« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月29日 (日)

2019 スプリンターズステークス 予想

今週はスプリンターSの予想にチャレンジする。

各馬の過去のレースにおける真完全タイム差(補正済完全タイム差)による定量評価と、レース回顧による定性評価により予想を組み立て、正解に近づけることを目指す。

 


1.予想馬券

 (1)本線

    ⑤レッツゴードンキを軸に、①アレスバローズ②ダノンスマッシュ⑧タワーオブロンドンへの3連複流し

 (2)抑え

    ⑦レッツゴードンキを軸に、①アレスバローズ②ダノンスマッシュ⑦モズスーパーフレア⑧タワーオブロンドン⑨ディアンドルの3連複流しから(1)本線を除いた組み合わせ


 (3)遊び

    ⑦レッツゴードンキ1着固定で、2,3着が①アレスバローズ固定で、②ダノンスマッシュ⑦モズスーパーフレア⑧タワーオブロンドン⑨ディアンドル相手への3連単

2.1走前、2走前の真完全タイム差

 

馬番 馬名 1走前 2走前
1 アレスバローズ +0.9 +0.8
2 ダノンスマッシュ +0.8 取消
3 セイウンコウセイ +1.3 +0.9
4 リナーテ +0.9 +1.0
5 レッツゴードンキ +1.0 +0.7
6 ノーワン +4.3 +1.8
7 モズスーパーフレア +0.8 +2.1
8 タワーオブロンドン +0.7 +0.9
9 ディアンドル +0.7 +1.1
10 ラブカンプー +2.4 +1.9
11 マルターズアポジー +6.5 +2.2
12 ダイメイプリンセス +1.6 +0.5
13 ミスターメロディ +1.7 +0.4
14 ハッピーアワー +1.6 +1.0
15 イベリス +1.3 +1.4
16 ファンタジスト +1.2 +1.4

 


※完全タイム差を補正する(真完全タイム差)とともに、G1,オープン,3勝クラスの戦績については相応の補正をしている。

3.レース回顧の再掲

セントウルS

1着   7番 タワーオブロンドン 牡 4 ルメール  57  1.06.7 33.2 
あまり速くないスタートだったが、3角の入り口までに内に潜り込み、コーナーを距離ロス少なく走ることによって、中段の位置まで上がって、直線に入ると少しづつ外に出して、外から加速するとノーステッキで一気に差し切って1着になった。
全く危なげのない走りだった。この馬だけ次元が違う末脚に見えたがそれは他馬の末脚が大したことないためで、これは戦前からわかっていたこと。それでいて、マテラスカイが引っ張ってある程度流れることも予測できたので、この馬の1着を予想するのは難しいことではなかった。
上がり3ハロン33.2の末脚を繰り出せたので高速馬場適正はあるが、それでも今までは末脚勝負になるとトップスピードで劣ってくるので、引き続き、瞬発力の優れた馬のいる組み合わせでは分が悪い馬と考えた方がよい。また、今回は小頭数とポジショニングの良さが楽勝に結びついたと考えるべきで、今回のレースでこの馬が強いと考えるのでは危険だと思う。

2着   6番  ファンタジスト     牡 3 和田竜二  54  1.07.2 34.0
好スタートから積極的に前を追いかけ終始3番手を追走する。直線に入っても最後まで粘り切って2着となった。
近走、後方からで末脚に賭けるレースをするも大した末脚が発揮できないレースが続いていたが、先行して粘り切るスタイルにキャラ変して好走することができた。前走の北九州記念での凡走から僕はこの馬軽視してしまったが、こういうことがあるから、やはり3歳の評判馬の古馬対決は1戦だけで見限ってはいけない。見限るのは2戦凡走してからにすべきということはこのレースの僕の最大の教訓になった。前走の北九州記念後の武騎手のコメントで「スタートが悪かったし、久々の1200メートルで流れに乗れなかった。もともと短距離がいいと思っていたので、次はいいと思う。」という内容があったので、一応警戒すべき材料はあった。
もうこの馬は大した末脚は発揮できそうにないので、先行粘り込みの戦法で今後は行くとおもうが、今回は54キロだったことと、3着馬以降に末脚のしっかりした馬がいなかったことに恵まれて粘り込みが叶ったようにも見えるので、今後も活躍できるかどうかはメンバー次第だと思う。

3着   4番  イベリス           牝 3 浜中俊    52  1.07.3 34.0
好スタートから、ファンタジストの少し後ろの4,5番手を追走し、直線ではジワジワ伸びて3着を確保した。
ファンタジストとは逆にいつも逃げていた馬が、控える競馬にキャラ変して好走した。こうした、2,3着馬はキャラ変して好走したので、予想するのは極めて難しい結果となった。
ただ、このレースは末脚の確かな馬がタワーオブロンドンしかいないので、前に行く馬が有利なのはわかっていたので、一応イベリスは警戒することができた。イベリスも逃げ戦法に限界を感じて控えて差す競馬に変えたようだが、控えるといったも比較的前に行っったことが好走要因で、この馬の武器は先行力ということになる。ただ今回は52キロだったということもあり、古馬との斤量差がなくなっても好走できるかどうかは微妙だと思う。

6着   8番  ダイメイプリンセス 牝 6 川田将雅  54  1.07.6 34.0
中段追走するも4角での手ごたえが悪すぎた。それでも直線では少し伸びた。
この馬は小倉、新潟に良績が集中しているが、坂というよりはコーナーを苦手にしているように見える。引き続き中央場所では狙いを下げることで大丈夫だと思う。


8着  12番 ミスターメロディ   牡 4 福永祐一  58  1.07.7 34.3 
スタートは速くないが、二の足で中段の位置に押し上げる。直線では大して伸びず。
この馬は、内枠で距離ロスなく走って、前目の位置が取れた時に好走するようだ。内枠で前目で走れそうと思えるレースでは警戒は必要であるが、軸馬に向く馬ではない。


11着   5番  ラブカンプー       牝 4 川須栄彦  54  1.08.4 35.3 
2番手追走も直線でズルズル後退。やはり復調の兆しは見られず。


北九州記念

1着  16番  ダイメイプリンセス 牝 6 秋山真一  55  1.08.2 34.5
後方のやや外を追走から、4角で外を回ってスムーズに追い上げ残り200mでは他馬と比べて一番鋭い末脚を発揮して差し切った。
レース映像を見ると後方外から楽に差し切っていて強い競馬をしたように見えるが、この馬は前半は後方で脚を貯めるスタイルが合っている馬なので、差しが届く展開にならないとどうにもならず、今回はたまたま展開がハマったということは言えると思う。
加えて、この馬の戦績を見てみると、好走は新潟と小倉に集中している。どうやら直線に坂のあるコースはダメそうで、京都コースも騎手のコメントやレース映像を見ると、下り坂のコーナーをスムーズに追い上げることが苦手らしい。
そう考えて改めて、戦績を見てみると、この馬に合わないコースでのレースがしばらく続いていて、前走は休み明けで新潟の直線競馬で内枠でなおかつ前残りの展開であり、それでいて最速から3番目の上がり3ハロンタイムでの6着なので、今回、自身に合ったコース、展開になって勝ったというのは納得できる。
ダイメイプリンセスは昨年の北九州記念の2着馬であり、こうした同じコース、同じクラスで好走した実績のある馬は近走の成績が悪くても、要注意でしっかり検討すべきというのが、今回のレースの最大の教訓である。実績馬が突然復活したかのように見えて高配当になるレースは特にローカル重賞ではよくあるので、こうした結果にもしっかり対応できるような予想をしたいものである。
 
2着   5番  ディアンドル       牝 3 北村友一  52  1.08.4 35.2 
スタートはあまりよくなかったが、二の足の速さを活かしてやや内の5番手を自然な形で追走することができた、4角も内にいたことが活きて自然体で回ることが出来て、直線でもしぶとく伸びて2着となった。
3歳限定戦5連勝は伊達ではないことを示した。この馬は二の足が速く前半速いスピードで走り、その後やや一本調子で駆け抜ける馬のようだ。そのため、今回は斤量が軽いことも最後の粘りにつながったと思う。
なので、今後の古馬戦線では最後に坂があるコースはどうかとか、他馬と斤量差がなくなったときにどうかという疑問がまだ残ると思う。しかしながら前半のスピードは十分古馬重賞で通じることは示した。

4着  13番 モズスーパーフレア 牝 4 松若風馬  55  1.08.5 35.6 
好スタートだったが、内にいたイエローマリンバ、ラブカンプーが速かったので3番手に控える。直線でもギリギリまで粘ったもののゴール前で他馬の伸び脚に屈して4着となった。
前走は調教をやりすぎてだったことを受けて今回は調教を軽くしたら、+26キロだったので重め残りになったようだ。休み明けはよく走る馬だったものの、最近はこのように調整が難しくなっているようだ。
このメンバーだったら、前半のずば抜けたスピード能力で最後まで押し切っても不思議でない実力の持ち主なのだが、2戦連続で調整が上手くいかない状況を見せられると、今後は軸には出来ない馬と考えた方がよさそうだ。

6着   3番  アレスバローズ     牡 7 菱田裕二 57.5 1.08.6 34.4 
スタートで躓き最後方になる。仕方なく外目を回り。4角でも大きく外を回って追い上げて一番大外から最後は追い込んできたものの、6着に終わった。
全体的な走りは悪くなく、内枠からあれだけ大外を回っては距離ロスが大きすぎだろうと思えるレースだった。ちょっともったいないレースとなった。

14着   8番  ファンタジスト     牡 3 武豊      54  1.09.1 34.8
前半も勝負所もついて行けず最後方。最後は大外から少し伸びていたが、明らかに古馬オープンでは能力不足。

17着   6番  ラブカンプー       牝 4 川須栄彦  53  1.09.6 36.8
2番手追走から、最後はズルズル後退。以前のような好走ができずもうずっとこんな状態が続いているので、もう好走は無理だろう。


キーランドC

1着  13番  ダノンスマッシュ   牡 4 川田将雅  57  1.09.2 35.3
好スタートであったものの、回りが速いので一旦中段まで下がる。外枠だったためインには入れずやや外を回る。4角の勝負所から徐々に仕掛けて、ゴール直前がピークになるような末脚を繰り出し1着となった。
外枠だったからということもあってこの馬の特徴の立ち回りの馬さやギアチェンジの速さおよび一瞬のトップスピードの速さを活かすことなく、外から正攻法で力でねじ伏せる競馬となった。こういう競馬で勝てたのはメンバーが弱かったことと外差しがきく馬場だったからという要素が大きいと思う。この勝利でスプリンターズSでの評価はかなり上がったと思うが、今回はそんなに強い競馬はしていないように思える。

2着   7番 タワーオブロンドン 牡 4 ルメール  58  1.09.3 34.9
スタートはよくなく後方から、あまり外を回りすぎないような位置で追走し直線入り口でもまだやや後方だったが、残り200mの少し手前から、鋭い末脚を繰り出し、2着になった。
L2F-L1Fが11.8-12.5でかなり減速していて、この馬が上がり3ハロンタイム最速で34.9だったことから鋭い末脚に見えてもさほどトップスピードが速くないということである。他のメンバーを見渡しても瞬発力に秀でた馬があまりいない組み合わせだったことに恵まれてのことだと思う。1200m戦の実績が今一つなことから軽視してしまったが、平均ペース以上が見込まれ、瞬発力のある馬が少ない組み合わせのレースの場合は要注意の馬ということで記憶すべきなのが今回の教訓となった。

3着  16番  リナーテ           牝 5 武豊      54  1.09.3 35.2
まずまずのスタートから中段の外を追走し、勝負所からはダノンスマッシュをマークする形で追いかけ、直線に入ってダノンスマッシュの外から追い込もうとするも、ダノンスマッシュには追いつけず、それでもジワジワ伸び続けたが、最後はタワーオブロンドンのトップスピードが勝り3着になった。
外を回る距離ロスの大きい競馬で、ダノンスマッシュには明らかに末脚が劣っていて、それでも3着なのでレースレベルが低いのと外差しが効く馬場に恵まれた3着だと思う。

6着   4番  セイウンコウセイ   牡 6 幸英明    58  1.09.7 36.3
好スタート3,4番手で追走するも直線では大して伸びず。
ここ2戦好走していたが、もう末脚を発揮出来る馬ではなくなっているので、直線入り口で2番手いないにいなければ馬券圏内に入るのは難しいということのようだ。今回はナックビーナス、ライオンボスと速い馬がいる組み合わせだったので、この馬を狙うべきではなかったと反省している。前半が速い馬がいない組み合わせであればまだまだ馬券圏内に入れる可能性はあると思う。


