« 今更ながらBABYMETAL | トップページ | クラウドサージでポールの武道館公演が発売されています。 »

2015年3月17日 (火)

洋楽ロックの国内盤アナログ復活 Whitesnake

Whitesnake - Stormbringer (Official Video) (The Purple Album / New Studio Album / 2015)

ホワイトスネイクが40年の月日を経て遡っていく源流…『ザ・パープル・アルバム』はデヴィッド・カヴァーデイル自らがその一部である伝説へのトリビュートだ! カヴァーデイル在籍時の第3期/第4期ディープ・パープル名曲をホワイトスネイクが現代に甦らす究極のロック・プロジェクト、ついに完成! 【日本先行発売】

◉デヴィッド・カヴァーデイルがディープ・パープル、そしてジョン・ロード、リッチー・ブラックモアへ敬意を表した最新作、その名も『ザ・パープル・アルバム』!
◉カヴァーデイル在籍時のディープ・パープル第3期『紫の炎』『嵐の使者』、そしてトミー・ボーリン参加の第4期『カム・テイスト・ザ・バンド』からの名曲を最新レコーディング!
◉LPレコードは日本製東洋化成プレス! さらに24bit/96kHzのハイレゾ音源をダウンロード可能なクーポンコードを封入した完全生産限定盤1,000セット!
◉日本先行発売/伊藤政則氏による日本語解説書封入!


1973年、ディープ・パープルに加入したとき、デヴィッド・カヴァーデイルは22歳の若者だった。世界最大のハード・ロック・バンドのシンガーとなった彼は大観衆を前にステージに立ち、『紫の炎』(1974)、『嵐の使者』(1974)、『カム・テイスト・ザ・バンド』(1975)という3枚のアルバムに参加。ロック界のトップ・ヴォーカリストへと成長していく。

バンド解散後にホワイトスネイクを結成、『白蛇の紋章』(1987)で自らが世界のトップ・アーティストとなってからも、古巣ディープ・パープルを忘れることがなかった。「幸運な兵士」はホワイトスネイクのライヴでお馴染みのナンバーだったし、2004年のワールド・ツアーでは「バーン」「嵐の使者」をオープニング・ナンバーとして披露した。

2007年にはデヴィッドとジョン・ロード、グレン・ヒューズが集まり、第3期ディープ・パープルの再結成に向けての話し合いを持ったが、実現することがなかった。その後、ジョンが2012年に亡くなったことで、この計画は夢に終わってしまう。

だが、そのことはデヴィッドとリッチー・ブラックモアを再び結びつけることになった。彼らは連絡を取り合い、共演プロジェクトが実現寸前となる。このことで、デヴィッドの中のディープ・パープルへの情熱と敬意が再燃。名曲の数々にホワイトスネイクとして、新たな生命を吹き込むことになった。

「私はジョンとリッチーを、音楽における巨人と考えている。彼らからさまざまなことを学ぶことが出来たのは、かけがえのない経験だった」とデヴィッドは語っている。それから長い道のりを経てきた彼が、多大な影響を受けてきた偉大なる先輩たちへの感謝の念を込めて作り上げたのが、『ザ・パープル・アルバム』なのだ。

『ザ・パープル・アルバム』に収録されているのは、デヴィッドが在籍した第3期・第4期パープルの3枚のアルバムからの楽曲だ。「バーン」「嵐の使者」「幸運な兵士」「ミストゥリーテッド」などに加えて、「嵐の女」「レイ・ダウン・ステイ・ダウン」「ユー・フール・ノー・ワン」「カミン・ホーム」などのパープル・クラシックスが“スネイク・アップ"された形で蘇っている。

デヴィッドのみならず、それらのナンバーを演奏するメンバー達もディープ・パープルを聴いて育ち、尊敬してきた。元ナイト・レンジャーのジョエル・ホークストラがバンド加入後、初めてそのギターの腕前を見せつける。レブ・ビーチ(ギター)、トミー・アルドリッジ(ドラムス)、マイケル・デヴィン(ベース)ら実力派ミュージシャン達のプレイも熱気に満ちたものだ。

