« レコード100円市(2015/7) | トップページ | 次はTug of WarとPipes of Peace »

2015年7月31日 (金)

LED ZEPPELIN リマスター最終章 発売 衝撃の未発表曲あり

7月31日に、LED ZEPPELINの後期の3枚のオリジナルアルバムのリマスター盤が発売になって、僕は、今回も0時きっかりに発売開始になった、moraのハイレゾダウンロード販売にて、3枚のデラックスエディションを購入して、早速パソコンやハイレゾウォークマンで楽しんでいます。

今回のリマスター企画では、結局、フィジカルな製品は購入せず、すべて音楽配信で済ませたのですが、それで、十分楽しめたなあと感じています。ただ、今回、全アルバムのデラックスエディションを購入しましたが、未発表テイクを中心に収録したコンパニオンディスクの内容は、ラフミックスとか、正規テイクとあまり変わらなかったりとか、正規テイクと違う内容のものでも、何度でも繰り返し聞きたくなるような出来のものは、ほとんどなく、概ね、残念な内容でした。

ところが、今回発売された、「プレゼンス」のコンパニオンディスクには、衝撃的な未発表曲が収録されていました。「10リブズ&オール/キャロット・ポッド・ポッド(ポッド)」という、わかりにくいタイトルの曲がそれで、なんとしっとりとしたピアノが中心のインスト曲でした。LED ZEPPELINによる、落ち着いた感じのピアノ曲なんて、今まで聞いたことがなかったので、とても新鮮であり、前半はジョンジーのピアノとベースだけなものの、後半では、ジミーもボンゾもしっかり入ってきて、それなりにアレンジを練っで作った感じがうかがえます。「プレゼンス」の収録曲とはあまりにも雰囲気がかけ離れている曲のため、プレゼンスに収録されなかったことは容易に想像ができるものの、これだけのクオリティーの高い演奏をなぜ今まで一切未発表にしていたのか、不思議に思っています。

そんなわけで、僕は、今、「10リブズ&オール/キャロット・ポッド・ポッド(ポッド)」にハマって何度も繰り返し聴いています。僕は、今回のリマスターをハイレゾウォークマンに入れるときには、コンパニオンディスクは別にして、正規アルバム曲をリリース順に聴けるような順番にして、入れているのですが、この「10リブズ&オール/キャロット・ポッド・ポッド(ポッド)」はプレゼンスの一番最後に入れようと思っています。

そんな感じで、リマスターシリーズの中で、残念な内容が多かったコンパニオンディスクにおいて、最後にこうした大収穫があってよかったです。「10リブズ&オール/キャロット・ポッド・ポッド(ポッド)」1曲のために、「プレゼンス」のデラックスエディションのアナログ盤を買ってもいいかなとすら思っています。

ということで、今回はデラックスエディションの購入を見送った人も多いのではないかと思いますが、「プレゼンス」のデラックスエディションだけは、全LED ZEPPELINファン必携の内容だと思います。

« レコード100円市(2015/7) | トップページ | 次はTug of WarとPipes of Peace »

LED ZEPPELIN」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LED ZEPPELIN リマスター最終章 発売 衝撃の未発表曲あり:

« レコード100円市(2015/7) | トップページ | 次はTug of WarとPipes of Peace »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

オススメ商品

無料ブログはココログ