« 日経新春杯 G2 2019 レース回顧 | トップページ | アメリカジョッキークラブカップ G2 2019 レース回顧 »

2019年1月17日 (木)

京成杯 G3 2019 レース回顧

このレース、近年は葉牡丹賞出走馬が好走するレースとなっていて、今期の葉牡丹賞がレコードタイムが記録されたレースであり馬場差を差し引いてもタイムランクA完全タイム差-1.1と高レベルレースと評価されていた。そんなこともあってこのレースは葉牡丹賞1,2着馬が1,2番人気となったが、このように多くの人がこうなるだろうという結果にはならないところが競馬の難しいところであり、チャレンジしがいのある面白いところなのだが、今回の結果から、「時計の速いレースを単純に高く評価してはいけない」という教訓が得られたと思う。実は僕は「先週の結果分析」がタイムランクA,Bに評価しているレースの中には怪しいものが多いと考えていて、多分スローペースが時計が出にくく補正が必要なのと同じように、時計の出やすい展開のレースが合ってこうした場合は速い時計を補正する必要があるのではないかと考えている。補正すべきレースを見極めるのは実は簡単で出走馬の前走の完全タイム差をチェックして出走馬の多くが前走の完全タイム差を大きく上回っている場合は完全タイム差を疑ってかかるとよい。このことは近々別記事に書こうと思う。

1.レース結果の基礎データ

中山芝2000m良
走破タイム:2:01.2 前4F-後4F:48.2-47.1 スローペース
12.8 - 10.9 - 12.5 - 12.0 - 12.9 - 13.0 - 11.8 - 11.8 - 11.4 - 12.1
馬場差 -0.7 完全タイム差 -0.1
タイムランクC メンバーランク C

スローペースながら、フェアリーステークスとは対照的に先行馬が4角の勝負所からしっかりとペースを引き上げてきた。それでいて先行馬が1,2着になったので、このレースの先行馬は強いと思う。

2.隊列分析

2019011604

先行馬が4角からしっかりペースアップしたのでやや縦長になった。それでいてスローペースだったこともあり、先行馬が止まることはなかったので、先行決着となった。

1着 7番 ラストドラフト ルメール 02:01.2

好スタートならが、あえてカテドラルのすぐ後ろの外から序盤は前にプレッシャーをかける形で追走し、向こう上面では一旦ペースダウンし脚を貯め、残り800mから早めにスパートすると4角のうちに先頭に立ちそのまま最後まで押し切って1着となった。
好スタートながらあえて2番手の外を回ったことでやや距離ロスがあったが、それでも前の馬をつついて行く展開にする方が集中して走れると考えたのだろう。向こう上面でペースダウンしたのは、騎手のコメントによると「物見をした」らしいが結果的に脚が貯められよい方向に作用したと思う。
スタートがよく、追走のペースもよく、それでいて早めにスパートして、後続の末脚を削ぐ走りができるので、この馬かなり強いと思う。「先週の結果分析」の大川さんはシンザン記念に続いてまたもや1勝馬の勝利ということで恵まれた勝利と判断して次走危険馬としたが、この馬を次走危険馬としたのは危険な評価だと思う。

2着 5番 ランフォザローゼス マーフィー 02:01.4

好スタートから序盤の先行争いに加わるも前2頭とは先行力が少し劣って3番手となる。3番手でも内で我慢することなく外から前2頭に迫って行こうとする姿勢を見せて4角でラストドラフトのペースアップに外からしっかりついていったが、最後までラストドラフトを上回ることができずの2着だった。
ラストドラフトとの差は外を回った分にも見えるが、最後は1馬身ちょっと離されたので現時点ではちょっとだけ力差があるように見えた。ただこの馬、前走と今回で少し道中のペースの違いがあったにもかかわらずしっかりと先行し、上位に入れる堅実さがあると思う。今後も最後はちょっと足りずに2着になることは多くなりそうな気がするが、3連複の軸馬として期待に応えてくれる馬になりそうな気がする。

3着 2番 ヒンドゥタイムズ 中谷 02:01.4

まずまずのスタートから中段の最内のポジションを確保する。向こう上面ではペースが落ちたことを利用して、最内で前から4番手の位置まで押し上げる。ペースアップ時には追走に苦労してかなり手が動いていたが、コーナーワークを活かして、内の好位置で直線に入ることが出来て、3着に差し込んだ。
3着ではあるものの、前2頭とは明らかに能力差があるように見え、それでいて終始インをロスなく立ち回れたので、この馬に関しては恵まれた3着と評価してよいと思う。

