« 6月1日の写真 その31 | トップページ | 4月3日の写真 その59 »

2011年7月18日 (月)

とりいそぎダイジェスト

名古屋から、ほぼ予定通りの行動が出来て、無事帰ってきました。豆知識ですが、今日みたいな、行楽シーズンの最終日の上りの東海道新幹線の指定席はちょっと早めに押さえておく必要がありますね。僕は、ハロショイベントの1回目を終えて、大体2回目のイベントの終わり&名古屋駅までの移動時間が想定できたところで、携帯で東海道新幹線の指定席を押さえたのですが、それでも、乗りたい時間よりも20分後の新幹線になってしまいました。でも、もっと遅い時間だと、2時間待ちになるような状況もあったようなので、早めに押さえておいてよかったです。行楽時期だと、3分毎とか、7分毎とか、高速鉄道とは思えない時間間隔で運転される東海道新幹線ですが、それでも、満席になるなんてすごいですね。

そんなわけで、この2日間のダイジェスト記事をちょっと書いてみます。

1.ハロコン

7月17日に、中京大学文化市民会館オーロラホールで行われた、「Hello! Project 2011 SUMMER ニッポンの未来は YEAH YEAH ライブ」に行ってきました。いつも書いているように、ハロコンは、豪華すぎて、ステージのどこを見ていても、おいしいところを見逃してしまうような気がして、それでいてチケットが高いので、僕はどうも苦手意識があり、昨年のファンコラも結局行かなかったのですが、行ったら行ったでそれはものすごく楽かったです。まず、会場行って思うのが、モベキマス各ユニットのファンが入り乱れて、面白いと、いつも思うのですが、今回は以下のTシャツを着ている人が結構多くて、目に付きました。

またまたケーキ

ももちのTシャツは、いつも、着るには勇気の要るデザインだなあと思っているのですが、今回のさゆみんの生誕Tシャツもけっこうインパクトあるなあと思いました。オーロラホールの反対側の道で、このさゆみんのTシャツ着て、ハッピを着ている人が目立っていて、気合入っているなあと思ったら、なんと、魚民の呼び込みの店員さんでした。

今回は早い時間に入場したので、募金活動に協力しました。各ユニットが回代わりで募金活動を行っていたようで、僕が入った回はモーニング娘。のメンバーが募金活動を行ってました。

それから、この日はなんと鞘師里保ちゃんが、前日のライブで脚を痛めて、座ってのパフォーマンスとなってしまいました。ダイナミックな鞘師ちゃんのダンスが見れないのは残念でしたが、まだ成長期のちっちゃい体で、めいいっぱいダンスしているだけに、体への負担も大きいんだろうなあとちょっと心配しちゃいました。鞘師ちゃんは、移動時はちょっと脚をひきづってましたが、座ってても、元気いっぱいに歌って、上半身で踊ってくれてました。

ライブでは、どうしても応援席に目が行ってしまうのですが、今回はフクちゃんと生田えりぽんが印象に残りました。

かき氷タイム

フクちゃんは、真野ちゃんが「世界はサマーパーティ」を歌っているときに、応援席ですごく大きなアクションで応援してくれてました。また、MCで、「部屋が散らかっているイメージのメンバーランキング」でさゆみんが2位になって、さゆみんが、「絵里がいれば、ダントツで一位なのに、(いなくなって)痛いですね。絵里は片付けられない女なんですよ。でも、最近も元気にやってますよ」と、亀井絵里ちゃんの話になったときに、にフクちゃんが大喜びしている姿がスクリーンで抜かれていて、フクちゃんも亀ちゃんが好きなんだなあと思いました。

初日だったょ

生田えりぽんは、まとこさんとのMCで「アイドルが好きってことだけどどういうアイドルが好き?」みたいなことを聞かれて、「天然でほんわかした雰囲気の人で・・・」と、話すと、ももちが「あたしのことでしょ?」みたいなアピールをして、するとえりぽんは「最初は矢口さんで、そのあとが前田さん(ゆうかりん)で・・・」ということで、結局ももちの名前は出なくって、ももちがしょんぼりするというお約束のパターンのMCがあって、その流れで、今日はゆうかりんがソロで歌うコーナーがあったのですが、曲中えりぽんが、ゆうかりんに向かって、応援席から、両手を大きく振るロミオのポーズをずっとやってたわけです。すると後ろのひな壇で見ていたかにょんと、あやちょが、負けじとロミオをやりだして、横にいた萩原舞ちゃんまで巻き込んで、生田えりぽん側の応援席が、ゆうかりんの曲中ずっとロミオ大会になってて面白かったです。

