« 9月19日の写真 佐々木みゆうちゃん その27 | トップページ | 4月3日の写真 その177 »

2011年11月17日 (木)

シグマ30mm F1.4 VS プラナー50mm F1.4 その3

昨日、佐々木みゆうちゃんを撮影したときも、サブカメラに、NEX-5N+プラナー50mm F1.4を使ってみました。今回は、意図的に、プラナー50mmのちょっと絞った画像を試したかったので、F4で撮ってみました。

まずは、いつもの、メインカメラのEOS50D+シグマ30mm F1.4の写真ですが、

2011111731

こちらは、F1.4で撮ってますが、いつものような雰囲気の写真です。が、佐々木みゆうちゃんが、超かわいいのは言うまでもありません。

そして、NEX-5N+プラナー50mmでは、

2011111732

こってりした色合いは、前回、内山薫ちゃんを撮ったときと同様ですが、F4に絞ったことで、かなりシャープな画像になりました。インパクトとしては、前回のふんわりした画像の方があったので、おそらく、ポートレート写真の作品っぽい画像を狙うなら開放付近がよくって、アイドル生写真のような全体的にシャープな画像が求められるときには、少し絞った方がいいのかなと思いました。こういう使い分けもできるということで、やはり、プラナー50mm「標準レンズの帝王」と言われるだけのことはあるなということを実感できました。

それから、NEX-5Nのピーキング機能はやはり強力で、ほとんどの写真でピントを難なく合わせることが出来ました。動いているものを撮るのでなければ、オートフォーカスよりも信頼できるのではと思いました。今後は、ピーキング機能での使用を前提とした、オートフォーカス機能を省いた、コンパクトで安価で高性能なマニュアルフォーカス専用レンズが出てくると、写真撮影もより楽しくなるのではと思いました。

« 9月19日の写真 佐々木みゆうちゃん その27 | トップページ | 4月3日の写真 その177 »

写真撮影」カテゴリの記事

佐々木みゆう」カテゴリの記事

NEX-5N」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シグマ30mm F1.4 VS プラナー50mm F1.4 その3:

« 9月19日の写真 佐々木みゆうちゃん その27 | トップページ | 4月3日の写真 その177 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

オススメ商品

無料ブログはココログ