« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月28日 (月)

オーストラリア ゴールドコーストの中古レコード屋

先日、オーストラリアのゴールドコーストに出張で行った際に、空き時間を利用して中古レコード屋を巡ることが出来て、想像以上に収穫があり楽しく、また、海外のレコード屋巡りが詳しく紹介される機会もあまりないと思うので、記事にします。

ゴールドコーストはクイーンズランド州の観光都市で、あまり中古レコード屋はないのかなと思ってみたものの、ネットで検索すると3件ほど見つけることができました。ただ、ゴールドコーストのホテルが沢山あるような観光の中心街からは、ちょっと離れているところにあるようだったのですが、ゴールドコーストはトラム(路面電車)やバスが充実しているので、これらを駆使することで、問題なく、中古レコード屋を見つけることができました。ゴールドコーストのバスやトラムは、コンビニなどで、1日10ドルで乗り放題の「Go Explolerカード」を買えば、乗り降りの際にカードをタッチすればよいだけなので、とても便利に利用することができました。

2016112801 2016112802

1.Rare Groove

http://stores.ebay.com.au/rare-groove-records-oz

2016112803

ゴールドコーストの中心街から、トラムで終着駅「ブロードビーチサウス」まで行って、そこから700番のバスで、15分位乗ったところの、ノビ・ビーチという場所に店はありました。オーストラリアのバスは、ストップボタンを押すと次の停留所に止まってくれるのですが、日本みたいに次はどこといったアナウンスは一切ありませんでした。僕はあらかじめお店の場所をグーグルマップで把握していたため、店を通り過ぎたあたりで、ストップボタンを押したのですが、店からあまり離れていない場所に停留所があったので、難なく店にたどり着くことができました。
 ここのお店は、アナログ盤は充実していたものの、ちょっと古いものというだけで、30~50ドルの値段が付けられていたので、値段は高めだと思いました。また、ここでは、ビートルズ関連のシングル盤が充実していたものの、ほとんどが、1970年代以降の再発盤のようであり、またなぜか、ポール・マッカートニーの「Young Boy」等のアナログが少なくなってからのシングル盤もあったものの、これらは50ドルとかなり高めの値付けでした。
 
僕は、この店では、「Beatles for sale」のオーストラリア盤を購入しました。値段は40ドルでした。マトリクスは「YEX-142 YAPAX.1003-2  / YEX-143 YAPAX.1004-5」オーストラリア独自カッティングで多分70年代頃のレイトプレスだと思われ、特に珍しくないので、40ドルはちょっと高いかなと思ったものの、せっかくなので、買ってみました。レコード買おうとすると、店員さんは、すごく陽気に話しかけてくれて、「for saleのジャケットはこのレコードのものが最高で、UK盤のジャケットなんて最悪だ。」とオーストラリア独自ジャケットの「For sale」を誇らしげに思っているようでした。

20161128042016112805

20161128062016112807

そんな感じで、値段はちょっと高めなものの、在庫は結構豊富なようなので、アナログ盤を見にちょっと寄ってみるにはいい店なんじゃないかなと思いました。

2.Atlantis Music

http://www.atlantismusic.com.au/

2016112808

ゴールドコーストの中心街から、トラムで大きな川を渡って、サウスポートという地区に行くと、中古レコード屋が2件ありました。サウスポート地区は観光地というよりも、地元の人のショッピング街の中心地といった感じで、大きなショッピングモールもいつくかある場所でした。

この店もアナログ盤が充実していたものの、なぜかビートルズは少なめでしたが、壁に「LED ZEPPELIN Ⅱ」の古そうなレコードが85ドルで飾ってあったりしました。また、足元には、シングル盤が3.99ドル均一でかなり大量にありました。その中では、ジョージハリスンの「過ぎ去りし日々」を発見したものの、ジャケットがあまりにもボロボロだったので、購入を見送りました。
この店では、こちらもオーストラリア独自ジャケットの「With The Beatles」のモノラル盤を40ドルで買いました。このレコードは最初期盤だと、ゴールド・パーロフォン・レーベルが使われているそうなのですが、僕が買ったのは、普通のイエロー・パーロフォン・レーベルでした。裏ジャケットに「66 DEC」と書き込みがあるので、おそらくそのころに売られていた盤だと思いました。盤はUKマザーのマト1で、盤質もよかったので、マト1の迫力のある音を楽しめました。

