« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

LED ZEPPELIN リマスター最終章 発売 衝撃の未発表曲あり

7月31日に、LED ZEPPELINの後期の3枚のオリジナルアルバムのリマスター盤が発売になって、僕は、今回も0時きっかりに発売開始になった、moraのハイレゾダウンロード販売にて、3枚のデラックスエディションを購入して、早速パソコンやハイレゾウォークマンで楽しんでいます。

今回のリマスター企画では、結局、フィジカルな製品は購入せず、すべて音楽配信で済ませたのですが、それで、十分楽しめたなあと感じています。ただ、今回、全アルバムのデラックスエディションを購入しましたが、未発表テイクを中心に収録したコンパニオンディスクの内容は、ラフミックスとか、正規テイクとあまり変わらなかったりとか、正規テイクと違う内容のものでも、何度でも繰り返し聞きたくなるような出来のものは、ほとんどなく、概ね、残念な内容でした。

ところが、今回発売された、「プレゼンス」のコンパニオンディスクには、衝撃的な未発表曲が収録されていました。「10リブズ&オール/キャロット・ポッド・ポッド(ポッド)」という、わかりにくいタイトルの曲がそれで、なんとしっとりとしたピアノが中心のインスト曲でした。LED ZEPPELINによる、落ち着いた感じのピアノ曲なんて、今まで聞いたことがなかったので、とても新鮮であり、前半はジョンジーのピアノとベースだけなものの、後半では、ジミーもボンゾもしっかり入ってきて、それなりにアレンジを練っで作った感じがうかがえます。「プレゼンス」の収録曲とはあまりにも雰囲気がかけ離れている曲のため、プレゼンスに収録されなかったことは容易に想像ができるものの、これだけのクオリティーの高い演奏をなぜ今まで一切未発表にしていたのか、不思議に思っています。

そんなわけで、僕は、今、「10リブズ&オール/キャロット・ポッド・ポッド(ポッド)」にハマって何度も繰り返し聴いています。僕は、今回のリマスターをハイレゾウォークマンに入れるときには、コンパニオンディスクは別にして、正規アルバム曲をリリース順に聴けるような順番にして、入れているのですが、この「10リブズ&オール/キャロット・ポッド・ポッド(ポッド)」はプレゼンスの一番最後に入れようと思っています。

そんな感じで、リマスターシリーズの中で、残念な内容が多かったコンパニオンディスクにおいて、最後にこうした大収穫があってよかったです。「10リブズ&オール/キャロット・ポッド・ポッド(ポッド)」1曲のために、「プレゼンス」のデラックスエディションのアナログ盤を買ってもいいかなとすら思っています。

ということで、今回はデラックスエディションの購入を見送った人も多いのではないかと思いますが、「プレゼンス」のデラックスエディションだけは、全LED ZEPPELINファン必携の内容だと思います。

2015年7月26日 (日)

レコード100円市(2015/7)

P1020549

今月も7月25.26日に行われたレコード100円市に行ってきました。しかしながら、今回は別の用事があったため、開店と同時に参戦することはせず、25日の17時すぎに行ってきました。この時間だと、写真のように人はさほど多くなく、段ボールを見ている最中でも、軽く検盤できるような余裕のある状態でした。まあ、すでに開店時から参戦した人によって、かなりの盤が確保されてしまった状況の時間ではあるものの、結局、僕の購入枚数は12枚と普段とあまり変わらない枚数でした。今回は、人が少ない状態でレコードが探せたため、かなり暑い中でも、ほとんどの段ボールをじっくりみることができたので、この時間の参戦も悪くないかなとちょっと思いました。以下に、今回の収穫の主なものを紹介します。

