList.PDF」をダウンロード

「WantList2.PDF」をダウンロード

上記の回答で色付きのものが今回試聴予定であり、用意できなかったものでも、ディスクユニオンの店員さんの私物をもってきたりして、用意したものもあるということで、俄然期待感が盛り上がりました。

3.セットリスト

試聴を行ったセットリストは以下の通りでした。

1.アルバム「Please Please Me 」
 選曲:I Saw Her Standing There
 使用盤:①日本盤アナログモノラル(2回目再発盤)
     ②旧盤CD
     ③UKアナログ ゴールドパーロフォン
      (コンディションVG+で9万2千円)
     ④リマスターCD(モノラル盤)

2.アルバム「With the Beatles」
 選曲:It Won't Be Long
     ①旧盤CD
     ②UKアナログ マトリックス1 ラウドカット
     ③リマスターCD(モノラル盤)

3.モノラル・シングル(Love Me Do)
     ①旧盤CD(パストマスターズ)
     ②UKアナログ レッドパーロフォン
     ③リマスターCD(モノマスターズ)

4.モノラル・シングル(Please Please Me)
     ①旧盤CD
     ②UKアナログ レッドパーロフォン
     ③リマスターCD(モノマスターズ)

5.モノラル・シングル(Paperback Writer)
     ①リマスターCD(モノマスターズ)
     ②UKアナログ 

6.モノラル・シングル(Revolution)
     ①リマスターCD(モノマスターズ)
     ②UKアナログ 

7.アルバム「Abbey Road」
 選曲:Something
     ①旧盤CD
     ②日本盤CD(回収盤)
     ③日本盤アナログ(プロユース盤)
     ④USジュークボックス盤(シングル、盤面青い)
     ⑤ドイツ盤・シングル(70年代再発盤)
     ⑥リマスターCD
      
8.アルバム「Let It Be」
 選曲:Long and Winding Road
     ①旧盤CD
     ②UKアナログ ホワイトカラー盤
     ③リマスターCD
     
9.アルバム「Rubber Soul」
 選曲:Drive My Car
     ①リマスターCD(モノラル)
     ②UKアナログ マトリックス1 ラウドカット
     ③日本盤アナログモノラル(20周年記念盤)
 
10.アルバム「Revolver」
 選曲:Tomorrow Never Knows
     ①UKアナログ マトリックス2/1 ラウドカット
     ②リマスターCD(モノマスターズ)
      
11.アルバム「Sgt. Pepper's Lovely Hearts Club Band」
  選曲:Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 
     A Day in the Life
     ①UKアナログ モノラル
     ②リマスターCD(モノラル)

     
上記のような超豪華セットリストでした。超豪華オーディオシステムで、レア盤を聴けるというめったにない機会なので、印象を記憶に留めるべく、懸命に聴きながらメモを採りました。僕はあまりオーディオの知識はないので、あまりうまい説明はできないのですが、総じて、アナログ盤の方がまろやかで、聴きやすい印象を受けました。そして、旧盤CDは超豪華オーディオシステムで聴くと、言われているほど音が悪い印象はなかったものの、なんだかボーカルばかり強調されて、楽器が奥に引っ込んでしまっている印象を受けました。古い時代のCDだと、収録できる音の情報量が少ないためにこうなってしまっているのかなと思いました。また、今回はモノラル盤中心の試聴だったのですが、モノラルなのにものすごく音に立体感があるのが驚きました。宮永正隆氏は「部屋中に面で広がってぬりかべのような存在感を示している音」と表現していました。60年代初期のイギリスでは、モノラルが一般的でステレオなんて必要ないと言われていたのが、ちょっとわかった気がしました。とにかくモノラルのアナログ盤の迫力はすごい迫力でした。でも、リマスターCDはアナログにかなり肉薄していると思いました。司会の宮永正隆氏はリマスターCDの存在意義を「今までは高級料理店のフルコースでしか食べれなかった料理を、吉野家の牛丼のように一般庶民でも食べられるようにした」と例えていましたが、今まではレアで超プレミアのついたアナログ盤でしか聴けなかった音に近い音を一般の音楽ファンでも聴けるようにしたということなんだと思います。そう考えると、今回のボックスセットはなんだか割安のような気がしてみました。ただ、迫力ではアナログに負けるものの、アナログではよく聴こえなかった音がリマスターCDでははっきり聴こえる曲もあったので、アナログかリマスターCDかは、良し悪しではなく、好みの問題と言えるレベルにまで肉薄しているのではないかと思いました。また、これだけの超高級システムでもアナログ盤のスクラッチノイズは避けられず、コンディションの悪い盤はボーカルの音が歪んでしまっていました。(アナログレコードが好きな人はこの点はあまり気にしないようですね。)なので、取り扱いの気軽さを考えると、やっぱり僕はリマスターCDで十分かなと思いました。

以下に個別の雑感を書きます。

・「Paperback Writer」ではアナログ盤では埋もれてしまっている、パーカッションの「シャカシャカシャン」といった感じの小気味よいリズム音が曲の全体的に入っているのが、リマスターCDでははっきりと聞き取れました。ここはリマスターCDの方の利点かなと思いました。

・「Revolution」はアナログ盤の圧勝と紹介されていましたが、リマスターCDではエンディングの部分でノイズ音のように入ってくるリードギターがはっきり聞こえたものの、アナログ盤では埋もれてました。なので、迫力をとるか、細かい音まで聴けるのをとるか、好みの問題かなと思いました。

・「Abbey Road」はいろいろなのが聴けて面白かったのですが、日本で独自に先行発売して英国EMIからクレームがついて回収された盤は初期CDらしい、ちょっと存在感が薄い音でありながら、全体的にクリアーな音で、旧盤CDよりもいいかもと思いました。また、日本盤アナログ(プロユース盤)の音は低域重視のマスタリングがされていて、「Something」のオルガンもすごく存在感があり、今日聴いた「Abbey Road」の中で一番気に入った音でした。ドイツ盤・シングル(70年代再発盤)は湯浅学氏が発見して、大絶賛したとのことで、再発でもマスタリングエンジニアの腕で音が変わる例として紹介されていました。

・「Rubber Soul」の国内盤モノラルは20周年の赤帯がついた盤はUKカッティング盤で、黒帯のものは日本カッティングだとのことです。なので、赤帯盤はイギリス人に人気らしいのですが、音はたいしたことないと紹介するつもりが、超高級オーディオなので、かなりいい音に聴こえてしまっていました。

・「Revolver」のUKアナログ マトリックス2/1 ラウドカット盤は実は今日一番楽しみにしていたものでした。音圧がものすごくって、「Tomorrow Never Knows」の別ミックスが入っているということで評判になっているもので、今日初めて聴くことができました。過激な曲の「Tomorrow Never Knows」はすごい迫力で、さらに効果音の挿入のしかたが、ハンパなくぶっ飛んだミックスでした。あまりにぶっ飛びすぎているから、差し替えられたのかなと思ったものの、このぶっ飛びミックスの音源も欲しいなあと思ってしまいました。

・「A Day In The Life」の中間のオーケストラの盛り上がるところの迫力はすざまじくって超高級オーディオのすばらしさをすごく実感できました。オーケストラが挿入されている部分はオーケストラを入れる前にエンジニアがカウントを数えている声が録音されていて、アナログではその声がかすかに聞こえたものの、リマスターCDではまったく聴こえませんでした。これはデジタル処理で消したのかなと思いました。

といった感じで、めったに体験できないことが、体験できたとっても貴重な試聴会でした。

2009年9月18日 (金)

シルバーウィーク行動予定

明日から待望の5連休が始まります。シルバーウィークと呼ばれているようですが、なんだかシルバーシートを連想してしまいます。今回の連休は予定満載になったので、僕の連休の行動予定を書いてみます。

1.9月19日

「ビートルズ・リマスター聴き比べ試聴会」
オーディオ・ユニオン新宿店 14:00~

ディスク・ユニオン主催のこのイベント。実はリマスター盤よりもレアなアナログ盤の試聴が楽しみだったりします。今、家にはアナログ・レコード・再生機器はないし、そもそもアナログ盤って、取り扱いに気を使うので、アナログ盤は買ってもカセットテープにコピーして聴いてました。なので、僕はアナログ盤を本当にいい音で聴いたことがないので、実際のところCDとどれだけ違うんだろうというのが、最大の関心事です。

なお、僕は参加しませんが、この日は以下のイベントが要注目だと思います。

℃-ute「EVERYDAY 絶好調!!」発売記念握手会
場所: 大宮アルシェ
出演: ℃-ute(矢島舞美・中島早貴・鈴木愛理)

このイベントは先日モーニング娘。6期メンバーが握手会を行ったのと同じシチュエーションです。モーニング娘。の時は以下の記事にレポートしたように最高の握手会になりました。

・握手券GET

・最高の握手会!

上記のレポートのように、今回も低速握手会になるとは言い切れないものの、大宮駅前の人通りの多い場所で行う握手会だけに、対応のいい握手会になる可能性は高いと思います。℃-uteファンの方はなによりも優先してこのイベントに参加した方がいいと思います。

2.9月20日

高井亜耶乃ちゃんFresh!撮影会

劇団ゲキハロ第7回公演『サンク ユー ベリー ベリー』
池袋サンシャイン劇場 18:30開演

高井亜耶乃ちゃんのFresh!撮影会の予定が発表された時には、「しまったBerryz工房とカブッた」と思ったのですが、Fresh!撮影会の行われるスタジオの最寄駅の東京メトロ有楽町線江戸川橋駅から池袋サンシャイン劇場の最寄駅の東池袋は2駅しか離れていないので、迅速な移動が可能なため、両方参加することが出来ました。高井亜耶乃ちゃんは、髪の色を少し変えたそうなので、また違った雰囲気の亜耶乃ちゃんが撮れると思うので楽しみです。

3.9月21日

劇団ゲキハロ第7回公演『サンク ユー ベリー ベリー』
池袋サンシャイン劇場 15:00開演

僕はBerryz工房の演劇を見るのは初めてなので、とても楽しみにしています。最近グッズを買いすぎなので、今回は少し控えようと思ったものの、セーラ服が制服の弁天女学院チームと、ブレザーが制服の丸富高校チームの写真がかわいいので、また写真を沢山買ってしまいそうです。

・劇団ゲキハロ第7回公演 サンクユーベリーベリー・グッズ

4.9月22日

真野恵里菜ファーストコンサートツアー
「Introduction~はじめての感動~」
Zepp Nagoya 15:15開演 18:15開演

真野ちゃんのファーストコンサートツアーの最終日の昼・夜両方とも参戦します。今回は全席自由ということで、昼は整理番号がまあまあ早い番号で、夜が超早い番号となっています。先日の東京厚生年金会館では端席だったので、今回は中央席にこだわろうと思っています。中央で見たい理由のひとつが「ラッキーオーラ」のハロプロエッグとのフォーメーションを真正面で見たいことです。

2009091805_2

ミニコンサートを含めると、ハロプロエッグと真野ちゃんのダンスは何度も何度も見てきたので、ハロプロエッグのダンスもとても愛着がわくようになりました。特に「ラッキーオーラ」のダンスは大好きです。ツアー最終日で、DVD収録も終わっていることから、リラックスした真野ちゃんの好演を期待したいです。

2009091803

2009091804

5.9月23日

Emotion名古屋撮影会 小倉遥 松島瑠美

真野ちゃんのコンサートの翌日に小倉遥ちゃんの名古屋での撮影会があるので、今回は名古屋に一泊して、撮影会に参加することにしました。今回の撮影会の楽しみは屋外撮影があることです。1部から4部まで開催されますが、外泊してちょっと疲れそうなので、2部・3部のみ参加としました。

ということで、楽しみがいっぱいのシルバーウイークとなりました。みなさんも、素敵な5連休をお過ごしください。


熊井ちゃんDVD

熊井ちゃんの「熊井友理奈写真集「FLOWERAGE」”メイキングDVD ~特別編集版~」が到着しました。

2009091801 2009091802

期間限定受注販売ということで、締め切り間際に慌てて注文しました。受注販売DVDは初めて購入したのですが、パッケージが寂しくなるんですね。内容は特に企画はなく、熊井ちゃんのおしゃべりつきの写真撮影風景が50分たっぷり収録されているのですが、熊井ちゃんは長身の超美少女なので、撮影風景だけでも十分絵になり退屈せずに楽しめました。ダイジェスト版はおなじみのDohhh UP!でみれます。

