« 2020 京都金杯 G3 レース回顧 | トップページ | 2020 フェアリーステークス G3 レース回顧 »

2020年1月15日 (水)

2020 シンザン記念 G3 レース回顧

個人的は久々に3連単10万馬券を的中した印象的なレースになった。重賞2着の実績馬でルメール騎手の2番人気馬とG1好走馬と内枠で前残りの可能性のある穴馬との組み合わせで、小頭数と難しい組み合わせではないものの、1番人気馬が前走新馬戦を好時計で勝って過剰な人気になっていたことから、かなりの好配当になった。長く競馬予想をしていると、たまにはこういう幸運なこともあるということなのだろう。

1.レース結果の基礎データ

2020年 1月12日(日) 1回京都4日  天候: 曇   馬場状態: 良
11R  第54回日刊スポーツ賞シンザン記念
3歳・オープン・G3(別定) (国際)(特指)  芝 1600m・外   10頭立


馬場差 +1.2 完全タイム差 +0.5
タイムランク D メンバーランク C

LAP :12.5-11.1-11.8-12.6-12.2-12.2-11.5-12.0
通過:35.4-48.0-60.2-72.4  上り:72.3-60.5-47.9-35.7 

馬場は開幕週よりさらに悪くなっている。今後開催が進むにつれてかなり悪くなりそう。洋芝の下の野芝の状態がかなり悪いことが原因のようだ。
ペースは平均ペースであるが、中段しっかり緩んでいて、4角のペースアップもさほど速くない。前有利の展開に加えて、馬場の内外の差が少ないため、インを効率よく回れて先行力のある馬に有利なレースとなった。

2.完全タイム差検証

2020011502

ほぼ妥当な完全タイム差と思われるが、1,2着馬が前走よりパフォーマンスを落としているとも考えにくいので0.1秒ほど上に見た方がよいと思う。

3.各馬の分析

1着   1番  サンクテュエール   牝 3 ルメール  54  1.35.9 35.5 

スタートは速くないが、二の脚が速く難なく最内で前から3番手のポジションにつける。直線で追い出してからの脚色はプリンスリターンとほぼ変わらないものの、ゴール前でグイッと伸びて1着となった。
辛勝ではあるが、見た目では全く危なげなく計ったかのようにゴール前でしっかり伸びた。先行力がありしっかりいいポジションにつけることができることが武器となる。前走の敗因はスローの瞬発力勝負で瞬発力に秀でて馬が一頭いたということなので、今後も瞬発力勝負にはならない方がよさそう。

2着   6番  プリンスリターン   牡 3 原田和真  56  1.35.9 35.6 

スタートが一番速く2番手につけて追走。直線でしっかり伸びるもサンクテュエールに惜しくも競り負けた。
スタートが速いので先行ポジションにつけやすい馬であるが、前走の朝日杯FSの前半の3ハロンが12.2-10.5-11.1まで速くなると先行のポジションが取りにくくなるということのようだ。先行したい馬ながらハイペースはだめなようで、今回は小頭数だったことも幸いしたかもしれない。さらに、前走のL3Fが11.8だったので4角でもたついたように見えたが、今回は12.2なのでもたつくことなくスムーズに走れた。コーナーからペースアップするようなレースもこの馬には好ましくないようだ。今回は色々かみ合っての2着であるが、そもそもG15着はこのメンバーでは実績上位なので2着は順当な結果。

3着   3番  コルテジア         牡 3 松山弘平  56  1.36.6 35.9

スタートあまり速くなく前から5番手で最内から1頭分外のポジションを追走する。直線に入ってジリジリ伸びて逃げ馬がバテるのに乗じて3着になった。
僕はこの馬の逃げての前残りを予想したので5番手になった時点で絶望的になったが、インを効率よく走れたことと、末脚がいい差し馬がいなかったこと、外差しが効かない馬場であったことに恵まれての3着だった。先行して最後もさほどバテないのがこの馬のいいところであり、典型的な内枠の前残りが叶った結果になった。時計のかかる馬場に対応できたこともよかった。色々恵まれての3着なので、再び好走する可能性は低そう。


4着   5番  オーマイダーリン   牝 3 武豊      54  1.36.7 35.8 

スタートは進んでいかず、一旦ポツンと最後方追走となる。徐々にインに潜り込みポジションを上げていき4角ではコルテジアのすぐ後ろの位置につけ、直線で伸びてくるもコルテジアを交わせず4着になった。
かなりイレ込みがきつい馬のようでそのせいで前半の追走力が悪くなるようだ。他馬に比べてややロングスパートの形になったが、それでもコルテジアを交わせないようでは、大した末脚ではないと考えてよいと思う。


5着   2番  ヴァルナ           牡 3 福永祐一  56  1.36.8 36.6 

スタートが速いわけではなかったが、他に速い馬がいないので、じわじわと1番手を取り切る。マイペースで逃げたものの最後はバテた。途中息を入れることができたし、4角の早めのペースアップも大したことなかったので、このペースで3着以内に粘り切れないようでは、弱いと評価してよいと思う。

6着   4番  タガノビューティー 牡 3 和田竜二  56  1.36.8 35.9 

スタートは速くなく後方から、4番枠ながら意図的に外を回る。4角でも外を回り直線でもジワジワとしか伸びなかった。
意図的に外を回っていたようなので、この馬は外差ししかできない馬なのかもしれない。今回はインを効率よく回らないとダメな馬場なので、ポジショニング、コーナーリングの面からこの馬の出番はなかった。加えて、直線の末脚も大したことなかったので、前回はハイペース戦に恵まれての4着だったと考えよいようだ。

7着   9番  ルーツドール       牝 3 川田将雅  54  1.37.5 36.8 

スタートはまずまずながら、内にいた馬とさほど変わらなかったので6番手の外を追走する。直線では全く伸びなかった。
まるでいいところがなく、負けすぎのように見えるので敗因ははっきりしない。
新馬勝ちがタイムランクAの派手な時計を出したため、1戦1勝馬ながら過剰な人気になっていた。この新馬戦の他馬のその後のパフォーマンスを検証すると、この新馬戦の評価は高くなく、僕が補正した真完全タイム差は未勝利戦相当のレベルで+0.4だった。やはり速い時計のレースは過剰評価されやすく、真のレースの価値を見極めることが大事だということを改めて気づかされた結果であった。この時期の3歳限定戦では、こうした馬が急成長して活躍するケースもあるので馬券の相手として抑えておく必要はあるが、こういうまだ実績不十分の馬は軸にすべきではないと思う。

8着  10番  ヒシタイザン       牡 3 幸英明    56  1.37.5 36.1 

追走力がなく最後方から、直線で大外に出すが、なかなか伸びず最後に2頭交わすのがやっとだった。
追走力がなさすぎなのでマイル戦が向いていないのは明らか。

9着   8番  カバジェーロ       牡 3 北村友一  56  1.37.6 36.7

後方追走。直線に入って少しだけ伸びたがすぐバテた。

 
10着   7番  ディモールト       牡 3 池添謙一  56  1.38.3 37.8

4番手を追走するが直線ではまるで伸びず後退した。

 

« 2020 京都金杯 G3 レース回顧 | トップページ | 2020 フェアリーステークス G3 レース回顧 »

競馬」カテゴリの記事

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020 京都金杯 G3 レース回顧 | トップページ | 2020 フェアリーステークス G3 レース回顧 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

オススメ商品

無料ブログはココログ