10着   6番  ハッピーアワー     牡 3 吉田隼人  54  1.10.0 35.4
後方追走からさほど伸びず。ここでは能力不足。


エルムS

14着   1番  マルターズアポジー 牡 7 菱田裕二  56  1.47.7 42.5
スタートでつまずいて逃げれず3、4番手で先行して最後方までバテた。もうダートでもいいところが見せれず、完全終了の感が強い。

ヴィクトリアマイル

10着  14番  レッツゴードンキ    岩田康誠    1.31.2 33.2
後方追走から最後はジワジワ伸びた。過去2年と同じローテーションで、高松宮杯よりパフォーマンスを落としているのも、過去2年と同じだった。近年は1600m戦よりも1200m戦の方がよい馬になっている。

オークス

18着  15番  ノーワン            坂井瑠星  55  2.26.7 38.2
見所無し。

CBC賞

2着   4番  アレスバローズ     牡 7 川田将雅 57.5 1.09.8 34.4 
まずまずのスタートながら、最内のポジションを取ることにこだわり、道中ずっと距離ロスのない最内の中段を追走する。直線に入って一瞬の脚を活かし、内から前にいたセイウンコウセイを抜かし一旦先頭に立つも、最後はレッドアンシェルに差されて2着になった。
最内を距離ロスなく通れた利はあるものの、一瞬の末脚を活かすことができたのは川田騎手の好騎乗だったと思う。この馬僕は前々走は、「復調の兆しになるかもしれない。」とし、前走が「不利が大きかったようだ。このレースは参考外とした方がよさそう。」と評価していながら、この馬を軽視してしまったことは大失敗だった。過去に今回と同レベルのレースを勝った馬は警戒すべきであり、近走の成績をよく吟味すべきであるということが今回の僕も最も大きな反省点になった。

3着   3番  セイウンコウセイ   牡 6 幸英明    58  1.09.9 35.0 
好スタートからハナをとり、ややスローなペースに落として、3着に粘り切った。
前々走がブリンカーが効きすぎて暴走したものの、前走と今回と2走続けて好走できたことで、この馬はもう完全復活したと考えてよいと思う。ただ、今回は内枠で最短距離を走れたことが大きいと思うが、今回はこの馬が内の枠になったことがこの馬を相手候補から外すことは出来ないと思ったが、その考えは正しかった。今後も先行して好走する機会は十分あると思う。

高松宮杯

1着   3番  ミスターメロディ    福永祐一    1.07.3 33.6
まずまずのスタートから、インぴったりを4,5番手で追走し、直線も内の位置からジワジワ伸びて残り150mくらいのところで先頭に立ち1着となった。
やはり最内をロスなく走れたことで、前半通過ラップ33.2に対して、自身は33.7で前からあまり離されずに回れたのがよかったと思う。それから、この馬は芝1200mは初めてだったが、距離が短縮すれば先行してかつ、L1Fであまり減速しない走りができるということだったかもしれない。つまり芝1200mが実はベストだったということなのではないかと思う。
ただし、今回の完全タイム差は平凡なものだし、枠順、展開に恵まれた面も大きいので、今後も安定的に活躍できるかどうかは微妙。
2着   4番  セイウンコウセイ    幸英明      1.07.4 33.9
好スタートから一旦先頭に立つも、外から来た2頭に差気に行かせ、最内の3番手のポジションをがっちりキープする。4角で他馬が外を回って追い上げる中、インで追い出しを少し待ち、直線入ってスパートして一旦先頭に立つもミスターメロディに交わされての2着だった。
内で好スタートを切りつつも他馬に先に行かせてインのポジションで我慢できたのがよかった。前走はブリンカーを初着用したものの、ブリンカーが効きすぎて暴走したので、その経験をうまく活かせた形になった。この馬の昨年の函館スプリントS勝ちが高速タイム決着だったので、高速馬場への適正があることは示していたが、近走の上がり3ハロンタイムが悪すぎたので軽視してしまったが、函館スプリントSなんかは上がり3ハロンタイム順位13位で勝っているわけで、やはり内枠で先行力のある馬は警戒すべきだったということなのだろうと思う。

4着  13番  ダノンスマッシュ    北村友一    1.07.5 34.0
まずまずのスタートから、3角でやや強引に内に切れ込み4番手追走の位置を確保する。4角では内の馬の影響でやや外を回る距離ロスがあるものの、直線ではしっかり伸びるかに見えたがさほど伸びず4着だった。
外枠だったことからの距離ロスが大きかった。また、残り3ハロンであまり前が減速しなかったので、この馬のギアチェンジが活かせる展開にならなかった。また、過去2戦は内枠だったことで、距離ロスなく走れて追い出しを待って、最後の加速で勝つパターンでできたが、今回は外枠だったために追走にあまり余裕がなかったことも最後に一足使えなかった要因になっていると思う。なお、3角で強引に内に切れ込んだことにより9番ナックビーナスおよび6番アレスバローズの進路が狭くなったということで、北村友一騎手に過怠金10万円の採決が下っている。
このように、人馬ともにこの路線の主役になるのはまだまだ課題が多いということを示した結果となった。

6着   8番  レッツゴードンキ    岩田康誠    1.07.6 33.3
後方でしっかり脚をため、比較的内の位置から上がり3ハロンタイム最速で追い上げてきたが、L1Fで減速しない展開では6着に来るのが精いっぱいだった。この馬としては前半もっとペースが上がってL1Fで減速する展開になって欲しかったところだろう。

9着   6番  アレスバローズ      川田将雅    1.08.0 34.2
3角でダノンスマッシュで受けた不利が大きかったようだ。このレースは参考外とした方がよさそう。

15着  15番  モズスーパーフレア  武豊        1.09.0 35.8
ここ2戦1ハロン目11秒台のペースで楽に先手を取れていたのが、今回12.0にもかかわらず先頭に立つのを苦労していたし、最後の失速も負けすぎなので、調子落ちだったと考えてよさそう。昨年から使ったレース数が多いので目に見えない疲れがあったということなのだと思う。調教師は武騎手に指摘されて初めて調子落ちがあったことに気付いたという趣旨のレース後コメントを出しているようだが、調教師でも判断を誤るくらいだから、調教の良し悪しなど素人にはわかるものではないということなのだろうと思う。

16着  18番  ダイメイプリンセス  M.デム    1.09.1 34.6
外枠が不利なだったということはあるものの、全くいいところなしで、ここ数戦凡走が続いていることから復調の兆しが見えるまでは消しでいいと思う。

18着  10番  ラブカンプー        酒井学      1.09.3 35.8
やはり復調せず。走る気がなくなっているというような精神的な問題が大きいのかもしれない。


4.結論

人気馬のダノンスマッシュ、モズスーパーフレア、タワーオブロンドンがレース回顧で書いているように、信頼性の高い人気馬ではないと考えたため、今回はレッツゴードンキの末脚に賭けてみた。おそらくこれがラストチャンスと思うので、有終の美を飾って欲しい。あと、穴馬として面白いのはアレスバローズ。インコースを上手く捌いたレースができればチャンスは十分にある。

 

2019年9月27日 (金)

2019 神戸新聞杯 G2 レース回顧

超ドスローで究極の瞬発力勝負となった。これでは、サートゥルナーリアは瞬発力勝負ではかなり強いということがわかったものの、今後に向けてあまり参考になる内容がなかったので、個人的にはかなり残念に思うレースとなった。

1.レース結果の基礎データ

2019年 9月22日(日) 4回阪神7日  天候:小雨  馬場状態: 良
11R  第67回神戸新聞杯
3歳・オープン・G2(馬齢) (牡・牝)(国際)(指定)  芝 2400m・外   8頭立


馬場差 -2.3 完全タイム差 +1.8
タイムランク SL メンバーランク C

LAP :12.9-11.3-12.9-13.1-13.2-13.5-13.3-12.5-11.8-10.8-10.2-11.3
通過:37.1-50.2-63.4-76.9  上り:69.9-56.6-44.1-32.3

超高速馬場にもかかわらず、13秒台のラップが4ハロンも続いてしまっていて、ここまでスローだとL2F10.2のラップもどうとらえるか難しくなってしまう。


2.隊列分析

2019092702

ドスローなので当然ながら短い隊列となっている。


3.完全タイム差検証

2019092704

1.6秒くらい速く見て、神戸新聞杯の水準タイムとほぼ同程度の真完全タイム差であると考えるのが妥当だと思う。


4.各馬の分析

1着   3番  サートゥルナーリア 牡 3 ルメール  56  2.26.8 32.3 

どスローであるためしっかり2番手を確保し追走し、勝負所から追い出すとしっかり伸びて楽勝の1着となった。
ダービーのときは、最後止まったので持続力に疑問を感じたが、スローペースになれば、持続力は問題ないということのようだ。今後やや速いペースのときも問題なく走れるのかどうかは、このレースだけでは判断できない。また、神戸新聞杯の基準タイムは古馬3勝クラスよりちょっと上程度のもので、今回のレースパフォーマンスはその水準とほぼ同等ということも頭にいれておくべきである。

2着   5番  ヴェロックス       牡 3 川田将雅  56  2.27.3 32.5 

サートゥルナーリアを後ろからマークして、今回は切れ負けすることをはっきり示した結果となった。
どスローの瞬発力勝負は向かないことを示した。

3着   8番  ワールドプレミア   牡 3 武豊      56  2.27.5 32.3 

後方追走から、大外を回って長い直線を活かしてジワジワ伸び続け3着に浮上した。
大外を回って、サートゥルナーリアと同じ最速の上がり3ハロンタイムを出したことは大きいと思う。
戦績を見ると、決して追走力に問題があることはないものの、ズブい面があるので、直線の長いコースに限られてしまうが、今後好走する可能性はありそうに思える走りだった。

4着   4番  レッドジェニアル   牡 3 酒井学    56  2.27.8 33.1 

こちらもサートゥルナーリアのすぐ後ろを追走して切れ負けした。あまり速くないペースで台頭する差し馬であるが、あまりにスローすぎたのと、高速馬場により、この状況では瞬発力が足りなかったということのようだ。

5着   2番 ユニコーンライオン 牡 3 岩田康誠  56  2.27.8 32.7 

レッドジェニアルと大差ないレベルでの走りが出来ていたが、今年の3歳牡馬秋戦線では2勝クラス勝ち直後の戦績では足りないようだ。

6着   6番  シフルマン         牡 3 松山弘平  56  2.27.9 33.3 

押し出されるように逃げるも、切れ負け。

7着   7番  ヴィント           牡 3 竹之下智  56  2.28.4 33.5 

見所無し

8着   1番  ジョウショームード 牡 3 小牧太    56  2.28.6 33.3 

見所無し

 

2019 オールカマー G3 レース回顧

1,2番人気が惨敗した波乱のレースとなったが、その割には3連単の配当が5万円台とあまり高くなかった。小頭数だったということもあるが、1,2番人気をあまり信用していなかった競馬ファンが多かったということも言えると思う。確かにレイデオロは2走続けてらしい末脚を発揮出来ていない嫌な負け方をしているので、疑ってかかるのは難しくはなかったのだが、僕としてはここまでメンバーが弱くなったら、3着は外さないと思って、いい配当が期待できないためこのレースの馬券予想をやめてしまったのだが、改めて僕自身の甘さを思い知らされる結果となった。

1.レース結果の基礎データ

2019年 9月22日(日) 4回中山7日  天候: 曇   馬場状態: 良
11R  第65回産経賞オールカマー
3歳以上・オープン・G2(別定) (国際)(指定)  芝 2200m   10頭立


馬場差 -2.1 完全タイム差 +1.1
タイムランク SL メンバーランク C

LAP :12.6-11.2-12.8-12.6-12.6-12.2-12.2-11.8-11.2-11.0-11.8
通過:36.6-49.2-61.8-74.0  上り:70.2-58.0-45.8-34.0 

スローペースではあるが、中山のレースらしく、コーナーからペースアップが開始され、東京や新潟や阪神のような究極の瞬発力勝負にはなっていない。スティッフェリオのように瞬発力に劣る馬でも、中山でこういうふうに乗れば勝てるという見本のレースになった。

2.隊列分析

2019092701

さほど縦に長い隊列ではないが、小頭数ということもあって、見た目は縦長っぽい隊列になっているが、そこはスティッフェリオにより他馬が翻弄されてしまったということなのだと思う。

3.完全タイム差検証

2019092703

タイムランクSLなので、多くの馬が前走よりパフォーマンスをダウンさせているように見える。0.5秒くらいは速めに見ておくのが妥当だと思う。G2戦としては水準に近い真完全タイム差であり、意外にレベルは低くなかったようだ。

