« 祝!2連覇 | トップページ | アホすぎる読売 »

2013年10月 6日 (日)

輸入メタルマザー検証 YES ロンリーハート

2013100401

イエスのロンリーハート(原題 90125)の日本盤アナログレコードが輸入メタルマザーを使用していることがわかったことを、以前「レコード100円市」の記事で書きましたが、その後、US盤と聴き比べて色々わかったので、書いてみます。

イエスのロンリーハート(原題 90125)の日本盤は、世界的に有名なマスタリング・エンジニア、Bob Ludwigがカッティングしたメタルマザーを使用しているようです。なので、音質的にもかなり期待できそうです。

2013100402 2013100403

上記は日本盤のレーベル面です。

2013100404 2013100405

こちらは、US盤のレーベル面です。以下に、いつものように、送り溝に刻まれている情報をマトリクス番号から、反時計まわりにみたものを記載します。

SIDE ONE
①ST-C-835338-A
②MASTERDISK
③RL
④P-11356-1
⑤3
⑥L-A-20
⑦JISマーク
⑧P

SIDE TWO
①ST-C-835337-A
②MASTERDISK
③RL
④P-11356-1
⑤3
⑥L-A-13
⑦P

※①③は手書きのもの、①②③が輸入メタルマザーに記載されていたものと思われる

US盤

SIDE ONE
①STC-835337-D
②謎のマーク
③MASTERDISK
④B-18735-D
⑤△5617
⑥1-3 SPAR

SIDE TWO
①STC-835337-C
②謎のマーク
③MASTERDISK
④RL
⑤B-18736-C
⑥⑤△5617-X
⑦3 SPAR

※③以外は手書き

このように、送り溝部分に、”MASTERDISK”の機械刻印があって、その横に、"RL”と手書きの記載があると、”Bob Ludwig”がカッティングしたもののようです。なので、僕の買ったUS盤は、Side2のみ”Bob Ludwig”がカッティングしたもののようです。また、DOSCOGSでは、両面とも”Bob Ludwig”がカッティングした盤が紹介されていて、ここでのマトリクス番号は、Side1が”B”でSide2が”C”となっています。なので、日本盤はそれより早い時期にカッティングされたマスターを使用している可能性が高いと思います。

日本盤とUS盤を聴き比べてみて、Side2は音の傾向は似ていたものの、Side1については、どちらがよいか、判断に迷うものでした。日本盤は、迫力重視の音で、US盤は、より各楽器の音が聴きとりやすい繊細な印象を受けました。どっちがよいかは、その時の気分によってかわりそうです。

ということで、日本盤は”Bob Ludwig”がカッティングした迫力のある音が楽しめる、かなり優秀な盤であるということが言えるのではないかと思います。

Yes   90125

A1   Owner Of A Lonely Heart 4:26
A2   Hold On 5:15
A3   It Can Happen 5:26
A4   Changes 6:17

B1   Cinema 2:07
B2   Leave It 4:12
B3   Our Song 4:17
B4   City Of Love 4:49
B5   Hearts 7:34

Yes - Owner Of A Lonely Heart

« 祝!2連覇 | トップページ | アホすぎる読売 »

アナログレコード」カテゴリの記事

洋楽ロック」カテゴリの記事

輸入メタルマザー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534581/58323041

この記事へのトラックバック一覧です: 輸入メタルマザー検証 YES ロンリーハート:

« 祝!2連覇 | トップページ | アホすぎる読売 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

オススメ商品

twitter

無料ブログはココログ