« 2020 オールカマー G2 レース回顧 | トップページ | 2020 スプリンターズステークス G1 レース回顧 »

2020年9月29日 (火)

2020 神戸新聞杯 G2 レース回顧

相手が弱すぎてコントレイルの実力がよくわからないレースとなった。

1.レース結果の基礎データ

2020年 9月27日(日) 2回中京7日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第68回神戸新聞杯
3歳・オープン・G2(馬齢) (牡・牝)(国際)(指定) 芝 2200m 18頭立


馬場差 -0.6 完全タイム差 +0.8
タイムランク D メンバーランク C

2020092903

上りのかかる平均ペースであるが、前にいた馬の多くは後退した。と、いって後方からよく伸びる馬も少なかったので、やはりメンバーの弱い凡戦だったとみるべきなのだろう。

2.完全タイム差検証

2020092904

ほぼ妥当な完全タイム差のようだ。コントレイルがダービーよりパフォーマンスを落としているのは、持ったままの楽勝だったからと考えてよさそうだが、3歳秋の成長力を考えると、持ったままでもせめてダービー程度のパフォーマンスを見せてもよさそうに思えるのだがどうだろうか?古馬との対決への不安要素と考える余地はあるのかもしれない。

3.各馬の分析

1着 2番 コントレイル 牡 3 福永祐一 56 2.12.5 35.6

好スタートながらあえて中団の馬郡の中の位置をとる。4角も馬郡の中でじっくり回り直線に入って、直線に入って前が開くとしっかり伸びてきて、持ったままの楽勝だった。
能力をフルに発揮しなくても楽勝できる相手だったので、あまり参考になる内容はなかった。ただ、持ったままとはいえ、完全タイム差+0.8はどうなのだろうか?相手が弱すぎるのでこの馬の真の価値は古馬と対決するまでわからない。

2着 18番 ヴェルトライゼンデ 牡 3 池添謙一 56 2.12.8 35.4

後方追走。直線入口でも後方でそこから外に出し、外からグイグイ伸びて2着に浮上した。
直線の加速性能のよさはダービーの時とかわらなかった。秋になってもこの馬程度の能力すら上回る馬は現れてこなかったことを表す2着。

3着 5番 ロバートソンキー 牡 3 伊藤工真 56 2.12.8 35.7

中団追走。直線に入ってやや内からしっかり伸びて3着を確保。
まだ1勝クラスを勝ててないこの馬が3着に入ったことからもこのレースのレベルの低さを表している。
ただ、この馬はキャリア4戦目で、前走重馬場で能力が発揮できなかった。という点はありそうで、デビューが遅くキャリアの浅い馬には注意が必要ということは覚えておいた方がよさそうだ。

4着 11番 ディープボンド 牡 3 和田竜二 56 2.13.0 36.4

外の3番手を追走。そのまま前で粘ってはいたが、前目のポジションが取れて最後まで粘れるこの馬のよさは活かせたが、それでも4着なのがこの馬の実力ということのようだ。し

5着 13番 ターキッシュパレス 牡 3 富田暁 56 2.13.1 36.0

中団追走から直線入口ではかなり後方の位置になり、そこから外に出し、それなりに伸びていた。
17番人気馬であるが、2勝クラスを勝っている実績はこのメンバーでは上位なので子の着順に不思議はない。

6着 7番 エンデュミオン 牡 3 秋山真一 56 2.13.3 36.6

中団追走からそのままなだれ込んか感じで見どころはない。

7着 4番 レクセランス 牡 3 松山弘平 56 2.13.4 36.3

後方イン追走。直線でもインをつき、距離得があったが、それでもこの程度。

8着 9番 アイアンバローズ 牡 3 北村友一 56 2.13.5 36.2

後方追走、直線外から伸びようとするがさほどのびず。


9着 6番 マンオブスピリット 牡 3 M.デム 56 2.13.5 36.0

最後方追走。直線でもさほど伸びず。追走力が悪すぎるが、騎手のコメントによると馬にやる気がないそうだ。


10着 14番 ディープキング 牡 3 岩田望来 56 2.13.6 36.8

中団やや前目につけるも、直線ではさっぱり伸びず。


11着 3番 ビターエンダー 牡 3 吉田隼人 56 2.13.7 37.1

前目のポジションにつけたが直線でさっぱり伸びなかった。


12着 10番 パンサラッサ 牡 3 坂井瑠星 56 2.13.9 37.6

逃げたが残り200mでバテた。意図的に上りのかかるペースに持ち込んだようだが、このメンバーには通用しなかった。

13着 16番 シンボ 牡 3 古川吉洋 56 2.14.1 37.0

中団追走するも、直線で伸びず。

14着 8番 イロゴトシ 牡 3 小崎綾也 56 2.14.1 37.2

中団インを追走。直線でもインをつき、距離得があったが、それでもこの程度。

15着 12番 メイショウボサツ 牡 3 藤岡康太 56 2.14.2 36.7

後方追走のまま見どころなし。

16着 15番 ファルコニア 牡 3 川田将雅 56 2.14.3 37.5

見どころなし。

17着 1番 グランデマーレ 牡 3 藤岡佑介 56 2.16.9 40.4

2番手追走するも直線でズルズル後退。3歳の成長はない可能性が高い。

18着 17番 マイラプソディ 牡 3 武豊 56 2.18.3 41.1

見どころなし。

« 2020 オールカマー G2 レース回顧 | トップページ | 2020 スプリンターズステークス G1 レース回顧 »

競馬」カテゴリの記事

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020 オールカマー G2 レース回顧 | トップページ | 2020 スプリンターズステークス G1 レース回顧 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

オススメ商品

無料ブログはココログ