4.各馬の分析

1着   9番  スティッフェリオ   牡 5 丸山元気  56  2.12.0 34.0 

まずまずのスタートから、他に速い馬がいなかったこともあってじわじわと前に出江、1コーナー付近で先頭に立つ。その後ゆったりしたペースで走るも、残り800mあたりからゆっくりとスパートを始め、ゴールまで後続との差をキープしたまま1着となった。
レースを見返してみると、残り800mあたりからの地味なスパート(L5F12.2からL4F11.8へアップ)が勝因に見えて、他馬の残り600mからの慌てぶりからして典型的な後続が脚を使わされたレースになったと思う。
この馬ここ2戦G1で凡走していたので軽視してしまったが、G3戦の戦績から小回りコースではこういう競馬ができることも納得。今後も小回りコースのG2,G3戦では警戒が必要な馬ということなのだと思う。

2着   1番  ミッキースワロー   牡 5 菊沢一樹  56  2.12.3 33.4 

行く気なく後方から、残り800mあたりでも後方で、直線入り口でも隊列図のように後方の外にいたが、そこから強烈な末脚を発揮し2着となった。
前走の早めに進出とは違って、この馬のいつもの戦法の最後方からになったが、中山の直線入り口の位置としては絶望的な位置にいながら、2着に食い込めたのは他に瞬発力に優れた馬がいなかったためと考えられる。この馬は今回のように展開に左右されることが多い馬なので、軸にはしにくい馬である。

3着   4番  グレイル           牡 4 戸崎圭太  56  2.12.4 33.6 

後方3番手でインぴったりを追走する。コーナーでは追い出しを我慢するがインを通ったコーナーワークで直線入り口では馬券圏内可能な位置まで進出したが、内で前が狭かったこともあり、追えなかったかあえて追い出しを我慢したのかわからない状態になるも、残り200mで末脚を爆発させて3着に浮上した。この馬は一瞬のトップスピードはなかなかのものを持っているようだが、今回はその一瞬の脚が最良の形で使えた。さらにインを距離ロスなく走れたこともあり、今回は様々な条件がかみ合った、恵まれた3着だと思う。

4着   8番  レイデオロ         牡 5 福永祐一  58  2.12.4 33.9 

グレイルのすぐ外のやや後方の位置を追走する。残り1000mあたりから徐々に前に上がるも、やはり4コーナーでの加速は大したことなく、それでも直線は伸びる見えたが、ゴールまで持たず、グレイルに切れ負けして4着になった。
やや後方を追走した位置取りは、この馬のいい時の末脚を考えたら決して後ろすぎることはなく、福永騎手の騎乗に問題はなく、今回の敗因は馬が能力を発揮出来なかったことにある。ドバイ戦から宝塚記念、今回のレースと、これで3戦続けてこの馬らしい直線の末脚が見られなかった。このことはかなり深刻な状況だと思う。精神面での問題がある可能性が高いように思える。少なくとも突然復調することはないのではないだろうか。

5着   3番  クレッシェンドラヴ 牡 5 内田博幸  56  2.12.5 33.9 

まずまずのスタートから、レイデオロ、グレイルのすぐ前の位置といった中団のやや後ろの位置を追走する。4角の勝負所では一瞬離されそうになるも、しっかり喰らいつき、直線でははじめは後退するかに見えて残り200mからはスパートできて5着となった。
G2戦ではやや能力不足と思えるものの、ダメかと思ったところから喰らいついてくる勝負根性はなかなかのものなので、これならばG3戦あたりでは安定して上位に入れるのではないかと思わせるようなレースぶりだった。


6着   2番  ゴーフォザサミット 牡 4 石橋脩    56  2.12.5 34.3 

3番手追走からスティッフェリオのスパートにも1馬身差で2番手で喰らいつき、直線ではやや離されるも、かなり粘っていたが、残り100mで他馬に差されて6着になった。
先行して最後まで粘ったレースぶりは悪くない。この馬古馬と戦うようになってからずっとG2戦を使っているため、地味な成績になっているが、G3戦を使えば能力上位である可能性が高いと思う。また、メンバーの弱いG2でも警戒が必要。まだ4歳だし、どこかで穴を空ける可能性は高いと思う。

7着  10番  ショウナンバッハ   牡 8 吉田豊    56  2.12.6 33.6 

定位置の最後方追走から追い込んでくるも、7着まで、やはり馬券圏内に入るのは難しそう。

8着   6番 エンジニア         牡 6 津村明秀  56  2.12.8 34.3

5番手で最内を距離ロスなく追走して、直線に向いてからもいい位置にいたが瞬発力が劣るため8着になった。

9着   7番  ウインブライト     牡 5 松岡正海  58  2.13.5 35.1

4番手追走から、残り600mで追い上げを開始するも前との差が詰まらずかなり騎手が焦って馬を押すも反応が悪く、直線でもまるで伸びなかった。ちょっと負けすぎな気もするが、この馬の戦績を見ると、残り600mのラップが11秒台前半になるレースでは惨敗している。これは4コーナーを11秒台前半で走る能力がないのかもしれない。ミドルペース以上のレースになり勝負所のラップタイムがかかるレースでないとダメと考えると、今回無理して4コーナーで脚を使って惨敗したのも納得できる。
なので、今回のこの馬の敗退は調子の問題ではなく、この馬の特性の可能性があるので、次走も軽視せずに注意したい。

10着   5番  トニーファイブ     セ 4 藤田菜七子  56  2.16.2 38.0

2番手追走するもコーナーでのペースアップについていけずズルズル後退した。明らかにここでは能力不足

2019年9月15日 (日)

2019 ローズステークス 予想

今週はローズSの予想にチャレンジする。

各馬の過去のレースにおける真完全タイム差(補正済完全タイム差)による定量評価と、レース回顧による定性評価により予想を組み立て、正解に近づけることを目指す。・セントウルステークス

1.予想馬券

 (1)本線

    ⑫スイーブセレリタス、軸に、⑧ウィクトーリア⑩シゲルピンクダイヤ3連複流しと馬連流し

 (2)抑え

    ⑫スイーブセレリタス、軸に、④ダノンファンタジー⑥シャドウディーヴァ⑧ウィクトーリア⑩シゲルピンクダイヤへの3連複流しから(1)本線を除いた組み合わせ


 (3)遊び

    ⑦スイーブセレリタス1着固定で、相手が⑧ウィクトーリア⑩シゲルピンクダイヤへの3連単

2.1走前、2走前の真完全タイム差

馬番 馬名 1走前 2走前
1 メイショウショウブ +0.8 +4.0
2 ベストクィーン +1.8 地方
3 ビックピクチャー +1.6 +2.8
4 ダノンファンタジー +0.7 +0.6
5 モアナアネラ +2.6 +2.4
6 シャドウディーヴァ +0.7 +1.2
7 アルティマリガーレ +1.5 +1.4
8 ウィクトーリア +0.7 +1.2
9 ラシェーラ +2.6 +2.7
10 シゲルピンクダイヤ +2.6 +0.6
11 ビーチサンバ +3.4 +0.7
12 スイープセレリタス +1.0 +1.6

 


※完全タイム差を補正する(真完全タイム差)とともに、G1,オープン,3勝クラスの戦績については相応の補正をしている。

3.レース回顧の再掲


クイーンC

8着   5番  メイショウショウブ 牝 3 池添謙一  51  1.47.5 34.7 
軽量51キロを活かし先行するも最後は粘れなかった。斤量に恵まれてもここでは能力不足は明らかだった。


オークス

4着  12番  ウィクトーリア      戸崎圭太  55  2.23.3 34.6
スタートはよくなく出遅れて後方を追走。直線に入ってジワジワ伸び続け、クロノジェネシスをわずかに交わせず4着。
出遅れなければ3着はあったかもという走りだったが、前走から2度続けて出遅れているので、当面は出遅れの可能性を考慮すべき。
フローラSで勝った時はスローペースだったが、平均ペースでも高いレベルで走れることを示した。

5着   8番 ダノンファンタジー  川田将雅  55  2.23.3 35.5
好スタートからクロノジェネシスのちょっと後ろの外を追走し、クロノジェネシスと同じようなタイミングで追い出したが、あまり速くなく、それでも最後まで粘り切って5着となった。
好ポジションでレースができたので、現時点の実力はこの程度ということだろう。

6着   7番 シャドウディーヴァ  岩田康誠  55  2.23.3 35.3
クロノジェネシスから1馬身離れて位置の最内で追走し、直線の追い出しでは一瞬いい脚を見せたが、最後まで続かず6着。
いい脚が長くは続かないことをはっきりと示した。スローペースでトップスピードを活かす競馬の方がよさそう。

12着  11番  シゲルピンクダイヤ  和田竜二  55  2.25.2 36.9
シャドウディーヴァのちょっと後ろの外で追走と、ポジションは悪くなかったが、4角の勝負所から手ごたえがよくなく、伸びを欠いた。追走で脚を使いきってしまったようなので、ペース、距離ともに向いていなかった。

15着  16番  ビーチサンバ        福永祐一  55  2.26.0 37.8
いいところなし。

17着  17番  メイショウショウブ  池添謙一  55  2.26.6 38.1
見所無し。


2着  16番  シゲルピンクダイヤ  和田竜二  55  1.33.1 32.7 
スタートはあまりよくなく後方から、4角ではわりと内の進路を狙い、前が詰まらなかったことから直線でじわじわ伸び続け2着となった。
スタートはあまり良くないが、直線での瞬発力はかなりあり、最後までしっかり伸びるので長い直線のコースが合っているように思える。2着に入れたのは残り800mからペースアップする早じかけの展開の中後方でじっくり脚を貯められたことと、4角から直線の距離ロスが少なかったことであり2,3,4着の馬の能力差はほとんどないと思う。

4着  15番  ダノンファンタジー  川田将雅  55  1.33.1 33.4 
好位直後の外で、序盤からやはり少しかかったが、なんとか我慢させ、グランアレグリアをピッタリとマークする位置で追走し、4角で先に動いたグランアレグリアからひと呼吸置き、直線を向き切ってから追い出すが、グランアレグリアを交わす脚はなく、早めにスパートした分最後は甘くなり2,3着馬に差されての4着だった。
2,3着馬に差されたのは早めにスパートした分であり、能力差はほとんどないということだと思う。

5着  14番  ビーチサンバ        福永祐一  55  1.33.2 33.3 
ダノンファンタジーの少し後ろからじわじわと伸び続けるが、最後はクロノジェネシスに交わされ、ダノンファンタジーも交わせずの4着だった。
2,3,4着馬とは着差は少ないものの、少し能力的に劣ることを示したと思う。
いい脚が長く使えるが、トップスピード能力が少し劣るということだと思う。


4.結論

春の実績馬と夏の上がり馬の対決が毎年楽しみなレースではあるが、今年はメンバーが今一つで盛り上がりに欠ける。1番人気のダノンファンタジーは桜花賞以降あまり成績が冴えず。ディープインパクト産駒で成長力への疑問もあることから、危険な人気馬であり抑え程度にとどめるべきだと思う。末脚が強力なのはシゲルピンクダイヤ、ヴィクトーリアくらいしかいないので、これであれば、スイーブセレリタスの先行力に期待したい。ルメール騎手の距離ロスなくコーナーを走り早めに抜け出す競馬を期待したい。

2019年9月14日 (土)

2019 紫苑ステークス G3

近年はレベル高いメンバーが出走することの多いレースであったが、今年のメンバーはあまりレベルが高くなかったようだ。


1.レース結果の基礎データ

2019年 9月 7日(土) 4回中山1日  天候: 晴   馬場状態: 良
11R  第4回紫苑S
3歳・オープン・G3(馬齢) (牝)(国際)(指定)  芝 2000m   15頭立


馬場差 -2.5 完全タイム差 +0.1
タイムランク C メンバーランク D

LAP :12.2-11.1-12.2-12.3-12.7-11.8-12.0-11.5-11.0-11.5
通過:35.5-47.8-60.5-72.3  上り:70.5-57.8-46.0-34.0  平均:1F:11.83 / 3F:35.49

超高速馬場の中でのスローペースで、後半もあがりが分散するロングスパート戦になったとはいえ、超高速馬場のレースとしては物足りないラップタイムになっている。

2.隊列分析

 

2019091205

典型的な前残りのレースで、直線入り口で前にいなければどうにもならない。それでいて、隊列はやや長いので直線入り口で後方にいた馬は実力が劣ると考えてよいだろう。

3.完全タイム差検証

2019091206

かなりの過大評価。1.3秒程度は低く見た方がよい。つまり低レベルな凡戦ということ。

4.各馬の分析

1着  15番  パッシングスルー   牝 3 戸崎圭太  54  1.58.3 33.8

大外枠ながら、前半の緩いペースを利して3番手の位置に取り付く。直線に入りジワジワ伸びてカレンブーケドールを競り落とすも、内からフェアリーポルカが伸びてきて最後はこの2頭の競り合いになりギリギリ競り落としての辛勝だった。
前半緩いペースで楽に先行できたことが大きい。最後も辛勝なのであまり高い評価はすべきではない。