まだ高校1年生(撮影時はまだ中学生だったようです)なのに、こんなにきれいな熊井ちゃんをいつまでも世間が放っておくわけがないと思います。熊井ちゃんの今後のさらなる活躍がとても楽しみです。

2009年9月17日 (木)

THE ハンドキャッチーズ

先週のテレビ東京の番組「遠藤淳」でアイドルユニット「THE ハンドキャッチーズ」の最終審査結果が発表されましたが、我らの高井亜耶乃ちゃんは見事合格を果たしました。合格者の携帯サイトの投票結果は以下のとおりでした。

宇佐美あいり 3,946票

高井亜耶乃 3,526票

山本早華 946票

桜咲愛利 681票

清水恵 512票

ということで、投票1位のセンターポジションにはならなかったものの、投票数からして℃-uteの鈴木愛理ちゃんと、矢島舞美ちゃんみたいに2トップの1角を担う人気を得たといってもいい結果だと思います。今週の放送でも「THE ハンドキャッチーズ」のデビュー曲の作曲風景が放送される予定なのですが、どんな曲が出来上がるのか?また、手のとどきそうなアイドルとして、どんなイベントを行うのか?興味深々です。「あーやの!オイ!」とかいって、みんなで応援する日がくることになるのか?とても楽しみです。

そんな、高井亜耶乃ちゃんは9月20日におなじみのFresh!撮影会に参加します。前回はナイト撮影会の2部のみでしたが、今回は単独で昼の4部制の撮影会となり、それでもすぐ満員になるほどの人気です。こちらの撮影会もすごく楽しみです。

2009091601

2009年9月16日 (水)

ビートルズ・リマスター 聞き比べ関連

ビートルズのリマスター盤が発売されて1週間が経過しましたが、オリコンの週刊アルバムチャートでステレオ盤ボックスが6位で推定売り上げ枚数が35,262枚、モノラル盤ボックスが10位で推定売り上げ枚数が20,769枚と、すごいことになってます。この数字には輸入盤の売り上げ枚数は入っていないと思われるので、実際はもっと売れていると思います。特にモノラル盤ボックスはマニア向けといわれていたのに、こんなに売れるとは驚きです。

最新リマスターと旧盤との実際の音の違いが気になるところですが、これだけの物量だと全体を把握するのは大変だと思います。現時点での聞き比べ記事をまとめてみました。

1.CDジャーナルのサイト

ステレオ盤のみですが、衝撃度グラフ付きで簡潔な文章で全曲の音の印象が掲載されています。まあ、衝撃度は個人の好みでしょうが、かなりの力作記事だと思います。

・ザ・ビートルズ全213曲 聴き比べ&徹底解剖!その1

聴き比べ 聴き比べ

・ザ・ビートルズ全213曲 聴き比べ&徹底解剖!その2

聴き比べ 聴き比べ

・ザ・ビートルズ全213曲 聴き比べ&徹底解剖!その3

聴き比べ 聴き比べ

・ザ・ビートルズ全213曲 聴き比べ&徹底解剖!その4

聴き比べ 聴き比べ

・ザ・ビートルズ全213曲 聴き比べ&徹底解剖!その5

聴き比べ 聴き比べ

・ザ・ビートルズ全213曲 聴き比べ&徹底解剖!その6

聴き比べ 聴き比べ

・ザ・ビートルズ全213曲 聴き比べ&徹底解剖!その7

聴き比べ 聴き比べ

これらの記事を読みながら、リマスター盤聴くのもいいと思います。

2.レコードコレクターズ

レコード・コレクターズ 2009年 10月号 [雑誌]

毎度マニアックな視点の記事で評判のよい、「レコードコレクターズ」誌ですが、今回はマスコミ向け試聴会と、発売前に4時間だけ時間をもらって聴き比べしている記事なので、記事の迫力は今ひとつでしたので、来月以降に期待かなといった感じです。でも、ビートルズ来日時の日本航空の客室乗務員だった人のインタビューとか興味深い記事も多くてよかったです。

3.タモリ倶楽部

タモリ倶楽部は音楽評論家の萩原健太さんによるリマスター盤と旧盤との聞き比べポイント集でした。以下に放送された内容をまとめてみます。

①Till There Was You
 ジョンが面倒くさがっている気持ちがよくわかる。
②Cant't By Me Love
 歌い出しの時、リンゴはリムを叩いている。
③Eight Days A Week
 ジョージもちゃんとコーラスしていた。
④Taxman
 ジョージの曲なのにポールのギターカッティングがすごい
⑤Good Night
 リンゴのボーカルよりオーケストラを強調
⑥Something
 オルガンのビリー・プレストンはちゃんと仕事をしている。
「Good Night」の話をしているときに、萩原健太さんは、この曲の前に「レボリューション9」があるので、なかなかこの曲までたどりつけなかったと話してましたが、僕の場合はホワイトアルバムを90分のカセットテープに入れると、どうしても「Good Night」が途中で切れてしまうので、いつも不完全版のカセットテープを聴いていました。なので、「Good Night」を最後まで聴くと、今でもなんだかホっとした気持ちになります。また、このときおぎやはぎが真夜中の森林をドライブしているときに、「レボリューション9」をかけてしまって、すごく怖かったと話していたのには笑えました。確かに「レボリューション9」は暗いところで聴くととても怖いので、ぜひ試してみてください。

KERA!

まのぶろぐに煽られて、「KERA!」の2009年11月号を買ってみました。

KERA ! (ケラ) 2009年 11月号 [雑誌]

僕とは無縁の女の子向けファッション雑誌なのですが、パンクとかビジュアル系のヘビメタとか聴いてそうな感じな人向けのド派手な衣装&メイクが中心の雑誌なんですね。なので、真野ちゃんの衣装も本人が言っているようにいつもと違う雰囲気が楽しめます。わずか2ページの登場ながら、真野ちゃんの音楽とは無縁そうな人たちと思われる読者は、真野ちゃんの写真にどんな印象を持つのか、ちょっと興味深いです。ハロプロメンバーは天下一品の美少女揃いなので、もっとこうした女性向けファッション雑誌にどんどん登場してほしいですね。

2009年9月15日 (火)

CD用アクセサリー

今週土曜日にディスクユニオンによるビートルズの試聴会が行われるのですが、そんなディスクユニオンの新宿本店の2階にあるレコードアクセサリー館はCDやレコードたくさん持っている人向けのかゆいところに手が届く商品がいっぱい売っています。先週行ってみたら、9月19日に発売になるビートルズボックス用の豪華アクリルケースがディスプレーされていて、思わず欲しくなってしまいました。

BEATLES ビートルズ / ビートルズBOX専用アクリルケース(ステレオ盤用)

BEATLES ビートルズ / ビートルズBOX専用アクリルケース(モノラル盤用)

これに入れておけば部屋に飾っていても本体は汚れないのでよいかなと思うのですが、ちょっと高いのでどうしようかなあと思っています。(気になる方は写真をクリックすると、ディスクユニオンのサイトに飛べます。)

あと、ディスクユニオンのお気に入りの商品を紹介します。まずは「CD収納革命」です。

CD収納革命

僕はCDのプラケースがかさばるのであまり好きではないので、大抵薄いケースに入れ替えて、プラケースは捨ててしまいます。「CD収納革命」は僕がいままで使ってたなかで最良のCDケースだと思います。

CD収納革命

ちょっと伝わりにくいですが、厚めビニールに表ジャケット、帯、歌詞カード、裏ジャケット(裏ジャケットがぴったり収まるサイズなのがポイントです。)を入れて、CD本体は布製の袋に入れるようになっています。気になる方は「CD収納革命」でググると、この商品の使用感をレポートしている個人ブログが沢山見つかるので参考になると思います。DVDやBlu-Rayディスクなんかも、ジャケットを縮小コピーしてこのケースに入れたりしています。

また、一般的に紙ジャケット付きのCDを買うと、のり付きのピニール外袋がついてくることが多いのですが、こののり付きの袋は、ジャケットや帯、歌詞カードがのりにくっついて痛んでしまう危険性があるので、僕はあまり好きではありません。(今回のビートルズモノボックスについていた外袋はのりがつきにくくなっていてよかったですが・・・)そこで、紙ジャケCDを買ったときには「紙ジャケットCD用PP外袋・縁なしビニールカバー」に入れ替えています。

外袋 / 紙ジャケットCD用PP外袋・縁なしビニールカバー

縁なしなので、様々なケースへの収まりもよく、気に入っています。と、いった感じでディスクユニオンでは様々なCD用のアクセサリーが売られていますので、色々探してみると、みなさんの欲しかったものが見つかるかもしれません。

2009年9月14日 (月)

真野ちゃんDVD

一旦緊張から開放されたおかげか、まのぶろぐによると、昨晩の真野ちゃんは爆睡できたそうです。よかったです。今日は真野ちゃんのDVDの話題を2個書きます。

1.ERINA MANO DVD MAGAZINE Vol.1

2009091401

目出度く真野ちゃん単独のDVDマガジンがコンサート会場で発売されました。「Vol.1ということで、2もあると思うので、みなさん楽しみにしていてくださいね」と真野ちゃんが言っているので、シリーズ化が期待できそうです。Vol.1ということで、今回は自己紹介的なインタビュー・トークと、書道、絵画、ゲームに挑戦する場面と、DVD撮影と同時に行ったフォトセッションの撮影風景が収録されています。真野ちゃんのシングルVのメイキング映像のときにも思うのですが、ソロだと、フォトセッション風景がかなり長めに収録されているため、「仮想・真野ちゃん撮影会」っぽい雰囲気が楽しめます。なので、DVDマガジンは真野ちゃんファン必見だと思います。今後のシリーズでは「Buono! vs Bello!」みたいに、ゲスト呼んで対決するようなものとかやって欲しいなあと思います。

2.トリプル購入者特典DVD

先日「ハロプロ縁日」から家に帰ると、アップフロントワークスからおおきな封筒が届いてました。開封すると中にはDVDと以下の内容が書かれた紙が入ってました。

ご当選おめでとうございます!!

この度は、真野恵里菜「乙女の祈り」、シングルV「乙女の祈り」、「マノグアム」トリプル購入者特典プレゼントにご応募いただき、誠にありがとうございました。厳選なる抽選の結果、見事当選いたしました!おめでとうございます!!!真野恵里菜スペシャルDVDをお送り致します。今後とも真野恵里菜の応援よろしくお願い申し上げます。

ということで、もう応募してからずいぶん時間が経ったので、すっかり応募したことを忘れていたのですが、当選して購入者特典DVDをGETすることができました。

DVDは以下の真野ちゃんのハイテンションなコメントから始まりました。

「いえーい!おめでとうございます。あなたは318人の中のひとりに選ばれました。(パチパチ拍手)。ということで、スペシャルDVDをごらんください。どうぞー!(一旦画面から消えてもう一回)どうぞー!」

内容は「マノグアム」に途中まで収録された「マノピアノ」と「ラッキオーラ」のPVの完全版でした。白いドレスでグアムの洋館でピアノ弾く上品な映像の「マノピアノ」と、丘の上で髪を風になびかせながらスタンディングでキーボードを弾いて歌うシーンが中心の「ラッキーオーラ」の映像両方ともに気に入って、完全版がみたかったので当選して見れてよかったです。

やっぱり当選すると嬉しいので、「この胸のときめきを」は「まのえりプレミアライブ」目指してちょっとムキになって買うことに決めました。

2009年9月13日 (日)

真野ちゃん初コンサート・ツアー初日

2009091301

真野ちゃんのファーストコンサートツアー「Introduction~はじめての感動~」の初日、東京厚生年金会館の昼・夜公演に行ってきました。真野ちゃんの初のコンサートツアーというか、はじめてのモーニング娘。やBerryz工房などのユニットと同一料金のコンサートだったのですが、真野ちゃんがリハ中のブログに「時間が足りぬ」と書いていたように、明らかに準備不足でかつ、初日にDVD収録するといったチャレンジャーな状況であったため、真野ちゃんは緊張しすぎで、スタッフもミスるといったしょっぱい内容のコンサートになってしまいました。ただ、集客の方は大盛況で、ほぼ満員でグッズ販売も長蛇の列が出来てました。ハロプロエッグ人気とセットと考えても厚生年金会館を満員にする集客力はすごいと思ったのですが、それだけに集まった人たちが、今回のコンサートの内容をどう思ったか、ちょっと心配でもあります。

