« ハロプロ縁日・トークショー | トップページ | 真野ちゃんDVD »

2009年9月13日 (日)

真野ちゃん初コンサート・ツアー初日

2009091301

真野ちゃんのファーストコンサートツアー「Introduction~はじめての感動~」の初日、東京厚生年金会館の昼・夜公演に行ってきました。真野ちゃんの初のコンサートツアーというか、はじめてのモーニング娘。やBerryz工房などのユニットと同一料金のコンサートだったのですが、真野ちゃんがリハ中のブログに「時間が足りぬ」と書いていたように、明らかに準備不足でかつ、初日にDVD収録するといったチャレンジャーな状況であったため、真野ちゃんは緊張しすぎで、スタッフもミスるといったしょっぱい内容のコンサートになってしまいました。ただ、集客の方は大盛況で、ほぼ満員でグッズ販売も長蛇の列が出来てました。ハロプロエッグ人気とセットと考えても厚生年金会館を満員にする集客力はすごいと思ったのですが、それだけに集まった人たちが、今回のコンサートの内容をどう思ったか、ちょっと心配でもあります。

今回のコンサートのセットリストは以下の通りです。

01.マノピアノ
MC
02.ジャスミンティー
03.ラララソソソ
MC 加藤紀子登場
04.世界は サマー・パーティ
朗読劇(真野恵里菜・加藤紀子)
05.ぁまのじゃく(S/mileage)
MC 真野恵里菜・加藤紀子・S/mileage)
  昼公演 最近のマイブームについて
  夜公演 秋に食べたい食べ物について
06.水色想い
07.この胸のときめきを
MC (真野恵里菜・加藤紀子)
08.ロックン・オムレツ
09.ハッピーバースデイ・ママ
10.はじめての経験
11.ラッキーオーラ

Encore
12.乙女の祈り
MC
13.まつげの先に君がいる

グランドピアノ使用曲 01,02,03
マノピアノ使用曲   06,07,12
前奏のみマノピアノ使用曲 11

前回の中野サンプラザ公演(このときは料金3,000円)と比較すると、朗読劇とS/mileageの単独コーナー(この間に真野ちゃんは衣装チェンジしてました)が加わったのが内容を充実させた部分になると思いますが、朗読劇は真野ちゃんの演技力を披露する好企画かなと思ったものの、内容が真面目すぎで、正直2回同じ内容を聞くのは辛かったです。大阪、名古屋では違う内容にした方がいいと思います。できれば、すこし笑える内容を含めた方がいいです。また、S/mileageは今の人気、注目度を考えればもう1曲披露してもよかったんじゃないかと思いました。以下、いつものように気づいた点などを羅列します。

・グランドピアノ使用の3曲は、スクリーンに大写しになった真野ちゃんの顔が明らかに引きつっていて、間奏になってファンから拍手が起こってようやく笑顔になる状況でした。特に難しいフレーズの多い「ラララソソソ」はヒヤヒヤしながら見ていたのですが、夜公演のエンディングのところで、真野ちゃんがはっきりとわかるミスをしてしまって、悔し泣きしちゃってました。負けず嫌いの真野ちゃんだけに相当悔しかったようでしたが、ライブなんだから、ちゃんと演奏してるんだから、ミスも生演奏の醍醐味(ベテランミュージシャンもライブでは結構ミスってます)なんだと開き直って演奏して欲しいなと思いました。とにかく今日は緊張しすぎでした。

・昼公演の「ラッキーオーラ」では出だしで、ピアノおよび伴奏の音がでず、しばらく真野ちゃんのアカペラ状態で歌が始まるという大チョンボをスタッフさんがしてしまいました。そのおかげで伴奏が加わっても真野ちゃんの声ばかりが強調(真野ちゃんペース配分を誤ったか、ちょっと息が上がり気味なのが強調されちゃってました)された「ラッキーオーラ」になってしまい、昼公演の「ラッキーオーラ」は台無しになってしまいました。でも、夜公演は完璧(真野ちゃんもペース配分を矯正したようで、きれいな歌声でした)でした。

・真野ちゃんの持ち歌の中で「ナキムシ・ヨワムシ」がセットリストから外れてしまいましたが、「ハッピーバースデイ・ママ」のハロプロエッグとのダンス・フォーメーションが「ナキムシ・ヨワムシ」とよく似ているので、それで外れたのかなと思いました。

・「ハッピーバースデイ・ママ」は最初「MANO-DELI」で聴いたとき、森高千里さんっぽい曲だなと思ったので、「ロックン・オムレツ」から続く流れはよいなと思いました。

・今日は昼・夜ともに真野ちゃんとハロプロエッグがお見送りのタッチ会を行いました。スタッフさんから、真野ちゃん本人の強い希望により実施しますとの説明がありました。タッチ会の準備中、着席して待っている観客に向けて、真野ちゃんからの告知VTRがながれるなど、待っている観客を退屈させないような配慮も少しありました。タッチはハイタッチではなく、両手(手の平を上)を前にさしだしたメンバーに対して、観客が上から叩く感じのタッチでした。タッチ会なので一瞬の出来事であるため、会話は出来ないのですが、遠い席の観客でもま近でメンバーが見れるからよかったんじゃないかなと思いました。

今回の僕の席は昼が10列目の右サイド(右のPAスピーカーよりもさらに右といった音響的には最悪でかつ、スピーカによりステージの視界が一部さえぎられる席でした)で、夜が7列目の左サイドと、かなりステージに近いながらも極端な端席でした。でも、夜の方がよりはっきりメンバーの表情を見ることができました。僕は次は最終日(9月22日)の名古屋公演を見に行く予定なのですが、真野ちゃんが、DVD収録終えて、東京、大阪と2大都市での公演を終えて、リラックスした状態で最高のパフォーマンスをしてくれることを期待したいです。

【追記】真野ちゃんが「まのぶろぐ」で、コンサートツアーについて、前向きなコメントをしてくれてます。こうしたコメントを読んでいると、真野ちゃんは本当にいい子だなあとつくづく思います。名古屋公演がさらに楽しみになりました。

・とうきょう

« ハロプロ縁日・トークショー | トップページ | 真野ちゃんDVD »

真野恵里菜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真野ちゃん初コンサート・ツアー初日:

« ハロプロ縁日・トークショー | トップページ | 真野ちゃんDVD »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

オススメ商品

無料ブログはココログ