« ネタがないときのお約束? 読売新聞 | トップページ | 1月9日の写真 内山薫ちゃん その3 »

2012年3月 5日 (月)

最も凶悪な御用学者の逆襲

「格納容器は壊れないしプルトニウムは飲んでも大丈夫」

上記の「プルサーマル公開討論会」にて、小出先生と対決した、「プルトニウムは飲んでも大丈夫」ですっかりお馴染みのこの御用学者さんは、この討論会でも、人の話を薄ら笑いを浮かべて、聴いたり、また、上記の動画では出てきませんが、会場の反対派の質問者に喰ってかかって、司会者からイエローカードをもらうなど、その凶悪ぶりは、すざまじく、まさに御用中の御用、King of御用学者と言ってもいいのではないかと思います。YouTubeのこの動画のコメントも非難の嵐となっています。

この御用学者さんは、原発事故後、ずっとマスコミの取材を拒否していて、沈黙を守っていたのですが、2月28日に自身の研究室のWEBサイトに見解を発表しました。この内容が、よくもまあ、ここまで人の神経を逆なですることができるなあと思うような、極悪ぶりな文章なので、以下に紹介します。

プルサーマル公開討論会に関する経緯について

プルサーマル公開討論会に関する経緯について

プルサーマルに関して、これまで週刊誌で取り上げられ、ネットでも話題になっていることから、先輩後輩、同僚、友人、教え子、研究室学生などの方々に参照いただくため、ここに経緯をまとめておきたい。

1.プルサーマル公開討論会の本質
2005年12月に佐賀県主催で行われた討論会に登壇した。議事の様子は佐賀県のホームページで公開されている。この討論会は、原子力の是非そのものではなく、プルサーマルを実施するにあたって安全上の問題がないかどうかを問うもの。私からは、安全確保の考え方を踏まえてプルサーマルは普通の燃料を使う場合と比べて同じ安全余裕をもっていることを説明した。
客観的に見て、プルサーマルに安全上の課題はない。技術的な問題点を追及するのは難しいだろう。これもあってか、反対派からは、水蒸気爆発が起こるのではないか、プルトニウムは1グラムで100万人が死ぬ、といった反原子力の一般的なプロパガンダが提示された。

2.説明責任
推進派であろうと反対派であろうと、何か技術的なことがらを主張する際には、その根拠やそう思う理由を説明することが必要だ。それで、水蒸気爆発が起こるという根拠は何か、プルトニウム1グラムで100万人が死ぬと思う根拠は何かを聞いた。
水蒸気爆発については、根拠がないということだった。ちなみに、水蒸気爆発が起こるためには、溶けた金属が細かく分散してエネルギーをその場で静かに蓄える状態が不可欠。原子炉事故の場合には水蒸気爆発は起こらないと考えられている。
プルトニウム1グラムで100万人については、単に理念的な話をしているだけで、現実には起こり得ないこと、プルトニウムが水に溶けにくいことなどを指摘した。これもちなみに、米国でプルトニウムを誤って吸引した事故があり、また核実験で大量のプルトニウムが大気に放出されているにもかかわらず、これまでプルトニウムで死亡したという症例は確認されていない。

3.プルトニウムは飲めるか
プルトニウムは水に溶けにくいので、仮に人体に入っても外へ出ていく、と述べたのが、それならプルトニウムは飲めるのか、飲んでみろ、となっているらしい。文脈を考えればわかるのに、いまどき小学生でもこんな議論はしないだろう。

4.話し方について
上のような経緯で、反対派の識者を追及し、追い詰めているように思われるのだろう。不遜だとか話し方が気に食わないという指摘を受ける。イデオロギーにあふれた原子力反対の立場からみれば、そういう強いバイアスで見ているからだと思う。受け取り方なのでどうしようもない。
ただ、自分のイデオロギーのみに基づいて、それに合うか合わないかだけで、これは正しい、あれは間違いという単純なスタンスは、何なのだろう。

5.「やらせ」事件
この討論会について、九州電力のいわゆる「やらせ」が問題となった。私は、佐賀県から依頼されて登壇したもので、話す内容や質疑などについて九州電力からの連絡は一切なかった。
客観的にみれば、この種の討論会は、推進派も反対派も動員をしてそれぞれの立場から質疑を行うのは当然であり、違和感はない。国会答弁でも何でも同じだろう。目立ちたがり屋の弁護士さんが「やらせやらせ」と言い出し、それに社会全体が翻弄されただけではないだろうか。

6.マスコミ報道
この件に関しては、マスコミからの取材をすべてお断りしている。回答したことはない。技術的にわからなければ聞きに来れば良いのに、こちらへの連絡からしてそもそも、原子力反対の立場で問いを投げかけてくるものが多い。おそらく記事構成もすでに決まっているのだろう。
まったく面識のないある週刊誌記者は、いきなりメールを送りつけてきて、その日の何時までに文書で回答せよとのことだった。一体何様なのか。

書いてあることを要約すると、

・私は「水蒸気爆発はしない」と言ったのだ。水素爆発の話などしていない!
・「プルトニウムを飲め」などと、幼稚な煽りはするな!
・私の話し方が悪いというが、原子力反対のバイアスで見ているからそう見えるだけだ!
・「やらせ」の何が悪い!
・マスコミ、うざい!

といった感じでしょうか?なんか、プロレスの悪役レスラーのインタビュー記事を読んでいるようです。上の動画でも、「格納容器が壊れるなんて考えられない」とはっきり言っているのに、全く反省する気配もなく、自分を正当化しようとする姿勢には呆れます。この御用学者さんは、わざとヒール(悪役)を演じているのでしょうか?東大の学者さんって、正統派と悪役に分かれてプロレスみたいな抗争でもやっているのでしょうか?

この御用学者さんの場合からも、原発推進派は、人としてとても信用できず、ロクな人間がいないということがよくわかると思います。

絶対原子力戦隊スイシンジャー

国と大手マスコミによる悪質な安全デマ

ダッ!ダッ!脱・原発の歌/制服向上委員会【PV】

原発の代替エネルギーの本命はガスタービンコンバインドサイクル発電

「ダッ!ダッ!脱・原発の歌/制服向上委員会」(初披露時の映像)

原子力村 - Wikipedia

原発関連御用学者リスト

原発関連御用学者リスト(医学関係)

※僕のブログでは、本来趣味の内容を取り上げることにしているのですが、福島第1原発事故についての政府やマスコミの対応があまりにひどいこと、また、自分があまりに原発の問題に無関心だったことを恥じているので、僕のブログでも、微力ながら、自分の知りえた情報を伝える記事をできるだけ書くようにすることにしました。原発関連の記事のみを見る場合は、右にある「カテゴリー」の「原発事故」をクリックすると、記事をまとめて見れるので便利だと思います。

« ネタがないときのお約束? 読売新聞 | トップページ | 1月9日の写真 内山薫ちゃん その3 »

原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最も凶悪な御用学者の逆襲:

« ネタがないときのお約束? 読売新聞 | トップページ | 1月9日の写真 内山薫ちゃん その3 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ商品

無料ブログはココログ