今回のコンサートのセットリストは以下の通りです。

01.マノピアノ
MC
02.ジャスミンティー
03.ラララソソソ
MC 加藤紀子登場
04.世界は サマー・パーティ
朗読劇(真野恵里菜・加藤紀子)
05.ぁまのじゃく(S/mileage)
MC 真野恵里菜・加藤紀子・S/mileage)
  昼公演 最近のマイブームについて
  夜公演 秋に食べたい食べ物について
06.水色想い
07.この胸のときめきを
MC (真野恵里菜・加藤紀子)
08.ロックン・オムレツ
09.ハッピーバースデイ・ママ
10.はじめての経験
11.ラッキーオーラ

Encore
12.乙女の祈り
MC
13.まつげの先に君がいる

グランドピアノ使用曲 01,02,03
マノピアノ使用曲   06,07,12
前奏のみマノピアノ使用曲 11

前回の中野サンプラザ公演(このときは料金3,000円)と比較すると、朗読劇とS/mileageの単独コーナー(この間に真野ちゃんは衣装チェンジしてました)が加わったのが内容を充実させた部分になると思いますが、朗読劇は真野ちゃんの演技力を披露する好企画かなと思ったものの、内容が真面目すぎで、正直2回同じ内容を聞くのは辛かったです。大阪、名古屋では違う内容にした方がいいと思います。できれば、すこし笑える内容を含めた方がいいです。また、S/mileageは今の人気、注目度を考えればもう1曲披露してもよかったんじゃないかと思いました。以下、いつものように気づいた点などを羅列します。

・グランドピアノ使用の3曲は、スクリーンに大写しになった真野ちゃんの顔が明らかに引きつっていて、間奏になってファンから拍手が起こってようやく笑顔になる状況でした。特に難しいフレーズの多い「ラララソソソ」はヒヤヒヤしながら見ていたのですが、夜公演のエンディングのところで、真野ちゃんがはっきりとわかるミスをしてしまって、悔し泣きしちゃってました。負けず嫌いの真野ちゃんだけに相当悔しかったようでしたが、ライブなんだから、ちゃんと演奏してるんだから、ミスも生演奏の醍醐味(ベテランミュージシャンもライブでは結構ミスってます)なんだと開き直って演奏して欲しいなと思いました。とにかく今日は緊張しすぎでした。

・昼公演の「ラッキーオーラ」では出だしで、ピアノおよび伴奏の音がでず、しばらく真野ちゃんのアカペラ状態で歌が始まるという大チョンボをスタッフさんがしてしまいました。そのおかげで伴奏が加わっても真野ちゃんの声ばかりが強調(真野ちゃんペース配分を誤ったか、ちょっと息が上がり気味なのが強調されちゃってました)された「ラッキーオーラ」になってしまい、昼公演の「ラッキーオーラ」は台無しになってしまいました。でも、夜公演は完璧(真野ちゃんもペース配分を矯正したようで、きれいな歌声でした)でした。

・真野ちゃんの持ち歌の中で「ナキムシ・ヨワムシ」がセットリストから外れてしまいましたが、「ハッピーバースデイ・ママ」のハロプロエッグとのダンス・フォーメーションが「ナキムシ・ヨワムシ」とよく似ているので、それで外れたのかなと思いました。

・「ハッピーバースデイ・ママ」は最初「MANO-DELI」で聴いたとき、森高千里さんっぽい曲だなと思ったので、「ロックン・オムレツ」から続く流れはよいなと思いました。

・今日は昼・夜ともに真野ちゃんとハロプロエッグがお見送りのタッチ会を行いました。スタッフさんから、真野ちゃん本人の強い希望により実施しますとの説明がありました。タッチ会の準備中、着席して待っている観客に向けて、真野ちゃんからの告知VTRがながれるなど、待っている観客を退屈させないような配慮も少しありました。タッチはハイタッチではなく、両手(手の平を上)を前にさしだしたメンバーに対して、観客が上から叩く感じのタッチでした。タッチ会なので一瞬の出来事であるため、会話は出来ないのですが、遠い席の観客でもま近でメンバーが見れるからよかったんじゃないかなと思いました。

今回の僕の席は昼が10列目の右サイド(右のPAスピーカーよりもさらに右といった音響的には最悪でかつ、スピーカによりステージの視界が一部さえぎられる席でした)で、夜が7列目の左サイドと、かなりステージに近いながらも極端な端席でした。でも、夜の方がよりはっきりメンバーの表情を見ることができました。僕は次は最終日(9月22日)の名古屋公演を見に行く予定なのですが、真野ちゃんが、DVD収録終えて、東京、大阪と2大都市での公演を終えて、リラックスした状態で最高のパフォーマンスをしてくれることを期待したいです。

【追記】真野ちゃんが「まのぶろぐ」で、コンサートツアーについて、前向きなコメントをしてくれてます。こうしたコメントを読んでいると、真野ちゃんは本当にいい子だなあとつくづく思います。名古屋公演がさらに楽しみになりました。

・とうきょう

ハロプロ縁日・トークショー

最近よくわからないイベントに参加して、その内容をレポートするのが趣味のようになっていますが、当初告知があったときには、どんなイベントだかさっぱりわからなかった「ハロプロ縁日」に行ってきましたので、以下にレポートを書きます。

1.ハロプロ縁日の概要
ハロショのサイトに以下のような告知が9月2日に掲載されました。

2009年夏の締めくくりとして、“ハロ!プロ縁日at池上養源寺”を開催致します!!9/12(土)10:00~17:00の間は敷地一面がハロー!プロジェクト祭り♪
各店でご好評いただきました「ハロ!プロ縁日」ゲームコーナーや、“スーパーボールすくい”を楽しめます!焼そば・カレーライスなどお祭りならではの飲食コーナーも設置!もちろん、開催記念生写真も物販コーナーで販売いたします!
そして、Berryz工房全メンバーも来場して盛り上げてくれるよ♪参加券が必要になるので、お忘れなく!!!

ということで、その同日のBerryz工房のイベントも、Berryz工房×ハロー!プロジェクトオフィシャルショップ ピックアップ企画『Berryz工房祭』の夏のフィナーレを飾る『Berryz工房祭~夏・総集編~』として“ハロ!プロ縁日at池上養源寺”で開催されることが告知されました。9月になったのに、『Berryz工房祭』がまだ続いてことにまず驚いてしまいました。今年の夏はBerryz工房は3チームに分かれて東名阪でイベントを開催しました。開催日およびメンバーは以下のとおりでした。

[日時]7/21(火)
[出演メンバー]嗣永桃子・熊井友理奈
[開催場所]ダイエー今池臨時店
[開催時間]
1回目…12:30開場、13:00開演
2回目…14:30開場、15:00開演
3回目…16:30開場、17:00開演
※各回定員120名

[日時]7/31(金)
[出演メンバー]清水佐紀・徳永千奈美・夏焼雅
[開催場所]ハロショ渋谷店、原宿店
13:40開場、14:00開演 ※渋谷店 学割Ver 定員50名
17:10開場、17:30開演 ※原宿店 学割Ver 定員40名
19:10開場、19:30開演 ※渋谷店 定員70名

[日時]8/10(月)
[出演メンバー]須藤茉麻・菅谷梨沙子
1回目…13:30開場、14:00開演
2回目…15:30開場、16:00開演
※各回定員120名

上記イベントのうち、ダイエー今池店で行われたイベントは幸いなことに参加できて、しかも最高に楽しかったので以下のリンクにあるように3回に分けてレポートを書いています。

くまいちょー&ももち トークイベント
くまいちょー&ももち トークイベント その2
くまいちょー&ももち トークイベント その3

ということで、今回の「ハロプロ縁日」のイベントは上記イベントの総集編として行われました。

2.参加方法
今回は「ハロプロ縁日」の参加券(400円分のフード券、200円分のドリンクor軽食券がついて1,000円)を購入するとイベントの参加抽選番号が書かれた抽選券が渡され、この抽選券1枚につきハロプロメンバー23名の中から希望する1枚の写真が選べて、写真は(抽選の当たり外れ関係なく)現地で引き換えとなっていました。参加券は僕は発売開始日の9/4(金)の会社帰りに渋谷店で購入したのですが、購入者の行列が出来てました。今回は5枚ほど購入しようかなと思っていたのですが、僕の前に買っている人が2枚か1枚だったので、あんまりガッつかなくて大丈夫かなと思い4枚購入に切り替えました。で、抽選券の枚数は1500枚と決まっていたようで、渋谷店と原宿店は閉店前に完売したそうです。そして、上野店のみ閉店時間が早かったため、完売しなかったのですが、翌日開店してすぐ売り切れたそうです。今回は午前11時からの1回公演で参加定員が最大400名ということで、なおかつ10枚購入した人もかなりいたとのことなので、2枚以上購入した人はほとんど当選して、1枚購入の人もかなりの高確率で当選できたのではないかと思います。一般人向けの公演数が1回になってしまったBerryz工房渋谷店のイベント参加競争率がかなり高かったので、ハロショが抽選を煽って暴利をむさぼることを覚えてしまったんじゃないか心配してしまったのですが、今回抽選券の数を絞ったので、イベントで荒稼ぎするつもりはなさそうなので安心しました。(まあ、お寺で荒稼ぎしたらそれこそバチが当たりますよね)また、今回は参加券が食事券と写真付きということだったので、1枚2,000円のA4写真よりはすごく良心的だと思いました。

3.イベント当日
池上養源寺に到着すると、まず抽選券を確認(ハロショイベントは毎回当選者名簿を作成しているようです)して、入場整理番号を渡される列に並んだあと、お寺周辺の路地に整理番号順の行列を作って入場する形式でした。そして、肝心のイベントはお寺の境内で行われ、ちょっと伝わりにくいてすが、以下の左の写真の階段を3段上った部分のところがステージになっていました。

2009091201 2009091202

そして、柵で仕切ったところが会場となっていて、座席はなく、入場順に好きな場所が選べるオールスタンディングでした。お寺の野外なので、柵の外からでも、イベントの様子は見えたのではないかと思います。僕は入場順が100番台だったので、中央の前から4列目くらいの場所を確保できました。また、階段の真下の特等席には地元の小学生らしき子供が招待されていたようでした。子供たちはイベントが始まると床に着席して見てました。そして、開演時間になるとまず、司会の上々軍団の2人が登場し、諸注意を説明したのですが、Berryz工房の準備に時間がかかっていたようで、前説をかなり引っ張ってました。そして、「お客さんが巻け巻け!て言えば言うほど僕たち引っ張りますから」なんて意地悪を言うもんだから、観客も「じゃー、お寺をテーマにショートコントやってよ!」と言ったら、上々軍団さんはショートコントのネタ持ってないとかいいながらも、ショートコントやってくれました。

4.Berryz工房登場!
ショートコントなどをやっているうちに、準備が整ったようで、上記写真のお堂の扉が開いて、Berryz工房のメンバーが登場したのですが、今回はなんと全員浴衣で登場しました。2009年現在のルックスでのBerryz工房の浴衣姿は超かわいくってかつ大人っぽい魅力もあって強力でした。この浴衣姿が見られただけで、池上養源寺まで来てよかったと思いました。浴衣は菅谷梨沙子ちゃんは赤、嗣永桃子ちゃんはピンク、清水佐紀ちゃんは黄色をベースにした柄模様でしたが、特にイメージカラーに合わせてという感じではなかったです。また全員髪を結んでいて、徳永千奈美ちゃんはひまわりの髪飾りだったり、夏焼雅ちゃんは紫のバラ(正確か自信ないですが・・・)だったりと、みんなお花の髪飾りをしていました。また、全員素足でした。というか、こうやってくどくど書くより激しく写真が撮りたかったですね。ハロショで発売されたら全部買うから早く発売してほしいです。とにかく素敵な浴衣姿だったので、公式写真が発表されたら必見です!

