« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

浜田省吾ライブスペシャル“僕と彼女と週末に”は、とても素晴らしい番組でした

浜田省吾/RISING SUN-風の勲章

先日告知した、NHK BSでの「浜田省吾ライブスペシャル“僕と彼女と週末に”」は無事に7月28日にオンエアされて、とても素晴らしい番組でした。なぜか、白クマの着ぐるみ着てしゃべったり、ちょっとコントっぽいことしたりと、浜田省吾さんの意外にお茶目な部分も健在で嬉しかったです。上記のライブ映像でもわかるように、豪華な映像セットを設置したりとは、実は浜田省吾さんって、サービス精神旺盛な人だと僕は昔から思っていました。社会性の高い題材が多いのも、多分リアルな感情を表現するためなわけで、決して、説教臭かったりとか、独りよがりのメッセージソングとは、全く異なるものだということは、浜田省吾さんの曲を聴いたことのある人ならよくご存知のことだと思います。と、いうか、そうした歌詞の題材とか情景に関して、ものすごく醒めた視点を持っているのが、浜田省吾さんの特徴であり、また、それだからこそ、ものすごく共感できるのだと、僕は思っています。

こんなに素晴らしい番組なのだから、地上波の、もっといい時間帯で再放送すればいいのにと、思いました。

2013年7月30日 (火)

5月12日の写真 糸家かれんちゃん その24

2013072901

ストリートでの撮影ということなので、まわりの風景を活かした構図にできないかと考えると、自然と横長の写真が多くなります。2013072905

2013072906

2013072907

2013072908

おーばーちゅーる? → ネガポジ+カラフル

すてきな夜空

Baby Love Me Do!

このときは、午後の早い時間だったのですが、意外と人通りが少ない通り道でした。

糸家かれんさん自己紹介!

【+tic color】『+tic colorと生電話!@あきばふぉん』スタート

Keep in touch [DVD]
Keep in touch [DVD]
amazonで詳細を見る

糸家かれんオフィシャルブログ

2013年7月29日 (月)

プリンスのお笑いライブ映像

While My Guitar Gently Weeps

最近僕は、ビートルズの世界のアナログ盤レコードを紹介する本「アナログミステリツアー」をよく読んでいるのですが、その中で、プリンスの話題がちょっと出ていて、その本のプリンスについての注釈が「2004年、ジョージハリスンがロックの殿堂入りしたとき、トムペティ、ジェフリンとともに会場で、「While My Guitar Gently Weeps」を演奏。曲の途中で突如現れギターを弾いた人」となっていて、ヒット曲が多数あって大スターのプリンスをなんでこういう紹介の仕方をするんだろうと思ったのですが、YouTubeでこのときの映像を見て、とても納得して、大笑いしたので、しょうかいします。

この映像では、トムペティ、ジェフリン、スティーブウインウッドや、ジョージハリスンの息子など、超豪華メンバーが演奏しているわけですが、レコードの完コピで、恐ろしく地味な映像になっているところ、プリンスが加わっって、場違いな感じの派手なパフォーマンスするところで、雰囲気が一変します。こういう雰囲気になると、プリンスがカッコつければつけるほど、笑えてしまって、ジャンルは違えど、杉良太郎がカッコつけて「あいーつの名はぽりーすまーん」と歌っているのが面白いのと似た面白さがあります。

この映像の最大のお笑いポイントは4分すぎくらいで、プリンスが、助手に背中を支えてもらって、仰け反ってギターを弾いているところだと思います。21世紀になって、こうしたギターの弾き方をする人を僕は初めて見ました。プリンスが助手に向かって「この曲のこの辺で、仰け反るから背中を支えろ」と、事前に指示している想像すると、おかしくてたまりません。カメラスタッフも地味なメンバーよりもプリンスを写し続けた方が笑えることにすぐ気付いたようで、もう、後半はプリンスのアップ映像ばかりになります。地味に演奏しているメンバーも、そういう役回りでお笑いに加担しているような印象さえ感じます。最後にギターを投げるというオチまでつけて、プリンスはお笑いとして最高の仕事をしたように思います。などと書いていますが、僕は真面目なプリンスも大好きです。

そんなわけで、とっても笑えるこのライブ映像はおすすめです。

2013年7月28日 (日)

5月12日の写真 糸家かれんちゃん その23

2013072801

今回より、この日の第2部の撮影会写真を掲載します。このときは、スカイツリーが見える場所でのストリート撮影だったのですが、ストリート撮影って、僕はこのときが初めて行いました。

2013072802

2013072803

2013072804

おーばーちゅーる? → ネガポジ+カラフル

すてきな夜空

Baby Love Me Do!

ストリートでは、どう撮るのがいいのか、よくわからず、試行錯誤の連続でしたが、普段とはまた違った写真が撮れたので、楽しかったです。

糸家かれんさん自己紹介!

【+tic color】『+tic colorと生電話!@あきばふぉん』スタート

Keep in touch [DVD]
Keep in touch [DVD]
amazonで詳細を見る

糸家かれんオフィシャルブログ

2013年7月27日 (土)

カートリッジとレコード盤の相性について

2013072701

ジョージハリスンの「思いは果てなく/母なるイングランド」の日本盤のレコードをMCカートリッジの定番であるDENON DL-103で聴いたら、ものすごくいい音で再生されて、レコード盤とカートリッジの相性とはこういうことなのかということが、少しわかった気がしたので、書いてみます。

このレコード、帯付きの見本盤なのに、ディスクユニオンで1700円と、わりと安く購入できたものでした。見本盤なので、レーベルが白ラベルで、

2013072702

レーベルの外側の送り溝のところを見ていると、通常のワーナーパイオニアのレコードにあるレコード番号等の刻印以外に、手書きで「DHK-1-3492(B面はDHK-2-3492)」と書かれていて、これはジョージのレコード会社のダークホースレコードのレコード番号を表しているので、どうやら、この盤は日本でカッティングしたのではなく、輸入メタルマザーを使用した可能性が高いことがわかりました。なので、このレコードはすごく、いい音がするかもしれないと思って、聴いてみたのですが、いつも僕が使っているMMカートリッジで再生したとには、明らかにわかる優位性は感じられず、「輸入メタルマザーを使用していても、いい音とは限らないのかなあ」と思っていったところ、MCカートリッジのDL-103で聴いてみたら、音がいいことをはっきりと感じることができました。

具体的には、DL-103で聴くと、個々の音の分離が良くなって、例えばレイクーパーの派手なタンバリンの音とか、ジョージのスライドギターの音などが明瞭に聴きやすくなり、さらには、ジョージの歌もすごく聴きやすくなりました。DL-103のようなMCカートリッジは繊細な音が収められたレコードの再生に向いているとよく言われるようなのですが、そういう意味ではこのレコードは、すごく繊細に音が収められた、高音質なレコードなのではないかと思いました。

2013072703

比較用に、以前から持っていた、US盤と聴き比べてみたのですが、US盤は日本盤ほど、繊細に音が分離しなかったので、US盤よりかは、日本盤の方が優れているのではないかと思いました。あとは、一般的に人気のあるUK盤と比べてどうかなのですが、同じ原盤を使っていることもあるし、これ以上の音がする盤があるとは想像しにくいので、全世界的に見ても、ジョージハリスンのこの日本盤はかなり高いレベルの音質なのではないかと思います。

「ジョージハリスンの日本盤は音がいい」という話は聞いた事がなかったので、他のワーナーパイオニアのジョージのレコードも買ってみたのですが、「慈愛の輝き」と「ゴーントロッポ」も輸入メタルマザーを使用している可能性が高いようです。また、「33&1/3」「クラウドナイン」も音がよいと感じました。このあたりは、近いうちに情報をまとめて、記事にしたいと思っています。

僕が普段DL-103を使わないのは、DL-103は音がクリアーに整いすぎて、ロックを聴くには迫力不足に感じることが多いと思っているからです。実際、今日YMOのファーストをDL-103で聴いてみたら、電子音のピコピコ音が綺麗すぎて、全然迫力がなくて、「なんて、つまんない音楽なんだ」と思ってしまいました。YMOのファーストを聴くには絶対MMカートリッジの方がいいと思います。

こんな感じで、DL-103と相性がいい盤が見つかって、アナログレコードを聴くのがさらに楽しくなりました。一般的にはMCカートリッジよりMMカートリッジの方が安いのですが、ロックを聴く場合では、上記のYMOのようにMMカートリッジの方がよかったりもするので、オーディオは高価なものが絶対いいとは限らず、こうしたところも面白いなあと思っています。 

2013年7月26日 (金)

5月12日の写真 糸家かれんちゃん その23

2013072601

今晩は、「ぷっすま」にハロプロメンバーが沢山出演するので、ものすごく楽しみなわけですが、日曜夜のNHK-BSの浜田省吾さんの番組の番宣がNHKで結構放送されていて、こちらもものすごく楽しみです。せっかくだから、地上波で放送すればいいのにと思うのですが、なんでBSなんでしょうかね?

2013072602

2013072603

2013072604

おーばーちゅーる? → ネガポジ+カラフル

すてきな夜空

Baby Love Me Do!

今週も、ゲリラ豪雨があったりとか、激しい一週間でしたが、はやめに猛暑を体験したおかげで、わりと過ごしやすい日々を過ごしているような気がします。みなさんも、よい週末を、お過ごしください。

糸家かれんさん自己紹介!

【+tic color】『+tic colorと生電話!@あきばふぉん』スタート

Keep in touch [DVD]
Keep in touch [DVD]
amazonで詳細を見る

糸家かれんオフィシャルブログ   

2013年7月25日 (木)

5月12日の写真 糸家かれんちゃん その22

2013072501

かれんちゃんの参加しているアイドルユニット、+tic colorの次のライブは、8月3日とのことです。かれんちゃんがTwitterで告知してくれているので、みなさん、ぜひチェックしましょう。

2013072503_5

2013072504 

2013072502

おーばーちゅーる? → ネガポジ+カラフル

すてきな夜空

Baby Love Me Do!

かれんちゃんのライブ活動、とっても楽しみです。

糸家かれんさん自己紹介!

