« 2019 福島牝馬ステークス G3 レース回顧 | トップページ | 2019 京王杯スプリングカップ G2 レース回顧 »

2019年5月15日 (水)

2019 ヴィクトリアマイル G1 レース回顧

かなり予想が難しい結果となった。この日は京都9R,10Rで凡走を続けていた4歳馬が急に好走していて、まだ伸びる可能性のある4歳馬の扱いについて考えさせられる日となった。

1.レース結果の基礎データ

2019年 5月12日(日) 2回東京8日  天候: 晴   馬場状態: 良
11R  第14回ヴィクトリアマイル
4歳以上・オープン・G1(定量) (牝)(国際)(指定)  芝 1600m   18頭立


馬場差 -1.8 完全タイム差 -0.5
タイムランク B メンバーランク C

LAP :12.3-10.6-10.8-11.1-11.3-11.2-11.5-11.7
通過:33.7-44.8-56.1-67.3  上り:67.6-56.8-45.7-34.4  ハイペース

ラップタイムで見ると緩急のないハイペースとなった。3ハロン目も10秒台になるのはマイル戦としてはかなりのハイペースに見えるが、その割には最後の直線でバテバテになる馬が少なかったのでさほど消耗戦にはなっていない。高速馬場ゆえのハイラップだったということだと思う。

2.隊列分析

2019051402

ハイペースのため、直線入り口では縦に長い隊列になっているが、結構後方の位置からも届いているし、枠の有利不利は感じられない隊列になっている。真っ向勝負で紛れのない好レースになったと思う。


3.完全タイム差検証

2019051404

レコードタイムでもタイムランクBの控えめな評価は好感が持てるが、それでもやや過大評価な完全タイム差に思えるもう0.5秒くらいは低めにみた方がよさそう。


4.各馬の分析

1着   4番  ノームコア          レーン      1.30.5 33.2 

スタートは速くなかったものの、内枠を活かして中段の位置につけられたことが良かったと思う。レース映像を何度も見返したが、プリモシーントの差際はたまたまトップスピードに乗る最後の直線でプリモシーンより前の位置にいたということだと思う。それと、高速馬場適正があったということも言えそう。
前走の中山牝馬Sのレース回顧で僕は、「この馬は緩急のあるペースには対応できないということなのだと思う。」という評価は正しかったものの、「スローペースで、長い直線を活かして後方から追い上げるようなレースでないと狙いにくい馬」という評価が間違っていた。緩急がないペースである程度前の位置につけれていればこれだけやれる馬だったということだと思う。今回は色々かみ合っての1着だったと思うが、キャリアの浅い4歳馬は今回のように今までになくかみ合う結果があり得るということを意識すべきという教訓を得た。


2着   9番  プリモシーン        福永祐一    1.30.5 33.0 

スタートはよかったが、他馬が速くやや後方の位置から、残り400mで鋭く伸びてきたが、2着となった。
この馬エンジンのかかりが遅く、馬郡を捌くのが下手と僕は考えていたが、そのとおり直線でもなかなかエンジンがかからず、残り400mを過ぎたところで、エンジンがかかった。このレースはハイペースで馬郡がばらけた為スムーズに進出できたとみる。エンジンのかかりが遅いため東京コースは向いていると思うものの、馬郡を捌くのに手間取るので、多頭数のレースであれば今後も少し狙いを下げた方がよいと思う。

3着   3番  クロコスミア        戸崎圭太    1.30.6 33.5

好スタートだったが、他馬が速いので一旦前から4番手の位置まで下げる。直線ではラッキーライラックと合わせ馬のような形となり、一旦後方に下がりそうになったものの、最後はラッキーライラックを差し返して3着となった。
ラッキーライラックを差し返したのには驚いたが、2年連続牝馬G1のエリザべス女王杯を2年連続で2着した実績は相当なものだったということだったと思う。この馬相当に接戦に強いようだ。直線に入ってすぐ差された馬をゴール直前で差し返すなど、なかなか出来る芸当ではない。

4着   6番  ラッキーライラック  石橋脩      1.30.6 33.5

スタートはよかったが、他馬が速いのでクロコスミアの少し外をクロコスミアの後ろで追走する。直線では一旦クロコスミアを軽くあしらうように前に出たが、最後は差し換えられてしまった。
やはり、この馬はスムーズに先行できないと脆いのではないかと思う。一旦楽に交わしたクロコスミアに差し返させるとは、かなり接戦に弱いタイプということだと思う。