5.イベント内容
今回は以下のAA使ってイベント再現してみようと思いますが、スピーカーの音量が小さく、観客の声が大きかったので、あまり聞き取れない部分も多かったのでかなり欠落があると思います。

【Berryz工房】(向かって左からの並び順)
菅谷梨沙子: 州*’ o’リ
須藤茉麻: 从o゜ー゜从
熊井友理奈: 川*^∇^)||
嗣永桃子:ル*’ー’リ
夏焼雅: ノノl∂_∂'ル
徳永千奈美: 从(´∇`)从
清水佐紀 : 川´・_・`川

①オープニングトーク
恋のスキスキ指数上昇中に乗ってBerryz工房登場、そして向かって左から自己紹介をしました。興奮した観客がうるさくってよく聞き取れなかったですが、メンバーも浴衣姿をアピール(特に嗣永桃子ちゃん)したり、今日は少し寒いけど楽しいイベントにしましょう、などの自己紹介がありました。

(司会)今回Berryz工房夏祭りなんですけど、この企画キャプテンのひとこと(立案?)で始まったらしいんですが・・・
川´・_・`川<はい、これ(浴衣)今年初めて着ました。で、浴衣が着たくって(夏祭り企画)お願いしたんですけど、いつお願いしたか覚えてないんです。
(司会)でも、キャプテンが夏祭りやりたいって、言い出したおかげで、みなさんここに集まっているですよね。(場内大拍手)

このあとちょっと浴衣の話になったのですが、佐紀ちゃん以外に雅ちゃん、千奈美ちゃんも今年初めて浴衣着たそうです。そして、嗣永桃子ちゃんがピンクの浴衣で登場できたのが相当嬉しかったようで、いつも以上のマシンガントークで嬉しさをアピールしてたのですが、司会の上々軍団も「最後の方は興奮しすぎて、何言っているかわからなかったですね」と言ってたくらいなので、ここでは再現不可能。

②各地のトークイベントについて
(司会)Berryz工房夏祭りはメンバーが分かれていろんなとこに行ってるみたいなんですけど、名古屋に行った人は、(ここで熊井ちゃんと、桃子ちゃんが挙手)どうでしたか、名古屋は?
川*^∇^)||<もう、大変でしたよー。
ル*’ー’リ<そう、いろんな意味で大変だったよね。
川*^∇^)||<1日3回公演で、全部で1時間半で終わらせなければいけなかったのに、合計3時間もしゃべっちゃったんですよ!
ル*’ー’リ<そうだっけ?でも、いっぱいおしゃべりしたよね。でも、ももひとつだけ心残りがあって、ゲームに勝ったらご褒美として、ういろうとか名古屋の名物を食べれるって対決したんですけど、楽屋に入ったら負けた人も食べれると思うじゃないですか。でも、ホントに食べれなかったんだよね。あのときは「スタッフさん、もお!」って思ったよね。
川*^∇^)||<(今度は熊井ちゃんの方がよく覚えていないようで、そっけなく)はい。
(熊井ちゃんの反応が薄いので、桃子ちゃんちょっとすねるも、司会者スルー)

(司会)そして、渋谷店、原宿店に行ったのは、夏焼さん、徳永さん、清水さん。どうでしたか。
ノノl∂_∂'ル<楽しかったです。
从(´∇`)从<18歳以下の方と、イベントもやったんだよね。やっぱり普段とちがう雰囲気があって、年齢が若いなって思いました。(この、千奈美ちゃんの素直すぎる感想に、観客からエーの嵐が起こったので、即座に話題を変える)
川´・_・`川<嗣永さんとこは、ご褒美的なものがあったらしいんですけど、私たちはなかったんですよ。
从(´∇`)从<そう、なかった。
(司会)でも、渋谷だったら(ご褒美になるような)名物とか特にないでしょう。
川´・_・`川从(´∇`)从<そうですね。
(司会)そして最後、大阪チームは菅谷さんと須藤さん。
从o゜ー゜从<痛い思いをしたんですよ。
州*’ o’リ<そう、罰ゲームとしてツインテールをまぁがやるはずだんだけど、私もやる羽目になっちゃって
(司会)ツインテールって横に二つ結ぶの?
州*’ o’リ<そうじゃなくって、もっと頭の上で、セーラームーンみたいな・・・
(司会)それが頭を引っ張られる感じで痛かったと・・・
州*’ o’リ<いえ、精神的に痛かったんです。

③舞台ゲキハロについて
(司会)なるほどねえ、さて、Berryz工房さん、舞台をやるんですよね。みなさん見に行かれるとは思うんですけど、ここであらすじ的なものを聞かせてもらえますか
ル*’ー’リ<ハァーーー(突然歌いだす)って感じです。
从(´∇`)从<そお、ハァーーーだよね。なんていうの。
ノノl∂_∂'ル<歌います。
从(´∇`)从<演じます。
州*’ o’リ<合唱部です。ここまでです。(観客エー!)
(司会)それは笑いあり涙ありって感じですか?
川´・_・`川<そうなんです。ヤバイんです。このあいだ、熊井ちゃん稽古中に泣いちゃったんです。
(司会)それは、感極まってって感じですか?
川*^∇^)||<そうですね。もう、最終日が怖いくらいです。
(司会)どういうことですか?
川*^∇^)||<それは、(舞台)見てくださいよおー
(司会)そうですか、他に見て欲しいところとか何かありますか?
州*’ o’リ<私、喜怒哀楽の激しい役をやるので、表情に注目して欲しいです。
(司会)夏焼さんはどうですか?
ノノl∂_∂'ル<私は、今回千奈美と絡むところが多いんですよ。
从(´∇`)从<すごいんです。こんなんだったのか!みたいな・・・
ノノl∂_∂'ル<違うでしょ!(場内大爆笑)でも、なんかびっくりするかもしれないです。
(司会)びっくりする何かが起こるかもしれないということですね。ということで、16日から始まりますので、僕らも見に行きますので、みなさんぜひ見に来てください。
川´・_・`川<ぜひ、見に来てください。待ってまーす。

④熊井ちゃんのCMについて
(司会)さて、続いては熊井さんがBBBのCMに出演しているとのことなんですけど、どんな内容なんですか?
川*^∇^)||<はい、レモンをかじると血が出てくるんですけど、決して歯槽膿漏ではありません。実際は血が出てるんじゃなくって、レモンから血みたいのが出てるんですけど、撮る度に着替えなければならないので、ワイシャツもネクタイも20枚くらい並べて、撮っては着替えてでやりました。
(司会)メンバーのみなさんも見たんですか?
从(´∇`)从川´・_・`川<みました。かっこよかったー
(司会)ということで、まだ放送されていますので、見てない方はぜひチェックしてみてください

⑤写真集について
(司会)つづいて、徳永さんが、11日に写真集を出しました!(場内大拍手。で、現物をだしたら、メンバーはまだ見ていないので、見たいということになり、ビニールを開封して見る事になり、開封中に)
(司会)どこで撮影したんですか?
从(´∇`)从<ハワイで撮りました。海の撮影があって、海怖いんですけど、頑張って入りました。
(司会)(怖いのは)泳げないから?
从(´∇`)从<泳げないのもあるし、サメがいるから
(ここで、開封がすんで左のメンバーから回し見して、おーー!と言う)
从(´∇`)从<読書の秋なのでぜひ読んでください。
从o゜ー゜从<(写真集を見て)ちょっとやってみて、このポーズ!(観客大喜び)
川´・_・`川<千奈美ちゃんが)小声で、「マジ、無理なんですけど」って言ってました。(場内大爆笑)
(司会)「マジ、無理なんですけど」出ました!着ボイスにしたいですね。ところで、最近もう一人写真集を出した人がいるんですよね。
ル*’ー’リ<はーい!見ましたこの表紙!、あ、後ろはやめてください。(裏表紙の水着姿は恥ずかしいようです)
(司会)ここ(縁日)でも売ってるんですよね。
ル*’ー’リ<ホントですかー!ねえ、みんなどうだった。どうだった。感想はー!(で、観客から「かわいかった」「一番よかったー」との声が飛ぶ。ものの、これ以上はとくになし)

⑥万歩計対決
(司会)つづいては、夏祭りで評判だったあのコーナーをやります。
(ということで、渋谷・原宿店チームはやってないそうなので、ルール説明がありました。今池店と違う点は今回は万歩計を両手につけるとなっただけで、他は同じでした。曲はワンコーラスのみとのこと、今回豪華商品が用意されているとのこと)
ル*’ー’リ<くまいちょー、「積んで積んで熊井友理奈」の方がよかったね
(万歩計装着中に言った、桃子ちゃんのこの一言、僕は聞き逃しませんでした)

で、曲は「なんちゅう恋をやってるぅ YOU KNOW?」浴衣なので、今池店の時ほど激しくなく、みんなちゃんとした振り付けで踊っていたものの、千奈美ちゃんだけ、両手を振っているだけのヘンな動きになってました。で、1コーラス終わったあと、スタッフが集計中に

(司会)自信のある人いますか
ル*’ー’リ<はい。ももは右手と左手に全身全霊の気合を込めました。

と、言ったものの、集計結果は

1位 清水佐紀
2位 夏焼雅
3位 徳永千奈美
4位 須藤茉麻
5位 熊井友理奈
6位 菅谷梨沙子
7位 嗣永桃子

ということで、嗣永桃子ちゃんはダントツビリで、すごく恥ずかしそうにしてました。優勝者の豪華商品は「次回ショップイベントのプロデュース権と、縁日の食べ放題権」とのことでした。

⑦エンディング
最後に再度ゲキハロの告知とコンサートツアー「目立ちたい」の告知があって、ひとりづつ挨拶してイベント終了となりました。

6.感想
ということで、今回はBerryz工房の浴衣姿が見られただけで、大満足したのですが、観客が400人規模になると、騒がしくなってトークが聞き取りづらいとか、お寺のステージは低いので、オールスタンディングだとつらい(それでも、部分的に最前列の人が自主的に前かがみの姿勢になって、後方列の人に配慮してくれることもありました)お寺の柱がじゃまとか、問題点もあったとは思いますが、こうやって新たな試みをどんどんやってくれるのはいいことだなと思いました。次回ショップイベントのプロデュース権は目出度く清水佐紀ちゃんということになったので、改善してほしい点は佐紀ちゃんに伝えるのがいいんじゃないかなと思います。それから、千奈美ちゃんがやたらボケまくってて、目立ってて面白かったです。あと、「流星ボーイ」の告知がまったくなかったのが気になりました。「べりつう」でも21枚目のシングルが出ますとだけ言ってたし、単に発売日が延びたからまだ告知しないだけであればいいのですが、ちょっと気になってしまいました。

2009年9月12日 (土)

煽られてみる・・・

ハロプロの公式ページで、「Berryz工房コンサートツアー2009春 ~そのすべての愛に~」のコンサートの模様を収めた写真集(Berryz工房ver.、ソロver. と8バージョン同時発売中!!)」の締め切りが今晩の24時までということが載っていて、これに煽られて、今、 Berryz工房ver.、清水佐紀Ver、熊井友理奈Verの写真を選び中です。

Berryz工房写真集

この写真集は5月16、17日、東京厚生年金会館の公演の写真が使用されていて、横向きや暗い写真が多いので、正直欲しい写真を選ぶのに苦労するのですが、17日の夜公演以外はものすごい良席でコンサートが見れたので、記念に買おうと思っています。

とくに、この写真集で選べる写真の中で、見逃せないのが清水佐紀Verで、5月16日の夜公演で夏焼雅ちゃんが体調不良で欠席したために「サクラハラクサ」をソロで、気合入れて歌っている写真が含まれていることです。佐紀ちゃんは16日は前髪をあげてなく、17日はあげているので、どっちの公演の写真かは容易に判別できます。なので、特に16日の写真は清水佐紀ちゃんファンにとっては見逃せない写真集だと思います。

写真を選んだあと、「ハロプロ縁日」のレポートに着手します。こちらも満足できたイベントでした。

2009年9月11日 (金)

