« 3月29日の写真 その4 | トップページ | 3月31日の写真 その19 »

2011年4月17日 (日)

熊井ちゃんと2ショット

2011041731_2

僕は、Berryz工房の熊井友理奈ちゃんと、雄叫びポーズで2ショットを撮るのが念願だと以前ちょっと書いたのですが、今日その長年の夢が叶いました。今日はBerryz工房の五反田ゆうぽうとホールでのコンサートがあったのですが、その前の午前中にエグゼクティブ会員向けの「2ショット撮影&握手」が行われました。僕は過去2回エグゼクティブ会員の応募に落選したことは以前書きましたが、今年はついにエグゼクティブ会員に当選して、4月に会員カードと、首からかけるパスケース(かなりしっかりした作り)が送られてきて、まだ電子メールでの告知が数回送られてきているだけなので、エグゼクティブ会員についてまだよくわかっていないのですが、4月になると早速、自分の第1~3希望に指定したハロプロアイドルの「2ショット撮影&握手」の告知がいくつかメールで送られてきました。僕は第1希望、熊井ちゃん、第2希望、真野ちゃん、第3希望、佐紀ちゃんで応募したので、この3の「2ショット撮影&握手」の告知が送られてきていて、熊井ちゃんについては、今日の五反田と、5月の中野での実施告知が送られてきて、この調子だと、2ショットの機会はまだまだありそうなので、しばらく様子を見ようかなと思ったものの、今は世の中が、いつ何が起こるかわからない状況なので、早めに申し込みをしようと思いました。そして、昨年、亀井絵里ちゃんを撮った中野サンプラザは背景の壁がよくないと思ったので、中野を避けて五反田を申し込んだら、めでたく当選メールが来たので、今日念願の2ショット撮影することができました。

昨年、亀井絵里ちゃんで3000ポイント獲得時の2ショット撮影の記事を書きました。

http://yotayota515.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/2-2792.html

このときの撮影と、今回の撮影はだいぶ雰囲気が違って、今回もやはりネットで先人の方のブログを検索して、どんな感じかイメージを掴むことができたことが、とてもありがたかったので、今後の参考になればと思い、今回も、どんな感じだったか前の記事と同じノリでまとめておこうと思います。

1.受付

今回は午前10時15分集合ということで、時間になると、ゆうぽうと入り口の登り階段のロープを張っているところを係員の人が持ち上げて、「2ショット撮影をされる方は入ってください」と案内がありました。このとき、前回の中野サンプラザのときと比べてかなり集まってくる人がすくなく、ゆうぽうとの入り口で、2名のスタッフさんが、が白い紙袋を持って、受付をしてました。このスタッフさんは、清水佐紀ちゃん、嗣永桃子ちゃん、徳永千奈美ちゃん担当の人と、熊井友理奈ちゃん、菅谷梨沙子ちゃん、夏焼雅ちゃんの担当の人に分かれてたのですが、このスタッフさん、自分が誰担当とあまりはっきり言ってくれないのは前回と同様ですが、今回は参加人数が少ないので、ちょっと待っただけで、すぐ受付することができました。エグゼ会員の会員証は顔写真付きなので、今回はエグゼ会員証のみを見せて、担当者さんはあらかじめ、自分の担当の人の整理番号が書かれた表を照合して、僕は書かれていた整理番号の赤いカードを貰いました。エグゼ会員証のパスケースを首から下げるようにと事前案内に書かれていたので、今回は首からかける入場パスはなかったです。今日の参加者は全体で26名で今回はエグゼ会員のみの実施でした。前回はトータル80人くらい参加だったので、それにくらべるとかなり少ない人数なので、前回よりは緊張せずにすんだような気がします。今回は、佐紀ちゃん9名、ももち2名、千奈美ちゃん2名、雅ちゃん2名、菅谷梨沙子ちゃん6名、熊井ちゃん5名だったようです。けっこう偏ってますが、エグゼ会員もいつ2ショットを申し込むか、いろいろ思案すると思うので、申し込みに偏りが出るんだろうなあと思いました。

2.待ち時間

前回の中野サンプラザでは階段で待たされたのですが、今回は、会場に入って、グッズコーナーを設営している最中の場所で、並んで待機していました。なので、前回の階段にくらべると、グッズのディスプレーを作っていたりしている作業の様子を見れたので、あまり退屈せずに済みました。しかし、こうして2ショットを待って並んでいる間にどんどん緊張してくるのは今回も同様でした。撮影は、グッズコーナーを抜けてホールに入る前にあるロビーの左側部分をパーティションで区切って、ホール側の壁を背景にした人と、その反対側の壁を背景にした人の2組同時に行われてました。最初に、梨沙子ちゃんとももちの撮影者が呼ばれて、次に佐紀ちゃんと、雅ちゃんの撮影者が呼ばれました。

3.ついに撮影

そして、最後になった、熊井ちゃんと千奈美ちゃんの撮影者が呼ばれたのですが、荷物を置くソファーがあって、その前がパーティションで仕切られているため、自分の前の順番の人が撮影している様子は見れないものの、反対側の千奈美ちゃんの撮影の様子は待っている間に、見えるようになっていたので、その様子が撮影の段取りを知るのに参考になりました。そして、2ショットの後には握手があるのですが、なんと今回はスタッフさんは、エグゼ会員に触れることなく、話が長そうになると「ありがとうございました」と言って退場を促すといった、ハロプロ以外では極めて当たり前な握手会の光景でした。2~3往復は普通に話せる感じでした。