【+tic color】『+tic colorと生電話!@あきばふぉん』スタート

Keep in touch [DVD]
Keep in touch [DVD]
amazonで詳細を見る

糸家かれんオフィシャルブログ

2013年7月24日 (水)

破綻寸前の汚染水対策

東京電力が福島第1原子力発電所の敷地内から高濃度の汚染水を海に流出させた件について、日経新聞が社説を書いているので、紹介します。毎日新聞も同様の社説を書いていますが、反原発のスタンスの毎日新聞よりも、本当は原発を推進したいと思っている日経新聞の方が、「こんなことをやっていたら、原発の再稼働などできない。政府に汚染水の問題をなんとかしてもらいたい」という切実さを、感じましたので、日経新聞の記事の方を紹介したいと思いました。

汚染水対策は破綻寸前だ(7月24日付・日経社説)

福島第1原子力発電所の敷地内から高濃度の汚染水が海に流出していることが明らかになった。

 流出がわずかだとしても海の汚染が今なお続く事実は重い。東京電力が状況把握に手間取り、海洋流出を否定し続けたため、漁業者らは東電への不信を一段と強めた。極めて憂慮すべき事態だ。

 東電はタンクにたまり続ける汚染水の処置に苦慮し、放射性物質をほとんど除去した処理済みの水を海に流そうと福島県や関連漁協などに理解を求めようとしていた。実現すれば汚染水を減らす切り札になり得たが、今回の事態で見通しがつかなくなった。

 汚染水流出を止めるため、東電は岸壁近くの地盤に薬液を注入し水を通しにくくする。また流出源である疑いが濃い、原子炉建屋周辺のトレンチ(坑道)から汚染水を抜く計画だ。いずれも流出抑制に一定の効果が期待できるが、とりあえずの対症療法にすぎない。

 汚染水の発生を減らす抜本策を講じないと、増え続ける汚染水のせいで福島原発の収束作業が滞る事態が予想される。このことは今年4月に地下貯水槽からの低濃度汚染水の漏れが判明した時から指摘されてきた。

 東電の汚染水対策は破綻にひんしていると政府は認識すべきだ。もはや東電だけでは手に負えなくなりつつある。政府が一歩前へ出て世界の知恵を集め、長期的な展望にたった対策を考えて実行に移していく必要がある。

 汚染水流出で水産物の風評被害の再燃が懸念される。福島県の漁業者は昨年6月、タコ類など放射能の影響がきわめて少ないものから試験操業を始めた。現在は対象魚種を広げ、本格的な操業再開に向けて努力を続けている。

 福島県外の市場でも、水揚げした水産物の放射能を調べて消費者の信頼回復に取り組んできた。新たな汚染水流出は水産業の復興をめざす関係者の努力を台無しにしかねない。海の汚染状況の把握に政府と東電はもっと力を入れ、風評の払拭にも努めるべきだ。

汚染水が増え続けて、近い将来破綻するということは、汚染水のニュースを見た人であれば、誰でも容易に想像がつくと思うのですが、日経の言うように、なるべく早く、国が主導で対策を行う必要があると思います。また、この件で、やっぱり東京電力は信用できないという認識が改めて、確認されてしまいました。このことによって、柏崎の原発の再稼働も、一段と難しくなったと思います。

このように、原発を推進する人が信用できないから、みんな原発の再稼働を心配しているのであって、そうした状況を踏まえている日経新聞は、原発容認の立場を取る中で、数少ない常識のあるメディアだと思います。また、逆を言えば、読売新聞や産経新聞や、一部の自称経済学者が、こうした状況を無視して、「一刻も早く原発を再稼働すべきだ」と言っているのは、極めて、非常識であると思うわけです。

あと、東電が汚染水流出を認めたのが、参議院選挙の直後だったのは、単なる偶然だったのでしょうか?

ダッ!ダッ!脱・原発の歌/制服向上委員会【PV】

絶対原子力戦隊スイシンジャー

国と大手マスコミ(読売新聞)による悪質な安全デマ

原発の代替エネルギーの本命はガスタービンコンバインドサイクル発電

「ダッ!ダッ!脱・原発の歌/制服向上委員会」(初披露時の映像)

原子力村 - Wikipedia

原発関連御用学者リスト

原発関連御用学者リスト(医学関係)

※僕のブログでは、本来趣味の内容を取り上げることにしているのですが、福島第1原発事故についての政府やマスコミの対応があまりにひどいこと、また、自分があまりに原発の問題に無関心だったことを恥じているので、僕のブログでも、微力ながら、自分の知りえた情報を伝える記事をできるだけ書くようにすることにしました。原発関連の記事のみを見る場合は、右にある「カテゴリー」の「原発事故」をクリックすると、記事をまとめて見れるので便利だと思います。

ハロステ#25

モーニング娘。新曲大公開!!&ヤッタルチャン大作戦!始球式&Juice=Juice植村あかり MC:鈴木香音【ハロ!ステ#25】

モーニング娘。新曲のダンスショットバージョン公開や、℃-uteのフランスライブか­らインディーズデビュー曲「まっさらブルージーンズ」、ヤッタルチャン大作戦は始球式­の模様を。嗣永桃子が歌う「告白の噴水広場」にJuice=Juiceから植村あかり­が登場!

1:48~ モーニング娘。「愛の軍団」 (Dance Shot Ver.)
8:04~ ℃-ute 「まっさらブルージーンズ」@フランスLIVE
14:36~ ヤッタルチャン大作戦!
20:33~ 嗣永桃子「告白の噴水広場」
28:11~ Juice=Juice 植村あかりに聞きました!
35:34~ おまけ

今週のハロステはモーニング娘。の鈴木香音ちゃんがMCです。モーニング娘。の新曲「愛の軍団」がようやくここで、初めて披露されました。やっぱり、歌割の多かった田中れいなちゃんが抜けて、歌声もかなり変わって新鮮な感じがします。もう1曲の方の披露も楽しみです。

また、ももちが歌っているのを見て、やっぱりBuono!のライブが見たいなあと、強く思っていしまいました。℃-ute、Berryz工房の武道館公演が実現するのだから、ぜひともBuono!も武道館でやってほしいと思っているのは、僕だけではないと思うのですが、どうでしょうか。

2013年7月23日 (火)

チェキ会 新企画に期待

モーニング娘。の次のシングルのチェキ会の申込受付が今日から始まりました。

モーニング娘。54thシングル 『わがまま 気のまま 愛のジョーク/愛の軍団』 発売記念 個別チェキ会開催決定のお知らせ

今回から、企画が変わって、メンバーと2ショットチェキが撮れる企画になりました。ただ、メンバーは指名できず、ランダムで選ばれるということで、一部のファンから批判されていたりもするようなのですが、僕としては、正直、チェキの小さい画面に、5人のメンバーと収まるチェキには、そろそろ飽きてきたところだったので、この企画変更は歓迎です。ランダムに選ばれるメンバーもさすがに、10人の中から、選ばれるのではキツいなと思ったものの、下記のようなグループ分けの中から申し込める形式なので、これならば、推しメンに当たる確率は1/5になるし、僕のように、りほりほか飯窪さんがいい、と思っている人は、この2人がいるグループに申し込めば、確率は2/5になるので、かなり当たりやすくなるのではないかと思います。

≪9/14東京①  9/29大阪≫ 販売グループ
わがまま 気のまま 愛のジョーク グループA:[道重さゆみ/譜久村聖/鈴木香音/佐藤優樹/工藤遥]
愛の軍団 グループA:[生田衣梨奈/鞘師里保/飯窪春菜/石田亜佑美/小田さくら]

≪9/15東京②  10/27愛知≫ 販売グループ
わがまま 気のまま 愛のジョーク グループB:[譜久村聖/生田衣梨奈/鞘師里保/佐藤優樹/小田さくら]
愛の軍団 グループB:[道重さゆみ/鈴木香音/飯窪春菜/石田亜佑美/工藤遥]

≪9/23東京③≫ 販売グループ
わがまま 気のまま 愛のジョーク グループC:[道重さゆみ/譜久村聖/鈴木香音/石田亜佑美/小田さくら]
愛の軍団 グループC:[生田衣梨奈/鞘師里保/飯窪春菜/佐藤優樹/工藤遥]

もし、お目当てでないメンバーが当たったとしても、そもそも、モーニング娘。のメンバーと2ショットを撮れる機会って、なかなかないので、それはそれで、貴重な機会となって、楽しめるのではないかと思います。

ただ、ちょっと心配なのは、次回より、チェキ撮影が10多重になるので、チェキ撮る人の腕は大丈夫か(チェキは一眼レフではないため、ファインダーとレンズにずれがあるので、ちゃんと構図を狙うのが意外に難しかったります)、撮影場所の明るさは十分に確保できるか、など、チェキの品質低下がちょっと心配です。また、2ショットチェキならば、縦画面が普通なのに、横画面で撮られたりしないかなどの心配もあります。それでも、この新企画は、期待大だと思います。

前回のチェキ会の写真を載せていなかったので、この機会に、載せてみたいと思います。

2013072301

せっかくの機会なのに、メンバーに下向かせて何やってんだという感じですが、メンバーは、前列左、フクちゃん、右、飯窪さん、と両サブリーダが揃っていて、後列が、左、鈴木かのんちゃん、真ん中、まーちゃん、右、りほりほでした。

実はこのもうひとつ前のシングルのチェキ会の写真も載せていなくて、このときは、何もポーズを思いつかずお任せにしたら、イマイチ精彩のない写真になってしまって、また、りほりほが後列だったので、りほりほだか、石田あゆみちゃんだか、よくわからない写真になってしまって、あまり気に入っていないので、このときの写真は載せるつもりはないのですが、やっぱりしっかり考えて撮った方がよかったと思ったのでした。

それで、このときは、飯窪さんが、ブログで載せていたマカンコウサッポウぽいものにしようと思って、ポーズをお願いしたら、飯窪さんは、「おおー!」と、喜んでくれて、フクちゃんは、「どっち向いてやればいいかなあ?」と飯窪さんに聴いたりして、まーちゃんは、「マカンコウ!マカンコウ!」と連呼してテンションあげてくれて、ほんの一瞬の時間ではあったものの、いつもより、チェキを撮る時間を楽しむことができました。で、写真も顔がわかりにくかったりはしますが、モーニング娘。のメンバーと一緒に遊んでいるような写真が撮れて、満足しています。

しかしながら、やっぱり、後列のメンバーはすごく小さくなってしまうし、さらに後列中央のメンバーは横に寄らないとよく見えなかったりするので、やっぱりチェキの企画としては、限界があると思います。なので、今回より2ショットになって、正解だと、僕は思います。

2013年7月22日 (月)

5月12日の写真 糸家かれんちゃん その22

2013072201_2

今日は土用の丑の日ということで、スーパーやコンビニにうなぎが大量に並んでいましたが、今年はどれもずいぶん高いなあと思いました。コンビニの店員さんに「うな重」を勧められたものの、1980円のコンビニ弁当って、なんだかちょっと躊躇してしまいます。高値でも、うなぎは順調に売れたのでしょうか?

