« 4月2日の写真 その7 | トップページ | 3月31日の写真 その11 »

2011年4月 9日 (土)

これは、見ておいた方がいいでしょう

上杉隆氏ら自由報道協会による「原発事故」取材の報告 part1

上杉隆氏ら自由報道協会による「原発事故」取材の報告 part2

上杉隆氏ら自由報道協会による「原発事故」取材の報告 part3

上杉隆氏ら自由報道協会による「原発事故」取材の報告 part4

上杉隆氏ら自由報道協会による「原発事故」取材の報告 part5

上杉隆氏ら自由報道協会による「原発事故」取材の報告 part6

上は福島第一原発の事故状況を心配している人の間で話題になっている映像です。原発事故の取材経緯について、フリージャーナリストの立場で、上杉隆氏が報告しているわけですが、特に、普段はNHKは見ずに、地上波民放テレビしか見ないという人は、特に、見ておいた方がいい映像だと思います。

上杉隆氏の報告には、ときどき誇張に思える部分があるものの、概ね、説得力がある内容になっています。今の日本の異常事態では、上杉隆氏の発言のどの部分が納得できて、どこが誇張表現か、自分で判断できるだけの情報収集を普段から、各個人がしておかないと、とても安心して暮らしていけない状況だと思います。

それにしても、ここ数日の福島第一原発の事故状況が深刻さを増していく状況は、相当落胆させられています。個人的に、タービン建屋の外に、高濃度の放射能汚染水が流れ出たニュースが出たときには、これが海に漏れたら、大変なことになると思っていたので、数日後あっさりと、海に流れ出たことが報道されたときには唖然としました。

海は広いから放射能は薄まるから影響はほとんどないという、楽観的な見方もあるようですが、うなぎの稚魚が何を食べているかわからないとか、河豚の毒がどのように濃縮されてできるのかよくわからないとか、海にはまだまだわかっていないことが多いわけで、そんな海に、高濃度だろうが低濃度だろうが、放射能汚染水を放出することが、いくら緊急事態とは言え、どれだけ深刻なことか、東電や政府はわからなかったのでしょうか?

実際、現時点ではコウナゴから放射性物質が検出されたことから、海の生態系がこれによって、どんな影響があるかわからないので、農作物や水道水のときとは違って、他の魚は安全と、テレビで発言する人がほとんどいないことに注目すべきです。現時点では、海のものは、とても怖くて安全とは言えない状況だと思います。

ただ、農作物や水道水については、前に紹介した、放射線医学総合研究所の情報により、危険度合いを科学的な根拠で説明してくれているので、自分で食べるべきか否かを冷静に判断することができます。水産物についても同様に、科学的に納得性のある情報が早く出てきてほしいと思っています。そうした情報が出てきたら、また、ここでも紹介します。

あと、上杉氏の報告の中で、「民放テレビ局も輪番停波」すべきというのは、激しく同意です。節電、節電と訴えるならば、民放テレビ局も節電すべきだと思います。

最後に、上記の映像で、強烈な政府、マスコミ、東電批判がされている中に、いくら宇宙人とはいえ、前の総理大臣が平然として写っているのがなんだかとても不思議な気分になりました。

« 4月2日の写真 その7 | トップページ | 3月31日の写真 その11 »

原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これは、見ておいた方がいいでしょう:

« 4月2日の写真 その7 | トップページ | 3月31日の写真 その11 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

オススメ商品

無料ブログはココログ