この流れは、次の鈴木愛理ちゃんのソロ曲にも続いていました。さらに、Berryz工房が「笑っちゃおうよボーイフレンド」を歌ったときに、生田えりぽんは、世代的にこの曲をよく知らないようだったものの、Berryz工房の方を一所懸命見てフリコピしようとしていて、「えりぽんは、いい子だなあ」とか、「ほんとにアイドルがすごく好きなんだなあ」と思って、僕の中での生田えりぽんの好感度がものすごくアップしました。

2.真野ちゃん握手会

ハロコンの翌日、18日に真野ちゃんの握手会が10時から16時まで行われるということで、僕は油断して、10時30分ごろに会場に行ったら、東京会場より多いんじゃないかと思うくらい人が多くてビックリしました。午後からのBerryz工房のハロショイベと、モーニング娘。CD発売記念イベントに行く人が来てるから、午後には人が減るだろうというのが大方の見解だったのですが、確かに12時すぎになると、モーニング娘。CD発売記念イベントに行くために行列から離れている人もいたものの行列の勢いが衰えませんでした。僕当初握手会参加券を6枚引き換えたものの、結局13時ちょっとすぎに3回目の握手を終えたところで、次に並ぶと、確実にハロショイベに間に合わなくなると思って断念して、会場を去りました。

結局想定以上に人が多くきたため、最後の方はちょっとスピードが早くなってしまったようです。というか、今回握手会参加券を10枚以上引き換えていた人も結構いて、結局、今回は真野ちゃんとゆっくり話せるイベントという評判から、多数回ループする人がものすごく増えたために、結局、設定した時間内に終えることができず、最後はスピードが速くなってしまったようです。この状況をハロプロ川柳風に詠んでみると、

神イベに
ガッつきすぎて
墓穴掘る

といった感じかなと思います。とはいえ、CDが沢山売れた方が主催者側も嬉しいわけだし、どうするのがよいのか、企画する側も難しいのかなとも思います。でも、またぜひこうした好企画をやってほしいです。

3.ハロショイベント

熊井ちゃんとももちのダイエー今池臨時店のハロショイベントなのですが、一昨年にくらべると、イベント時間は短く(約35分くらい)なったものの、内容はすばらしく充実したイベントとなりました。特に、ももちは、一昨年のイベントがすごい評判よかったのに、昨年はダイエー今池臨時店のハロショイベントに呼ばれなかったのが悔しかったようで、すごく気合が入っていたようです。

詳しいレポは後日書こうと思いますが、簡単にハイライト的に書いてみると、なんと1回目の公演は、「ももちが女王様になって「痛快ベリーズ王国」をやる」で、2回目の公演では、「熊井ちゃんが、「くまくまプリンセス」をやる」という、双方のラジオを毎回聴いている僕としては、たまらない企画でした。そして、2回目では「今日はこんなコーナーやっちゃいます。「もしもし、くまでーす」」ということで、マネージャさんの携帯から、須藤茉麻ちゃんに電話をかけるということもやってくれてすごく盛り上がりました。

ということで、一昨年の熊井ちゃんとももちのイベントは僕がイベントレポートを書くスタイルを確立したイベントということもあり、特別な思い入れもあるので、必ず、近日中に詳細レポートを書くことを宣言したいと思います。

最後にちょっと、その前フリということで、16日夜のハロコンでのももちの発言を記載しておきます。

7/16夜ハロプロ川柳から 
ル*’ー’リ<もも推しです だけど真野ちゃん 別腹です  
ル*’ー’リ<解説を読みます ももち推しですが真野ちゃんは別腹といえば正当化できると思います ももちこの気持ちわかりますか? はい、わかりません!

« 6月1日の写真 その31 | トップページ | 4月3日の写真 その59 »

真野恵里菜」カテゴリの記事

Berryz工房」カテゴリの記事

モーニング娘。」カテゴリの記事

℃-ute」カテゴリの記事

S/mileage」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とりいそぎダイジェスト:

« 6月1日の写真 その31 | トップページ | 4月3日の写真 その59 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

オススメ商品

無料ブログはココログ