« 2020 スプリンターズステークス G1 レース回顧 | トップページ | 2020 毎日王冠 レース回顧 »

2020年10月 7日 (水)

2020 シリウスステークス G3 レース回顧

かなり弱いメンバーの重賞でこうした場合は、3歳馬の勢いを優先すべきなのだが、実力馬のカフェファラオは前走のジャパンダートダービーの大敗があったので、少し不安があった。が、ジャパンダートダービーを改めてみると、このレースが特殊でカフェファラオ敗因は明確なので今回不安視する必要はないことがよくわかり、改めて過去のレースの振り返りは重要だということを気づかされた。


1.レース結果の基礎データ

2020年10月 3日(土) 2回中京8日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第24回シリウスS
3歳以上・オープン・G3(ハンデ) (国際)(指定) ダート 1900m 16頭立

馬場差 -1.5 完全タイム差 +1.3
タイムランク E メンバーランク D

2020100503


良馬場ながら時計が速い馬場コンディションだったようだ。
縦長になったので、ペースが速い印象があったが、2角、3角でペースはしっかり緩んでいる。それでいて先行馬はほぼ全滅だったので、このレースの先行馬はかなり弱い。さらに、このレースでは4角で内を回って差してきた馬が好走した。中京ダート4角はスパイラルカーブなので外を回る馬は外に振られる距離ロスを起こしやすいので、中京ダートでは4角で外を回って追い上げるタイプの差し馬は割引が必要。それでいてカフェファラオは外を回って差してきたので、着差以上の強さを見せた。


2.完全タイム差検証

2020100504

ほぼ妥当な完全タイム差に思う。「先週の結果分析」の番組評価どおり、このレースのレベルはかなり低い。


3.各馬の分析

1着 15番 カフェファラオ 牡 3 ルメール 54 1.57.8 36.9

スタートは速くなく中団を追走。4角でもやや外を回り、進出し、直線で外から内で前にいた馬を難なく抜き去り1着になった。
4角がスパイラルカーブのため同じような中団にいて最内を回ったサクラアリュールと比較して4角を回るときの距離ロスは大きかったがそれでも楽に勝つのだから見た目以上に強く、このメンバーとの力差は歴然だった。
ジャパンダートダービーで大敗し、このレースで1着だったダノンファラオが古馬とのレースであっさり負けたので今年の3歳のレベルに不安があったが、この馬についてはその心配はなさそう。距離に対する不安もあったが、2角、3角で緩むペースだったのでここでしっかり脚が貯めれれば距離も大丈夫ということなのだろう。


2着 2番 サクラアリュール 牡 5 藤岡康太 54 1.57.9 37.0

インぴったりでカフェファラオと同じような中団を追走。4角をインぴったりを回ることで距離得を得て直線入口で先頭を捕らえる位置まで上がり、そのあとすぐ先頭に立ったが、最後はカフェファラオに差されての2着。
オープン入り初戦の前走は後方から外を回ってあまり目立たなかったが、ジワジワ伸びる脚があったので、インぴったりを回ればオープンでもそこそこやれるということなのだろう。加えて、前走はオープン特別ながら、1,2着馬が重賞でも好走実績のあるヴェンジェンス、クリンチャーだったので前走の方がメンバーレベルは高かったということもありそう。
中京ダートは4角のスパイラルカーブにより内外を回る距離差が大きくなりやすいので、内枠ならば差し馬も警戒が必要ということなのだろう。

3着 3番 エイコーン 牡 5 高倉稜 55 1.58.1 37.0

中団インのサクラアリュールの少し後ろを追走。4角もサクラアリュールの後ろからインぴったりで追い上げ、直線の坂の終わりの地点ではかなり勢いがあったものの、最後はサクラアリュールと同じような脚色になり3着だった。
不人気馬であったが、休み明け2戦目で明らかに調子を上げていたので、好走しそうな下地はあった。加えてこの馬長期休養前の2018年は1勝クラスから3連勝してオープン入りし、その際の完全タイム差がよく、さらにその後の東京大賞典で5着になっていたので、調子さえ上がれば重賞でもやれる。ただ、今回は弱いメンバーで内枠の利を活かしての3着であるので、次走これ以上パフォーマンスを上げられるかはやや疑問。

4着 9番 ダノンスプレンダー 牡 4 川田将雅 55 1.58.3 37.0

スタート速くなくエイコーンよりも後方の位置になる。4角ではインぴったりを回り、直線で進出を図るもかなりもたつくような脚色でゴール直前で伸びたものの4着までだった。
勝った2勝、3勝クラスの前走、前々走では先行できたのだが、オープンのペースでは追走に苦労するということなのだろう。インを通って特にロスのない走りだったのでこれが実力と考えてよさそう。