Img_0281 Img_0282

100円市では、必ず何枚かは見かけるイーグルスのホテルカリフォルニアですが、なんとレコード番号が7Eで始まる、USオリジナル盤を発見しました。この、7Eから始まるレコード番号のオリジナル盤が、一般的に、もっとも音の良い盤と言われているようなのですが、7Eがオリジナルといっても、米国では、複数の地域の工場でプレスされるので、オリジナル盤といっても、かなりのバリエーションがあるわけで、もしかしたら、たまたま音質的に有利な状況でプレスされた盤が、誰にも気づかれずに、レコード100円市に流れてくることもあるのではないかと、ちょっと、希望を持ってしまう発見でした。今回発見した盤の音質についても期待したいところです。

Img_0283

こちらも、レコード100円市では、大量に見つかる、ビリージョエルのニューヨーク52番街なのですが、スターリング社の刻印と、エンジニアのテッド・ジャンセンを表す、TJの刻印が入った、USオリジナル盤を発見しました。この盤については、どの盤が音がよいかの評価が定まっていないようなので、レコード100円市に、音質的に有利な盤が流れてくるのではないかと、ちょっと、期待しています。

Img_0286

LED ZEPPELINに似すぎていると言われた一発屋のキングダムカムのUSオリジナル盤を発見しました。しかしながら、前に売られていたときと思われるレコファンの100円シールがもの悲しさを感じさせます。こちらのレコードには手書きのスターリング社の刻印と、DMMであることを表す刻印されていました。同時期のガンズやロバートプラントのレコードも同様の刻印があったので、この時期のハードロック系のUS盤は、スターリング社でDMMカッティングするのがありがちなパターンだったのかもしれません。

Img_0287

トレバーラヴィンのイエス加入前のソロアルバムを発見しました。これが出た当時は、天才マルチプレーヤのギタリスト現る、と、雑誌ヤングギター等で大々的に宣伝されていたので、いつかは聴いてみたいと思っていました。

Img_0290

プリンスの「アルファベットST」の12インチシングルのけっこうよい状態のものが発見できました。

Img_0291

以前のレコード100円市でN.E.R.Dの2枚組アルバムを発見したことを書きましたが、今回はそれの先行発売としてリリースされた12インチシングルを発見しました。

Img_0292

シンプルマインズの見本盤を発見しました。これに収録されている「Speed Your Love To Me」を、僕は当時よく聴いていたことを覚えています。これ以外にも、1980円代の洋楽ロックは、わりと遅い時間にレコード100円市に行っても、いろいろ発見できるのではないかと、今回レコードを探してみて、思いました。

Img_0284 Img_0285

西村知美の見本盤を発見しました。この当時の西村知美の可愛さは、ものすごかったと、僕は今でも思っています。

Img_0288

モーニング娘。の恋のダンスサイトの12インチシングルをなぜか、今回初めて発見することができました。

こんな感じで今回も楽しめたレコード100円市ですが、次回は、なんと、8月はお休みで、9月5,6日に開催とのことです。

  • レコード100円市(2015/6) 
  • レコード100円市(2015/5) 
  • レコード100円市(2015/4) 
  • レコード100円市(2015/3) 
  • レコード100円市(2015/2)
  • レコード100円市(2015/1)
  • レコード100円市(2014/12)
  • レコード100円市(2014/11)
  • レコード100円市(2014/10)
  • レコード100円市(2014/8)
  • レコード100円市(2014/7)
  • レコード100円市(2014/6)
  • レコード100円市(2014/5)
  • レコード100円市(2014/4)
  • レコード100円市(2014/3)
  • レコード100円市(2014/2)
  • レコード100円市(2014/1)
  • レコード100円市(2013/12)
  • レコード100円市(2013/11)
  • レコード100円市(2013/10)
  • レコード100円市(2013/8)
  • レコード100円市(2013/7)
  • レコード100円市(2013/6)
  • レコード100円市(2013/5)
  • レコード100円市(2013/4)
  • レコード100円市(2013/3)
  • レコード100円市(2013/2)


















































  • « 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

    2017年6月
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30  

    オススメ商品

    twitter

    無料ブログはココログ