2013072202

2013072203

2013072204

2013072205

おーばーちゅーる? → ネガポジ+カラフル

すてきな夜空

Baby Love Me Do!

うなぎの量がかなり減っているということで、近い将来本当にうなぎが食べられなくなってしまうかもしれませんね。そう思うとやっぱり今日はうなぎ食べた方がよかったかなあと、ちょっと後悔しています。

糸家かれんさん自己紹介!

【+tic color】『+tic colorと生電話!@あきばふぉん』スタート

Keep in touch [DVD]
Keep in touch [DVD]
amazonで詳細を見る

糸家かれんオフィシャルブログ    

2013年7月21日 (日)

5月12日の写真 糸家かれんちゃん その21

2013072101

今日は、目黒の鹿鳴館で行われた、+tic colorのライブを見に行って、かれんちゃんの応援をしてきました。鹿鳴館といえば、ビジュアル系ロックバンドが出るライブハウスというイメージがあるのですが、最近はアイドルライブもやってるんですね。今回のライブイベントは、+tic colorの持ち時間が30分あったりして、各出演者の時間が長めのライブイベントのようでした。

2013072102

2013072103

2013072104

2013072105

おーばーちゅーる? → ネガポジ+カラフル

すてきな夜空

Baby Love Me Do!

かれんちゃんは、今回、体調崩してからの復帰ライブだったので、大事をとって1曲目と3曲目のみの参加で、2曲目は客席に降りて観客と一緒にライブを観覧していました。2曲目のパフォーマンスを見て「自分がいなくても+tic colorが十分成り立っている」と、かれんちゃんは心配していたようなのですが、僕としては、かれんちゃんがいない+tic colorはありえないと思うので、まったく心配する必要はないと思いました。8月も引き続き+tic colorのライブが予定されているようなので、今後のかれんちゃんの+tic colorでの活躍が楽しみです。

糸家かれんさん自己紹介!

【+tic color】『+tic colorと生電話!@あきばふぉん』スタート

Keep in touch [DVD]
Keep in touch [DVD]
amazonで詳細を見る

糸家かれんオフィシャルブログ

2013年7月20日 (土)

7月のレコード100円市

2013072001

今月も、7月20日、21日の日程で、中野厚生会館にて開催されているレコード100円市に行ってきました。今回は初日の開店時に整理番号35番で入りました。今回も開店と同時に50人くらいの人が来場して、ごった返す大盛況でした。今回は、いつも以上に、大量買いしている人が多かったような気がします。それでいて、さすがに、ネタ切れなのか、今回は、いつも以上に、ロック系のレコードは少なかったような気がします。今回の僕の購入枚数は15枚と、開店時間から行ったわりには少なめでした。

2013072002

今回、購入できて嬉しかったのが、上記のYMOのファーストアルバムでした。YMOのファーストというと、

Yellow Magic O
Yellow Magic Orchestra
amazonで詳細を見る

上記のジャケットのUSリミックス版の方が、世の中に出回っている数が多くて、100円レコード市では毎回確実に見かける盤だったのですが、上記の国内版は、中古レコード屋でも、なかなか見かけなくって、1500円くらい出しても買いたいと思っていました。なので、今回、100円市で、しかも、コンディションのいい盤が見つかってよかったです。(なお、上記のアマゾンのリンク先のCDは国内版、US版の2枚組になっています。)

YMOのファーストアルバムは、アナログ機器との相性がいい盤だと思います。電子楽器が中心ながら、個々の音が生々しく響くような録音がされていて、面白いです。

2013072003

ビートルズ関連は、今回は少なく、ビートルズもので、発見できたのは、上記の「マジカルミステリーツアー」だけでした。東芝EMIが東芝音楽工房だった時代の国内盤で、レコード番号が、EAP-9030Xということで、70年代前半くらいに売られていた盤のようです。

2013072004

グラハムボネットのファーストと、アルカトラズのセカンドとサードを発見して、珍しいなあと思って、購入してしまいました。 アルカトラズのファーストも一緒にあったのですが、こちらは購入済だったので、買いませんでした。こんな感じで、100円市では同一のアーティストの盤がまとめて同じダンボールに入っていることがあって、こうしたときには、あまり中古レコード屋では見かけない盤が、入っていることが多いようです。上記のYMOも、YMOが何枚か入っているダンボールを漁っていて発見しました。

こんな感じで、まだまだ面白い発見のありそうな、レコード100円市は来月も開催されることが決定していて、8月10日、11日開催とのことです。こちらも、とても楽しみです。

2013年7月19日 (金)

5月12日の写真 糸家かれんちゃん その20

2013071901

今日は、会社の健康診断に行ってきました。昨年からの糖質制限のおかげで、体重と腹まわりのサイズに明らかに改善が見られたので、問診のときに褒められたのですが、その他細かい結果が、昨年とどう変わっているのか、いないのか、結果を見るのが楽しみです。

2013071902

2013071903

2013071904

2013071905

おーばーちゅーる? → ネガポジ+カラフル

すてきな夜空

Baby Love Me Do!

明日は、久々に、いつもの中野での「レコード100円市」があります。こちらも、とても楽しみです。

糸家かれんさん自己紹介!

【+tic color】『+tic colorと生電話!@あきばふぉん』スタート

Keep in touch [DVD]
Keep in touch [DVD]
amazonで詳細を見る

糸家かれんオフィシャルブログ

2013年7月18日 (木)

【ハロ!ステ#24】

Berryz工房七夕LIVE&モーニング娘。コメント&小田さくら&Juice=Juice MC:萩原舞【ハロ!ステ#24】

今回も盛りだくさんの内容のハロステですが、モーニング娘。の次のシングルが8月28日に決まったことが告知されました。8月は学生の夏休み期間ということで、今回も平日に沢山イベントがありそうですね。

明日は、「ぷっすま」に激辛部に入ったハロプロメンバーが出演します。こちらもとても楽しみです。(【訂正】今週はゴルフ中継で放送がお休みだったので、翌週の放送のようです。失礼しました)

2013年7月17日 (水)

5月12日の写真 糸家かれんちゃん その19

2013071701

それにしても、もう無理だろうと思っていたポール・マッカートニーの日本公演が決まって、本当にうれしいです。前回の来日からすでに11年経つのですが、11年前のことも鮮明に覚えています。このときも、東京ドームで3日間公演があって、初日はステージ横のスタンドが黒いシートで覆われていて、e+でチケット半額セールなどがおこなわれたのですが、2日目以降は、値引きもなく、ステージ横のスタンドも観客でびっしり埋まって大盛況になったことを覚えています。やっぱり、本物がビートルズの曲を歌うライブは格別であり、今回も絶対に見逃せません。

2013071702

2013071703

2013071704

2013071705

おーばーちゅーる? → ネガポジ+カラフル

すてきな夜空

Baby Love Me Do!

今年は、ヴァンヘイレンも来日したし、エアロスミス、キッス、ボンジョビなどの大物の来日公演が行われたりするので、洋楽ファンにとっては、けっこういい年なのかもしれません。

糸家かれんさん自己紹介!

【+tic color】『+tic colorと生電話!@あきばふぉん』スタート

Keep in touch [DVD]
Keep in touch [DVD]
amazonで詳細を見る

糸家かれんオフィシャルブログ

2013年7月16日 (火)

祝!ポール・マッカートニー来日決定!

ついに、ポール・マッカートニーの日本公演の日程が正式発表されました。

ポール・マッカートニー Out There! Tour 日本公演

福岡公演
11月15日(金)福岡ヤフオク!ドーム 開場 17:00 開演 19:00
東京公演
11月18日(月)東京ドーム 開場 17:00 開演 19:00
11月19日(火)東京ドーム 開場 17:00 開演 19:00
11月21日(木)東京ドーム 開場 17:00 開演 19:00
大阪公演
会場・日時は後日発表

http://outthere-japantour.com/

これは、かなり嬉しいニュースです!

5月12日の写真 糸家かれんちゃん その19

2013071601

猛暑が少しゆるみましたが、僕の部屋の室温37度を体験したおかげで、今日の室温32度がものすごく涼しく感じられました。今年は、早めに猛暑を経験したおかげで、もしかしたら、夏を快適に過ごせるのではと、期待しています。

2013071602

2013071603

2013071604

2013071605

おーばーちゅーる? → ネガポジ+カラフル

すてきな夜空

Baby Love Me Do!

かれんちゃんのブログも久々に更新があって、かれんちゃんが元気そうでよかったです。かれんちゃんの今月の撮影会は僕は第2部の1コマのみの参加で、申し訳なく思っていたものの、他の部の撮影会も、参加人数が多くて盛況だったようで、よかったです。

糸家かれんさん自己紹介!