2着   6番  フェアリーポルカ   牝 3 三浦皇成  54  1.58.3 33.7

好スタートから、3番手に取り付き最内のポジションを確保する。ところが向う上面で2番手の馬の後ろにつけたかったのか、少し外のポジションに移動して追走する。少し追い出しを我慢しながら4角を回り直線では空いた最内をついて追い込むもパッシングスルーと首の上げ下げで惜敗の2着。
惜敗だったので、向う上面でもインぴったりのポジションをキープしていれば勝っていたのではと思えるような走りだった。
前走のオークス、前々走のフローラSでは外枠が敗因とされているので、内枠でインのポジションを取れるようであれば、今後も小回りコースで好走する可能性はありそう。

3着  14番  カレンブーケドール 牝 3 津村明秀  54  1.58.4 34.0

2番手追走から、最後は上位2頭にわずかに競り負けた。
オークスから大きくパフォーマンスを落とした形だが、スローになると瞬発力勝負では分が悪いようだ。あと、道中はハミを噛んで力んでいたようだ。賞金が足りていて、ここで勝負をかけないくてもいい馬なので、秋華賞での上積みは十分考えられる走りであった。

4着   5番  レッドベルディエス 牝 3 ルメール  54  1.58.6 33.7

前半は後方から2番手の位置になり、向う上面でジワジワ進出を開始するの早めのペースアップを試みるも、あまり上げられず、直線では外から良く伸びたものの、直線入り口が逆転不可能な位置だったので、5着どまりだった。
後方から外を回っては全く勝負ならない馬場だったこともあるが、スローペースでも前半の追走力が劣り、瞬発力もさほどでもないので、2勝クラスではやれるだろうがその上のクラスで今後好走できるかどうかは微妙な走りだった。

5着   4番  フィリアプーラ     牝 3 丸山元気  54  1.58.7 34.1

中段のイン追走も向う上面でポジションを上げフェアリーポルカが空けた前目の最内のポジションに入って3,4角を回ったが、最後まで粘ることができず5着になった。
極めて上手いレースの立ち回りをしたものの、それでいて直線で大して伸びないので、そもそもの能力が不足しているということだと思う。

6着  12番  ローズテソーロ     牝 3 横山典弘  54  1.58.9 34.0

5番手で馬郡の真ん中の位置を追走するが、3角入り口で全体のペースについていけず、ポジションを少し下げて最内の位置に切り替えロスなく3,4角を回り、最後は少し伸び脚を見せるも6着までだった。
スローペースの立ち回りとしては、悪くなかったが、やはり能力不足ということだと思う。また、戦績から高速馬場がダメな可能性もある。

7着   1番  エアジーン         牝 3 石橋脩    54  1.58.9 33.6

最内枠であったことから、インの中段を目指すも他馬が速く後方の位置になる。2角を回り終わったところからポジションを外に移動するもそれでもまだ後方。残り600mくらいから徐々に仕掛けて、外から上がり3ハロン最速の脚で上がるも7着まで。
末脚がそこそこあっても、前半の追走力が弱すぎる。

8着   2番  クールウォーター   牝 3 野中悠太  54  1.59.0 33.8

序盤後方から最後は内から少し伸びた。
末脚がそこそこあっても、前半の追走力が弱すぎる。

9着   3番  スパークオブライフ 牝 3 藤田菜七  54  1.59.2 33.8

序盤後方から最後は外から少し伸びた。
末脚がそこそこあっても、前半の追走力が弱すぎる。

10着   8番  グラディーヴァ     牝 3 M.デム  54  1.59.3 34.7

前半は中段のやや後方の位置にいたが、向う正面の入り口あたりから前にポジションを押し上げ5番手くらいの位置につけたが、デムーロ騎手によると最後は馬の気持ちが萎えたとのことであるので、精神的な問題がありそうということは記憶しておきたい。

11着  13番  アップライトスピン 牝 3 田辺裕信  54  1.59.5 34.8

中段追走するも3,4角でのペースアップについて行けなかった。

12着  11番 メイクハッピー     牝 3 大野拓弥  54  1.59.7 35.4

逃げれたがまるで粘れず。やはり芝はダメそう。

13着   7番  トーセンガーネット 牝 3 武藤雅    54  1.59.8 34.6

特に見所無し

14着  10番  レオンドーロ       牝 3 柴田大知  54  2.00.0 34.9

高速馬場はだめ

15着   9番  ウエスタンランポ   牝 3 菊沢一樹  54  2.00.9 35.7

特に見所無し

2019年9月13日 (金)

2019 京王杯オータムH

G3戦としては今ひとつで、先行有利なメンバー構成だったために昇級初戦のトロワゼトワルが軽ハンデを利用して好走するのではとまでは予想できたものの、ここまでトリッキーなレースをするとは思わず驚かされた。今年の秋の中山は例年以上に高速化していて、もはや世界レコードタイムが出ても、それに何の価値も感じない。やはり出走メンバーのレベルを元にレースの価値を判断するとこのレースはさほど高く評価すべきものではない。

1.レース結果の基礎データ

2019年 9月 8日(日) 4回中山2日  天候: 晴   馬場状態: 良
11R  第64回京成杯オータムH
3歳以上・オープン・G3(ハンデ) (国際)(特指)  芝 1600m   16頭立


馬場差 -2.0 完全タイム差 -0.8
タイムランク B メンバーランク C

LAP :12.3-10.6-10.4-10.9-11.2-11.4-11.5-12.0
通過:33.3-44.2-55.4-66.8  上り:67.4-57.0-46.1-34.9

1600m戦で2~4ハロン目まで10秒台が続くのは高速馬場を考慮してもかなり異質であり、前半は超ハイペースと判断できる。このペースで1着馬がバテなかったのは軽ハンデによるものと考えるべきだろう。

2.隊列分析

2019091202

超ハイペースであることを証明するように、直線入り口ではかなり長い隊列になっている。セントウルステークスに比べて隊列の横幅が広いがこれは芝を全面張り替えしたことによるものだろう。

3.完全タイム差検証

2019091204

多くの馬が大きくパフォーマンスをアップさせているので、かなりの過剰評価。1着馬は軽ハンデが活きた激走と考えても、2着以降は前走と大差ないパフォーマンスと考えるべきで1.5秒くらいは低く見た方がよい。


4.各馬の分析

1着  10番  トロワゼトワル     牝 4 横山典弘  52  1.30.3 34.9 

スタートは一番速いというわけではないが、二の足で強引にハナを取り切り、ハイペースでガンガン飛ばし、最後まで他馬をよせつけず2着馬に0.6秒差をつける圧勝だった。
レース後の横山典弘騎手のコメントによると「開幕週の馬場でもあり、この馬の持ち味を生かしたかったです。見ている分には速いペースだったと思いますが、この馬場を考えれば速くないんです。追って切れない馬で、52キロでもあったので積極的に行きました。」ということで、高速馬場と軽ハンデを考えての騎乗だったことがわかる。
追って切れない馬ということで、先行して好走してきていた馬だが、大して切れ味のある末脚を持った馬がいなくて、速い逃げ馬がいない組み合わせに恵まれたことが大きく。そして、ハンデに恵まれたことがものすごく大きかったようだ。このハイペースでバテなかったのは、現時点では軽ハンデによるものと考えておいた方がよい。この馬の真の実力は次走を見てから判断すべきである。

2着  11番  ディメンシオン     牝 5 北村宏司  53  1.30.9 34.2 

まずまずのスタートから積極的に4番手の位置を取り、ややインの位置を確保する。4角に入ることでは3番手に進出し、直線で内のジャンダルムと併せ馬のような形になり、2着となった。
結局先行したことが吉となる、前残りのレースとなった。この馬の戦績をみると比較的先行することが多いというだけで、先行して持ち味を活かせるタイプでこのレースでは有利と考えるのは難しかった。それよりも高速馬場巧者ということが大きかったように思う。この馬が高速馬場巧者で高速のペースでも前の位置が取れるということはしっかり覚えておくべきだろう。それに加えて瞬発力勝負では分が悪いことも覚えておくべきだろう。


3着   2番 ジャンダルム       牡 4 藤井勘一  55  1.30.9 34.2

スタート後はこの馬が一番速く、他の速い馬を先に行かせて3番手の最内のポジションをキープする。4角で追い出しを少し遅らせたためディメンシオンに前に出られたが、そのあとしぶとく競り合って3着を確保した。
インをロスなく走れたことが大きい。この馬の戦績を見ていると、ゲートの出が悪く後方からになることが多かったが、前走からはそれが解消して、位置が取れるようになったようで、もうこの馬はスタートがよく内枠であれば要注意な馬と見た方がよいのかもしれない。ただ、末脚は大したことなく、今回は内枠と末脚が鋭い馬がいなかったことと、ハンデに恵まれたことが大きい。
内枠の前残りは特に中山競馬だとよく発生するが、この馬が前残り候補と考えるのは戦績からは難しかった。

4着   3番  カルヴァリオ       セ 6 黛弘人    53  1.31.0 33.9

スタートはよく、ジャンダルムのすぐ後ろの最内のポジションをキープする。コーナーはインぴったりを回り、直線で、前を行く馬の外に持ち出し進出を図るも、バテた1頭を交わした程度の脚色で、かと言って後方から鋭く差してくる馬もいなかったので、4着となった。
この馬も今回は内枠と末脚が鋭い馬がいなかったことと、ハンデに恵まれての4着であり、こうした馬が上位に来ていることからもレースのレベルはさほど高くないと判断できる。
あまり好走とは考えない方がよさそう。

5着   1番  プロディガルサン   牡 6 三浦皇成  55  1.31.0 33.5

スタートはよかったが、速いペースについていけず後方からになる。4角から追い上げて、直線では一番外を回り追い込むも5着まで。あの脚色ならば、4着馬は交わせるだろうと思うものの、最後はソラを使ったようである。この馬はWIN5対象レースで何度も何度も人気を裏切っており、WIN5を買っている人ならば信用してはいけない馬ということがよくわかると思う。
重賞では足りない馬と、基本的に考えておいてよいと思う。
 
6着   5番  ストーミーシー     牡 6 大野拓弥  56  1.31.1 33.8 

後方からになるが、プロディガルサンの一列前の位置を追走し、直線では他馬の差し馬が外を回る中インを突いてきたが、大して伸びなかった。
この馬の末脚からすると、インをロスなく立ち回れたのだがらもっと切れていいはずだが、超ハイペース戦のため、追走で末脚が削がれてしまったと考えるべきなのだろう。騎手は前が狭かったのを言い訳にしているが、パトロール映像を見るとさほど厳しい壁ではない。やはり末脚が削がれてしまったのだと思う。

7着   4番  クリノガウディー   牡 3 戸崎圭太  54  1.31.2 34.1 

馬郡の中の中段を追走。4角の終わりではやや前が窮屈になるも、その後外に持ち出してもジリジリとしか伸びず。
トップスピードが速いタイプではないが、加えて高速馬場適正もないと考えてよさそうだ。
ある程度直線の長いコースで時計がかかり持久力勝負のレースになれば、また好走する可能性はあるかもしれない。

8着   7番  ロードクエスト     牡 6 M.デム  57  1.31.3 33.9 

後方からになったが、ここ2走に比べると徐々に前を狙う形で、4角で一気に大外から前を狙うも右鞭を入れたとこで大きく外にヨレてその時に鐙が外れさらに落鉄もあり、ピリッとした脚が使えなかった。
4角の終わりでは、一瞬来たと思わせてくれて、デムーロ騎手としては今回ベストを尽くしてくれたと思う。右鞭で大きくヨレたのでコーナリングに難があるのかもしれない、また、以前も落鉄したことがあるので、落鉄しやすいのかもしれない。
デムーロ騎手がここ数年手をかけている馬なので、今回狙ってみたが、外差しが決まらない馬場であったことや、アクシデントがあったことからまだ見限らない方がいいかもしれない。次走もデムーロ騎手が乗るのであれば、相手次第であるが、また少し狙ってみたい。

9着   6番  ヒーズインラブ     牡 6 内田博幸  56  1.31.3 33.8

後方のまま見所無し。

10着  14番  レインボーフラッグ 牡 6 丸山元気  54  1.31.4 33.3

後方で特に中盤ではまるでついていけずかなり後方になった。上がり3ハロンタイムは最速にはなっているが、まるで評価できない走りだった。

11着   9番  グルーヴィット     牡 3 松山弘平  55  1.31.5 34.6 

まずまずのスタートから5番手を追走。4角に入るところから速くも鞭が入り、直線ではズルズル後退した。
前走のレース回顧で「軽ハンデを活かしての勝利だったと思う。この後まるで活躍出来ない可能性もあると思う。」書いたとおりで今後も厳しい戦いが続くのではないかと思う。

