« 2月10日の写真 糸家かれんちゃん その5 | トップページ | 2月3日の写真 佐々木みゆうちゃん その9 »

2013年2月16日 (土)

10CC The Original SoundtrackのUKオリジナル盤

10CC オリジナル・サウンドトラック
10CC オリジナル・サウンドトラック
amazonで詳細を見る

以下の記事は、情報というよりも個人的な備忘録になります。

今日DISK UNION新宿店7階の中古レコード廃盤セールを見てきたのですが、その中で、10ccの1975年発売の名盤「The Original Soundtrack」のUKオリジナル盤が2枚あるのが、目に止まりました。1枚が、マトリクス番号A面1B面2で2990円、もう1枚が、マトリクス番号A面1B面4で3990円ということで、単純にマトリクス番号が若い方がいいということで選ぶのであれば、迷わず前者なのですが、僕は最近マトリクス番号が若いからいいとは限らないことがわかってきたので、どっちを選ぶがすごく迷ってしまいました。さらに、後者の方が、ジャケットに厚みがあって、ちょっぴり豪華に見えるのも、迷いを深める原因になりました。

それで、両方を検盤して、両者のB面1曲目の出だしを聴き比べてどちらか決めることにしました。で、1000円高いだけあって、後者のほうが多少盤質がよく、プチプチいうノイズが少なく、さらに音も後者の方が、歪みが少ない(これは、僕の気のせいの可能性が高い)と思ったので、B面のマトリクス番号が進んでいるものの、結局後者のマトリクス番号A面1B面4の方を選びました。実際、家に帰って聞いていみると、想像どおりのUKオリジナル盤らしい、CDでは決して味わえない、生生しく、迫力のある音が楽しめたのですが、今日の選択が正しかったのか、正直自信がなかったりします。

このレコードは、効果音やパーカッションやギズモの音が歪みやすそうで、カッティングが難しいのかなあとか、B面はちょっと長めなので、最後の曲の壮大なコーラスがレコードの内周部分になって歪みやすいのかなあと、リカットされた原因を想像してしまうのですが、あくまでも、素人の想像なので、あてにはならないです。また、ネットを見ていると、マトリクス番号がA面2B面1というのもあるみたいなので、さらに謎が深まります。また、マトリックス番号が進んだ盤の方がジャケットに厚みがあったのも謎です。まあ、レコード鑑賞は、一生モノの趣味なので、数年から数十年かけて、こうした謎に挑んでみるのも、楽しいのかもしれないのかなあとも思ってます。

« 2月10日の写真 糸家かれんちゃん その5 | トップページ | 2月3日の写真 佐々木みゆうちゃん その9 »

アナログレコード」カテゴリの記事

洋楽ロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534581/56780232

この記事へのトラックバック一覧です: 10CC The Original SoundtrackのUKオリジナル盤:

« 2月10日の写真 糸家かれんちゃん その5 | トップページ | 2月3日の写真 佐々木みゆうちゃん その9 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

オススメ商品

twitter

無料ブログはココログ