【+tic color】『+tic colorと生電話!@あきばふぉん』スタート

Keep in touch [DVD]
Keep in touch [DVD]
amazonで詳細を見る

糸家かれんオフィシャルブログ

2013年7月15日 (月)

熊井ちゃんと握手

今日は、Berryz工房の個別握手会の第2部に行って、熊井ちゃんと2回握手してきました。Berryz工房の個別握手会の参加は、僕は初めてだったのですが、Berryz工房の握手というと、超高速握手会が基本で、話始めた瞬間に剥がし要員に投げ飛ばされる握手というイメージだったので、今回、大好きな熊井ちゃんと、まともに会話ができる握手会を体験して、ものすごく新鮮でした。

しかし、熊井ちゃんは、あまりに綺麗すぎるので、毎度熊井ちゃんとの握手は緊張するのですが、今回も1回目は、握手の始めに、「今日も暑いね。汗大丈夫?」と、余計な会話をしてしまい、その後の話が中途半端になってしまったりしました。でも、今回は、熊井ちゃんにどうしても聴いてみたいことかあったので、2回目は頑張って、ちゃんと会話しました。

僕は、前にもブログに書いたと思うのですが、最近、ライブでの移動のときの熊井ちゃんの歩き方が、モデルさん見たいでものすごくかっこいいと思ったので、これは、意識的にやっているのかどうか本人に、聴いてみたかったのでした。

それで、2回目の握手で、なんとかそのことを熊井ちゃんに伝えることができて、熊井ちゃんも「うわー、うれしい」と反応してくれたのですが、あの動きは、意識的にやっているわけではないとのことでした。なので、離際に「世界一かっこいいよ」と言ってみました。ライブで、立ち位置を移動するときには、どうしても、ドタバタしてしまうものの、熊井ちゃんは長身で、歩幅が大きいから、優雅にモデルさん歩きで移動できるわけで、それがとてもかっこよく見えて、僕は、それは最近、熊井ちゃんが意識的にやっていると思っていたので、特に意識していなかったのは、意外でした。

なので、今後のBerryz工房のライブでは、わざと、熊井ちゃんの立ち位置を移動する距離や回数を多くして、熊井ちゃんが優雅にモデルさん歩きして移動するところを、目立つようにすれば、Berryz工房の人気はさらにUPするようながするのですが、どうでしょうか?ぜひとも、また、今まで以上に熊井ちゃんを中心にした、Berryz工房のパフォーマンスを見てみたいです。

熊井ちゃん

上記の映像の指原さんの、熊井ちゃんに対する反応は、ものすごく共感できます。「熊井ちゃんが好きすぎて生きるのがつらい」と指原さんが言っていたり、「熊井ちゃんしゃべってましたね」て言っているのも、熊井ちゃんが生でしゃべっているところをみるだけでも、嬉しいという気持ちがよく伝わってきます。

上記の映像の熊井ちゃんの衣装は、懐かしの一昨年の神イベント、名古屋ハロショイベントのときと一緒で、昨年はハロショイベントはなかったものの、あいりんと、名古屋の映画館でイベントがあって、毎年夏は、名古屋で熊井ちゃんのイベントがあるという印象が強いので、今年も、あるといいなあと願っています。

2013年7月14日 (日)

5月12日の写真 糸家かれんちゃん その19

2013071301

今日は、かれんちゃんの撮影会の第2部に参加してきました。僕もちょっと夏バテ気味だったので、今回は1枠だけにしたのですが、夏バテしているといったら、かれんちゃんが心配してくれて、「梅干食べるといいですよ」とアドバイスをくれました。たしかに、梅干で塩分補給するのがよいとテレビでもやっていたので、早速帰りがけに梅干を買って食べています。以前僕がダイエット始めたときに、「大豆がいいらしいですよ」と教えてくれたりして、かれんちゃんのアドバイスは結構的確なことが多いです。

2013071302

2013071303

2013071304

2013071305

2013071306

おーばーちゅーる? → ネガポジ+カラフル

すてきな夜空

Baby Love Me Do!

去年、かれんちゃんに聞いたときには、かれんちゃんの部屋には、冷房も網戸もないということだったとのことでしたが、今年はもかわらずで、でもこの猛暑なので、かれんちゃんはリビングで寝ているとのことでした。

糸家かれんさん自己紹介!

【+tic color】『+tic colorと生電話!@あきばふぉん』スタート

Keep in touch [DVD]
Keep in touch [DVD]
amazonで詳細を見る

糸家かれんオフィシャルブログ

2013年7月13日 (土)

5月12日の写真 糸家かれんちゃん その18

2013070901

このところ、尋常でない暑さが続いています。昨日一昨日と、家に帰ると、室温が37度になっていて、今日は、曇っている影響からか、34度になっていて、若干、昨日よりは過ごしやすさを感じています。少しは暑さに体が慣れてきたのでしょうか?

2013070902

2013070903

2013070904]

2013070905

おーばーちゅーる? → ネガポジ+カラフル

すてきな夜空

Baby Love Me Do!

夏のはじめから、ここまで暑い夏はあまり記憶にないのですが、僕は、未だにクーラーや扇風機を使わずにいて、熱中症を舐めています。熱中症ってどういうものなのか、イメージもできないので、困ったものです。

糸家かれんさん自己紹介!

【+tic color】『+tic colorと生電話!@あきばふぉん』スタート

Keep in touch [DVD]
Keep in touch [DVD]
amazonで詳細を見る

糸家かれんオフィシャルブログ

2013年7月12日 (金)

よい社説も書けるんですね。

何だか最近僕のブログは読売ウォッチャーになっているみたいですが、いつも批判している分、よいと思った社説はしっかり紹介しようと思いますので、掲載してみます。

ソウル不当判決 日韓合意に反する賠償命令だ(7月12日付・読売社説)

 日韓関係の一層の悪化につながりかねない。不当な判決である。

 戦時中、日本企業に徴用された韓国人4人が、当時の勤務先の流れをくむ新日鉄住金に損害賠償を求めた訴訟の差し戻し控訴審で、韓国のソウル高裁は、1人当たり1億ウォン(約880万円)の賠償を命じる判決を言い渡した。

 韓国司法が、日本企業に対し、元徴用工への賠償支払い命令を出したのは初めてのことだ。

 今回の判決が容認できないのは、1965年の国交正常化の際に日韓両国が締結した財産請求権・経済協力協定に明らかに反しているからだ。協定は、請求権問題が「完全かつ最終的に解決された」と断じている。

 韓国経済企画院は1976年の「請求権資金白書」で、無償・有償あわせて5億ドルの日本からの経済協力について、製鉄所やダム、高速道路の建設を具体的な使途に挙げた。その上で、「効用を過小評価できない」と明記した。

 それにもかかわらず、韓国最高裁は2012年5月、「個人の請求権は消滅していない」とする判断を示した。今回の判決はこの誤った判断を踏まえたものだ。

 原告の一部は日本でも提訴し、最高裁で敗訴が確定している。

 結果として、日本の確定判決が無視されたことになる。菅官房長官が、「日本の立場に相いれない判決であれば、容認できない」と述べたのも当然である。

 日本企業を相手取った同様の裁判が他に5件ある。今後の判決への影響は避けられまい。元徴用工らによる集団訴訟が相次ぐ恐れもある。日韓の新たな懸案だ。

 そもそも、植民地統治に起因する韓国人の補償請求については、支払い義務は韓国政府にある。日本が供与した無償資金3億ドルには「強制動員の被害の補償を解決する資金」が含まれている。

 韓国政府の支払いが不十分で、個人補償の対象から除外された人々が多かったために、不満はくすぶり続けていた。

 韓国政府が国民に十分な説明をしなかったのが一因だろう。

 近年、竹島や歴史認識を巡る対立が深まるにつれ、根拠が薄弱な日本への要求も再燃している。

 韓国司法が最近、従来の判断から急転換したのも、そうした反日の高まりと無縁ではあるまい。

 日韓国交正常化は韓国の飛躍につながった。過去の清算は外交的に決着し、本来は韓国の内政問題だ。その矛先を執拗しつように日本に向けるのは筋違いである。

やっぱり、読売新聞の中の人は頭のいい人なんだなあと、思いました。やや強い論調な、ものの、事実を具体的に述べて論旨を展開しているので、反論の余地がなく、「おっしゃる通りです」と、言うしかない、新聞の社説としては、お手本となりうる内容の社説だと思います。こうした、ちゃんとした文章が書けるのに、なぜ、原発になると、ツッコミ所満載の稚拙の文章になるのかと、思ってしまいます。

この社説は、韓国のソウル高裁の今回の判決がなぜ、不当で、ヤバイものなのかをとてもわかりやすく解説していれていると思います。

ダッ!ダッ!脱・原発の歌/制服向上委員会【PV】

絶対原子力戦隊スイシンジャー

国と大手マスコミ(読売新聞)による悪質な安全デマ

原発の代替エネルギーの本命はガスタービンコンバインドサイクル発電

「ダッ!ダッ!脱・原発の歌/制服向上委員会」(初披露時の映像)

原子力村 - Wikipedia

原発関連御用学者リスト

原発関連御用学者リスト(医学関係)

※僕のブログでは、本来趣味の内容を取り上げることにしているのですが、福島第1原発事故についての政府やマスコミの対応があまりにひどいこと、また、自分があまりに原発の問題に無関心だったことを恥じているので、僕のブログでも、微力ながら、自分の知りえた情報を伝える記事をできるだけ書くようにすることにしました。原発関連の記事のみを見る場合は、右にある「カテゴリー」の「原発事故」をクリックすると、記事をまとめて見れるので便利だと思います。

2013年7月11日 (木)

あまりの猛暑に、悪魔も改心?

またまた、短期間で読売の記事を載せて恐縮ですが、読売新聞の社説で、「猛暑なので、節電よりも適度な冷房をしましょう」という趣旨の社説が掲載され、いつもだったら、この手の記事には、「原発の一刻も早い再稼働が望まれる」と、お約束のように書いていた読売新聞が、今回は、エネルギー問題については、一切触れずに、猛暑対策について書いていました。原発に一切触れないだけで、いい記事のように見えるから、不思議です。

熱中症予防 過度に節電せず冷房の活用を(7月11日付・読売社説)

 日本列島は連日、猛暑に見舞われている。

 熱中症に十分注意し、夏を乗り切りたい。

 10日も各地で最高気温が35度以上の猛暑日となった。山梨県甲州市では、今年になって全国で最も高い39・2度を記録した。今月に入り、熱中症で病院に搬送される人が相次ぎ、死者も出ている。

 連日の猛暑は、太平洋高気圧と、中国大陸から押し出されたチベット高気圧が日本上空で重なる「ダブル高気圧」が原因だ。この暑さは今週末まで続くという。

 気象庁は、この夏の気温は全国的に平年より高めになると予想している。ダブル高気圧が去っても、警戒は怠れない。

 熱中症は、高温多湿の状態で、体温の調節機能が働かなくなって起きる。吐き気、だるさが表れ、重症になると意識が薄れる。

 猛暑日が多かった2010年には1700人余が死亡した。

 熱中症の予防で重要なのは、水分と塩分をこまめに補給することだ。暑さや渇きを感じにくくなる高齢者は、特に注意が要る。のどが渇いていなくても、頻繁に水分をとってほしい。