12着  16番  キャプテンペリー   セ 6 津村明秀  54  1.31.6 34.5

特に見所無し。

13着  13番 プールヴィル       牝 3 秋山真一  52  1.31.6 35.2 

離れた2番手を追走するも直線ではズルズル後退。騎手のレース後コメントだと「同じ世代の牝馬同士ならマイルもこなせますが、古馬相手の重賞だと少し長いのかもしれません。牡馬とやるならもう少し短い距離の方が良さそうです。」ということなので、短距離戦に矛先を変えてきたら、少し警戒が必要かもしれない。

14着   8番  フローレスマジック 牝 5 石橋脩    53  1.31.7 33.6 

ゲートの出が悪く後方から、加えてハイペースにまるでついて行けなかった。
ゲートに難があることは良く覚えておくべき。加えて速いペースのレースではまるでダメなので、活躍できるレースの幅はせまい。

15着  12番  ヤングマンパワー   牡 7 嶋田純次  55  1.32.5 35.2

重賞の後方着順の常連になってしまった。

16着  15番  ハーレムライン     牝 4 木幡巧也  53  1.32.5 35.6

中段を積極的に走るも、最後の直線では囲まれて馬の気持ちが萎えてしまったとのこと。前走も寄せられると怯んだということなので、精神的な弱さがある馬ということは覚えておくべき。

 

2019 セントウルステークス G3 レース回顧

張り替えた内の芝の状態が相当よかったようで、かなりの高速馬場になった、他のレースでも2ハロン目以外でも10秒台のラップタイムが頻発していたので、かなり極端な高速馬場状態だった。ここまでくると高速馬場適正を考慮しないと馬券が取れなくなる。土曜日や午前中のレースでのチェックが重要ということを改めて思い知らされた。
このレースも、タワーオブロンドンのピックアップは簡単だったが、2,3着を当てるのが難しいレースだった。3歳の成長力、可能性を予想するのはとても難しい。


1.レース結果の基礎データ

2019年 9月 8日(日) 4回阪神2日  天候: 晴   馬場状態: 良
11R  第33回産経賞セントウルS
3歳以上・オープン・G2(別定) (国際)(指定)  芝 1200m・内   13頭立


馬場差 -1.4 完全タイム差 ±0
タイムランク C メンバーランク C

LAP :11.9-10.3-10.8-10.8-11.3-11.6
通過:33.0-43.8-55.1-66.7  上り:66.7-54.8-44.5-33.7

中山、小倉ほどには前半が速くなりにくい阪神コースで、2~4ハロン目まで10秒台となったので、ハイペースに加えて馬場の高速状態が尋常でなかったことが伺える。


2.隊列分析

2019091201

直線入り口でさほど隊列が長くなっていないので、極端なハイペースではなかったということ。また、馬場を張り替えた内を走りたい馬が多く、内よりの隊列になっている。


3.完全タイム差検証

2019091203

パフォーマンスをアップさせている馬が多いので、やや過剰評価。0.6秒くらいは低く見た方がいい。レースレベルはあまり高くない。

4.各馬の分析

1着   7番 タワーオブロンドン 牡 4 ルメール  57  1.06.7 33.2 

あまり速くないスタートだったが、3角の入り口までに内に潜り込み、コーナーを距離ロス少なく走ることによって、中段の位置まで上がって、直線に入ると少しづつ外に出して、外から加速するとノーステッキで一気に差し切って1着になった。
全く危なげのない走りだった。この馬だけ次元が違う末脚に見えたがそれは他馬の末脚が大したことないためで、これは戦前からわかっていたこと。それでいて、マテラスカイが引っ張ってある程度流れることも予測できたので、この馬の1着を予想するのは難しいことではなかった。
上がり3ハロン33.2の末脚を繰り出せたので高速馬場適正はあるが、それでも今までは末脚勝負になるとトップスピードで劣ってくるので、引き続き、瞬発力の優れた馬のいる組み合わせでは分が悪い馬と考えた方がよい。また、今回は小頭数とポジショニングの良さが楽勝に結びついたと考えるべきで、今回のレースでこの馬が強いと考えるのでは危険だと思う。

2着   6番  ファンタジスト     牡 3 和田竜二  54  1.07.2 34.0

好スタートから積極的に前を追いかけ終始3番手を追走する。直線に入っても最後まで粘り切って2着となった。
近走、後方からで末脚に賭けるレースをするも大した末脚が発揮できないレースが続いていたが、先行して粘り切るスタイルにキャラ変して好走することができた。前走の北九州記念での凡走から僕はこの馬軽視してしまったが、こういうことがあるから、やはり3歳の評判馬の古馬対決は1戦だけで見限ってはいけない。見限るのは2戦凡走してからにすべきということはこのレースの僕の最大の教訓になった。前走の北九州記念後の武騎手のコメントで「スタートが悪かったし、久々の1200メートルで流れに乗れなかった。もともと短距離がいいと思っていたので、次はいいと思う。」という内容があったので、一応警戒すべき材料はあった。
もうこの馬は大した末脚は発揮できそうにないので、先行粘り込みの戦法で今後は行くとおもうが、今回は54キロだったことと、3着馬以降に末脚のしっかりした馬がいなかったことに恵まれて粘り込みが叶ったようにも見えるので、今後も活躍できるかどうかはメンバー次第だと思う。

3着   4番  イベリス           牝 3 浜中俊    52  1.07.3 34.0

好スタートから、ファンタジストの少し後ろの4,5番手を追走し、直線ではジワジワ伸びて3着を確保した。
ファンタジストとは逆にいつも逃げていた馬が、控える競馬にキャラ変して好走した。こうした、2,3着馬はキャラ変して好走したので、予想するのは極めて難しい結果となった。
ただ、このレースは末脚の確かな馬がタワーオブロンドンしかいないので、前に行く馬が有利なのはわかっていたので、一応イベリスは警戒することができた。イベリスも逃げ戦法に限界を感じて控えて差す競馬に変えたようだが、控えるといったも比較的前に行っったことが好走要因で、この馬の武器は先行力ということになる。ただ今回は52キロだったということもあり、古馬との斤量差がなくなっても好走できるかどうかは微妙だと思う。

4着   1番  ペイシャフェリシタ 牝 6 幸英明    54  1.07.3 34.0

最内5番手追走。コーナーを最も距離ロスなく走るも、直線では、ファンタジストとマテラスカイが壁になり追えず、最後100mで追い出すも4着となる。
直線入り口まではポジショニングの面ですごく恵まれていたが、これで3着以内に入れないのであれば、今後3着以内に入るのは難しいかもしれない。直線で前が壁になったとはいえ、一瞬の脚や勝負根性があればなんとかできるレベルの壁であったため、この馬は少し気が弱いのかもしれない。

5着   3番  キングハート       牡 6 小崎綾也  56  1.07.6 34.1

インの中段をロスなく立ち回る。直線では大して伸びないものの、他馬に速い馬がいなかったので、5着に入れた印象。久々の掲示板ではあるが、特に見所はない。

6着   8番  ダイメイプリンセス 牝 6 川田将雅  54  1.07.6 34.0

中段追走するも4角での手ごたえが悪すぎた。それでも直線では少し伸びた。
この馬は小倉、新潟に良績が集中しているが、坂というよりはコーナーを苦手にしているように見える。引き続き中央場所では狙いを下げることで大丈夫だと思う。

7着   2番 マテラスカイ       牡 5 武豊      56  1.07.6 34.6 

芝スタートのスピードが速いことから、芝でもやれるのではと人気になり、その通り速いスピードで逃げてレースを引っ張ったが、このメンバーで粘れないのであれば、芝レースでの連対は難しいのではないだろうか。


8着  12番 ミスターメロディ   牡 4 福永祐一  58  1.07.7 34.3 

スタートは速くないが、二の足で中段の位置に押し上げる。直線では大して伸びず。
この馬は、内枠で距離ロスなく走って、前目の位置が取れた時に好走するようだ。内枠で前目で走れそうと思えるレースでは警戒は必要であるが、軸馬に向く馬ではない。

9着  10番 モーニン           牡 7 岩田康誠  57  1.08.1 33.8

前半はまるでついていけなかったが、後半はそこそこの末脚をだした。高速馬場にはまるで対応できないが、時計のかかる馬場になれば末脚を活かして穴を空ける可能性はあると思う。


10着   9番  カイザーメランジェ 牡 4 江田照男  56  1.08.4 34.8

後方追走のまま何もできず。函館スプリント勝ちは手薄なメンバーでスローペースで逃げれたからのものであって、同様のパターンの再現は極めて難しいと思う。

11着   5番  ラブカンプー       牝 4 川須栄彦  54  1.08.4 35.3 

2番手追走も直線でズルズル後退。やはり復調の兆しは見られず。

12着  13番  タマモブリリアン   牝 6 太宰啓介  54  1.08.5 34.6

前半ついていけず。高速馬場適正はまるでない。

13着  11番  アンヴァル         牝 4 藤岡康太  54  1.13.1 39.4

かなり後方から、4角から直線にかけては大外から伸びようとするも、大きく後退してしまった。
熱中症だったという説もあるが、戦績から、やや時計のかかる馬場で好走しているので、高速馬場では狙いを下げることも可能であった。今後は高速馬場では軽視でよいと思う。

2019年9月 8日 (日)

2019 京王杯オータムH セントウルS 予想

今週は京王杯オータムHとセントウルSの予想にチャレンジする。


各馬の過去のレースにおける真完全タイム差(補正済完全タイム差)による定量評価と、レース回顧による定性評価により予想を組み立て、正解に近づけることを目指す。


このところ馬券を絞り込みすぎて外れることが多いので、買い方を少し変えてみた。


・京王杯オータムH



1.予想馬券


 (1)本線


    ⑦ロードクエストを軸に、④クリノガウディー⑤ストーミーシー⑩トロゼトワルへの3連複流し


 (2)抑え


    ⑦ロードクエストを軸に、①プロディガルサン④クリノガウディー⑤ストーミーシー⑨グルーヴィット⑩トロゼトワル⑬プーリヴィルへの3連複流しから(1)本線を除いた組み合わせ



 (3)遊び


    ⑦ロードクエスト1着固定で、2,3着が⑩トロゼトワル固定で、④クリノガウディー⑤ストーミーシー相手への3連単


2.1走前、2走前の真完全タイム差


 













































































































馬番 馬名 1走前 2走前
1 プロディガルサン +2.1 +0.9
2 ジャンダルム +1.3 +1.7
3 カルヴァリオ +2.9 +2.1
4 クリノガウディー +0.8 +1.9
5 ストーミーシー +1.7 +1.3
6 ヒーズインラブ +2.3 +2.3
7 ロードクエスト +1.3 +1.7
8 フローレスマジック +1.9 +3.1
9 グルーヴィット +0.8 +1.3
10 トロワゼトワル +1.2 +1.2
11 ディメンシオン +1.1 +1.8
12 ヤングマンパワー +3.3 +2.0
13 プールヴィル +1.4 +1.4
14 レインボーフラッグ +2.3 +1.4
15 ハーレムライン +1.8 +0.7
16 キャプテンペリー +1.6 +1.2

 



※完全タイム差を補正する(真完全タイム差)とともに、G1,オープン,3勝クラスの戦績については相応の補正をしている。


3.レース回顧の再掲



関屋記念


4着   9番  ディメンシオン     牝 5 戸崎圭太  54  1.32.2 32.5 
まずまずのスタートながら一旦後方にさげ、終始やや外を回り直線でも外から、ジワジワ伸び続け4着まで迫った。
エンジンのかかりは遅くジワジワ伸びる感じなので、新潟の長い直線はあっていそう。今回は調子もかなりよかったようだ。


6着   7番  ロードクエスト     牡 6 M.デム  57  1.32.4 31.9
最後方追走から、大外から直線だけで上がり最速の脚を使い6着に追い込んだ。
前走も最後方からでこの時は大した末脚ではなく、今回はかなりの末脚を発揮出来ていたので、デムーロ騎手の言うように馬がよくなってきているのは確実と思われる。最後方からの極端な競馬ではあるが、次走は少し注意した方がよさそうだ。


11着  17番  ハーレムライン     牝 4 木幡巧也  54  1.32.9 33.7
5番手追走から、特にいいところなし。被せられると怯んでしまうようなので、接戦に弱いタイプなようだ。


12着  12番  フローレスマジック 牝 5 三浦皇成  54  1.33.0 33.3
後方からじっくりのるも、さほど伸びず。


12着  12番  フローレスマジック 牝 5 三浦皇成  54  1.33.0 33.3
後方からじっくりのるも、さほど伸びず。


16着   2番  ヤングマンパワー   牡 7 武藤雅    57  1.34.4 35.0
見所無し。もう終わった馬と考えていい。


中京記念


1着   5番  グルーヴィット     牡 3 松山弘平  52  1.33.6 34.6 
中段追走から、直線入ってすぐでは伸びは今一つに見えたものの、ゴール直前でひと伸びして1着になった。
エンジンのかかりは遅く、減速ラップの中での最後のひと伸びだったので、トップスピードもそう大したことはないので、やはり軽ハンデを活かしての勝利だったと思う。この後まるで活躍出来ない可能性もあると思う。


