« 9月19日の写真 佐々木みゆうちゃん その22 | トップページ | シグマ30mm F1.4 VS プラナー50mm F1.4 その2 »

2011年11月11日 (金)

シグマ30mm F1.4 VS プラナー50mm F1.4

今日の写真の記事でレンズの話題を書いたのは、この記事の前フリだったりします。11月8日に内山薫ちゃんの個人撮影をしたときに、初めて最近購入したNEX-5Nをサブカメラとして、実践投入しました。レンズはいつもの、キャノンEF85mm F1.8 USMを使おうと思ったものの、やっぱり広くない室内では、85mmは使いづらいので、50mmを使おうと思って、前から気になっていたコンタックス・プラナーT* 50mm F1.4 (MM)を中古で買って使ってみることにしました。

 プラナーT* 50mmは、コンタックスカメラ用のレンズですが、最近マウントアダプタを使用して、主にミラーレス一眼で使用するのが、流行っています。「標準レンズの帝王」と言われているわりには、価格がお手ごろだったりします。マニュアルフォーカス専用レンズなので、ピント合わせが難しいかと思ったのですが、NEX-5Nはマニュアルフォーカス時に、液晶モニターでピントが合った場所の色を変えて表示(黄、赤、白から色を選ぶことができる)できる、ピーキングという強力な機能があるので、ぜひとも、プラナーT* 50mmを使ってみたくなりました。

それで、

2011111130

上はいつもの、キャノンEOS50Dにシグマ30mm F1.4 EX DC HSMですが、今回もいつものような雰囲気の綺麗な写真で撮れました。

そして、

2011111131

こちらは、NEX-5Nにコンタックス・プラナーT* 50mm F1.4 (MM)をつけた写真ですが、ふんわりした雰囲気で、かつ色はこってりしていて、シグマレンズの写真と雰囲気が全然違うのに驚きました。

内山薫ちゃんが、超かわいいのは、言うまでもないのですが、シグマとコンタックスどっちの写真がいいんだろうと悩みながら、両方で撮った写真を見比べるのつい楽しくなって、ここ数日、この日の写真を見比べるのにハマってしまっています。

それにしても、NEX-5Nは本体はコンパクトデジカメとあまり変わらない大きさなのに、これだけの写真を撮れるとはすごいと思いました。また、ピーキング機能のおかげで、F1.4でもあまりピントを外さずに撮ることができました。

そんな感じで、NEX-5Nはなかなか面白いカメラだと思ったので、これからもたまに紹介記事を書いていこうと思っています。

« 9月19日の写真 佐々木みゆうちゃん その22 | トップページ | シグマ30mm F1.4 VS プラナー50mm F1.4 その2 »

内山薫」カテゴリの記事

写真撮影」カテゴリの記事

NEX-5N」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シグマ30mm F1.4 VS プラナー50mm F1.4:

« 9月19日の写真 佐々木みゆうちゃん その22 | トップページ | シグマ30mm F1.4 VS プラナー50mm F1.4 その2 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ商品

無料ブログはココログ