« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月24日 (日)

レコード100円市(2016/4)

2016042401

今月も、4月23日、24日開催のレコード100円市に行ってみました。今回は別の予定があったため、開店前から並ぶことができず、会場に到着したのは、23日の開店後1時間30分すぎくらいの時間でした。さすがにこの時間になると、LPの段ボール箱にはめぼしいものが全くなく、今日は収穫ゼロかなと思ったところ、シングル盤でビートルズのソロ関係があったので、結局今回はLP1枚、シングル盤8枚と、遅い時間に行ったわりにはまずまずの結果でした。以下に主なものを紹介します。

2016042402

買ったLPは、ワーナーパイオニアの洋楽宣伝用で非売品のオムニバス盤でした。こうした盤は、曲をいっぱい入れるので音質的には期待できないのですが、ドナルド・フェイゲンとジョージハリスンの曲が同じ面に入っているのが面白いなと思って、つい買ってしまいました。

2016042403

ジョージハリスンのシングル盤を2枚発見しました。

2016042404

2016042405

ポールマッカートニーも色々ありました。特に「アイルランドに平和を」は、ポールのシングル曲の中で、もっとも忘れ去られた曲という感じがします。僕もこの曲は、かなり久しぶりに聴いたような気がします。

2016042406

この時期の荻野目慶子ちゃんは、すごく可愛かったなあと思うと、ついシングル買ってしまいました。

こんな感じで、今回は、たまたまシングル盤が充実していただけかもしれませんが、今回のように出遅れたときは、シングル盤中心に探してみるのもいいかなと思いました。

次回は、5月7日、8日開催とのことです。

  • レコード100円市(2016/3) 
  • レコード100円市(2016/2) 
  • レコード100円市(2016/1) 
  • レコード100円市(2015/12) 
  • レコード100円市(2015/11) 
  • レコード100円市(2015/9) 
  • レコード100円市(2015/7) 
  • レコード100円市(2015/6) 
  • レコード100円市(2015/5) 
  • レコード100円市(2015/4) 
  • レコード100円市(2015/3) 
  • レコード100円市(2015/2)
  • レコード100円市(2015/1)
  • レコード100円市(2014/12)
  • レコード100円市(2014/11)
  • レコード100円市(2014/10)
  • レコード100円市(2014/8)
  • レコード100円市(2014/7)
  • レコード100円市(2014/6)
  • レコード100円市(2014/5)
  • レコード100円市(2014/4)
  • レコード100円市(2014/3)
  • レコード100円市(2014/2)
  • レコード100円市(2014/1)
  • レコード100円市(2013/12)
  • レコード100円市(2013/11)
  • レコード100円市(2013/10)
  • レコード100円市(2013/8)
  • レコード100円市(2013/7)
  • レコード100円市(2013/6)
  • レコード100円市(2013/5)
  • レコード100円市(2013/4)
  • レコード100円市(2013/3)
  • レコード100円市(2013/2)













  • 2016年4月17日 (日)

    他人事ではなく、日本全国で厳重警戒すべきです。

    熊本は、僕が昨年7月、今年1月に訪れた街で、八代にお気に入りのホテルが出来ただけに、今回の熊本大地震には、心を痛めています。お亡くなりになった方にお悔やみ申し上げます。また、被災された皆様にこれ以上の苦しみが起こらないよう、心からお祈りします。

    ただ、我々は、今一度、東日本大震災の教訓を思い出すべきだと思います。

    ・東日本大震災の2日前の3月9日にM7.2の地震が発生していたこと

    ・東日本大震災後の3月12日に新潟県中越で、3月15日に静岡で震度6強の地震が発生していたこと

    ・東日本大震災の1か月後に福島浜通りで震度6弱の地震が発生していたこと

    この経験を踏まえると、今回、唐突に熊本でM6.5の地震が発生したことから、数日の間はこれより大きな地震が発生することは十分考えられたわけで、正直、余震だけでなく、これより大きい地震が発生する可能性を示唆しなかったのは、気象庁の大きなミステイクだったと思います。ただ、気象庁もそれを悔やんでいるから、4月16日の地震を本震に訂正し、その後の地震活動も今までに経験のないものとして、厳重警戒を呼び掛けているんだと思います。

    そして、厳重警戒すべきなのは、決して、熊本県、大分県の住民だけではないということを我々は肝に銘じておくべきだと思います。東日本大震災のときには、いきなり震度6強の地震が新潟県中越や静岡で発生したのには、僕はすごく驚きました。特に、静岡の地震については、忘れられてしまって、完全に風化してしまったような感じがありますが、地震活動が活発になったために、思わぬところで、地震が発生する可能性については、少なくとも大地震発生から1か月間くらいは、日本全国で考慮すべきだと思います。

    そして、僕が不気味に思っているのは、4月14日の熊本の地震の約30分前にあった、西荻窪の地下を震源とする、東京23区直下型地震です。このときは、地鳴りとともに、一瞬縦揺れがして、そのあと、普通はあるはずの、横揺れがまったくなくて、最初は地震でなく、僕のマンションの地下で何かが爆発したのでは、と思ってしまいました。

    厳重警戒はしすぎたとしても、結局何もなければ「何もなくてよかったね」となるだけなので、警戒しすぎることのデメリットは何もないと思います。日本全国、皆、向こう一か月は、避難行動のシミュレーションや、水、食料の備蓄などを強く意識すべきだと思います。また、今回得られた情報として、家を離れるときは、停電回復後に電気がショートして火災になることを防ぐために、必ずブレーカーを落としてから非難すること、というのは、重要な情報だと思います。僕も万一家を離れる際には、実践せねばと思います。

    辛い状況になってしまいましたが、もうこれ以上、震災の犠牲者を出さないために、皆で強力して注意喚起し合って、この辛い状況を乗り切りたいものです。

    みなさん、頑張りましょう!

    « 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

    2017年4月
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30            

    オススメ商品

    twitter

    無料ブログはココログ