« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月28日 (土)

レコード100円市(2015/11)

2015112801

先月は参戦を見送ってしまいましたが、今月は、11月28日、29日開催のレコード100円市に、28日の開店時に行ってみました。今回も毎度同様に、開店から60名以上の人が集まり、今回も早めに並んで、かなり早い番号の整理券をGETできたものの、割とじっくりレコードを探せたのは、優先的に入場できた数分間のみで、あとは、場所を移動するのもままならないくらいの大混雑という毎度恒例の状況は、相変わらずでした。今回は暑さでまいることはなかったので、レコード100円市でレコード探すには、今回くらいの気候が丁度いいようです。

しかしながら、、今回は僕の探したいジャンルのレコードがあまり発見できず、結局今回の僕の購入枚数は9枚で、収穫の少ない回となりました。しかしながら、せっかくなので、主なものを以下に紹介します。

2015112802

イーグルスのホテルカリフォルニアのレコード番号が7Eから始まるUSオリジナル盤を今回も発見しました。US盤なのになぜか、日本盤の解説が入っていました。盤質的にもあまり問題ない状態でした。7Eから始まるUSオリジナル盤は結構発見するのが容易なのかもしれません。

2015112804

チャーのデビューアルバムのよい状態のものを発見しました。「スモーキー」はやっぱり名曲、名演だと思います。デビュー当時から、これだけすごい演奏をしているチャーはやっぱり偉大だと思います。

2015112805

2015112806

ジョンレノンの「マインドゲームス」の日本盤を発見しました。やけにブックレットが分厚いなと思ったら、ジョンが誕生した1940年から1973年までのやたら詳しい年表がついていました。ピンクフロイドの「狂気」にもかなり厚いブックレットがついていたし、この時期の東芝EMIは厚いブックレットを付けることにこだわっていたのでしょうか。しかしながら、肝心の音質はあまり関心できるものでなく、僕が持っているUS盤と比べると、レンジの狭い窮屈な音といった印象を受けました。しかしながら、分厚いブックレットが得られたことと、音がよくないことが確認できたことだけでも100円の価値は十分あったと思っています。

2015112807

エイジアのファーストアルバムのUSオリジナル盤のかなりいいコンディションのものが発見できました。ファーストの日本盤は輸入原盤をつかわない日本独自カッティングなので、音質的にUSオリジナル盤の方が有利なのではないかと思います。レコード盤もこの時期としては、やや厚めなので、当時ゲフィンレコードがかなり力を入れてエイジアを売ろうとしていたことが伺えます。

こんな感じで、さすがに最近は100円市では、僕が入手したいレコードは減ってきたのかなとも思うのの、僕がターンテーブルに載せてよく聴くレコードは100円市で入手したレコードである割合が高いので、まだまだ100円市には、都合がつく限り参戦しようと思っています。

次回の100円市は12月19日,20日とのことです。

  • レコード100円市(2015/9) 
  • レコード100円市(2015/7) 
  • レコード100円市(2015/6) 
  • レコード100円市(2015/5) 
  • レコード100円市(2015/4) 
  • レコード100円市(2015/3) 
  • レコード100円市(2015/2)
  • レコード100円市(2015/1)
  • レコード100円市(2014/12)
  • レコード100円市(2014/11)
  • レコード100円市(2014/10)
  • レコード100円市(2014/8)
  • レコード100円市(2014/7)
  • レコード100円市(2014/6)
  • レコード100円市(2014/5)
  • レコード100円市(2014/4)
  • レコード100円市(2014/3)
  • レコード100円市(2014/2)
  • レコード100円市(2014/1)
  • レコード100円市(2013/12)
  • レコード100円市(2013/11)
  • レコード100円市(2013/10)
  • レコード100円市(2013/8)
  • レコード100円市(2013/7)
  • レコード100円市(2013/6)
  • レコード100円市(2013/5)
  • レコード100円市(2013/4)
  • レコード100円市(2013/3)
  • レコード100円市(2013/2)
  • 2015年11月 9日 (月)

    レインのアウトテイクPVがあった!

