« ポール来日2018 両国国技館 とりいそぎセットリスト  | トップページ | ターコイズステークス G3 2018 レース回顧 »

2018年12月20日 (木)

朝日杯FS G1 2018 レース回顧

突然ですが、今回よりJRAの重賞レースのレース回顧を始めてみます。

1.レース結果の基礎データ


阪神 芝1600m
走破タイム:1:33:9 前4F-後4F:47.7-46.2 ややスロー 
ラップタイム:12.7 - 10.9 - 11.7 - 12.4 - 11.8 - 11.3 - 11.2 - 11.9
馬場差 -0.8 完全タイム差 ±0
タイムランク C メンバーランク C

2.隊列分析

2018122002


直線入口では縦長の隊列で、これは、前目で勝負したい馬が多かったことと4角でペースアップしたために後続が直線入口で外の好位置に出せなかったことによる。例えば先週の阪神JFや10Rの元町Sは4角でペースが緩んでいたため横に広がる隊列となり、後続が外の好位置に出すことができて、外からの差しが決まる展開となった。今回のようにスローペースで縦長の隊列になると、前が止まらないので後ろからの差しは決まりにくくなる。実際に前につけていた馬でレースは決着した。ただ、それにしても後ろからいい脚を使って差してくる馬がほとんどいなかったのが印象的であり、これは今回のメンバーの出馬表の過去成績から容易に想像できる結果ではあったが、いい瞬発力を使う馬がいなかったという点でタイムランクCの割には凡戦であった可能性が高かったレースなのかもしれないと現時点では思っている。

3.各馬の分析


1着 6番 アドマイヤマーズ  Mデムーロ 1:33.9 
序盤、2ハロン目が10.9秒となるやや速い先行争いの中、楽に3番手につけることができた。そして直線に入って早めに先頭に立つと最後までしっかりを脚を使って、後続を完封した。
3連勝していたとはいえ、2戦続けてタイムランクDであったように平凡なタイムであったため、戦前は実力を疑問視する人が多く、そのため、単勝4.6倍の評価であったが、相手なりに走る勝負根性のある馬なので、相手強化でパフォーマンスアップすることができたと考えるのが妥当だと思うが、グランアレグリアが大きくパフォーマンスを落としたことと、鋭い末脚を発揮してきた馬がいなかったことから、この馬のパフォーマンスアップは控えめに考えていた方がよいように思う。
ただし、デムーロ騎手が「この馬は最後にもう一回ギアが変わる」と言っているように最後まで前に出ようとする勝負根性があるので、今後さらに強い馬との対戦が楽しみではある。

2着 1番 クリノガウディー  藤岡佑 1:34.2 
スタートのよさで序盤楽に先手をとることができ、その後無理せず4番手で追走することで十分脚を貯めることができた。このため直線で追い出すと2番手まで上がることができて、ラスト1ハロンはやや甘くなるも最後まで粘って2着を確保した。
これは1番枠だったため恵まれた要素もあると思うが、改めて東京スポーツ杯のレースをみると、この馬は直線の途中までかなりいい走りをしていて、最後も先行した馬の中では一番粘っていて内容は決して悪くないものであったのがわかる。前走7着という結果に惑わされずしっかりレースを見て、走りっぷりを評価すべきという教訓を改めて得ることになる結果だった。

3着 2番 グランアレグリア  ルメール 1:34.3
序盤の速い先行争いをスピードの差で楽に2番手につけて、全く楽な手ごたえで追走するも、直線入口でアドマイヤマーズに競りかけられると怯んでしまい。その後ラチぴったりの最内の位置に入り他馬との競り合いを一切拒否して1頭だけポツンと走る感じになった。それでも能力の高さから3着を確保した。
新馬戦がタイムランクA,前走がタイムランクBと明らかに高いパフォーマンスで走っていて、一昨年のミスエルテとは明らかに上の能力を示していたことから、単勝1.5倍の評価は妥当であり、僕も楽勝するのではないかと思っていたが、他馬に競られて怯んでしまいパフォーマンスを大きく落としたのはショッキングな結果であった。楽な勝負で高いパフォーマンスを示していても厳しい勝負になると勝負根性に欠けるため凡走するケースは牝馬にたまにあるケースなので、今回の敗戦は僕は深刻な結果だと思う。そのため、他馬と競り合って競り落とすようなことができる姿を見せるまでは、今後この馬は疑ってかかった方がよいと思う。もしこのあと桜花賞に直行したら、危険な人気馬になると思う。

