« ポールマッカートニー サウンドチェック続報 SONGS出演など | トップページ | ポールマッカートニー 法被姿で来日! »

2013年11月 8日 (金)

ポールマッカートニー 2002年ライブの振り返り

今日は、キョードー東京から、封筒が届いていて、何かと思ったら、VIPパッケージの当日の集合時間や注意事項が英語で書かれた紙が入っていました。内容は日本語メールできたものとほぼ同じようです。

そして、あす9日はいよいよポールが来日します。日本滞在中は福岡で相撲を見るのではとか、被災地に行くのではと、色々噂が飛び交っていますが、果たしてどうでしょうか?

さて、今日は、ポールの日本公演に先駆けて、11年前の日本公演を振り返ってみようと思います。もう前回の日本公演から11年も経つとは、時が過ぎるのは早いものです。

1.2002 Driving Japan Tour日程

11月11日 東京ドーム
11月13日 東京ドーム
11月14日 東京ドーム
11月17日 大阪ドーム
11月18日 大阪ドーム

2.セットリスト

1.Hello Goodbye
2.Jet
3.All My Loving
4.Getting Better
5.Coming Up
6.Let Me Roll It
7.Lonely Road
8.Driving Rain
9.Your Loving Flame
10.Blackbird
11.Every Night
12.We Can Work It Out
13.You Never Give Me Your Money / Carry That Weight
15.The Fool On The Hill
16.Here Today
17.Something
18.Eleanor Rigby
19.Here, There And Everywhere
20.Michelle
※Calico Skies(大阪ドーム公演のみ追加)
21.Band On The Run
22.Back In The U.S.S.R
23.Maybe I’m Amazed
24.Let ‘Em In
25.My Love
26.She’s Leaving Home
27.Can’t Buy Me Love
28.Live And Let Die
29.Let It Be
30.Hey Jude
encore 1
31.The Long And Winding Road
32.Lady Madonna
33.I Saw Her Standing There

encore 2
34.Yesterday
35.Sgt.Pepper’s Lonely Hearts Club Band(Reprise)~The End

3.チケット入手状況

①ファミリーマート先行

110801

僕は、キョードー東京が主催のコンサートにはほとんどいかないので、この時も、どう買うのがいいのか、探り探り、チケットを買っていました。最初に発表されたのが、ファミリーマートの先行発売だったのですが、なんとなく、この先行発売で良席が大量に出るとは思わなかったので、1枚だけ申込みました。チケット発売は先着順ではなく、抽選だったのですが、チケットぴあみたいに、落選者を多く出して飢餓感を煽るような不誠実な発売ではなく、申し込んだ人のほとんどにチケットが渡ったと思います。

②キョードー東京 一般発売

110802

110803

このときは、キョードー東京の特電受付が他のプレイガイドよりも1時間早く始まったと思います。そして、発売から30分後くらいに電話がつながったと記憶しています。チケットは後日郵送で、座席は受付順ではなく抽選と言われたのですが、素晴らしいことに、購入した2枚ともアリーナ席でした。そして、17日のチケットはA10ブロックの53番って、まさか、ど真ん中の前から5列目なのか・・・と、驚いたのですが、僕はドーム公演のアリーナ席に慣れていないので、当日まで、この席がいい席なのかどうか、期待と不安が入り混じった気持ちが続きました。

③CNプレイガイド

110804

キョードー東京でチケット購入後、大阪公演のチケットGETを目指して、チケットぴあとCNプレイガイドを交互に電話して、開始後10分くらいでCNプレイガイドにつながりました。こちらもアリーナGETだったのですが、前から15列目とはいえ、かなり右端の方で、ほとんど真横からポールを見る感じでした。

こんな感じで、良席を得るために、ある程度購入元を分散してチケットを買ってみたのですが、やはり、主催者側が直接販売するチケットを買うのが一番良席をGETできる可能性が高いと、このときに感じたのでした。

そして、このときの先行発売に比べて、今回のチケットぴあの先行発売は、極めて不誠実だと感じています。僕はそもそもそういうことを予想していたので、チケットぴあで買うという選択肢は眼中になかったのですが、今回チケットぴあは、独占的に先行発売をしたのだから、わざわざ会員登録をして、先行予約した人のために少しでも多くの、チケットを確保する努力をもっとすべきだと思います。といいつつ、僕は、チケットぴあでは、いい思いをした試しがないので、最近ではチケットぴあでチケットを買ったことがなかったりします。

