« 2020 京成杯オータムH G3 レース回顧 | トップページ | 2020 紫苑ステークス G2 レース回顧 »

2020年9月16日 (水)

2020 セントウルステークス G3 レース回顧

G1の前哨戦の重賞でダノンスマッシュが強さを見せるレースはもう何度も見ていて、これでなんでG1勝てないのだろうと不思議に思うのも毎度のこと。今度こそG1で勝てそうと評価が多いようだが、今までもそんな評価でG1勝てなかったので、今回もスプリンターズステークスでの扱いが難くなった。

1.レース結果の基礎データ

2020年 9月13日(日) 2回中京2日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第34回産経賞セントウルS
3歳以上・オープン・G2(別定) (国際)(指定) 芝 1200m 17頭立


馬場差 -0.4 完全タイム差 -0.4
タイムランク D メンバーランク C

2020091503

前半速いが、後半の減速はさほどでもない。かなりの縦長の隊列になっていたので、前に行った馬がかなり飛ばしたということで、先頭から少し離れた好位で最後ひと足つかう、好位差しの馬に向く展開になった。


2.完全タイム差検証

2020091504

0.6秒ほど低く見た方がよい。

3.各馬の分析

1着 16番 ダノンスマッシュ 牡 5 三浦皇成 57 1.07.9 34.1

好スタートから楽に先団に取り付き4番手の位置につける。直線に入ってジワジワ伸び続け残り200m辺りで先頭に立つとそこから他馬を寄せ付けずの完勝だった。
G1の前哨戦で他馬を寄せ付けない完勝は最近よく見る光景であり、これで重賞6勝目となった。こんな感じで次走のG1ではいまいちな結果を続けているので、ここまでくると意図的に前哨戦を目一杯仕上げているのではないかと感じてしまう。G2,3では信頼度のかなり高い馬ではあるが、G1での扱いが難しい馬である。

2着 3番 メイショウグロッケ 牝 6 浜中俊 54 1.08.1 33.7

インの8番手の位置を追走。縦長なので中団でも先頭からかなり離れた位置を追走する。直線に入って、外に持ち出し、最初はジワジワとしか伸びなかったが、直線の坂を上がったところから鋭く伸びて2着になった。
ゴール直前の脚色はこの馬が一番よく目立っていた。
今まで直線でジワジワ長く脚は使えているがそう速い脚はない印象だったが、今回初の1200mで末脚を活かすことができた。決してフロックではない走りに見えたが、直線が短くゴール前が坂の中山では今回のような走りは難しそうに思える。が、今回の好走の内容はしっかり覚えておくべき。

3着 7番 ミスターメロディ 牡 5 北村友一 57 1.08.1 34.2

ダノンスマッシュの内の少し後ろを追走。直線に入ってダノンスマッシュの外に出し後ろからジワジワ伸び続けて一旦2番手に浮上するも、ゴール直前でメイショウグロッケに差されて3着になった。
前目のポジションにつけて最後ひと脚使う、この馬らしい走りを見せたが、最後の伸び脚は鋭いものではなかった。

4着 8番 タイセイアベニール 牡 5 松山弘平 56 1.08.2 33.7

メイショウグロッケの外の同じような位置を追走。直線に入ってもメイショウグロッケと同じように伸びてきたが、最後はメイショウグロッケほどの鋭さはななかった。
やはり末脚の鋭さが欠ける。

5着 11番 ビアンフェ 牡 3 藤岡佑介 54 1.08.3 34.6

好スタートからダノンスマッシュと同じような位置の、先頭から少し離れた3番手のインを追走。直線に入ってインから少し伸びていたが、ゴール前で脚色が鈍った。
先行力はあるものの、ここでは少し能力が劣る。ただし、そこそこ善戦しているので、古馬オープンならば3着以内に入れる可能性はある。

6着 10番 トゥラヴェスーラ 牡 5 武豊 56 1.08.4 34.2

スタートはよかったが、控えて先頭から少し離れた6番手を追走。直線に入って伸びていたが、大した伸びではなかった。
末脚が大したことないので、もっと前目につけれるようなペース、展開にならないと駄目なようだ。

7着 15番 クリノガウディー 牡 4 森裕太朗 56 1.08.5 33.5

後方追走。直線に入って伸びてきてはいたが、勝負圏内に入れる伸びはなかった。
先行して好走してきた馬なので、後方の位置につけたところでアウト。今回は騎手が大幅弱化したので陣営も期待はしていなかったと思われる。今後リフレッシュ放牧に出すとのことだが、高松宮記念の状態まで戻すのは厳しそうだ。

8着 4番 ラヴィングアンサー 牡 6 吉田隼人 56 1.08.5 33.6

後方インを追走。直線に入って、大して伸びなかったものの、最後は少しいい脚を見せた。
追走力が弱く、直線でも加速に時間がかかるようなので、なかなかチャンスはなさそう。


9着 1番 トウショウピスト 牡 8 丸田恭介 56 1.08.5 34.3

中団追走から少しは伸びてはいたが、ここでは足りないのは明らかだった。

10着 9番 シヴァージ 牡 5 岩田望来 56 1.08.8 33.2

最後方を追走。かなり縦長の最後方なので、位置取りは絶望的だったが、それだけ追走力がないということ。上がり3ハロンタイムは最速だったが、4角をインぴったりに回って距離得を活かしたものなので、値ほど評価はできない。最後の末脚もそう勢いあるものではなかった。

11着 2番 ノーワン 牝 4 池添謙一 54 1.08.8 33.6

後方インを追走。最後は少しは伸びてはいた。
追走力がなさすぎる。

12着 12番 メイショウキョウジ 牡 5 藤岡康太 56 1.08.8 33.7

後方追走。直線では外に出すも大して伸びず。
追走力、末脚ともにここでは足りない。


13着 5番 キングハート 牡 7 菱田裕二 56 1.08.9 33.5

後方追走。直線では外に出すも大して伸びず。
追走力、末脚ともになく、もう好走する可能性はなさそう。

14着 13番 クライムメジャー 牡 6 鮫島克駿 56 1.09.1 34.2

後方を追走。今回は4角でやや外を回って直線伸びようとしたが伸び脚は大したことなかった。

15着 14番 フェルトベルク 牝 6 藤懸貴志 54 1.09.1 33.7

後方追走のまままるでいいところがなかった。
ここでは能力が劣るのは明らか。

16着 17番 ラブカンプー 牝 5 斎藤新 54 1.09.2 35.9

2番手を追走していたが、残り200mの少し前からズルズル脱落した。
逃げないとダメなタイプながら、ここ数戦で前半のスピードが少し劣ることがわかってきた。初速が速くないメンバー構成にならないと好走は難しい。


17着 6番 セイウンコウセイ 牡 7 幸英明 57 1.09.5 36.5

他馬を少し離しての逃げだったが、残り200mの地点でばったり止まった。
ここ2戦、最後の粘りがあったので、復調の兆しがあったのだが、最後まるで粘れないダメな状態に戻ってしまった。陣営は何がなんでも逃げる作戦を考えていたようだが、この作戦で復調の芽をつぶしてしまったように思う。

 

« 2020 京成杯オータムH G3 レース回顧 | トップページ | 2020 紫苑ステークス G2 レース回顧 »

競馬」カテゴリの記事

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020 京成杯オータムH G3 レース回顧 | トップページ | 2020 紫苑ステークス G2 レース回顧 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

オススメ商品

無料ブログはココログ