徳永千奈美ちゃん握手会

今日はBerryz工房・徳永千奈美ちゃんの写真集発売日で、福家書店・新宿サブナード店にて握手会が行われので行ってきました。

2009091101

福家書店・新宿サブナード店の握手会は初めて行ったのですが、新宿の地下街でつい立を立てて行うんですね。上記のように、僕の握手券は集合時間20時となっていたので、19時45分ころに現地に到着するとすでに会場周辺はたむろっているばかりで、握手の行列は短くなっていて、「列が途切れたら握手会は終了となります。」と案内がされていました。まあ、いつものハロプロの握手の経験からすると、800人に1時間はかからないと思っていたので、まあ想定どおりでした。で、川崎で雅ちゃんと千奈美ちゃんの握手会の時に思ったとおり、千奈美ちゃんとの握手は、反応を得るのが難しいなあと思いました。今日は剥がしはきつくなかったですが、なんとなくサクサク流れていく流れが出来てました。今回は複数回ループ握手している人が多かったのですが、みんな千奈美ちゃんとどんな話しているのかなあと、ちょっと気になりました。

と、いうことで握手は一瞬で終了したものの、まあ想定どおりだし、家からけっこう近い場所だったので、特に不満はありませんでした。で、肝心の写真集なんですが、ニコニコ笑顔のかわいい千奈美ちゃんが沢山見られてよかったです。下記のリンク先のアマゾンのレビューも評判いいみたいです。

徳永千奈美

なんだか記事が今ひとつ盛り上がりにかけるので、今日の「べりつぅ!」の話題を書きます。

Berryzニュースヘッドラインのコーナーで千奈美ちゃんが「Berryz工房・キャプテンの清水さんは意外と伸びていた髪を、意外と切っていました。ファンの方とのハイタッチ会でもきづいた人は少なかったようです。」と紹介していました。髪を切ってから初めてファンの前に登場したのが、先日のハロプロ・ミーティングの八王子公演だったそうで、「Berrzのイベントだったら、髪切りましたって言えたけど、モーニング娘。さんがいたから、気を遣って言えませんでした」と、佐紀ちゃんは言ってました。(気を遣ったというわりには、蚊にさされた足を堂々と掻いてたから、髪についてもしゃべればよかったのにと、思うのですが・・・)そして、雅ちゃんに「今までで一番いい!」と言われたそうで、千奈美ちゃんも同意していました。ファンの方できづいた人は少なかったようですと言ってたけど、2階席の僕でもきづいたので、多分多くのファンは気づいたと思います。ただ、僕の場合は、ラクーアベイのイベントのときに佐紀ちゃんに、「長い髪形似合ってるね」って言ったばっかりなので、どう反応すべきか悩んでいるうちに一瞬でハイタッチが済んでしまいました。多分他のファンの人も同様だったんじゃないかなと思います。佐紀ちゃんはしばらくこの髪形を維持するようなので、みなさん注目しましょう!

徳永千奈美

清水佐紀

2009年9月10日 (木)

金曜深夜はテレビに釘付け!

オリコンデイリー・アルバムチャートでビートルズボックス(ステレオ)が3位、モノボックスが6位にチャートインしていて、単品でもアビーロードの11位を最高にトップ30位以内にビートルズのリマスター盤が軒並み登場しており、ビートルズのリマスター盤はものすごい盛り上がりを見せています。高額なボックスセットが普通のアルバムチャートでこんなに上位になるなんて、すごいですね。また、昨日のNHKニュースに出てきた人みたいに、帯付きが欲しいからという理由でバラで買っている人も多いみたいですね。さすが、ビートルズファンは人それぞれ、こだわりがあるようです。僕のこだわりとして、今回のリマスター盤で嬉しかったのが、Past Mastersのリマスターにより、「Thank You Girl」のステレオ・テイクが標準になったことでした。この曲は僕が子供のころに、友達から「From Me To You」のシングル盤を借りて、B面(今でいうカップリング)だった「Thank You Girl」が気に入って、カセットテープに録音して何度も聴いたのが、ステレオ・テイクで、ボーカルにエコーがかかっていて、エンディングや、中間部にハーモニカの音が入っているテイクでした。しかし、CD化のときにPast Mastersに収録された「Thank You Girl」はモノラル・テイクで特にハーモニカが入っていないのがすごく物足りなく残念に思っていました。「Thank You Girl」のステレオ・テイクは実は数年前に発売された「アメリカ盤・キャピトル・ボックス」でCD化されたのですが、今回、全世界的に標準テイクとしてステレオ・テイクが採用されたのがすごく嬉しいです。しかし、ビートルズのCDが発売されてから20年ほど立っているので、僕とは逆にモノラル・テイクが耳に馴染んでいて、エンディングにハーモニカが入っているのに違和感を感じる人もいるかもしれませんね。

パスト・マスターズ vol.1&2

思えば子供のころは、ビートルズのボックスセット買うなんて夢のまた夢で、友達同士でアルバムをダブらないように買って、貸し借りして聴いていたので、こうして、モノ・ステレオの両方のボックスセットを1度に買って、ビートルズのアルバムジャケットを大量に眺めることができるようになったのはすごく感慨深いものがあります。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、明日の深夜はテレビから目が離せません。まずは、

タモリ倶楽部
~リマスターがやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!
 発覚!?ビートルズ47年目の真実』
○放送日時:9月12日(土)0:15~0:45

タモリ倶楽部らしい、マニアックな視点で旧版CDとの聴き比べをやってくれるようなので、すごく楽しみです。そういえば、昨日「カム・トゥゲザー」を試聴していて、空耳アワーの「オール酢こんぶ」(女性のバックの中身をぶちまけるとなぜか、「酢こんぶ」が大量に入っていたネタ)を思い出しちゃいました。空耳アワーもビートルズ特集だと嬉しいのですが、どうなるでしょうか。

そして、タモリ倶楽部で大笑いしたあとは、

よみがえるビートルズ ~THE BEATLES Rebirth~
NHK総合テレビ
○放送日時:9月12日(土) 午前0:55~2:03

ということで、日曜日に放送されたのは前半10分ほどのNHK独自のビートルズガイド(ハイビジョンの高画質で、現在のロンドンやリバプールの街の映像が見れたのでこれはこれで、とてもよかったです。)が放送された分カットされた部分を含めた完全版の登場です。はたして、カットされたのはどんな映像だったのでしょうか?

そしてそして、ビートルズが放送されている時間、テレビ東京に高井亜耶乃ちゃんが登場します!

遠藤淳
テレビ東京
○放送日時:9月12日(土)0:53~1:23

2009091001


前回放送した「手が届きそうなアイドルオーディション」の結果発表が行われるのですが、果たして、我らの亜耶乃ちゃんは7人中の5人に選ばれたのか?アイドルユニットは今後どんな活動をするのか?興味深々です。

なので、テレビ東京が見れる地域の方はぜひどちらかの番組を録画して、遠藤淳、ビートルズの両方を見ましょう。僕のレコーダーは幸い2チャンネル録画対応なので、両方録画することができるのですが、これで、タモリ倶楽部までカブッてしまったらすごく困るところでした。

ということで、金曜日の深夜がとても楽しみです。

BOMB & ヤンヤン

今日は家に帰ると、発送メールよりも一日早く、ビートルズ・モノボックスが到着しました。明日は徳永千奈美ちゃんの握手会参加とか、家を空ける時間が多くなるので、今日のうちに到着してよかったです。

ビートルズのCD発売と同日に雑誌BOMBとヤンヤンが発売されていて、BOMBは真野ちゃんが表紙で、ヤンヤンはBuono!が表紙なので迷わず購入してしまいました。

・ボムオフィシャルサイト

ヤンヤン VOL.8 (2009 NOVEMBER)―ポップアイドルCLOSE UPマガジン (ロマンアルバム)
BOMBの方は書店サイトにまだ画像が載っていないようなので、公式サイトへのリンクを貼っておきました。真野ちゃんは表紙だけでなく、巻頭大特集で撮り卸し写真のみならず子供のころの写真や部屋のイラストやインタビューなど盛り沢山で、ファン必見です。最後の手書きメッセージで「これからもマイペースで頑張りますので、応援よろしくお願いします」と書いてありましたが、ぜひともスタッフさんも真野ちゃんを長い目でじっくり育てて欲しいなと思います。僕としては、インストアイベントで人が集まり過ぎない今くらいの規模で長く続けて欲しいなと思っています。(もちろん近い将来自力でNo1ヒットとなる曲が出たら嬉しいです。)
で、ヤンヤンの方はBuono!の大特集(巻頭17ページ)です。「Take It Easy」の衣装での写真がふんだんに見られ、インタビューもたっぷり掲載されています。雑誌でここまで大々的にBuono!が取り上げられたのは初めてではないでしょうか!こちらにも真野ちゃんの記事も大々的に掲載されていますし、℃-ute、ガーディアンズ4、AKB48なども大きく取り上げられています。表紙に「歌うアイドル応援宣言」と書いてあり、今のところ僕の見たい女性アイドルのニーズに一番合致している雑誌だと思います。

2009年9月 9日 (水)

リマスター盤 発売記念イベントなどなど

リマスター盤の発売で世間がビートルズで盛り上がっているようで、ここまで盛り上がるのは1995年のアンソロジー発売以来じゃないかと思います。子供のころからビートルズファンの僕としてはとても嬉しいです。

と、いうことで今日は休暇を取って、午前中にステレオBOXを受け取ってから、赤坂BLITZで行われていた、「カウントダウン ザ・ビートルズ213 【第1部】:「最新デジタルリマスター盤 全曲試聴」」イベントに行ってきました。このイベントは朝9時9分から開始して、リマスター盤の全曲を場内で試聴するという内容でした。

2009090907

2009090908

場内は出入り自由で、場外ではCD、グッズの販売、幻のアルバム「GET BACK」のジャケットの見本刷りの紙に、タイトルを「GET BACK」から、「LET IT BE」へ変更するという手書きの指示がかかれたものとか、貴重品の展示がありました。場内のステージにはへフナーのベースギター(ポール)、グレッチのギター(ジョージ)、リッケンバッカーのギター(ジョン)、バスドラに「The Beatles」のロゴが描かれたドラムセット(リンゴ)が置かれており、スクリーンに試聴中の曲の歌詞が投影されていました。僕が入場したころには試聴はすでに、「The Beatles(ホワイトアルバム)」の昔で言うD面まで進んでいて「レボリューション1」の途中から入場しました。大きな会場で、大音量で聴くビートルズは楽しく、「レボリューション9」のコラージュ音が左右にぎゅんぎゅん飛びまくるのはすごく心地よかったです。「レボリューション9」は初めて聴いたときは「なんじゃこりゃ?」と思うような不思議な曲なのですが、その後ヘンな曲を沢山聴いてきたせいか、すごく自然に楽しめるようになりました。で、その後「イエローサブマリン」のビートルズの曲部分のみが試聴され(ジョージマーティン・オーケストラの演奏は時間の都合でカットとのこと)、次にアビーロードの試聴となったのですが、1曲目の「カム・トゥゲザー」のリンゴスターのドラムがすごい迫力で、バスドラのペダルを踏むときのペダルがきしむ音まで聞こえてくるような感じでした。「リンゴのドラムって、こんなに迫力あったんだ!」と思いしらされ、リマスターの効果を今日一番感じた瞬間でした。で、「アビーロード」の全曲試聴が終わって、「レットイットビー」の試聴になったところで、会場を出ました。会場は484人のキャパのところに半数以上席が埋まっていたので、常時300人くらいが、試聴していたと思います。

試聴が終わって渋谷のハロショで亀井絵里ちゃんとリンリンのトークショーを見るために予約した写真を受け取って、その後、渋谷のタワーレコードに言ってみたのですが、1階のフロアの半分以上がビートルズコーナーになっていて、CD以外に各種グッズも売っていて、店員も全員ビートルズのTシャツを着ていて、まるでビートルズ専門店のようになっていました。

こんな感じでビートルズでかなり盛り上がっています。本当は今晩行われるタワーレコード新宿店でのコピーバンド演奏も見ようかなと思ったのですが、「アビーロード」の試聴が思った以上に感動したので、パスして帰ってきました。リマスター盤を聴くたびに、また新たな発見がありそうで、とても楽しみです。

ザ・ビートルズ・ボックス
【追記】21時20分ころから約8分にわたり、NHKニュースでリマスター盤の話題が放送されました。山野楽器での0時発売の様子、赤坂BLITZのイベントの様子などが放送され、ビートルズマニアの人がリマスターの音の感想を熱く語っているのに、ついていけていない取材の人が面白かったです。リマスター盤は2ヶ月で200万枚の売り上げが見込まれているそうです。さすがビートルズですね!

ステレオ盤BOXセット到着!

