« 恋する星座 DVDイベント | トップページ | ピンチのあとにはチャンスが来る? »

2009年10月15日 (木)

すべてがプレミアム!

音楽の友ホールで行われた真野ちゃんの「真野恵里菜4thシングル『この胸のときめきを』発売記念イベント「マノソナタ~プレミアムライブ~」に行ってきました。

音楽の友ホール

今回は油断して、開場5分後くらいに現地に到着したのですが、限定200名とはいえ、縦1列だとすごい長蛇の列が出来ていました。そして、当選ハガキと身分証明書と、スタッフ側の名簿の照合を受けてランダムな席のチケットを渡されたのですが、今回は席運はまずまずで、5列目の5番(左サイド)を引きました。5番なんで、いつものコンサートホールだと、端席になるのですが、ここは一列が18席程度しかないので、かなり中央に近い席でした。

グッズおよびシングルVを買って会場に入ると、上記の写真のステージにグランドピアノが斜め向きに2台置いてありました。他に装飾は一切ないものの、僕は長年色々な人のライブを見てますが、グランドピアノを2台使うライブは初めてみました。これだけでも、超豪華な雰囲気が出てました。そして、開演前のBGMはすべてクラシック音楽で、いつものハロプロのイベント会場とは全くことなる雰囲気でした。

で、200名でも、照合しながらの入場なので、30分では入場しきれなかったようで、開演時間5分遅れくらいで、以下のアナウンスがありました。

「みなさんすでにお気づきかと思いますが、本日はいつものコンサート会場とは赴きが違います。どうか、この会場の雰囲気にふさわしく、着席してお楽しみください」

とのことでした。そして、司会の女性が登場し、真野ちゃんを紹介して、プレミアムライブが始まりました。全体の進行は以下のとおりでした。

1.乙女の祈り(オケあり)
2.マノピアノ(オケなし、完全弾き語り)
司会者とトーク(告知がメイン)
SHUUBIさん登場
3.この胸のときめきを(オケあり、連弾)
SHUUBIさんとトーク
 真野ちゃんからSHUUBIさんへ質問
 ・どんなときに歌詞が思い浮かぶか?
 ・ピアノを始めたきっかけは?
  (何気に難しい質問でしたね)
4.ラッキーオーラ(オケなし、連弾)

今回は会場常設のグランドピアノを使用したようで、真野ちゃんの弾いてたピアノはYAMAHAと書いてあったのを確認したので、たぶんヤマハコンサート・グランドCF-IIIで、SHUUBIさんがベーゼンドルファー・インペリアル290を使用したと思われます。ベーゼンのピアノはすごかったようで、すでにSHUUBIさんが、自身のブログに感想を書いてます。

SHUUBI OFFICIAL BLOG

で、今回はオケとシンクロさせる曲でも、オケが今までとまったく違ってて、ベーシックなリズム音と、白玉音系のロングトーンのバックサウンドが強調され、リード楽器は極端に小さい音にリミックスされた、プレミアムライブ用の特別のオケが使用されていました。そのため、「乙女の祈り」でも、全体的に真野ちゃんのピアノがすごくはっきり聴き取れました。そして、「マノピアノ」完全弾き語りは今回初めて披露されたので、とても感激しました。真野ちゃんはイヤホンから流れるクリック音(たぶん)でリズムキープしながら弾いていたようですが、伴奏がピアノだけでも全然物足りないなんてことはなくすばらしい演奏でした。これならば、今後のコンサートでも完全弾き語りをやってくれるんじゃないかと思います。

そして、SHUUBIさんとの連弾はすごい迫力で、特にオケなしの「ラッキーオーラ」は鳥肌ものの、すごい演奏でした。「ラッキーオーラ」では真野ちゃんはいつものフレーズを弾いていたようで、それにSHUUBIさんが低音域を生かしたコード弾きを中心に、曲中に印象的なフレーズを沢山弾いてくれて、コーラスもバッチリ決まっていました。特にピアノの低音の迫力がすごかったですね。めったにできない演奏だけに、ぜひ何らかの形で音源を発表してほしいです。