そして、ついに僕の順番になり、係員に整理番号が書かれた赤いカードを渡して、パーティションの中に入ると、コンサートのオープニングの衣装で、メイクもバッチリ決めた熊井ちゃんが立っていて、やはり、至近距離でみる熊井ちゃんはアイドルオーラがすごくって、圧倒されました。

そして、熊井ちゃんと「おはようございまーす」と挨拶して、2つ並んだパイプ椅子に座って、熊井ちゃんが「ポーズはどうしますか?」ときいてきたので、「雄叫びボーイWAO」の片手をシェーみたいなやつをお願いして、熊井ちゃんもすぐわかってくれて、まず1枚撮って、「つぎはどうしますか?」ときかれて、「雄叫びボーイWAO」の上の写真のポーズをお願いして、これも熊井ちゃんはすぐわかってくれて、やってくれて、さらに最後の3枚目で、「つぎはどうしますか?」ときかれたので、2枚目のポーズでもう一回とお願いしました。こんな感じで、3枚とも違うポーズで撮影するのが、標準的な感じでした。でも、後で送られてくるのは、3枚のうちで1枚が選ばれるときいているので、それならば、自分の一番やりたいポーズで3テイク撮った方がよいとも思ったのですが、そのへんどうなのかは?実際に写真がくるまでわからないです。でも、前回の1発勝負と比べて、3回も撮れるので、その3回ともどう撮るか、熊井ちゃんと相談しながらできたわけで、なんだか好きなアイドルと共同作業が出来たような気分が味わえる素晴らしい体験だったと思いました。

そして握手になったのですが、僕はやっぱりまだ熊井ちゃんと話すには緊張してしまうようで、会話らしい会話はできず、「熊井ちゃんと雄叫びポーズ撮るのが夢だったから叶ってうれしい」とか、「今日のコンサート昼夜とも見るので、熊井ちゃんがヒロインになることを願っている」ような感じで、気持ちを伝えるのが精一杯でした。でも、普段以上にしゃべったのに一切剥がしなしでした。

撮影は三脚に固定したデジカメに、小さな外部フラッシュを取り付けたものを、プロのカメラマンさんではない、スタッフさんが操作して撮っているようでした。緊張していたのと、一瞬の出来事であったため、デジカメの機種はわかりませんでしたが、デジタル一眼レフではない一般的なデジカメのようでした。また、小さな外部フラッシュもかなり簡素なものでした。なので、撮影機材としては、バスツアーよりはかなり劣るものの、それでも、最近のデジカメは性能がいいので、ワイドチェキよりははるかにクオリティの高い写真が撮れたのではないかと期待しています。

4.終了

撮影した写真は1ヶ月後をめどに送付されるということで、今回は特に渡されるものはなく、撮影が終わると、すぐ荷物もって、外に出ました。このころ11時10分ころだったので、けっこう待った時間が長かったのかなあといった感じでした。でも、こんな感じで、3000ポイントの2ショットに比べると、エグゼクティブ会員の2ショットはかなり充実した内容だということがよくわかりました。

5.コンサート

会場は家からそんなに遠くないので、一回家にもどって、そのあとコンサート会場に再び向かって、コンサートの昼・夜公演を見てきました。今回の座席は、昼が1階16列目の右側で、夜が1階21列目の中央よりやや右よりの席で、昼夜ともにわりと後方の席でした。ゆうぽうとホールは今回初めて入った会場でしたが、適度な段差がついていて、後ろでもかなり見やすい会場だなあと思いました。今日は昼夜ともに当日券は出なかったようで、満員御礼で大盛況の公演だったようです。今回のコンサートツアー「~ 週刊 Berryzタイムス ~」は前回見たときは震災前だったわけで、ずいぶん間が空いてしまったのですが、観客のノリがかなり進化して、さらに盛り上がっている印象を受けました。また、各メンバーの見せ場やMCのところもかなり進化しているような気がしました。それから、今日見てて、キャプテンの清水佐紀ちゃんが、今まで以上に頼もしくなっているような印象を受けました。高橋愛ちゃんがモーニング娘。を卒業した後の、ハロープロジェクト全体のリーダーは、Berryz工房の清水佐紀ちゃんでいいんじゃないかという気さえしました。

公演の詳細は後日アメブロの方に書こうと思いますが、今日は夜公演のMCで、熊井ちゃんがダジャレを言わなければならない雰囲気になり、熊井ちゃんが寒いダジャレ4連発をやるという、珍しい光景が見れました。あまりに珍しい出来事だったため、観客は大盛況でしたが、横にいた、ももちと千奈美ちゃんが、「とんでもない事故が起きた」ような困った顔をして、お互い顔を見合わせていたのが印象的で面白かったです。他にも、面白い内容満載の内容が充実して大満足のコンサートでした。 

« 3月29日の写真 その4 | トップページ | 3月31日の写真 その19 »

Berryz工房」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊井ちゃんと2ショット:

« 3月29日の写真 その4 | トップページ | 3月31日の写真 その19 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

オススメ商品

無料ブログはココログ