« 噛み合わない原発議論 | トップページ | 4月3日の写真 その40 »

2011年6月28日 (火)

真野恵里菜 Friends"Bus"Party vol.2 レポート その2

2ショット撮影の後は、夜のライブと翌日のファンの集いの座席抽選(僕はライブが5列目14番で、集いが5列目13番だったので、まずまずの席でした)をして、グッズ販売のあと、バスに乗り込もうとしたところ、突然強烈な雨が降り出して、さすが真野ちゃんと思ったのでした。

バスに乗った後は、なぜか、工場の中に「貧乏神神社」がある、味噌やさんで、工場見学&貧乏神神社参拝を行いました。

3.味噌工場見学

信州の味噌・漬物 丸井伊藤商店

2011062830

入り口は普通に味噌や漬物を売っているお店で、奥の方に工場見学と貧乏神神社があり、奥へ行くと、昨年のバスツアーでグッズ販売していた赤いシャツを着た、店員さんが、味噌の作り方および、貧乏神神社の説明をしてくれました。(添乗員さんによると、店員さんが真野ちゃんのシャツ着てたのも、今回のサプライズのひとつということです)そして、この店では、以下の特製の味噌を貰いました。

20110628301

工場内では、味噌が出来る過程の絵があったのですが、なんとなく、原子炉ぽかったので、写真を撮ってみました。

2011062832

貧乏神神社では、参拝料100円を払って、神木を木の棒で、思いっきり3回叩いて、貧乏神に大量の大豆を思いっきり浴びせて、最後に、自分の困っていることを書いた紙を以下の写真の「災いBOX」に入れてすっきりしようというものでした。僕は、最近の真野ちゃんのイベントの席運の悪さを書いてBOXに入れたのですが、Twitterみると、同じようなこと書いた人もいたようです。 

2011062831

2011062833

2011062834 

2011062835

そして、貧乏神を参拝したあとは、ここの特製味噌で作った、真野ちゃんが好きな、豆腐となめこの「まの味噌汁」が振舞われました。写真にあるように、「真野恵里菜さんが好きな・・・」と色々なところに書かれてあって、今回のイベントで、仕掛けがもっとも多かった場所がここだったかもしれません。

4.チェックイン&夕食

味噌屋で過ごした後、まだちょっとチェックインには時間があるということで、土産物屋に寄って、そのあと、チェックインしました。今回、宿は3つの旅館(ホテル鷺の湯(http://www.saginoyu.com/)、ホテル紅や(http://www.hotel-beniya.co.jp/)、油屋旅館(http://www.aburaya-ryokan.co.jp/))に別れたようで、僕は油屋旅館の5人部屋に宿泊しました。夕食は、17時30分からで、食事の内容は以下のとおりでした。

2011062837

5.スペシャルライブ

18時45分に宿を出発して、向かった先は、下諏訪総合文化センターの小ホールでした。キャパ300名程度の会場ならが、段差があるのは後ろの数列だけで、客席はフラットな部分が多く、ステージが低いので、スタンディングになると、真野ちゃんの下半身はあまり見えず、背の低い人の場合は最前列以外は、あまり真野ちゃんが見えなかったかもしれません。これは先日のANNEXイベントの時も含め、以前から感じていたことなのですが、真野ちゃんの運営スタッフさんはわりと、ファンに気を遣ってくれることが多いものの、ステージの見易さの点では、観客に無頓着なことが多いと思います。肝心のライブの内容が素晴らしかっただけに、この点はちょっと残念でした。

ライブの内容は、

 1.世界はサマーパーティ
 2.ごめん話したかっただけ
 3.青春のセレナーデ
  MC 異様に盛り上がってうれしい。Twitterのハッシュタグの話、天気の話など
 4.心の谷間(ソロでは初披露)
  MC ステージから、客席をバックに写真を撮る。
 5.ダレニモイワナイデ
  MC 「ダレニモイワナイデ」がライブで盛り上がって嬉しいなど
 6.OSOZAKI娘
 7.21世紀的恋愛事情
 8.元気者で行こう!
  MC 告知、新作DVD,新曲について
 9.My Days for you
  MC 最後の挨拶
10.おやすみなさい(初披露)

今回はトーク少な目、真野ちゃんの給水も少なめで、ノリのいい曲がテンポよく披露される様子に真野ちゃんの成長ぶりをすごく感じました。上記の内容で1時間ちょっとのライブでしたが、これならば、今後もソロで2時間のライブは楽勝でこなせるほど、真野ちゃんは実力をつけたんじゃないかと思いました。バスツアーにくるくらいのファンだけに、観客のノリもものすごく、真野ちゃん自身も「青春のセレナーデ」は今までで、一番盛り上がったと言って喜んでいました。

ばすつあー2

ライブの衣装はANNEXおよび、コンサートの2着目の衣装と同じでした。

「おやすみなさい」を歌い終わって、真野ちゃんがステージから消えたあと、また、安倍元総理にちょっと似た、とぼけたおじさんのスタッフが、「会場は出口が狭いので規制退場となります。みなさましばらくそのままお待ちください」と、言って、1列目の人から退場となったのですが、今回も真野ちゃんがロビーにいて、ファンひとりひとりに以下のメッセージカードを手渡してました。

Epson392

Epson391

僕は、今日のライブのテンポがよかったことに感激したので、カード渡されるときに、真野ちゃんに、「ライブよかったよ。この調子なら何曲でも連続で歌えるんじゃない?」と言ったら、真野ちゃんは、「おー、やったー」と喜んでくれてました。

メッセージカードの裏面には、2日目の予定が書いてあったのですが、このときの最後の方のMCで、真野ちゃんは、「今回のバスツアーのメインは明日」みたいなことを言っていて、観客はあまりピンときてなかったようなのですが、たしかにそうだということをバスツアー客は、翌日、身にしみてわかることになるのでした。

« 噛み合わない原発議論 | トップページ | 4月3日の写真 その40 »

真野恵里菜」カテゴリの記事

コメント

同じ1号車に乗っていたものです。
こちらを拝見しながらバスツアーを思い出に浸っております。

通りすがりさん、はじめまして、
コメントありがとうございます。

バスツアー楽しかったですね。
また、よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真野恵里菜 Friends"Bus"Party vol.2 レポート その2:

« 噛み合わない原発議論 | トップページ | 4月3日の写真 その40 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

オススメ商品

無料ブログはココログ