20161128092016112810

20161128112016112812

また、レコード購入時にビートルズのシングル盤がないのか尋ねたら、カウンターの裏に飾ってあったシングル盤をいくつか見せてくれました。また、1964年のオーストラリア公演のパンフレットのオリジナルというのも見せてもらいました。その中で、僕は「Let It Be」のシングル盤が20ドルであったので買うことにしました。アップルレーベルだったので、レイトプレスではないようでした。そして、UKマザーが使われている盤であることが確認できました。「アナログ・ミステリー・ツアー」で「オーストラリア盤の「You Know My Name」に衝撃を受けた」という記載があったので、このシングルが僕が今回の旅の中で、一番欲しかったものだったので、目的が達成できてよかったです。しかしながら、これの「You Know My Name」が本当に衝撃的な音なのか、今のところよくわからなかったりしています。

20161128132016112814

20161128152016112816

3.Butter Beats

https://downunderbylaw.wordpress.com/2012/09/03/butter-beats-gold-coast/

2016112817

サウスポートにもう一軒あるこの店は、古い人形なんかも置いてあるような店で、アナログレコードの品ぞろえは他の2店舗ほどではないものの、ビートルズはそこそこ充実していました。ここでは、僕は、「Please Please Me」のモノラル盤と「Rubber Soul」のステレオ・ニュージーランド盤を買いました。それぞれ、40ドル、50ドルと表記されていたのですが、両方で80ドルにおまけしてくれました。

「Please Please Me」はジャケットはかなりぼろいものの、正真正銘のオリジナル盤でした。裏ジャケットにモノラルのレコード番号のみが書かれているのが初期版のようです。そして、「アナログ・ミステリー・ツアー」によれば、レーベルに"Made in Australia by E.M.I(Aust.) Limited.”と書かれているのが、オリジナルということのようなのですが、確かに、このレーベルの下部にそう書かれているのが、確認できます。この盤もUKマザーのマト1でした。盤質の方はわりとよく、極めてノイズの少ない状態で、音を楽しむことができました。UK盤のゴールド・パーロフォンだったら、いくらジャケットがぼろくても、この盤質であれば、5万円以上は確実と思われるものを、3000円程度で買えたので、これは、いい買い物だったんじゃないかなと思っています。だた、オーストラリア盤のゴールド・パーロフォンの音質はUK盤の4thプレスと同等というのが、一般的な評価なようです。

20161128182016112819

2016112820

20161128212016112822

「Rubber Soul」のニュージーランド盤は、Side 1がリカットで、Side 2がUKマザーのマト2(最初期)でした、ニュージーランド盤は「アナログ・ミステリー・ツアー」の影響でヤフオクの落札価格が高騰していて、同じ仕様の「Rubber Soul」がヤフオクで1万円以上で落札されているのを見たことがあったので、こちらも4000円程度で購入できて、よい買い物ができました。50ドルの値を付けているだけあって、盤質はすごくよかったです。
音質もかなりよいのではないかと思っています。

20161128232016112824

2016112825

20161128262016112827

こんな感じで、今回初めて、海外でのレコード屋巡りを楽しんだわけですが、店の雰囲気が想像以上に日本と変わらず、日本と同じノリでレコードを探すことができてよかったです。また、どの店も店員さんが陽気で愛想がよく、日本から来たというととても喜んでくれていました。また、どの店も盤のコンディションの表記はなかったものの、検盤には気軽に応じてくれましたし、今回たまたまながら、検番したどの盤も状態はよかったので、オーストラリアでは比較的レコード盤は大切に扱われているのかなあと思いました。また、あとちょっと気になった点としては、どの店も「UK編集レアリティーズ」が置いてあったことが気になりました。この作品のオーストラリア盤はジャケットに「マキシカット・プレセスでカッティングした」と書かれているので、オーストラリアではもしかしたら、大々的に宣伝してリリースされたのかなあと思いました。あと、どの店もLED ZEPPELINのレコードは高かったのが気になりました。

今後もぜひとも色々な国でレコード屋巡りをしてみたいです。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

オススメ商品

twitter

無料ブログはココログ