5着  11番  アエロリット        横山典弘    1.30.9 34.8

二の足で先行し、その後かなり速いペースで逃げたものの5着まで粘ったので大きく負けていない。レース後の菊沢調教師のコメントによると、「日の競馬はこの馬を刺激できたと思います。自分の競馬ができたし、レースを引っ張ってこの時計ですからね。タメたからどうこうという馬でもないですし、力は発揮できました。」ということなので、どうもこのレースは海外遠征で大敗した後の叩きとして使われた可能性が高いように思う。昨年もヴィクトリアマイル4着から安田記念2着になったので、もし安田記念に出走するならば要注目。

6着  10番  ミエノサクシード    川島信二    1.31.1 33.1

前半のスピードについていけず後方三番手となるがインぴったりを走って直線では最後まで伸びて6着になる。
ペースが速い時は後方からになったが、本来は中段でレースしたい馬。最後は堅実に一脚使ってくる。G1では能力が足りないがメンバーの弱い重賞では十分3着以内入る能力はある。

7着  17番  サウンドキアラ      田辺裕信    1.31.2 33.5

中段の後ろを追走し、外からジワジワ伸びてきた。1600万条件の馬としては大健闘。

8着   7番  ミッキーチャーム    川田将雅    1.31.2 34.7

アエロリットから2馬身ほど離れた2番手を追走していたが、残り200mで失速した。
輸送はクリアしていい状態で走れたようだが、中盤に少し緩むペースで先行した方がよいようだ。

9着  16番  ソウルスターリング  武豊        1.31.2 34.3

4番手追走で最後は失速した。先行力はあるが、末脚で劣る。かなりメンバーの弱い重賞でないと3着以内に入るのは難しそう。

10着  14番  レッツゴードンキ    岩田康誠    1.31.2 33.2

後方追走から最後はジワジワ伸びた。過去2年と同じローテーションで、高松宮杯よりパフォーマンスを落としているのも、過去2年と同じだった。近年は1600m戦よりも1200m戦の方がよい馬になっている。

11着   2番  レッドオルガ        北村友一    1.31.4 34.1

末脚不発。中盤のペースが速く脚が溜まらなかったとのこと。東京新聞杯の好走から人気になっていたが、実際は狙い時が難しい馬。軸馬には向かない。

12着   8番  デンコウアンジュ    柴田善臣    1.31.4 33.6

末脚不発。直線の追い上げで速い脚が使える馬であるが、ずっとペースの速いレースでは良さが活きない。

13着  13番  サトノワルキューレ  内田博幸    1.31.7 33.7

後方外から、最後まで伸びてはいるがここでは能力不足。

14着   1番  アマルフィコースト  坂井瑠星    1.32.0 35.4

最内枠を活かして先行したが、最後は失速した。さすがにペースが速くメンバーも強かったが、弱いメンバーの重賞であれば十分上位を狙える実力はある。

15着  18番  フロンテアクイーン  三浦皇成    1.32.2 34.7

後方から直線では、他馬と比べてあまり伸びなかった。G1では能力不足。近走重賞で好走してはいたが、G1実績のない6歳馬はG1では軽視すべきということだろう。

16着  12番  ワントゥワン        中谷雄太    1.32.2 33.8

最後方外からあまり伸びず。末脚が武器の馬ではあるが前半の基礎スピード能力が不足している馬なので、G1ではこんなものだろう。

17着   5番  メイショウオワラ    秋山真一    1.32.4 34.6

中段追走の際に脚を使いきってしまったようで、直線はまるで伸びず。ここでは明らかに実力不足だった。

18着  15番  カンタービレ        M.デム    1.32.5 35.2

中段追走の際に脚を使いきってしまったようで、直線はまるで伸びず。ここでは明らかに実力不足だった。
秋華賞3着の実績から人気になりやすい馬であるが、古馬のレースでは実力はこの程度ということだと思う。

« 2019 福島牝馬ステークス G3 レース回顧 | トップページ | 2019 京王杯スプリングカップ G2 レース回顧 »

競馬」カテゴリの記事

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019 福島牝馬ステークス G3 レース回顧 | トップページ | 2019 京王杯スプリングカップ G2 レース回顧 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

オススメ商品

無料ブログはココログ