 体温調節機能が未発達な乳幼児も、リスクが高い。外出時は吸水性のある素材の帽子をかぶらせ、ぬれたタオルで首回りなどをふくとよい。家族が子供の状態をよく観察することが必要だ。

 学校の部活動などでの発症も多い。運動の際は30分程度ごとに休息し、猛暑日には激しい運動を控えるべきだ。指導者には、この点の留意が求められる。

 室内でも油断はできない。熱中症の半数程度は住宅内で起きている。室温が28度を超えると危険が高まるという。

 「節電のため」と、エアコンの使用を控え、暑さを我慢するのは禁物である。上手に活用し、室温を調整することが大切だ。

 就寝中の熱中症にも用心しなければならない。夜間は電力の需要が低下することから、過度に節電する必要はない。

 電力各社も「無理のない範囲で節電を」と呼びかけている。

 エアコンに扇風機を併用することで、冷房効果は高まる。日中、すだれやよしずを使えば、室温の上昇を抑えられる。

 暑さを和らげる様々な工夫を生活に取り入れたい。

 環境省は地域ごとに、熱中症の発症危険度をホームページで公表している。新聞、テレビの気温予想など、様々な情報を活用して、熱中症を防いでほしい。

先日の日経新聞との比較でもわかるように、さすがに、読売新聞の中の人も、バランスを欠いた原発ゴリ押しの社説はまずいと思ったのか、あるいは、良心がまだ残っている記者が、悪魔に魂を売った上司に逆らって、原発について触れない記事を無理やり掲載したのか、内情はわかりませんが、社会的に影響力のある立場の読売新聞が、偏った考え方を人々に植え付けようとする姿勢は、大変よろしくないと思っていたので、こうして、読売新聞の中の人が、ま人間に戻ってくれそうな気配が感じられたのは、歓迎すべきことだと思います。

まあ、確かに、原発反対・推進にかかわらず、今年の猛暑はかなりヤバそうなので、適度な対策は必要だと思います。

ダッ!ダッ!脱・原発の歌/制服向上委員会【PV】

絶対原子力戦隊スイシンジャー

国と大手マスコミ(読売新聞)による悪質な安全デマ

原発の代替エネルギーの本命はガスタービンコンバインドサイクル発電

「ダッ!ダッ!脱・原発の歌/制服向上委員会」(初披露時の映像)

原子力村 - Wikipedia

※僕のブログでは、本来趣味の内容を取り上げることにしているのですが、福島第1原発事故についての政府やマスコミの対応があまりにひどいこと、また、自分があまりに原発の問題に無関心だったことを恥じているので、僕のブログでも、微力ながら、自分の知りえた情報を伝える記事をできるだけ書くようにすることにしました。原発関連の記事のみを見る場合は、右にある「カテゴリー」の「原発事故」をクリックすると、記事をまとめて見れるので便利だと思います。

2013年7月10日 (水)

【ハロ!ステ#23】

℃-uteフランスLIVE&Berryz工房七夕LIVE&須藤茉麻&小田さくら MC:萩原舞【ハロ!ステ#23】

23回目のハロ!ステ、MCは℃-ute萩原舞!
℃-uteのフランスLIVEダイジェストとBerryz工房七夕LIVEダイジェス­ト。
須藤茉麻がショートカットになる様子や久しぶりのソロ歌に小田さくら登場!
今回も見所満載です!

1:20~ ℃-ute Cutie Circuit ~Voyage à Paris~@LA CIGALE
18:11~ ℃-ute「悲しき雨降り」(Dance Shot Ver.)
24:06~ Berryz工房 七夕スッペシャルライブ2013@横浜BLITZ
38:57~ 須藤茉麻ヘアカット
47:03~ 萩原舞ファッションチェック
49:36~ 小田さくら「青春コレクション」

今週のハロステも、℃-uteのフランスライブや、Berryz工房の七夕ライブなど、見所たっぷりの内容になっています。

Berryz工房の七夕ライブは、僕は一昨年見に行って、オールスタンディング会場のわりには、ステージが低く、それでいて、低い場所で座ってパフォーマンスしていたりして、さらに、前方のファンが、大きくて不気味な光り物を振り回しているから、ステージがよく見えずあまり楽しめなかったので、僕は、それ以来、オールスタンディング会場では、Berryz工房のライブを見るのをやめてしまって、今年の7月7日も、特にガキさんファンではないのに、えりぽんのバースデーイベント3公演を見ることを選択したのですが・・・、この映像を見ると、Berryz工房のライブは、ステージが高くなっていて、その分立ち位置が制限されているようではあるものの、これならば、後方からでも見やすそうだなと思いました。こうやって、ちゃんと、ステージングを改善しているのは、さすがだなと思いました。

2013年7月 9日 (火)

読売と日経、ここまでレベルが違うのか・・・

原子力発電所の新規制基準が施行されたことと、選挙が近いこともあって、原発の話題が報道されることが最近多いです。このブログでも、同じようなネタを掲載して間もないので、恐縮ですが、たまたま、読売新聞と、日経新聞が同じような主張の社説を同日に載せていて、これほどにもレベルが違うのかと、思ったので、記載してみました。同じ主張でも、説得力のある文章と、まったく説得力のないダメダメな文章の典型例として、参考になる例だと思います。

原発再稼働申請 安全確認は公正で効率的に(7月9日付・読売社説)

原子力規制委員会の真価が問われよう。

 東京電力福島第一原子力発電所事故を教訓とした原発の新規制基準が8日、施行された。

 これに伴い、北海道、関西、四国、九州の電力4社が5原発10基の再稼働に向け、安全審査を規制委に申請した。

 新基準は、万が一の重大トラブルの際に事態の悪化を食い止める手段を大幅に増やした。地震・津波の影響評価も強化した。

 点検する項目は多く、1基に半年以上を要するという。しかも複数の原発を同時に審査する。規制委には、効率性も求められる。

 新基準には課題も残る。

 原子炉冷却が困難な時に内部の圧力を下げるフィルター付き排気設備や緊急時対策所、防潮堤、防水扉などの新設を求めたが、ハード偏重との批判がある。運転員の緊急時対応能力といったソフト面も加味し、総合判断すべきだ。

 一部の設備については、設置を5年間猶予した。各原発で既に電源車などが配備され、安全性が向上したためだ。審査でも、こうした現実的な対応が欠かせない。

 地震・津波の影響評価は難航しそうだ。規制委は、これまでも地形の歪ひずみを活断層と速断するなど偏りが目立つ。審査は、科学的な根拠に立脚せねばならない。

 さらに、活断層評価で電力会社側に十分な反論の機会を与えないなど、規制委は、しばしば公正さを欠いてきた。安全審査を円滑に進めるには、「独善」を排し、電力会社と建設的な対話を重ねることが不可欠である。

 ほとんどの原発が1年以上、停止したままだ。代替する火力発電所の追加燃料費は年4兆円に上る。電気料金値上げも相次ぎ、企業や家計など日本経済全体に深刻な影響が広がっている。

 安全を確認できた原発は、早期に再稼働する必要がある。

 東京電力は柏崎刈羽原発(新潟県)の申請を見送った。東電の審査申請の方針に対して、新潟県の泉田裕彦知事が「地元軽視だ」と反発を強めているためだ。

 東電の広瀬直己社長が泉田氏と会談したが、物別れに終わった。東電から事前相談がなかったといった手続き論に終始したのは残念である。首都圏の電力安定のカギを握る柏崎刈羽原発が、安全審査さえ受けられないのは問題だ。

 泉田氏と東電は冷静に協議し、打開策を探ってもらいたい。他の原発を含め、再稼働に慎重な関係自治体の理解を得るには、政府による説得も重要になる。

原発の安全審査は厳格かつ効率的に(7月9日付・日経社説)

 原子力発電所の新規制基準が施行され、関西、北海道など4電力会社が5原発10基について新基準に基づく安全審査を申請した。

 2年前、当時の菅直人政権が「ストレステスト」と呼ぶ安全検査を提案し、政治的な判断から国内のほとんどの原発の運転を止めた。新基準の施行で、原発の安全審査は福島事故直後の緊急措置的な状態から正常化する。

 同時に、福島の教訓を踏まえて審査は厳格化する。炉心溶融など深刻な事故が現実に起きうるとの前提に立ち、重大事故への対策を法的に義務付けた。活断層などのリスクも安全重視の立場から厳しく見積もる。

 新基準の下で安全対策を強めても採算が合わない原発は廃炉に追い込まれる可能性がある。原発を安全と経済性の両面から選別する時代を迎えたといえる。

 原子力規制委員会には厳格かつ効率的な審査を求めたい。見落としがない慎重な審査が必要だ。ミスで信頼を損ねては元も子もない。ただ人員配置の工夫などで作業の効率化との両立は可能なはずだ。運転の可否についてできるだけ早く判断を示すのが望ましい。再稼働の遅れは電力会社にとどまらず日本経済にとっても重荷だ。

 電力会社の側からは「やるべきことはやった」との声が漏れる。しかし規制基準は最低ラインであることを肝に銘じるべきだ。

 関西電力の大飯原発3、4号機の運転継続に関連して、規制委は「対策を小出しに提案して最低線を探ろうとするかのような姿勢」だと関電を批判した。基準を満たせば事足れりとする考えがいまだに電力会社に垣間見えるのは極めて残念だ。そうした言動を続けていては信頼回復はありえない。

 柏崎刈羽原発6、7号機の再稼働を目指す東京電力は安全審査を申請したいと新潟県に理解を求めた。泉田裕彦知事は拒絶した。

 東電は国や金融機関の支援を受けている。「2014年3月期に黒字化」の目標を果たすために原発を再稼働したいという背に腹はかえられない事情がある。だが、もっとていねいな話し合いの進め方があるのではないか。

 他電力にとっても地元の理解は重い課題だ。周辺住民の避難方法などを定めた実効性ある防災計画の作成が、地元の理解を得て運転を再開するには不可欠である。電力会社だけに任せず、政府が前に出て調整にあたるべき仕事だ。