『スーパーロック'84+ジョン・ロード最終公演』はジョン・ロード、コージー・パウエル、メル・ギャレーという、去っていった友たちへのデヴィッドの想いを込めた作品だった。『ザ・パープル・アルバム』は彼にとって盟友であり師匠だったジョン・ロードとリッチー・ブラックモア、そして自らの“青春"に捧げるアルバムだ。

デヴィッドはこう語る。「リッチーに言ったんだ。“この旅路に送り出してくれたのは、君たちだよ"ってね。ディープ・パープル大学は、最高の学校だった。このアルバムは我々が生んできた音楽へのセレブレーションなんだ」

【ホワイトスネイク】
デヴィッド・カヴァーデイル(ヴォーカル)/ レブ・ビーチ(ギター)/ ジョエル・ホークストラ(ギター)/ マイケル・デヴィン(ベース)/ トミー・アルドリッジ(ドラムス)

【収録予定曲】*2枚組収録予定
1.バーン(『紫の炎』1974年)
2.ユー・フール・ノー・ワン(『紫の炎』1974年)
3.ラヴ・チャイルド(『カム・テイスト・ザ・バンド』1975年)
4.セイル・アウェイ(『紫の炎』1974年)
5.ジプシー(『嵐の使者』1974年)
6.嵐の女(『嵐の使者』1974年)
7.ミストゥリーテッド(『紫の炎』1974年)
8.ホーリー・マン(『嵐の使者』1974年)
9.テイク・ユア・ライフ(『紫の炎』1974年)
10.ユー・キープ・オン・ムーヴィン(『カム・テイスト・ザ・バンド』1975年)
11.幸運な兵士(『嵐の使者』1974年)
12.レイ・ダウン・ステイ・ダウン(『紫の炎』1974年)
13.嵐の使者(『嵐の使者』1974年)

最近は新作のアナログレコードの発売がとても多くなってきていて、アナログ復活の勢いを感じますが、Whitesnakeの新作は、輸入国内盤ではなく、国内プレスのアナログ盤発売が実現するようです。最近のアナログ盤は重量盤仕様とはいえ、海外プレスはソリやキズが気になることが多い(重量盤で分厚いのになんで反るんだという、疑問を物凄く感じるのですが・・・)ので、国内プレスの実現はありがたいことなのではないかと思います。カッティングも日本で行うのかどうか気になるところですが、1000枚限定ならば、メタルマザーではなく、スタンパーの輸入で済むから、海外原盤を使用してほしいところですが、果たしてどうなるでしょうか?ただ、もし日本カッティングだとしても、録音はデジタルレコーディングだから、マスターの劣化はほとんど心配する必要はないと思います。ただ、日本にハードロックに強いカッティングエンジニアがいるのか、と考えると、ちょっと心配ですが、まあ、これは聴いてみて判断するしかないですね。

こうして、アナログ盤の発売が増えると、ちゃんとアナログならではの音質にこだわって作っている作品と、流行に乗って適当に作っている作品をしっかり見分ける必要があると思っています。プロのライターさんは、メーカーよりの太鼓持ち記事を書く可能性が高いので、我々リスナー側の人間がしっかり批評すべきだと考えます。ただ、この商品はハイレゾとアナログがセットになっていて、両方欲しい人にとっては、お得感のある価格設定なっているのはよいところだと思います。音質にこだわる人は、アナログとハイレゾが欲しいと思っている人が多いのではないかと思うので、このセットでの販売は好感が持てます。なので、肝心のアナログの音質も誠実な作りになっていることを期待します。

というわけで、この商品を僕はさっそく予約注文しました。到着がいまからとても楽しみです。

« 今更ながらBABYMETAL | トップページ | クラウドサージでポールの武道館公演が発売されています。 »

アナログレコード」カテゴリの記事

洋楽ロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534581/61297220

この記事へのトラックバック一覧です: 洋楽ロックの国内盤アナログ復活 Whitesnake:

« 今更ながらBABYMETAL | トップページ | クラウドサージでポールの武道館公演が発売されています。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

オススメ商品

twitter

無料ブログはココログ