« 2019 弥生賞 G2 レース回顧 | トップページ | 2019 チューリップ賞 G2 レース回顧 »

2019年3月 5日 (火)

2019 オーシャンステークス G3 レース回顧

このレース、馬券検討してもモズスーパーフレア、ナックビーナスを脅かすような馬が見当たらず、それでいて3着候補選びが難しいので、結局配当妙味がないと考えて馬券購入をやめてしまった。
結果もそのとおりモズスーパーフレア、ナックビーナスが他馬より抜けた結果となり、重賞なのにオープン特別のカーバンクルステークスと大差ない結果になったので、かなり低調なレースだった。今シーズンの短距離路線は層がものすごく薄く、これならばレッツゴードンキが高松宮杯を勝てる可能性が高いのではないか、と考えてしまった一戦だった。

1.レース結果の基礎データ

2019年 3月 2日(土) 2回中山3日  天候: 晴   馬場状態: 良
11R  第14回夕刊フジ賞オーシャンS
4歳以上・オープン・G3(別定) (国際)(指定)  芝 1200m   16頭立

馬場差 -0.7 完全タイム差 -0.2
タイムランク C メンバーランク C

LAP :11.4-10.1-10.8-11.4-11.4-12.0
通過:32.3-43.7-55.1-67.1  上り:67.1-55.7-45.6-34.8 

2,3ハロン目が10秒台になっているので、かなり速いペースであったが、カーバンクルステークスの前後半が32.8-34.2なので、それより前半が速く後半が遅いペースになっている。カーバンクルステークスの馬場差-0.4を考慮すると今回の方がちょっとパフォーマンスが劣っていたように思える。

2.隊列分析

2019030502


モズスーパーフレアのハイペースについて行けない馬が多かったため、直線入り口でも縦長になった。この時点で後方にいた馬は結局上位には食い込めなかったので、力の差がはっきり出る展開だったように思える。

3.完全タイム差検証

2019030505


前走とあまり差のない馬が多いので妥当な完全タイム差のように思えるが、15位、16位の馬がパフォーマンスをアップさせているのが気になる。大敗しているので、前走よりよいパフォーマンスをしたとはとても思えない。そうしたことから、このレースの完全タイム差は0.2~0.4くらいは低く見た方がいいようにも思える。これをどう考えるかはやはり多くのサンプルを検討しなければならないので、そうした検討を早期に行い完全タイム差の補正理論を確立させたい。

4.各馬の分析

1着  14番  モズスーパーフレア  ルメール    1.07.1 34.8

好スタートから2ハロン目で他馬を大きく引き離し、2番手を3馬身以上離して先行し、最後まで先頭をキープして1着となった。
相変わらず前半が速かったが、今回の1ハロン目11.4は今までのこの馬の走ったレースの中でもっとも速いので、スタートのダッシュ力がさらに増したと考えられるのかもしれない。ただ、この馬は前半をひたすら飛ばす戦法しかないので、改修後逃げ切りが難しくなっている中京1200mでも通用するかどうかは疑問が残る。この馬が1000万条件以上のレースで好走したときはすべて3ハロン目が10秒台のラップになっている。そうやって前半飛ばした上で残り2ハロンで坂がありその後も1ハロン以上直線が続く中京のコースではこの馬が逃げ切るイメージはわかないのだが、果たしてどうなるか。

2着  12番  ナックビーナス      大野拓弥    1.07.3 34.4

好スタートから、2ハロン目でモズスーパフレアからは3馬身ちょっと離された3番手を追走し、4角から追いあげて直線ではモズスーパフレアから1馬身ちょっとの差まで詰め寄ったが、残り1ハロンで脚色が同じになり2着に敗れた。
前走とモズスーパーフレアとの着差はほぼ変わらず、前走が58キロで今回が54キロだったことから、今回はパフォーマンスを落としたと一般的には考えられるが、この馬の場合は、前走58キロでの走りが驚異的だったということだと思う。牝馬で58キロで走ることは最近はあまりなく、それなのに前走好走できたことが驚きであった。ただ、この馬は520キロくらいと牝馬にしては大柄なので、あまり斤量泣きしないタイプということなのかもしれない。
それにしても、この馬、あまり長く休むことなく好調を長期間維持しているのはすごいと思う。芝1200m戦では当面相手候補からは絶対外すべきではない馬だと思う。

3着   6番  ダイメイフジ        松岡正海    1.07.7 34.4

好スタートから、内から2頭分外の位置を7番手で追走する。4角ではあまり伸びそうな雰囲気はなかったが、直線に入ってしっかり伸びて3番手にでるが、ゴール直前では脚色が鈍り2着馬から少し離された3着となった。
前走は6週間ぶりのレースで凡走していたので、調子を落としているのかと思ったものの、連闘でガラリ一変した。この馬の過去の戦績を見ると、少し間隔を空けたレースでは凡走して、その後連闘または中1週で出走して好走するといったパターンをもう3回続けている。ただ、その次走はあまり成績がよくないので、間隔を空けて出走した次のレースがこの馬の好走パターンと覚えておきたい。

