« ポールマッカートニー 11月19日 サウンドチェック 詳細レポート | トップページ | ポールマッカートニー 2013年日本公演 セットリストまとめ »

2013年11月27日 (水)

ポールマッカートニー VIPパッケージ#1

Epson629

今回は、VIPパッケージ#1がどんな感じだったのかを、まとめておこうと思います。11月19日に、13時30分から、14時30分までに、東京ドームの25番ゲートでチェックインするようにということだったので、12時40分頃現地についたら、すでに50人近くの人が並んでいました。13時30分になると、まだチケットを持っていない人(公式サイトで先着順に買えた人)、チケットを持っている人(抽選で買った人)、ファンクラブで買った人の3つに窓口が分かれてそれぞれで、入場手続きが行われていました。僕は、まだチケット持っていない組だったので、そこに並んで僕の順番になり、身分証明書を提示すると、もともと、僕の名前で用意してあったと思われるチケットを取り出してきて、上記のチケットを渡されました。フロントロウという名目にウソ偽りなく、まざに最前列のチケットでした。そして、チケットと同時に下記のお土産も渡されました。

P1000296

白黒の市松模様のものは、リストバンドです。サウンドチェックで入場している時は、リストバンドと、IDカードの着用が義務付けられていました。上記以外に、ミネラルウォーターのペットボトルもくれて、気が利いていました。

チェックインして、ドームに入場すると、

P1020290

こんな感じで、15時30分くらいまで、通路で待機していました。ドーム内からは、ときどき、音だししているような様子も聞かれ、誰かがマンドリンで「ダンストゥナイト」のフレーズを言弾いているような音も聞こえました。

15時30分過ぎになると、行列が動いて、ドーム内に移動して、BブロックとCブロックの間のスペースに案内されました。

P1000139

P1000143

こんな感じで、横に大きく広がって見る感じで、僕はB12ブロックあたりの場所を確保しました。中央の部分は椅子もあって、ちょっと後ろに下がるものの、座りたい人は座ってもみれる感じでした。この場所でしばらく待っていると、スタッフのシェリーさんが通訳付きでサウンドチェックの注意事項の説明を始めました。

P1000155

サウンドチェックは、何の曲をやるかわからないが、ポールがすべての楽器を、曲を演奏してチェックするということ、携帯のメールや動画撮影は禁止ということ、カメラでずっと顔を隠すようなことはしないこと、自分はサンフランシスコ出身なので、サインフランシスコ・ベイ・ブルースを演奏してくれると嬉しいとこのこと、とにかく、皆がノってくれるとポールも喜ぶので、大いに盛り上がってほしいとの説明がありました。

P1000156

そんな感じで、説明のあとメンバーが現れるまでが、かなり長く、シェリーさんも、時々「ポールの到着が遅れている」ようなことを説明してくれました。遅れていても、誰ひとり文句言う人はいなく、よい雰囲気で時間が経過しました。ただ、僕は、サウンドチェックの開始が遅れると、開場の関係から、サウンドチェックが短くなってしまうことを懸念していたのですが、実際はその逆で、遅れた分、却って熱い演奏を聴かせてくれました。

P1000187

Bブロックの後ろということで、ちょっと遠いものの、ずっと巨大スクリーンで演奏しているところが映し出されて、観客が少ない分、音もよく通って、見づらいとは、全く感じませんでした。あと、サウンドチェックで気付いたこととして、本編では、観客の前では一切水を飲まなかったポールが、サウンドチェックでは、ちょっと大きめのボトルに入った、黄色い液体をかなり頻繁に飲んでいたことがありました。ゴクゴクとかなり、ガブ飲みしていて、もしあれがオレンジジュースだったら、ポールは糖質取りすぎになりはしないかと、ちょっと余計な心配をしたものの、ポールもやっぱり吸水しているんだということがわかって、ちょっと安心したりしました。

そして、サウンドチェックの途中で、シェリーさんが「長時間待っていてくれてありがとう」といって、サウンドチェッカーズの一人にピックの束を渡して、その人がみんなにピックを配ってくれました。

Epson631Epson630

ちょい固めの、ミディアムくらいの硬さのギターピックでした。非売品のピックがもらえてラキーでした。

そして、本編の座席なのですが、

P1020294    

はっぴ着てる人の左となりくらいの場所が僕の席で、A8ブロックでも、かなりA9ブロックに近い位置でした。

P1020295

最中央のA10ブロックになるとかなり、奥から座席が始まるので、僕の場所はもっともステージに近い場所といえなくもないのですが、やや横の位置からポールを見る感じなので、ちょっと後ろでも、中央の席のVIPパッケージ#2の方がよかったかもしれないとも思います。僕等はまだいい方で、最前列でも、A7ブロックだったら、かなりステージの端になるので、それだったら、確実に中央3から5列目(実質7から9列目)の方がいいわけで、値段も1万円安いことを考えると、今回は8万円のVIPパッケージ#2を買うのが、最良の選択だったと思います。

ただ、僕がVIPシートの販売の情報を掴んだときには、あまりどれがいいか吟味する余裕もなく、とにかく早く申し込まねばと思ったので、その中で、まだ申し込みが比較的少なかった11月19日を選んでよかったと思いました。サウンドチェック、本編ともに、セットリスト的にも19日でよかったとも感じています。

本編では、僕と逆サイドの人で、イラストのボードとか持っている人が多く、ポールもそっちを見る方が多かったような気がします。しかし、バックインザUSSRの3コーラス目のところで、僕が赤いペンライト振りながら、かなりノリノリで体動かしていたら、ポールが「おー、ノっているね」って感じで、ちょっと長いあいだ僕の方見て歌ってくれたので、やっぱりポールは、ノリノリの観客を見るのが好きなんだなと思いました。アイドルのヲタ芸とか、面白がってくれるんじゃないかと思ったのですが、どうでしょうか。

P1020351

「ジ・エンド」のあとの、最後の紙吹雪はすごい量でした。こんな感じで、ものすごく楽しめたので、やっぱり、思い切って、VIPパッケージを買ってよかったと、つくづく思いました。本当に、一生思い出に残る素晴らしい体験でした。      

« ポールマッカートニー 11月19日 サウンドチェック 詳細レポート | トップページ | ポールマッカートニー 2013年日本公演 セットリストまとめ »

The Beatles」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534581/58652490

この記事へのトラックバック一覧です: ポールマッカートニー VIPパッケージ#1:

« ポールマッカートニー 11月19日 サウンドチェック 詳細レポート | トップページ | ポールマッカートニー 2013年日本公演 セットリストまとめ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

オススメ商品

twitter

無料ブログはココログ