« 恋する星座 DVD発売記念イベント | トップページ | 福田花音ちゃんブログ開始! »

2009年12月 6日 (日)

新たな課題 popteen撮影会

昨日はかわ(川崎裕菜)ちゃんのpopteen撮影会に行ってきました。この撮影会は1時間単位の個人撮影会で、時間内であれば屋外撮影もOKということで、前回は屋外撮影もやったのですが、今回はあいにくの雨(しかもかなり強い雨)だったこともあり、スタジオ内のみで撮影しました。今回は急に告知があったことと、Fresh!撮影会でかなり、かわちゃんの写真を撮っていたこともあったので、今回はかわちゃんとおしゃべりしながらまったりとした撮影を楽しみました。前回、ここのスタジオでは光量不足に悩まされたのですが、今回は、メインライトと天井の蛍光灯がやや明るくなったので、今回は大丈夫かなと思ったものの、50mmレンズで顔のアップやバストショットを撮ってるときは(光量が均一になるためか)あまり気にならかなったものの、立ちポーズを30mmレンズで全身を撮っていると、メイン光源の位置が低いために、上半身と下半身で光量が違って(見た目ではあまりわからなかったのですが・・・)、絞り優先モードで撮ると、顔の部分がやや暗くなってしまい、それでマニュアルモードにして、顔を明るく撮ろうとすると、下半身が白く飛んでしまって、露出の設定に苦労しました。それでも前半は妥協できる露出に設定して撮影したのですが、前半(今回はテニスルックでした)が終わって、後半の学生服に着替えている間に、やはり光を自分で作るしかないと思って、以下の新機材を投入することにしました。

PZ42X キヤノン用

これは、popteenスタジオで、光量不足で苦労するようだったら使おうと思って、購入しました。外部ストロボ使うなら、素直にキャノン純正を使えばいいじゃないかと思われるかもしれませんが、そもそもFresh!撮影会のように、十分にしかも柔らかい光が得られる撮影会であれば不要だし、最終的に外部ストロボをどういった使い方をするのかが定まっていないうちにお高い純正品を買っても使わないようになればもったいないし、ライティングの勉強用と考えれば、PZ42Xは通常の室内では光量は十分だし、キャノンのE-TTLⅡ自動調光システムにも対応しているし、光量も1から1/64まで調整できるし、向きも上、横自在に変えられるので、スペック的には十分かなと思って購入しました。慣れればいろいろ応用出来そうなので、やはり外部ストロボはとりあえず1台持っておくべきだなあと買ってちょっと使ってみて思いました。

それで、せっかくなので、E-TTLⅡの機能は使わず、カメラをマニュアルモードにして、ストロボの光量を調節して、天井にストロボ向けてバウンスさせて撮影してみました。しかし、仕上がりを見ると、白く飛んでしまうのを恐れるあまり、ストロボの光量を抑えすぎて、あまり効果的には使えなかったかなあといった感じでした。また、バウンスさせる向きや角度によって、光の柔らかさもかなり変わりそうだし、バウンスさせるよりも、ディフューザーをつけて、光を拡散させた方が効果があるのかもしれないし、やはり付け焼刃の新機材入ではだめで、練習や研究が必要だなあと思いました。

ということで、今回も苦労させられたpopteen撮影会のスタジオですが、上記の試行錯誤を経て得られたベストショット1枚を今回は紹介します。

2009120603

やっぱり、かわちゃんはかわいいなあと思います。しかし、上記の写真のライティングは狙って撮ったわけではなく、偶然の結果です。上記のようなライティングを狙って撮れるようになるにはまだまだ精進が必要だと思いました。とにかく、かわいいモデルさんを、どんな条件でも、少なくとも見た目どおりにかわいく撮影できるようになりたいです。

などと、いいつつも、かわちゃんは元からかわいいので、ライティングがイマイチでもかわいい写真はいっぱい撮れたので、それらはまた小出しにしていきたいと思います。

それにしても、こうやってライティングに苦労してみると、写真撮影にとって光の量と質は大事なんだなあと改めて思いました。写真撮影には考慮しなければならない事項が本当に多いです。これで、多少ライティングについてわかってきたとしても、まだまだ新たな課題が出てきそうで、すごく遠い道のりだと感じます。まあ、だからこそ、やりがいがあって面白いとも思えるのですが・・・

« 恋する星座 DVD発売記念イベント | トップページ | 福田花音ちゃんブログ開始! »

撮影会」カテゴリの記事

川崎裕菜」カテゴリの記事

コメント

ストロボですかー(^-^)

全然使ったことないです(-_-;;;

hideさん、こんにちは
僕もクリップオンストロボにはあまり興味がなかったのですが、
http://cweb.canon.jp/camera/flashwork/ettl2/technology/index.html
を見てしまうと、ストロボってすごいと思ってしまいました。
当面は苦手なpopteenスタジオ攻略兵器として、活用しようと思っています。

確かに光の操り方ひとつで
写真の良し悪しってきまりますよね~

ここ↓で、プロの日中シンクロの技が見れますよ。
ついでに、かわちゃんのパンチラも^^;
http://burusera.cplaza.ne.jp/

アマチュアカメラマンさん、はじめまして
情報ありがとうございます。
紹介していただいた写真は、撮影会のときにCEOさんが、プロのメイクさんにメイクしてもらって、かわちゃんの写真撮ったとして、数枚見せてもらったものの、どこのサイトに載る写真かよく聞かなかったので、サイトのアドレスがわかってよかったです。
やはり、プロの写真は参考になります。思ったより大胆すぎる写真かなあと思ったものの、下着に見せかけた水着の写真だったので、ちょっと安心(何が安心なのかよくわかりませんが・・・)しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新たな課題 popteen撮影会:

« 恋する星座 DVD発売記念イベント | トップページ | 福田花音ちゃんブログ開始! »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

オススメ商品

無料ブログはココログ