4着   2番  ペイシャフェリシタ  ミナリク    1.07.9 34.3

後方でじっくり脚を貯め、直線に入るとしっかりとした末脚を使い追い込んだが、4着に上がるのがやっとだった。
前走は勝負所でごちゃついて追い出しが遅れた印象だったが、今回は不利がないのに追い込みがイマイチだったので、この馬は直線でしか伸びれない馬のようだ。3着以内に入れたレースはインをうまく立ち回ったレースが多いので、インで労することなく前目の位置を取れて直線の伸びだけで3着以内に入れるようなレースでないと馬券圏内に入るのは難しいということだと思う。

5着   9番  ショウナンアンセム  津村明秀    1.08.1 34.8

スタートは速くなかったが、3ハロン目に入ったあたりから外をじわじわと追い上げ直線に入った直後は3番手の位置まで押し上げたが、最後は3,4着馬に差されて5着となった。
1400-1600戦でスローペースで先行できたときしか好成績を上げたことがないので、1200mのハイペース戦では全く相手にならないと思ったものの、中盤で押し上げるといった今までにない戦法でソコソコ走れたので、今回のレースは収穫があったと思う。今回の経験を活かして、スローペースにならないオープン特別戦でも3着以内に入る場面が今後見られるかもしれない。

6着  16番  エスティタート      浜中俊      1.08.1 34.6

スタートはいまひとつで後方から、4角で外からよく追い上げてきたが、直線ではさほど伸びず6着となった。
前走は外から長くいい脚を使っていた印象であったが、前半が32秒内になるレースでは追走に苦労して脚が貯められないのではないかと思う。前半33秒台になるようなレースで、ごちゃつかず外を回れる展開の方が力が発揮できるのではないかと思う。

7着   4番  エントリーチケット  柴田大知    1.08.2 34.1

上がり3ハロンは最速の脚を使っていたが、前半の位置取りが悪すぎた。オープンでは基礎スピード能力が少し足りないようだ。

8着  10番  ナインテイルズ      石橋脩      1.08.3 35.2

まずまずのスタートから、積極的に4番手の位置を追走するも残り200mで力尽きた。
前走でも書いたが、ペースが速く追走に脚を使わされるようなレースは向いていないようだ。

9着  13番  キングハート        横山典弘    1.08.4 34.7

前走から騎手が強化されても変わらず凡走した。調教師のコメントでも「わがままになっているのかもしれません。立て直さないといけませんね。」とあるので、復調の兆しが見えるまで即消しでよいと思う。

10着   5番  ダイメイプリンセス  M.デムーロ    1.08.5 34.5

ダッシュ付かず後方から、勝負所でも外を回すしかない状況になるが、まるで伸びなかった。デムーロ騎手のコメントでは「3~4角の馬場が凄く悪くて……。反応が全然なかったです。」とのことなので、このレースの時点では内が伸びる馬場になっていたということなのかもしれない。3番人気になったわりには負けすぎな感じでもあるが、そもそも器用さに欠ける馬なので、中山コースで3着以内に入るのは難しいように思える。

11着   7番  カイザーメランジェ  田辺裕信    1.08.5 34.9

昇級初戦で穴人気になっていたが、ここでは力が通用しなかった。

12着   8番  イエローマリンバ    高倉稜      1.08.6 35.4

この馬も昇級初戦で、ここでは力が通用しなかった。

13着   1番  ナリタスターワン    御神本訓    1.08.7 35.2

特に見所はなかった。

14着  15番  スタークニナガ      五十嵐冬    1.08.8 34.5

特に見所はなかった。

15着   3番  スノードラゴン      内田博幸    1.08.9 35.1

特に見所はなかった。

16着  11番  ラブカンプー        三浦皇成    1.09.5 36.7

直線に入るまでは、ハイペースでも内の3番手の位置で喰らいついていたが、直線の失速ぶりが酷すぎた。これで2戦続けて同じような惨敗を続けたので、復調するまでの道のりは長くなるかもしれない。

« 2019 弥生賞 G2 レース回顧 | トップページ | 2019 チューリップ賞 G2 レース回顧 »

競馬」カテゴリの記事

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2019 オーシャンステークス G3 レース回顧:

« 2019 弥生賞 G2 レース回顧 | トップページ | 2019 チューリップ賞 G2 レース回顧 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ商品

無料ブログはココログ