5着 6番 メイショウワザシ 牡 5 浜中俊 56 1.58.4 37.7

外の5番手あたりを追走。4角で外を回って進出し直線入口では先頭争いに加わる勢いがあったが、その後の脚色は今一つだった。
前走の阿蘇ステークスでは4角で一気に先頭に立って2着だったのでコーナーでの加速が得意の馬と考えてよさそうだ。今回は外を回ってしまったため距離ロスがあったが、明らかに小回り向きの馬。

6着 4番 アルドーレ 牡 5 横山典弘 56 1.58.4 37.1

後方追走。4角で外からかなりの勢いで追い上げてが、スパイラルカーブなのでかなり外に振られて大きな距離損をする。そこから直線の伸び脚はかなりよかったが、残り100mあたりで脚色が鈍った。
位置取りが後方すぎたのと、外を回って距離ロスが大きかったことからかなりマズいレースをした。最後まで脚色は続かなかったので直線が短いコースの方がよいのかもしれない。


7着 8番 サンデーウィザード 牡 8 秋山真一 56 1.58.5 36.6

最後方追走から、直線に入って大外に出し、残り200mから追い上げて、他馬がバテたのに乗じて7着まで進出した。


8着 7番 エムオーグリッタ 牡 6 団野大成 54 1.58.6 37.9

6番手あたりを追走するも4角でやや外を回る距離ロスがあり、直線でもあまり勢いがなかった。

9着 11番 グレートタイム 牡 5 福永祐一 55 1.58.6 37.5

中団外を追走。4角では外を回りすぎないように回っていたが勢いつかず直線入口でもかなり後方になり、そこからの脚も大したことなかった。
騎手のコメントによると、気持ちの面に問題があり、稽古で出せることが実戦で出せていないとのことなので、どこかでガラリ一変する可能性はあるのかもしれない。

10着 12番 テーオーヘリオス 牡 8 荻野琢真 56 1.58.8 37.3

後方追走のまま見どころなし。

11着 16番 ミツバ 牡 8 岩田望来 58 1.59.2 38.2

中団追走するも見どころなし。もう年齢的に上がり目はなさそう。

12着 14番 ナムラアラシ 牡 7 幸英明 56 1.59.4 38.3

後方追走。4角でアルドーレと同じように外から進出しようとしたが、直線でまるで伸びなかった。

13着 13番 キメラヴェリテ 牡 3 松若風馬 53 2.00.8 40.4

逃げたが、直線でもう勢いがなかった。ダートでも古馬オープンでは通用しないようだ。

14着 1番 ダイシンインディー 牡 4 吉田隼人 54 2.01.4 40.7

インで3,4番手を追走するも、4角でもう後続に飲み込まれてしまっていた。

15着 5番 ランスオブプラーナ 牡 4 太宰啓介 55 2.01.7 41.2

2番手追走するも最後の直線で大きく後退した。

16着 10番 ダイメイコリーダ 牡 3 松山弘平 54 2.02.7 42.1

3番手外を追走。4角で首を内に曲げて外を回りすぎないように制御している際に外からメイショウワザシに前をカットされて大きくバランスを崩し、そこからは流した。騎手の言うように今回は参考外でよさそう。

4.ジャパンダートダービーでのカフェファラオの敗因分析

地方競馬のレースで情報が少ないことから、ここで敗因分析をしていく。

2020100505

カフェファラオは好スタートから3番手を追走するも、直線ではまるで伸びず7着に沈んだのだが、ラップタイムを見るとこのレースがかなり特殊なことがわかる。

2000m戦で息を入れるところが全くないペースで進み、L1Fは大きく減速している。3歳限定戦とはいえ上位クラスでL1F14.2は中央競馬ではめったにないラップ。また、発表は重馬場ながらかなり時計のかかる馬場だったことがラップタイムからわかる。
そのため、この時のカフェファラオは時計のかかる馬場で極端な持久力戦になったため、追走で脚を使いすぎたのが敗因とみてよいだろう。逆にこうしたレースに1着のダノンファラオ、2着のダイメイコリーダは向いていたということなのだと思う。

 

« 2020 スプリンターズステークス G1 レース回顧 | トップページ | 2020 毎日王冠 レース回顧 »

競馬」カテゴリの記事

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020 スプリンターズステークス G1 レース回顧 | トップページ | 2020 毎日王冠 レース回顧 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ商品

無料ブログはココログ