« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月23日 (日)

「ハイタテキ」ダンスショットVerもよいです

私立恵比寿中学 『「ハイタテキ!」 DANCE ver.』

今日は、モーニング娘'14のTIKI BUNのシリアルイベントの2公演目に行ってきて、さゆみんとの最後の握手だったわけで、それなりに感慨深いものがあったわけですが、それでも、街中の有線放送で流れてきたエビ中のこの曲に、楽曲的には心奪われてしまったわけです。僕は、EDMとか正直よくわからないというか、むしろ苦手で、ちょっと困ったなあと思っています。

この曲のダンスショットverも曲の雰囲気がうまく表現できていて、とてもいいと思います。

2014年11月 9日 (日)

レコード100円市(2014/11)

Tusk

今月も11月8,9日に中野で行われたレコード100円市に行ってきました。今回も、早めに並んで早い番号の整理券をGETしたのですが、今回も開店時に60名くらいの人が集まる大盛況でした。が、今回は、特に変わった盤は見つからず、気がつけば購入枚数は18枚と、そこそこになったものの、ほとんどは、すでに購入した盤の、ジャケットやレコード盤がより綺麗な盤の購入であったり、新たに購入したものも、あえて写真付きで紹介したくなるようなものはなく、今回は僕にとってはもっとも収穫の少ない開催でした。

しかしながら、今回は70年代、80年代の邦楽やクラシックが充実していて、そのあたりを探している人にとっては、実りの多い開催だったかもしれないです。

今回は会場の写真も撮り忘れてしまって、盤の写真も手抜きでアマゾンのリンクを使用しているのですが、今回はフリードウッドマックの2枚組アルバム「TUSK」の日本盤を発見できました。そして、この盤も輸入メタルマザー使用の盤でした。フリードウッドマックは輸入メタルマザーを使用した盤が多くていいですね。

そんな感じで、今回は実りの少ない開催となってしまいましたが、次回は12月20,21日開催とのことです。次回は面白い盤を沢山見つけたいなと思っています。

  • レコード100円市(2014/10)
  • レコード100円市(2014/8)
  • レコード100円市(2014/7)
  • レコード100円市(2014/6)
  • レコード100円市(2014/5)
  • レコード100円市(2014/4)
  • レコード100円市(2014/3)
  • レコード100円市(2014/2)
  • レコード100円市(2014/1)
  • レコード100円市(2013/12)
  • レコード100円市(2013/11)
  • レコード100円市(2013/10)
  • レコード100円市(2013/8)
  • レコード100円市(2013/7)
  • レコード100円市(2013/6)
  • レコード100円市(2013/5)
  • レコード100円市(2013/4)
  • レコード100円市(2013/3)
  • レコード100円市(2013/2)
  • 2014年11月 6日 (木)

    ポール・マッカートニーの未発表音源 無料DL配信中!

    『Venus and Mars』と『Wings At The Speed Of Sound』のデラックス・エディション発売を記念して、ポール・マッカートニーの公式サイトで、デラックス・エディションには未収録の未発表音源が、無料DL配信されています。

    現在公開されているのは、「Letting Go (Extended Version)」と、「Love My Baby (from 'One Hand Clapping')」の2曲でがとりあえず、以下のリンクのページを開いて、

    http://www.paulmccartney.com/news-blogs/news/exclusive-letting-go-download

    「To download the track, simply click HERE!」の部分をクリックして、自分のメールアドレスを入力すると、上記2曲がダウンロードできるページにたどり着くことができます。「Letting Go (Extended Version)」は10月28日、「Love My Baby (from 'One Hand Clapping')」は11月4日に公開されたようなので、まだ追加があるかもしれないです。しばらくは、ポールの公式サイトは要チェックですね。

    配信ファイルはMP3形式ながらかなりよい音で配信されているようです。こうした無料配信はとても嬉しいですね。

    【11/6追記】さらに、Rock Show [New Version]が追加されました。やはり、当分目が離せないですね。

    2014年11月 4日 (火)

    いつのまにかパイオニアから新型レコードプレーヤーが発売されていた

    昨日、家電量販店のオーディオコーナーに言ったら、パイオニアの新型レコードプレーヤーが置いてあって、僕は、国内メーカーから新型のレコードプレーヤーが発売されたという情報を全く知らなかったので、驚いてしまいました。

    Pioneer PLX-1000 Official Introduction PART1

    アナログレコードを楽しもうとしたら、カートリッジ交換が容易にできるレコードプレーヤーが必須であって、今までは、そのようなレコードプレーヤーを10万円以下で購入しようとすると、よくわからない海外メーカーがDJ用に発売しているテクニクスのSL-1200のコピーモデルしかありませんでした。かといって、10万円以上の高級レコードプレーヤーも価格の割に魅力のあるモデルがなく、かといって、中古もモーターの劣化が気になるので、僕は、自分の欲しいレコードプレーヤーがないなあと思っていたのですが、価格、仕様ともに、パイオニアの新型レコードプレーヤーは、まさに、僕が欲しいと思っていたレコードプレーヤーでした。

    PLX-1000 仕様

    このプレーヤーは、DJ用ということで、一般のオーディオファンにはあまり紹介される機会がないようなのですが、でも、仕様や宣伝ページを見るとわかるように、今までのパイオニアのノウハウを詰め込んで、高音質にも気を配った製品であることがわかります。 と、いうか、10万円以下で、まともなレコードプレーヤーが欲しいと思う人にとっては、他に選択の余地がなく、これ一択、パイオニアのPLX-1000以外の選択はありえないのではないかと思います。

    そんなわけで、僕はすっかりこのレコードプレーヤーが欲しくなってしまいました。ワーナーパイオニアの輸入メタルマザー仕様の高音質レコードをパイオニアのレコードプレーヤで聴くのも、オツなもんじゃないかと思うのですが、どうでしょうか。

    « 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

    2017年4月
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30            

    オススメ商品

    twitter

    無料ブログはココログ