自宅にステレオ盤BOXセットが到着しました。

2009090906 2009090905

BOXセットは左側の写真のように、厚紙の筒から抜きだすとBOXが現れる仕様になっています。こういうBOXものの日本語帯の扱いにはいつも困るのですが、これから開封される方は、帯が厚紙にくっつくようにうまく、包装のビニールを残しつつ開封した方がいいかもしれません。ボックスを開けると、右の写真のようにCDを2段に収納するようになっています。CDのパッケージはデジパックと聞いていたのですが、3面折りたたみ式の紙ジャケットでした。また、付属のDVDミニドキュメンタリーは全体で50分程度で、先日NHKで放送されたのと同様の内容で、ただ、日本語訳がずいぶん違う(NHKの方が丁寧?)印象を受けました。まだ12月12日の完全版の放送を見ないとなんとも言えませんが、DVDミニドキュメンタリーはあまり価値ないかもといった感じです。これなら、ステレオBOXも輸入盤で安く買った方がいいかもという気がします。肝心の音の方は・・・現在じっくり聴いているところです。モノラルBOXの方は9月11日発送予定ということで、しばらく待たねばならないのですが、そんなにいっぺんに全部は聴けないので、それまでじっくりステレオ盤を聴きまくろうと思います。

ビートルズ・リマスター盤発売開始!

本日各所で午前0時にビートルズ・リマスター盤の発売があるということで、新宿のタワーレコードに行こうと思っていたのですが、同じく新宿にあるディスクユニオンも午前0時から販売するということで、こちらの購入特典が目にとまってしまいました。

★特典★
『ビートルズ・リマスター聴き比べ試聴会参加チケット・プレゼント』
今回のビートルズ・リマスター盤発売記念イベント「ビートルズ・リマスター聴き比べ試聴会」を9月19日(土)にオーディオ・ユニオン新宿店にて開催いたします。
音楽評論家で「ビートルズ大学」学長としてもお馴染みの宮永正隆氏をお招きして
リマスター盤と従来盤、更には英国オリジナルLPや各国盤など
アナログ・フォーマットも含めて徹底比較して頂きます!!
新宿本館1Fロックフロアにてビートルズ・リマスター商品をお買い上げのお客様で
参加ご希望の方、先着30名様に「参加チケット」をプレゼント!!
※お買い上げの際に「試聴会参加希望」の旨をスタッフまでお申し付け下さい

ということで、このイベントは

今回のリマスター盤をはじめ、天下のディスクユニオンが誇る膨大な中古アナログ・コレクション(英国初回プレスはもちろん、世界各国の高音質盤・レア盤)から厳選したものを聴き比べていく…まさにビートルズ・ファンにとって夢のイベントです。
しかも今回のみの再生機材として用意されるのは、系列店オーディオユニオンが総力を挙げて最高機材で組んだオーディオ・システム、機材総額1000万円とのこと。
まさに体験するしかない「体験」。耳の至福。

ということで、なんだかすごそうなイベントだということはわかっていただけるんじゃないかと思います。僕はこのイベントの存在自体は知っていててっきりもう予約受付終了と思っていたので、あきらめていたのですが、今日とりあえず行けば参加できそうだということがわかったので、「野次馬モード」から「購入モード」になって新宿に向かいました。

で、新宿に22時45分ごろに着くと、並んでいる人は2人だけだったのですが、とりあえず並んで待ってようと思ったら店員さんが23時ごろに整理券を配ってくれて、23時50分に再度集合ということになって、長時間並ばずに済みました。以下は23時10分ごろの店の前の写真です。

2009090901

で、再度店の前に並ぶと大体20名くらいの列になっていて、店員さんからクラッカーが渡され、店員さんのカウントダウンとともに、一斉にクラッカーを鳴らして、地味に盛り上がりました。深夜0時から1時の間は予約なしでもリマスター盤の他にビートルズグッズも10%引きということだったので、せっかくなので、ついでに、下記の「レットイットビー発売40周年記念カレンダーを」買いました。

BEATLES ビートルズ / LET IT BE 40TH ANNIVERSARY 2010 CALENDAR

リマスター盤はとりあえず、「アビーロード」の輸入盤を買いました。購入後、タワーレコードの販売所の前を通りかかったら、こっちの方が人が多い感じでした。

2009090902

2009090903

通りかかると店員さんが、「今時間のない方も、明日の朝8時から販売しますので、出勤前にお買い求めいただくことができます」と一生懸命宣伝してました。こんな感じでお店側のビートルズCD販売に対する並々ならぬ気合が伝わってきました。夜明け以降も、今日はいろいろイベントがあるようなので、盛り上がることを期待したいです。

2009年9月 8日 (火)

ハロプロ合同コンサート

今月のハロプロのファンクラブ先行予約受付には早くも来年のハロプロ合同コンサートの申し込みが含まれています。公演日程は以下のとおりです。

2010/01/02(土) 東京都 中野サンプラザ 開場 17:00 開演 18:00
2010/01/03(日) 東京都 中野サンプラザ 開場 10:30 開演 11:30
2010/01/03(日) 東京都 中野サンプラザ 開場 14:00 開演 15:00
2010/01/03(日) 東京都 中野サンプラザ 開場 17:30 開演 18:30
2010/01/04(月) 東京都 中野サンプラザ 開場 13:00 開演 14:00
2010/01/04(月) 東京都 中野サンプラザ 開場 17:00 開演 18:00
2010/01/09(土) 東京都 中野サンプラザ 開場 13:00 開演 14:00
2010/01/09(土) 東京都 中野サンプラザ 開場 17:00 開演 18:00
2010/01/10(日) 東京都 中野サンプラザ 開場 12:30 開演 13:30
2010/01/10(日) 東京都 中野サンプラザ 開場 16:30 開演 17:30
2010/01/16(土) 大阪府 大阪厚生年金会館 開場 14:00 開演 15:00
2010/01/16(土) 大阪府 大阪厚生年金会館 開場 17:30 開演 18:30
2010/01/23(土) 愛知県 中京大学文化市民会館 開場 14:00 開演 15:00
2010/01/23(土) 愛知県 中京大学文化市民会館 開場 17:30 開演 18:30

中野サンプラザ公演だけでも、10公演あります。僕は合同コンサートは各ユニットのコンサートのダイジェスト版で、なおかつチケット代もちょっと割高だと思っていて、ずっとスルーしてきたのですが、今年冬の「革命元年」のDVDを見て、特にモーニング娘。に矢島舞美ちゃんと菅谷梨沙子ちゃんが加わった「みかん」と亀ちゃんとさゆみんがBerryz工房に加わった「恋の呪縛」がすごくよかったので、こんなにすごいことやってくれるなら見に行こうと思って、今年夏の合同コンサートを初めて見に行きました。

で、行って見て、ハロプロメンバー全員が歌い踊る部分はすごく豪華だなあと思ったものの、豪華すぎて、見たいメンバーが色々な場所に分散するから、とてもすべて見きれないので、肉眼でメンバーが見える席でなければ、1度生でみれば、あとはDVDで十分かなと思いました。そして、期待した特別企画も、正直チャンプル・ユニットにはがっかりしました。普段は(ハロプロはネットで言いがかり的な悪口を書かれることが多いので)ハロプロにひいき目で記事を書いている僕ですが、チャンプル・ユニットは酷評せざるを得ないものでした。ユニットメンバーの選択にセンスや必然性が感じられず、過去のユニット名の使いまわしもすごい手抜き感がありました。これなら、Buono!のDVD企画限定のBello!(熊井友理奈ちゃん、矢島舞美ちゃん、梅田えりかちゃんの高身長でモデル体系の3人組。そういえば、昔加護ちゃんが、「デカモニ」作りたいって言ってたことがあったのを思い出しました。5期メンバーオーディションの時だったかな?)の方がよっぽどセンスもいいし、わかりやすい魅力的なユニットだと思いました。まあ、ハロプロファンはその場に居合わせた地方のゆるキャラでさえも大声援を送ってしまうほど、優しい人の集まりなので、どんな組み合わせのユニットが出てきても、それなりに盛り上がるのですが、だからといって、ハロプロのスタッフさんはそれに甘えてちゃだめだと思うのです。ファンの想像している以上のものを提供して、チケット代以上の満足感をファンに与えてやろうといった気概を持って取り組んでもらいたいものです。

で、「じゃあオマエだったらどんな企画だと満足するんだ」と自問自答してみたのですが、僕ならばこんな企画を見てみたいです。

①真野ちゃんのピアノのみの伴奏でハロプロメンバーが歌う

真っ先に思いつくのがBuono!の「君がいれば」です。他にもリンリンの独唱もいいかもしれません。ピアノのみの伴奏だと実力が試されますし、毎回生演奏、生歌になるので、ごまかしが効かないので、いい緊張感につつまれて、手作り感もあっていいと思うのですが、どうでしょうか?

②セクシーダンス対決

曲は「It's You」か「夏DOKI リップスティック」あたりで、ダンスのうまい高橋愛ちゃん、亀井絵里ちゃん、清水佐紀ちゃん、中島早貴ちゃんがセクシーダンス対決をするというのはどうでしょう?誰が一番ファンの視線を集めることができるか、対決ムードを煽ると盛り上がると思うんですけどね。

③20分限定でユニット単位の企画をやる

モーニング娘。Berryz工房、℃-ute、真野恵里菜+ハロプロエッグで、20分の時間制限を与えて、それぞれのメンバー自身でその20分を使って何をやるか考えて披露するというのはどうでしょうか?20分の時間枠をめいいっぱい使ってどうやれば自分のユニットが一番目立つか。メドレー形式で代表曲を沢山詰め込むか、あえて隠れた名曲をフルコーラスでやるとか、トークやコール&レスポンスをふんだんに盛り込むとか、アイディアによって色々なことができるので、ユニット毎に個性が出て面白くなると思うのですがどうでしょうか?

と、書いてみると、僕が合同コンサートに期待したいのは対決色を強めてほしいということのようです。「ハロプロミーティング」でも高橋愛ちゃんが、「みんな仲間だけど、ライバルでもある」と言っているように、個々のユニットまたは個人が合同コンサートで実力を見せつけて切磋琢磨するのはいいことだと思うのです。

ということで、冬の合同コンサートは見に行こうかどうしようかすごく迷っているのですが、やっぱり期待を込めて、2公演くらいは見にいこうかなと思っています。

上記の要望はなんらかの形でファンクラブへ伝えようと思っていますが、みなさんは合同コンサートではどういった内容が見たいですか?

2009年9月 7日 (月)

究極のビートルズ本到着!