2着   6番  クリノガウディー   牡 3 森裕太朗  52  1.33.6 34.4 
グルーヴィットの少し内の前の中段追走から、4角から鞭が入りっぱなしの状況だったものの、最後までしぶとく伸びて2着だった。
先行してまるで末脚が発揮出来なかった馬が、中段追走に戦法を変えて、ソコソコの末脚を使える走りをすることができたので、今後に向けて収穫のあるレースだった。長くいい脚が使える持続力があるようではあるが、トップスピードは大したことなく、今回の好走の要因はやはり軽ハンデということだと思う。


6着   4番  ジャンダルム       牡 4 藤井勘一  55  1.34.1 35.2
インぴったりの中段を追走し、残り400mで追い上げを開始し、坂を上がってからはいい末脚を使うも長く続かず残り100mで失速した。あまり末脚が長く使えない馬のようで、古馬重賞では全く好走実績がないので、明らかに能力不足。ただ、オープン特別であればかなり好走出来る可能性はある。


9着  12番  レインボーフラッグ 牡 6 小崎綾也  54  1.34.2 34.2 
スタート決まらず後方から、最後は上がり3ハロンタイム最速の脚を使った。
近走堅実な末脚を使えているが、重賞で勝負するには能力不足のようだ。あと、スタートがよくないことも覚えておくべき。


11着  11番  ロードクエスト     牡 6 M.デム  57  1.34.5 34.5
ダッシュ付かず後方から、直線も大外からさほど伸びなかった。
デムーロ騎手らしいアイディアが全く見れず。ただ回ってきただけの印象のレースだった。やはりこの馬の能力はこの程度ということだと思う。


14着  13番  ヒーズインラブ     牡 6 酒井学    56  1.35.1 34.8
後方のまま何もできず。よほど調子が悪いのか、衰えなのか・・・



函館記念


12着   7番  カルヴァリオ       セ 6 吉田隼人  54  2.01.0 35.4
後方追走から、直線でもさほど伸びず。オープンでは実力不足。



エプソムC


6着   7番  プロディガルサン   牡 6 レーン    56  1.49.7 33.1
中段から、直線ではやや内を通って伸びかけたが残り200mで脚色が鈍った。
末脚で勝負する馬ではあるが、トップスピードが少し足りない。重賞では少し足りないということだろう。
なお、この馬Win5対象レースに出走するレースが多い割に人気を裏切ることが多いということも、見逃せないデータだと思う。


マーメイドS


13着  12番  フローレスマジック 牝 5 石橋脩    55  2.01.7 36.9 
5番手追走から4角で追い上げ直線入り口で先頭に立つもその後失速。
前走は好位から2着になったが、今回は失速で、この馬過去の戦績を見ると人気先行になることが多い。戦績から緩いペースのレースで好走していることが多いので、やはりこの馬は疑ってかかるのが正解だと思う。


安田記念


12着  12番  ロードクエスト     牡 6 石川裕紀  58  1.31.9 34.1
不利の影響は少なかったようで、ロジクライのすぐ後ろの位置で追走できたが、直線では全く伸びなかった。



NHKマイル


10着   6番  グルーヴィット      レーン      1.32.9 34.3
中段からあまり伸びず。この馬も時計のかかる馬場の方がよさそう。


12着   2番  プールヴィル        秋山真一    1.33.0 34.9
3番手先行するも最後は特に見所なく、このメンバーでは能力的に明らかに劣った。


14着   1番  クリノガウディー    藤岡佑介    1.33.5 35.5
いいところなく、ここでは力が足りない。



桜花賞


6着  18番 *プールヴィル        秋山真一  55  1.33.3 33.8
大外ながら、スピード力を活かして積極的に逃げ、最後もあまり脚色が衰えずの6着だった。
大外枠だったこと、5着馬まで重賞1,2着経験馬といった実力馬だったということを考えるとこの馬の6着は大健闘だったように思う。今後も活躍できる可能性はあるように思う。



東京新聞杯


4着 8番 ロードクエスト 三浦 01:32.3
三浦騎手のコメントでは「真ん中のいいポジションが取れました。直線ではすぐに外へ出せたのですが、先を見据えてしっかり壁を作って闘志を引き出す競馬をしました。狭いところを割ってよく伸びていますし、次につながる内容でしたね。」ということで、確かに直線の映像を見ると意図的に前の馬を壁にしながら狭いところを割ってでてきて、最後は良く伸びていた。前走の京都金杯のふがいない走りが嘘のように一変した。1400mの方がよいかと思ったものの、これなら1600m戦でも好走できるかもしれないと思える走りだった。


14着 11番 ジャンダルム 武豊 01:33.2
後方のまま全く見所がなかったので、この馬もあまり成長力はなかった4歳馬という評価でよいと思う。


4.結論


前走の真完全タイム差上位が軽ハンデで中京記念を勝った3歳馬2頭になるような、低レベルなメンバーなので、ロードクエストの復活に期待する。ここ2戦デムーロ騎手が最後方から、末脚発揮をさせるような競馬を馬にさせていて調子を上げていて、今週の追いきりはデムーロ騎手が美浦に来てビッシリ追い、今回は少し前での競馬も考えているようなので、今週もデムーロ騎手の手腕に期待する。トロゼトワルは昇級馬ながら、先行馬が少ないので、軽ハンデを活かした前残りが期待できる。
中京記念1,2着の3歳馬は斤量が重くなる今回が試金石になるので、どういう走りをするか楽しみではある。この2頭のうち、クリノガウディーの方が脚質転換が上手くいってスムーズな競馬が出来たと思うので、こちらの方を期待する。



・セントウルステークス


1.予想馬券


 (1)本線


    ⑦タワーオブロンドン、⑪アンヴィルを2頭軸に、①ペイシャフェリシタ②マテラスカイへの3連複流し


 (2)抑え


    ⑦タワーオブロンドンを軸に、①ペイシャフェリシタ②マテラスカイ④イベリス⑧ダイメイプリンセス⑪アンヴィル⑫ミスターメロディへの3連複流しから(1)本線を除いた組み合わせ



 (3)遊び


    ⑦タワーオブロンドン1着固定で、相手が⑪アンヴィル①ペイシャフェリシタへの3連単


2.1走前、2走前の真完全タイム差




























































































馬番 馬名 1走前 2走前
1 ペイシャフェリシタ +1.3 +1.3
2 マテラスカイ +1.1 海外
3 キングハート +1.2 +0.8
4 イベリス +2.2 +1.9
5 ラブカンプー +1.8 +2.7
6 ファンタジスト +1.3 +1.7
7 タワーオブロンドン +0.8 +0.9
8 ダイメイプリンセス +0.4 +1.1
9 カイザーメランジェ +1.8 +1.1
10 モーニン 地方 地方
11 アンヴァル +0.6 +1.0
12 ミスターメロディ +0.2 +1.0
13 タマモブリリアン +2.4 取消

 



※完全タイム差を補正する(真完全タイム差)とともに、G1,オープン,3勝クラスの戦績については相応の補正をしている。


3.レース回顧の再掲



キーンランドC


2着   7番 タワーオブロンドン 牡 4 ルメール  58  1.09.3 34.9
スタートはよくなく後方から、あまり外を回りすぎないような位置で追走し直線入り口でもまだやや後方だったが、残り200mの少し手前から、鋭い末脚を繰り出し、2着になった。
L2F-L1Fが11.8-12.5でかなり減速していて、この馬が上がり3ハロンタイム最速で34.9だったことから鋭い末脚に見えてもさほどトップスピードが速くないということである。他のメンバーを見渡しても瞬発力に秀でた馬があまりいない組み合わせだったことに恵まれてのことだと思う。1200m戦の実績が今一つなことから軽視してしまったが、平均ペース以上が見込まれ、瞬発力のある馬が少ない組み合わせのレースの場合は要注意の馬ということで記憶すべきなのが今回の教訓となった。


7着   5番  ペイシャフェリシタ 牝 6 ティータ  54  1.09.8 36.2
最内の4番手を追走。インをロスなく走ったものの直線ではまるで伸びず。
やはり脚が貯められるような走りでないと、末脚が使えないので、好走できるレースの幅は狭し、そもそも能力的にも今一つ。


12着   9番  カイザーメランジェ 牡 4 江田照男  57  1.10.3 36.5
6番手追走から直線で全く伸びず。ここでは明らかに能力不足。



プロキオンS


5着   9番  マテラスカイ       牡 5 武豊      57  1.21.8 37.5 
ハイペースで飛ばし、ラスト100mまで粘っていたが、最後は止まった。
中京コースは直線の前半に坂があるため逃げ馬にとって苦しいコースであるので、昨年上手くいったからと言って今年も逃げ切りが叶うとは考えない方がよいということであり、このレースでは逃げ馬は実力があっても相手候補に留めておくのが基本だと思う。


北九州記念


1着  16番  ダイメイプリンセス 牝 6 秋山真一  55  1.08.2 34.5
後方のやや外を追走から、4角で外を回ってスムーズに追い上げ残り200mでは他馬と比べて一番鋭い末脚を発揮して差し切った。
レース映像を見ると後方外から楽に差し切っていて強い競馬をしたように見えるが、この馬は前半は後方で脚を貯めるスタイルが合っている馬なので、差しが届く展開にならないとどうにもならず、今回はたまたま展開がハマったということは言えると思う。
加えて、この馬の戦績を見てみると、好走は新潟と小倉に集中している。どうやら直線に坂のあるコースはダメそうで、京都コースも騎手のコメントやレース映像を見ると、下り坂のコーナーをスムーズに追い上げることが苦手らしい。
そう考えて改めて、戦績を見てみると、この馬に合わないコースでのレースがしばらく続いていて、前走は休み明けで新潟の直線競馬で内枠でなおかつ前残りの展開であり、それでいて最速から3番目の上がり3ハロンタイムでの6着なので、今回、自身に合ったコース、展開になって勝ったというのは納得できる。
ダイメイプリンセスは昨年の北九州記念の2着馬であり、こうした同じコース、同じクラスで好走した実績のある馬は近走の成績が悪くても、要注意でしっかり検討すべきというのが、今回のレースの最大の教訓である。実績馬が突然復活したかのように見えて高配当になるレースは特にローカル重賞ではよくあるので、こうした結果にもしっかり対応できるような予想をしたいものである。
 


3着  11番  アンヴァル         牝 4 藤岡康太  54  1.08.4 34.4 
前半はスピードについていけず後方から、4角で追い上げ、差し切り可能な位置まで追い上げるが、直線入り口の隊列図にあるように、前の馬が壁になる位置で直線に入ってしまい、少し追いづらそうであったが、残り200mくらいのところで外に出すことに成功してその後ぐいぐい伸びて4着になった。
オープン特別では善戦できるも重賞ではイマイチな成績の馬であり、今回も単純に前半32.7秒のペースについて行けていない感じであった。それでいて、今回は差しが届く展開になったことに恵まれての3着だったと思う。



12着   9番  キングハート       牡 6 小崎綾也  56  1.09.0 35.5
中段の内を追走から直線では全く伸びず。もうかなり長いこと成績不振が続いていて、さすがにもう好走することは無理なのではないだろうか。


14着   8番  ファンタジスト     牡 3 武豊      54  1.09.1 34.8
前半も勝負所もついて行けず最後方。最後は大外から少し伸びていたが、明らかに古馬オープンでは能力不足。



17着   6番  ラブカンプー       牝 4 川須栄彦  53  1.09.6 36.8
2番手追走から、最後はズルズル後退。以前のような好走ができずもうずっとこんな状態が続いているので、もう好走は無理だろう。


CBC賞


13着  12番  タマモブリリアン   牝 6 西村淳也  53  1.11.5 35.9
スタート悪く後方からになり、終始外を回り最後もさほど伸びずいいところがなかった。
オープンで10戦以上走っていながら、軽ハンデのオープン特別戦で1勝しただけでそれ以外は全く3着以内に入れていないので、重賞では実力不足。


函館スプリント


1着  10番  カイザーメランジェ 牡 4 江田照男  56  1.08.4 34.0 
スタートが特に速いわけではなかったが、他に速い馬がいなかったため楽に先頭に立つ。その後ペースを全く緩めない絶妙なラップで走り、後続の追い上げを封じ、直線の短いことも活かし最後までしのぎ切った。
前走直線1000mの競馬で先行した経験が生きての逃げだったと思う。ただ、3ハロン目以降ラップは見事だったものの、1、2ハロンが12.3-11.0というのは重賞としては明らかに遅く、今後このような楽なペースに恵まれることは少ないと思われる。