4.コンサート当日の思い出

①11月11日

コンサート初日ということで、開場時間がかなり遅れた記憶があります。そのため、東京ドームには、かなりの長蛇の入場列ができて、なかなかドームに入れなかった記憶があります。実際、コンサートの開演(前座のサーカスの開始)は47分遅れだったとのことです。そして、このときは、ポールのしゃべるのとほぼ同時にスクリーンに日本語字幕がつくという画期的な試みが行われたのですが、初日なので、文字化けとか、トラブルが多いようでした。そして、この日に限り、直前にe+で半額のチケットが売られました。さらに、僕はこのときは、かなり左端のアリーナで見ていたのでよく覚えているのですが、ステージ横のスタンド席のエリアには、黒いシートがかぶせられていました。このときは、さすがに、ポールでも、東京ドーム超満員は難しいのかなと、残念に思ったのですが、その後の公演では、黒いシートがかぶってたスタンド席も、客席になっていて、特に14日の公演はぎっしり超満員でした。この日の公演後には、翌日、翌々日のチケット売り場にかなりの行列が出来ていて、この日見て、やっぱりもう一回ポールを見たいと思った人が多かったようです。そんなわけで、e+が半額チケットを販売したのは、絶対に初日公演だけだったと、断言できます。

②11月13日

この日は、仕事の都合で、コンサートの途中から入場して、スタンド席ということで、着席sてまったりとコンサートを見ていました。僕の席の近くに外人さんのグループがいて、ポールが「ユーネバーギブミーユアマネー」で、「このツアーが終わるころには、どうたら、こうたら」と替え歌で歌っているところに、反応して笑っていたので、ポールの替え歌の部分は面白いんだなあと改めて実感したことが印象に残っています。

③11月14日

そして、この日は、超良席なので、かなり早い時間に入場しました。そして、自分の席がやっぱり、ど真ん中の5列目ということを確認して、席についただけで、泣きそうになりました。その後、入場してきた人たちも「スゲー席だ!」と、皆感動しているようでした。こうした良席なので、芸能人とか、業界人っぽいひとが近くにいるのかなあとも思ったのですが、僕が近場で確認した限りでは、ほとんど、普通の一般人でした。今回も、良席は招待席になっているのではという憶測が結構ありましたが、超良席の招待席って、実際にはそんなにはないんじゃないかと僕は思っています。

コンサートが始まると、今までにはない、あまりにも近いところで、歌い、演奏するポールを見て、天下のポールマッカートニーが、まるで僕の周辺の一部の人のためだけに演奏しているような錯覚を感じました。そして、そういう状況に次第に慣れてきて、ポールがまるで、近所に住んでいる外人さんかのような、感じがして、なんだかとても不思議でした。そして、「007死ぬのは奴らだ」の爆発で、一瞬すごい熱を感じたのは以前書いたとおりです。

そして、コンサートの途中の曲中で、ポールが客席を指差しながら、スタッフと耳打ちしていて、何かな、ものすごく態度の悪い客でもいたのかなと、ちょっと思ったのですが、それは、アンコールのI Saw Her Standing Thereのときに、ステージに上げる観客の相談をしていたということがあとでわかりました。東京公演の最終日ということで、選ばれた4人の観客をステージに上げるというサプライズがあったわけですが、今回の公演でも何かサプライズがあるのでしょうか?気になるところです。

④11月17日

このときは、大阪公演の初日が日曜日だったので、無理なく遠征することができました。今回は、大阪は2日とも平日なので、遠征は断念しています。このときの目玉は、なんといっても、大阪公演から1曲追加されたことで、僕はかなり驚くとともに、大阪まで遠征してよかったと、つくづく感じたのでした。Calico Skiesは、この日から追加されたものの、演奏のバックに、空をイメージさせる映像が流れていたので、急遽追加されたというよりは、かなり前から準備されていたものだと思っています。

そして、大阪ということで、ポールが「儲かりまっか!」と言ったもの印象的でした。

5.YouTubeの映像

YouTubeを検索したら、11月11日の公演のほぼ全編を収録した映像が見つかりました。

Paul McCartney - Toyko Dome (11-11-02)

グダグダかと思っていた字幕も、結構機能していことが、映像見るとわかります。そして、ポールがかなり日本語をしゃべっていたことが、改めて思い出されます。やはり、ポールの日本公演には、特別の思い入れを感じずにはいられません。今回も、どんな感動的な公演になるのか、今からとても楽しみでなりません。

« ポールマッカートニー サウンドチェック続報 SONGS出演など | トップページ | ポールマッカートニー 法被姿で来日! »

The Beatles」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534581/58539698

この記事へのトラックバック一覧です: ポールマッカートニー 2002年ライブの振り返り:

« ポールマッカートニー サウンドチェック続報 SONGS出演など | トップページ | ポールマッカートニー 法被姿で来日! »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

オススメ商品

twitter

無料ブログはココログ