4着 9番 シークレットラン 内田博 02:01.6

まずまずのスタートから、前から5番手で追走するも、残り800mからのペースアップではなかなかエンジンがかからず騎手の手が激しく動き残り600mの手前で早くも鞭が入るも、そこから長くしぶとい脚を使い4着を確保した。
コーナーから早めにスパートして長くいい脚を使えるのがこの馬の武器ということは前走の走りでわかったが、前走ラスト4-3ハロンのラップタイムが、12.1-11.9で今回が11.8-11.8ということで0.4秒ほど今回の方が速かったことになるので、急激なペースアップには対応できないということなのだろうと思う。それにしても、残り800mからの内田騎手の動きは相当焦っていたように見えたので、陣営はこのレース勝つ気満々だったのかもしれない。
ハイペースになるか、直線までペースが上がらない展開にならないとこの馬のよさは活きてこないということだと思う。

5着 11番 リーガルメイン 戸崎圭 02:01.7

立ちあがったタイミングでのスタートとなったため、出遅れ後方から、ポツンと後方追走するも、4角からいい脚でスパートして大外を回って最速の上がり3ハロンタイムを使って5着となった。
最後はいい脚を使ったとはいえ、ずっと後方からで、大外を回ったものなのでこれで3着以内に入るのはかなり恵まれないと難しそうだ。

6着 10番 ナイママ 柴田大 02:01.9

行く気なく後方から、後方でもやや外を回り、ずっと後方のまま4角で押し上げようとするもあまりいい脚を使えず6着に沈んだ。
他馬と接近するとすぐスイッチが入ってしまい制御できなくなるようなので、今回は後方からじっくり進んだとのことであるが、前半のペースが緩んだところでも何もしないでいると、切れる脚はない馬なので、どうすることもできないということだと思う。気性が成長しない限りは3着以内に入るのは難しそうだ。

7着 4番 マードレヴォイス 三浦 02:01.9

後方から、特に見所のないように見えたが、騎手のコメントによるとこれでも「この短期間で凄く良くなっていました。トモもしっかりしてきたのでゲートも出られましたし、このメンバー相手にハミを取って頑張ってくれました。まだ良くなりそうです。」とのことなので、500万条件戦で穴をあけることはちょっと期待できるかもしれない。

8着 3番 クリスタルバローズ 北村宏 02:01.9

後方から、最後は大外を通っても追い上げることができず、全く見所はなかった。

9着 8番 カフジジュピター 坂井 02:01.9

好スタートから4番手でやや外を回り追走する。残り800mからのペースアップはむしろシークレットランよりもスムーズに出来ていたが、残り200mで脚が止まった。
ゲートと折り合いが課題の馬だったようだが、ゲートはクリアしたものの折り合いについては、あまり他馬と接近しないで走ることが出来る展開だったので、クリアできたかどうか、何とも言えない。いい脚は長くは続かないようであるが、先行してコーナーでしっかりペースアップすることができているので、小回り平坦コースのレースであればもう少しやれるかもしれない。

10着 1番 カイザースクルーン 石川 02:02.1

「ゲート内の行儀が悪くて、リズムが崩れてしまいました。」と騎手のコメントにはあるがそのせいか、全く見所のない走りだった。こんな馬でも前走の葉牡丹賞のこの馬の完全タイム差は-0.6と高評価なので、やはり葉牡丹賞の時計の評価は過大評価だったと思う。
11着 6番 カテドラル 福永 02:02.2

好スタートから先頭を取り切ったかに見えるが、あえて先手を取らされて目標にされたと考えてよいと思う。ルメール騎手にしてやられた感じではあるが、自身も前半は楽が出来た割には最後伸びなさすぎで、これで2走続けて末脚が発揮できなかったので、超スローにならないと末脚が使えないとか、いい脚がちょっとしか使えないとかの欠点があるのではないかと思う。そこそこ人気のある馬ではあったが、現時点では重賞で3着以内に入るのは難しいのではないだろうか。

12着 12番 ダノンラスター Mデムーロ 02:02.2

スタートよかったが、2の脚が速くなく後方からになる。残り1000mでかなりペースが緩んだので、ここで一旦前に進出しようとするが前に取り付こうとした残り800mの地点が先行馬のペースアップと重なったので、ここでついていけず最後方の12着に敗れた。
向こう上面のペースアップの判断はよかったが、その後先行勢がすぐペースアップしてしまったのでツイてなかった。

« 日経新春杯 G2 2019 レース回顧 | トップページ | アメリカジョッキークラブカップ G2 2019 レース回顧 »

競馬」カテゴリの記事

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京成杯 G3 2019 レース回顧:

« 日経新春杯 G2 2019 レース回顧 | トップページ | アメリカジョッキークラブカップ G2 2019 レース回顧 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ商品

無料ブログはココログ