« 4月1日の写真 内山薫ちゃん その28 | トップページ | 4月23日の写真 佐々木みゆうちゃん その24 »

2012年8月 3日 (金)

読売新聞の社説はもはやギャグ?

最近は、世の中的に、反原発の機運が高まって、僕がブログの記事を書く事も少なくなっているのですが、悪魔の原発推進派の読売新聞が、原発についてのことではないものの、超フザケた社説を書いているので紹介します。

消費税と新聞 文化と民主主義を守るために(8月3日付・読売社説)

欧州諸国では、新聞や書籍に対する付加価値税を低く抑える軽減税率を採用している。
 活字文化と民主主義を守るため、日本でも今回の消費税率引き上げで、軽減税率を導入すべきである。
 日本の消費税に当たる欧州の付加価値税は、税率が20%前後と日本より高いが、新聞に適用される税率は、ドイツが7%、フランスが2・1%、イギリスが0%などに軽減されている。
 新聞が、国や地方の政策や多様な言論を伝えて判断材料を提供するなど、民主主義を担う「公器」として認識されているからだ。
 日本でも新聞は、こうした観点から多くの読者の信頼を得てきた。子どもたちの読解力を伸ばし、問題解決のための判断力や思考力を養うことを目指して、学校で新聞を活用するNIE(教育に新聞を)活動も広がっている。
 新聞の公共性、公益性に着目する必要がある。
 超党派の国会議員でつくる「活字文化議員連盟」は、新聞や書籍などに現行税率5%の維持を求める声明を出した。
 「日本の活字文化保持の中枢の役割を果たしてきた公共性は極めて高い。消費税率引き上げは国民の活字離れを加速させる」と強い危機感を示している。
 大詰めを迎えた消費税率引き上げ法案の国会審議でも、軽減税率を巡る議論が活発化している。
 公明党の松あきら副代表は「欧州では新聞や書籍は民主主義の知的インフラとみなされ、軽減税率が目立つ」とし、日本でも消費税率を8%に引き上げる段階から導入するよう求めた。
 野田首相は「様々な観点から検討する。外国の事例の検討も大事な要素だ」と応じた。
 欧州の事例に学び、「知識」や「教育」に対する課税は、慎重に考えるべきだろう。
 社会保障制度を安定的に維持するには、将来的に消費税率を10%超に引き上げる追加増税を視野に入れざるを得ない。
 家計の負担感をやわらげ、国民の理解を得るためにも、軽減税率の導入が効果的だ。
 「対象品目の線引きが難しく、税収減につながる恐れがある」として、財務省を中心に軽減税率への反対論がくすぶる。
 だが、軽減対象を限定すれば、大幅な税収減とはなるまい。
 軽減税率の対象に何を選ぶかは、第三者委員会のような組織で検討したうえで、政治が責任を持って判断すべきである。

読売新聞は消費税増税の必要性を散々主張していたのですが、自分のところは税率を下げろと言っているわけで、このあまりの傲慢さに、僕は呆れて、この社説を読んで笑ってしまいました。

僕は、読売新聞の偏向報道や、原発推進のために平気でウソをつく姿勢から、「読売新聞は読み手に偏った考え方を植え付けようとする、青少年の健全な育成に有害な新聞」であると、批判してきているわけですが、そんな読売新聞が「公共性、公益性、さらには教育にも役にたっているのだがら税金下げろ」とは、「よく言うよ!」思って空いた口がふさがりません。

また、この社説の文章自体、思いつくままに、短文をただ連ねただけで、とっても下手くそな文章だと思います。読売新聞には、もはやまともに文章を推敲できる人もいないのでしょうか?

夏休みということで、新聞を読んで感想を書くような宿題が出されている学生の人もいると思うのですが、今日の読売新聞の社説は、悪い文章の典型として使ってみるといいと思います。そういう意味では、読売新聞も教育の役に立っていると言えるのかもしれませんが、悪い例として扱われるのは、日本を代表するメジャーな新聞の本来の役割ではないですよね。

ダッ!ダッ!脱・原発の歌/制服向上委員会【PV】

絶対原子力戦隊スイシンジャー

国と大手マスコミによる悪質な安全デマ

原発の代替エネルギーの本命はガスタービンコンバインドサイクル発電

「ダッ!ダッ!脱・原発の歌/制服向上委員会」(初披露時の映像)

原子力村 - Wikipedia

原発関連御用学者リスト

原発関連御用学者リスト(医学関係)

※僕のブログでは、本来趣味の内容を取り上げることにしているのですが、福島第1原発事故についての政府やマスコミの対応があまりにひどいこと、また、自分があまりに原発の問題に無関心だったことを恥じているので、僕のブログでも、微力ながら、自分の知りえた情報を伝える記事をできるだけ書くようにすることにしました。原発関連の記事のみを見る場合は、右にある「カテゴリー」の「原発事故」をクリックすると、記事をまとめて見れるので便利だと思います。

« 4月1日の写真 内山薫ちゃん その28 | トップページ | 4月23日の写真 佐々木みゆうちゃん その24 »

原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読売新聞の社説はもはやギャグ?:

« 4月1日の写真 内山薫ちゃん その28 | トップページ | 4月23日の写真 佐々木みゆうちゃん その24 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ商品

無料ブログはココログ