« 3月27日の写真 その16 | トップページ | 3月13日の写真 その13 »

2010年4月13日 (火)

今日はジェフベック

Player ( プレイヤー ) 2010年 05月号 [雑誌]

今日は東京国際フォーラムで行われたジェフベックのコンサートに行って来ました。昨日は久々に夜遅くまで残業してしまって、写真掲載以外はブログの更新ができなかったのですが、今日はかわりに休暇を取ってのんびりしていたのですが、ふとジェフベックが4月に来日することを思い出して、ネットで調べたら今日は東京最終日ということで、グッズもよさげだったので、グッズだけでも買いに行こうと思って会場に出かけたら、まだグッズは販売されてなくて(ハローに行き慣れたせいで、すっかりグッズはかなり早い時間から販売されると思いこんでしまいました)、当日券売り場の行列も数人しかいなかったので、せっかくなので、当日券を買って見ることにしました。席は2階の12列目の右端で、ステージからかなり遠いものの、双眼鏡でみればジェフベックのギターを弾く指がばっちり見えて十分楽しめました。

もう、今日が最終日なので、ネタバレ考慮の必要もないので、セットリストを以下に掲載します。

01 Eternity's Breath
02 Stratus
03 Led Boots
04 Corpus Christi Carol
05 Hammerhead
06 Mna Na Eireann
07 bass solo
08 People Get Ready
09 Rollin' And Tumblin'
10 Never Alone
11 Big Block
12 Over The Rainbow
13 Blast From The East
14 Angel(Footsteps)
15 Dirty Mind - drum solo -
16 Brush With The Blues
17 I Want To Take You Higher
18 A Day In The Life
----
(encore 1)
19 How High The Moon (Tribute to Les Paul)
20 Nessun Dorma
----
(encore 2)
21 Cause We've Ended As Lovers

演奏メンバー
ジェフ・ベック(g)
ナラダ・マイケル・ウォルデン(ds)
ロンダ・スミス(b)
ジェイソン・リベロ(key)

今回の来日メンバーではナラダ・マイケル・ウォルデンの参加が目玉であり、この人は下記の名盤「ワイヤード」の録音時にドラム叩いていた人です。

Wired

この人はホイットニー・ヒューストンやアレサ・フランクリンのプロデューサーもやっていて、そっち方面の音楽が好きな人にはプロデューサーとしての方が有名かもしれません。しかし、時折ドラムを破壊するんじゃないかと思うようなすごい手数でパワフルなドラムを叩いていて、すごい迫力でした。ただ、けっこう体格がよくって、スキンヘッドにねじり鉢巻きをつけていたので、見た目は凄腕ドラマーというよりは魚屋のおじさんみたいな感じでした。

ベースのロンダ・スミスは前回のメンバーのタル・ウィルケンフェルド のような美形ではないものの、凄腕の女性ベーシストでした。「Rollin' And Tumblin' 」ではボーカルもやってくれましたが、菅谷梨沙子ちゃんがドスを効かせた声(ジェフベックとBerryz工房の両方がわかる人は果たしているのだろうか・・・)よりもさらにドスを効かせた感じの歌声で、ちょっと迫力ありすぎかなって感じでした。

キーボードのジェイソン・リベロはわりと地味ながら、ナラダ・マイケル・ウォルデンのドラムソロのときには、キーボードにあったパットみたいなのを指で叩いて、パーカッションで対抗していたのですが、ナラダ・マイケル・ウォルデンのドラムがすごい迫力なので、あまり気づかれなかったかもしれません。

ジェフベックは上記の、今、本屋さんに並んでいる雑誌「Player」の表紙の写真のように、終始サングラスをかけてました。前からたまにサングラスをかけていたものの、ずっとかけっぱなしだったのは今回が初めてじゃないかなと思います。

アンコールではちょっとわかりにくいですが、下記の名盤「BLOW BY BLOW」のジャケットで持っているレスポールを使ってくれて、ファンには感涙ものでした。

ブロウ・バイ・ブロウ

レスポールを使用した曲は「How High The Moon」という僕もよく知らないかなり古い曲で、コンサートではめずらしく、ロカベリー風の演奏でした。昨年亡くなったレスポールに捧げられた演奏のようでした。他の曲ではいつもの白いストラトキャスターを使用し、「I Want To Take You Higher」のみテレキャスターを使用していました。

僕はジェフベックをすごく尊敬していて、以前は来日コンサートがあれば必ず行っていたのですが、最近は2006年あたりからセットリストが固定化してきてしまったため、ライブを見たいという興味が薄れていたのですが、今回は、先月でたニューアルバムからの曲が沢山披露されて、それ以外の曲も比較的最近レパートリーにした曲が多く、久々に新しいことに挑戦するジェフベックに感動しました。こういう構成のライブになると知っていたら、もっと早くチケット押さえておけばよかったと思いました。

グッズはニューアルバムをデザインしたTシャツがかっこいい(ウドー音楽事務所でグッズ販売するTシャツはちょっと高いものの、その分しっかりしているで気に入って、日常よく着ることが多いです。)ので買ったのと、なんとジェフベックのiphoneケースなんてのもあったので、ちょうどiphone買ったばっかりなので、買ってみました。今後は携帯ストラップみたいに、iphoneケースもグッズになるのが増えるかもしれないですね。

« 3月27日の写真 その16 | トップページ | 3月13日の写真 その13 »

洋楽ロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534581/48080244

この記事へのトラックバック一覧です: 今日はジェフベック:

« 3月27日の写真 その16 | トップページ | 3月13日の写真 その13 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

オススメ商品

twitter

無料ブログはココログ