どちらの社説も安全審査を効率的に進めて、原発を早めに再稼働することが望ましいと考えているものの、安全に関する視点が両者で全く異なります。読売は、都心や経済のために、新潟県は我慢しろと言いたいのかと思えるほど、横暴な文章になっています。こんな姿勢でいいのでしょうか?読売は、福島の事故を受けて、原発には、より厳格な安全性が求められているという視点を一切無視しているように見えるのですが、こんな偏った文章では説得力ゼロなのは明白です。でも、読売の中の人は本来、相当頭のいい人で、こうした指摘をされることもわかっているハズだと思うのですが、会社の命令で、給料のために、本意でない文章を書いているのか、それとも悪魔に魂を売っていて、なんとも思っていないのか、読売の中の人が、この社説を自分でどう思っているのかも、ちょっと興味があります。自分でもそうだと思っていることを、他人に言われることほど、腹立たしいことはないと思うので、ぜひとも読売の中の人が自浄努力することを願いたいのですが、そうしたことも、もう何度も書いているような気がします。

あと、最近無視していた産経の社説も、せっかくなので、載せておきます。まるで、原発推進派が被害者かのように書いているこの文章は、呆れて、空いた口がふさがりません。産経はそうとう頭の悪い人が社説書いてるみたいです。産経新聞はもう、ダメだと思います。僕がグタグタ言わなくても、先は短いと思います。

参院選と原発 再稼働に向け進む好機に エネルギーは国家の基盤だ(7月9日付・産経社説

参院選と原発 再稼働に向け進む好機に エネルギーは国家の基盤だ 国内の全原発に対して大幅な安全強化を義務づけた新規制基準が8日、施行された。

 原発の早期再稼働を目指す北海道電力など4電力会社は、5原子力発電所10基について、安全審査を求める申請を原子力規制委員会に対して行った。

 安価で安定した電気の供給は、喫緊の課題である。東京電力福島第1原子力発電所の事故を受けて関西電力の2基を除く全原発が止まっている現状では、電気料金のさらなる値上げや、電力不足による大停電の発生が危惧される。

 エネルギーの確保は国家の基盤に関わる重大事だ。参院選を通じて原発利用のあるべき姿を各政党間で論じ合ってもらいたい。

 ≪代替手段どうするのか≫

 だが、原発をはじめとするエネルギーの議論は盛り上がりを欠いている。原子力技術の輸出を含めて、明確に原発肯定の姿勢を示しているのは自民党だけだ。

 民主党は「2030年代の原発稼働ゼロへあらゆる政策資源を投入」と、相変わらず脱原発を標榜(ひょうぼう)している。他の政党も大同小異だ。即時廃炉や再稼働の完全否定を唱えている党もある。

 では、電力不足の解消はどうするのか。電力会社は計画停電などを回避するために、火力発電をフル稼働させている。燃料代が膨張し、相次ぎ大幅赤字に転落している。液化天然ガスなどの輸入急増で、国の貿易赤字もかつてない規模になっている。二酸化炭素の排出削減にも逆行している。

 太陽光や風力などの再生可能エネルギーを一つ覚えのように語るのは、現実逃避に等しい。

 福島事故の直後なら、再生可能エネルギーへの過大な期待も許容されたかもしれないが、すでに3年目に入っている。

 感情論を克服し、原子力利用のプラス面を、エネルギー安全保障の観点から正当に評価すべき時機に来ている。

 日本はエネルギー自給率が4%と極めて低く、先進国では例外的な存在だ。その上、島国なので、欧州のように他国からの電力輸入には頼れない。日本の特異性を自覚することが必要だ。

 それでも、福島事故後は原子力発電の必要性を口にしにくい空気がある。心ない悪口や嫌がらせを受けかねないからだ。

 「原子力ムラ」や「安全神話」などという言葉でレッテルを貼っての排除や攻撃は、どの国のどの時代においても、もっともおぞましい行為である。

 少なからぬ人々が、現実的には原発を動かして電力不足を打開せざるを得ないと考えているはずなのに、それを口にしにくくなっている。この現状が怖い。

 ≪グローバルな視点持て≫

 政治家も同様だ。脱原発が日本の将来にとって危うい道であることは分かっているはずだが、選挙でそれを口にすると票が逃げるのではないかと躊躇(ちゅうちょ)している。

 再稼働を急がなければ、国富の流出が拡大し、立地地域では原発を保守整備で下支えしてきた協力会社の技術が衰退していく。

 規制委による安全審査の開始で見えてきた原発の再稼働に関しては、自民党の主導が不可欠だが、規制委の判断と地元自治体の理解に、げたを預けるような公約集の姿勢ではいささか頼りない。

 規制委の現在の体制では、安全審査を受けられる原発は、同時に3基が上限とみられ、しかも1基の審査に半年以上を要する見通しだ。申請してから審査に着手するまで、1年以上、待たされる原発も出てこよう。

 これではあまりに遅い。国は審査業務の迅速化を促すべきだ。独立性を盾に、それを規制委が渋るようなことはあってはならない。独善性は許されない。

 日本の原子力の利用は、取りも直さず世界の問題でもある。その現実を、国民も政治家もしっかり胸に刻むことが必要だ。

 日本の脱原発は、新興国への安全確実な原発の供給を危うくし、米国との間で築いてきた原子力分野での協力関係を一方的に捨て去ることを意味している。

 民主党政権時代に、当時の菅直人首相らが対応を誤った結果、袋小路に迷い込んでいるのが、日本の原子力政策の現状だ。

 そこから抜け出し、日本に必要なエネルギーの活力を回復させる好機が、この参院選の中にあるはずだ。世界の目と地域の目の複眼思考で原発再稼働を考えたい。

ダッ!ダッ!脱・原発の歌/制服向上委員会【PV】

絶対原子力戦隊スイシンジャー

国と大手マスコミ(読売新聞)による悪質な安全デマ

原発の代替エネルギーの本命はガスタービンコンバインドサイクル発電

「ダッ!ダッ!脱・原発の歌/制服向上委員会」(初披露時の映像)

原子力村 - Wikipedia

原発関連御用学者リスト

原発関連御用学者リスト(医学関係)

※僕のブログでは、本来趣味の内容を取り上げることにしているのですが、福島第1原発事故についての政府やマスコミの対応があまりにひどいこと、また、自分があまりに原発の問題に無関心だったことを恥じているので、僕のブログでも、微力ながら、自分の知りえた情報を伝える記事をできるだけ書くようにすることにしました。原発関連の記事のみを見る場合は、右にある「カテゴリー」の「原発事故」をクリックすると、記事をまとめて見れるので便利だと思います。

5月12日の写真 糸家かれんちゃん その17

2013070801

このところ猛暑が続いていますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

2013070802

2013070803

2013070804

2013070805

おーばーちゅーる? → ネガポジ+カラフル

すてきな夜空

Baby Love Me Do!

僕はまだ、うちわのみの生活を続けていますが、さすがに夜の眠りが浅くなってしまっているようで、今日は仕事していて、すごく眠かったです。

糸家かれんさん自己紹介!

【+tic color】『+tic colorと生電話!@あきばふぉん』スタート

Keep in touch [DVD]
Keep in touch [DVD]
amazonで詳細を見る

糸家かれんオフィシャルブログ

2013年7月 8日 (月)

もはや、読売新聞を定期購読していること自体が恥ずかしいレベル・・・

13参院選 エネルギー政策 電力安定で経済再生に弾みを(7月7日付・読売社説)

前回と、ほとんど大差ない社説なのですが、読売のひどい社説を晒してみます。このような、似たようなひどい社説を繰り返し掲載する読売新聞は、もはや、定期購読している事自体、恥ずかしい新聞だと思うのですがどうでしょうか。

 ◆「原発ゼロ」の弊害を直視せよ

 日本経済を再生させるには、「経済の血液」の電力を安く、安定的に確保する必要がある。

 全国の原子力発電所50基のうち、運転中は関西電力大飯原発の2基だけで、電力需給は綱渡りだ。

 安全性が確認された原発を着実に再稼働し、電力不足を解消しなければならない。

 ◆再稼働は政治の責任

 参院選の公約では、自民党を除く各党が「原発ゼロ」を掲げた。しかし、電力確保について有効な処方箋を示していない。脱原発が景気・雇用や地球環境などに及ぼす弊害を直視し、現実的なエネルギー政策を論じるべきだ。

 自民党は、原発再稼働に地元自治体の理解が得られるよう最大限努力するとの方針を公約に明記した。責任ある政権与党として、妥当な対応といえる。

 原発の新規制基準が8日に施行される。これを受け、各電力は原子力規制委員会に、再稼働のための安全審査を申請する。

 規制委には遅滞なく審査してもらいたい。

 気がかりなのは、新潟県の東京電力柏崎刈羽原発だ。泉田裕彦新潟県知事が、再稼働に厳しい注文をつけている。再稼働できなければ、電力供給が安定しない。東電の経常利益は3年連続の赤字となり、経営危機に陥る恐れもある。

 参院選後、自民党は政府とともに、原発立地自治体の説得に全力を尽くさねばならない。

 自民党は、原発などインフラ輸出の支援体制を強化する方針も示した。成長戦略の柱として加速させることが重要である。

 連立を組む公明党との調整も必要だろう。公明党は公約で、原発再稼働の可能性は否定しなかったが、可能な限り速やかな「原発ゼロ」を目指すとしている。

 自民党と公明党の認識に大きな違いがあるのかどうか、有権者にわかりやすく説明してほしい。

 ◆「電気代2倍」どうする

 野党のうち、民主党、日本維新の会、みんなの党は、当面の再稼働を事実上容認しつつ、将来的な「原発ゼロ」を掲げた。

 民主党の「2030年代に原発稼働ゼロ」は、野田内閣のエネルギー戦略を踏襲した。昨年秋にまとめられたが、経済界や原子力政策に協力する青森県、米国などの反発を受け、閣議決定できなかった非現実的な内容である。