そして、トークでは舞台と、新曲の告知があったのですが、今日初めての告知として12月16日に真野ちゃんのファーストアルバムがリリースされることが発表されました。タイトルはまだ秘密とのことですが、これはとても楽しみです。

それから、真野ちゃんから、SHUUBIさんへの質問では、作詞については、「お風呂にはいってるときとか、ぼんやりしているときに思い浮かぶとか」、「真野ちゃんが一生懸命ピアノ弾いている姿からも、刺激をうける」とか答えていました。SHUUBIさんは真野ちゃんのピアノのアドバイザーをしているようで、先日の名古屋でのコンサートで真野ちゃんが「ラッキーオーラ」歌ってるときに泣きながら応援していたそうです。そして、ピアノを始めたきっかけは逆に真野ちゃんが質問されて、幼稚園が先生がピアノを弾いているのがかわいくて憧れたものの、自分には無理かなと思ったけど、友達がピアノ弾いてて、その子が通っているピアノ教室に見学に行って、自分で習うことを決めたと話してました。SHUUBIさんは3歳のころから、ピアノ弾いているので、よく覚えていないとのことでした。

そして、終演後は恒例の握手会となり、最前列の人から誘導されたのですが、列がなかなか進まない様子を見て、「今日は超低速握手会なんだ」とすぐ分かりました。で、自分がロビーにでると、今回は剥がし要員の人はちょっと距離を置いて立っていて、マネティも真野ちゃんからちょっと離れて立ってました。僕が見たかぎりでは、お客さんにスタッフが手をかけることは一切なく(本当はこれが普通なんですけどね)、観客が自分から離れていくまで握手できてました。で、僕のときは

「ファーストアルバム楽しみだね」
(。・∀・。)ノ<「ありがとうございます。」
「この前ははぐらかされちゃったから、今後の予定系の質問は、しちゃダメだってことがよくわかったよ(笑)」
(。・∀・。)ノ<「いえ、いえ、そんな・・・」
「今日はオケがいつもと違って、真野ちゃんのピアノがよく聴こえてよかったよ」
(。・∀・。)ノ<「本当ですか」
「楽器フェアでもピアノ沢山弾いて目立っちゃてね」
(。・∀・。)ノ<「ハイ。わかりました」

てな感じで、普段の倍以上、真野ちゃんとおしゃべりできました。今回はスタッフさんもプレミアムな雰囲気を意識していて、身なりもきちんとして、ファンに触れるのは失礼、というような雰囲気がありました。いつもこんな感じだったらいいのになと思いました。

ということで、今回は今までの真野ちゃんのCD発売イベントの中では最高に満足度の高い内容になりました。真野ちゃんはこれからもまた新しいことにチャレンジしていきたいと言っていたので、次回はまた全く違ったことをやってくれそうで、今後の真野ちゃんの活動がさらに楽しみになりました。

ぷれみあむ

« 恋する星座 DVDイベント | トップページ | ピンチのあとにはチャンスが来る? »

真野恵里菜」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでした先程帰宅しましたとにかく癒されましたね握手会も長くて真野ちゃんの目の前にでた瞬間ラジオネームを言おうとしたら真野ちゃんから「あ~!ホワイトストーンズさん!」って言われてしまいました顔覚えていてくれて凄く感動したよなんか幸せな1日でした

ホワイトストーンズさん、おはようございます。
沢山の人との握手をこなしていながら、顔と名前を覚えてくれるなんて、さすが真野ちゃんですね。僕との握手のときも、決して真野ちゃんから手を離してくることも、視線を外すこともなかったので、その気になれば、いくらでもお話できそうな雰囲気でした。真野ちゃんのファンへの対応は素晴らしいですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すべてがプレミアム!:

« 恋する星座 DVDイベント | トップページ | ピンチのあとにはチャンスが来る? »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

オススメ商品

無料ブログはココログ