« 2020 毎日王冠 レース回顧 | トップページ | 2020 サウジアラビアロイヤルカップ G3 レース回顧 »

2020年10月13日 (火)

2020 京都大賞典 G2 レース回顧

昨年の大荒れがあったので、今年も多頭数だったことから荒れるパターンを想像してしまったのだが、今年は強い馬が強いレースをするG2戦らしいレースとなった。

1.レース結果の基礎データ

2020年10月11日(日) 4回京都2日 天候: 晴 馬場状態:稍重
11R 第55回京都大賞典
3歳以上・オープン・G2(別定) (国際)(指定) 芝 2400m・外 17頭立


馬場差 +0.5 完全タイム差 -0.4
タイムランク C メンバーランク C

2020101303


平均ペースになり、かつL3Fからスパートが始まる、かなりの持続力勝負になった。コーナー4つ回るコースながら外から伸びる馬が多かったのだが、これは、インを上手く立ち回るタイプの馬が弱かったということがありそう。

 

2.完全タイム差検証

2020101304


かなりの過大評価。1.1秒は低く見るべき。

3.各馬の分析

1着 13番 グローリーヴェイズ 牡 5 川田将雅 58 2.25.6 34.5

やや外の6番手を追走。4角をじっくりまわり直線やや外を回って追い出すとしっかり伸びて1着になった。
昨年、かかってさらに回りの他馬に翻弄されペースが乱れた反省からか、今回は前目のポジションでもやや外を回り折り合い重視での追走だったようだ。それが功を功を奏し、本来の実力を発揮することができた。平均ペースで、馬場差+0.5で極端に上りが速くなる展開にならなかったこともこの馬にとってはよかった。


2着 2番 キセキ 牡 6 浜中俊 57 2.25.7 34.3

スタート遅く最後方になる。向こう正面から外に出していき、3角で少しづつポジションを上げ、残り600mでスパートし極端に外を回りながら、追い上げてきて、直線でも大外から勢いはあったものの、グローリーヴェイズを交わすまではいかなかった。
やはり、スタートがよくないのはあいかわらず。道中もいつかかってしまうかハラハラさせる危なっかしい追走。最後も極端に外を回って大きな距離ロスがあった。このメンバーではまだまだ能力は上位なものの、制御が難しい馬なので馬券の軸にはできない。

3着 17番 キングオブコージ 牡 4 横山典弘 57 2.25.9 34.4

後方追走。直線入口では外を回ってここでもかなり後方の位置だったが、ジワジワ伸び続け、ゴール前で一伸びして3着になった。
前走はインを上手く立ち回ったが、今回は外を回っていいところを見せたので、かなり実力をつけているのは確かなようだ。かなり自在性がありそうなので、好走できるレースの幅は広い。

4着 3番 シルヴァンシャー 牡 5 北村友一 56 2.25.9 34.6

中団追走。4角では騎手の手が激しく動くもいきっぷりはいまひとつで、それでも直線最後まで伸び続け4着になった。
やはりズブい。それでも長く脚を使うこの馬の持ち味は出せていた。G3以降レベルの相手でであれば十分勝負圏内になる。

5着 6番 ステイフーリッシュ 牡 5 藤岡佑介 56 2.26.0 35.2

4番手追走。残り600mからスパートを開始し、直線の入口では一瞬先頭に立ちかけたが、外から来た上位馬にあっさり交わされる。それでも最後までしっかり伸びて5着を確保。
いい脚を長く使うこの馬の持ち味はしっかり出せていたが、それでもトップスピードが速くないので、強い相手のG3戦ではここまで。常に堅実に能力を発揮するので、レースレベルを推し量る上でありがたい存在。


6着 15番 パフォーマプロミス 牡 8 福永祐一 56 2.26.1 34.9

中団外を追走。4角でさらに外の後ろからキセキが押し上げてきたのに合わせてスパートし、外から直線入口では先頭に迫る勢いがあったが、最後まで勢いが続かなかった。
この馬に関しては外枠がよくなかったことがありそう。

7着 1番 ダンビュライト セ 6 松若風馬 56 2.26.1 35.5

楽に先頭に立ち、一本調子なこの馬としてはほどよい平均ペースで逃げれたが、今回の相手には通用しなかった。

8着 14番 アイスバブル 牡 5 幸英明 56 2.26.1 34.4

やや後方追走。直線外から伸びるもここまで。


9着 11番 バイオスパーク 牡 5 和田竜二 56 2.26.2 35.4

インで3番手を追走。勝負所で外を回る馬が多い中、前のインでうまく立ち回っていたが、このメンバーではここまで。

10着 8番 カセドラルベル 牝 4 松山弘平 54 2.26.3 35.6

2番手追走していたが、直線で伸びを欠いた。3勝クラス勝ちまで少ないキャリアで順風満帆に出世してきたのだが、このメンバーでは通用しなかった。

11着 7番 リッジマン 牡 7 古川吉洋 56 2.26.7 35.1

見どころなし。

12着 5番 ノーブルマーズ 牡 7 高倉稜 56 2.27.1 36.0

見どころなし。

13着 16番 ミスマンマミーア 牝 5 池添謙一 54 2.27.2 35.2

見どころなし。

14着 4番 タイセイトレイル 牡 5 川須栄彦 56 2.27.3 35.9

見どころなし。

15着 12番 ドゥオーモ 牡 7 藤岡康太 56 2.27.4 35.5

見どころなし。

16着 9番 モンドインテロ 牡 8 嶋田純次 57 2.27.9 36.6

見どころなし。

17着 10番 アルバート 牡 9 岩田康誠 56 2.28.1 36.3

見どころなし。ただ、昨年もこのレース大敗後、ステイヤーズステークスで2着になったので、ここでは休みあけで仕上げていなかった可能性もある。

 

« 2020 毎日王冠 レース回顧 | トップページ | 2020 サウジアラビアロイヤルカップ G3 レース回顧 »

競馬」カテゴリの記事

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020 毎日王冠 レース回顧 | トップページ | 2020 サウジアラビアロイヤルカップ G3 レース回顧 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ商品

無料ブログはココログ