« 2019 ホープフルステークス G1 レース回顧 | トップページ | 2020 京都金杯 G3 レース回顧 »

2020年1月 9日 (木)

2020 中山金杯 G3 レース回顧

トリオンフが勝つことは予想できても、2,3着、特に3着馬を当てるのはとても難しいレースとなった。スローペースの小回りコース戦は内枠の不人気馬が連対することがよくあるのだが、今回は内枠で距離ロスなく走れた以外の好走要因がありそうなので、しっかりレース回顧する必要がありそうだ。

1.レース結果の基礎データ

2020年 1月 5日(日) 1回中山1日  天候: 晴   馬場状態: 良
11R  第69回日刊スポーツ賞中山金杯
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (国際)(特指)  芝 2000m   17頭立

馬場差 -1.0 完全タイム差 +1.1
タイムランク E メンバーランク C

LAP :12.6-11.1-12.8-11.7-12.0-11.8-11.7-11.7-11.4-12.7
通過:36.5-48.2-60.2-72.0  上り:71.3-59.3-47.5-35.8 

前半はかなりスローだったものの、後半は緩みのないペースになっている。そのため、上がり3ハロンタイムは少しかかっている。


2.完全タイム差検証

2020010701

上位馬の前走からのパフォーマンスアップは納得できるレベルにとどまっているので、妥当な完全タイム差だと思う。タイムランクD,Eの場合は妥当な完全タイム差になっていることが多い。

3.各馬の分析

1着   7番  トリオンフ         セ 6 M.デム  58  1.59.5 35.6

好スタートから2番手を追走。後半のペースアップにしっかりついて行き、直線に入って先頭に立つとそのまま押し切った。前走69週ぶりのレースを2着して、そこからしっかりパフォーマンスアップしてきた。4歳時に小回りコース重賞ではほぼ好走しており、その実力は衰えていなかったことを示し、ここでは他馬と力が違った。

2着   8番  ウインイクシード   牡 6 松岡正海  55  1.59.5 35.3

5番手でトリオンフの少し後ろのインを追走。直線に入ると少しづつトリオンフに迫り、首差まで迫った2着だった。
松岡騎手は「最後の坂を上がってから甘くなりました。」と言っていたので直線で突き抜けるイメージを持っていたのかもしれないが、そこまで行かなくても甘くなったとは言えない程度の伸びは示していた。この馬は5番手以内に先行するタイプだが、前半3ハロンが36秒台以下になるペースの方が好走する可能性が高そうだ。

3着   1番 テリトーリアル     牡 6 藤岡康太  56  1.59.6 35.2

好スタートながら先行争いに加わる気なくインぴったりを走ることに拘り、6,7番手で追走する。3,4角の勝負どころでは手ごたえが怪しくなり後退気味になるものの、インぴったりを距離ロスなく走ることで、あまり後退せずに直線に入り、直線で少し外に出すとしっかり伸びて3着に入った。
最内枠でインぴったりを距離ロスなく走れたのが大きな好走要因ではあるものの、前走12着から大幅にパフォーマンスアップしているのはそれだけでは説明できないので、この馬の好走要因について少し考える必要がある。
この馬の前走の上がり3ハロンタイムは35.3(上がり3ハロン順位12位)で今回は35.2(上がり3ハロン順位5位)と、上がり3ハロンタイムだけで見ると大差ないことがわかる。前走は馬場差-2.1の超高速馬場で、スローペースで上がりの速い決着だったので、この馬は高速馬場で上がりが速いレースには対応できないが、上がりがかかるレースになれば浮上する可能性があるということなのだと思う。そのことと、最内を距離ロスなく走れたことが相まって3着に入れたということなのだと思う。
このことも含めて、競馬予想の際には上がり3ハロンタイムを予想することが重要なのではないだろうかと、僕は最近考えるようになった。この馬にかぎらず、ウィンブライトのように上がりが速いレースでは大したことないのに、上がりがかかるレースではかなり強いような馬がいたりするので、上がり3ハロンタイムを予想の際に今まで以上に意識する方がよいのではないかと思っている。

4着   4番  ノーブルマーズ     牡 7 ミナリク  56  1.59.7 35.7

好スタートから序盤のペースが速くなかったことから労せず最内の2,3番手の位置を確保する。直線に入ってしっかり伸びて2.3着争いをしたものの、ゴール前で甘くなり4着になった。
最後はひと伸びするものの、前半の速い脚がないので、前半のポジショニングが重要な馬であり、今回は難なく好ポジションが取れたのでは、これは久々に2.3着に入るかと直線の途中まで思ったが、最後甘くなったのが意外だった。今回のレースでも連対できないのであれば、今後好走するのは難しいのではないだろうか。