 共産党や生活の党などは、再稼働すら認めていない。安易な脱原発路線は、東電福島第一原発の事故で生じた不安に乗じて支持拡大を狙う、大衆迎合ではないか。

 大停電は起きていないが、「原発なしで電気は足りる」と考えるのは楽観的すぎる。老朽化した火力発電所まで酷使している厳しい現状を踏まえるべきだ。

 原発を代替する火力発電所の追加燃料費は4兆円近くにのぼる。巨額の国富流出と、電気料金の上昇が続いている。

 すでに東電、関電、九州電力の3社が値上げに踏み切り、北海道など3電力も申請中だ。「原発ゼロ」になると、電気代が2倍に跳ね上がるとの試算もある。

 電力制度改革で料金は抑制される。原発をやめても、太陽光など再生可能エネルギーへの投資で経済成長できる。こうした主張も聞かれるが、多くは期待先行で根拠に乏しい。

 脱原発を掲げる政党は、経済や生活への打撃をどう回避するか、説得力ある方策を示すべきだ。

 「原発ゼロ」か否か、という不毛な二項対立ではなく、日本のエネルギー事情に即した、冷静な議論が求められる。

 再生エネは、天候によって発電量が大きく変動するなど様々な欠点もある。当面は原発に代わる主力電源となり得ない。

 ◆人材の枯渇が心配だ

 発電量の約9割が火力で占められ、エネルギー安全保障の観点で極めて危うい状況だ。温室効果ガスの排出量も急増している。

 安全性の向上、経済成長、環境保全など、複数の課題を解決するため、古い原発を最新型に更新する選択肢も考えるべきだ。

 原発事故後、大学・大学院では原子力関係の学科や専攻の定員割れが相次いでいる。原発の技術が継承されないと、維持・管理はもとより、福島の事故収束と廃炉、核廃棄物の最終処分などを、日本は自力で解決できなくなる。

 米国の核戦略パートナーという特別な地位を失う問題もある。

 どの政党が、山積する課題の解決を真剣に考えているか、有権者はしっかり見極めてほしい。

原発の安全性について、問題があるから、これだけ再稼働出来ない状態なのに、なぜ、「安全が確認された原発から即刻再稼働すべし」と、同じ主張を繰り返すのでしょうか。読売新聞の浅はかさには、本当にあきれます。改めて、先日紹介した、安全性の確保が重要であることを指摘した日経新聞の社説は、的を得ていたと感じます。

ダッ!ダッ!脱・原発の歌/制服向上委員会【PV】

絶対原子力戦隊スイシンジャー

国と大手マスコミ(読売新聞)による悪質な安全デマ

原発の代替エネルギーの本命はガスタービンコンバインドサイクル発電

「ダッ!ダッ!脱・原発の歌/制服向上委員会」(初披露時の映像)

原子力村 - Wikipedia

原発関連御用学者リスト

原発関連御用学者リスト(医学関係)

※僕のブログでは、本来趣味の内容を取り上げることにしているのですが、福島第1原発事故についての政府やマスコミの対応があまりにひどいこと、また、自分があまりに原発の問題に無関心だったことを恥じているので、僕のブログでも、微力ながら、自分の知りえた情報を伝える記事をできるだけ書くようにすることにしました。原発関連の記事のみを見る場合は、右にある「カテゴリー」の「原発事故」をクリックすると、記事をまとめて見れるので便利だと思います。

2013年7月 7日 (日)

5月12日の写真 糸家かれんちゃん その16

2013070601

昨晩は、早くも暑く風のない熱帯夜でしたが、みなさんはぐっすり寝れたでしょうか?僕は、寝付きはやや悪かったものの、冷房&扇風機なしでうちわのみで、なんとか寝ることに成功しました。今年も、かなり暑くなりそうですね。

2013070602

2013070603

2013070604

2013070605

2013070606

おーばーちゅーる? → ネガポジ+カラフル

すてきな夜空

Baby Love Me Do!

ただ、夜中に熱中症になることもあるらしいので、水分補給をしっかりして、くれぐれも、気をつけたいものです。

糸家かれんさん自己紹介!

【+tic color】『+tic colorと生電話!@あきばふぉん』スタート

Keep in touch [DVD]
Keep in touch [DVD]
amazonで詳細を見る

糸家かれんオフィシャルブログ

2013年7月 6日 (土)

ハロステ#22

℃-uteツアーファイナル&ヤッタルチャン&モーニング娘。コメント MC:竹内朱莉【ハロ!ステ#22】

MCは前回に引き続きスマイレージ竹内朱莉!
℃-ute春ツアーファイナルのダイジェストやヤッタルチャン大作戦途中経過報告の2­回目、モーニング娘。の近況コメント、などなど!Juice=Juiceは宮崎が登場­!

0:43~ ℃-ute 春ツアーファイナルダイジェスト@パシフィコ横浜
19:46~ ヤッタルチャン大作戦!2回目
35:32~ スマイレージ 『新しい私になれ!』(Dance Shot Ver.)
40:21~ モーニング娘。コメント
50:49~ Juice=Juice 宮崎由加に聞きました。

℃-uteツアーファイナル公演の模様がダイジェストながら、かなり長い映像で紹介されています。℃-uteのライブパフォーマンスの凄さが、ものすごく伝わる映像になっていると思います。9月の日本武道館公演が今からとても楽しみです。

2013年7月 5日 (金)

5月12日の写真 糸家かれんちゃん その15

2013070401

最近僕は、佐川急便とトラブっています。ヤマトや日本郵便に比べて、佐川が不在票を手書きが書いているため、荷物番号の間違いが多いのが、トラぶっている原因なんですが、そもそも、当日の再配達の受付時間が、ヤマトは20時で日本郵便が19時に対して、佐川は18時だったりして、基本的なサービスレベルは佐川急便は著しく劣るので、できれば、通販業者は佐川急便は使って欲しくないなと思っています。

2013070402

2013070403

2013070404

2013070405

おーばーちゅーる? → ネガポジ+カラフル

すてきな夜空

Baby Love Me Do!

ただ、ちょっと前までいた、佐川急便の配達員さんは、21時くらいに電話しても再配達してくれたりして、こちらが申し訳なくなるくらい仕事熱心だったので、たぶん、佐川急便に対する顧客の印象は、地域によって全く違うんだろうなあと思っています。

糸家かれんさん自己紹介!

【+tic color】『+tic colorと生電話!@あきばふぉん』スタート

Keep in touch [DVD]
Keep in touch [DVD]
amazonで詳細を見る

糸家かれんオフィシャルブログ

2013年7月 4日 (木)

モスの菜摘で糖質制限

モスの菜摘

先日、りほりほの出演した、「中居正広のミになる図書館」からの流れで、「お願いランキング」を見ていたら、美食アカデミーで、モスバーガーをやっていて、定番でなおかつ、味がよくなった、テリヤキバーガーと、モスバーガーが30点満点をつけていて、ハンバーガーで一番うまいのは、モスバーガーだと思っている僕としては、当然の結果だったのですが、僕としては、今回「モスの菜摘」がとても気になりました。

なんと、パンのかわりに、レタスをつかった、画期的な商品です。美食アカデミーの人からは、「ダイエットをしている人は、そもそもハンバーガー屋に行かない」とか「これならサラダで十分」という意見で、酷評だったのですが、糖質制限しているけど、ハンバーガーは食べたいと思っている人にとっては、「モスの菜摘」は最適な商品だと思いました。

モスバーガー商品 栄養成分表

上記のページで、モスバーガーの栄養成分が公表されているのですが、定番の、商品のy炭水化物量を見てみると、

テリヤキバーガー 39.0g
モスチーズバーガー 38.7g

ということで、以外と多くないんですね。これならば、1個だけならば、運動すれば十分許容範囲のような気がします。これに対して、「モスの菜摘」の炭水化物量は

モスの菜摘 モス野菜 オーロラソース仕立て 11.5
モスの菜摘 チキン 15.2
モスの菜摘 フィッシュ 11.9
モスの菜摘 ロースカツ 22.1
モスの菜摘 海老カツ 18.5
モスの菜摘 テリヤキチキン 10.9

ということで、当然ながら、かなり少ない量になっています。これならば、糖質制限中でも食べれるのではないかと思います。それで、さっそく、「モス野菜 オーロラソース仕立て」を食べてみました。ソースも、レタスもバーガーもとっても美味しかったのですが、上にあるレタスが、下にあるソースに到達しにくくなっているので、上からソースをレタスにかけてしまうとか、最初のレタスをより美味しく食べる工夫ができるのではないかとか、より改善すべき点があるように思えたのですが、このように、糖質制限をしている人でも食べれるハンバーガーはどんどん広まってほしいと思うので、応援したいです。

「モスの菜摘」はいまのところ、期間限定商品のようなのですが、ぜひとも、テリヤキバーガーやライスバーガーのように、世の中に定着してほしいと思っています。なので、これから、なんども、リピートして、モスバーガーへ食べに行こうと思っています。

2013年7月 3日 (水)

5月12日の写真 糸家かれんちゃん その14

2013070201

今日は、かれんちゃんのブログが更新されて、7月の予定が掲載されました。みなさんも、ぜひ、チェックしましょう。

2013070202

2013070203

2013070204

2013070205

2013070206

おーばーちゅーる? → ネガポジ+カラフル

すてきな夜空

Baby Love Me Do!

7月も、積極的な活動を続けるかれんちゃんを、引き続き応援したいと思っています。

糸家かれんさん自己紹介!

【+tic color】『+tic colorと生電話!@あきばふぉん』スタート

Keep in touch [DVD]
Keep in touch [DVD]
amazonで詳細を見る

糸家かれんオフィシャルブログ                     

2013年7月 2日 (火)

浜田省吾12年ぶりのTV出演!NHK BSで特番90分オンエア

浜田省吾12年ぶりのTV出演!NHK BSで特番90分オンエア

7月28日(日)22:50から、NHK BSプレミアムにて「浜田省吾ライブスペシャル~僕と彼女と週末に~」がオンエアされる。

この番組は昨年12月に60歳の誕生日を迎えた浜田省吾を特集したライブ&ドキュメンタリー番組。番組では2012年リリースのDVD / Blu-ray「ON THE ROAD 2011 "The Last Weekend"」のライブ映像をテレビ用に再編集してオンエアするほか、浜田本人の貴重なインタビューシーンも紹介される。さらに浜田は番組のナレーションも担当する。

なお浜田がテレビに出演するのはおよそ12年ぶり。貴重な番組をファンはお見逃しなく。

浜田省吾 コメント

2010年の秋、
「どうして我々は今こうして、この状況の中に在るのか」というテーマで、
記録映像やニュース素材と自分自身のライブ映像をミックスして
「僕と彼女と週末に」という映像作品を制作し、発表しました。
その作品を基調としたコンサートツアーを準備していた2011年の春、
東日本大震災に見舞われました。
悲しみと喪失感、そして、張り詰めた緊張感の中で行われた、
このコンサートツアーはミュージシャンにとっても、
ツアースタッフにとっても、特別な旅になりました。
このテレビプログラムは、
そのステージの模様をおよそ九十分間に編集したものです。
音楽番組なので、音を楽しんで頂くことを目的として制作しましたが、
基にあるコンセプト、「どうして我々は今…」を感じて頂けたら幸いです。