9月9日のリマスター盤CDより一足早く、「ザ・ビートルズ・レコーディング・セッションズ完全版」が自宅に到着しましたが、期待以上の仕上がりに喜んでいます。

2009090701_2   

写真左が完全版で写真右が旧版(1990年7月20日初版)なのですが、今回はサイズがA5版からB5版に大きくなって、それに伴い、文字が大きくなり、レイアウトにも余裕ができたため、文章中に写真が満載となり、よりわかりやすい内容になっています。例えば、1967年3月30,31日のレコーディング記録は旧版だと以下のように文字だけなのですが、

2009090703

完全版だと、

2009090702_2 

レコーディング風景の写真(リンゴがドラム叩いているところ、とジョンがドラム叩いて(遊んで?)いるのをポールが撮影)が挿入されています。

また、今回はカラー写真も少しついていて、昨日のNHKの特番でも流れた「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」のジャケット写真の別テイクが見れます。

2009090704

また、注目された加筆部分なのですが、本文は原版そのままに括弧書きで新情報が加筆されているのが基本のようです。例えば、ジョンレノンの「What's The New Mary Jane」については、「現時点で未発表」と本文に書いてあって括弧書きで「「アンソロジー3」に収録」と書かれているような感じです。この本のすごいところは当時のレコーディングの様子がすごく生々しく書かれていて、例えば昨日のNHK特番で、ファーストアルバムのレコーディングは1日(1963年2月11日)で行われ、ジョンレノンが最後に歌った「Twist And Shout」がすごかった、ってやってたけど、この本では、レコーディングが夜の10時45分に終了して、レコーディングエンジニアが「これ以上遅くなると地下鉄の終電に間に合わなくなって、明日の朝9時の出勤に間に合わなくなる」といって早く帰りたがっていたのを、ビートルズのマネージャーのブライアンエプスタインが「もう一回プレイバックしたら、車で自宅まで送ってやる」といって引き止めたなんて、妙にリアリティーのある話が載っているので、もう全ビートルズファン必見の内容だと思います。廃刊になった旧版を買い逃した方はぜひ買いましょう。税抜き定価も2,913円から2,800円とわずかに値下げしています。

ところで、最近僕はこうした、よく読むけど、あまり汚したくない本にはクリアーフォルダーで作ったブックカバーを付けています。下の写真はちょっとわかりづらいですが、旧版用と完全版用の自作ブックカバーを重ねたものです。クリアーフォルダーの元からの折り目を利用し、本のサイズに合わせてクリアーフォルダーをカッターで切って、本を挟む部分の折り目をカッターで軽く付けて作りますが、クリアーフォルダーは100円ショップで安く購入できるし、透明で中身が見えて、かつ丈夫なので、とても気に入っています。

2009090705

【9/8追記】
クリアーファイルではなくて、クリアーフォルダーが正しい呼び名のようなので訂正しました。また、ブックカバーの作成手順がわかりやすいページへのリンクを貼っておきます。(リンク先もクリアーファイルって書いてますが・・・)

・余ったクリアファイルで作る「防水ブックカバー」

2009年9月 6日 (日)

ハロプロ・ミーティングDVD

今週は特になんのイベントもなく、家でのんびり過ごしてました。今週はハロプロ関連ではハロプロ・ミーティングの大阪公演があり、日曜日に名古屋でモーニング娘。の「なんちゃって恋愛」CD発売イベントが行われましたが、両方とも、東京で行ったイベントと基本的な構成は同じようでした。ハロプロミーティングの方はどんな発言が飛び出したか、興味深いところなのですが、断片的な情報では、どんな雰囲気で発言が行われたのか不明なので、よくわからないです。ただ、「今までにないイベントやるとしたらどんなことやりたい」の議題のときに嗣永桃子ちゃんが、「ファンの人にステージで踊ってもらって、自分が客席から、「もーもこ、オイ!」ってやりたい」と発言したそうです。前日のBuono!イベントでヲタ芸やるのが楽しくなっちゃったのかもしれませんね。Berryz工房のファンの人は振りコピが上手な人多いので、「ファンの集い」で実現させても面白いんじゃないかなと思ったのですがどうでしょうか?

ところで、ハロプロ・ミーティングの会場ではDVDが発売されていたのですが、これはハロプロメンバーが「チャレンジしたいこと」について語る部分と、会場で販売された生写真の撮影風景(数秒)が全メンバー分の合計60分の内容になっていました。

2009090601

ただしゃべっているだけと、写真撮影風景だけなので、ものたりないかなあと思ったものの、トークの主題がポジティブかつ具体的な内容なので、僕は楽しめました。以下に各メンバーの発言内容について、記載して、気になる内容についてはちょっとコメントしてみたいと思います。なお、このDVDの収録は話の内容から想像すると今年の5月前後に行われたようです。

・モーニング娘。

高橋愛
世界に通用するモーニング娘。になりたい!
ハロプロのリーダとして威厳を出したい!

丁度昨日LAでのドキュメンタリー番組を見たばかりなので、ぜひとも頑張って欲しいなという気持ちになりますね。

新垣里沙
家庭的な女性になりたい!

亀井絵里
ファッション雑誌に出てみたい!
昔から思っていたとのことなので、テキトー言っているわけではないようです。亀ちゃんならばファッション雑誌でも十分いけると思うのでぜひ実現してほしいです。

道重さゆみ
1人でラジオの生放送をやりたい
マネージャさんをヒヤヒヤさせるような失言なく、生放送をやりたいとのこと

田中れいな
1人でライブハウスでライブがしたい!
カラオケが好きなのでカラオケでよく歌っている曲をファンに披露したいとのこと

久住小春
ライブで飛びたい!
遠い席の人も近い人も同じ料金を払っているから、遠い席の人の近くに(空中を飛んで)行きたいとのことで、ライブでも特にファンをよく見ていてレスの多い小春ちゃんらしい、いい意見だなと思いました。

光井愛佳
写真集を出したい!

ジュンジュン
フランスに行きたい!
ドラマや映画、CMに出てみたい!

リンリン
毎日、納豆を食べ続けたい!
金髪にしてみたい!
グルメ番組をやりたい!

・Berryz工房

清水佐紀
Berryz工房で47都道府県ライブをやりたい!
(仕事以外では)料理の腕を磨きたい!
「DVDの企画でカレーを作っているのを見たことがあるんだけど料理は苦手そうだったよね?」とのテロップが入り、危機感を感じてるのでなんとかしたいとのこと

カレーをまずく作る方が難しいように思うのですが・・・。先日、とあるハロプロファンの人と、真野ちゃんがファンの人に手作りのドーナツを手渡しした話をしたら、「それが佐紀ちゃんだったら、怖くて食べられないよ!」と言われてしまいました。なので、ぜひとも頑張ってもらいたいものです。

嗣永桃子
ギターが弾けるようになりたい!
特に「蝉」を弾けるようになりたい!
(仕事以外では)特技や趣味を見つけたい!

マイギターを披露してから、いまだ「かえるの歌」しか披露していない嗣永桃子ちゃんなので、そろそろ本気だしてギター弾いてほしいところですね。

徳永千奈美
ファッション雑誌に出たい!
(仕事以外では)英語が話せるようになりたい!

須藤茉麻
色々な仕事に1人で挑戦してみたい!
ラジオとか雑誌とか
(仕事以外では)左手で字が書けるようになりたい!

夏焼雅
武道館でBerryz工房単独ライブをやりたい!
(仕事以外では)洋服やアクセサリーのデザインをしてみたい!

熊井友理奈
まだ行ったことのない所でイベントなどをして、Berryz工房をもっと知ってもらいたい!
(仕事以外では)字がうまくなりたい!

熊井ちゃんは、今でも丁寧できれいな字を書くなあと思うのですが、すごく意欲的ですね。

菅谷梨沙子
ドラマや舞台に出て演技をしたい!
(仕事以外では)水墨画をやってみたい!

Berryz工房のメンバーはみんな、もっと沢山の人にBerryz工房のことを知ってもらいたいという意欲が強いようです。なので、来年の夏はぜひとも今年の夏の真野ちゃんみたいに、九州や北海道を飛び回ってキャンペーンをやって欲しいと思いました。

・℃-ute

梅田えりか
バラエティに挑戦したい!
(仕事以外では)愛犬のグッズをデザインしたい!

矢島舞美
フルートに挑戦したい!
お母さんが吹奏楽部でフルートやっていたので、フルートの練習をしていて、いつか披露したいとのこと
演技に挑戦したい。

中島早貴
演技に挑戦したい!
(仕事以外では)料理にチャレンジしたい!

鈴木愛理
ミュージカルに挑戦したい!
(仕事以外では)お裁縫に挑戦したい!
女の子らしいことがしたいとのこと

岡井千聖
体力づくりを頑張りたい!
(仕事以外では)勉強を頑張りたい!

萩原舞
サーフィンに挑戦したい!
楽器に挑戦したい!(トランペットかピアノ)

・真野恵里菜
舞台に挑戦したい!
(仕事以外では)スポーツをしたい!

舞台は早くも11月に実現することになりましたね。しかも、「ハローキティ」が人間に恋したために人間の姿になったのが、真野ちゃんということで、超人気キャラクターの役をやるので、プレッシャーも大きいと思うのですが、真野ちゃんならきっといい演技してくれるんじゃないかなと期待しています。

ということで、ハロプロが新体制になって1年目ということで、みんな意欲的な発言が多くて、僕としてはとても楽しめるDVDでした。

2009年9月 5日 (土)

モーニング娘。特番 Buono!イベント などなど

落選してしまった昨日のBuono!「Take It Easy」CD発売記念イベントの情報をチェックしてみたのですが、想像どおりのすごく楽しめる内容だったようです。セットリストは以下の通りです。

Take it easy
みんなだいすき
ゲームコーナー
KISS!KISS!KISS!
(ゲームコーナーの敗者は客席にて応援)
泣き虫少年
ワープ

「MY BOY」イベントと比べると1曲少ないですが、それでもハロプロの他のユニットのイベントと比べて曲数は多いです。で、ゲームコーナーは「MY BOY」イベントで3連敗してしまった雅ちゃんが、雪辱を果たすべく、同じゲームで、雅ちゃんが有利なお題で、行われて1回目は桃子ちゃんが、負けて、2回目は雅ちゃんが負けてしまったそうです。2回目では、「Berryz工房のメンバーの誕生日」のお題が出て、全員正解して、お題を引いた雅ちゃんが、負けになったそうなのですが、愛理ちゃんがスラスラと回答して、「すごいね」って話になったら、愛理ちゃんが、「だってキッズからずっと一緒じゃないー」と言って、桃子ちゃんが、「何良いこと言っちゃってるの愛理」って言ったそうです。また、今回の罰ゲームは「KISS!KISS!KISS!」の時に客席でサイリウムを持って、ステージで歌っているメンバーを応援するということで、1回目の公演で負けた嗣永桃子ちゃんはサイリウム持ってぴょんぴょん飛び跳ね(推しジャン?)たり、愛理ちゃんに向けてひざまずいて両手を差し出す(ロミオ?)ヲタ芸をやって、愛理ちゃんが吹き出してしまって歌詞をちょっと飛ばしてしまったそうなのですが、こうやって書いているだけで、容易にその光景が想像できるので、やっぱり見たかったなあと改めて思います。こんな感じで、Buono!のイベントは僕が体験した他のハロプロユニットのCD発売記念イベント(僕は℃-uteのみまだ未体験なのですが・・・)より突出して内容が充実していると思うのですが、CD発売イベントの内容って誰が決めてるんでしょうかね?一応、上記の説明の補足として、前回の「MY BOY」CD発売イベントのリンクを貼っておきます。握手会は今回もステージで行われたそうです。同じ山野ホールで行われたイベントでもBerryz工房はロビーで握手会だったのですが、この差もどうしてできるのか?ステージで握手会行う方が待っている人も退屈しないで済むので、絶対いいと思うんですけどね。

・Buono! 「MY BOY」発売イベント

ところで、今日テレビ東京で放送された「モーニング娘。アメリカ初上陸ライブ」はみなさんご覧になられたでしょうか?DVD並の画質を地上派デジタルのフォーマットにアップコンバートした映像のようなので、あまり画質がよくなかったのが残念ですが、久々にテレビでモーニング娘。を堪能できてよかったです。ライブのみならず、LAでのQ&A会やサイン会の様子も放送されてましたが、すごく羨ましかったですね。Q&Aはトークショーイベントで最近実現しはじめていますが、サイン会も日本でもなんらかの形で実現して欲しいです。また、父親に抱きかかえられた幼女が「さゆみん!」って言ってたり、白人のおじさんが「うさちゃんピース」をやっているのには素直に感動しました。「うさちゃんピースを世界に広めたい」というさゆみんの野望は実現しつつあるようですね。

また、番組中にマーティ・フリードマン氏(元メガデスのギタリスト)のコメントが放送されて、アメリカでは大人になると、かわいいものが好きなのがみっともないとするような風習があるので、日本のアニメや女性アイドルなど、かわいいものを新鮮に感じてるんじゃないかという趣旨のことを言ってましたが、なかなか重要なポイントだなあと思いました。海外の文化で「かっこいい」とか「すごい」というものは多く入ってくるものの、「かわいい」というようなものはあまりないような気がします。ビートルズも出た当時は大人から騒音だと毛嫌いされたそうです(さすがにビートルズの現役時代は僕も知らないのですが・・・)が、日本の女性アイドルのような「かわいい」ものも、「大人だってかわいいものが好きでもいいじゃん」というように欧米でも新鮮に受け入れられてるのかもしれないなあと、ちょっと思いました。

それで、話はBuono!に戻るのですが、上記を踏まえて改めてBuono!のファーストアルバム「Cafe Buono!」を聴いたのですが、Buono!のやっている「かわいいロック」(けいおん!もそうですが・・・)は実はものすごく斬新なものなんじゃないかなあという気がしてきました。

Cafe Buono!(初回限定盤)(DVD付)
Cafe Buono!