5着   6番  マイネルハニー     牡 7 横山武史  56  1.59.7 35.3

テリトーリアルの少し外の後ろを追走。馬郡の中でしっかり折り合い、直線に入ってテリトーリアルと併せ馬のように伸びてきたが、テリトーリアルからはわずかに伸び負けての5着だった。
元々スローペースで先行できたときだけ好走していた馬が、中段待機で最後ひと脚使う競馬ができたのは収穫だと思う。休み明け2戦目でしっかりパフォーマンスアップしてきたので、次走も侮れないと思う。

6着  16番  マイネルサーパス   牡 4 丹内祐次  55  1.59.8 35.2

マイネルハニーの少し後ろの外を追走。直線ではしっかり伸びていたものの、4角での行きっぷりが悪かった。調教師のコメントによると、行きっぷりが悪かったのは機嫌が悪かったとのこと。アテにはできないムラ馬ということのようだ。

7着   3番  クレッシェンドラヴ 牡 6 内田博幸  57  1.59.9 34.9

序盤の行きっぷりが悪く後方から2番手の位置まで下がってしまう。ずっと外を回り、3,4角でも前に進出することができず、直線に入って大外にだしてようやく伸びるも明らかに脚を余したレースとなった。
序盤のペースを考えると行きっぷりが悪すぎ、本来はここまで追走力がない馬ではないはずなので、調整、調教に失敗ということなのだと思う。ただ、この馬はコーナーでの加速が出来る馬なので、あまり加速できなかったのが意外だったのだが、この馬が好走した福島のレースではL3Fが12秒台で中山のL3Fが11秒台のレースでは凡走したので、L3Fがあまり速くない場合にコーナーから加速できるということのようだ。なので、この馬の狙い時はかなり絞った方がよさそうだ。

8着  17番  ザダル             牡 4 マーフィ  55  2.00.0 35.6

ずっと外を回り4角では少し伸びたが、直線に入って大して伸びなかった。
外枠が堪えたのはありそうだが、そもそも能力不足で過剰評価の人気だったと思う。

9着  11番  アンノートル       牡 6 柴田大知  54  2.00.0 35.1

後方待機から、3,4角の行きっぷりはクレッシェンドラヴより全然よく、いい脚色を見せたが、直線では大して伸びなかった。
コーナーでの加速力はいいものを見せたので、小回りコースのどこかで好走する可能性はありそう。

10着   9番  ギベオン           牡 5 フォーリ 57.5 2.00.0 35.7

先行集団の後ろの7、8番手を追走し、直線の途中まではなんとか踏ん張っていたものの、最後は失速した。
やはり今後重賞での好走は難しいのではないだろうか。

11着  15番  カデナ             牡 6 鮫島克駿  57  2.00.1 34.8

最後方追走から、いつものようによく追い込んできたものの、残り1000mから11秒台のラップが続いていては追い込むのは厳しかった。末脚の衰えはなさそうなので、今後もどこかでチャンスはありそうだ。

12着  10番  シャイニープリンス 牡10 勝浦正樹  55  2.00.2 35.5

特に見所無し。

13着  14番  メイショウエイコウ 牡 6 大野拓弥  53  2.00.4 35.1

特に見所無し。

14着   5番  レッドローゼス     牡 6 田辺裕信  56  2.00.4 35.7

特に見所無し。

15着  12番 タニノフランケル   牡 5 石橋脩    55  2.00.7 36.7

先行してバテる。この馬古馬とのレースでは内枠で54キロ以下でないと好走した実績がない。

16着   2番  ブラックスピネル   牡 7 津村明秀  57  2.00.9 37.2

序盤こそ緩いペースで逃げれたものの、中盤以降はこの馬に厳しい流れになった。

17着  13番  イレイション       牡 8 北村宏司  55  2.01.0 36.8

特に見所無し

« 2019 ホープフルステークス G1 レース回顧 | トップページ | 2020 京都金杯 G3 レース回顧 »

競馬」カテゴリの記事

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019 ホープフルステークス G1 レース回顧 | トップページ | 2020 京都金杯 G3 レース回顧 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

オススメ商品

無料ブログはココログ