3着  13番  タワーオブロンドン 牡 4 レーン    58  1.08.6 33.5 
好スタートながら行く気なく後方を追走。4角で外に出し、追撃態勢に入ったものの、じわじわとしか伸びず3着となった。差し馬なのにトップスピードがさほど速くないので、今回のような差し切れないシーンはもう何度も見てきているのだが、さすがにこのメンバーならば差し切れるのではないかと思ったものの、1200m戦でさらに能力が劣ったということはありそう。やはりこの馬は前走のように、1400m、平均ペース、高速馬場と、好条件がそろわないと好走出来ない馬なんだと思う。3着に入っても、4着以下が弱かったということで評価できない。


5着   2番  ペイシャフェリシタ 牝 6 岩田康誠  54  1.09.0 34.1 
スタートは遅かったが、2の脚でなんとか最内の3番手の位置を取る。追走にやや苦労しているようだったが、なんとか直線までは踏ん張っていたものの、直線でまるで伸びず後退した。
なぜか穴人気になっていたが、そもそもこの程度の実力ということだと思う。追走に苦労してまったく脚が溜まらなかったようで、この馬はどこかでペースが緩んで脚が貯められる展開にならないとよさが発揮できないというのはありそうだ。



NHKマイル


16着   4番  イベリス            浜中俊      1.33.8 36.0
逃げれたが、まるで粘れず。



高松宮杯


1着   3番  ミスターメロディ    福永祐一    1.07.3 33.6
まずまずのスタートから、インぴったりを4,5番手で追走し、直線も内の位置からジワジワ伸びて残り150mくらいのところで先頭に立ち1着となった。
やはり最内をロスなく走れたことで、前半通過ラップ33.2に対して、自身は33.7で前からあまり離されずに回れたのがよかったと思う。それから、この馬は芝1200mは初めてだったが、距離が短縮すれば先行してかつ、L1Fであまり減速しない走りができるということだったかもしれない。つまり芝1200mが実はベストだったということなのではないかと思う。
ただし、今回の完全タイム差は平凡なものだし、枠順、展開に恵まれた面も大きいので、今後も安定的に活躍できるかどうかは微妙。


12着  14番  ペイシャフェリシタ  松田大作    1.08.1 34.2
直線ではジワジワのびではいたものの、外の後ろからでは相手にならず。やはり前走のレース回顧での見立て「この馬は直線でしか伸びれない馬のようだ。3着以内に入れたレースはインをうまく立ち回ったレースが多いので、インで労することなく前目の位置を取れて直線の伸びだけで3着以内に入れるようなレースでないと馬券圏内に入るのは難しいということだと思う。」は正しいと思う。


16着  18番  ダイメイプリンセス  M.デム    1.09.1 34.6
外枠が不利なだったということはあるものの、全くいいところなしで、ここ数戦凡走が続いていることから復調の兆しが見えるまでは消しでいいと思う。


18着  10番  ラブカンプー        酒井学      1.09.3 35.8
やはり復調せず。走る気がなくなっているというような精神的な問題が大きいのかもしれない。


4.結論


前走のタワーオブロンドンの回顧で「平均ペース以上が見込まれ、瞬発力のある馬が少ない組み合わせのレースの場合は要注意の馬ということで記憶すべき」と書いたが、まさに今回は「平均ペース以上が見込まれ、瞬発力のある馬が少ない組み合わせ」のため、人気でも逆らえない。


 

2019年9月 6日 (金)

2019 新潟記念 G3 レース回顧

あまりレベルの高くないと思われる重賞の実績馬と昇級馬の組み合わせで難解なレースであり、結果も人気から見ると難しい組み合わせで決着した。今回のレースは新潟外回りコースで末脚勝負の馬が多かったわりには、流れる展開になったが、こうした展開では実力差がはっきり出たレースになったので、今回の結果はしっかりと覚えておきたい。
また、今回は僕はジナンボーを軸に選ぶことができたものの、相手馬をピックアップできずに外れてしまった。相手がユーキャンスマイルとカデナで3連複は2万円もつき、決して相手としてピックアップするのが難しい馬ではないので、やはり馬券を買うに当たって相手の選び方にもう一工夫必要ということを考えさせられたレースとなった。

1.レース結果の基礎データ

2019年 9月 1日(日) 2回新潟12日  天候: 晴   馬場状態: 良
11R  第55回農林水産省賞典新潟記念
3歳以上・オープン・G3(ハンデ) (国際)(特指)  芝 2000m・外   18頭立


馬場差 -0.4 完全タイム差 ±0
タイムランク C メンバーランク C

LAP :12.7-10.9-11.3-11.7-12.0-12.5-12.0-11.3-11.1-12.0
通過:34.9-46.6-58.6-71.1  上り:70.9-58.9-46.4-34.4 

新潟外回りコースでかつ、末脚で勝負する馬が多かったわりには流れる展開となった。これは、序盤でブラックスピネルとクラウンディバイダの先行争いが激しかったことが要因ではあったのだが、先行馬が少ないときに先行争いが激しくなるかどうかを予想するのは難しい。


2.隊列分析

2019090401

直線入り口では縦に長い隊列であったが、その後馬郡は大きく横に広がり短い隊列になった。3,4角で少し緩んだラップタイムになっているので、後方の馬が直線に入って、前の位置に押し上げやすい展開であったようだ。新潟外回りは直線が長すぎるので、勝負所の隊列をチェックするには残り400mくらいのところを見た方がよいのかもしれない。後方にいたカデナが3着まで届いているので、平均ペースの流れの中でも末脚が発揮出来る馬が上位にくる展開となった。

3.完全タイム差検証

2019090402

全体的には前走よりパフォーマンスが上がっている馬が多いので、やや過剰評価。3着のカデナは前走とほぼ同等あるいは若干パフォーマンスを上げたと考えて、+0.5秒と見ておいた方がよいと思う。


4.各馬の分析

1着   7番  ユーキャンスマイル 牡 4 岩田康誠  57  1.57.5 33.6 

スタート後、やや後ろの位置を追走、3角のところからインに入りコーナーを距離ロスなく回る。直線ではやや外に持ち出すも、馬全体では内の位置で、直線に入ってからは横一線に近い隊列になり、内回りとの合流地点から追い出すと一瞬のトップスピードの速さで一気に先頭に立ち、最後はジナンボーが追いかけてくるところをしのぎ切って1着となった。
レース映像を見返してみると、追い出してからの反応の速さとトップスピードの速さは群を抜いているように見える。レースが流れた上での末脚なので、無茶苦茶トップスピードが速いというわけではないのだが、レースが流れる中でこの脚を使えたということはしっかり覚えておくべきだと思う。この馬、万葉ステークス、ダイヤモンドステークスとあまり強くない馬との組み合わせでかっただけで、天皇賞では、5着とあまり強い馬とは思えなかったが、どうやら、天皇賞からこのレースまでのトレーニングで馬がまた成長したようだ。レース後の友道調教師のコメントでは「春の天皇賞の後は、まだ力もついていませんでしたが、あの後、無理をしなかった事が良かったです。筋肉にメリハリがつき、大人の体になりました。」ということなので、4歳の夏時点でもまだ馬の成長によるのびしろがある可能性を考慮すべきということが、このレースからの教訓となった。
この秋の中距離路線で無視できない存在になったと思う。

2着   5番  ジナンボー         牡 4 M.デムーロ  54  1.57.5 33.9 

好スタートからやや速い流れでもしっかり先団に取り付き速い流れを引っ張る前3頭の後ろの位置を追走する。この馬も3角のところからインに入りコーナーを距離ロスなく回る。直線では馬場のいいところを狙ってかなり外に持ち出し、しばらく追い出しを我慢しているところで、内の位置からユーキャンスマイルに出し抜けを喰らい、最後は必死に差そうとするも2着に敗れた。
末脚勝負の馬が多いだけに、前目の位置が取れるこの馬に有利なレースになると思って、僕はこの馬を軸にしたのだが、その判断は正しかった。この馬は初速が速いわけではなく、前走は途中でペースが緩んだところで前に行っていたが、今回のようなやや速い流れで最初からしっかり前の位置が取れたのは収穫だと思う。こうした走りができれば、今後も安定して走れると思う。ユーキャンスマイルのような切れ味はないが、今回は見えない位置から出し抜けを喰らったので、併せ馬ような位置で走ればこの馬も追い比べではそう負けないんじゃないかとも思える。この馬も秋の中距離路線で楽しみな一頭となった。

3着   6番  カデナ             牡 5 武藤雅    57  1.57.8 33.6 

速い流れのため、後方を追走し、直線ではかなり外に持ち出し、ジワジワ伸び続け、3着に浮上した。
直線の長い新潟外回りのレースなので、上がり32秒台のレースになればこの馬では対応できないと考え、僕はこの馬を切ってしまったのだが、その判断は失敗だった。ただ、上がりが34.4秒と新潟コースでは少しかかったことがこの馬に有利に作用したのは確かだと思う。前半の追走力は低いが、最後の末脚はかなりのものがあり、小回りコースでは4角から末脚を発揮することができるし、直線の長いコースで直線をジワジワ伸び続けることができるので、追い込み馬であってもある程度流れるレースであれば、無視できない存在になった。

4着  15番  ブラックスピネル   牡 6 松若風馬  57  1.57.9 34.8

クラウンディバイダとの先行争いを制すと、先頭に立ちレースを引っ張った。直線の途中で、ユーキャンスマイルにあっさり交わされるものの、しぶとく粘って4着となった。
逃げ、先行の馬ではあるものの、速いペースだったり揉まれたりするとだめで、スローで逃げれて末脚が鋭い馬のいない組み合わせでないと、3着以内に入れない馬だと僕は考えていたが、やや速いペースでも、他馬に絡まれることなく逃げれれば最後までしぶとく粘れることを示したのは収穫だったと思う。こうした走りが出来るのであれば、組み合わせ次第でまた重賞で3着以内に入る可能性はありそう。

5着   4番  フランツ           牡 4 戸崎圭太  55  1.58.0 34.1

やや後方の追走であるが、3,4角ではユーキャンスマイルの少し前を走っていたのに、直線ではまだ本格的に追い出す前のユーキャンスマイルにあっさり交わされてしまう。直線の途中でようやくエンジンがかかり、一瞬かなり速いトップスピードを見せるものの、上位勢を脅かすほどではなく、5着となった。
非凡な瞬発力があるものの、エンジンのかかりが遅く勝負所でもたつくので、重賞ではこの馬が活躍できるレースの幅はかなり狭いかもしれない。

6着  12番  ショウナンバッハ   牡 8 吉田豊    54  1.58.0 33.6

ほぼ最後方を追走するも、最後は一番外から末脚を繰り出し6着まで追い上げた。
前半の追走力は絶望的な馬ではあるが、近走は確実に末脚を繰り出しているが、3着以内に入る機会は限られる。安定した末脚を繰り出す馬なので、この馬を物差しにして、この馬より下位の馬は末脚が大したことないと考えてよいのではないかと思う。

7着  16番  センテリュオ       牝 4 北村友一  53  1.58.2 34.3

外枠から先行して、ジナンボーのすぐ外を追走するも、直線で横一線になったところで一旦後ろに下がってしまうものの、その後直線の途中から伸びてきて7着となった。
同じようなペースで走ったジナンボーとははっきりと力差があることがわかってしまったが、最後はしっかり伸びていたので、今回のようなレースができれば、牝馬限定戦であればかなりやれそうに思える。

8着  14番  サトノワルキューレ 牝 4 大野拓弥  54  1.58.3 34.4

センテリュオのすぐ後ろを追走。しかし、外枠だったこともあり、3,4角では内に入ることができずやや距離ロスのある走りとなった。最後の直線では少しは伸びたが、ショウナンバッハには劣る末脚であった。

9着  17番  ゴールドサーベラス 牡 7 藤田菜七  54  1.58.4 34.2

末脚が武器の馬であるが、重賞で通用する末脚はないということを改めて示した結果となった。

10着   9番  レイエンダ         牡 4 ルメール  57  1.58.4 34.7

ジナンボーのすぐ後ろを追走し、直線に入ってジナンボーの外から前に出ようとするも、その後何もできず後退した。
前走のエプソムカップの好走は超スローペースを前目で走ったことに恵まれたためであり、やはりある程度流れるレースであれば、この馬の実力はこんなものと考えてよいと思う。
ただ、それでも今回もスローになってルメール騎手が前目でレースして3着以内に入ってしまうことが考えられたので、僕はこの馬を相手候補から切ることが出来なかった。こうした危険な人気馬は押さえとして、薄めに一応勝っておくような馬券の買い方にした方がよいのかもしれない。