    Rain outtake

    「レイン」のアウトテイクのPVがネット上に公開されています。エンディングがちょっと長いのが特徴で、ジョンの逆回転のボーカルがよりわかりやすくなっていますね。

    2015年11月 8日 (日)

    りほりほ最後の広島公演はすがすがしい内容でした。

    ハロ!ステ#142

    もう1週間以上経ってしまいましたが、せっかくハロステに映像も上がっているので、10月31日に行われたモーニング娘。’15の広島公演について書きます。

    ハロステにある映像は、最初の卒業報告は、昼公演の最初のMCのときのところで、最後のダブルアンコールでのあいさつは夜公演のものです。昼公演では、ダブルアンコールでの登場はなく、夜公演では最初のMCでの卒業報告はありませんでした。また、ダブルアンコールでのあいさつは、全力を出し切ったと言ったあとに、ステージに寝転んで、天井カメラに映してくれるように要求するものの、いざ映ったらやっぱり恥ずかしくなって、すぐやめたといった、かわいいやりとりの部分がカットされています。

    映像にあるように、里保ちゃんは、もう完全に卒業については吹っ切れた感じで、むしろ聴いている周りのメンバーの方が天井向いて涙をこらえている様子でした。そのため、コンサートの内容も普段と変わりなく充実したもので、夜公演のアンコールではハロウィンということで、メンバーがハロウィングッズを持って登場したりとか、とても楽しいものになりました。

    そんな感じで、もうモーニング娘。を見るために広島まで行くことはないだろうなと思うものの、今後もやっぱり年に何回かはモーニング娘。のコンサートを見たいなと思うことができたので、よかったと思っています。

    「ビートルズ1+」発売 「リアルラブ」がジョージの追悼曲になった・・・

    「ビートルズ1+」が発売されて、結構売り上げも好調のようですが、僕の手元にもAmazonから、発売日に到着して早速楽しんでいます。今回の発売フォーマットの中では、「CD+2Blu-ray」のデラックスエディションの1択だと書いて、その通りのバージョンを買ったのですが、やはり、「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」等が収録されたディスク3もなければ、長年のファンとしては話にならないので、やはり、買うのはこれの1択しかなく、しかし、その満足度は非常に高い商品であると思っています。

    近年のビートルズ関連商品の企画内容、価格については、色々批判があり、僕も同意させられるケースも多いのですが、今回の「ビートルズ1+」については、この内容で実質価格を1万円以内で発売してくれたことは、よかったのではないかと思います。CDはリミックスバージョンで、今までのものとの違いを楽しめるし、映像集は映像がきれいになったことに加えて、音声についても、かなり楽しめるものになっており、これから、何度も見て聴いていくうちに、新たな発見または感動が味わえそうだと感じています。

    CDのリミックスは、もう多くの人が書いているように、ステレオの定位が安定したり、音圧が上がって個々の楽器の音が、聞き取りやすくなっているのが特徴で、その人にとっての曲への思い入れ、再生システムの違いによって、「よくなった」と思う曲、「ちょっと違和感がある」と思う曲が変わってくると思います。僕の場合は、「よくなった」と思ったのは、「イエロー・サブマリン」、「 エリナー・リグビー」、「レット・イット・ビー」あたりで、「違和感を感じた」のは、「キャント・バイ・ミー・ラヴ」、「ペイパーバック・ライター」、「ジョンとヨーコのバラード」、「カム・トゥゲザー」あたりでした。音圧が上がって、自分にとっては強調されなくてもいい種類の楽器の音が強調されてしまっていると感じたのが、違和感の主な理由なのですが、「ビートルズ1+」はアナログ盤も出るようなので、アナログだと、また違った印象になるかもしれないとも思ったので、俄然、アナログ盤も欲しくなってしまいました。

    映像集の方も、例えば「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」はオーケストラの音を加える前のピアノやカウントの声がすごく聞き取りやすくなっていて、「制作過程の種明かしバージョン」といった趣があり、これはこれでとても面白いバージョンだと思います。

    そして、そして、今のところ、僕が一番感動したのは、このセットの最後に収録されている「リアルラブ」でした。映像も音声も既存のものとは大きく異なっていたことに驚き、感動させらたのですが、ジョージのリードギターが、聴いたことないフレーズが沢山追加されていて、今まで以上に際立っています。ジョージとオリビアが仲良く2人で映っている映像も多く挿入されていたりして、リミックスにより、ジョンの歌声があまり目立たなくなってしまったこともあり、この「リアルラブ」はまるでジョージの追悼曲のような印象を受けました。Blu-rayの音声は正規に手段では加工できないので、ぜひとも、この「リアルラブ」だけは、ウォークマンに入れられるフォーマットで別途発売して欲しいと思いました。

    そんな感じで、聴きどころ、見どころのとっても多い「ビートルズ1+」最近のビートルズ関連の商品の中では大当たりの商品だと思うので、安心して購入して大丈夫ではないかと思います。ぜひ、皆で沢山聴いて、感想を言い合ったりするのも楽しいと思います。

    « 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

    2017年6月
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30  

    オススメ商品

    twitter

    無料ブログはココログ