4着 14番 ファンタジスト 武豊 1:34.5
スタートはよかったが序盤は無理せず、6番手に控え最後はしっかり末脚を使うも伸びきれず4着が精いっぱいだった。
先行して好位差しタイプの馬なので、結果的に位置取りが後ろすぎたということになるが、武騎手のコメントのとおり今回の展開では外枠が災いしたと考えるのが妥当なようだ。今回のように先行するタイプが多い場合には外枠ではどうしても外回る距離ロスが発生するし、無理して先手の内を取ろうとするとその際に内の馬以上に脚を使ってしまうことになるので、外枠は不利だったということは納得できる。上がり3ハロンでは勝馬と同じ脚を使えているので、着差ほどの差はないと考えてもいいかもしれない。
先行したい馬が多い場合、外枠の先行馬は不利ということは教訓として覚えておきたい。

5着 8番 ディープダイバー 川田 1:34.7
積極的に先手を取りに行き最後まで掲示板を確保した。
末脚の鋭い馬がいなかったため、積極的に先手をとったことが功を奏し、恵まれた5着と見るのが妥当であるが、4角で内にささったり、コーナーの途中まで逆手前で走ったりとチグハグなレースだったので、このあたりが改善されれば、パフォーマンスアップしてくる可能性はある。

6着 15番 エメラルファイト ビュイック 1:35.1
前半は待ったくついていけいないものの、直線では唯一阪神外回りの直線を活かして長くいい脚を使い上がり3ハロン最速の末脚を見せた。
唯一鋭い末脚を発揮したとはいえ、前半の基礎スピードが明らかに不足しているので、現時点では上位馬にはまったくかなわないところとなる。

7着 3番 アスターペガサス  福永 1:35.4
中段内で追走するも、直線では全く伸びず、全く見所のない結果となった。

8着 10番 ヒラソール  岩田 1:35.5
中段から全く伸びず。最後は脚が上がっていたとのことなので、1600m戦は向かないようだ。

9着 9番イッツクール  松田 1:35.6
序盤の速い流れを無理して先頭まで上がっていったが、無理した分最後は後退した。明らかに能力不足の結果。

10着 5番 マイネルサーパス 丹内 1:35.7
後方から、直線でも全く伸びず何もできずに終わった。
福島で鋭い末脚を使い、2歳のコースレコードで勝ったので、穴人気になっていて、僕も今回は末脚の鋭い馬が少ない組み合わせであったため、少し期待したが、期待外れに終わった。この馬の過去のレースのラップタイムを見ると、前半かなり遅いレースばかりなので、1600m戦のラップだと速すぎて脚が溜まらないと考えるのが妥当なようだ。さらに言うと、この馬気性に難があり、ヨレたり鞭があまり使えなかったりするので、そもそもアテにしづらい馬として記憶しておいた方がいい馬のようだ。

11着 12番 コパノマーティン  坂井 1:35.9
戦績が示すとおり、このメンバーではまったく歯が立たない結果となった。

12着 4番 ドゴール  津村 1:36.0 
戦績からすると、ちょっと負けすぎな気がするが、多頭数で揉まれると全くダメなタイプなのかもしれない。

13着 11番 ケイデンスコール Cデムーロ 1:36.0
過去3戦とも上がり3ハロン最速で、新潟2歳Sを勝っていたことから、やや人気になったが、全くいいところがなかった。やはり、秋に2歳オープン戦が多数組まれているにもかかわらず、夏のローカル重賞からここに直行したということは、何らかのよくない事情があったと考えるのが妥当であり、今後もこうしたローテーションの馬は軽視するのが妥当であろう。

14着 7番 ソルトイブキ  四位 1:36.4
やはり未勝利脱出に3戦かかって、ここに直行する馬では何もできずに終わる、当然な結果となった。

15着 13番 ニホンピロヘンソン  浜中 1:36.6
入れ込みが激しくレース前に消耗していたとのことなので、今後下級レベルのレースでもアテにできない馬と考えた方がよさそうだ。

« ポール来日2018 両国国技館 とりいそぎセットリスト  | トップページ | ターコイズステークス G3 2018 レース回顧 »

競馬」カテゴリの記事

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日杯FS G1 2018 レース回顧:

« ポール来日2018 両国国技館 とりいそぎセットリスト  | トップページ | ターコイズステークス G3 2018 レース回顧 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ商品

無料ブログはココログ