« 昨年発売されたボックスセットの検証本 | トップページ | 半掛け帯の真相が語られています  »

2015年2月 8日 (日)

レコード100円市(2015/2)

TOPページへ

Amazonタイムセール会場へ(要チェック)

レコード関連 検索


レコードプレーヤーの商品ページはこちら

2015020801

 

今月も2月7日、8日に行われたレコード100円市に、7日の開店時に行ってみました。今回も前回と同様に、人が多すぎでした。今回も早めに並んで、かなり早い番号の整理券をGETできたものの、割とじっくりレコードを探せたのは、優先的に入場できた数分間のみで、あとは、場所を移動するのもままならないくらいの大混雑なのも前回と同様でした。

 

しかしながら、前回と違って、僕の体調はよかったので、前回よりも、かなりレコードを探せた気がします。今回もあまりの人の多さに早めにレコード探しを断念する常連さんが多かったようです。

 

そんな感じで、今回の僕の購入枚数は前回より多く20枚でした。面白い発見というほどではないものの、前回よりかは収穫があったと思いますので、主なものを以下に紹介します。

 

 

 

2015020804

 

イエスの「究極」が輸入メタルマザー使用盤であることが確認できました。イエスは、どうも、この「究極」以降に発売された国内盤が輸入メタルマザー使用盤であることが多いようです。しかしながら、「ドラマ」は日本独自カッティングだったりするので、果たしたどういう事情で輸入メタルマザーを使用するかしないかを決めていたのか、謎ですが興味深い話題だと思います。

 

P1000732 2015020803

 

クリスティン・マクヴィーのソロアルバムは、フリードウッドマックからのしきたりからか、輸入メタルマザーが使用されていました。このアルバム収録の「恋のハートビート~Got A Hold On Me」は発売当時テレビやラジオでよく流れていて、とても気に入ってよく聴いていたことを覚えています。この曲をこうして再び高音質で聴くことができて、うれしく思います。

 

クリストファークロスは、正直あまり聴いたことがなかったのですが、帯にある「米国カッティング」の文字を見て、思わず手にとってしまいました。このアルバムも確かに、輸入メタルマザー使用盤でした。調べてみると、このアルバム、日本でもオリコン1位になってよく売れたようです。


2015020808 2015020809

 

今回は、ビートルズも発見できました。ヘルプの米国編集の日本盤は100円市で初めて見ました。帯は外された状態で、レコードジャケット内に入っていました。「INTRODUCING THE BEATLES 」は70年代末に、偽物の海賊版がたくさん出回ったので、たぶんそれだと思います。また、「上記以外に「オールディーズ」を2枚発見したものの、普通のアップルレーベルの黒盤なので、購入しませんでした。

 

2015020802

 

南野陽子「楽園のドア」の限定シングルのよい状態のものを発見しました。レコード盤が透明だったり、ポストカードになっている写真が沢山入っていたりと豪華な仕様でした。

 

2015020805

 

飯島真理のマクロス関連以外のビクター盤はもう全部入手済かと思っていたら、上記のベスト盤を忘れていて、今回初めて発見できました。「セシールの雨傘」「天使の絵の具」のシングルバージョンが聴けるのが、嬉しいところです。

 

2015020806

 

ジョニールイス&チャーの30000枚限定発売のライブ盤のシュリンク付きで状態のよいものが発見できました。

 

2015020807

 

クリエイションのベスト盤を「スピニング・トウ・ホールド」目当てで買ったのですが、残念なことに、「スピニング・トウ・ホールドNo2」というタイトルで、かなりアレンジが変わって再録されたバージョンが入っていました。しかしながら、その他の曲がかなり気に入って、僕はクリエイションは今まであまり聴いたことがなかったのですが、他のアルバムも聴いてみたくなりました。

 

こんな感じで、今回も楽しかったレコード100円市ですが、来月も3月28日29日に開催が決定しています。果たしていつまでこの会場での開催が可能なのか、ちょっと心配にもなってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  •  

 

  •  

« 昨年発売されたボックスセットの検証本 | トップページ | 半掛け帯の真相が語られています  »

アナログレコード」カテゴリの記事

コメント

私も3カ月ぶりに行きましたが、今回は写真にもしっかり映っています。
それにしても以前にも増して混雑していて奥の方は進むも退くも困難な状態でしたね。
私は中央線が遅れた事もあり、整理券が50番台だったのでYesやBeatlesはゲットできませんでした。
それでも一時は段ボールに20枚以上確保したのですが、結局検盤等で10枚に絞りました。

なお当日買ったのではありませんがDonald Fagenの名作”The Nightfly”も日本盤は米国カッティングです。

ハットフィールドさん、こんにちは。

本当に店の奥は、人を跨ぐ隙間のないくらいで、移動することもままならず大変でしたね。
僕も検番時にじっくり時間をかけて購入枚数を絞っています。今回は、ポールマッカートニーの
「TUG OF WAR」のUS盤かと思ったら、ウィリーネルソンが入っていたことがありました。
やはり、検盤は大事ですね。

”The Nightfly”の情報ありがとうございます。実は僕も最近これに気がついて、普通の値段で購入して、最近よく聴いています。こうした名盤の日本盤が高音質盤なのは嬉しいですね。この盤についても近々記事にしようと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レコード100円市(2015/2):

« 昨年発売されたボックスセットの検証本 | トップページ | 半掛け帯の真相が語られています  »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

オススメ商品

無料ブログはココログ