浜田省吾さんの12年ぶりのテレビ出演ということで、「ファンはお見逃しなく」ではなくて、これは、「全日本人必見の番組」だと僕は思います。12年前のテレビ出演もNHK-BSで、再放送中にイラク戦争が開戦して、番組が途中で中断したことを、僕は今でも鮮明に覚えています。多くのミュージシャンが若い頃はテレビ出演を拒否していながら、年取ったら、テレビの段取りやお約束に従順に従っている様子を見て、僕は少なからず失望感を感じたものですが、そんな中、一貫して、テレビとは一定の距離を置いている浜田省吾さんの姿勢は筋が通っていて、素晴らしいと思います。

僕と彼女と週末に - ON THE ROAD 2011 "The Last Weekend"

この曲の途中の語りの部分は、当初はあまり意図が伝わらず、ファンの女の子から、「翌日吐き気がしたのは、彼女が作ったサンドイッチにあたったからですか?」と言われたりしたそうですが、これは、原発のある海岸でドライブして夜中にこっそり泳いだカップルのことを語ったものでした。この語りの部分も、今だからこそ、心により一層響いてくるものがあります。

日本人の少年が(大人になってからも含めて)心に感じるもやもやした気持ちを、浜田省吾さんほど、ストレートに歌にして歌ってくれた歌手を僕は、他に知りません。そんな浜田省吾さんが、12年ぶりのテレビ番組で、どんなことを語ってくれるのか、僕は注目せずにはいられません。

2013年7月 1日 (月)

5月12日の写真 糸家かれんちゃん その13

2013070101

早いもので、今年ももう半分終わってしまいました。思い返しても、いろんなことがあったようななかったような、よくわからないうちに、過ぎてしまったような気がします。

2013070102

2013070103

2013070104

2013070105

おーばーちゅーる? → ネガポジ+カラフル

すてきな夜空

Baby Love Me Do!

最近は、かれんちゃんの写真記事がすっかり僕の日記記事となっていますが、改めて見直すまでもなく、かれんちゃんの写真は素敵だなあと思っているわけです。ルックスでは、メジャーなアイドルに、かれんちゃんは、全然負けてないと思うのですが、どうでしょうか。

2013年7月現在、僕が継続的に写真を撮り続けたいと思っているモデルさんは、かれんちゃんだけになってしまったのですが、かれんちゃんがいてくれて本当によかったと思っています。

糸家かれんさん自己紹介!

【+tic color】『+tic colorと生電話!@あきばふぉん』スタート

Keep in touch [DVD]
Keep in touch [DVD]
amazonで詳細を見る

糸家かれんオフィシャルブログ               

読売のお約束社説

7月になり、夏本番になって、早速読売新聞がしょうもない社説を書いているので、晒してみます。節電の夏ということで、また、原発動かせと書いてるんだろうなあと思ったら、本当にその通りなので、笑ってしまいました。もはや読売新聞の社説は、お約束のギャグを載せるページとなっているようです。発行部数の多い大新聞がこんなことでいいのでしょうか?

節電スタート 省エネ頼みでは停電が心配だ(7月1日付・読売社説)

夏の節電期間がきょう1日、スタートした。

 今夏は、停止している原子力発電所の再稼働が間に合わなかった。電力需給は綱渡りである。

 企業も家庭も、無理のない節電に努め、夏を乗り切りたい。

 夏は急な猛暑で冷房などの電力消費が跳ね上がり、突発的に大停電を起こすリスクが高い。ムダな電力消費を控え、一定の供給余力を確保することは大切だ。

 昨夏は関西、九州など7電力で最大15%の節電を強いられた。今夏、目標設定を回避できたのは、電力各社が古い火力発電所も動員して供給力を増強したからだ。企業や家庭で、節電が定着した効果も加わった。

 ただし、節電をすれば原発がなくても電気は足りる、などと考えるのは楽観的すぎる。

 関西電力は供給力の予備率(余力)が、大飯原発3、4号機を含めても、不測の停電を防ぐ最低ラインとされる3%ギリギリだ。

 大飯原発が止まると予備率は約1%しか確保できない。節電目標の設定などを迫られよう。

 政府の原子力規制委員会は大飯原発2基について、定期検査に入る9月まで稼働を認める方針という。妥当な判断といえる。

 関電以外も油断できない。酷使してきた火力発電所のトラブルが増えているためだ。

 北海道電力では6月下旬、火力発電所の緊急停止が続発し、東北電力から電力の融通を受けた。電力需要の多い夏にトラブルが同時多発して大停電が起きないよう、十分な対策を取る必要がある。

 原発停止による経済的な損失の甚大さも忘れてはならない。原発を補う火力発電所の追加燃料費は今年度、4兆円近くに達する。資源国に国富が流出し、巨額の貿易赤字が続いている。

 電力各社が液化天然ガス(LNG)などの安価な調達に努めるのは当然だが、火力に頼らざるを得ない弱みを抱えているため、価格交渉で不利な立場にある。

 このままでは電気料金が一段と上がり、家計も企業も負担が増えるだろう。産業空洞化が加速し、雇用や所得も減少しかねない。

 負担増と収入減のダブルパンチを避けるには、安全を確認した原発を再稼働し、必要な電力を確保することが不可欠だ。電力不足の夏は今年限りとしたい。

 原発の新規制基準が近く施行される。規制委は遅滞なく審査を進めるべきである。政府も原発立地自治体の理解を得るよう、説明に全力を尽くさねばならない。

しかし、よくもまあ、懲りずに同じ主張を繰り返せるなあと呆れます。

実は、最近掲載された、日経新聞の社説が、結構よいと思ったので、比較のため、掲載します。比較することによって、読売新聞の社説がいかに稚拙かということがよくわかると思います。

新基準を第一歩に原発の安全を競え(6月25日付・日経新聞社説)

原子力規制委員会が原子力発電所の新規制基準を決定した。7月8日に施行される。

 東京電力福島第1原発の事故を受けて、核燃料が溶けるといった過酷な事故への対策などを電力会社に義務づけた。原発の寿命を原則40年と定めた。

 新基準は原発の再稼働に道を開く。同時に基準適合が難しい原発をふるいにかける役割を担う。新基準を満たすための多額の安全投資が引き合わない原発は廃炉の判断を迫られることになるだろう。

 この新基準を電力会社には安全確保への必要最低限の要求と心得てもらいたい。

 日本原子力産業協会の服部拓也理事長はスロバキアの原発を訪れて驚いたという。過酷事故対策を完了、事故時に50人が5日間たてこもって対処する第2制御室も備えていた。日本ではこれからだ。

 日本の原発の安全確保は世界水準から周回遅れだ。電力会社も規制当局も「安全神話」に慢心し必要な努力を怠った。加えて日本は地震など自然災害のリスクが欧米より大きい。電力各社には規制基準を満たしたうえで、さらに高い水準を目指し互いに安全を競い合う前向きな姿勢が求められる。

 規制委は発足9カ月で4千ページに達する新基準をつくった。しかし完璧な基準というものはない。総合的な観点から不足は補い、不要な事項は省くなど、常に基準を見直し最善を心がける必要がある。

 基準づくりの過程では、規制委と電力会社や立地自治体との間で十分な対話を欠いていた。よい基準をつくり、厳しい審査をすることだけが規制委の仕事ではない。原子力規制への信頼回復こそ最も大事な使命のはずだ。コミュニケーション不足ではその達成はおぼつかない。改めてもらいたい。

 安全を守る最後の砦(とりで)は人間だ。東日本大震災の時、福島第2原発では増田尚宏所長(当時)が所員らに「帰宅しないでくれ」と呼びかけた。福島第1も第2も東電や協力企業の従業員の懸命の働きで、さらに深刻な事態に陥るのを回避した。自衛隊や消防、警察の支援も大きかった。

 再び同様の事故に直面した際、社員や隊員を現場に飛び込ませることができるか。この備えと覚悟なくして世界最高水準の安全はありえないだろう。新基準の要求を超えることかもしれないが、電力会社や政府には真剣に対応を考えてもらいたい。

経済のためには、出来れば原発を動かしたいと思っている日経新聞でも、政府や電力会社が、新基準以上の安全を目指さなければ、原発再稼働出来ないだろうと考えているわけで、読売新聞よりも、ずっと現実が見えていると思います。読売新聞よりも日経新聞の方がよっぽど大人だということがよくわかります。

僕は、安全をないがしろにして、事故が起きると、ウソついたり、重要なことを隠したりする原発推進派の不誠実さに腹を立てているわけで、何がなんでも、原発を即時廃止しろとまでは考えていません。既存の原発は減価償却するまで慎重に使って、その間に次世代エネルギーへの転換を行なって、ゆるやかに原発を廃止しているのが望ましいと考えています。そのためには、電力会社が「経営が苦しいから原発を動かしたい」と言うんじゃなくて、「心を入れ替えて、これだけ安全に配慮するようにしたので、しばらく原発を動かさせてほしい」と皆が納得できるまで説明し、十分すぎるほどの安全対策を行うべきだと考えます。

ダッ!ダッ!脱・原発の歌/制服向上委員会【PV】

絶対原子力戦隊スイシンジャー

国と大手マスコミ(読売新聞)による悪質な安全デマ

原発の代替エネルギーの本命はガスタービンコンバインドサイクル発電

「ダッ!ダッ!脱・原発の歌/制服向上委員会」(初披露時の映像)

原子力村 - Wikipedia

原発関連御用学者リスト

原発関連御用学者リスト(医学関係)

※僕のブログでは、本来趣味の内容を取り上げることにしているのですが、福島第1原発事故についての政府やマスコミの対応があまりにひどいこと、また、自分があまりに原発の問題に無関心だったことを恥じているので、僕のブログでも、微力ながら、自分の知りえた情報を伝える記事をできるだけ書くようにすることにしました。原発関連の記事のみを見る場合は、右にある「カテゴリー」の「原発事故」をクリックすると、記事をまとめて見れるので便利だと思います。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

オススメ商品

twitter

無料ブログはココログ