1曲目の「Cafe Buono!」は真野ちゃんの「世界はサマーパーティ」みたいに、典型的なモータウン調の曲なんですが、出だしからいきなりラウドなドラムで始まり、ギンギンに歪ませたギターの激しいカッティングが入るといった、かなりハードで過激なアレンジであり、それでいて歌詞はかわいく、かわいいセリフが挿入されたりして、激しくてかわいいロックになっています。そして、「泣き虫少年」、「恋愛ライダー」、とノリノリの曲が続いて、このアルバムはハロプロファンの間では「捨て曲ナシの名盤」とかなり評判になりました。この、斬新な「かわいいロック」はハロプロファンのみならず、洋楽ロックを好んで聴いている人たちにもぜひ聴いて欲しいなと思います。アマゾンではDVD付きの初回限定盤はちょっとだけプレミアが付いていますね。ファンとしては数年後にパフュームみたいに大ブレイクしてもっとプレミアが付くと、ちょっと嬉しかったりするのですが・・・

2009年9月 4日 (金)

ビートルズ・リマスター盤・発売間近

9月9日に全世界一斉発売となるザ・ビートルズのリマスター盤CDの発売が間近となり、音楽雑誌等でビートルズの特集が組まれ、にぎやかになってきました。通常CDは発売日の前日に販売店に到着して、発売日前日から店頭販売されることが多いのですが、ビートルズについては、「9月9日まで発売するな」とのお達しが全国的に出ているようで、9月8日に店頭に並ぶことはなさそうです。そのかわり、タワーレコードの新宿店・渋谷店等の一部の店では9月9日の午前0時に、「全世界最速発売!」と謳った発売イベントを行うようです。

僕はステレオ盤BOXセットと、モノラル盤BOXセットの両方を予約済みなのですが、ステレオ盤は付属のドキュメンタリーDVDの日本語字幕入りがよいと思ったため、日本盤にして、モノラル盤は国内盤と輸入盤の差が解説や歌詞の日本語訳の有無しかないので、輸入盤にしました。モノラル盤は生産国は日本ということで、日本で製作したのを輸出して、再度輸入したものを買うことになるのに、国内盤より1万円以上安く買えるという不思議なことになってます。国内盤・輸入盤の仕様の違いは以下の画像のリンク先のHMVのサイトに詳しく掲載されています。

Beatles

いろいろ通販店を見ると、ステレオ盤BOXは結構値引きされているものの、モノラル盤BOXの国内盤は初回生産限定ということで、強気の価格設定が多いようです。そのため、モノラル盤BOXセットの輸入盤は人気が高く、もう予約を締め切ったところが多いようです。結局僕はステレオ盤BOXを28,000円、モノラル盤BOXを24,000円程度で買えたので、両方で6万円弱で買えたので思ったよりも安く買えたなあと思っています。

今日は「コンプリート・ビートルズ リマスターCD公式ガイド」が発売されましたが、さすがファンクラブが製作しただけあって、写真満載で、文章も初心者向きでわかりやすさ重視であるものの、ところどころに新説や、リマスター盤の音の解説もあり、マニアの人もちょっと楽しめる内容になっています。とりあえず現時点ではリマスターCDを楽しむためのガイドブックとしては一番出来がいいかなと思っています。あとは、何度も紹介している「ビートルズレコーディングセッション」の改訂版に期待したいです。

コンプリート・ビートルズ リマスターCD公式ガイド
ザ・ビートルズ レコーディング・セッションズ完全版

あと、注目の情報としては、英国BBCテレビが9月5日に放送する最新ドキュメンタリー番組「THE BEATLES IN THE STUDIO」をNHKが9月6日に放送するとの情報が入ってきました。

『よみがえるビートルズ ~THE BEATLES Rebirth~(仮)』
NHK総合テレビ
9月6日(日) 午後5:00~6:00
9月12日(土) 午前0:55~2:03
※12日(11日(金)深夜)の放送は、本編が58分サイズの完全版

ということで、これは絶対見逃せないですね。

2009年9月 3日 (木)

おじぎでシェイプアップ!DVD

今日は会社帰りに福家書店・新宿サブナード店に行って、徳永千奈美ちゃんの写真集を予約購入して、握手会整理券をもらってきました。僕が買ったときには整理券は800番台の中盤で集合時間は20:00となっていました。店頭の表示では980番まで整理券配布するようなので、多分今週末の早い段階でなくなると思いますので、迷っている人は急いだ方がいいかもしれません。今回購入するときに店員さんに「何枚ですか?」と聞かれましたので、複数冊購入して握手ループする人が多いようです。今回は複数冊購入特典とかサイン入りとかの特典は一切なく、特典は握手できるだけにもかかわらず、これだけの枚数がこんなに早く売れるとは、まだまだハロプロファンは根強いなあと思います。

ところで、今日、6月に行われた舞台「おじぎでシェイプアップ!」のDVDがアマゾンから到着したので、早速見ました。

舞台「おじぎでシェイプアップ!」 [DVD]

この舞台はモーニング娘。の6期メンバーと高橋愛ちゃんが出演していて、ニコニコ笑顔でボケまくる亀ちゃんに、きゃぴきゃぴのさゆみんと男前のれいなちゃんに、しっかり者の愛ちゃんと、モーニング娘。でのイメージそのまんまのキャラクターがたっぷり見れて楽しい舞台だったので、DVDもすごく楽しく見れました。特に6期メンバーのファンは必見だと思います。舞台を見た直後には、僕は以下のような記事を書いてました。

・おじぎでシェイプアップ その1

・おじぎで、シェイプアップ その2

過去の記事にも書いたように、舞台の音量が小さいため、DVDに収録されている音声も音量が小さくなっています。また、このDVDにはアフタートークショーも収録されていて、僕が見た回とは違う回のものが収録されていて、この回のアフタートークはハロプロエッグの2人(竹内朱莉/宮本佳林)がゲストで登場しています。なので、ハロプロエッグファンも注目の内容だと思います。

2009年9月 2日 (水)

盛り下がる話題 などなど

今日はBuono!の「Take It Easy」CD発売記念イベントの当落発表日だったのですが、さすがに1日2公演のみの開催に対して、通常盤、限定盤の2枚購入では厳しかったようで落選してしまいました。前回の「MY BOY」イベントが2枚購入で当たったのが幸運だったんだと思います。でも、12月に東名阪ツアーがあるので、こちらを楽しみにしたいと思います。

また、真野ちゃんの『この胸のときめきを』発売記念イベントの概要が昨日発表されたばかりなのに、早速内容の変更が発表されました。「スケジュールの都合によりハロプロエッグ選抜メンバーの出演は無くなりました、ご注意ください」ということで、結構重要な変更通知です。真野ちゃんのイベントにはハロプロエッグ目当てのファンも多いので、これでイベント申し込みをする人が少し減って競争率が少しは低くなると思われるものの、その分限定盤CDの売り上げが確実に減るんだろうなあと思うと、ちょっと複雑な心境です。

また、Berryz工房の新曲「流星ボーイ」のシングルCD発売が10月28日から11月11日に変更になったようです。そのかわり、モーニング娘。の新曲「気まぐれプリンセス」の発売が10月28日に入って来ました。どうも他のユニットに比べてBerryz工房のシングル発売間隔が長すぎるような気がするのですが、カップリング曲も「私の未来のだんな様(仮)」で両A面の予定だったのが、どうもはっきりしないし録り直しとか発生したのでしょうか?ちょっと気になります。

新曲発表された、モーニング娘。なんですが、10月7日には「モーニング娘。 全シングル カップリングコレクション」の発売が予定されていて、これは結構楽しみです。最近は「その場面でビビッちゃいけないじゃん」とか「3,2,1 Breakin'Out!」のようなお気に入りの曲も多いし、カップリング曲がコンサートで選曲されることも多い(例えば、「恋愛レボリューション21」のカップリング曲の 「インスピレーション!」は昨年秋のリゾナントライブで初めて聴いたのですが、とっても気に入っちゃいました)ので、まとめて聴けるのは嬉しいです。こうした、昔風にいえば「B面コレクション」のようなアルバムがリリースされるのは大物の証だと思うし、カップリング曲も手抜きなしでやってきた自信のあらわれなのではと思います。ただ、このアルバムはCD3枚組で限定盤と通常盤の2種類が発売されるようなのですが、どういう違いがあるのか、いまのところ不明です。

ということで、なんだかはっきりしない話題ばっかり書いてしまったので、最後に発売済みの「映像 ザ・モーニング娘。5 シングルMクリップス」の紹介をします。

映像 ザ・モーニング娘。5~シングルMクリップス~ [DVD]

このDVDは「リゾナントブルー」から「なんちゃって恋愛」のPVが様々な特典映像付きで収録されています。いままでのこのシリーズは8~10曲程度のシングル曲で構成されていたので、収録曲数がちょっと少ないように思われますが、「なんちゃって恋愛」の2ヴァージョン+メイキング映像と、「3,2,1 Breakin'Out!」の2ヴァージョン(1つは短縮ヴァージョンですが・・・)+メイキング映像が含まれているので、通常のシングルV2枚にオマケが沢山ついていると思えば、けっこう割安感があります。例によってアマゾンで買えば19%オフで送料無料なので、このDVDはオススメです。「3,2,1 Breakin'Out!」は曲も衣装も大のお気に入りなので、「3,2,1 Breakin'Out!」ばっかり何度もリピートして見ています。

2009年9月 1日 (火)

千奈美ちゃん写真集 & 真野ちゃんイベント情報

寒かったり暑かったり寒暖の差が激しくなる季節になりましたが、今日は職場の空調が効きすぎて寒く、くしゃみしている人が続出してました。なんか、イヤな予感を感じてしまいました。

それはさておき、ついに、いつもニコニコ笑顔がかわいいBerryz工房の徳永千奈美ちゃんの初写真集の発売が決定し、握手会の開催も決定しました。

・徳永千奈美さん握手会

徳永千奈美

【日時】 9月11日(金)19:00~
【場所】 福家書店 新宿サブナード店
【整理券配付について】
・配付開始日→9/2(水)から
・配付枚数→店頭配付800枚
・配付は、新宿サブナード店店頭のみとなります。
・配付は、お一人様1枚とさせていただきます。
・配付時に、商品代金を頂戴いたします。

ということで、明日から整理券配布のようです。千奈美ちゃんが写真集出すことで、いよいよBerryz工房でまだ写真集出していないメンバーはキャプテンの清水佐紀ちゃんのみとなりました。今年になって、立て続けにBerryz工房メンバーの写真集が発売されているので、この流れでは今年中に佐紀ちゃんの写真集が出ないことはないと思うのですが、どうでしょうか?しんがりとなるキャプテンの写真集はものすごくいい写真集になることを期待します。もちろん千奈美ちゃんの写真集もすごく楽しみです。

そして、真野ちゃんの「4thシングル『この胸のときめきを』発売記念イベント」の情報も発表されました。

・真野恵里菜4thシングル『この胸のときめきを』発売記念イベント
 「マノソナタ~プレミアムライブ~」のお知らせ

この胸のときめきを

9月30日(水)発売の真野恵里菜 4枚目となるシングル「この胸のときめきを」を購入されたお客様の中から抽選で、 超レアな「まのえりプレミアムライブ」にご招待!各会場200名様限定の完全招待制ライブ!!
まのえりと過ごす贅沢な夜をお楽しみください。

出演:真野恵里菜、ハロプロエッグ選抜メンバー
10月15日(木) 音楽の友ホール(東京) 開演 18:45
10月17日(土) イシハラホール(大阪) 開演 17:00

ということで、次回のCD発売記念イベントは当選者の少ないレアライブとなりました。しかも東京は平日ということで、こうなると、ムキになって当選目指して大量買いするか、スルーするか悩ましいところです。先日の「世界はサマーパーティ」発売記念イベントがキャパ800人程度の会場でも当選放棄はほとんどなく、ものすごく盛り上がったし、趣向も凝らしたいい内容だったので、CD発売記念イベントの形式が変わるのはちょっと残念な気もしますが、こうした販促イベントの変更が、限定盤CDの売り上げにどう影響するのか、ちょっと興味があります。僕は大量買いするかスルーするか迷っていますが、真野ちゃんがブログやラジオで、このライブのすごさをどんどんアピールして「これはぜひとも見に行かねば!」という気にさせてくれるといいなあと思っています。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

オススメ商品

twitter

無料ブログはココログ