« 5月16日週のラジオ | トップページ | 5月3日の写真 その18 »

2010年5月23日 (日)

眩しすぎるステージ

今日は中野サンプラザで行われた、「Berryz工房 コンサートツアー 2010初夏 ~海の家 雄叫びハウス~」の昼夜公演に行ってきました。ハロプロはこのところ中野サンプラザの使用が多かったため、目立ってしまったのか、今回の公演に当たって公式サイトで以下の注意事項が掲載されていました。

中野サンプラザ公演におきまして、
正面広場での着替え及びトレーディングやゴミの放置、喫煙に関しまして会場からのご指摘が御座いました。
つきましては、お着替えの際は人目に付く所では無く
中野サンプラザ正面広場所定の場所、及び開場後/終演後はロビーにてお着替え頂きます様、お願い申し上げます。

ということで、いつも人が群がっている時計塔のまわりは、柵で仕切られていて、

2010052301

そのかわり、奥の方に着替え&トレーディングスペース用のテントが作られていました。

2010052302

今日は雨が降ってたため、テントが設置されたのは却って好都合だったのではないかと思います。

今日は寸劇の部分も微妙に変化があって、面白かったです。そして全体的な内容も楽しいので、回を重ねる毎に、公演時間が短くなっているような錯覚を感じてしまいます。

今日は昼は1階の22列目の中央からやや左のところで、肉眼ではメンバーの表情までは見えないものの、けっこう見やすい場所でした。毎度お楽しみのMCコーナーは須藤茉麻ちゃんと夏焼雅ちゃんの組み合わせで、「もし自分が巨大になったら何したいか」という内容でした。また、最初のMCのときに、菅谷梨沙子ちゃんが、夏のハロコンの投票で、Berryz工房の曲を投票してくださいと、観客にお願いしていたので、Berryz工房ファンの人は、投票は月曜日までみたいなので、早めにBerryz工房の曲を投票しましょう。

夜は2階の10列目と、かなり後ろだったものの、かなり中央よりの席でした。先日のモーニング娘。で同様の席のときに、双眼鏡で亀ちゃんだけを追ってみてみようと思ったら、モーニング娘。のフォーメーションのすばらしさに見入ってしまい、ほとんど双眼鏡を使わずステージ全体を見ていたので、今日も同じノリでBerryz工房のステージ全体をよく見てみようと思ったのですが、モーニング娘。がすばらしかったのは、メンバーのパフォーマンスだけでなく、ステージの舞台設計や照明装置含めた全体が素晴らしかったんだということが、今回よくわかりました。つまり、今回のBerryz工房の舞台設計や照明装置がモーニング娘。より全然劣っていたということなのですが、スタッフの質からして、娘。と落としているんですかね?とにかく、2階から見ていると少し段差が高くなっているところの、ステージからの照明のライトが眩しく(曲によって、眩しく光るライトが変わったりするのですが)って困りました。メンバーがこの眩しい場所に入ってしまうと、そのメンバーはよく見えなくなってしまって、これでは全員のダンスのフォーメーションを楽しむことなんてできないです。なので、モーニング娘。で同様の場所の席から見たときとは対照的に眩しくない場所ねらってピンポイントで双眼鏡を見ていることが多かったです。(八王子では見上げる感じの席だったので、ステージからのライトはあまり気になりませんでした。5月2日に中野の2階席で見たときも、実はライトの眩しさを感じていたのですが、端席だったため、評価保留にしていたのですが、今回中央付近から見てやっぱりステージからのライトが眩しすぎると感じました)

メンバーがステージ上の高い場所に行くと、1階の前方の席の人からは遠くなってしまうものの、2階とか後方席の人に見やすくなるはずなのに、上から見るとライトが眩しくって見えなくなってしまうようじゃ、ステージの高い段差は何のためにあるのか疑問です。また、舞台中央の回転装置は、ステージ構成を追ってると、その効果を使っている場面はすごく少なくって、逆に円形の部分が前にせりだしてしまって、ステージの前方でのパフォーマンスを窮屈にしてしまうデメリットの方が大きいのではと思いました。なので、今回のコンサートツアーのステージは設計ミスというか、かなり未熟な人が設計したのではないかと思われます。Berryz工房のメンバーのパフォーマンス自体はかなり頑張っているのだからスタッフさんもしっかりしてもらいたいと思います。あまりに差を感じたので、コンサートDVDが出たら、それぞれのコンサートの舞台設計スタッフさんの名前をしっかりみてやろうと思いました。2階席から見た他の人の感想もぜひきいてみたいです。眩しすぎると思ったのは僕だけなのでしょうか?

夜公演のMCコーナーは須藤茉麻ちゃんと、嗣永桃子ちゃんの組み合わせでした。この組み合わせは初日以来ということで、須藤茉麻ちゃんは今日のために嗣永桃子ちゃんのリハーサルをずっと観察していて、嗣永さんの面白暴露ネタをいくつか披露してくれました。この2人のトークはなんか安心して見ていられるなあと思いました。

« 5月16日週のラジオ | トップページ | 5月3日の写真 その18 »

Berryz工房」カテゴリの記事

コメント

よたよたさん、こんばんは。
今日は昼の部の当日券があって、「通路側が在ったら下さい」と言ったらすんなり買えたので、意外と余っているのかと思ったら最後列でした(笑)まさか12列目が最後列だったとは・・・しかも満席状態。
でも座席の後ろに荷物が置けたり背もたれに上着を掛けられたりと、存外快適でした。
ライトが眩しくてメンバーが見えなくなるのは川口リリアのファミリー席でも感じました。なるほど、アレが普通ではないんですね?
寸劇で熊井ちゃんの声にエフェクト?が掛かったり、ちょこちょこアレンジしているみたいですけど、やっぱりそんなに大幅には変えられなさそうですね(笑)

ベリ家族さん、こんばんは。
当日券買えてよかったですね。
熊井ちゃんの山彦のようなエフェクトは大ウケでしたね。僕も思わず「おおー!」と声に出しちゃいました。こんな感じで、ちょっとずつ変えてくれると面白いですよね。
また、照明の件は、今回たまたまモーニング娘。とほぼ同時期に同会場の同じような位置で見た比較なので、もしかしたら、モーニング娘。が素晴らしすぎたのかもしれないです。でも、Berryz工房のスタッフさんももっと頑張って欲しいです。スタッフさんといえば、今回スタッフさんの着ている黒地に白のアロハシャツはいいなあ、僕も欲しいなあと思っちゃいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 眩しすぎるステージ:

« 5月16日週のラジオ | トップページ | 5月3日の写真 その18 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

オススメ商品

無料ブログはココログ