« はっぴいえんどマスターピースは素晴らしいのです | トップページ | 広告サイトに強制的に接続される事象が発生していました。 »

2015年1月 5日 (月)

雑誌Analogのビートルズ・サミット

analog (アナログ) 2015年 1月号

雑誌Analogの最新号に、ビートルズのアナログレコードについての興味深い記事が掲載されていたので、紹介します。

Analog46号 ビートルズサミット

この雑誌、12月15日に既に発売されていたのですが、オーディオ雑誌というと、クラシックやジャズの話しか載っていないと思い込みがちなので、発見が遅れました。「ビートルズ・サミット」はビートルズマニアの人がビートルズの高音質といわれるアナログ盤を聴きまくるという内容で5ページの記事となっています。「サージェント・ペパー・・・」のMFSLのハイクオリティー・ウルトラサウンド盤とニンバス盤を聴き比べるなど、羨ましくなる贅沢な聴き比べが行われています。興味深かったのが、「HELP」のステレオ盤のUKプロモ盤がとても音がいいとされていることで、この記事では、マザー番号が2ということで、スタンパー番号は掲載されていなかったのですが、プロモ盤だから音がいいということではなく、やはり、早い段階で作られたマザーと、スタンパーで作られた盤だから音がいいということなのかなと思いました。音質こだわるならば、早いマトリクス番号よりも、早いマザー、スタンパー番号にこだわった方がいいのではと、僕は最近ちょっと思っています。

この雑誌、僕は初めて買ってみたのですが、オーディオ雑誌って、僕には縁遠い価格帯の商品ばっかり載っていて、つまらないと思っていたのですが、「アナロググランプリ2015」にパイオニアのターンテーブルが載っていたのが、好感を持ちました。

DJ用とされながらも、かなり音質に気を使った設計が素晴らしい製品なのですが、なぜ、オーディオ界隈ではこの製品を無視するのか不思議に思っていたのですが、こうして、ちゃんと評価がされていることを知って安心しました。

ただ、もうちょっと、一般庶民向けの記事を多くしてほしいと思うのが、正直なところです。オーディオはそんなに高価なものを買わなくても、自作とか、中古とか、中国製品とか、独立系工房とか、お手頃価格で楽しめる方法は色々あるのに、そうした情報はネットでしか得られないことが多いのが実情です。そんな感じで、定期的に買いたくなるオーディオ雑誌があるといいのにと、つい思ってしまいました。

« はっぴいえんどマスターピースは素晴らしいのです | トップページ | 広告サイトに強制的に接続される事象が発生していました。 »

The Beatles」カテゴリの記事

アナログレコード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534581/60928743

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌Analogのビートルズ・サミット:

« はっぴいえんどマスターピースは素晴らしいのです | トップページ | 広告サイトに強制的に接続される事象が発生していました。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

オススメ商品

twitter

無料ブログはココログ