« 2019 チャンピオンズカップ G1 レース回顧 | トップページ | 2019 チャレンジカップ G3 レース回顧 »

2019年12月 5日 (木)

2019 ステイヤーズステークス G3 レース回顧

低レベルなメンバーでレース結果も低レベルで、特殊なペース、展開で全く今後の参考にならないと、もはやG2としての存在意義が薄れ末期的な状態のステイヤーズステークスであるが、一応レース回顧してみる。

1.レース結果の基礎データ

2019年11月30日(土) 5回中山1日  天候: 晴   馬場状態: 良
11R  第53回スポーツニッポン賞ステイヤーズS
3歳以上・オープン・G2(別定) (国際)(特指)  芝 3600m   13頭立

馬場差 -2.9 完全タイム差 +3.9
タイムランク E メンバーランク D

LAP :13.5-11.7-12.9-12.4-12.3-13.0-13.4-13.9-13.7-12.3-12.6-12.2-12.0-12.1-11.7-11.5-12.0-12.9
通過:38.1-50.5-62.8-75.8  上り:72.2-60.2-48.1-36.4 

レース中盤で大幅にペースが緩んでいるのがこのレースの特殊性を示している。残り800mからペースアップしているので、持続力が試されるレースとなった。


2.隊列分析

2019120402

直線入り口ではかなり縦長になっているが、前にいないと厳しい展開になっている。コーナーでのペースアップについていけることが必要であったということ。

3.完全タイム差検証

2019120406

さすがに+3.9は低すぎて、あと1.5秒は速く見るべき。それでも+2.4となるので、かなりの低レベルレースである。

4.各馬の分析

1着  12番  モンドインテロ     牡 7 ビュイッ  56  3.46.1 36.0 

好スタートから3番手を追走。1週目の正面直線でレースが動いたときも冷静に位置をキープして5番手追走となる。残り800mからスパートし続けて最後までしっかり伸びて1着になった。
ロングスパートが必要な持続力勝負に強いことをしめした。ズブい面がある馬ながら今回はあまりズブさが見られなかったが、レースのレベルが低かったということもありそう。

2着  11番  アルバート         牡 8 マーフィ  56  3.46.2 35.4 

後方4番手追走から、残り700mあたりからスパートして最後まで伸びて2着になった。
このメンバーでは地力が高いことを示した。が、メンバーが弱すぎるので今後の参考にならない。

3着   4番  エイシンクリック   牡 5 津村明秀  56  3.46.4 36.7

スタート後は後方から2番手を追走していたが、1週目の正面直線で先頭に立ち、2番手以降を少し離して逃げる。3角で早めにスパートした後方勢に飲み込まれるかに見えたが、最後までしっかり粘り3着になった。
序盤はかかり気味なのを抑えながらの追走だったとのことで、1週目の正面でペースが凄く緩くなったので、手綱を緩めたら、リラックスして走れたとのこと。そうして自然体で大逃げに近い方ににしたため、後続が早めにスパートせざるを得なくなり末脚が分散されたので、あらゆる面でかみ合って恵まれた3着。まだ2勝クラスが3着ということも、このレースのレベルが低いことを示している。

4着   6番  メイショウテンゲン 牡 3 池添謙一  55  3.46.5 35.6

後方追走で4角でもかなり外に膨らみ気味で直線を迎え、最後まで伸びた。
後方からかなり伸びてはいるものの、他馬の末脚が分散されたことと、レベルが低いため、参考になならない。

5着   3番  サンシロウ         牡 5 勝浦正樹  56  3.46.5 36.0

インで後方を追走。1週目の正面直線ではかかり気味になり騎手がかなり抑える状況があった。直線でしっかり伸びた。
2勝クラスで何度も2着になっている実力は示した。

6着   1番  オジュウチョウサン 牡 8 M.デム  56  3.46.5 36.7

3番手追走から、4コーナーで早々と先頭に立つが、最後はバテた。
やはりこの程度の実力ということなのだろう。

7着   2番  ヴァントシルム     牡 5 田辺裕信  56  3.46.8 36.5

インの中段を追走。4角で4番手につくが、最後は伸びきらなかった。

8着   7番  レイホーロマンス   牝 6 横山典弘  54  3.47.0 36.8

一旦先頭に立つが、1週目の正面直線でレースが動いたときに反応することができず中段まで下がり、最後まで脚を残すことが出来なかった。この馬は末脚は堅実ながら、前半の追走力がないため、近走では好走できていないが、今回長距離ということで無理なく先行することができたが、それでもダメだったので、もうこの馬が好走する機会はなさそうだ。

9着  13番  ララエクラテール   牡 7 石橋脩    56  3.47.1 35.8

最後方追走から最後はちょっとだけ伸びた。

10着   8番  チェスナットコート 牡 5 坂井瑠星  56  3.47.7 37.2

4角で脱落した。

11着  10番  リッジマン         牡 6 蛯名正義  57  3.48.0 37.7

特に見所無し。これだとオープン特別戦でも厳しそう。

12着   9番  ベイビーステップ   牡 5 大野拓弥  56  3.48.5 37.6

特に見所無し。

13着   5番  ネイチャーレット   牡 6 野中悠太  56  3.48.9 38.9

特に見所無し。

 

« 2019 チャンピオンズカップ G1 レース回顧 | トップページ | 2019 チャレンジカップ G3 レース回顧 »

競馬」カテゴリの記事

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019 チャンピオンズカップ G1 レース回顧 | トップページ | 2019 チャレンジカップ G3 レース回顧 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

オススメ商品

無料ブログはココログ