11着  10番  カヴァル           牡 4 三浦皇成  54  1.58.4 34.2

後方追走のまま何もできず凡走した。
3連勝して3勝クラスを勝ち上がった馬ではあるが、近走はスローペースのレースしか走っていなかったので、追走で末脚が削がれてしまったのも納得と感じられる走りだった。

12着   8番  クリンチャー       牡 5 田辺裕信 57.5 1.58.4 35.1

2番手追走から直線の途中まではかなり粘れてたが、最後は馬郡に沈んだ。
やはり復調の兆しはみられない走りだった。

13着   1番  サトノキングダム   牡 6 石橋脩    54  1.58.5 34.8

最内で中段追走から最後の直線では少し外の馬場のいい所に出すも、大して伸びなかった。
3勝クラス勝ち後のレースであり、もう6歳であまり伸びしろがなさそうなので、重賞ではこの程度の実力の馬と考えてよさそう。

14着  18番  ダッシングブレイズ 牡 7 横山典弘  56  1.58.5 34.6

特に見所無し。

15着  13番  ケントオー         牡 7 柴田大知  55  1.58.6 34.5

特に見所無し。

16着   3番  ダイワキャグニー   牡 5 内田博幸 57.5 1.58.9 35.0

ある程度先行力のある馬なので、相手候補として期待したが、最後はまるで伸びなかった。ムラ馬の傾向がある馬で、騎手のコメントから今日はやる気がなかったようだ。こういう馬は突然走ったり、走らなかったりするので、扱いにとても困る。

17着  11番  クラウンディバイダ セ 6 木幡巧也  53  1.59.6 36.3

先行争いに加わり、流れるペースを作るのに貢献したが、オープン戦でまるで好走実績がない馬なので、順当な結果。

18着   2番  アクート           牡 6 丸山元気  54  2.02.9 38.6

後方のまま何もできず終わった。
3勝クラスでしばらく好走を続けていたが、どれもスローペースのレースだった。重賞である程度流れるペースになれば太刀打ちできないということのようだ。

 

2019年9月 1日 (日)

2019 新潟記念 予想

今週は新潟記念の予想にチャレンジする。


各馬の過去のレースにおける真完全タイム差(補正済完全タイム差)による定量評価と、レース回顧による定性評価により予想を組み立て、正解に近づけることを目指す。


1.予想馬券


 (1)本線


    ⑤ジナンボーを軸に、③ダイワキャグニー④フランツ⑨レイエンダ⑰ゴールドサーベラスへの3連複流し


 (2)遊び


    ⑰ゴールドサーベラス1着固定で、2,3着が⑤ジナンボー固定で、相手が③ダイワキャグニー④フランツ⑨レイエンダへの3連単


2.1走前、2走前の真完全タイム差

























































































































馬番 馬名 1走前 2走前
1 サトノキングダム +1.6 +1.4
2 アクート +0.9 +1.3
3 ダイワキャグニー +0.9 +1.1
4 フランツ +0.8 +1.2
5 ジナンボー +1.2 +1.8
6 カデナ +1.0 +1.2
7 ユーキャンスマイル +1.4 +1.9
8 クリンチャー +2.0 +2.6
9 レイエンダ +1.5 +1.5
10 カヴァル +1.9 +1.9
11 クラウンディバイダ +3.6 +2.9
12 ショウナンバッハ +2.1 +2.0
13 ケントオー +2.5 +2.7
14 サトノワルキューレ +1.3 +1.1
15 ブラックスピネル +2.8 +1.2
16 センテリュオ +2.1 +1.1
17 ゴールドサーベラス +1.1 +0.9
18 ダッシングブレイズ +0.7 +0.7


※完全タイム差を補正する(真完全タイム差)とともに、G1,オープン,3勝クラスの戦績については相応の補正をしている。


3.レース回顧の再掲


小倉記念


2着   9番  カデナ             牡 5 北村友一  56  1.58.8 34.7
メールドグラースよりもさらに後方を追走するも直線ではメールドグラースのすぐ内から伸びてきて2着になった。
最近安定して末脚を使えるようになったが、メールドグラースよりは末脚は劣ることをはっきり示す結果となった。コーナーから加速できるのが強みなので、坂のないローカルの小回りコースが合っているということだと思う。勝ち切れるほどの鋭い末脚はないが、ローカル重賞では無視できない存在になった。


七夕賞


4着  11番  ゴールドサーベラス 牡 7 藤田菜七子  54  2.00.3 36.9
ほぼ最後方で終始一番外をを通り最後は大外を強烈に追い込んだが4着どまりだった。
相当距離ロスがあっても4着まで追い込んでこれたのだがら、相当馬場の外がよかったということだと思う。
この馬の末脚はいいのはわかっていて、前が速くなりすぎれば、この馬の1発もあるかもと考えたのだが、かなり惜しかった。
そろそろ藤田菜七子の重賞制覇があるのではないかと思うのだが、それはこの馬のように人気薄の追い込み馬である可能性が高いのではないかと思うので、また適宜遊び馬券で狙ってみたいと考えている。


宝塚記念


10着   8番  ショウナンバッハ    吉田豊      2.12.6 35.9
後方からも、末脚不発。早めのペースアップで脚を使わされたこともありそうだが、それでもマカヒキよりは末脚はよかった。


8着   9番  クリンチャー        三浦皇成    2.12.5 36.4 
中段追走から勝負所では、一応スパートしているように見えるものの、上位馬との力の差は歴然だった。


鳴尾記念


2着   9番  ブラックスピネル   牡 6 三浦皇成  56  1.59.8 35.5 
外枠からあまり速いスタートではなかったが、他に行く馬がいないので、楽に先頭に立ち、そのまま2着に粘った。
この馬逃げて東京新聞杯を勝ったことはあるが、逃げられないことも多いのでピックアップすることは難しかった。ただ、最近は三浦騎手とコンビを組むことが多く、僕の前走の回顧記事で「末脚がしっかりしたメンバーでは粘り切るのは難しい。この馬さらに速いペースで先行したときはさらに成績が落ちているので、この馬が連対するのは、スローペースで先行できて末脚の劣るメンバーの時に限られそうだ。」と書いたが、今回は末脚がしっかりしたメンバーが少なく、スローペースのレースになったので、まさにこの馬向きのレースとなった。


マーメイドS


4着   4番  センテリュオ       牝 4 北村友一  54  2.00.7 35.2
スタートはよかったが、他馬が速く後方からになる。4角から追い出すも反応は鈍く、ずっと鞭を入れっぱなしの状態でジワジワ伸びてゴール直前でようやく4着まで浮上した。
近走好走が多かったので人気になったが、前走が京都で上がり32.8で勝ったことから、この馬は高速馬場の方がよくて、力のいる馬場は向いていないと考えてよさそうだ。騎手のレース後コメントもそのような内容だった。


エプソムC


1着   9番  レイエンダ         牡 4 ルメール  56  1.49.1 32.7
好スタートから2番手の位置につける。直線ではジワジワ伸びて、ゴール直前でサラキアを退けて1着となった。
近走前半で前に行けないことが多かったが、今回は初チークピーシズの効果があって好スタートが切れた可能性が高いものの、1ハロン目が13.5と遅かったから先行出来たと思えるので、普通のペースのレースで今後も好位置がとれるかどうかは疑問。レースのレベルも低かったので、今後も良血馬で人気先行しそうなので基本疑ってかかった方がいい馬だと思う。
勝因は超スローペースで前につけたルメール騎手の好騎乗につきる。今までの実績がイマイチであっても、これだけメンバーが弱くなればルメール騎手ならなんとかするかもと、考えるべきであったということだろう。



4着   1番  ショウナンバッハ   牡 8 吉田豊    56  1.49.6 32.7
後方から、直線に入って最後までいい脚を使い4着となった。
こんなペースでも後方になってしまう、前半のスピード能力不足は絶望的ではあるものの、近走は最後に速い末脚を使えていることが多いので、調子はよさそう。またどこかで3着になる可能性はありそう。


ヴィクトリアマイル


13着  13番  サトノワルキューレ  内田博幸    1.31.7 33.7
後方外から、最後まで伸びてはいるがここでは能力不足。


阪神牝馬S


9着   3番  サトノワルキューレ  浜中俊    55  1.33.9 32.8
最後方からであるが、4角から最後の直線では最内を距離ロスなく押し上げてきたので9着ながら先頭から0.3秒差といっても全く評価できない。


新潟大賞典


5着   8番  ブラックスピネル    三浦皇成   1.59.0 34.1 
スタートはさほど速くないが、二の足で先頭に立ちマイペースで逃げて残り200mまでは粘っていたが、ゴール直前で交わされ5着となった。
上手いペースで逃げたが、末脚がしっかりしたメンバーでは粘り切るのは難しい。この馬さらに速いペースで先行したときはさらに成績が落ちているので、この馬が連対するのは、スローペースで先行できて末脚の劣るメンバーの時に限られそうだ。



8着  11番 ダッシングブレイズ  浜中俊      1.59.3 33.4
後方から直線では一番外に、追い出しの反応は速いがいい脚は長く続かない。



天皇賞


5着   9番  ユーキャンスマイル  岩田康誠  58  3.16.5 35.5 
後方から、残り600mの手前あたりでスパートして、長く末脚を使い続けるも、この馬の実力では5着に上がるのが精いっぱいだった。


9着  11番  ケントオー          幸英明    58  3.17.6 36.2
特に見所無し。


10着  12番  クリンチャー        三浦皇成  58  3.17.7 36.5
特に見所無し。近走調子が悪く、復調の兆しが見れるまで消しでよさそう。


ダービー卿CT


9着   8番  ダイワキャグニー    石橋脩      1.32.2 34.2 
前走、苦手と考えられていた右回りコースのレースで好走していたわりにはいいところがなかった。石橋騎手のコメントによると、「スタートは上手に出てくれました。ただ、道中は内に入れたかったんですが、内の馬が外に張っていたのでなかなか入り込めなかったです。そうこうしているうちに少し気が抜けてきてしまいましたね。調教で乗って、レースでそのあたりは気をつけようと思っていたんですが……。気が抜けたことでポジションが下がってしまいました。行く気に仕向けたかったですが、今日は本気にさせることができなかったです。コーナリングは上手に走れていましたよ。」ということなので、気性的にアテにできない馬ということのようだ。


京都記念


5着  4番  ケントオー          幸英明     2.15.0   34.6


序盤はまずまずのスタートから5番手くらいで追走するも、馬郡の真ん中に入ってしまい、1角では馬が首を振って走りにくそうにしていて、そして向こう上面でちょっと前を走っていたノーブルマーズが内から進路変更する際に前を塞がれここでひるんで後退してしまう。早めのペースアップについて行けないかに見えたが、最後の直線で直線でマカヒキの外からかなりいい脚を使い4着となった。
オープン特別での好走がたまにあるも、もう1年半ほど好走から遠ざかっているこの馬が1着からの着差0.2秒の4着であったことが、このレースが低レベルレースであったことをあらわしていると思う。ただ、今はコズミがなくデキがいいようなので、久々にこの馬がオープン特別で3着以内に入ることは期待できるのかもしれない。ただ、この馬の良績はやや時計のかかる馬場のときが多いので、狙えるときの条件は限られそうだ。


7着  6番  ダッシングブレイズ  松山弘平   2.15.0   34.5
後方からであったが、上がり3ハロンは最速だった。しかしながら、内を距離ロスなく走れた利が大きそうなので、あまり評価はできない上がりタイムだと思う。2年近く前にエプソムカップを勝ってから、精細を欠き近走は前半にいいポジションを取れなくなっているので、3着以内に入るのは今後も厳しそう。


ダイヤモンドS


1着  10番  ユーキャンスマイル  岩田康誠    3.31.5  33.4
序盤は後方からでも気合をつけて中段の位置につけるも、遅い流れのなかやや後方に位置する。残り1000mからのペースアップにはあえてついて行かず一旦最後方になるも、最内で距離ロスがないことを活かして、直線入り口に入るころには先頭からさほど差のない位置まで押し上げて最後は瞬発力を活かして差し切り1着となった。
のこり1000mからのペースアップをクレバーな位置取りでやりすごし持ち前の瞬発力を活かしたとはいえ、他のメンバーは弱いし、他馬よりも距離ロスが少なかったことから、あまり評価はできない走りだと思う。前走の万葉ステークスも菊花賞もどスローだったので、この馬のレベルはどの程度のものなのか、現時点では全くわからないというのが正直なところとなる。


4.結論


重賞勝ち実績馬のレイエンダ、ユーキャンスマイルが超弱いメンバーでの重賞勝ちで信頼できず、昇級馬も多い割に実力の判断が難しく。かなり難解なレースになっているが、末脚勝負の馬が多いことから先行力のある馬に着目して、ジナンボーを軸にした。デムーロ騎手の好騎乗に期待した。


 

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

オススメ商品

無料ブログはココログ